生理前 ダイエット おすすめ。 【おすすめダイエット】42歳で

生理前〜生理中は豆乳ダイエットが効果抜群!その秘密と方法とは?

生理前 ダイエット おすすめ

生理が終わってから排卵期を迎えるまでの生理前をうまく使って取り組むものになります。 このダイエット法は、毎月続けるだけで痩せ体質に変わっていくと評判なのです。 なぜなら、体内の環境をしっかりと変えてくれるから。 そして、生理周期に合わせたホルモンバランスを自然に活用していく方法だからです。 このダイエットに向いているのは以下の方。 ・生理を迎えた女性全て ・生理前のPMSに悩んでいる方 ・日頃の食生活に自信がない方 ・できるだけ楽に痩せたい方 どんなに忙しいライフスタイルであっても、手軽に取り組むことができます。 生理が終わり排卵期を迎えるまでは、エストロゲンが増えて、プロゲステロンの働きが低下するそう。 プロゲステロンは妊娠に向けての準備をするホルモンです。 ・子宮や赤ちゃんを守る ・絨毛組織を発達させ着床を助ける ・水分を溜めて代謝を抑制する ・交感神経 筋肉の運動能力など の働きを抑制する これにより副交感神経が優位になり不眠やイライラにつながる 上記のような働きがあるんですね。 そのため、プロゲステロンの働きが活発な時は、気持ちが積極的に向かいづらい時期なので、ダイエットに対し積極的になりづらく効果に影響する可能性があるかもしれません。 食べたいものを我慢しても運動しても、ダイエットがうまくいかないことがあるのです。 そのため、ダイエット効果が落ちるそう。 毎月の生理周期に合わせて行うだけで、身体のコントロールがスムーズになるかも。 その他にも、下記のような効果に期待できます。 ・便秘改善 ・冷えの改善 ・口臭や体臭予防、改善 ・ホルモンバランスの安定によるPMSの軽減 生理周期が不安定な場合でも、生理が終わってから2週間程度続けるだけで効果があるんだとか。 プロゲステロンは、生理が終わってから排卵期までの約2週間、分泌が減ります。 もちろん、多額なお金を使う必要もなし! サプリも道具も何も要りません。 しかし、いくつか注意すべきポイントがあるので、それを忘れず実行していきましょう。 ・水分をしっかり摂取する こまめにミネラルウォーターなどを飲みましょう。 糖分が多いものは控えてください! ・添加物の多い食事を避ける ファーストフードやレトルト食品などの添加物の中には、体内の機能を低下させるものあるんだそう。 脂分を控えるためにも、バランスのとれた食事を意識しましょう。 ・適度に体を動かす 極端な運動不足は代謝の低下の要因となります。 運動に慣れていない人は、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽度な運動から取り入れてみましょう。 生理前ダイエットは、お手軽で続けやすいことが伝わったでしょうか? 女性ならではのダイエット法として大人気。 無理なく綺麗に痩せられると評判なので、チャレンジしてみましょう。

