ノイロトロピン 錠。 ノイロトロピン

『ノイロトロピン』ってどんな薬?~痛みを抑える神経を動かす薬

ノイロトロピン 錠

ノイロトロピン 製 スポンサード リンク 成分(一般名) : ノイロトロピン(製) 製品例 : ノイロトロピン錠4単位 ・・ 区分 : 解熱鎮痛消炎剤/その他/下行性疼痛抑制系賦活型疼痛治療剤 PR 概説 痛みをやわらげるお薬です。 神経痛などの治療に用います。 作用 特異な作用をもつ鎮痛薬です。 痛みの神経の感受性を低下させることで、鎮痛効果を発揮します。 このため、一般的な鎮痛薬が効きにくい神経の損傷による神経障害性疼痛によい効果が期待できます。 炎症をともなう急性の痛みよりも、慢性に長引く足腰や肩の痛み、しびれ、冷感、あるいは帯状疱疹後のしつこいピリピリする痛みなどに適します。 下行性疼痛抑制系賦活型疼痛治療薬とされ、一般的な鎮痛薬や抗炎症薬(NSAIDs)とは作用のしかたが違います(非オピオイド系、非シクロオキシゲナーゼ阻害薬)。 神経の変性や損傷による神経障害性疼痛、いわゆる神経痛の治療に適します。• 外科、整形外科、麻酔科領域を中心に、腰痛症や頸肩腕症候群、肩関節周囲炎(五十肩)などの治療に用いられることが多いです。 さらに、1999年 帯状疱疹後神経痛に対する効能が追加承認されました。 注意 【診察で】 アレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。 【使用にあたり】• 指示された用法用量どおりに、正しくお飲みください。• 噛んだり砕いたりしないで、そのまま多めの水で飲んでください。 効能 腰痛症、頸肩腕症候群、肩関節周囲炎、変形性関節症、帯状疱疹後神経痛• [注意]帯状疱疹後神経痛に用いる場合は、帯状疱疹痛発症後6ヵ月以上経過した患者を対象とすること(帯状疱疹痛発症後6ヵ月未満の患者に対する効果は検証されていない) 用法 通常、成人1日4錠を朝夕2回に分けて経口服用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 [注意]帯状疱疹後神経痛に対しては、4週間で効果の認められない場合は漫然と投薬を続けないよう注意すること。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用のほとんどない安全性の高いお薬です。 長期の服用も心配ないでしょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。 【その他】• 発疹、かゆみ• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ノイロトロピン錠の効果発現時間および副作用について

ノイロトロピン 錠

記事の内容• 外傷や炎症といった「通常の痛み」から、にまで、幅広い痛みに効果があります。 一般名の通り、この薬の成分は化学合成したものではなく動物からの抽出物で、含まれる成分は様々です。 そのうちのどの成分がどう作用するのか、作用の本体はどの成分なのか、詳しいところはわかっていません。 通常、何らかの傷害(ケガや炎症)が起こると、その情報はによって脊髄に伝わります。 このとき、「一次ニューロン」から「二次ニューロン」への情報伝達を弱める作用を持つのが、「下行性疼痛抑制系」です。 ケガや炎症による「侵害受容性疼痛」にも効果がありますが、特に、痛覚が過敏になっていたり、神経の損傷が原因となる「」にも効果が高い薬です2。 2 ノイロトロピン錠 インタビューフォーム 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの場合、「普通の痛み」と併せて、痺れや冷感といった「神経の痛み」が混じっているケースがあります。 は、飲み薬でも貼り薬でも、この「神経の痛み」に効果が期待できません。 そのため、整形外科領域で長く続く痛みに対しては、「通常の痛み」と「神経の痛み」の両方に効果がある『ノイロトロピン』が非常に適しています。 また、『ノイロトロピン』は適応があります1。 薬剤師としてのアドバイス:少ない副作用で使いやすい『ノイロトロピン』 は胃を荒らしやすく、長期間使い続けていると胃潰瘍などを起こす恐れがあります。 やといった神経の痛みに効く薬は、副作用で眠気が出やすいなど、飲み続けられないケースが少なくありません。 『ノイロトロピン』にはこうした副作用はないため、どんな人でも続けて使いやすいのが最大の特徴です。 特に、腰痛などで整形外科にかかる人は、薬を長く使う傾向があります。 そういった場合には、目立った副作用の少ない『ノイロトロピン』は、非常に有効な選択肢になります。 ポイントのまとめ 1. 『ノイロトロピン』は、痛みを和らげる「下行性疼痛抑制系」に作用する 2. 『ノイロトロピン』は、ケガや炎症の痛みから神経の痛みまで、幅広い痛みに効果がある 3. ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の

ノイロトロピン

ノイロトロピン 錠

副作用 (添付文書全文) 承認時までの調査では、1,706例中89例(5. 次の副作用は、前記の調査及び自発報告等で認められたものである。 2).本薬の注射剤において、ショック、アナフィラキシーが現れたとの報告があるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用 1).過敏症:(0. 2).消化器:(0. 3).精神神経系:(0. 4).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能(自律神経機能)が低下しているので、患者の状態を観察しながら慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中及び授乳中の投与に関する安全性は確立していない]。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 1.服用時: 1).本剤は噛まずに服用する。 2).本剤はフィルムコーティングを施しているので、粉砕混合は避ける。 2.薬剤交付時: 1).PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2).PTP包装から取り出し無包装状態で高温多湿下に放置すると、特異な成分臭を発生することがあるので、自動分包機等を使用する際には注意する。 (取扱い上の注意) 光により色素が退色することがあるので、アルミ袋開封後は注意する。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の