岐阜 県 の コロナ ウイルス 感染 者。 岐阜県のコロナウイルスの感染者数の情報はここで確認できます!

岐阜高島屋と大垣共立銀 勤務者の感染確認

岐阜 県 の コロナ ウイルス 感染 者

岐阜県初!新型コロナウイルス感染者は50代男性で大垣市住み! 今回の新型コロナウイルス感染者は岐阜県大垣市に住んでいて、 岐阜 市のコールセンターに勤務する50代の男性ということがわかりました。 男性が勤務しているコールセンターでは、 濃厚接触の可能性がある従業員7人を自宅待機させていて、センターを一時閉鎖し消毒作業を実施したそうです。 男性は会社へ通勤するため電車を利用していた模様。 利用区間は大垣駅~岐阜駅。 しかも発熱後の17日~19日の間も電車を利用していたということで、この期間は間違いなくウイルスをまき散らしていたと思われます。 岐阜県で初の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。 渡航歴がないということは国内で感染した人でしょうし、有症者との接触はないということは空気中にウイルスがすでに蔓延している状態ってことでしょうか? 今までの感染報道は、ウイルス感染者と接触していた人や感染者と同じ空間にいたから感染したという報道が多かったです。 しかし最近の報道では、感染者と特に接点がなかった人でも感染しているといったものが増えてきています。 今後はさらにこのような感染状態が増えていくでしょう。 17日~19日の間で大垣駅~岐阜駅の間で電車を利用した人はとくに注意しましょう。 大垣市に住む50代男性が入院した病院はどこ!? 今回感染した男性はどこの病院で入院しているのでしょうか? 岐阜県にある感染症指定医療機関は次の5つになります。 岐阜赤十字病院 大垣市民病院 岐阜県立多治見病院 岐阜県厚生農業協同組合連合会 飛騨医療センター 久美愛厚生病院 岐阜県厚生農業協同組合連合会 中濃厚生病院 今回は岐阜県初の新型コロナウイルス感染者ということで、この中で唯一の第一種感染症指定医療機関である岐阜赤十字病院に入院したのかと予想していましたが、どうやらSNSの情報によると大垣市内にある大垣市民病院に入院しているとのこと。 今回の感染者も早く回復してくれるといいですね。 岐阜県初となる新型コロナウイルス感染報道を聞いた人々の声 今回岐阜県初となる新型コロナウイルス感染者の報道を聞いて、人々から、とくに岐阜県民からの声が多くみられました。 その一部を紹介しましょう。 とうとう岐阜県でもコロナウイルスの感染が確認され、職場は電話が混乱中。 県庁から間違い電話がかかってくるレベル。 県庁大混乱やないの?大変じゃ。 いつわが身かと考えると怖くなってきます。 自分が感染しないためにも、日ごろの予防対策をしっかり行わないといけませんね。

次の

【岐阜県】コロナウイルス感染患者の病院はココ!受け入れ先は感染症指定医療機関?

岐阜 県 の コロナ ウイルス 感染 者

あらゆる機会に、新型コロナウイルスが潜んでいることを意識し、一人ひとりが基本的な感染対策の習慣を身に着け、緩みなく日々を過ごしましょう。 (できるだけ2m。 最低1m) ・在宅勤務や時差出勤を活用しましょう。 ・できる限り予約を取って外出しましょう。 ・マスクの着用 ・仕事や買い物などで外出するときは、必ずマスクを着用しましょう。 ・手洗いの励行 ・帰宅したときや、不特定多数の触れる部分に触った後は、必ず手を洗いましょう。 ・自らの体調管理の徹底 ・検温をはじめ、自らの体調確認を心がけ、体調不良の場合は、無理をして外出・出勤しないようにしましょう。 (注)ナイトクラブ等接待を伴う飲食店、スポーツジムなどの呼気が激しくなる室内運動の場など、感染のおそれが高い場所は特に注意しましょう。 (PDF:756KB) (PDF:447KB) (PDF:219KB) (参考) 新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策等について、随時更新されています。 下記ホームページをご確認ください。 この事務連絡基づき電話や情報通信機器を用いた診療を実施する医療機関について一覧を作成し、公表することとなりましたので、下記の報告についてご協力をお願いします。 ・厚生労働省事務連絡 」(PDF:463KB) 〇 【対象:歯科診療所】 歯科診療における新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器等を用いた診療について 新型コロナウイルス感染症が拡大し、歯科診療において医療機関の受診が困難になりつつあることに鑑みた時限的・特例的な対応として、電話や情報通信機器を用いた診療の取扱いについて厚生労働省から事務連絡がありました。 この事務連絡基づき歯科診療における電話や情報通信機器を用いた診療を実施する医療機関について一覧を作成し、公表することとなりましたので、下記の報告についてご協力をお願いします。 ・厚生労働省事務連絡 (PDF:463KB) ・ 海外渡航歴のある方の診察について 事業者の皆様におかれましては、事業活動の再開や継続にあたり、お客様や従業員を新型コロナウイルス感染症から守るためにも、感染拡大を防止するための対策を徹底していただく必要があります。 このため、岐阜県では「コロナ社会を生き抜く行動指針」を定め、共通して実施していただきたい「共通事項」とともに、施設類型や業態ごとに特に留意いただきたい点を「個別事項」としてお示ししています。 また、国においては業種別ガイドラインが順次公表されています。 これらの指針やガイドライン等を参考として、各事業所・店舗にて、具体的な運営マニュアルを作成いただき、感染防止対策を徹底していただきますようお願いします。 〇 県制度融資「新型コロナウイルス感染症対策資金」の新設と運用開始 新型コロナウイルス感染症の影響により売上等が減少している中小企業者の資金繰りを支援するため、新たに「新型コロナウイルス感染症対策資金」を設置し、3月5日から運用を開始します。 〇 「新型コロナウイルス感染症関連:経済産業省の支援策」について 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策をご案内します。 その他 〇 生活福祉資金貸付制度の特例貸付について 新型コロナウイルス感染症による経済への影響による休業・失業等を理由に、一時的な資金が必要な方を支援するため、岐阜県社会福祉協議会で実施する「生活福祉資金貸付制度」に特例措置を設け、3月25日から受付を開始してします。 〇 生活困窮者自立相談支援窓口のご案内 生活困窮者自立支援制度に基づき県内各地に設置されている相談窓口では、日々の生活のこと、仕事のことなど、専門の相談員がお話を聞かせていただきながら、解決に向けた提案や、解決までのお手伝いをします。 新型コロナウイルス感染症の経済への影響により、収入が減ってしまい、家計が苦しいなど、生活のことでお悩みがありましたら、おひとりで抱え込まずに、お話をお聞かせください。 〇 県営住宅の入居者の方へ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による休職・離職・廃業等により収入が減少した世帯について、減少後の収入に応じた家賃の減免を行います。 協力いただける事業者の情報は、県ホームページ上で紹介させていただきます。 〇 自動車税種別割の減免申請期限を6月30日(火)まで延長します。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、各県税事務所及び自動車税事務所の窓口混雑緩和のため、以下の減免に限り、減免申請期限を延長します。 ) 〇 個人県民税及び個人事業税の申告期限を4月16日(木)まで延長しました。 なお、新型コロナウイルス感染症の影響により期限内に申告することが困難な方につきましては、4月17日(金)以降も柔軟に申告を受け付けます。 〇 新型コロナウイルス感染症の影響により県税の納付が困難な方について 新型コロナウイルス感染症の影響により、県税を一時に納付することが困難な方には徴収猶予の「特例制度」をご案内しておりますので、県税事務所(徴収担当課)にご相談ください。 国税については、下記国税庁ホームページをご確認ください。 ・ 〇 新型コロナウイルスの感染症等に係る寄付金税額控除の特例(個人県民税) 新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止等した文化芸術・スポーツイベントのチケットを払い戻さず、寄付することにより、税優遇(寄付金控除)を受けられます。 対象となるイベントについては、をご確認ください。 市町村民税の寄付金控除の対象となるイベントについては、お住まいの市町村にお尋ねください。 なお、本制度の詳細については、、をご覧ください。