次の

生理前こそ食事をしてダイエット⁉食欲を上手に活用しよう [食事ダイエット] All About

生理前 ダイエット おすすめ

Contents• 生理前は「黄体期」とも呼ばれ、体内でプロゲステロンという黄体ホルモンの分泌が盛んになります。 そのため、体に様々な変化が起きやすいのです icon-bolt プロゲステロンが分泌されると、下腹部に違和感を感じたり、腰痛・むくみ・便秘を感じる人もいます。 体内に水分を溜め込みやすく、余計なものを排出しにくい状態になるため、一時的に巡りの悪い体になります。 さらに、生理直前はプロゲステロンの分泌量が一気に低下し、 急激に食欲が増すこともあります。 これらのことが、ダイエットに大きな影響を及ぼします。 わたしの場合、生理前になると、下半身のむくみがかなり気になるようになります。 わたしが生理前〜生理中に意識していること そうは言っても、生理は女性の体には必要なことです。 生理で思いっきりデトックスしたあとは痩せやすい体へと変化するので、悪いことばかりではありません icon-heart 長期的に見てダイエットを成功させるために、わたしが生理前〜生理中にかけて意識していることを紹介します。 いつも通りの食事を心がける 一番大事なのは、これです。 多少食べ過ぎちゃったとしても、できるだけいつもの食事に戻すよう意識を保つこと icon-cutlery わたしは最近はいつも、朝はフルーツ中心、お昼と夜は炭水化物、たんぱく質、野菜多めなどをバランス良くを心がけ、夕食後にどうしても何か食べたくなったらフルーツという食生活です。 これを生理前も崩さないよう頑張りました。 生理前〜生理中は、すごく眠くなったりイライラしたり、気分も体調もコロコロ変わりやすいので、 何か特別なことを頑張ってやるというのは避けた方がいいです。 それより、普段ダイエットのために意識している食事や軽い運動(階段を使ったり、ちょこちょこ動くなど)をいつも通り淡々とやる方が負担もなくおすすめです。 体重が変わらなくても気にしない 先ほど説明した通り、生理前〜生理中はホルモンが原因で体重は減りません。 むしろ増えることもあるくらいです。 でも、それは当たり前のことです。 自分でコントロールできるものでもないので、 「あ、今はそういう時期なんだな」と受け入れ、気にしないことが一番です。 生理後は痩せやすくなるので、その時までじっと我慢。 いつも通りのペースを崩さず、生理を乗り越えましょう。 そもそもわたしは、ついこの間まで生理前と生理後の太りやすさ・痩せやすさの違いがわかりませんでした。 おそらく 食生活の乱れが原因です。 食生活の改善を心がけたら、生理不順がなくなり、27〜28日ペースで来るようになりました。 それからは、生理前と生理後の違いが明らかにわかるようになり、「体が正常に戻ってきたなあ」と実感しました。 もし今、 「生理前が痩せにくいとかの前に生理不順なんだよね…」という人がいたら、ぜひ食生活を変えてみてください! さらに、お風呂に浸かったり軽い有酸素運動をしたりして軽く汗を流す習慣をつけて体を温めるのも、とっても効果的です icon-heart 食生活については以下の記事を参考にどうぞ。 関連記事 生理はなくせないけど、コントロールすることならできます。 たとえ体重が増えたとしても諦めず乗り越え、ダイエットを継続していきましょう。 食生活改善に関する記事一覧•

次の

生理前はダイエットするな!女性が痩せやすい期間と食事は?

