灰 と 幻想 の グリム ガル ネタバレ。 灰と幻想のグリムガルって恋愛要素ありますか?できればストーリ...

灰と幻想のグリムガルをネタバレ(原作&アニメ)!ハルヒロの恋愛も

灰 と 幻想 の グリム ガル ネタバレ

最後まで綺麗な作画と親しみを持てるキャラクター! 2016年冬アニメは大豊作で、神アニメがたくさん! その中の一つに、灰と幻想のグリムガルがあると思います。 個人的には、シホルちゃんの可愛さにぶち抜かれました! 最後もなかなかいい終わりで、これは続編も欲しいなと思わせてくれる内容でした。 灰と幻想のグリムガルは、ネット上でも結構人気の作品でしたね。 賛否はあったと思いますが、どんどん多くなってきているアニメ市場の中で一歩抜きでたアニメとなったと思います。 さて、そんな灰と幻想のグリムガル。 2期・続編が非常に期待されています。 ・最終的に2期の可能性は? ・少しでも2期・続編の可能性を高める方法 についてまとめていきます! では、はじめましょう! 灰と幻想のグリムガルの2期製作の可能性まとめ! さて、ここから灰と幻想のグリムガルの2期・続編についてかいていきます。 まずは、円盤の売り上げの面からいきましょう。 灰と幻想のグリムガルの2期製作には円盤の売り上げがどれくらい必要になるのか さて、灰と幻想のグリムガルの2期・続編の製作を開始するにはどれくらいの円盤売り上げが必要になるでしょうか? アニメ業界には、円盤がどれくらい売れれば2期・続編へ移行できるのか?という最低ラインが存在します。 多くの情報は「最低5000枚以上」と言われていますね。 しかし、この最低ラインはアニメの出版社や製作委員会によって違います。 その違いを簡単に見分けるのは、アニメがどの原作から来ているのかです。 具体的には ・ジャンプ・マガジンなどの人気週刊誌が原作の漫画 ・月刊誌、ラノベ、小説が原作の漫画 この二つは、最低ラインが全く別物となっています。 さて、灰と幻想のグリムガルの原作は何か。 調べてみると、灰と幻想のグリムガルは原作がラノベとなっています! そのことを加味すると、おそらく最低でも7500枚近くの円盤売り上げが欲しいところです。 ライトノベルはレーベルにもよりますが、2期製作への壁が非常に高いように感じられます。 (特に、電撃文庫は2期製作が遅いことで有名ですね) ライトノベル業界は、2期を製作するよりも、他の作品のアニメ化を優先して、ライトノベルの売り上げを伸ばすという戦略を取りますから、灰と幻想のグリムガルも円盤の面で超えるべき壁は高いでしょう。 さて、そのような考えを念頭に置きながら灰と幻想のグリムガルの円盤の売り上げを見ていきましょう。 17 まだ一巻の売り上げしか出ていませんので微妙ですが、「よくこんなに売れたな」という感想を持ちました。 2000枚売れたらいいだろうくらいに思っていたので、とりあえず勝利といえるのではないでしょうか? ただ、2期にはもう少し売り上げがほしいところです。 ストックはどうなっている? さて、灰と幻想のグリムガルの円盤の売り上げを見ていったところで、次に気になるのはストックです。 いくら円盤が売れても、ストックがなければ2期は製作されませんからね。 さて、灰と幻想のグリムガルは1期でどのくらいのストックを消費したのでしょうか? まず、灰と幻想のグリムガルはライトノベルが8巻まで発売されていますね。 1期で消費した分は、 2巻分です。 ストック的には、今すぐに2期を始められるほどに残っています。 ストックが2期制作への足かせになることはなさそうですね。 灰と幻想のグリムガルは人気面が良好! 灰と幻想のグリムガルの最も強い部分は、人気が非常に高く2期を望む声もかなり多いことです。 「灰と幻想のグリムガル」はBlu-rayを全巻予約済み。 この部分は、2016年冬アニメの中でも一歩抜きん出たところでしょう。 (このすばは早々と2期決まりましたしね) 最終回が終わった時も、2期を期待する声が非常に多かったのを覚えています。 製作委員会側も非常に悩ましいところでしょう。 円盤の1巻は予想以上に売れたとはいえ、今後はどうなるのかわからないですし。 ただ、このまま5000枚を割らなければ可能性は少し高くなります。 確定には7500枚は欲しいですね。 円盤の購入以外で2期を応戦する方法とは? さて、みなさんもご承知の通りアニメの2期を応援するのは、やはり円盤です。 円盤は利益率が高く、製作委員会に入ってくるお金も良いです。 ただ、消費者側にはある問題点が。 「円盤が高い!」 「円盤は置いているだけで邪魔だしいらない」 このような悩みですよね。 円盤はいらない、もしくは既に円盤を買ってしまった方は、他の2期応援の方法があることをご存知でしょうか? 「原作の購入でしょ?」 これは半分正解です。 アニメの中には製作委員会の中に、原作が出資して作っているものもありますが、違うものも。 その場合、原作を買っても2期を応援することにはなりません。 どのように応援すればいいのかは、まず製作委員会を調べる必要があります。 製作委員会の中で見るべきなのは、一番最初です。 大元は東宝のようですね。 そのため、東宝の公式ウェブサイトの灰と幻想のグリムガルのページから買い物をすると2期応援につながります。 ちなみに、公式で売っている、4万円超えのゴブリンマスクがSOLD OUTしていました(笑) このように、グッズを買うことも2期応援につながります。 もし、試したことがなかった人は、少し購入してみるのも手ですね。 一番は、東宝の公式ショップからの買い物です! 試してみてください! まとめ 現段階で、灰と幻想のグリムガルの2期製作は微妙です。 1期から2期制作までの期間が長引くと、その分可能性は減っていきます。 勝負はこの2年でしょう。 ただ、ライトノベルの原作のアニメは3年以降に2期製作になる可能性も多いので、待っていればいつかは.... と言った感じですね!.

次の

灰と幻想のグリムガル12巻 K&K海賊商会とバイバイ、ユメ!

