先生! 、、、好きになってもいいですか?。 映画「先生!、、、好きになってもいいですか?」がフルで無料視聴できる動画配信サービス。PandoraやDailymotionでは見れる?

【無料配信】映画「先生! 、、、好きになってもいいですか?」の高画質フル動画

先生! 、、、好きになってもいいですか?

記事の目次• 先生を好きになってしまう理由 周りを見れば、何だか幼く感じられる同級生の男の子たち。 そこがいいと思い。 同級生同士で恋愛する女の子もいますが、それでは何だか物足りないと感じてしまう人もいるようです。 そんな時、当たり前ですが大人の対応をする先生の存在は、眩しく見えるものかもしれません。 他にも、大人になることへの憧れが強い女の子は、好きになる人も大人を感じさせる人であることが多いようです。 話をしていて安心する また、先生はその時の感情で怒ったり怒りをぶつけてきたりしません。 よく考えて、建設的な考え方をして解決しようとします。 そこがまた、素敵に見えるのでしょう。 話しをしていても安心することができます。 分かりやすくこちらのレベルに合わせて説明してくれるところも、優しいと感じられるところなのでしょう。 同じくらいの男性とは、相手のレベルに合わせて話しをしたりしませんので、大きな違いが感じられるのです。 また、誰に対しても平等に接してくれるところに安心感を持つことも、先生を好きになってしまう理由の一つかもしれません。 何でも知っていて頼りになる 当たり前すぎることですが、学校は勉強をするところです。 先生は勉強を教えてくれる人です。 難しい方程式や英語の文法。 恐らく、一生行くことなどないであろう遠い異国の特産品、知らなくてもそんなに困らないように思うこともある元素記号。 カタカナで書いても十分通じるのになと思うやたら難しい漢字、漢字、漢字……。 先生は、こういった難しくて頭が痛くなるような問題もすいすい解いていきます。 そこが、知的で頭が良く見えかっこよく見えるのでしょう。 特に、自身が学力アップに力を入れているような人は、先生が自分の理想の姿に近く素敵に見えてしまうのかもしれません。 年上だけど身近な存在 一般的に、同年齢の人であれば、なんとなく話しやすかったり距離を縮めやすかったりするものです。 大きな年齢差があると、それはとたんに難しくなります。 難しいのに、わざわざ苦労して仲良くなろうとか、分かり合おうなど思うこともまずないでしょう。 しかし、年上の男性に全く興味がないと言うわけでもなさそうです。 魅力的な男性は多い。 でも、どうやって接したら良いか分かりませんし、やはり怖いようにも感じるでしょう。 そんな時、先生は確かに年上ですが身近な存在に感じるのです。 話しやすいし、分かりやすく説明をしてくれる。 そして、色々なことを知っているようにも見えて頼もしい……。 こういったことが、先生を好きになってしまう理由の一つでもあるのでしょう。 毎日顔を合わせるから 人は、ふだんあまり会わない人よりも、顔を見る回数や接する回数が多い人に好感を持つ傾向があるのだそうです。 毎日学校に行って、毎日顔を見る先生に好意を持ちやすくなるのは何となく分かります。 思いがけず良いところを見てしまったから いつも厳しくて怖い先生が、ふと優しい笑顔を見せてくれた時。 また、一生懸命みんなの為に何かをしていた時、ハッとすることもあるのかもしれません。 先生の深さを思いがけず目にして、そこに強烈に引かれてしまうこともあるのでしょう。 もちろん、誰にでもこういった良い意味での二面性はあるものです。 しかし、身近な存在である先生のそれは、目に触れやすく気づきやすいのです。 気が付いたら、好きになっていた……。 そういうこともあるのかもしれません。 自分の為に真剣に怒ってくれた 学生時代は、何かとあるものです。 時には、ちょっとだけ横道にそれそうになることもあるのかもしれません。 不安定な心と体は、思いがけないトラブルを起こしたり、巻き込まれそうになったりすることもあるのでしょう。 そんな時、真剣に怒ってくれたことで好きになってしまうこともあると聞きます。 先生の真剣さが、ズンズン胸に響いてくるのです。 自分のことを本気で心配してくれているのだと分かり嬉しく思うのです。 最近は、人との距離が遠く、注意してくれるような人も家族以外にいない人がほとんどです。 そんな時、ガツンと怒ってくれる人に驚き、嬉しく思うのでしょう。 