坂みちみる。 Dura

正丸峠(埼玉県)

坂みちみる

苗植えの場合は、GW明けからが適期。 中南米原産のトウモロコシは、高温を好むため、種から始める場合はある程度暖かくなってからがおすすめ。 4月頃にまく場合は、黒マルチを用意します。 苗から始める場合は、ゴールデンウィーク明け頃からが植えつけの適期です。 トウモロコシ栽培では、たい肥と肥料の2つだけ準備する! 種をまく予定の土には、あらかじめたい肥と有機肥料をすき込んでおきます。 根が深い位置にまで到達するので、肥料は深めに入れておくのがポイント。 また、もともと、荒れ地でも育つ作物なので、「不耕起栽培」といって、いっさい土を耕さない方法でも育てることができます。 深いところまで到達する根が、土を耕す効果を生み、次年度以降の土壌改良に役立ってくれるというメリットもあります。 トウモロコシの種を植えるときのポイントは「固めて植える」こと! 茎の先端のモップのようなものが雄花 タネは、1つの上穴に3粒ずつまいていきます。 芽が出て、丈が20cmくらいになったら、1ヵ所につき1本ずつになるよう間引きます。 この際、根っこごと引き抜くのが難しければ、地上部だけをハサミで切り取ってしまってもOKです。 高さが50cm程度になったら、マルチをしている場合はマルチを外し、列の両サイドの土を根元に寄せる、「土寄せ」をします。 マルチをしていない場合でも、周囲の雑草を取り除き、「土寄せ」をします。 土を根元に寄せることで、急激に背が伸びはじめるトウモロコシが風などで倒れないようにする作業です。 また、生育にともなって、本やマニュアルによっては「わき芽かきをする」と書いてあることもありますが、最近の品種では、わき芽かきをしてもしなくても収穫量に影響はなく、わき芽かきは特にする必要はありません。 トウモロコシの特徴!別々の雄花と雌花。 ひげ状の雌花の1本1本が実につながっている トウモロコシは、雄花と雌花が別々の、ちょっと変わった植物です。 茎の先端にモップのように生えているのが雄花で、実の部分の先端からひげのように出ているのが雌花です。 雄花の花粉が風で飛んで雌花に到達し、雌花の1本1本が実につながっていて、受粉することで中の実がふくらんでいきます。 雌花のひげが茶色くなったら、収穫のサインです。 もぎたての瞬間が一番甘い! スウィートコーンは、収穫後も生きて呼吸をしており、それに必要なエネルギーとして、自分の糖分を使ってしまうので、収穫時間とともに糖分が落ちていき、収穫後数時間で甘みが半減してしまうと言われています。 農家の方は、「お鍋にお湯を沸かしてから収穫に行く」と言われるほど、収穫した瞬間とそうでないものとでは格段に甘みがちがうものなのです。 収穫したてを味わえるのは、家庭菜園ならではの醍醐味! ぜひ、収穫されてから何時間も経ってお店に並んでいるものと、ご自分の菜園で収穫した瞬間にゆでたものとの違いを味わってみて下さい。 また最近は、「フルーツコーン」といって、生で食べられる品種も数種類出ています。 これまで、トウモロコシを何度も栽培したことがあるという方は、次回は、フルーツコーンに挑戦してみるのも良いでしょう。 【関連記事】•

次の

仁田山峠(埼玉県)