生理前 ダイエット おすすめ

月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つのうちにダイエットに関係してくる時期というのが黄体期に関係性があります。 黄体期は生理周期の排卵期が終わってから次に生理が始まるまでの間の期間ですが黄体期は排卵期で排卵された卵子が成長し黄体化することで女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステン)が大量に分泌される時期にあります。 こういった時期には月経前症候群が出やすくなる時期のために・・・・• 基礎体温が上がる• 身体がだるく感じる• 太りやすくなる• イライラしやすくなる こういった状態にあることでダイエットには適さない時期だということなのです。 特にこの黄体期がダイエットに適さない時期だといわれるところには、 体内にコレステロールを多く蓄えようとする時期のために痩せにくいのです。 こういった月経前症候群がでやすい時期は黄体ホルモンとエストロゲンのバランスが崩れてしまっているために心が不安定になりダイエットには向かず、太りやすいのです。 生理中に痩せる理由 生理周期でみた場合にダイエットに適している時期と言うのは確かにあります。 生理周期に合わせてみるとこうなります。 痩せやすい時期• 痩せにくい時期• 太りやすい時期 つまり痩せやすい時期にダイエットをすることでしっかりと痩せることができるようになります。 この痩せやすい時期というのは生理が終わって高温期に入る前、 生理が終わる 頃から 排卵期 までの2週間程度の期間が最も身体の体調がよく、新陳代謝もいい時期のために痩せやすい時期なのです。 生理中にやってはいけないこと 激しい運動 生理中にしてはいけないことの一つとして激しい運動になります。 生理中は心も体も敏感な時期にあるために身体に負担をかけるようなことはもちろん疲労を感じるような運動をすることは避けなければなりません。 これは生理中にホルモンバランスの乱れによって不安定な時期でもあるためにどうしても ストレスになってしまうのです。 こういった時期に激しい運動をするとただ苦痛でしかないのです。 チョコレート 生理中にチョコレートを食べることによって良いことはテオブロミンという成分が心を安定させてくれる効果がある一方で糖分が多い食べ物でもあります。 チョコレートは糖分が多いために血糖値を上昇しやすく太りやすくしてしまう可能性があります。 またチョコレートにはチョコレートの甘味には身体を冷やしてしまうために逆に生理痛を重くしてしまう恐れも考えられます。 どうしてもチョコレートを欲する時は ビターなものを選ぶといいでしょう。 暴飲暴食 生理前になると黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が盛んになってきます。 こういった時期は身体も心も不安定な時期のために太りやすい時期と言われており、特に食欲をコントロールすることがうまくできなくなってくる時期でもあります。 これは身体が妊娠しやすい状態を作るための時期になるために、食欲が湧いてくるのです。 その理由には黄体ホルモンが分泌することによって血糖値が下っていくわけですが血糖値を安定させようとアドレナリンが分泌されます。 このアドレナリンが失われた栄養を補おうとすることで食欲が増進してしまうのです。 この時期は食欲を増進するだけでなく同時に身体に栄養を蓄えようとするために体重が増えやすく、個人差はありますが1Kg~3Kgほどの体重の増えるようになるのです。 生理前にやるべきダイエット 食事 生理前に食欲が増進することは避けられないことかもしれません。 しかし、食欲が湧くからといって欲求に任されて食事を食べてしまえば、体重だけでなく、必要以上に脂肪の蓄積に繋がりかねないことになってしまいます。 こういったことにならないためには、生理前の食欲を抑える方法として 食事は空腹を感じさせない状態を作ることにあります。 ここでの空腹とはあくまで強い空腹感を作らないことです。 空腹をただ我慢することはかえって食欲が増進されるだけのために食事のときはゆっくりよく噛んで食事をすることをおすすめします。 よく噛むということはそれだけでダイエット効果があり、噛む回数を重ねることで満腹中枢を刺激することによって、少ない量で満足感を得ることができるようになります。 運動 生理前は個人差によるところが大きいですが身体のだるさやイライラなど体調不良に悩みやすい時期でもあります。 こういった時期にいくら運動をしても逆にストレスを抱える原因になりかねません。 しかも運動をこの時期にしてもダイエット効果はほとんど期待することができないのです。 これは体重が落ちないどころか逆に太ってしまったなんてこともあります。 こういった生理前の時期に必要な運動はなく、部屋で行えるようなストレッチをすることがおすすめです。 