ヤスデ ムカデ 違い。 家にヤスデがよく出る原因!おすすめの退治方法と予防対策!

ムカデとヤスデの違いは?

ヤスデ ムカデ 違い

ムカデとヤスデ、よく似ている2種類の虫ですが、実際は食性も危険性もまったく異なります。 それぞれの特徴を知らないまま対処すると、思わぬ被害につながることもあるため、まずはムカデとヤスデの特徴と見分け方を確認しておきましょう。 ムカデとヤスデは同じ「多足類」と呼ばれる種類の虫ですが、よく見ると身体の形状も大きさも違います。 ムカデは体長60~200mm程度と比較的大きな虫で、平たい身体つきをしています。 食べるものは小型の昆虫や小動物などの肉であり、すばやい動きで狩りをおこなう虫です。 とくに大型のムカデは凶暴で攻撃的な性格をしていて、人間に対してもかみつくことがあります。 大きな顎には毒があり、咬まれれば痛みと腫れが起き、重症化すると命に関わることさえある危険な生き物です。 ヤスデは体長20~40mm程度とムカデより一回り以上小さく、身体は筒状で厚みがあります。 食べ物は腐った木や落ち葉で、狩りをしないため動きはゆっくりです。 ヤスデは滅多に人を咬むことはなく、顎に毒はありませんが、体液には弱い毒と強烈な悪臭があります。 体液が非常に臭いため、においという害をもたらす害虫といえるかもしれません。 以上のことから、ムカデもヤスデも、直接触れるべきではありません。 家の中で見つけたときは、殺虫剤を使って速やかに駆除しましょう。 ムカデ?ヤスデ?足の多い虫の正体は? 足の多いムカデ、ヤスデ、ゲジゲジなど足の多い生き物が自宅にいたらと考えると、ぞくぞくしてしまいますよね。 しかし、ムカデ、ヤスデ、ゲジゲジなどの生き物を見分けることは難しいのではないでしょうか?これらの生き物は節足動物と呼ばれています。 ここではその見分け方をみていきます。 まずゲジゲジです。 ゲジゲジは長い足を持っているため、見分けるのは比較的簡単です。 大きさは20~40ミリメートルといわれています。 ではムカデとヤスデの違いについてみていきましょう。 ヤスデはムカデに比べて小さいのが特徴です。 またムカデには1対の足しかありませんが、ヤスデには2対あります。 ヤスデは刺激を与えると丸くなる特徴も持っています。 ヤスデは毒を持っていませんが、ムカデは毒を持っています。 もしヤスデと間違えてムカデに刺激を与えてしまうと、噛みつかれてしまう危険性があります。 むやみに触らないように注意しましょう。 ムカデの特徴と見分け方 ムカデは日本に120種類ほど生息しています。 体長は大体60~200mmほどで、主に3~10月に活動します。 ここではムカデに絞ってその特徴について考えていきましょう。 生息場所 ムカデがよく生息しているのは石、レンガの下などです。 ムカデは基本的に暗く、湿気がある狭い隙間を好みます。 またこのような場所はゴキブリが好んで生息する場所とも言われています。 毒はある? ムカデは毒を持っているため、注意が必要です。 ムカデは何かに触られると噛み付くという習性を持っているため、うかつに触ってはいけません。 噛まれると強い痛み、腫れが発生するそうです。 また、人によってはその毒によってアナフィラキシーショックを引き起こしてしまう可能性もあるといわれています。 何を食べる? ムカデは肉食の生き物であるため、虫などを食べることで知られています。 またネズミやコウモリなどの小動物を食べることもあるそうです。 ムカデについてもっと詳しく知りたい方は、「」の「」をご覧ください。 ヤスデの特徴と見分け方 次にヤスデの特徴についてみていきましょう。 ヤスデは体長20~40mmほどで、日本に200種類以上生息しているといわれています。 ヤスデは主に3~10月に活動します。 生息場所 ヤスデの生息場所は住宅の庭や枯葉がたくさんある場所などを好みます。 その他にも山、畑、ゴミの収集場所などに生息していることが多いと考えられています。 毒はある? 日本に生息しているヤスデは毒を持っていないといわれています。 しかし、ヤスデに触れてしまうと、体から臭い体液を出すことがあるため、気をつけましょう。 また海外に生息しているヤスデは毒を持っていることも考えられるそうです。 ムカデ・ヤスデの対策や駆除方法とは? ムカデ、ヤスデが家の中や庭にいるのは不快です。 どのように駆除をしたらよいのでしょうか? ムカデの駆除 もし自宅でムカデをみかけたときは殺虫剤をムカデにかけて駆除するようにしましょう。 ムカデは毒を持っています。 殺虫剤をかけるとき、かけてすぐはムカデが暴れまわる可能性があるので、噛まれないように注意しましょう。 ムカデの侵入対策は、家の周辺の雑草の除去、枯木や落ち葉の掃除が効果的です。 窓や玄関のドアの隙間に殺虫剤を撒いておくことも効果的といわれています。 ヤスデの駆除 ヤスデの駆除には主に殺虫剤を用います。 ヤスデは落ち葉が溜まっている場所、枯木の中に生息することが多いため、これらの場所に殺虫剤を吹きかけましょう。 窓や玄関ドアの隙間にも殺虫剤を撒いておくことで、ヤスデの侵入対策になります。 また自宅の周辺に雑草が生い茂っている場合は、ヤスデに住むところを与えないためにも除去しておきましょう。 正しいムカデ、ヤスデ対策、駆除をして安心、安全な生活をしましょう。

