ワイヤレス ヘッドホン。 商品一覧

商品一覧

ワイヤレス ヘッドホン

Mpow H20のいいところ• 洗練されたデザイン、高品質な仕上がり• ヘッドホンならではの没入感、密閉感があるので、アクティブ・ノイズキャンセリング 以下、ANC は、ほぼほぼ不要• 30時間連続再生可能なバッテリー• クリアーな高音と深みのある低音&apt-X HDコーデック対応• 折り畳んでコンパクトに持ち運び出来る• 伸縮部分はステンレス製で高い耐久性• CVC8. 0通話ノイズキャンセリング 耳当ては、柔らかくふかふか、暖かいです 笑 ついでに頭頂部も、ソフトパッドでふかふか。 物理ボタン操作だから、イラッとする誤動作がない! 有線ケーブルにも対応。 電池切れでも使えます。 折り畳んでコンパクトに持ち運びできます。 伸縮部分は、耐久性の高いステンレス製。 この価格では信じられないほどの工作精度ですし、目盛りはレーザー刻印されています。 細部へのこだわりを感じました。 これ以外にも、数え上げたらキリがないくらい、とても完成度が高いヘッドホンです。

次の

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ17選!Bluetooth対応の神製品!

ワイヤレス ヘッドホン

By: コーデックとは、オーディオ信号をワイヤレス伝送する際、元データを圧縮するときの圧縮形式を意味します。 コーデックには種類があり、送信側と受信側の双方で対応していなければ使用できません。 「SBC」コーデックはBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンなら標準対応しているため、どの機器でも使えます。 ただし、SBCは圧縮率が高く音質が低めなので、音質にこだわる方はより高音質なコーデックを選びましょう。 高音質で伝送可能なコーデックはいくつかありますが、iPhoneをはじめとしたiOS機に採用されている「AAC」のほか、高音質なコーデックのなかでも高い圧縮効率と再現性をもつ「LDAC」、Android端末などをはじめとして対応機器数が多い「aptX」などがおすすめです。 ヘッドホン本体の音質で選ぶ By: 屋外で持ち歩いて使用することがメインという場合は、本体が小さく、軽量で折りたたみ可能なタイプがおすすめです。 また、バッテリーの持続時間も重視しましょう。 移動中に聴くことが多いなら、ノイズキャンセリング機能付きがおすすめです。 通話ができるマイク機能の有無も必要に応じてチェックしましょう。 屋内での使用がメインの場合は、音質を重視した大型モデルがおすすめ。 音の奥行きや情報量、スケール感が存分に楽しめます。 CDを超える高品位なハイレゾ音源再生に対応するかもチェックポイントです。 また、長時間使用する場合は装着感も重視しましょう。 なお、音楽視聴だけでなくPS4といったゲーム機でもBluetooth対応モデルを活用したい方は、サウンドの遅延にも配慮しましょう。 特に遅延が少ない「aptX LL」コーデック対応のヘッドホンがおすすめです。 この場合、送信側の機器にも「aptX LL」に対応したトランスミッターを使用する必要があります。 ワイヤレスヘッドホンのおすすめメーカー ソニー SONY By: ソニーは、スマートフォンやゲーム機、オーディオ機器などを展開しているメーカーです。 ヘッドホンに関しては、ハイレゾ音源に対応しているモデルやBluetoothで伝送する際の高音質コーデック「LDAC」に対応している機種などをラインナップしています。 しっかり音を聴き取れるクリアなBluetooth対応のワイヤレスヘッドホンを探している方は、要チェックです。 オーディオテクニカ audio-technica By: 日本を代表するヘッドホンメーカーのひとつであるオーディオテクニカは、幅広い価格帯で豊富な製品ラインナップを揃えています。 国内メーカーとしては珍しく、開放型を多く展開しているのがポイントです。 音質の傾向としては、やや高音が強調された爽やかなサウンドが持ち味。 幅広い音楽ジャンルに対応できるワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。 ボーズ Bose コンパクトサイズで軽量ながら高音質な音楽を楽しめるソニーのワイヤレスヘッドホン。 