家族写真 アイデア。 子どもと一緒に結婚式を!ファミリー婚・パパママ婚の演出アイデア8選

自然体の家族写真を自分で撮る 年賀状家族写真のアイデア

家族写真 アイデア

「家族だけでアットホームでリラックスした雰囲気で結婚式をしたい」「たくさんの人を呼んでする結婚式はなんだか恥ずかしい」「あまり大々的にやりたくない」などなど、様々な理由で家族だけで執り行う「少人数婚」を選ばれるカップルが増えています。 今回は、そんな方にオススメの少人数婚ならではの演出アイデアをご紹介していきます。 プロフィールムービーやプロフィールブックなどを充実させる 会社関係の上司や同僚、友人などが多く出席する結婚式の場合、幼少期のお写真や思い出話をたくさん取りいれてもちょっと白けてしまうことも。 その点、家族だけが参加する結婚式なら、新郎新婦の幼少期の話などはむしろウェルカム!当時の思い出話に花が咲いたり、お互いの家族とエピソードを紹介し合ったり、家族だからこそ共有したくなる話題に、きっと場も盛り上がるはず! 特におじいちゃんやおばあちゃんが参加する場合は、昔の写真はとても懐かしく、当時の思い出を振り返りながら孫の成長を見ることができると喜ばれることが多いそう。 ずっとお世話になってきた家族に笑顔になって楽しんでもらえたら嬉しいですよね。 少人数婚なら、プロフィールブックやムービーの内容も家族向けにちょっとカジュアルな感じにしても盛り上がるし、少しくらい身内ネタになってしまっても大丈夫!むしろ喜ばれる場合も。 お互いの家族の了承が取れれば、親族紹介のプロフィールを載せてもいいかも。 お互いの家族のことがよく分かるし、仲良くなるきっかけにも。 ただし、身内だから…と悪ノリになりすぎないようにご注意を。 親しき仲にも礼儀ありの気持ちだけは忘れずに。 一般的な結婚式の場合、結婚式の前に親族だけ集まって紹介しあいますが、自己紹介をする機会を設けるならそれを省いてしまってもいいですね。 親族だけなので、新郎新婦の幼少期のエピソードを紹介してもらったり、新郎新婦へ新婚生活のアドバイスなど頂いても盛り上がりそうです!お話するのが苦手な方もいるかもしれないので、その場合は他の家族や新郎新婦から紹介してもいいですね。 普段から仲が良くても、相手のことを大切に思っている気持ちや感謝の気持ちをしっかり伝えることはできないですよね。 だからこそ、一人ひとりのことを想いながら、ゆっくり時間をかけてメッセージを書いてみて。 自分の家族だけではなく、相手の家族にも一言メッセージを添えてみるのもオススメ!これから家族になる相手なので、「よろしくお願いします」の気持ちを込めて。 きっと家族の絆が深まるはず。 余興をするなら、家族の趣味や特技を生かしたものに ゲストが大勢いる場合は、余興を担当するのは会社の同僚だったり、学生時代の友人だったりの場合が多いと思います。 家族婚の場合は余興はせずにゆっくり過ごす派が多いですが、家族に紹介したい趣味や特技をお持ちの方がいたり、本人から「是非やりたい!」という立候補があれば、お願いしてみて。 家族の前だけなので、和気あいあいとした雰囲気で披露できそうですね。 「家族みんなでダンスを踊った!」なんてカップルもいらっしゃるみたいですよ。 例えば、結婚式で使うペーパーアイテムや演出アイテム、プチギフトラッピングなどを全てDIYすることも、手作りする数量が少なければできるかも!数が少なければ、オーダーしたアイテムに少しデコレーションを加えたりすることも可能ですよね。 他にも、人数が少なければ、ゲストひとりひとりとゆっくりとお話が出来たり写真撮影が出来たりします。 ゲストが多い結婚式の場合、家族はゲストにお酌や挨拶に回ったりすることが多いので、新郎新婦とゆっくり話をする機会はないですよね。 披露宴中に家族写真が撮れるチャンスはほとんどないかも。 ゲストに会社の同僚や友人が多い場合、親族も少し遠慮してしまうことが多いかも。 その点、少人数の家族婚なら、ゲスト側の家族も遠慮なく新郎新婦と会話や写真撮影を楽しめますし、新郎新婦もゲストにしっかりおもてなしができるメリットがあります。