次の

ムカデ・ゲジゲジ・ヤスデの特徴の違いや見分け方と駆除方法

ヤスデ ムカデ 違い

ムカデ ・毒牙を持つ。 ・体が上下に平たい楕円柱型で、頭部は平たくて先端部内側に後ろに丸まるよく目立つ触角があり 内側にもう一対ある 、両端に大きなアゴを有する。 ・胴体は柔らかい。 ・体節一つにつき脚が一対付いている。 ・身体の後端に生える尾脚は二本の他と比べて少し長めの脚。 ・顔と脚が黄色や赤色のものがいる。 ・動きは早く、刺激すると顔を上げたりお尻を上げたりして威嚇するか、逃げる。 ・活動動物食 主に捕食性。 ・体が円柱型で、頭部は丸くて先端部内側にピンと張った一対の触角が目立つ。 ・胴体の上方の表面は固い殻に覆われている。 ・体節一つにつき脚が二対付いている。 ・身体の後端に生える尾脚が一本のトゲ型に変化している。 ・顔と身体の色は同系色のものが多く、脚は白や黄色のものが多い。 ・動きは遅く、刺激すると丸まり防御体制をとる。 ・腐食植物食 主に腐葉土などを餌にする。 ま、観察して判ったのも合わせればこんなもんですね。 ヤスデも時々大量発生して困らせてるようですが こちらは噛み付かないし大きくなっても5センチ前後で 刺激すると独特の匂いを出しますけどゼンマイのように 丸まって動かなくなります、 ヤスデも種類が有るのでしょうが庭に居るのは黒褐色で 太さは大きくても竹串サイズで長さは5センチ前後で 白い足が沢山有ります、足の数ならムカデより多いかも 両方ともよく見ますけど足の数は数えた事がありません。 ムカデに咬まれると1週間以上は痛い目に合います、 咬まれた初日は痛みで寝ることも出来ませんよ。 ムカデは家庭用殺虫剤のキンチョールで一撃です。 本題、成虫での大きさが全く違います、ムカデは噛み付きます ムカデは触ると逃げ足が速く物陰に隠れます、 ヤスデは強く触ると匂いを発しゼンマイのようにその場で丸くなります。

次の

ムカデ・ヤスデ・ゲジゲジの違いって何⁈見分け方ってあるの?