灰 と 幻想 の グリム ガル ネタバレ

ネタバレと感想 フツメンの男マリアローズがzooとは違うクランに入って色々頑張る話って感じですね。 6巻まで読みましたが正直堅実な物語構成で華がない。 何故アニメ化?とちょっと自分の感覚を疑いました。 もっとも、初めてふれた十文字作品がコレだ!というのであれば大分印象は違うでしょう。 そして薔薇マリとの大きな違いはカメラ! 薔薇マリはマリアローズの一人称かと思いきや、登場キャラクターほぼ全員の視点で 描いているので巻が進むごとにどんどん群像劇化していき、 世界が重厚になる副作用としてストーリー展開が遅れていきました。 ところが灰と幻想のグリムガルでは一貫して、主人公ハルヒロ視点です。 ほんのいくつかのチャプターだけはランタ視点になったり、 モグゾーが死んだあとはパーティメンバーの視点に変わった事もありましたが、 あくまでも例外です。 (・・・・正直ランタの描写がウザ過ぎて読むの止めようかと思った事もありました、 コイツは駄目なカタリか!) 本作はカメラがべったりとハルヒロにくっついています。 このおかげでストーリーは横道にそれず進んでいきます。 それと、グリムガル世界が現実世界とは違う、 ハルヒロたちは何らかの原因でこの世界に転移したのだ、という事が 冒頭から明らかにされています。 6巻では先輩パーティの目的が元の世界への帰還だという事も明示され、 物語を貫く目的が生まれました。 この2点は薔薇マリとは大きく違っていて、 新たな作品だと言えるでしょう。 それと、薔薇マリでもグリムガルでも十文字作品に共通しているのは、 ノリがバンドとか芸術系クラブみたいなんですよね。 仮に軍隊の下部組織として生死をかけた冒険をするような集団が存在するのなら、 その運営は超オトナの組織でないとおかしい。 ところがグリムガルの上位クランはウェーイ系だったりするわけですよw モダンが最近大ハマりしている作品のオーバーロードですが、 これは社会人的なオトナの世界の内在的論理で物語が構成されていますが、 これに対して十文字作品は良くも悪くも青くてアートくさい。 やっぱりオッサン向けでは無くてあくまでティーンズ向けですね。 大英雄が無職で何が悪い これもグリムガル世界を同一にする作品で、スピンオフではなくて 正規の十文字作品です。 灰と幻想のグリムガルト合わせてこっちも読んだら、もうぶっ飛びましたw どうしようどうしよう・・・とビビりながら堅実に生きているハルヒロと、 本作主人公のキサラギは超対照的! いきなり最初に貰った金を無駄遣いしたり、ギルドに所属しなかったり。 その癖、不死族とかソウルコレクターとか、 グリムガル世界の核心に近そうなイベントが起きたりします。 なによりも大きく違うのが、キサラギの性格。 ティーンエイジャー感はゼロ! エロゲー主人公的とかうか、なろう的というか、 キレイなランスって感じですね。 ランス 自己評価が高く、行動に迷いが無く、恐れも無い。 そして権威に媚びたりビビったりしない。 正に偉業を成す英雄キャラです。 間違っても等身大主人公ではない。 先輩相手に土下座したり委縮しているハルヒロたちとは大違い。 どうやらハルヒロの次の世代として世界に来たらしいのですが、 灰と幻想のグリムガル作中では3人がどこで何をしているか 分からないと語られていました。 ところが本作を読んだら、 エルフとかドワーフとかサハギンをパーティに入れて、 ライフルで武装し、左手は義手になっているよ! 同じ世界に来てここまで違う展開になるというのは本当に面白いw アマゾンの評判を見たら星1つを付けている人がチラホラいて、 作品の楽しみ方が硬直的だなぁ~と思ったり。 作品世界の深さを描写する時に、別キャラの視点を借りる事はままありますが、 これを1つのシリーズで行うとテーマがぼやけやすく、 メインストーリーの進攻が遅れます。 その為に同一世界・同一時代の別主人公を立てたシリーズがあるというのは、 非常に便利なシステムかもしれません。

次の

灰と幻想のグリムガル5巻のネタバレ感想とあらすじ

灰 と 幻想 の グリム ガル ネタバレ

灰と幻想のグリムガルとは、から発売されているである。 概要 は十。 は鋭利。 、既刊18巻(16巻+短編集2巻)。 の「」にて号から号まで、によりが連載された。 またにが発表された。 はtes。 からが放送開始され、まで放送された。 全12話。 名前以外の記憶を失ったたちが、突如として見知らぬ「」に放り出され、を組んでたちと戦い、日々を生き抜いていく冒険譚。 特筆すべき点としては、たちは特殊な才やを持っているわけではないのであり、やなどとは程遠い存在であること。 冒険者たちやたちがどんどん活躍していくのを横に見ながら、たちは拠点周辺のを殺すことだけで精一杯。 そんなたちの一見どうしようもないな冒険譚を、本作品は非常に生々しいとして表現している。 らが抱える劣等感、々しさとはかけ離れた泥臭いまでの、ながら生活感を醸し出している観など、多様な部分で妙なを感じることができるのではないだろうか。 いつが死んでしまうかもしれない緊感が味わえる、そんな作品である。 あらすじ 気が付くと暗闇の中にいたロは、自分の名前以外をせないことに気がつく。 自分と同じ遇の十二人と一緒に暗闇から外へ出ると、そこは全く未知のが広がっていた。 この「」の案内人によって義勇兵団ムーンのに連れて行かれたロたちは、義勇兵となってを討伐することでで生きていくことを迫られる。 事態を飲み込み率先して冒険に出るたちに出遅れ、ロたちは余った同士でを組まざるを得なくなる。 各々に入り、基本を覚えたロたちはようやく冒険へと立つのだが…。 登場人物 ネタバレなし 主要人物 ロ : 本作。。 は(フ)。 な何処にでもいるで、自分の気持ちを言葉にすることを憚る。 また体性に欠けに合わせて行動することが多い。 生まれつきで眠そうなをしているせいで、のに年寄り(ド)という通り名をつけられてしまう。 基本的に及びな性格だがを通して成長していく。 に内での(にランタへの)役。 思索したり困惑すると首筋や頭を掻く癖がある。 ト : のまとめ役。。 は官()。 容姿はののな。 ・にかかわらずに的確な助言や示を行うの良きである。 の安危に関わる重要な役割であるが、本人は特に苦にしている様子もない。 常にのことを思って行動している彼を、ロをはじめとしてが信頼している。 ランタ : のムード。 