次の

家族の絆が深まる!みんなでできる七五三写真のポーズアイデア7選|OurPhoto写真部

家族写真 アイデア

七五三は、成長したわが子の姿を写真に収める絶好の機会ですよね。 しっかりした立ち姿はマストで撮っておきたいものです。 家族で手をつないで <かたく結ばれた手に家族の絆を感じる> こちらは、仲良しな家族の姿がとっても素敵な一枚^^主役のお子さまを真ん中に、手をつないで撮影です。 ご両親がお子さまに身体を寄せているので、仲良し度合いがグッと高まっていますね! <パパママにはさまれてほっこり笑顔^^> こちらは、手をつないだご両親に挟まれたお子さまのアップを収めた一枚。 たかいたかいで最高の笑顔を <雨の中でもとびっきりの笑顔!> たかいたかいされると楽しくなってしまうのが子供の性。 こちらの写真では、雨の中での"たかいたかい"にとびっきりの笑顔を見せています!子供のテンションをあげるのにも、親子の絆を感じる写真を残すのにも、たかいたかいはおすすめです! 3. 仲良く正座で一体感 <家族みんなで正座でハイポーズ!> こちらの家族はみんなで座ってポーズをキメています!距離感も相まってとても一体感のある写真に仕上がっていますね。 少し大きめのベンチなどで、チャレンジしてみてはいかがでしょうか^^ 4. ちょっとしたポーズでも、みんなで揃えるとキュート <両手を広げて、ぱあっと明るく> こちらの家族は、顔の前で手を広げて満面の笑顔。 すぐ思いつきそうなこんな簡単なポーズでも、みんなで揃えれば一体感のあるキュートな写真に仕上がります。 家族同士ができるだけ近づいてポーズをとるのも一体感を出す大切なポイント! 5. お兄ちゃんの顔がとても凛々しく頼もしく見えますね。 子供の憧れのヒーローになりきって撮影することで、大人びたかっこいい表情を残すことができます! 6. 家族みんなで汽車ぽっぽ <七五三号、出発しまーす!> 家族みんなで一列に、肩に手を置いて汽車のポーズです!みんなとっても楽しそう^^親戚揃っての七五三参りなど、人が多ければ多いほどみんなでチャレンジしたいポーズですね。 写真を通して、家族への愛情を伝えることができればとっても素敵です!.

