生理前 下痢。 生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因

生理前に必ず下痢

生理前 下痢

生理中や生理前に下痢になりやすいのは、ホルモンバランスの変化と、内臓や血管の壁にある平滑筋という自分の意志では動かせない筋肉の収縮が主な要因だそうです。 女性のカラダは、生理周期にあわせて、およそ1ヵ月サイクルでホルモンバランスの変動がおこります。 まず、排卵前後にかけて黄体ホルモンの分泌量が増えていき、黄体ホルモンは子宮の収縮を抑制するだけではなく、腸の収縮運動も抑制するため、腸の動きが悪くなってしまいます。 生理前に便秘気味になるのは、このことが原因です。 その後、生理が始まると黄体ホルモンの分泌量が減少するため、便秘は解消されます。 しかし、今度は平滑筋を収縮させるプロスタグランジンが子宮から分泌されるため、子宮の収縮に連動して腸の収縮も大きくなり、生理痛や下痢がおこりやすくなります。 また、生理中は精神的に不安定になりやすく、ストレスが下痢の引き金となるケースも少なくないそうです。 対策としては「冷え」の予防で下腹を冷やさないこと。 それと下痢を引く起こしやすい食材や冷たい食べ物、飲み物は控えることです。 また通勤や通学中に下痢が心配なら「水なしで飲める下痢止め」を携帯しておくと安心しますよ。 生理中に下痢や腹痛が酷い場合は一度婦人科を受診されてお薬を処方してもらってください。 本題の回答ですが、私は元なら下痢体質で生理前後は下痢になりやすかったですが、3回妊娠してて下痢と妊娠は関係なかったです。。 いつでも妊娠できるように下痢をしないように食事や生活、衣類など見直しされるといいです。

次の

生理中の下痢がつらい!生理の時に「お腹がゆるくなる」原因と対処法

生理前 下痢

生理中に下痢になりやすいのは、ホルモンバランスの変化と、内臓や血管の壁にある平滑筋という自分の意志では動かせない筋肉の収縮が主な要因です。 女性のカラダは、生理周期にあわせて、およそ1ヵ月サイクルでホルモンバランスの変動がおこります。 まず、排卵前後にかけて黄体ホルモンの分泌量が増えていきます。 黄体ホルモンは子宮の収縮を抑制するだけではなく、腸の収縮運動も抑制するため、腸の動きが悪くなってしまいます。 生理前に便秘気味になるのは、このことが原因です。 その後、生理が始まると黄体ホルモンの分泌量が減少するため、便秘は解消されます。 しかし、今度は平滑筋を収縮させるプロスタグランジンが子宮から分泌されるため、子宮の収縮に連動して腸の収縮も大きくなり、生理痛や下痢がおこりやすくなります。 また、生理中は精神的に不安定になりやすく、ストレスが下痢の引き金となるケースも少なくありません。 生理痛をやわらげるために鎮痛剤を服用すると、癖になって効かなくなると考えている人もいますが、そのような事実はありません。 生理痛や下痢などの不快な症状をガマンするのは自分が辛いだけですので、無理をせず鎮痛剤の服用も検討しましょう。 鎮痛剤の中には、生理前に服用することでプロスタグランジンの過剰分泌を抑制し、生理痛だけではなく、下痢や胃痛、吐き気などの消化器系の症状をやわらげる効果が期待できるものがあります。 鎮痛剤を服用する場合、痛みを感じたら早めに服用しましょう。 生理痛がひどい人は、痛みの強くなると予想される日には痛みが弱いうちに使うと効果的です。 鎮痛剤は痛みや下痢などの原因物質を抑制するものであるため、原因物質が大量に分泌されて我慢できないような痛みが始まってからでは、十分な効果を期待することができません。 ただ、あまりにも生理痛が重い場合や、生理周期に関係なく下痢や便秘が続く場合は、一度病院で相談しましょう。 日常生活に支障が出ているような重い生理痛は月経困難症の可能性がありますし、下痢や便秘が頻繁におこる場合は過敏性腸症候群などの消化器系の病気になっている可能性もあります。 特に、月経困難症は子宮内膜症などの女性器疾患の可能性もあるため、婦人科で適切な治療を受けることが大切です。 毎月ひどい生理痛や下痢の症状に悩まされているのであれば、まず病院で相談しましょう。 症状によって、痛みを誘発するプロスタグランジンの過剰分泌を抑制させる非ステロイド系抗炎症薬や、生理前の不快な症状を緩和してくれる漢方薬が処方される場合もあります。 漢方薬は、直接的に下痢や痛みを緩和するのではなく、症状を引きおこすとされている血液や血液循環の異常を正常に整え、体質改善させることを目的とします。 漢方薬は症状だけではなく体質を考慮して処方されるため、同じ症状でも人によって違う漢方薬が処方されることもあります。 たとえば、虚弱体質で冷え性の人にはカラダを温めてくれる漢方が、手足のほてりや唇が乾く体力が普通以下の人には、血液循環の異常やホルモンバランスを整えてくれる漢方が処方されます。 漢方薬による治療は、症状緩和のために体質から改善することを目的としているため、治療に時間がかかることが多いです。 しかし、鎮痛剤と併用して症状を緩和しながら体質改善を目指せば、次第に薬なしでも不快な症状に悩まされにくくなる可能性があります。 漢方薬による治療を望む場合は、漢方医のいるクリニックで相談するようにしましょう。 また、低用量ピルも生理痛や下痢の症状をやわらげる効果が期待できます。 ピルにより排卵が止まると、プロスタグランジンの生成が抑制され、子宮内膜も厚くならないため、結果的に経血量が減って生理痛が緩和されます。 ただ、低用量ピルはタバコを吸う人は服用できないなどの条件があります。 低用量ピルを希望する人は、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。 生理中の下痢対策として、もっとも手軽で簡単な方法は下痢止め薬や鎮痛剤の服用です。 ただ、生理中は普段よりもカラダがデリケートなため、冷え対策などのセルフケアも同時に取り入れましょう。 たとえば、生姜などカラダを内側から温めてくれる食材を料理に取り入れたり、湯船に浸かってカラダを温めながらリラックスしたりすることが大切です。 また、生理が始まるおよそ1週間前から、散歩や全身の屈伸運動をすると、生理痛の原因にもなる骨盤の血流が滞るのを予防できます。 こまめにカラダを動かすことは、冷えの原因になる全身の血行不良の予防にもつながります。 カイロなどのグッズを活用することもおすすめです。 このほか、栄養バランスの良い食事を心がけ、食物繊維を多めに摂取する、しっかりと質の良い睡眠をとるなどの生活習慣の見直しもしましょう。 生理による下腹部痛や便秘はストレスにより悪化することも多いため、リラックスできるアロマテラピーやヨガ、ツボ刺激など、自分にあったリラックス法で不快な症状をやわらげましょう。