先生を好きになってしまったら 学校に行けば、そこには大好きな先生がいる。 これは、嬉しいようでもあり辛いものでもあります。 先生を好きになってしまったら、どのようにしたら良いのでしょうか。 本当はすぐにでも告白したいところかもしれませんが、それは今後のことを考えてみると賢い方法とは言えないかもしれません。 なぜなら、いかなる返事であっても卒業するまで先生の顔を見なければならないからです。 返事を聞いた後に、結果次第では会えなくなっても良いのであればまだいいのです。 しかし、それができません。 告白して断られた後に、何事も無かったかのように接するのは想像以上に大変なことです。 また、場合によっては先生を困らせてしまうことにもつながりかねません。 好きな人を困らせたくないなら、安易な行動はしない方が良さそうです。 よく考えて、判断してください。 本当にそれは恋なのか冷静になって考えてみる 人間の感情は複雑です。 LOVEとLIKEがあるように、他にも「憧れ」という感情もあります。 これらは、時に勘違いしまうこともあります。 今あなたが先生に対して抱いているその気持ちは、本当に「好き(LOVE)」なのでしょうか?もしかしたら、それは「憧れ」ということはありませんか? 憧れであれば、そのうち本当に好きな人ができます。 その時に初めて、先生に対する気持ちが憧れだったのだと分かります。 また、これと同じような感情に、「依存」と言うものがあります。 不安な毎日に、何か安心できるものが欲しくなることもあります。 そして、誰か信頼できて安心できる人にそばにいて欲しいと思うこともあります。 それが、もしかしたら一番身近な大人である先生になっているのかもしれません……。 ですから、すぐに行動に移したりせず、もう少し冷静に考えてみましょう。 卒業後に告白をする 好きになってから長期間。 もしあなたの先生への気持ちが変らなかったのなら、その時はアクションを起こしてみても良いかもしれません。 卒業時に告白した場合、もし残念な返事をもらっても、もう毎日顔を合わせることがありませんので、お互い楽ではないでしょうか。 せめて気持ちだけでも先生伝えたい。 そう思っているなら、卒業の時にそれをするのが一番良いようにも感じます。 勉強にエネルギーをシフト! 本当に先生のことが好きなのであれば、先生が教えてくれる勉強をもっと頑張ってテストで良い点数を取れるのではないでしょうか?恋をすると、それ以外のことに身が入らなくなる人も少なくありません。 しかし、学生時代はやはり勉強が大事ですからここは頑張って欲しいところです。 「いつか、憧れの先生と同じように自分も先生になろう!」 こんな風に目標を定め、より一層学問に力を注ぐ。 こうすれば、先生はあなたの努力を認めて評価してくれることでしょう。 このように、恋愛パワーを見合いへの幸せのためにシフトされてみるのも一つの方法でです。 恋愛も大事ですが、未来の幸せも大事です。 話題の作品「先生! 、、、好きになってもいいですか?」 人気俳優が出演している「先生! 、、、好きになってもいいですか?」。 この作品に、遠い日の記憶を思い出す人も多いのではないでしょうか?心がふんわりとする良い作品ですので、良かったら是非観てください。 あらすじ この作品は、ある女子高生と先生の純愛が描かれています。 切なく、それでいて心が温かくなるストーリーです。 誰の中にもある、初恋の甘く苦く不器用な経験と思い出。 作品の中の登場人物に、共感する人も多いのではないでしょうか? 登場人物 主人公は、あまり冴えない高校教師である伊藤貢作。 そして、純粋で不器用な高校2年生の女子高生島田響です。 他に、伊藤先生に思いを寄せる中島幸子や、島田響を好きな藤岡勇輔などが登場します。 まとめ 先生を好きになってしまうと、他の男性に恋するのとは異なり、色々デメリットもいます。 ただ、注意しておきたいのは、それは本当にLOVEなのかということです。 LIKEかもしれませんし、或いは憧れや依存であることもあります。 ですから、告白を考えている人はすぐに行動を起こすのではなく、良く考えて様子を見て慎重に行動するようにしましょう。 場合によっては、大好きな先生に迷惑をかけてしまうこともあるからです。 また、好きと言う気持ちをシフトさせて勉強も頑張る!これも良い方法です。 頑張って勉強して、先生に認めてもらいましょう!.