価格は非常にリーズナブルで、はじめてワイヤレスヘッドホンの購入を検討される方にもおすすめです。 最大再生時間は35時間と、比較的ロングバッテリーなのもポイント。 また、クイック充電によって10分の充電で約90分の音楽再生が可能なので、充電に煩わしさを感じにくいのも魅力です。 本製品は、8台までのデバイスにBluetooth接続できるマルチペアリングのため、複数のデバイスを使い分ける場合でも、2回目以降のペアリングが簡単。 そのほか、ハウジング部分は「スイーベル機構」によってフラットに収納できるため、ラクに持ち運びできます。 重低音を重視したソリッドバスシリーズのワイヤレスヘッドホンです。 キレのあるサウンドが特徴。 中高音域もクリアで、ボーカルもはっきりと聴こえます。 特にバッテリー持ちがよく、1回の充電で最大70時間の連続再生が可能。 クイックチャージにも対応しており、約10分の充電で約4時間の連続再生ができます。 さらに、電池残量が少なくなるとアナウンスで知らせる機能も搭載。 機器との接続が切れると、5分後に自動で電源が切れるオートパワーオフ機能もあり、バッテリーセーブにも優れています。 また、ハウジング部にはマルチファンクションボタンを搭載しており、簡単な操作なら耳元で可能です。 フラットに折りたためるスイーベル機構で持ち運びにも便利。 167gと軽量かつ、装着感も安定しているので、旅行などの長時間移動でも活躍します。 ユニークなハウジングデザインが目を引くワイヤレスヘッドホンです。 ワントーンでまとめたユニセックスデザインで、ファッション性重視の方におすすめ。 さまざまなファッションに馴染みます。 また、AACコーデックに対応しているので、iPhoneユーザーにおすすめです。 サウンドは全体的に音の輪郭がはっきりとしており、ベースラインもはっきりと聴こえるのが特徴。 アコースティック・ベース・コントロールによって、歪みの少ない低音を再生できます。 さらに、耳元のボタンで簡単な操作ができるのもポイント。 マイク付きでハンズフリー通話にも便利です。 連続24時間再生可能と、バッテリー持ちにも優れています。 通勤や通学などで使用する方にもおすすめです。 ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。 航空機内や電車内、カフェなどの騒音が気になる環境でも快適に音楽を楽しめます。 ノイズキャンセリング機能は有線、無線を問わず使用可能です。 大口径40mmドライバーを採用しているのが魅力。 パワフルな重低音を再現できます。 また、iPhoneでの使用に適したAACコーデックに対応しているため、普段の音楽体験をより上質にしたい方に最適です。 ワイヤレスで最大30時間、ノイズキャンセリング使用時でも最大20時間の連続再生が可能なロングバッテリーを搭載。 折りたたみ&スイーベル機能によってコンパクトに持ち運べます。 操作しやすい物理ボタンを採用しているのもポイント。 使い勝手のよいワイヤレスヘッドホンを探している方におすすめです。 40mmの大口径ドライバーを備えた高解像度なサウンドが魅力のワイヤレスヘッドホン。 aptXとAACコーデックの両方に対応しているため、AndroidやiPhoneで高品質なサウンドを楽しめます。 広々としたイヤーパッドには低反発フォームが採用されており、長時間使っても疲れにくいのが特徴。 メディア再生時で最大24時間の連続再生が可能な充電式バッテリーを搭載しているため、長時間音楽を聴きながら作業したい方にもおすすめです。 物理ボタンで感覚的に操作しやすいのもポイント。 音楽の再生や一時停止だけでなく、通話切り替えなどが簡単に行えます。 マイクを搭載しており、スマートフォンを取り出す必要もありません。 スタイリッシュな専用ケースも付属した、持ち運びに便利なモデルです。 アクティブノイズキャンセリング機能を有したワイヤレスヘッドホン。 周囲の騒音に合わせてノイズキャンセリング機能を最適化できるため、街中でも音楽に集中したい方におすすめです。 外音取り込み機能も搭載しているので、装着したままでも周囲の音を聞き取れます。 カフェでオーダーしたいときや、アナウンスを聞き取りたいときなどにも便利です。 また、バッテリー持ちにも優れており、約2. 5時間の充電で最長24時間の連続再生が可能。 