秘密 結社 ヤルミナティ。 #秘密結社ヤルミナティー #キリハク 狭いロッカーで二人隠れていたらどうなるのか?

秘密結社ヤルミナティー

秘密 結社 ヤルミナティ

概要 [編集 ] で制作されており、やを中心としたジャンルのストーリーが投稿されている。 連続したストーリーが投稿されることはなく、1話完結であるが、一部の話では過去の話の出来事に言及するといった場面もある。 基本的に動画投稿は2日に一回行われている。 は非公開となっている。 キャラクターがひどい仕打ちを受けるまたは死ぬ時には「Oh. ジーラフ! 」(「Oh Jesus! 」とキリンの訳、「Giraffa camelopardalis」とかけている)と言う。 近日、ハックの過去について触れる「ストーリー編」を配信予定。 登場人物 [編集 ] キリン 主人公。 とあるのサークルの部長である。 自称、秘密結社ヤルミナティーのでありを企んでいる。 好奇心旺盛で行動力はあるが、いい加減で考えが甘く、うっかりミスや非常識・不謹慎な行動が災いして墓穴を掘ることが多い。 実際のキリンと同じく時速約60kmで走れたり、暴走する車の窓から脱出したりと身体能力は高い。 タブー程ではないが、腕っぷしは強い方でホームレス狩りに来た不良2人をフェニックスと共に応戦して勝利している。 好きな食べ物はで、の癖に何故かが嫌い(そのことはハックにも突っ込まれている)。 自分の身の安全を優先してハックとタブーのことを見捨てることがしばしばあるが、本心では仲間として大事にする等、仲間思いな優しさも持ち合わせている。 また非常にスケベな性格で、美女には目が無い。 趣味はとの収集。 スケベではあるが、そのことについてはコンプレックスになる程気にしており、ハックがを見破る鍵になったこともある。 他作品での登場 『』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 某企画のインターンとして働いている。 ペンギン達に「おまえの動きが怪奇現象だぞ」、パンダからは「気持ち悪い」などと酷評された。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 実写のキリンのチャンネルを乗っ取る形で登場。 長らく、キリンと同一人物と思われていたが、劇中にて「俺らのチャンネルのパクリじゃないか」と言ったことから実写チャンネルのキリンとは別人という設定であることが判明した。 ハック キリンのでヤルミナティの情報屋。 を模したを着ており、カエルマークの付いたを持っている。 ヤルミナティーのメンバーで唯一人間の姿をしており、同時にメンバー唯一の常識人。 後輩らしく語尾に「~っす」と付けて話し、キリンとタブーの自分勝手な言動にツッコミを入れることが多い。 時折、タブー以上にな面を除かせることがあり、キリン達をにしようとしたり、キリンとタブーの悪ふざけにマジギレして博士にを依頼したこともある。 それでも、キリンとタブーを先輩として尊敬しており、文句を言いながらも彼らの無茶に何だかんだで付き合っている。 コンピュータースキルは優秀で、で檻のロックを解除したり、のシステムを乗っ取ったり、に侵入する程の技術を持っている。 キリンから情報をよく求められ、仕方なく検索し、最終的には事件に巻き込まれてしまうというパターンが多い それでもキリンやタブーと比べると比較的不幸な目に遭うことが少ない。 彼の何気なく発した言葉がキリン達に興味を持たせることもある。 月刊モーというを愛読している。 歌がかなりである。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 キリンがハックの自己紹介をするときに「俺の奴隷です~」と言われた。 こちらでもキリンとタブーに振り回される他、パンダのマイペースさに振り回される等、本編以上に苦労人気質。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 タブー 「サイコな」の肩書きを持つ。 ホッケーマスクに返り血の付いたという『』ののような風貌と「ギャパパ」という特徴的な笑い方が特徴。 ホッケーマスクの下の顔は不明でタブー自身も仮面を外すことを激しく嫌がる 一度、無理矢理外されたことがあるが、その時は顔を手で覆い隠していたので結局、分かっていない。 激怒したり、興奮すると「ぶっパラすぞ! 」というセリフとともにを振り回して暴れようとする危険人物。 「多くの生き物をバラしてきた」と自称するが、劇中で実際にそういった描写を行うことは無い為、事実なのか嘘を付いているのかは不明 強いて言えばとを相手にしたことがあるが、いずれも人外。 強気で好戦的な態度を振舞っているが、本心はキリンと同様に小心者であり、などのバラせないものには弱気になる。 一方で戦闘能力自体はヤルミナティーの中でも最強であり、キリンとハックが敵わなかったクラーケンを相手にチェーンソーと爆弾を駆使して撃退させた。 メンバーの中で1番先に被害に遭うことが多い たまにハックより後に遭うこともある。 やも所持しており、ハックに向かってナイフを投げたり爆弾を食べようとしたこともある。 キリンと同じく、草食動物でありながら、肉類を好む キリンと違い、そこまで野菜が嫌いではない。 他作品での登場 『テイコウペンギン』 「ひとりかくれんぼをするとどうなるのか? 」に登場。 他の2人と違い遅れて登場し、シャチのパンダのぬいぐるみをバラした。 その後、パンダに「この脳筋豚野郎にいる方がよっぽど危ないと思うんたけど... 」と言われ、対立していたが、仲直りをし、ゲームを終わらせるのに必要な塩水をパンダと一緒に飲んでしまった。 『キリン』 「絶対に近づいてはいけない身近に潜むSCP4選」に登場。 「キリンの仮面を剥ぎって動画でさらしてやる」と言った。 女子大生 オカルトサークルの隣の部屋のサークル(キリン曰く「リア充サークル」)に所属している女子大生。 デフォルメキャラで描かれているヤルミナティーの世界観では珍しく、普通の等身の人間の姿をしている。 よく騒ぎキリンたちに迷惑をかける。 キリンがリア充サークルを迷惑がっていると同様に彼女もまたオカルトサークルのことを毛嫌いしており、キリンたちと顔を合わせると「キモい たまにきしょい 」「陰キャ」などと罵声を浴びせることが多い ある話では「死ね」と心無い暴言を吐いたこともある。 女子大生はキリンのことを嫌っているが、キリンは密かに好意を抱いており、彼女に暴言を吐かれてもハックとタブーが気分を悪くする一方で「怒った顔も可愛い」とまんざらでもない様子。 また彼女自身もキリンから「可愛い」と言われて素直に喜ぶ等、本気で嫌っているわけでも無い。 腕っぷしが強く、キリンをグーパンチで撃退したり、キリンとヤマノケを2人を相手に軽くあしらっている。 博士 ヤルミナティの知り合いの。 いわゆる。 も兼ねており、キリン達を処置したこともある。 「だ~ね」「ある~よ」という特徴的な語尾で話す。 キリンやハックに頼まれ薬やメカを発明したり、自らの実験の被験者としてヤルミナティに協力させている。 一例としては「」や「」を行なったが、前者は看守役のハックが暴走して危険と判断して中止、後者は過激すぎてキリンとタブーの人格を真逆にさせてしまうなど命の危険と伴うもの。 フェニックス の団長。 見世物が集まらなくて困っていたところを偶然見つけたキリンとタブーを捕まえ、見世物にしようとするもハックがキリン達を助けたことで失敗。 その時、ハックが誤って他の猛獣の檻のロックまで解除してしまったことにより廃業してしまい、になった。 その後、に全財産を費やすも外してしまい、ヤケになってホームレスになったキリンと再開。 再開した当初は以前のことやホームレス生活での些細なことで対立していたが、ホームレス狩りに来た不良たちをキリンと共に撃退したことで和解。 しかし、キリンが外したと思っていた宝くじが1等だったことで再び対立してしまう。 その後、キリンと再開した時は綺麗な身なりをしてスマホを所持していたこともあり、ホームレスから抜け出せた様子。 ハックの母 ハックの母親。 劇中では電話での声のみの登場で、姿は不明。 大学に通うため独り暮らしをしている息子のためにお米などの仕送りを行い、時々電話している。 脚注 [編集 ].