次の

排卵日に下痢!原因と対処法は?下痢が起こると妊娠しにくいの?

生理前 下痢

生理前や生理中になると、急に下痢や便秘の症状が出たり、それに伴い腹痛を感じたりすることはありませんか? 生理前や生理中の便秘や下痢は、 月経前症候群(PMS)の代表的な症状でもあり、人によっては 妊娠初期にも下痢や便秘を感じる女性もいます。 例えば、普段からもともと便秘で悩んでいるのに、生理前になった途端それが一変して下痢になってお腹がゆるくなったり、ゴロゴロとお腹が音を立てて吐き気や腹痛も伴ったりすることもあります。 そんなPMSの下痢と便秘ですが、まずはどんなことが原因として考えられるかを紐解いていきます。 PMSによる下痢の原因とは? PMSに特に関係がある女性ホルモンには、卵胞ホルモンの「エストロゲン」と、黄体ホルモンの「プロゲステロン」があり、PMSの下痢の原因となるのは、この黄体ホルモンのプロゲステロンの影響を受けていると言われています。 このプロゲステロンは、生理前に子宮内膜から大量に分泌されるもので、プロゲステロンの働きは子宮の収縮を抑えたりと妊娠のための準備をする働きがあるんですが、妊娠をしなかった場合には"プロスタグランジン"という物質が分泌され始めます。 プロスタグランジンは、プロゲステロンの働きとは逆に 子宮を収縮させようとする働きがあるため、プロスタグランジンが分泌されると、子宮が収縮されるだけではなく胃や腸にまで影響します。 胃がプロスタグランジンの影響を受けると、胃の神経が刺激されて胃痛や吐き気が起きたりし、腸がプロスタグランジンの影響を受けると、 腸の動きが過剰になってしまい、水分の吸収が追いつかないうちに便が排出されてしまうため、下痢が引き起こされてしまうのです。 便秘から下痢状態に、途中で変わることがあるのはなぜ? 生理前に多く分泌される、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が多く分泌される時期には、流産してしまうことがないように、 妊娠の準備として子宮周辺の活発な活動を抑えるため、生理前には便秘気味になりやすくなります。 次に、生理直前には黄体ホルモンの分泌が減るために、活動が抑えられていた腸などの働きが急に元に戻り、さらに慢性的に便秘状態が続いたために、身体は便を外へ排出させようとして、これが便秘から下痢に変化する原因なんです。 下痢だけ、便秘だけ、両方?みんながみんな違うのも普通?! しかし、すべての女性が生理前に便秘から下痢へと変化するわけでもありません。 人によっては最初から下痢の症状だけだったり、下痢ではなく便秘に悩まされていたり・・・。 いくらホルモンの影響を受けているからと言っても、どちらのホルモンの影響を強く受けるかは個人差があり、その人の日頃の生活習慣やホルモンバランスによっても、一概にすべての人が生理前に下痢になる/便秘になる、便秘を経て下痢になる、などとは言い切れません。 その月々によっても、便秘がひどい時と下痢がひどい時などの差があることもありますし、こればかりはその時 どんな症状が強いかによって、臨機応変に手を打っていくしかないようです。 また、下痢や便秘を引き起こしたり悪化させる原因は、PMSだけではありません。 下痢、便秘のPMS以外の原因は? 生理周期に合わせて変化するホルモンの影響を受けることで、生理前や生理中の下痢や便秘の原因になると言われていて、PMSの代表的な症状の1つです。 