タッチ パッド スクロール。 【HPノートパソコン】クリックボタンがないタッチパッドの操作方法!超簡単!

タッチパッドでクリックやスクロールする

タッチ パッド スクロール

バージョンが異なると若干手順や画面が異なる場合があります。 ご了承ください。 お使いのPCのWindows 10バージョンを確認するには、 を参照してください。 タスクバーの[スタート]ボタンをクリックします。 [スタート]メニューが表示されます。 [設定]をクリックします。 「設定」画面が表示されます。 [デバイス]をクリックします。 「デバイス」画面が表示されます。 [タッチパッド]をクリックします。 「タッチパッド」画面が表示されます。 ここからの操作は、搭載しているクリックパッド タッチパッド の種類によって異なります。 ご了承ください。 図6 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「デバイス設定」タブをクリックします。 図7 c. 「デバイス設定」タブ画面が表示されます。 [設定 S... ]ボタンをクリックします。 図8 d. 「デバイス設定」画面が表示されます。 [デフォルト D ]ボタンをクリックします。 図9 e. 「全てを標準設定にする」画面が表示されます。 [OK]ボタンをクリックします。 図10 f. クリックパッド タッチパッド の設定が既定の設定に戻りました。 [OK]ボタンをクリックします。 図11 g. 「マウスのプロパティ」の「デバイス設定」タブ画面に戻ります。 [OK]ボタンをクリックします。 図12 h. に進みます。 他のモデルでは若干操作が異なる場合があります。 ご了承ください。 図13 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「拡張」タブをクリックします。 図14 c. 「拡張」タブ画面が表示されます。 ]ボタンをクリックします。 図15 d. 「拡張機能の設定」画面が表示されます。 各タブ画面ごとに既定の設定に戻すボタンが設置されています。 既定の設定に戻したいタブをクリックし、[デフォルト D ]ボタンをクリックしてください。 図16 e. 表示しているタブ画面内の設定が既定に戻りました。 [OK]ボタンをクリックします。 図17 f. 「マウスのプロパティ」の「拡張」タブ画面に戻ります。 [OK]ボタンをクリックします。 図18 g. に進みます。 図19 b. 「マウスのプロパティ」画面が表示されます。 「ELAN」タブをクリックします。 図20 c. 「ELAN」タブ画面が表示されます。 [オプション... ]ボタンをクリックします。 図21 d. 「プロパティ」画面が表示されます。 [既定値]ボタンをクリックします。 図22 e. 「すべて既定値に戻す」画面が表示されます。 [OK]ボタンをクリックします。 図23 f. クリックパッド タッチパッド の設定が既定の設定に戻りました。 [OK]ボタンをクリックします。 図24 g. 「マウスのプロパティ」の「ELAN」タブ画面に戻ります。 [OK]ボタンをクリックします。 図25 h. に進みます。 図26 b. 図27 c. クリックパッド タッチパッド の設定が既定に戻ると、[リセット]の右側にチェックマークが表示されます。 図28 d. に進みます。 図29 クリックパッド タッチパッド を既定の設定に戻す操作は以上です。 関連情報• キーボードから文字を入力するときに、誤ってクリックパッド タッチパッド に触れてしまうことがあります。 クリックパッド タッチパッド が有効のとき、誤ってカーソルが動かないように、クリックが作動するまでの待ち時間 感度 を変更することができます。 詳しくは、以下のリンクを参照してください。 タップ機能が有効になっていると、クリックパッド タッチパッド 面を指で素早く触り、すぐに離す動作を行なうとマウスの左ボタンの操作ができます。 この機能を無効にしたい場合は、以下のリンクを参照してください。 クリックパッド タッチパッド の既定設定は右利き用になっています。 左利き用に変更したい場合は、以下のリンクを参照してください。 USBマウスを接続しているときは、クリックパッド タッチパッド が動作しないようにしたい場合は、以下のリンクを参照してください。