急速充電では、約10分間の充電で最長5時間も再生できます。 サウンドはやや低音寄りのフラットなチューニング。 コーデックはSBCのみなのがネックですが、聴き疲れしにくいサウンドでさまざまなジャンルの音楽を楽しめます。 SBC・AAC・aptXという3種類のコーデックに対応したワイヤレスヘッドホン。 ワイヤレス接続でもクリアでのびやかな中音域とタイトで力強い低音域により、CDのような品質で音楽を楽しめるのが魅力です。 ノイズキャンセリング機能にはハイブリッド方式を採用し、AKG独自のキャンセリング信号回路と合わせて優れた騒音低減率を実現。 周囲の音を気にせずサウンドに没頭できます。 また、約3時間の充電で最大15時間のワイヤレス再生が可能なので、長時間使い続けたいときも安心です。 199gと軽量でコンパクトに折りたためるので、持ち運びに便利なのもポイント。 専用のキャリングポーチにすっきりと収まり、収納場所に困りません。 軽量で持ち運びやすいヘッドホンを探している方におすすめです。 ノイズキャンセリング性能の高さに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」によりノイズキャンセリング時も高音質。 さらに、「NCオプティマイザー」でノイズキャンセリング機能を環境に合わせて最適化できます。 また、DSEE HXでハイレゾ非対応音源もハイレゾ相当にアップスケーリングできるのもポイント。 AAC・aptX・aptX HD・LDACと幅広いコーデックに対応しており、さまざまなデバイスで高音質サウンドを楽しめます。 バッテリー持ちも良好で、約3時間の充電で最大30時間の連続再生が可能。 長時間のフライトで音楽を楽しみたい方やリスニングに集中したい方におすすめです。 「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を採用したワイヤレスヘッドホンです。 環境音に合わせてノイズカットするので、さまざまなシーンで音楽に集中できます。 オンイヤーコントローラーで、通話応答やボリューム調節なども手軽に操作可能です。 また、ノイズキャンセリング時でもビーツらしい低音が効いたサウンドを楽しめるのもポイント。 Apple製品との接続安定性に優れたW1チップを搭載しているので、iPhoneやiPadなどと組み合わせて使用するのがおすすめです。 最大22時間の連続再生が可能。 バッテリー持ちもよく、約10分の充電で最長3時間再生可能な「Fast Fuel機能」も搭載しています。 ノイズキャンセリングをオフにした状態では、フル充電で最大40時間の連続再生が可能です。 着け心地のよさに定評のあるワイヤレスヘッドホンです。 ボリューム感のあるクッションで耳を覆うため痛くなりにくく、遮音性に優れているのが魅力。 軽い着け心地なので、長時間使用したい方にもおすすめです。 また、独自設計の40mmダイナミックドライバーによって、聴き疲れしにくいフラットなサウンドに仕上がっています。 専用アプリを使えば、好みのサウンドにイコライジング可能。 AACコーデック対応で、iOSデバイスとの接続におすすめです。 さらに、シックなカラーラインナップで高級感のあるデザインも魅力。 オンイヤーコントローラーで、電話の応答や音楽の再生、ボリューム調節などができます。 なお、2. 5時間の充電で19時間の連続再生が可能と、バッテリー持続時間がやや短いので注意しましょう。 モニターライクなサウンドが特徴的なワイヤレスヘッドホンです。 40mm口径のベリリウムドライバーを採用。 aptXに対応しており、Androidユーザーの方におすすめです。 また、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しているのもポイント。 シーンに合わせて、2つのノイズキャンセリングモードを選べるので、リスニングに集中したい方にもおすすめです。 さらに、ヘッドバンドとイヤーカップには厳選したプレミアムレザーを採用。 ヘッドバンド中面とイヤーパッドにはラムスキンを採用しており、肌触りがよく長時間快適に使用できます。 加えて、約1時間の充電で24時間再生が可能とバッテリー持ちも良好。 クイックチャージにも対応しており、15分の充電で約12時間の連続再生が可能です。