その他ではヨガもおすすめできる運動です。 ヨガの効果• 老廃物を出すことによって肌がキレイになる• 基礎代謝を上げることができる• 血液の循環がよくなり肩こりを解消• 冷え症を改善できる• 月経による不快症状を緩和できる• 病気の予防ができる• 自律神経の活動を整える• 姿勢がよくなり脂肪が付きにくくなる また半身浴などもおすすめです。 半身浴効果• むくみの解消• 脂肪燃焼が早まる• 美容効果がある• 疲れがとれる• 質の良い睡眠がとれる 生理中にやるべきこと 現状維持 生理中の時期は何より一番きつい時期でもあるために無理なダイエットは控える方がよいです。 そのためにストレスを受けにくい、感じにくい時間の過ごし方をすることが一番よいとされています。 特に生理中にダイエットをしてしまうと思っている以上に効果は薄く、いい成果が現れないだけでなく、大きなストレスになってしまう可能性があります。 こういった時期は自律神経の乱れによることが原因なので食事や運動に少しばかり気にかけ意識する程度で過ごすことが大切です。 軽めの運動 生理中におこなう運動はやはり激しい運動は控えなければなりません。 生理中に激しい運動や筋トレなどを行うと身体への負担も大きくかえってただ疲れストレスになりかねません。 こういった生理中に行う運動は、軽めの運動がおすすめです。 ストレッチやヨガ、ウォーキング、軽めのジョギング程度であれば心配はないでしょう。 またこうした軽めの運動を行うことで生理中のイライラを緩和させることもできるためにおすすめです。 そしてあくまで生理中の期間は 体重を意識して落とそうとせずに現状を維持させることだけに集中しましょう。 食事 生理中はホルモンの関係上どうしても体重がおちにくい時期なので、あくまで今の状態をキープさせることにだけ集中!!ただ生理中は無理な食事制限もそこまで必要はありません。 ただ食事で意識的にしなければならないことは温かい食べ物を意識して摂るようにする事と、生理前と違う点では体温が下がりやすい時期なので、温かい食べ物や温かいスープなどで身体を温めるようにしてください。 また貧血になりやすいために食事の中では鉄分を含む食べ物を摂ることも必要です。 鉄分の多い食材• カツオ• マグロ• レバー• ひじき• 小松菜• ほうれん草• プルーン またこういった食材を摂ることも大切なことですが生理中の食事は特に一日3食は必ず摂るようにしなければなりません。 また 一日3食の食事のバランスをしっかりと摂ることも必要なことです。 特に朝の時間に食事を摂るか摂らないかでは一日をダイエットとして見た場合に大きく効果が変わってきます。 朝食を食べる効果には大きく5つの効果があります。 集中力がアップする• 排便作用が活性化する• 低体温の改善• 食べ過ぎを予防できる• 脂肪の蓄積を予防できる こういった効果が朝食を摂ることで効果があります。 特に生理中であっても普段のダイエットであっても朝食を摂ることでその日の一日の代謝の上がり方が大きく変わってくるために 必ず朝食は食べるようにしなければならないです。 また食べる時に意識することは水分をしっかりと飲むことや食事の食べる順番を意識することも必要なことです。 食べる順番は 「野菜」「タンパク質」「脂肪」の順で食べるようにしましょう。 この食べる順番で多いなポイントが野菜を始めに食べることにあります。 野菜を始めに食べることによって血糖値の上昇を緩やかにさせる効果があるために野菜を先に食べなければなりません。 しかもこの血糖値の緩やかな上昇効果は昼、夕の食事の血糖値までも緩やかにさせてくれる効果がります。 スポンサードリンク 朝の食事で野菜を先に食べるだけでその日の一日の食事の血糖値が上がりにくくする効果があるのです。 水分 黄体期にある時は、食欲の増進とともに太りやすい時期であるために、この期間でやせることは難しいです。 しかし、生理が終わって次の排卵日までの排卵期は代謝が良くなる期間で心と体のバランスがとれる時期のために、それまでの期間ではむくみを和らげるために、利尿作用のある食材を食べる事以外にもこまめな水分補給は必要になります。 生理中はむくむことは仕方のないことかもしれませんが、むくむからといって 水分を摂らないようなことをすると逆効果になってしまいます。 生理中にむくむのはあくまで生理中の一時的な期間であって、生理後にはしっかりとむくみも取れるようになります。 そのためには、ミネラルウォーターなどの水分を摂ることで代謝を上げる効果や代謝を上げることによって脂肪が燃焼しやすくなる効果もあります。 また水分を摂ることで身体に溜まった老廃物も排出することができます。 生理後にやるべきダイエット 生理後から排卵日までの期間は最も痩せることができる時期でもあります。 「痩せ期」「ダイエット期」と呼ばれるほど大きな成果を期待する期間なのです。 生理が終わってからの7日間が「卵胞期」と呼ばれる期間でこの時期こそ期待できるわけです。 