次の

秘密結社ヤルミナティーとは

秘密 結社 ヤルミナティ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2012年3月)• 曖昧な記述になっています。 ( 2016年6月) イルミナティ 種類 本部 イルミナティ(: Illuminaten, : Illuminati)は、の上のの名称。 イルミナーテン、 光明会、 啓明結社。 歴史上のイルミナティは、18世紀後半に一時期存在し、南とに広まった バイエルン啓明結社( バヴァリア啓明結社) と称される的秘密結社である。 1776年にので創設された。 当初は大学教授 ()と学生の私的サークルにすぎなかった。 フリーメイソンリーとは異なり政治的イデオロギーを有していたため、政治的秘密結社に分類されることもある。 体制側から迫害されて1785年に解散を余儀なくされ、活動期間は短かったとされている。 しかしイルミナティ崩壊後にが勃発し、 ()ら反フリーメイソン論者によってフランス革命の黒幕と指摘された。 クニッゲ男爵(1752-1796年) クニッゲ男爵の考案した位階制度は以下の通り。 ただし、ヴァイスハウプトによって何度か変更されたため一定ではない。 修練生• ミネルヴァの同胞• 小啓明者• 大啓明者• 教導啓明者• 王 脚注 [ ]• 世界大百科事典 第2版 株式会社• 『秘密結社の手帖』では バヴァリア幻想教団と訳された。 , p. Peter-R. , p. 186. 参考文献 [ ]• 有澤玲『秘密結社の事典: 暗殺教団からフリーメイソンまで』柏書房、1998年。 有澤玲『 面白いほどよくわかる世界の秘密結社』日本文芸社、2007年。 関連文献 [ ]• 「エルンストとファルク」『世界文学全集 17 レッシング・シラー・クライスト 』訳、、1976年(原著1778年)。 「ドイツの宗教と哲学との歴史のために」『ドイツ古典哲学の本質』訳、〈〉、1973年、改訳。 『秘密結社』訳、〈〉、1972年、改訂新版。 『モーツァルトとフリーメーソン』、訳、〈りぶらりあ選書〉、1983年。 - イルミナティに好意的な立場。 ヴァイスハウプトを急進的啓蒙思想の体現者と考える。 著者は左派のイギリス女性。 『世界革命とイルミナティ』訳、、1990年。 - 反イルミナティの立場。 著者は親ナチスのイギリス女性、反ユダヤ主義者。 『秘密結社の手帖』〈〉、2004年。 Die Korrespondenz des Illuminatenordens. vol. 1, 1776-81, ed. vol. - Berlin, De Gruyter, 2013. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• オカルトの部屋. 2012年3月28日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の