は暗(ドナイト)。 容姿はで小柄。 お者で儘でテキトーな上に、よく喋りそのつどロから突っ込まれる。 非常に口が悪い上に旗色が悪くなるとすぐに撤回する。 そのためからは陶しがられている。 、最初は足並みを乱していたでも示通りに行動するようになり、が落ち込んだ時、わざとおどけてみせたりと次第に「」として行動していくようになる。 (口の悪さは変わらずだが) によって「ん」という悪霊を招来できる。 ゾー : の前衛を務める巨の。 は(ウォーー)。 をえるで横幅も広いが、した雰囲気で、温和な顔がギャップを感じさせる。 性格も温和、というかおどおどしたもので自分の意見を述べようとしないし流されやすい。 一方で怒るととても怖く、最初にを叱りつけた時はランタをも委縮させた。 遅いがの扱いは正確で意外と器用。 初期は慌てていたが成長するごとに、前衛としてからの信頼は大きくなり、決める時に決めてくれる。 とある出来事から率先してと交流できるようになっていく。 ユメ : 前・後衛を務める。 は()。 長くてな長いを二つ結びのにしている所謂系。 自分のことを名前の「ユメ」と言う。 なを使いよく言葉を間違う。 特に横が苦手。 とにかくほわほわした話し方にした性格から的な位置にいる。 「」が口癖。 のだが術は苦手だが徐々に上達していく。 に前衛にてで戦う。 よく胸をにランタと喧になる。 シホル : で後衛を務める。 は(ジ)。 小柄なで可らしい容姿。 性格はかなりの引っ込み思案でめったに自分の意見を述べたりはせず、黙っていることが多い。 不安や緊にされると極度の状況になり、泣き出したりしてよくユメに慰められる。 しか根を上げずにを助けようと間の仲を取り持ったり、を習得する頑り屋で心優しい性格。 系の(ダーシュ)をに使うようになる。 ローブで見えないが。 ランタに胸の事をにされてユメ同様よく口喧をする。 メリイ : では後衛を担当。 は官()。 見麗しい美貌をもったまで届く長いの。 の左をにしている。 ロら義勇兵のだが、や態度が冷たく、相手に非常に怖い、関わりたくないという印を与える。 話しかけても拒絶的な受け答えしかならず会話が成立しない、官なのに治療もロクにしてくれないし、前に出ない。 しかし勧誘は拒まない、だが、1つのに長く留まったことがないため、渡り歩いている状態で義勇兵の間でいろいろ噂になってる。 (付いた異名は「性悪メリィ」、「恐怖のメリィ」) に何かあった様子だが……。 ロらより後から「」より出てきて義勇兵となった。 は(フ) 頭で大きな瞳にをつくっている小柄な。 性格は明るくはなくはないが、打ち解ければ年相応な面を見せる。 ロは「ここ来る前の」でと知り合いではなかったのかという確信を覚え、も同じ様子で互いにそれに気づいてからは、ロをとても気にしている態度を取る。 ロを「んぼう」と言う。 ク では前衛を務める。 は()。 のの1人。 容姿は1をえるだが痩せており、さらに姿勢も悪いためにひょろりとした印を与える。 またがなそうな表情の上にぶっきらぼうな口調のせいで初対面の印はあまり良くない。 だがあまり感情を出さないだけで根は面。 最初こそが引けていたが危なっかしくも進んで前線に出るよう成長していく。 チーム・レンジ : ロと一緒にへやってきたで、・の。 容姿はのに悪そうな双。 「使えそう」なをすぐさま選んで、のへと踏み出していく。 自分に従う者しか引き連れないかわりに選んだ者は手厚く扱う。 そしてその分腕はかなり立ち、すぐに義勇兵のへ食い込むほどの実を備えてる。 外見によらず有用ならば他の話は聞くし、また他人への配慮もでき、その実聡明で頭も回る。 : ・の1人。 最初の義勇兵団にて実によってに選ばれ行動をともにしているより暴なの。 闘い方や態度、喋り方からも柄が悪くにくい。 しかしには従している。 腕はより劣るが新兵の中でもでも上位。 サッサ : 達とは違い、に同行させて欲しいと懇願して入った手のな。 装は露出が高いが逆にのには似合っている。 腕はの元にいるだけあるのか、ロよりも長けた上位の技術を持つ。 アダチ : と同じくに選ばれ入りした縁をかけた聡明な。 知的な貌でそれにあって常に冷静に状況判断が出来る。 に()を使用する。 と同じくに選ばれ入りした。 名前は不明。 に満たないでが小さい為、何を言っているのか聞き取りづにはとても懐いている。 官であるが、前衛に出てによる攻撃を多様する。 チーム・トキムネ 義勇兵団の中でも有名な個性ぞろいの。 通称「トッズ」。 または義勇兵団一の「集団」。 ムネ ・ムネの。 いをらせなが笑う仕をする。 長年危険な地域でとしてやっていけているだけあって頼れるが、敵に対して大変好戦的な上、重要な決断をほぼ「気まぐれ」や気分で決めてしまうため他は振り回される。 しかしそれで危険になっても死地を切り抜ける実があるため信頼をされている。 というか。 内の的なをこよなくする。 ワ : ・ムネの1人。 ロと一緒に「」から出てきたで見たも言動も非常にうるさくが軽い。 で一のにも入らず、その性格でムネに入れてもらいロらより先へ行っていた。 見たとは裏にの腕は立つ。 タダ ・ムネの官。 元というおかしな経歴をもつ、一見まともに見えるごつい戦鎚をもったをした。 「自分が一番」という思考をもつ生の。 闘う官。 ムネとは違い、間でもの事でも問題を度々起こす。 を前に慢が切れると走って粉砕、または挑発する等も驚くことをする。 しかし実際それだけの実はある。 ムネとには従順。 イ ・ムネの。 から、からのになったというやはりじゃない代ぐらいの。 左にをし、背に矢、に2のに全身という変な格好。 発言の前後に「クッ……」と喉を鳴らす。 発言や仕が事が多く、俗っぽくいえば。 常時はだが、なぜか気分が高揚・落ち込むとふらふらと単独行動し始める。 また左は見えるのにをしていて、取ると「」が変わる、とか。 ・ムネの官。 くらいの小さいの「」で。 片言の「」で発言し、「の」を多用してのかつ痛な発言が多く、面では「」で伏せられることが多い。 は丁寧でいい、「デ!」「ヨネー」等を多様する。 ではあまり闘わずをするがなぜかにされると元気が湧く。 また自分の発言で傷つけたと思う相手には素直に謝罪したりフォローするそのギャップが護欲をそそられる為、内でとしてされている。 称として「」と呼ばせる・呼ばれている。 ムネについて発言が大きい。 ミ ・ムネの。 元という経歴を持つとても背が高い。 胸も大きい。 