ヤスデ ムカデ 違い

日本で主に見られるヤスデ3種類 日本にはヤスデは主に3種類のヤスデが見られますが、どのヤスデも大量発生するおそれがあるので注意しなくてはいけません。 この章では、3種類のヤスデの外見・生息地・食性について解説していきます。 ヤケヤスデ ヤケヤスデは、日本でもっとも多く見かけるヤスデです。 ヤケヤスデの外見・生息地・食性は、以下のとおりになります。 ・外見 大きさ……約20mmとヤスデの中でも小さめ 形……1つの節に足が2本ずつ生えている 色……淡褐色(ベージュ色)や黒色だが、個体によって色にバラつきある。 足はクリーム色(淡い黄色)や白色 ・生息地 日本全国に生息しており、湿気でジメジメした落ち葉の下や腐葉土の中などを好みます。 また日本以外では、世界の熱帯・温帯などに生息しています。 ・食性 腐葉土や落ち葉などを餌にしています。 ウスアカフサヤスデ ウスアカフサヤスデは、ヤケヤスデやキシャヤスデとは外見が異なるため、見分けやすいヤスデです。 以下から外見・生息地・食性についてご紹介していきます。 ・外見 大きさ……約4mm~5mmで、ヤスデの中ではとても小さい 形……小さいブラシのような見た目をしている。 お尻部分に白い毛束がある 色……白色 ・生息地 ウスアカフサヤスデは、ほかのヤスデのように土の中や落ち葉の下に住んでいません。 ウスアカフサヤスデが生息しているのは、樹皮の裏です。 ・食性 ほとんどのヤスデは、腐葉土や落ち葉などを餌としていますが、ウスアカフサヤスデは、生物の死骸などを食べる肉食です。 キシャヤスデ キシャヤスデは、幼虫時に約7年間土の中で過ごしている種類のヤスデです。 また、脱皮の回数が1年に1回のため、成虫になるまで約8年がかかります。 以下からは、キシャヤスデの外見・生息地・食性についてご紹介します。 ・外見 大きさ……約35mm 形……足の数がオスとメスで本数が違い、オスが30対、メスが31対 色……体の色は変化するため、最初は肌色をしている。 その後焦げ茶色になる ・生息地 キシャヤスデが生息しているのは、森の土の中です。 土の中で約7年間過ごし、8年目で土から出てきてきます。 土の中にいたキシャヤスデが一斉に出てくるため、大量発生するおそれがあります。 ・食性 キシャヤスデは落ち葉を餌としています。 キシャヤスデが落ち葉を食べた後にする糞は柄養分が豊富なため、木の成長に役立つといわれています。 ここまで3種類のヤスデをご紹介してきましたが、どの種類も大量発生するおそれがあります。 もし、ご自宅の庭などでヤスデを見かけた場合は、どうすればいいか業者に相談しましょう。 弊社では、ヤスデなどの害虫駆除に対応できる業者をご紹介させていただいております。 お電話受付は24時間365日可能となっております。 ご相談だけでも構いません。 ヤスデの対処にお困りになられましたら、お気軽にお電話ください。 ムカデやゲジゲジとの違い ヤスデはムカデやゲジゲジと似ています。 そのため、庭や玄関先、家の中で見かけても違いが分からなければ、どのような被害がありどう対処すればよいか困ってしまいます。 ここでは、ヤスデ・ムカデ・ゲジゲジの違いについて解説していきますので、確認する際に役立ててください。 食性の違い ヤスデ・ムカデ・ゲジゲジの食性は以下のようになります。 ヤスデ……腐葉土、落ち葉、堆肥、種類によっては生き物の死骸• ムカデ……小さい虫、クモ、ミミズなど• ゲジゲジ……ゴキブリ、小さい虫 外見の違い 外見の違いは以下のとおりです。 ヤスデ……1節に2対の足が生えている。 体の大きさは約20mm• ムカデ……1節に足は1対。 しっぽがある。 体の大きさは約200mmと大きめ• ゲジゲジ……足が長く、体よりも長い触角を持っている。 体の大きさは約40mm ヤスデによる被害は? それぞれに毒があります。 ヤスデの毒は体液に含まれているため、踏みつぶす・引きちぎるなどをしなければ害はありません。 また、ヤスデはムカデのように肉食ではないため、噛みつく習性がないです。 そのため、人や動物を噛むことはありません。 ゲジゲジも毒は弱く、噛みつくこともあまりないです。 しかし、ムカデは肉食性で凶暴なため噛みつかれるおそれがあり、噛まれるとアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので危険です。 ヤスデは基本的に無害で糞に栄養分が豊富なため、木の成長に役立つ「益虫(えきちゅう)」とされています。 ただし、ヤスデの毒液は刺激臭を発するため、不快害虫でもあります。 もしも、気になるようであれば駆除を検討するとよいでしょう。 ムカデやゲジゲジ、ヤスデの駆除を検討されている場合は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。 弊社は、お客様のご要望に沿った害虫駆除業者をご紹介するサービスをしております。 ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。 ヤスデの駆除・予防方法 普段落ち葉の下や腐葉土の中にいるヤスデですが、雨が長期間降り続いた際に大量発生することがあります。 家の中に入ってくることはあまりありませんが、体表にある毒液のにおいや外見が不快に感じる方も多いことでしょう。 この章では、ヤスデが発生した際の駆除方法と発生を予防する方法について解説していきます。 瞬間冷凍スプレー 室内にヤスデが現れた場合に、直接駆除するのにおすすめの道具です。 薬剤被害の心配がないので、室内でも安心して使用することができます。 しかし、瞬間冷却スプレーはあくまで動きを封じるために使用するもので、殺虫成分は含まれていません。 そのため、時間が経つと動き出すこともあるので動かないうちに処理する必要があります。 毒餌 毒入りの餌を仕掛けて食べさせるタイプの殺虫剤で、ヤスデだけでなくムカデやゲジゲジも同時に駆除することが可能です。 ヤスデは腐葉土などを食べるため、毒餌を家の周りの土に撒いておきましょう。 容器から粉末になっている毒餌を撒くタイプのものを使えば、手を汚すこともありません。 また、植物や人には無害なタイプなら安心して使用することができます。 ただし、雨がかかった場合は再度毒餌を撒く必要があります。 忌避剤 家にヤスデを寄せ付けないようにするには、忌避剤を使用するのが有効的です。 忌避剤とは、ヤスデの嫌うにおいなどで近づけないようにする薬剤です。 家の外壁沿いに撒くことで、ヤスデが家に近づくのを防ぐことができるでしょう。 しかし、雨が降ると薬剤が流れてしまいます。 ご自宅の近くに畑があったり、隣の家との距離が近かったりすると流れた薬剤で悪影響を及ぼすおそれがあります。 その場合は使用を控えるようにしましょう。 もし、ヤスデの外見が不快で自分で駆除できない、自分で予防したけどまたヤスデが発生してしまった、という場合は、弊社にご相談ください。 弊社に加盟している業者は、ヤスデの駆除や予防を多数おこなってきた実績がありますので、安心してご利用ください。

次の