秘密結社ヤルミナティー

秘密 結社 ヤルミナティ

[chapter:注意事項] いつもよりふざけ気味。 hkkrhkっぽさ。 pixiv. php? それでも大丈夫な方は、どうぞ。 __________ 表記 kr キリン hk ハック tb タブー [newpage] 冷たくて、冬。 三月になったというのに寒い、春ってなんだっけ? そんな季節の話。 [newpage] 秘密結社ヤルミナティー…もといオカルト研部室にて。 ガタガタと青い顔で震えながら毛布にくるまったカエルパーカーが 1人。 彼はハック。 ヤルミナティーの情報屋である。 hk「さ、寒…寒いっす…」 …そして、非常に寒がりである。 カエルパーカーを着ているからだろうか?いや関係ない。 一応エアコンは入っているのだが、まるで外にいるかのように震えている。 まるでバイブレーションでもしているかのようだ。 なんかすごい。 hk「寒いっす…助けてください…キリンさん…」 kr「いや、助けろって言われても… って、おい!引っ張るな!引き寄せるんじゃない!?」 毛布にくるまって震え続けるハックが、袖を掴んで引きずり寄せているのが一人。 彼はヤルミナティーグランドマスターのキリン。 因みに現在、ハックに捕まっている真っ最中である。 逃げようとしているようだが、ズルズルと引き寄せられている。 hk「キリンさん…すごくぬくい…」 kr「ぎゃー!?そんなにすり寄るんじゃない!? こんな野郎じゃなくて人妻のお姉さんとかがいいのにー!!」 ぬくもりを求めるハックは、キリンの腰に腕を回してすりすりと頬擦りをしている。 ぞわりと鳥肌を立てて引きはがそうともがくキリンだが、ハックの腕の力は無駄に強く、なかなか振りほどけない。 hk「さむい…キリンさん…もっと…ぬくいもの…」 kr「ひいっ!?おまっ、冷たい!どんだけ体温低いんだ!? ちょ…ふ、服の中に手を入れるんじゃない!」 hk「あー…すごく…ぬくいっすね…キリンさん…んふふ…」 とうとうハックはキリンの服に手を入れて、キリンの肌をまさぐり始めた。 服越しより地肌の方が暖かく、ハックは幸せそうに頬を緩めた…目は虚ろだが。 kr「っだから…っくひ…やめ、ろ、ひゃめろってば! ひは、っふひひ…こしょばいってのぉ…!!」 しかしまさぐられているキリンは悲鳴を上げていた。 彼の体温の低い手が体を這いまわり、何とも言えないくすぐったさに悶える。 hk「…?」 しかし悲しいかな。 ハックはぼんやりとした意識の中、温かさを求めて動いているため、一切聞こえていないのだ。 哀れキリン。 藻掻こうとしても力はうまく入らない。 kr「もっ、はふ…早く、正気にっ、戻れって!ハック!」 hk「!?」 べしっと、なんとか動いた手でハックの頭を叩く。 一瞬腕の力が抜けた瞬間、ハックの拘束から何とか逃れる。 と、ハックの眼に光が戻ってくる。 どうやら十分温まったようだ。 hk「…あれ、俺一体何を…? ……………あっ…」 kr「ハックぅ、何か弁明はあるか?」 目の前でにっこりと黒い笑顔を浮かべて立っているキリンを見て、ハックは今までの行動を思い出す。 hk「ちちち違うんっす!キリンさん! その、寒くて仕方なかったんすよ!それで…!」 近寄ってくるキリンから逃げ、壁に追い詰められたハックは必死に命乞いをする。 しかし、グランドマスターの怒りを買ったハックに、残念ながら情けはないようだ。 hk「うわあっ!! …い、痛いのは嫌っすよぉ…!」 衝撃に耐える為に、ぎゅっと目を瞑るハック。 しかし、衝撃は来ない。 かわりに、頭に何かがぽすっと乗る。 よく知る温度のそれに目を開けると、目線を合わせてしゃがみ込んだキリンの瞳と目が合う。 