坂みちみる

今日のテーマは 「 やかん坂」です。 どんな坂のことでしょうか、横関氏の解説は面白い内容です。 お読みください。 「秀樹杉松坂めぐり」の写真も添えました。 やかんは、 薬罐、 ヤカン、 やかん、 野干などと書く。 江戸の坂の名前としては、 薬罐坂と書いたものが一番多い。 薬罐は、 薬を煮るのに使った湯沸しのことである。 しかし、その頃の薬罐は、磨くとピカピカ赤く光る 銅薬罐のことである。 今東京には、江戸時代のやかん坂は、次の四つがある。 1 薬罐坂 新宿区若葉一丁目ののトンネル入り口に近いところへ、下の谷から上って行く小さな坂であったが、 今はない。 古い昔、雨後晴天の時には、坂の野草が洗い落とされて、坂一面の赤土が、朝日に映じて 銅薬罐色に輝いていたという。 もう一つは、この 坂下に薬罐職人が住んでいたということである。 2 薬罐坂 『誌』にいう字本村というのは、今の 杉並区上荻二丁目に当たる。 雨の後などに、 やかんが坂に転がり出てきたというのである。 これは薬罐を化け物の仕業としているのである。 狐がやったと考えてのことであろう。 3 やかん坂 文京区二、三丁目の坂で、『若葉の梢』によると、 薬罐、 野干、 射干とも書いたとしている。 墓地のように気味の悪い寂しさを強調し、そんなところに 薬罐の化け物が転げ出たと説明している。 4 ヤカン坂 文京区小日向一丁目十番の生西寺北脇の坂である。 これの説明されたものを見たことはないが、切絵図には、ヤカンサカと記してあり、周囲を考えてみるとやはり生西寺のそばであり、俗に「山中」と言われたところで、のほうから久世山へ行く道で、 坂の両側に樹木がうっそうとしていて、昔はたぶん、 気味の悪い場所であったように想像される。 右四つの坂から分類してみると、 やかん坂の説明は左の五つに収録することができる。 A 雨後晴天の坂道が、 銅薬罐のように赤く輝いていた。 B 坂下に薬罐を作る 職人が住んでいた。 C 雨の夜などに坂道に 薬罐の化け物が転がり出たものであろう。 D 坂に 薬罐の化け物が転がり出たが、それは 野干すなわち狐が化けたものであろう。 E と間違えられるような 気味の悪い坂みちであった。 雨後の坂みちが、銅薬罐のように輝いていたとか、薬罐の化け物が転がり出たとかいうのは、ちょっと真実性に乏しくて、一概に信じられない。 薬罐職人が住んでいたということも、一箇所だけならそれもよいが、やかん坂のすべてに薬罐職人の住居があったということには抵抗がある。 とにかく みんな、お化けの出るような、薄気味悪い寂しい場所なのだから、この職人住居説も、すべての薬罐坂に当てはまるとは考えられない。 この やかん坂が野干坂であって、狐坂と同一の坂であるということには賛成である。 そして のように寂しいところということも考えられる。 地方では、 野干坂に きつねざかと仮名を振っている。 『一挙博覧』という本には、「 薬罐はきつねの事なり」と書いてある。 『』なども野干を狐の異名としている。 それから、 ハゲ頭のことを 薬罐頭といった。 安永六年(1777)ころの流行語に、そのころの美人、 笠森おせんが欠落(かけおち)して、におせんの代わりとして 老爺が出ていたので、世間では「 とんだ茶釜が薬罐に化けた」といって騒いだものであった。 茶釜は美人を意味し、薬罐は、はげ頭の老爺のことをいったのである。 薬罐は、そのころの流行語であったから、本当は 野干であるべきを、薬罐と書いて、銅薬罐を化け物に仕立てたのではないだろうか。 狐坂では平凡なので、野干坂と書くべきところを、流行語を使って、薬罐坂と書いたのではないだろうか。 だから、 と同じような寂しいところの坂は、皆、やかん坂といったのであろう。 13 写真:Atelier秀樹)............................................................