こういった期間にやるべきダイエットは食事と運動と大きく2つにわけることができます。 食事 生理後の食事で気をつけるポイントは糖質や脂質を摂り過ぎないようにすることです。 ただ完全に制限するといったことはよくないために低脂肪で高タンパク質な食材を食べるように心がけるとよいです。 おすすめタンパク質食材• 赤身肉• 鶏のささみ• カツオ• 大豆食品 生理後は脂肪が燃焼しやすい時期と同時に筋肉をつけやすい時期でもあります。 そのために タンパク質を摂る必要があるのです。 また大豆製品からも量質なタンパク質を摂ることができます。 特に大豆には大豆イソフラボンが含まれているために、食事で摂ることで吸収され、血中に入るとエストロゲンと感知するそうで女性ホルモンと似た構造を持つイソフラボンを摂ることが女性ホルモンの減少をサポートする効果があります。 美肌効果のアップ• バストアップ• 骨密度を保つ• 肥満予防 また野菜や海藻類を積極的に摂ることで女性ホルモンの働きかけを助ける効果もあるために ビタミンやミネラルをしっかりと摂ることも必要です。 運動 生理後は特に運動をすることで大きく痩せることができる期間です。 特に脂肪燃焼効果の高い 有酸素運動をとり入れることで効果的になります。 これはエストロゲンが多く分泌されている時期というのは身体にある老廃物や水分脂肪燃焼が活発に行われるようになるためです。 この時期に有酸素運動をすることで、より脂肪分解酵素の量が増えていくために脂肪燃焼することができ痩せることができるようになるのです。 そしてさらに効果を高める運動が筋トレになります。 筋トレを行う目的は、身体に筋肉をつけることで、身体の脂肪をより燃焼させてくれる働きがあります。 また筋肉が作られることで基礎代謝も高くなり、一日の消費カロリーも基礎代謝が低い状態の時とは大きく消費されるカロリーも変わってきます。 基礎代謝を上げることは太りにくく痩せやすい体質に変えることになります。 生理後は脂肪燃焼しやすい時期と同時に筋肉が作られやすい時期でもあるので 筋トレと有酸素運動を行うことでより大きなダイエット効果を狙うことができるようになります。 おすすめの有酸素運動と筋トレはこちら「家で毎日できる運動ダイエット!方法と効果は」 また、生理中に筋トレを考えている場合は、あくまでも無理のない範囲で行うことが求められます。 生理前はそもそも脂肪を貯め込もうとする力が強くなる時期です。 しかし、この時期を過ぎると、女性ホルモンの分泌が下がる時期に入ります。 この時期に筋トレをすることで筋肉をつけやすくできる時期のために、適度な筋トレであればむくみの血行を促進させることにもなり、むくみも解消することができるようになります。 「筋トレは毎日しない!女性が効果を出す自重トレーニング」 睡眠は意外と大事なこと 生理中に眠気がくるのは身体の変化に起こることが原因ですが、生理中にしっかりと寝ているはずなのに、とにかく眠たいと感じる人がかなり多くあります。 その理由には黄体ホルモンが関係していて生理前はこの黄体ホルモンが活発になることで就寝時も眠りに付きにくくなります。 そして生理中になるとこの黄体ホルモンの分泌が低下するために低体温が続き、眠たくなります。 じつはこのホルモンの働きには睡眠薬と同じくらいの効果があると言われています。 こういった眠気を少しでも和らげるために必要なことが3つあります。 体内時計のリセット 体内時計とは人が一日の周期でリズムを刻むために備わっている時計で、意識をしていなくてもに中は活動状態になり、夜間は休息状態にと切り替わるリズムが自然と備わっています。 これが生活習慣の乱れや暴飲暴食、運動不足などによって乱れてしまいます。 こういった改善と同時に、太陽の光を浴びることで体内時計をリセットすることができるために、この仕組みをうまく使ってみるといいでしょう。 質の良い睡眠を準備する 質のよい睡眠をとるためには、黄体ホルモンによる低体温の状態を少しでも体温を上げるだけでもかわってきます。 寝る前に3時間ほど適度な運動を行うなどをしたり入浴をすることで体温を上げるなどすることで効果があります。 また入浴は半身浴でぬるめのお湯でしっくりと入ることでゆっくりと温めることがポイントです。 また寝具にも気を使うといいでしょう。 寝やすい枕や寝具をそろえることでも効果は変わってきます。 また寝つきやリラックス効果を得るためにアロマを焚くこともおすすめです。 昼間に眠気が止まらない時は! 昼間にどうしても眠気が強く集中できないなどがあれば、空いた時間を利用して5分、10分程度だけでも眠るだけでも効果があります。 ただ、昼寝として長い時間寝てしまうと目覚めも悪くなり逆効果になるので気をつけましょう。 まとめ 生理中、生理前そして生理後の過ごし方でダイエットの成果は大きく変わってきます。 その時々の生理の状態でうまくダイエットに繋げていくとただ体重が減っただけでなく美容面でも大きな効果を期待することができるでしょう。

次の