それついた渾名は「巨女」。 背の割に小さい顔でのような瞳を持つ。 常時沈黙していて線のみで意志を示すので何を考えているかわからない。 なぜか自分が思った「」ものを人・問わず「飼おう」とする。 でははあまり使わず前職のであるを使い、特殊されたで戦う。 クラン・暁連隊 DAY BREAKERS 通常は地へ行くと、も強敵になるため探索するにもが必要なるが、それにも関わらずたった既定の6人で戦いぬいてきた「義勇兵の中の義勇兵」とされ、の晩餐会に義勇兵で一招待されたを持つ。 特にのマ始め、の名前は中に知れ渡っている。 マ 「義勇兵の中の義勇兵」、「義勇兵」と称される人物。 は(ぶし)。 すっきりとした顔立ちと哀愁を漂わせた切れの。 いがかみ合わさってその間から色のが明滅する不思議なと、下半身には左右非対称の長いのようなを装備。 得物はの長との小。 性格は泰然自若とした物で口数が少なく大変近寄りがたい雰囲気があるが、話せば長く説法く、に突っ込まれればをついて落ち込んだり冗談をに受けたりと、らしい生面な面がある。 他が困っていれば助け、命を大事にする姿勢も人を引き寄せる要因の1つ。 ケムリ の1人。 は()。 にりくを着た浅い肌に、ドヘアのの。 かなりの巨で見たでは近寄りがたいが、他人とに会話しのを思い持ちを持ち、情に厚い。 の1人。 は死霊術師()。 のような体格でな体をした人物。 人造というものを「つくり」使役する。 常にな笑い方をし、心い事を言うがのもきにしていない様子。 の1人。 につた人造。 見たは、のように見えるが、恐ろしげなをかぶっておりかなり長い両腕が立つ。 皮やの防具を身体に巻きつけており、にはのを背負っている。 固有の意思があるらしく、返事は鳴くように返す。 シマ の1人。 は呪医()。 胸や脚が覗く大胆なに、や首飾り等で飾り立てている。 短とを装備し、それも装飾されているがの雰囲気に合ってまったく美装飾な雰囲気は受けない。 内ではマの役という立場でよく諫める。 リーリヤ の1人。 は舞師()。 にのような眼の。 離れした精緻な容姿をした美貌で透き通ったの肌とったを持つ。 彫刻が施された胸当てのみの軽装でを装備している。 性格は冷たく、本音とを憚るなく言う。 しかしマには甘い。 詳細は上記、下記参照。 チーム・アキラ ・の。 代のでをえるをたたえた偉丈夫。 マや他が台頭してくる前に辺で名を馳せ、「義勇兵」と呼ばれていたがマが辺地で名を上げ始めるともう年だ、という理由にマに「」の名を預け、を引き連れてどこかへと知れずとなっていた、という噂があった「生ける」「別」とまで称され、類のを誇る。 ・の官。 代の知的な印与える容姿の。 カヨとはで、は。 元でもあり、は使えるが、従来のではなく、独自に解釈し「解放」したでを使用し基本4とは全く異なる広範囲高出を使用する。 またミホとの同時のも使用する。 しかしらしくすぐ疲れる。 カヨ ・の。 の妻での。 をと呼ぶ。 がとても高くてデと印付けされる。 難敵とされるをいともあっさり片付けてしまう、と同様の人。 族のの。 血は繋がっていないが、とカヨを、と呼び、2人へ過剰な情を見せる。 遠からの矢の攻撃をするがそれが動く小さな的であろうとも必中で当てる腕前を持つ。 短い脚にの塊のような体を、体毛で包んで顔のと一体となっている。 そのためはないが随分大きい印を与える。 体長よりもデを持ち、が通りにくい敵でも笑いながら易々と切り裂く。 普段はしいがになると少々好戦的になる。 ミホ ・の。 年齢を聞いても驚くほどのでと同様、未知のを使用する。 を「解放」したらしいを使用するは従来のとは異なる色、作用をみせ、と同時による高出なも使用する。 颱風(タイフーン)ロックス の。 を逆立てた程度の小柄な。 という飼いミを肩に乗せている。 2本のが異なるを扱う変わった技を使う。 性格は大変に惚れやすくそののために行動するが、と結ばれるというより「それが面いかどうか」で行動の針を決める変人。 常時が高く、面いことに関しては全てをかけて望むをしている。 しかし彼の有り余る元気さと類稀なぬ様々な技術からの性からスのから、変人と認知はされてても絶対の信頼を得ている。 カジタ。 頭の頭、口にをかけた。 性格は寡黙ではあるが人を気遣いの意思に従う思いだが、少々な面もある。 得物は先が左右に広がっているを横からスしたかのような形状の、1. 5mもある規格外のを振るう。 隙が多いため尋常じゃない蹴り等を交互に繰り出し「ええい!」等その度掛けを言うのが特徴。 モユギ。 「現役の暗」を自称する軽装でをかけた。 で話し、話の節や思案中にのを上げる癖がある。 の面いことに賛同してる面もあり、彼が起こす出来事を「酔狂」を言いながらも対処している。 的でをするが抱けるか抱けないかで判断する。 スの戦術を考える参謀的位置におり、が彼の練った戦術で動く。 彼は長いのような物体の悪霊(デイモン)「」を常に使役し、独特の身のこなしをしつつと連携して敵を仕留める。 は元の。 ー付きのコートに帽を被ったの。 鼻立ちがこく表情豊かで軽くひょうしょうとした性格。 義勇兵やって10数年のとく。 ではあるが、周囲に溶け込みの術で遠を行う。 その穏行は非常に高く、さらに正確な矢を放ってくる。 本人はあまり前に出ずに気分で援護射撃をしている。 2流でを扱う痩身の。 も常時もなにかなことを口走りながら行動し、敵はこれほどかといらいする可笑しな性格。 急にしくなったと思えばするというく「キテる」。 ははかなり熟練しているようでなんなく相手の後ろを取る。 五部の小柄な。 スの中では大変しく。 雰囲気を読んでかをからかったりつっ込んだりする。 官の護身法らしきもので敵の攻撃いなし、反撃することに長けている。 クラン関係者 ハラ : 有名・の。 優しげで礼儀正しく、物が柔らかい。 い、を装備しており、にはX字にのである7つが描かれている。 彼の温和な人柄からか、の人達は一様に礼儀正しい。 初期の頃からロと関わり、様々な助言を行っている。 : 有名・の。 元メリィのの一員で単で細いをした。 にあった出来事でメリィには負いを感じ、話はするが元のに戻れない一旦が自分にあるのではと悩んでいる。 カジコ 有名・荒野隊(ス)の。 い羽のスを首に巻き、兜・など装備品すべてに羽があしらっている。 に質な身体に長いのようなを装備し、恐ろしい印を与える。 戦い方はいが確かな実を持つ。 常時はを弁えた物だが、とは軽口を、古い間柄であるらしい。 