次の

岐阜県のコロナウイルスの感染者数の情報はここで確認できます!

岐阜 県 の コロナ ウイルス 感染 者

岐阜県岐阜市で、店舗型風俗店に勤める20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが発表され、衝撃が走っている。 これまでも「風俗店で感染者がいても不思議ではない」というウワサはあったが、ここまで具体的に発表されることはなかった。 日本におけるコロナ禍は、いまのところ終息に向かいつつあると見られている。 岐阜市の発表によると、女性は岐阜と神奈川に自宅があり、働いていたのは岐阜駅周辺の店舗だという。 7日に頭痛の症状が出始め、9日にPCR検査を受けたところ陽性と判明。 味覚と嗅覚障害の症状も出ていた。 岐阜駅周辺には全国的にも有名なソープ街があるが、店名や業種は明らかになっていない。 風俗ライターは「岐阜にはナマを売りにする店もあって、濃厚サービスに定評があります。 北陸地方からお客さんが来るほど、人気のソープ街です」と指摘する。 感染が拡大しないことを祈るばかりだ。 日本では感染拡大のピークは過ぎたように見えるが、コロナ禍が残した爪痕は深い。 風俗業界はいま、危機的状況になっているという。 「緊急事態宣言が出されていた期間は、例年に比べて売り上げが8割も減りました。 事務所の家賃の支払いにすら困るほどのレベルです」。 こう話すのは、都内のデリヘル関係者だ。 宣言中の営業自粛も考えたが、同業者が営業を続けるということで休業はしなかった。 「ウチだけ閉店したら、働きたい女性たちは営業している店に移籍してしまう。 そうなったら女性がいなくなってしまい、営業を再開しようと思っても、できなくなってしまいます」(前出の関係者) もちろん風俗嬢たちもコロナは怖い。 あるデリヘル嬢は「指名が集まる人気の子は貯金があるのか、緊急事態宣言の最中は出勤しない人が多かったですね。 働く側としては、常連客だけなら信頼感があるのでいいのですが、指名じゃないフリー客がつくのが怖いんですよ。 それでも出勤する子たちは相当な覚悟を決めているか、何も考えてないかですよね」と明かした。 これまで風俗店での感染例が具体的になったケースは多くはなかった。 「実は働いている店と同じエリアにあるデリヘル店に『クラスターが発生した』とウワサになったことがあります。 その店のホームページを確認したら、もう削除されてしまっていた」(前出のデリヘル嬢) 水面下ではコロナの恐怖を感じることが多々あったわけだ。 緊急事態宣言が出る前と後では、明らかに業界内の空気が変わってしまった。 「出勤自粛を続けた女性の中には、もう戻ってこない子も出てきています。 「安定感が違いますよ。 風俗だけではとても不安です」と前出のデリヘル嬢。 いまはコロナが終息に向かっているように映るが、もし第2波が現実になれば自粛ムードに逆戻り。 なかには「特別定額給付金の10万円で風俗通いを復活させよう」という風俗ファンもいるだろうが、女性に感染させないよう、せめて対策だけは怠らないようにしてほしいところだ。

次の