次の

映画「先生好きになってもいいですか 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

先生! 、、、好きになってもいいですか?

先生と生徒の禁断の恋。 無愛想な先生ではじめは苦手意識の方が強かったはずなのにいつしか先生の手の動き、声、たいどに徐々にトキメキが生まれてくる。 少しずつ自分が先生に恋をしているのに気づき始めた生徒は先生にストレートに気持ちを伝えていきます。 そんな素直なところに先生も少しずつ惹かれていったのか2人の距離は縮んでいく。 しかし、周りの人達はよく思う人はおらず、一旦は先生の方は避けるように。 それでもキスしてしまったり、抱きしめてしまったり。 次第に互いの気持ちを抑えきれなくなっていきます。 恋愛をしたことがある人には是非見て欲しいと思う純愛ストーリーになっています。 生田斗真がただただ色気ダダ漏れで誰もが恋してしまうのではないか?というくらいかっこよかった作品。 目を思わず隠したくなってしまうような2人のやりとりは、きゅんきゅんしました。 また、先生の目に少しでも止まるように一生懸命な広瀬すずも純粋に可愛いなと思いました。 自分も先生に恋をしたことがあったので、過去の自分に重ねていました。 馬鹿なりに頑張って勉強していい成績残せたらご褒美が欲しいというシーンなんかは自分もやってたなあと懐かしくなりました。

次の

先生!

先生! 、、、好きになってもいいですか?