有名・隊(ル)の。 通称「マン」。 で身体もさして大きくないが威圧感を感じる。 武闘で簡単に言えば喧屋。 そのため「してもいい」と判断した場合は敵が何であろうが殲滅する。 「の義勇兵」であるマを視している。 ダッ 有名・隊(ズ)の。 通称「()」。 、口、鼻等をく染めた大男で武闘。 基本隊と同じようだがダッは慎重で狡猾な性格。 しかし喧は。 髑髏が交差するい手なとが。 マを視している。 その他登場人物 ひよむー 未登場 「」から出てきた「志願兵」を義勇兵団まで案内するをしている。 をにしている非常に騒がしいくも明るい性格。 「」のことについて知っているのか、どうか等は一切不明。 ロら12人もひよむーに案内された。 : 辺軍義勇兵団ムーン所長兼ホスト。 剃ったのにい口、ばさばさの付けにという貌だがはていて体格もいいつまり。 話す節々にをとさせ、「おねぇ」口調で話す。 「」から出てきた志願兵に義勇兵団に入るか否かを問い、その後の管理もし、未熟な団員に助言をすることもある。 所長ということあり、りにをくぐってきたのか有名の並のの腕を持つ。 ヨロズ( 未登場) で「ヨロズ預かり商会」をしているの見たをした人物。 にのの。 縁にのと立つ格好をしている。 高価な荷物は紛失、窃盗の危険があるため義勇兵は不要な物をここに預けている。 いで顔半分を隠し、露出の多いを着た。 物や話し方は妖艶だが、内容に加減はなく非常に厳しい。 しかし教え子には親身になって相談にも乗る。 ホーネン : 官のに務めている官。 が大きくのような大男。 トの修師で助言者。 外見からはにくそうな老人ではあるが、とある出来事でトへはちゃんとした師を持ってし、接していたことがわかる。 ミ : ミ : オグ : 元メリィのだった3人。 でのミ、ののミ、でのオグ。 見習い義勇兵時代からの付き合いで団章も直ぐに買い、鉱山でコのをしていた。 ララ ノノと2人のみで行動しているの義勇兵。 付きが良い体が見えてしまう際どい装をしている。 不遜な態度に命口調ので、利を優先する性格。 「様」のような印を受ける。 未知の領域に分け入り、それをとして売ったりしている。 察知がずば抜けており、基本はは避けるがはにノノがする。 ノノ ララに使える義勇兵。 に、、具のような装で寡黙。 ララの命を絶対遵守する。 の錬度は大変高い。 異種族 オルタナ周辺地域 :、その他 醜悪な小人族。 はほどで色の肌にがとがっている。 りに賢く不利なは避け、集団行動をする。 かつてのア王第二のローを根に、血族による王らしきものを築いており、上位の者は新、あぶれた者は旧か周辺へ墜ちて来る。 袋というものを下げており、しまっておく習性をもつためとの後にはそれがとなる。 上位のものほどなどで固めているためが困難になる。 他に泥などがいる。 諸王連合時代から王を築いてからも族とはも状態で、敵対関係にあるが、技術が違う人との全面を恐れなどに攻め入ったりはしてこない。 ので個体数が少ない。 人ほどの体格でも強く暴だが知が低く、に飼いならされて化していることもある。 しかし知性的ならは部族を形成してと敵対関係にある。 まれに従順なは上位にいるに飼われてボードをしていることもある。 (あな) ほどの大きさので大変ずばしっこい上に堅い毛を体中にもった、を思わせる。 だが集団で得物を襲う習性がある。 非常にすばしっこい上に数が多い為になかなか攻撃が当らずな相手。 しかし少しでもを与える去る。 「不死の王の呪い」によってでした者は、適切な処理しなければ化してしまう。 くて3日、長くて5日以内。 「不死の王の従者」となるが、が腐り落ちるととなる。 を破壊すれば動かなくなるが放って置くとかになる。 コ : 、その他 頭で全身体毛に覆われた人種族。 体長は~と小柄、大柄な個体がいる。 ほど知的ではないが見たどおりのように上下関係がはっきりしており、他種族に排他的で厳密な階級を築いている。 居生活を好みム・ほどではないが独自の治技術をもって・防具を製造している。 コは呪術的な信仰の元タマンと呼ばれる等加工したお守りを持っている。 身分が高いコほど細工の込んだタマンや装備を有しており、これが高く売れとなる。 (下級)コ、コと身分ごとに呼び分けている。 は上層の下級労働者。 コは中層の労働者でローワー・ワーに分かれる。 は監視役でフォンと呼ばれ、フォという手下を連れている。 デッドスポット : 通称「死の斑」。 体長2はえ、い披毛にい毛が混ざってまだらのようになっている規格外のコ。 幾多の義勇兵を手にかけてきたことからその姿と合わせ「死(デッド)の斑(スポット)」と呼ばれ、義勇兵内では出会ったらろと言われている。 渡り1. 2はあろうかという巨大なのようなを装備し、物がいい兜、、楯を装備した手下()を数匹をつれて鉱を巡って歩いている。 何人もの義勇兵を葬っただけあり、そのは重くい。 また体毛も堅く容易くを弾いてしまう。 また傷つくごとに奮するためか俊敏になり強くなっていく。 の肌をした醜悪な外見の人種族。 鼻が潰れ、が小さくり、口は大きく両端から大きな牙が生えている。 体格は族より少し大柄で横幅も厚みもある。 立ちを誇示したいものはを手な色に染する習があり、特別な地位名者ほどその傾向が強く、や牙に模様を刻んだりする。 の装備品はほぼ族と同じ大きさの為、そのまま使えたりすれば使用できる上にとなる。 は族と遜色ない知的な文化を持っており知も人と変わらず人を介する個体もいる。 は諸王連合時代に滅ぼされたより西約にあった旧ンカ王領にを造り、を監視している。 間では制度もあり、製ののようなが流通しており、これが貨5~倍の価格で売れる。 より不死族に匹敵する種族とみなされ、不死の王亡き今では族にとって敵、最大の敵ででもに攻め込んでくる。 寂し野前哨基地周辺 ク ー入り口付近に生息しているを数十倍大きくしたような。 短時間ならすることもできるが、すぐに地におち、基本、脚ので攻撃してくる。 攻勢が悪くなると一旦離脱し戻ってくる。 に三亜人に刈られ食料とされている。 三亜人 さんあじん 地下、ーに入ってすぐの狭いの横から湧いて出てくる3種の亜人。 をにもつ小人のような「デュルガー」、全身毛に覆われ鋭いで攻撃してくる「ボギー」、のようなをもったくぐらいの体格でをにする「」。 彼らは互いに敵対しており人の前で殺戮し合ったりもする。 にー周辺の、ク等狩ってし生き延びている最弱の種族。 