次の

タッチパッドのスクロールが使えない。

タッチ パッド スクロール

インストール方法• スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)する。 「mouse」フォルダー内の[setup]を右クリックし、[管理者として実行]をクリックする。 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックする。 標準ユーザーでサインインしている場合は、管理者のユーザーアカウントのWindowsパスワードを入力して[はい]をクリックします。 [次へ]をクリックする。 [同意する]をクリックし、[次へ]をクリックする。 インストールが開始します。 [完了]をクリックする。 「これらの変更を適用するにはコンピューターを再起動する必要があります」という画面で、[今すぐ再起動する]をクリックする。 デスクトップ画面右下の通知領域の をクリックしても または が表示されていない スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)して、「Panasonic」メニューの[ホイールパッドユーティリティ]をクリックし、ホイールパッドユーティリティを起動してください。 ホイールパッドユーティリティを起動して、デスクトップ画面右下の通知領域の をクリックしても または が表示されない場合は、スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)して、「Panasonic」メニューの[ホイールパッドユーティリティの設定]をクリックして、[タスクトレイにアイコンを表示する]にチェックマークを付けてください。 [ホイールパッドユーティリティ]が表示されない場合は、インストールしてください。 インストール方法• スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)する。 「wheelpad」フォルダー内の[setup]を右クリックし、[管理者として実行]をクリックする。 setupという名前のファイルが2つ以上ある場合は、[種類]に[アプリケーション]と表示されているファイルを右クリックしてください。 以降は、画面の指示に従って操作する。 デスクトップ画面右下の通知領域の をクリックすると が表示されている スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)して、「Panasonic」メニューの[ホイールパッドユーティリティの設定]をクリックし、[ホイールパッド機能を使用する]にチェックマークを付けてください。 横スクロールだけができない場合は、[横スクロール機能を使用する]にチェックマークを付けてください。 または、ホイールパッドユーティリティが正常にインストールされていない可能性があります。 [ホイールパッドユーティリティの設定]が表示されない場合は、スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)して、「Windowsシステムツール」の[コントロールパネル]をクリックし、[プログラムのアンインストール]をクリックし、[ホイールパッドユーティリティ]が表示されているか確認してください。 表示されている場合は、[ホイールパッドユーティリティ]をクリックし、[アンインストール]をクリックして削除します。 その後、ホイールパッドユーティリティを再度インストールしてください。 表示されていない場合は、ホイールパッドユーティリティをインストールしてください。 マウスを接続していない状況で「フラットパッドとの通信に失敗」と表示される CPUの使用率が高いアプリケーションソフトが起動している場合は、そのアプリケーションを終了して、スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)して、「Panasonic」メニューの[ホイールパッドユーティリティ]をクリックしてホイールパッドユーティリティを起動してください。 上記手順でも解決しない場合は、外部マウスのドライバーをインストールした後、再度使えるようにしてください。 マウス使用時に「フラットパッドとの通信に失敗」と表示される 外部マウス用のアプリケーションソフトおよびドライバーは、ホイールパッドユーティリティと同時に使用できません。 外部マウスまたはホイールパッドのどちらかを使用してください。 外部マウスを使用する場合 設定方法• スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)する。 「Windowsシステムツール」の[コントロールパネル]をクリックする。 [プログラムのアンインストール]をクリックする。 外部マウス用アプリケーションソフトおよびドライバーをアンインストールする。 外部マウスを取り外して本機を再起動する。 セットアップユーティリティの「メイン」メニューで[フラットパッド]が[有効]に設定されていることを確認する。 スタート画面の左下の下矢印をクリック(タッチパネル搭載モデルでは、画面の下から上にスワイプ)する。 「Windowsシステムツール」メニューの[PC]をクリックする。 [コンピューター]-[システムのプロパティ]-[デバイスマネージャー]をクリックする。 「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックする。 標準ユーザーでサインインしている場合は、管理者のユーザーアカウントのWindowsパスワードを入力して[はい]をクリックします。 [マウスとそのほかのポインティングデバイス]をダブルクリックする。 アプリケーションソフトの制限でスクロールできない アプリケーションソフトにより縦横スクロールのどちらか一方にしかスクロールできない画面では、ホイールパッドの操作に関係なく、できる方向にしかスクロールしません(例えば、横スクロールだけができる画面のときに縦スクロールを行っても横スクロールになります)。

次の

【HPノートパソコン】クリックボタンがないタッチパッドの操作方法!超簡単!