次の

家族だけで過ごす♡少人数婚で取り入れたい演出アイデア

家族写真 アイデア

親子で挙げるファミリー婚・パパママ婚は、新郎新婦だけでなく、我が子のお披露目にもぴったりの結婚式です。 また、子どもが参加するので、アットホームで和やかな雰囲気を楽しめるのも特徴。 今回はそんなファミリー婚・パパママ婚でのおすすめ演出アイデアをご紹介します。 ファミリー婚・パパママ婚のおすすめ演出8選 みんなが楽しめる、ファミリー婚・パパママ婚の演出アイデアを8つご紹介します。 ファミリー婚・パパママ婚を検討しているカップルはぜひ取り入れてみてくださいね。 【演出アイデア その1】フラワーガールやリングボーイを子どもに ファミリー婚・パパママ婚の定番演出のひとつに、 自分の子どもにフラワーガールやリングボーイの役割を担ってもらうというものがあります。 フラワーガールは、挙式の入場時にバージンロードに花びらを撒きながら花嫁の前を歩く女の子のこと。 そしてリングボーイは挙式で結婚指輪を新郎新婦のもとに運ぶ男の子のことです。 もちろんフラワーガールではなくフラワーボーイ、リングボーイではなくリングガールでもOK。 ゲストの前でお子さんが緊張しているようであれば、親戚に手伝ってもらったり、新郎がお迎えに行ったりするような演出もおすすめです。 【演出アイデア その2】子どものほっぺに誓いのキス 新郎新婦の誓いのキスをお子さんの両頬にしてあげるというのも、ファミリー婚・パパママ婚で人気の演出。 家族が揃ってみんなの前で行う誓いのキスは、絆をより深める演出になるはずです。 また、写真映えもしますので、思い出に残しやすいところもポイントです。 永遠の愛や家族の幸せを子どもに誓うという意味を込めて、サンドイッチキスをしてあげてくださいね。 【演出アイデア その3】ベビーリングセレモニー 両親から赤ちゃんにベビーリングを贈る「ベビーリングセレモニー」を、結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか。 挙式で結婚指輪の交換をしたあと、二人から赤ちゃんにベビーリングをはめるか、ネックレスにつけたものを首にかけてあげます。 もちろん、披露宴の中で独立した演出として行っても。 子どもの幸せを祈る演出で、会場はあたたかい雰囲気に包まれるはずです。 プレゼントしたベビーリングは、誤飲防止のためにも赤ちゃんから外して保管するようにしてくださいね。 【演出アイデア その4】ファミリー仕様のウェルカムスペース ウェルカムスペースを家族仕様にして、結婚式会場に訪れたゲストを和ませましょう。 家族写真や似顔絵のほか、子どもが描いたり作ったりしたものを飾るのも良いですね。 ウェルカムボードを家族みんなで作れば、ずっととっておきたい思い出の作品に。 また、マタニティフォトや子どもの成長過程が分かる写真なども、ファミリー婚・パパママ婚ならではの演出です。 【演出アイデア その5】親子でお揃いの衣装 衣装直しで、 新郎新婦と子どもの衣装を揃えるのもおすすめです。 特に女の子はママと同じデザインの衣装にすると喜ぶはず。 まったく同じデザインの衣装が用意できない場合は、小物やアクセサリーをお揃いにしたり、色合いを一緒にしたりとテイストを合わせても良いでしょう。 統一感も出ておしゃれな雰囲気になること間違いなしですよ。 【演出アイデア その6】テーブルラウンドで子どもの紹介を 披露宴の定番演出でもある テーブルラウンドは、子どもを紹介するのにぴったりなタイミングです。 挙式中は遠くてあまり見えなかったゲストにも、子どもの顔を覚えてもらえますよ。 また、キャンドルサービスなどは危険ですが、 代わりに飲み物を配ってもらったり、パンのサーブなどを子どもに手伝ってもらったりする演出もおすすめ。 頑張ってお仕事をする子どもの姿に、ゲストもほっこりするはずです。 【演出アイデア その7】キッズスペースを設ける 子どもにとって、一日がかりの挙式や披露宴は疲れて飽きてしまう可能性も。 披露宴会場にキッズスペースを設けておくと、新郎新婦の子どもはもちろん、ゲストの子どもたちもより楽しむことができます。 靴を脱いで過ごせるスペースにして、おもちゃやクッションなどを置いておけば、お友だち同士で遊んだり休憩したりしてもらえます。 子どもたちの親にとっても助かる演出になりますので、ゲストに子どもが多い場合はぜひ取り入れてみてください。 【演出アイデア その8】子どもや家族写真入りのプチギフト 結婚式のプチギフトに、写真などオリジナルデザインを入れたお菓子やコーヒーパックを用意する方も多いかと思います。 このオリジナルデザインを、 家族写真や子どもの写真にしてみてはいかがでしょうか。 世界に一つしかないデザインは、結婚式の思い出にぴったり。 市販のお菓子やドリンクでオリジナルパッケージを作れるサービスもありますので、ぜひ探してみてくださいね。 子どもの笑顔に癒されるファミリー婚で、家族の絆も深めよう 親子で挙げるファミリー婚・パパママ婚の演出アイデアをご紹介しました。 ファミリー婚・パパママ婚は子どものお披露目にもぴったりの機会。 かわいい子どもと一緒に挙げる結婚式は、新郎新婦だけでなくゲストもほっこり癒されるはずです。 ぜひご紹介した演出を参考に、ずっと家族の思い出になる結婚式を作り上げてくださいね。 Search 最近の投稿• 2020年7月17日• 2020年7月15日• 2020年7月13日• 2020年7月11日• 2020年7月9日 カテゴリー• 373• 48 アーカイブ•

次の