基本的に「自分達より強い」には手を出してこないが弱いと判断されると集団で襲ってくる。 ムン ー内部のあちこちに巣を造っている巨大。 色の体色でいのような石器で攻撃してくる「」、巣を守る前肢が鋭いになっている「」、生殖体の、といるが、義勇兵がに闘うのはとである。 のいや色の個体などがになる。 ムンはの習性と同じく「個」というものがなく、群れ全体を最優先にする。 ウストレルが現れると出す。 ウストレル 体長は2を越す巨体に合羽のような衣に、の下の頭には頭蓋のような兜に鋭利な穂先を持つ長いをに持つ種族。 左腕に防具をつけ、逆のような体格で頭は妙に小さいく、前傾姿勢でをのようにしてムンの巣周辺を歩き回っている。 なぜか移動時の音はで時も位置をしずらい上に見たより移動が物凄くい強敵。 またりに知はあるのか、や相手に応じて攻撃の方法を変えてくる。 さらに「ゥ…」というな音を発すると腕が倍以上に伸び、が広がるが逆に懐に入られると弱くなる。 また伸び切るまで隙ができる。 また同じ音を発して腕を元の長さに戻す。 ある程度を食らうと口から舌打ちのようなものを鳴らし、尋常じゃない脚をもって脚蹴りをしてくる。 また低い姿勢からを前にしての突進、身体に付かれるとりをして暴れるという行動をするがどれも凄まじい脚によると攻撃をもつ。 になるとを前に旋回するという攻撃もしてくる。 発見者はロらと・ムネ。 そのままのような哺種族でーのとあるにて発見された。 は一切の攻撃手段を持たず、また攻撃もしてこない。 倉(ストレージ)と名づけられた多数のにを生みつけ、共同住居()と呼ばれるがとても高く横がある場所に成がおり生活している。 旧ナナンカ・イシュマル王国領周辺 不死族() 不死の王によって新しく生み出されたもので不死族の一。 ・・等はではない。 は一度したが死んでいない腐ることもいで強な再生があり、を破壊か焼き払わないと滅びない。 不死の王がいた頃は彼のい血により作り出されていたといわれているが、彼の者亡き今、不死族の祭らが不死儀を行ってを化している。 化したものは記憶を失い不死の王に忠を近う。 それは彼亡き今も同じである。 用語集 下記は簡易的なものです。 外部より用集「」、「」もご覧下さい。 世界設定 この「」を示す言葉で、それが「どこまでなのか、一部なのか包括したものなのか」この「」に住んでいる者はし理解していない。 ただ、この「」をすときに使われる単である。 そもそもなのかなのかすら判別していない。 には山脈とその南広がるア王「本土」、北の「辺」のな大地のことを差す。 は「」らしきものがあり、満ち欠けをするが「い」。 この「」に関して、の不死のに滅ぼされた旧イシュマル王領に何か手がかりがあるのではないかという噂がある。 ら義勇兵団が所属するア王内で流通しているものを概ね差す。 種類は貨()・貨()・貨(カパー)。 は不明であるが、王では「貨」が制度の基本となりそれがとなっていると推察される。 貨1枚で、貨1枚でカパーとなる。 ちなみに貨をに直すと「ー」となりそこがであると思われる。 (基準例:焼き1本、1杯で4カパー。 義勇兵団宿舎見習いで1晩110カパー、贅沢をしなければ1日10カパーで生活可。 ) 時間・ 現代と変わらない2間制。 また同じくも法が使われる。 時間はにあるか、個人で購入できるで確認できる。 また、となる要塞では午前をめどに間おきに鐘が1回づつ鳴らされ、の7回を告げると終る。 季節などは描写がい為不明であるが、数ヶたっても薄着であるらをみるとア王地域は温暖な気と推察されるが、「寒い時期なったら」等の懸念があるためは存在する様子。 しかし積やの描写がい。 が存在するかは不明。 不死の王() 約年前に突如現れたの王。 彼は大変狡猾で各の部族の中の有者を王に仕立て上げ、その王らは諸王連合を結成、諸王連合は不死の王をに上げ、不死のを建、「辺」で勢を伸ばしていた族の々を次々と滅ぼし、山脈の南側へ追いやった。 しかしそれから年、約年前に不死の王は「」し、王がいなくなった諸王連合はあっけなく瓦解、互いにをし合い、自分の領地を決め、治めるまでにア王は「北側」の辺に要塞を建設することが出来た。 不死の王の亡骸は旧イシュマル王を領地としている不死族の「不死の領()」にあるという。 また、不死の王の呪いにより、でがすると数日でとなる。 この「」に存在するのこと。 のにはみえず、常に偏在している。 を使用するというのはのを「使用」し、・によって「決められた」効果を生み出すこと。 は「や()」を嫌う為(装飾品、具程度は例外)、に使役するはどうしても軽装になる。 もである以上、多様な効果を生み出すことが出来るが、ではそのような使い方は教えてくれない。 遺物() 現代の技術では作ることはであるが、に作られたことがわかっている物の総称。 概ねは武具であったり、便利な具であったりする。 別 「」とはまったく異なった、つまりのことで、「とある」からを通じて発見された。 徒歩で移動可。 気、、生態系、信仰などがそれぞれのごとに大きく異なっている。 国・組織・地域 ア王 この「」でほぼ一の族の。 山脈という巨大な山をに南側を「本土」、山脈を越えた北側を「辺」と呼称する。 かつては別の王とともに「辺」全土へも版図を伸ばし盛を極めていたが、不死の王の登場により族は撤退、山脈南側を前線とするも不死の瓦解によって同士が争っているうちにが建設され今に至る。 要塞 約年前に不死の王がしたことにより、同士が争っているうちに「辺」に築かれた族の最前線、かつ一の防衛拠点。 治めているのは、ガーラン・ヴィドイー。 グム・ラセンを筆頭に辺軍を擁する。 の、の、荒野のセン族と同盟を結ぶことで辺前線を維持している。 他に全てが「」出身の「よそ者」で構成された義勇兵団も要する。 山脈 てんさんく ア王「本土」と北の「辺」をわける標高が高い峻険な。 先のでア王はこの山脈のおかげで辺にを築くことが出来、も辺地域の不死族初めとした種族らと睨みあっている。 山脈を越えた本土にはにはいるにしてもその仲介役をしてむしろ支配しているような状態で、戦いとは縁遠く大変。 山脈にはに物資等をおくる貫通があり、そこから本土からの人材や物資がくる。 しかし、この山脈はどこまで続いているのか、が名づけたのかなどは一切不明。 ロー ア王第二の巨大であったが、、不死のの諸王連合に滅ぼされた。 北西4に位置する。 滅ぼされた後に間でもっとも下の身分で扱いされていたが反乱を起こし不死族と争いとなった。 