タッチ パッド スクロール

A ベストアンサー 職場はマウスオンリー。 家でのメインはタッチパッドで、他にマウス、スティックポイント(ポインティングスティック)、タブレットPC(タッチパネル)。 [Shift]or[Ctrl]+ドラッグ&ドロップも同様です。 (これはマウスと違って片手でもできるのでむしろ便利かも) 慣れれば普通の操作はマウス並みに使えるようになります。 マウス以上にやりやすい作業もありますし。 ただ、マウスより、慣れるための時間がかかるのは事実かと思います。 また、細かい操作にはどうしても難がありますね。 画像編集系アプリで顕著なんですが、その場合、何らかの設定バーの位置がわずかに違ったり、指定した位置がわずかに違うだけで、まったく違った結果になるんですよね。 ちょうどいい位置に合った、と思ったときでも、ちょっとした指の傾きで、わずかに位置が違ってしまったりとか。 エクセルのオートシェイプでちょっと複雑な図を描くときでも、位置あわせに苦労しますね。 あと、半角文字列の特定の部分をコピー&ペーストするときとかも。 これらの操作はできなくないんですが、ストレスがたまります。 私の場合、そういうときは結局マウスを接続することになりますね。 スティックポイントは曲線移動や、すばやい動きがかなり苦手ですね。 どういうことかというと、手書き文字入力や文字入力パッド(クリックして文字入力するやつ)を使ってみれば一目瞭然だと思います。 これも慣れで、通常の操作はマウス並みに(場合によってはそれ以上に)使えます。 トラックボール、タッチパネル、ペンタブ、等々は話に出てきてないので省略。 まあそれぞれメリット・デメリットがあるけど、普及しているからには、それなりに使えるってことでしょうか。 最後に一言。 マウスって圧倒的に普及しているから、使いやすいように思われがちですけど、実はかなり慣れの必要なデバイスですよ。 あまりパソコンに触ったことのない人を見てるとよくわかります。 (逆に慣れが早いのはトラックボールかな? 普及率低いけど) 職場はマウスオンリー。 家でのメインはタッチパッドで、他にマウス、スティックポイント(ポインティングスティック)、タブレットPC(タッチパネル)。 [Shift]or[Ctrl]+ドラッグ&ドロップも同様です。 (これはマウスと違って片手でもできるのでむしろ便利かも) 慣れれば普通の操作はマウス並みに使えるようになります。 マウス以上にやりやすい作... Q おはようございます。 表題の通りマウスのホイールが効かなくなる場合があります。 正確にいうとホイールのスクロールが効かなくなり、押し込みは使えます。 状況としては普通にネットやエクスプローラーを開いていて使用しているとスクロールが使えなくなります。 ページの切り替わり時などに発生しやすい気がします。 右端のスクロールバー?で少しスクロールすると効くようになります。 ページ内のほかの部分(リンク・バー・メニュー等)のクリックでは直りません。 マウス:ロジクールM705 使用1年弱 2ヶ月ほど前より発生。 電池交換済み。 基本ブラウザ:クローム *マイピクチャなどのエクスプローラーでも発生します。 windows7使用。 不足条件があれば分かる範囲で追加致します。 対策法・原因等お分かりの方よろしくおねがいいたします。 A ベストアンサー ほかのPCに接続しても同じ症状が出るならマウス側の問題で、ほかのPCでは問題ない場合は、PC側の問題と思います。 マウス側の問題の場合は、分解せずに本体の隙間などからエアダスターで吹いてほこりを飛ばしてみてください(分解すると期間内でも保証がきかなくなりますのでご注意ください)。 それでもダメなら、購入証書と保証書を用意してロジクールに連絡すれば、3年以内なと交換して貰える可能性が高いです。 どちらかが欠ける場合は保証対象にはなりません。 PC側の問題だとすると、以下の対応を。 A ベストアンサー <表示されてしまった場合> これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。 特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。 1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。 2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。 などの方法があります。

次の