澄み切った黒目は、悪戯っ子のように細められた。 kr「…仕返しだ!この野郎!」 力が抜けた隙を見て、キリンの手が脇腹に差し込まれる。 ハックの笑い声が零れたのは、数秒後の事だった。 [newpage] tb「ギャパパ…お前ら、何してんだ…?」 ソファーにぐったりと凭れた二人を見つめる、豚耳の男が一人。 彼はタブー。 ヤルミナティーの戦闘員であり、シリアルキラーサイコバラバラ殺人犯である。 仮面の下からでも分かる困惑した表情に、息も絶え絶えのキリンが口を開く。 kr「はっ…はぁ…だって、ハックが…」 tb「ギャパ!なるほどな! …で、ハックはなんで伸びてんだ?」 キリンの表情で、なんとなく察したタブーは、ハックの方を見て首を傾げる。 【いつもの】にしてはぐったりしているハックに声を掛けた。 tb「ぎゃぱぱー…ハック…お前キリンに何したんだよ?」 hk「ぁ、はい…その…」 tb「早くいわねーとぶっバラすぜー?」 hk「ひぇ…だからチェーンソーを…持ち出さないで…」 tb「ギャパパ!まぁ、なんとなく分かるけどな! 寒くなってキリンに引っ付きすぎたんだろ?」 hk「…っす…」 ハックはツッコむ気力も残ってないのか、細い声で答えてクッションに顔を埋める。 しかし、まだ少し寒いのか毛布に包まったままだが。 tb「ギャパ!元気ねぇなぁお前ら!折角色々食い物買ってきてやったのになぁ! …って、んな目しなくてもやるって…ギャパパ…」 『食い物』の単語を聞き、勢いよく起き上がった二人。 キラキラと目を輝かせて自分の方を見つめる二人分の視線に、苦笑しながら『それ』を差し出した。 hk「おぉ…シュークリームっすか…」 kr「なかなか美味そうじゃないかぁ! 早速食べて、いくいく~!」 hk「ちょ、キリンさん!クリーム零しちゃいますよ!」 kr「ん?そうかー?なら…」 割と大きめの、片手に収まりきらないほどのシュークリームに興奮したのか、上機嫌に齧りつこうとしたキリン。 しかし、ハックの忠告に一瞬止まり、ゆっくりと齧り付いた。 kr「んぅ~!うまいじゃないかぁ!」 hk「タブーさんの選ぶ店って間違いないんすよね…んまぁ…!」 kr「流石だなぁ!タブ-…んん!?」 hk「?どうしたんすか、キリンさ…!」 モグモグとリスの様に頬張り、幸せそうなハック。 キリンもその味をすっかり気に入り、タブーに礼を言いかけて…止まった。 tb「ギャ、ギャパぁ…」 見事クリームが噴き出たシュークリームの成れの果てを持ったまま、顔を真っ赤に染めているタブー。 ハックに言われてたのに、キリンも気を付けたのに。 彼の口元には、カスタードが少し付いていた。 kr「タ、タブー…くくっwお前っwまさかwww」 hk「俺の話聞いてなかったんすか…俺の食います?」 お腹を抱えて爆笑するキリンに、苦笑しながらシュークリームを差し出すハック。 無言でキリンを叩きながらハックからシュークリームを受け取る。 tb「ギャパ…モグモグ」 kr「っちょ、タブー!悪かったって! 痛い!地味に痛い!」 hk「あ、タブーさん、クリーム零しちゃいますよ?」 kr「俺の心配は!?」 ギャーギャーと騒いでいるうちに、ハックの顔色は大分よくなっていた。 もう毛布には包まっておらず、膝掛けにしている程度である。 kr「ハック、もう寒くないか?」 tb「ギャパパ!寒いなら生き血でも持ってきてやるぜ!」 hk「い、生き血はやめてくださいっす!?」 tb「なんだと!?」 kr「当たり前だろぉ?寧ろ体が冷えないか?」 tb「そうか…ショボボ…」 2人のやり取りを見ながら、ハックは呟く。 「…もう寒くないっすよ、キリンさん。 タブーさん。 」 緩く息を吐きながら、彼は嬉しそうに笑った。 end.

次の