後にローに王を築くようになり、住み着くこととなった。 は間でも階級となっており、「新」には上層のものが、「旧」には下層、またはあぶれた物が住み着くようになっている。 鉱山 ア王がかつて管理していた鉱山で北西8に位置する。 不死のにより王が撤退してからコが占領、住み着くようになり独自の階層を築いている。 坑内は十数層からなる階層でできており、上階ほど弱いコがいて下に潜っていくほど危険である。 デッド監視砦 北約6にあるが常駐している3棟のを中心とした堅な砦。 が常駐してを監視している。 この砦を基点に、何度もの軍勢が侵攻してきたが今の所全て辺軍に撃破されている。 またに何回か砦を奪還しているが、をあげて援軍を呼ばれてしまう為また撤退するということを繰り返している。 強襲されると予め敷設しておいたが直線的に上がるようになっている。 リ要塞 デッド監視砦西約に位置する旧ンカ王領にを要しているの重要拠点。 噴流大河(リ)の畔にあり、からの援軍・追加物資をに沿って移送することによって万全ので闘うことが可であり、、デッドを族に陥落させられるとすぐさまこの要塞より援軍を兵、奪還していた。 はを擁しており、このはでデッドまでたった1時間で到達する。 噴流大河を遡上するとすぐに旧ンカ王領にはいる為達の的・戦略的重要地点である。 荒野(かぜはやこうや) デッド監視砦より北へ約1時間歩いた所に広がっているな。 とにかく広く強いが吹いているため「荒野」と呼ばれる。 数の「」が住んでいるという噂がある。 族と同盟を組んでいるセン種族が住んでいる。 寂し野前基地 荒野より西へ約へ行ったところにあるな台地の中にある地に気づかれた辺軍の基地。 地周辺に見り台が囲み、基地と野間には壕が走って基地内にあるからを引いてとなっている。 他種族のと近いため前線基地になったり未踏地域やーへいく基点となる。 基地、とはいっても軍人・義勇兵的に集まった商人達が住居まで造ってのようになっている。 ー 寂し野前基地より北へ1. 5進んだ荒野に巨大な入り口を開けているのような地下のこと。 く「びっくり」からーと呼ばれる。 中は複雑な構造でをしても迷う上にいまだ作成すら達成されていない。 そのためなぜこんなが出来たのかも不明である。 一説ではの再はと繋がっているらしく、そのため見たこともないようなやの生態系が存在する。 また種族争いに負けた異種族・が込んで住み・発展していることもあり種の多様性は複雑怪奇となっている。 そのため未知の領域が多く、それをめて多くの冒険者・義勇兵が訪れる。 戦闘・技術関連 この「」における団体のこと。 様々なが存在するが、全組合協定によって1つのにしか入ることが出来ない。 また、組合にはどの場合、組合員間で必ず守らなければならない掟等が存在する。 破った場合は組合を追放され二度とその組合入れなくなるか、最悪追われ、命を狙われる。 中には掟が一切ない組合もある。 また不所属のままをすると他の妨等があるため、をするのであれば組合加入は必須である。 組合には助言者(メンター)という導員がおり、を払うことで技術と知識の導を請うことが出来る。 助言者の呼び方は組合ごとに異なり、数人ほどいるが加入者は選べない。 所属にて助言者より教えてもらうことが出来る技術のこと。 訓練によって修める技・。 ただを習って使わないでいても実践ではまったく使えない。 使用することによっていわゆる熟練度が溜っていき、その技やの効果を十分に発揮することが可となる。 とはいっても「パラメータ」のようなものは当然ながら一切存在せず、的に何度もの実践での使用、繰り返しの鍛錬による技術習得である。 実践使用はの10倍の効果があるとされる。 また、使用しているうちに技の決まったから自分なりの使用法等を見出すことが出来る。 特別に所属している各名ごとに呼び分ける役職の総称。 その者のと役割分担をわかりやすく単で表したもの。 ではやといった組合にはいって・技を習得し、そのとなる。 しかし、一部の組合を除いて抜けてはならないという掟がなければ、別の組合に替えしてを変更することは可である。 そのため、元のなの術が使えたり、元なのに官でもが使える、というにはまらない者もいる。 ちなみにこれはであるため当然、、調理師、といった一般職のも存在する。 正式には「小団」と言う。 義勇兵団のあるの。 上、5,6人が必須となり6人が既定人数である。 大きな理由はには前衛の「」と後方での傷を癒す「官」2職は必須となる。 また、「官」が唱える身体強化「の護法(テクション)」の範囲が最大6人までという理由のため。 そしてそのごとにに幅を持たせたい場合は他のものがそれを補助するにつく。 もっとも、とはいえ人の集まりである以上、及びとの信頼や連携がしっかりしていないと、まったく機せずに危険な状態になることもある。 義勇兵のは既定6人であるが、強なやが困難な地域を踏破するのにはが足りない場合、同じ標を持つ他と結成する集まりのこと。 戦い方の必要性上、とそうなったものであって「集まり」程度の意味で、別段掟や決まり事はないが、結成時にはへ申告することが推奨されている。 を扱えるがによって取得できる・その技術のこと。 には炎熱(ヴ)、()、電磁(ツ)、(ダーシュ)の4種が存在し、それぞれに「」がいる。 4系統には「統御法(タリー)」という物が各存在し、使用時に使用する「」の知識をそれぞれ理解し、経験や実践における実感全てを含め各を従わせる方法。 使用時にを書きをするのもこの内の1つである。 但しいくらでも使えるというわけではなく、のを行使する時、自身のという精のを与え・消費して行使するため、各人使用限度がありそれは本人にしかできない。 これを回復するにはすることである。 でのが好ましいが、でも可。 また、系統はの性にされないためがなくてもが使える。 厳密には「統御法」でのを使用しているが実質「飼いならしている」状態で、4種のの区分もが勝手につけたものである。 従って区分けされた「」ではなく、「」自体を理解しを行使することで従来とは異なった効果を発揮できる可性がある。 官・ のを祝詞を唱え、を与えることにより、のである癒すを行使する。 五本ので額に五芒を作り中を間に当てて六芒を作る。 に関しては上記と同じである。 は「徳」を積むことで上位のを使用することが出来るが詳細は不明。 祝詞を間違えると発動しない。 暗 暗には暗法と悪霊招来(デイモン)いうものがある。 