Q:お互いの第一印象から教えてください。 生田斗真(以下、生田):最初に会ったとき、お互いに別の映画を撮影していたんです。 (広瀬は)チアダンスをやっていて、僕は金髪で潜入捜査をしてた(笑)。 広瀬すず(以下、広瀬):そうですね、金髪でした(笑)。 生田:それでド派手なシャツを着て、「じゃあ、次の現場ではお願いします」みたいな感じで。 そのあとに舞台を観に来てくれたのですが、そこで僕はヴァンパイアの役をやっていて……もうどんな人なのかさっぱりわかんない! みたいな(笑)。 広瀬:私はずっと作品に入っていなかったので、人との話し方を忘れてしまっていたんです。 もちろん家に帰れば家族としゃべりますが……そもそも共演者の方と話すのが苦手なんです。 誰に対してもフレンドリーに接することができるタイプではなく、どこかで照れが入ってしまって。 このままではとてもラブストーリーなんて演じられないと思い、クランクインするまでにはなんとかしようと、ワ~! と心を開いたんです。 だから最初はちょっと、がんばってました(笑)。 劇中の響は友達と話しているときも常に伊藤先生を意識していて、どこかで先生のことを思っている。 そうした響を演じるのに、このくらい人見知りな感じがいいのかな、とも思っていました。 役柄をどのように捉え、何を大切にして演じたのでしょうか? 生田:う~ん……僕自身もふだん、昔のほうが人に対して素直に言いたいことを言えていたな、と思うときがあります。 でも響は「人に迷惑がかかる」とか「相手が先生だから」なんて関係なく、「本当に好きな人を好きでいたい」という気持ちで相手にまっすぐぶつかり、それによって伊藤先生が動かされていく。 この物語はそういう構図です。 だからやっぱり現場でもカメラ前でも、すずちゃんに向けてアンテナを張っていました。 お互いに何を感じて何を受け取り、何を返していくか? そういう部分が大切だと思ったんです。 広瀬:確かに私が生田さんを見ていないときに、見てくださっていたのに気づくことがありました。 ラブストーリーは相手のことを好きにならないと絶対にできないだろうと思っていたし、実際にやってみて改めてそう思いました。 響って自分で自分の行動がわかっていないというか、思うままに体が勝手に動いてしまう。 意外と行動力もある子で、常に先生のことを思って落ち着いていられない、鼓動が高鳴る感じを大切にしようと思っていました。 人を好きになるって楽しいし前向きになれるけど、同時に痛みや苦しみがやってくる。 それを含めて恋愛なんだって。 それからすずちゃんはもちろん、との3人組がかわいくて! ずっと見ていられると思いました(笑)。 学生時代ってこんな感じだったよな、小さいことが彼ら彼女らにとっては大事件で、そこだけがひとつの世界だったなと思い出していましたね。 Q:生田さんが前回、三木監督とご一緒された『僕等がいた』では「自分もあっち側だったのに」という感慨は? 生田:いやあの(笑)、顔合わせのときに長机がコの字に置かれていたんです。 それで僕がいるこっち側にはちゃんとがいて、反対側にはすずちゃんと竜星と森川がいて、向こうはわちゃわちゃ話してるの。 広瀬:こっちの二人(竜星と森川)は共演したことがあったんです。 生田:そのせいもあるのかもしれないけど、二つの列の間に明らかな違いがあって。 こっち側の二人と「この川を渡ったね……」と話した記憶があります。 広瀬:(笑)。 私もこの映画にはきゅんきゅんでキラキラ! なイメージがあったのですが、映画を観て考えさせられました。 以前ある方から「恋愛はしたほうがいいよ。 人を一番狂わせるのは絶対に恋愛だから」と笑いながら言われたことがあったんです。 そのときは「そうなんだ……」と思っていたのですが、狂うというのではなくても、こういうことなのかなと思って。 うれしかったり、例えば「テストをがんばろう!」と思う原動力になったり、一方で心が痛かったり、自分をコントロールできなくなったりする。 恋愛の力って本当にすごいなと思って。 完成した映画を観て、そうしたことを重く感じました。 Q:お互いの役柄で一番キュンときた仕草は? 生田:いやもう冒頭の入学式のシーンからかわいかったから、一番と言われると難しいなあ。 撮影現場を見ていたからかもしれないけど、響が雨に濡れているシーンとか。 伊藤への思いを必死にぶつけようと雨の中で叫ぶ姿が、とても寒い時期でもあって、迷子の子犬ちゃんみたいになっていて。 心の中で、がんばれ! と思っていました。 広瀬:やさしいんです。 あったかいスープを作ったり、タオルを持ってきてくださって。 神様みたいだな、と思っていました。 生田:粉をお湯でとくやつですけど(笑)。 広瀬:私はずっと言っているのですが、最後のほうで伊藤先生が車の前に立っているところです。 ちょっと車に寄りかかっていて、歩き出す姿が本当にカッコよくて。 生田:マニアック(笑)。 Q:伊藤先生が響に居残りで数学を教え、コツコツと頭に手をやるシーンでは、試写会場にいた女子高生の間から悲鳴が上がっていました。 生田:へ~、そうなんだ。 広瀬:すごくわかります(笑)。 生田:この役を演じる上で、照れ臭いみたいな気持ちにはフタをしていたところがあるかも。 恋愛をしているときは盲目になるものだし、余計なことを考えたくなくて。 原作の漫画でもおそらくカッコいいというシーンでも、カッコ……つけてるわけじゃないよ僕は! という感じで、考えないようにしていました。 それから伊藤の手の大きさは先生と生徒、二人は住む世界が違うということを象徴するものでもあるので、監督もスタッフも印象的に見えるようにしていた気がします。 広瀬:そうですね。 怖い思いをした響が先生に抱きしめられ、その手を感じるというシーンも、襲われた怖さがありながらも、先生に触れられた手の大きさを感じることのほうが大きくなっているんです。 あ、先生の手だ……って。 初共演となるが、先輩の生田が自然にリラックスした空気をつくるなか、安心してそこにいて、静かに受け答えする広瀬。 口に出さずとも、確かな信頼関係が伝わる。 社会的責任のある大人として教師として、生徒の思いをそのまま受け取るわけにはいかない伊藤先生と、先生が好き、その思いをごまかしたくない! と曇りない瞳で突き進む響。 傷ついて泣いて笑って、でもこの上なく幸せ。 お芝居であっても、そんな激しい恋愛を味わった二人だからこその絆に見えた。 (取材・文:浅見祥子) C 河原和音/集英社 C 2017 映画「先生!」製作委員会 映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』は10月28日より全国公開.

次の