しかし、下痢や便秘の原因として考えられるのは、PMSだけではありません。 PMS以外に考えられる原因としては、例えば生理前のストレスなどもお腹の調子に大きく影響を及ぼします。 生理前は、気持ち的にも不安定になりやすい時期で、同時に精神的ストレスも受けやすく、ストレスを強く感じることにより自律神経に影響が出てしまいます。 自律神経と下痢や便秘って、一見あまり関係がなさそうな感じもしますが、実は 自律神経は胃腸の働きを制御する役割もあるため、自律神経に不調が出ることで胃腸の働きも低下し、結果的に下痢や便秘に繋がります。 下痢・便秘の予防・対処法は? 今からすぐに自分で出来る、下痢や便秘の対処法を紹介します。 (1)温める 下痢や便秘には、何より冷えは天敵となります。 そのため、お腹をできるだけ冷やさないように、なるべく温めるようにすることで、生理前で緊張状態となっていた子宮や胃腸の血流を良くすることができます。 例えば、お腹にカイロを貼ったりボディウォーマー(腹巻き)をしたり、お風呂をシャワーで済ませないで湯船に浸かるようにするなど、手軽に始められることってたくさんありますよ。 (2)食生活の改善 お酒やコーヒー、辛い食べ物などは、胃腸を刺激しやすく、下痢の原因となってしまいます。 下痢の症状が出ているときには、なるべく刺激物は避けて、胃腸の消化の負担にならないようなものを食べるようにしましょう。 (3)適度な運動 実は、腹筋が弱すぎると便秘に繋がるともいわれています。 女性は特に腹筋が弱い人が多いと思いますが、日頃から腹筋を鍛えるストレッチをしたり、適度な運動で身体の代謝や血行を促進すると、便秘になりにくいそうです。 友達と食事に行っても、この時ばかりはお腹を冷やさないようにデザートは我慢したり、ちょっとしたことでも気にするようにしています。 ただ、便秘薬は、絶対に飲みません・・・。 便秘薬って、飲むと楽だけど飲むのが当たり前になると、次は便秘薬がないとお通じが来ないようになっちゃうし、 薬で無理矢理出そうとするのは自分の腸の排便機能を弱めてしまうので、良くないんですよ。 妊娠初期との下痢と、PMSの下痢は何が違う? PMSなどによる下痢や便秘と同じように、生理前になる下痢や便秘は、 妊娠初期(妊娠超初期)に現れる下痢や便秘とも考えられます。 PMSによる下痢・便秘だと思っていたら、あとから妊娠していたことがわかった!ということも少なくないようです。 妊娠初期の下痢は、 着床によってホルモンバランスや自律神経が乱れることが原因で起きるそうですが、妊娠初期に下痢が続くからと言って流産に繋がるというわけではないようです。 では下痢や便秘の症状がPMSによるものか、妊娠初期症状によるものなのかは、どうやって区別をつけたらいいのでしょうか。 具体的に下痢や便秘であることに変わりはなく、どちらにも違いはないですから、やはり日頃から基礎体温をつけるようにするのが一番だと思います。 ちなみに、基礎体温がこのグラフのような場合は妊娠していないときの例です。 妊娠の可能性がある場合は、生理がなくてこのように高温期が21日以上続くなどの特徴があるそうです。 いつもとは違う違和感があったり、他にも妊娠初期症状などを感じた場合には、妊娠の可能性もあるため 市販の下痢止めや鎮痛剤の服用は避けたほうがいいですよ。 少しでも妊娠の可能性がある場合は、自己判断で薬などを飲まないで、妊娠検査薬を使ったりしてしっかりと調べてみましょう。

次の