次の

トウモロコシの栽培方法!トウモロコシの育て方のポイントを解説 [家庭菜園] All About

坂みちみる

上句で「死に急ぐ者にはあらぬ」と断っているのは、一人ポツンと港の突堤に佇立する姿が、これから身投げしようとしている人に見えるからである。 しかしわざわざ断る言葉に含まれる否定形が、歌の〈私〉が死を意識していることを否応なしに照らし出す。 歌に描かれているのは〈私〉の影だけである。 その影を一頭の蝶が横切る。 それも一度ならず二度までも。 それを吉兆と取るか凶兆と取るかはその時の心の有り様によるだろう。 あるいはその両方かもしれない。 どことなく不穏な気配の漂う歌で、これが作者の持ち味なのである。 富田豊子は昭和14年(1939年)生まれ。 1974年に安永信一郎主宰の歌誌「椎の木」に入会。 安永蕗子の指導を受ける。 1985年に「花粉症の猫」で第28回短歌研究新人賞候補となる。 『漂鳥』は1987年刊行の第一歌集である。 他に『薊野』(2004年)、『火の国』(2010年)、『霧のチブサン』(2016年)がある。 短歌を読み始めた頃は、気に入った短歌や気になった短歌をノートに書き写していた。 その中に富田の歌があった。 黄昏が黄泉へとつづく時の間を一輪車漕ぎ児は遊びをり 出典まではメモしなかったので、どこで見た歌かはわからない。 一読して心を捉えられた歌である。 この歌を書き留めたのはもう15年以上も前のことなのだが、富田の短歌をもっと読みたいと思い、第一歌集『漂鳥』(1987年)を入手した。 それまでに作った千首を超える歌から441首を選んだ堂々たる第一歌集である。 跋文は安永蕗子、装幀は小紋潤。 版元は富士田元彦の雁書館である。 刊行された1987年という年号を見ると、現代短歌に親しんでいる人ならばピンと来るにちがいない。 そう、俵万智『サラダ記念日』が出た年である。 その他にも小島ゆかり『水陽炎』、大津仁昭『海を見にゆく』、加藤治郎『サニー・サイド・アップ』などが刊行され、短歌年表には「この年、ライトヴァースの是非をめぐる議論が白熱」とある。 しかしライトヴァースを担った歌人たちよりずっと年長で、肥後の国熊本在住の家庭婦人である富田は、日本の中央で起きている短歌の流れとはまったく無関係に自分の個性を作り上げている。 富田のベースは旧仮名の端正な文語定型であり、その主な主題は「生と死が絡み合いあざなえる日常」である。 葬り処の風を背負ひて来し我か黒きコートをぬぐ夜の部屋 トラックに満載されし鶏卵のかすかうめくがごとき坂みち 泣きながら足袋のこはぜをとめてをりかの屈葬のかたちのままに 影といふまがまがしきが従きてくる豆腐一丁下げゆく時も 卵白をかきまぜてゐる朱の箸自が骨片を拾ふことなし 一首目は友人の葬儀から戻って来た場面。 安全な場所であるはずの我が家にまで、死の臭いのする風が吹いて来る。 二首目は養鶏場から鶏卵をトラックに乗せて出荷する場面だろう。 何ということはない農村の日常風景だが、作者はそこに鶏卵のうめき声を聞いている。 それは無精卵としてこの世に生まれたからか、それとも間もなく食べられてしまう運命にあるからか。 三首目はなぜ泣いているのか理由は明かされていないのだが、足袋を履いているので和服の正装で出かける支度をしているのだ。 かがんでこはぜを止める姿勢が古代の甕棺に埋葬する屈葬の姿勢と同じだという。 喪服を着て葬儀に出かける前かもしれない。 四首目は近所の豆腐屋で豆腐を買って帰る場面。 ふつうならばこれから夕食と家庭の団欒が待っているはずなのだが、作者の目につくのは禍々しい影である。 五首目は台所で卵白をかき混ぜている場面。 手に持っている箸からの連想で、火葬場で焼かれた火との骨を拾うことを思っている。 確かに骨を拾うのは他の人で、自分の骨を拾うことはない。 これらの歌に登場する「鶏卵」「足袋」「豆腐」「卵白」「箸」などはごく日常的な家庭的アイテムなのだが、富田はそこに「あざなえる生と死の影」を見てしまう。 日常生活の折節にふと顔を覗かせる不穏な気配を感じてしまう。 それを歌に詠むことが作者の個性となっている。 あとがきには「天翔るものへのひそかな思慕を抱きながら残光の坂をくだった」とあり、跋文で安永は「ふと垣間見た何ほどもない風景に、思いがけぬ人生の深淵を見てしまう。 謂うならば不幸な感性を身につけている人である」と作者を評している。 師の慧眼恐るべしである。 また安永は、「文芸の業に身を入れたもののそれは不幸でもあるが、毒のうま味のある自己剖見が、表白の舌をよろこばせるのである」とも述べている。 玩味すべき言葉であろう。 「毒のうま味のある自己剖見」は次のような歌にある。 椅子盗りの椅子にはぐれてゐし日より幸運などの来ることのなし 風のなか人の乗らざる回転の木馬は回る汚れて回る きりわりし南瓜が笊に乾きゆく自滅の過程みるごとき日々 小鰈の白き 胞子 はららご食ひつくすわれのうちなる辛酸の管 人間の貌を曝して夕ぐれの腸詰ひさぐ店先を過ぐ 二首目の汚れた回転木馬や三首目の乾きゆく南瓜は眼前に自己投影された客体である。 四首目の「辛酸の管」は自分の消化器で、五首目では自分は人前では人間の顔をしているが、実は人間ではない面も持っているという独白。 富田は夫も子供もいる「普通の妻」(安永)だそうだが、「文芸の業に身を入れたもの」であるために、家庭婦人という立場を振り切っている。 そこに歌の凄みが生まれる理由がある。 富田の目は日常の取るに足りない細部にも注がれるのだが、その描き方が普通ではない。 昨日よりおく塵芥に濡れてゐる使ひ捨てたる水色のペン ドラム缶の 縁 へりにそこばく溜りゐる雨水を時に風が吹きゆく 晩春の雨を吸ひゐるダンボールどのあたりより崩れはじむる 焼きすてし畑田にのこるまくわ瓜大き頭蓋のごとく転がる 少年の含羞のごときハムの耳截り落としたる俎の上 ゴミ袋に入った捨てられたペンや、ドラム缶の縁に溜まった雨水や、雨を吸って膨れあがったダンボールなどは、美的観点から言えば歌に詠まれるような美しいものではない。 畑に打ち捨てられたまくわ瓜や、ハムの切れ端も同様である。 しかしながらこのような物もまた私たちの生活の一部であり、人生を彩るものでもある。 まくわ瓜を「頭蓋のごとく」と喩え、ハムの切れ端を「少年の含羞のごとき」と喩えるとき、そこにふだん私たちが目にしているものとは異なる風景が現出する。 白蓮の花瓣のごとき軟骨が瓶に浮かびて在るガラス棚 喪の服の気付けをなして得たる銭折りじわつきてわが 掌 たなの内 方形の朱の壺ひとつ卓の上わが骨充たすことも幻 川の面に白き網打つ少年の網にとらるる夜の星群 西へ 急 せき流るる野川に青き菜の帰命とおもひ石橋わたる 忽ちに雨の匂ひとなりてゆくバスを降りたる現し身われの くもりたる天の片処にほのかなる井水と見えて冬の日輪 段丘をのぼりつめても冬の土蝶の青濃き 骸 しかばねに逢ふ 印象に残った歌を引いた。 いずれも日常の風景が作者の感性のフィルターによって濾過され、それが確かな措辞によって硬質の叙情へと昇華されている。 バブル経済の前夜、世が口語短歌とライトヴァースへと向かっている時代に、その流れに敢然と逆らうような硬質の抒情詩が作られていたことに改めて驚く。 もっと読み返されてよい歌集である。

次の