次の

ワイヤレスステレオヘッドセット HA

ワイヤレス ヘッドホン

ワイヤレスヘッドホンとは、コードが無くても通信できる機能をもつヘッドホンのことで、音楽を聴く以外にもテレビやゲーム機器での音声視聴、車内でのビデオ鑑賞時など幅広く活用されるおすすめアイテムとなっています。 ワイヤレスヘッドホンの最大の魅力はなんといってもコードレスな点です。 コードが無いことで、人ごみでの移動時に人や物に引っかかったり、寒くなる時期に着用するマフラーやコートに線が絡むこともありません。 通勤・通学中におすすめなのはもちろん、ジムでのトレーニングやマラソン時に使用するのもおすすめです。 また、移動中の使用以外に屋内での使用もおすすめ。 ワイヤレスヘッドホンなら音源機器から離れることができるため、仕事や家事のながら作業が可能となり鑑賞中の自由度が格段に上がります。 ワイヤレスヘッドホンの選び方 通信方法から選ぶ ワイヤレスヘッドホンが採用している通信方法は、赤外線方式、無線方式、Bluetooth方式の3つ。 このうち一番安いワイヤレスヘッドホンは赤外線方式のタイプです。 赤外線を使って音楽を伝送する方式で、赤外線=光の一種を使用するためタイムラグが生じません。 有線に比べると音質が劣り、光が受信できない場合は音が途切れる、電子機器の近くでは雑音が入る、通信距離が短いなど難点が多く、あまりおすすめできないタイプです。 最も高価なタイプとなるのが無線方式です。 無線で伝送する方式で、30mほど離れても受信できるのが強み。 音質は有線タイプより若干劣り、タイムラグもわずかに生じてしまう点がネックとなっています。 赤外線式と無線式の中間の価格帯にあり、最もおすすめなタイプがBluetooth方式です。 Bluetooth機能さえ搭載していればどの国のどのメーカーでも接続することができ、最近ではスマートフォンとペアリングし、様々なシチュエーションで活躍しています。 形状で選ぶ Bluetoothやデジタルなどで接続してくれるワイヤレスヘッドホンには、さまざまなスタイルがあります。 最近は、耳をふさがないタイプも人気です。 耳をふさがないウェアラブルタイプのワイヤレスヘッドホンは、音楽を楽しみつつ外の音もしっかり聞ける優れもの。 イヤーカフのように耳につけるタイプ、肩にかけて使用するタイプなどさまざまなタイプがあります。 家事のときや仕事中、車の運転中など、外の音を聞きつつ音楽も楽しみたいという時におすすめです。 「集中したいときには耳をふさぐタイプ」「何かをしながら音楽を楽しみたいときには耳をふさがないタイプ」など、自分のライフスタイルや用途に合わせて最適なスタイルのワイヤレスヘッドホンを選ぶのがおすすめです。 通信規格で選ぶ ワイヤレスヘッドホンは、音切れが問題になることも。 これでは音楽を快適に楽しむことができません。 ワイヤレスヘッドホンには、「Bluetooth」方式と「赤外線」方式、「25GHzデジタル方式(無線)」があります。 赤外線は最もお求めやすい価格なものの、赤外線が届く距離が短く、音切れしやすいのが難点です。 25GHzデジタル方式は、他の二つとは性能が段違い。 その分値段も高額です。 そこでおすすめのワイヤレスヘッドホンはBluetoothのものとなります。 価格と音質のバランスが良く、どなたでも気軽に購入しやすいのではないでしょうか。 「どんなに高価でもいいから性能がいいものが欲しい」という方は、断然25GHzデジタル方式がおすすめです。 イヤホンという選択肢もある ワイヤレスにはワイヤレスヘッドホンだけではなくイヤホン型もあります。 ワイヤレスヘッドホンにはさまざまな通信方式がありましたが、ワイヤレスイヤホンは基本Bluetoothとなります。 ワイヤレスイヤホンには、コードがついているものと、コードがついていないものがあります。 コードがついているものは、耳から外れてなくなりにくいというメリットがあり、コードがついていないものは、耳に差し込むだけなので煩わしさが少ないというメリットがあります。 おすすめポイントが異なりますので、お好みに合わせて選んでくださいね。 ワイヤレスヘッドホンは、頭や耳が痛くなるという方もいます。 また大きいので持ち運びに不便なことも。 そういった方にはワイヤレスイヤホンがおすすめです。 装着感で選ぶ ワイヤレスヘッドホンを選ぶ時、Bluetoothが途切れないかや、音の良さや性能の良さなどはもちろん大切ですが、意外と見落とされがちなのが「装着感」です。 装着感がよくないと、いくら音や性能が良くても不快感が強く、結局はあまり使わなくなってしまうことも。 購入する際は、ワイヤレスヘッドホンを実際に装着してみることが大切です。 その際、頭にフィットしているかどうか、耳が痛くならないか、耳へのフィット感はどうかなどを確認することをおすすめします。 短時間ではよくわからない場合もあるので、ある程度の時間ワイヤレスヘッドホンを装着して確認しましょう。 なお、運動しながら使う方は、運動中にずれることはないかも確認することをおすすめします。 ワイヤレスヘッドホンのおすすめメーカー メーカーは、世界的にも有名なSONY、日本を代表するメーカーaudio-technica、独自のチューニングと多数の特許技術を持つBose、デザイン性が高いBeats、老舗音響機器メーカーSENNHEISERのワイヤレスヘッドホンがおすすめです。 ワイヤレスヘッドホンのおすすめ17選 ここからは、ワイヤレスヘッドホンのおすすめ商品を17選ご紹介します。 Panasonic RP-HD600N-T ワイヤレスヘッドホン.

次の