悪霊招来は暗特有ので悪徳を積むことでの属を一時的にできる。 暗法は悪徳()を積むことにより使用が可になる。 暗のをを代償にし、を唱え、ににおける身体強化・を起こすのようなものをい闘うことが出来る。 義勇兵団の「志願兵」を定期的に輩出している。 は刷り上げ式の石のと地下にあるのようなものとを繋ぐ階段がある。 甲冑を着たが管理しているが、ア王が管理しているのか、「地下」に定期的に現れる「志願兵」をどう扱うようになったのかなどの経緯は一切不明。 義勇兵からは「開かずの」と呼ばれ、中にはなぜがあるのかとの存在自体を忘れているものもいる。 義勇兵団 からあらわれた「志願兵」がムーンを通して義勇兵となった兵によって構成されている非正規軍。 団、とあるがが存在するかは不明。 正規軍の辺軍は前線維持で精一杯であるため、継戦中の種族を少数のを作り、各個敵を撃破・退治することをとする遊撃隊のような任務をする。 連携などは一部の以外はほぼなく、生活の為の銭稼ぎや未知の領域探索など的が「辺維持」とは程遠い者がどで、結果異種族排除をしている。 功績を上げ、稀な才を持った者は軍やのにとまることもある。 「辺軍」にとってみれば得体の知れない「よそ者」であり、そんな集まりとを一緒にするなどごめんだという潮があり、基本見下している。 義勇兵はなぜか「名前しか」覚えていない者であり、がいのはおかしいと言う。 のロらが、前に気合を入れるために円を組んで言う掛け。 ののと同一である。 なぜかが「記憶にはない」が思い当たる節があるような描写がある。 しかし後半になるとこの円を組む描写がなくなっている。 ちなみに、このは内のみの放送で元祖は「を飲もう!」だった。 ヨロズ預かり商会 未登場 にある銭・物品の預かり、両替を行っている商会。 のにして頭取は4代「ヨロズ」。 手ないでたちで、10代ぐらいの鼻立ちがくっきりとした眼のに態度のである。 基本、案内や応対、記録全て「ヨロズ」のみで行い、「顧客の帳簿、名前、顔、預残高、取引記録」等全て「記憶」しており、それが「ヨロズ」のしとなるらしい。 忘れるようなことがあれば次の代へ席を譲る事になる。 また々なも集まる様子。 もちろんながらあくまで頭取であり、大勢の番頭、手代、丁稚、荷運びなどが働いている。 営業時間は7時から7時まで等はない。 業務内容は、銭の両替はだが、預けた場合預かり料とし分の1差し引かれ、これは銭を預けた累増え分の1えた時点で差し引かれる。 物品の預かりの場合は鑑定の評価額の分の1である。 また価値の物を預ける事は出来ない。 また、故人の(遺産)を引き出したい場合は、義勇兵団を通してが発行する明書及び代理人明書が必要となり、これを確認した後に「ヨロズ」が代理人へを返却する。 身元がいなく、信頼できるのは実質のみという義勇兵らはこのヨロズ商会をよく利用している。 線 に敵と相対していると不意に見える、敵のまでの筋を現す線状のもののこと。 その線に沿ってをなぞっていき、敵の身体に到達している部分を攻撃するとである為一撃で殺すことが可。 正確には「ぼんやりとる線」のようなもので、その正体は、の場数を踏み、その上で何度も繰り返しで経験した敵の動き・弱点等から、「相手はこうするからこうすればいいのではないか」といういくつもの予測が線となってとして見える「予測の線」、のようなものである。 これはこのの者であれば、「でも」見ることがあり、別段固有の才や特技というわけではない。 一般的には1度や2度見ることがあるぐらいだが、であり頻度も疎らである。 個人個人のの「予測の結果」であることには変わりないため、色々考えてしまうと何本もの「線」が見えてしまうことがある。 のなので「見る」というより「感じ取る」というほうが正確で、周囲の時間が遅く感じられ、線の筋が暗転して大写しになって見える。 この線を利用して必殺するには見えたときに、逆らわず、冷静にまた線からはみ出さずなぞって行くことで成功し、逆にったり奮した状態だと見えなくなってしまう。 というものの、「自分がこうする・すべき」と言う「予測」なので、「線」が見えた途端にと自動的に身体は動いてしまっている。 慣れると線を応用することも可。 作中はのロのために、ロ以外が「線」をみているかは一切不明である。 官・が信仰している。 組合であるだけではなく「辺」や「本土」での信仰はあるのかは不明。 にのを与えているとされるであり、信仰の対。 しかしどのような教義があるのかは作中ではられていない。 暗とは対立しているらしく、に戦い、疲れ果てへ降り立ったらしいが詳細は不明。 暗 暗で信仰されている髑髏のような貌の。 同様、どのくらい信仰されているかは不明。 に暗法のを与えているとされる。 全てのはに抱かれるために生があるという考えがあり、暗もの隷であり、への死をげる為に殺傷(悪徳)するということからでも進んでためその残虐さ暗の人口は少ない。 は全て死ぬのだからそれを進んで行い、そのし(殺傷したの一部)をへげる行為などもある。 とは対立しており、の間はは弱まるらしい。 に戦い、とともにに来たらしいが詳細は不明。 (ダスクレルム) ーからいける。 常に夕方のようなである為、と名づけられた。 文明を持った一つ眼の人やなどが生息している。 の(ナイトム) ーからいける。 常時のためにまったく探索が進んでいない。 ング と通じる。 常に暗く、~は申し訳程度のらしきものがでているが常時暗い。 危険なが多く生息しており文化や文明が違う他種族が住んでいる。 制度でなりたって物品と交換できる。 文明自体は崩壊しており、衰退していくだけの。 にと暗が存在し、ちゃんともあり多くのが盛を極めていたが2が争い互いにどちらに付くかで地は荒れ、戦いが終り2がどこか去ってからのに成ったと言われている。 アニメ に、・のバターで、の十をに招いた新刊発売記念の開と本お渡し会が開催された。 この際にが発表、第一弾も開された。 より や などでが放送中。 スタッフ• 十 ( 刊 )• ・脚本・• 細居美• 助 智• 浅賀和行/健• 美術 英俊• 設計 孝浩• 撮 慎一• 編集 肥田文• 放送局・配信サイト 放送局 放送開始日 放送時間 備考 20〜 リ放送あり 〜 26:〜 配信 配信開始日 配信時間 備考 :00〜 :00〜 〜 第1話常設 最新話1週間配信 各話リスト 1 、、祈り、覚めよ Webラジオ 「灰と幻想のグリムガル 」 は、 ユメ役 と シホル役 の二人。 については個別記事を参照。

次の