仏壇 お供え ご飯。 お仏壇のご飯のお供えは炊き立てを毎日?本願寺派と大谷派で作法が違う?|仏事のいろは(浄土真宗)と暮らしの雑学

仏壇のご飯は毎日炊きたてをお供えするの?ラップしても良いの?

仏壇 お供え ご飯

仏壇のご飯のお供えの仕方を解説 仏壇にご飯を供える器の呼び方は、 仏飯器(ぶっぱんき)または仏器(ぶっき)と言います。 まず、この仏器にご飯を盛り付ける方法は基本的に自由ですが、 盛り付け方が決まっている宗派があるのです。 浄土真宗本願寺派(お西さん)は、山のように盛ります。 浄土真宗大谷派(お東さん)は、上を平らにして、円柱状に盛ります。 盛曹(モッソー)という、平らに盛る器具を用いると楽に盛れるので オススメです。 ご飯を盛ったら、まずご本尊の前に供え、次に両脇に供えます。 (普段3つご飯を供えるのが大変なので、略式でご本尊の前1つだけ 供える方も多くみえます。 ただしその場合でも、法事の際はきちんと 3つ供えてあげてください。 例外的に両脇の掛け軸が文字だった場合、 そこにはご飯さんを供えないようにおっしゃるご住職さまも居ます。 ) そして最後に合掌、礼拝をしてくださいね。 仏壇のご飯はいつ下げる? お供えをしたご飯を下げるタイミングですが、 長時間お供えしたままにしておくと、ご飯が固くなってお下がりを頂きにくくなってしまいます。 スポンサーリンク 仏壇にお供えしたご飯は湯気がご馳走になりますので、 湯気が無くなった位に硬くならない内に下げてしまってかまいません。 そしてお下がりのご飯を頂いてくださいね。 余談ですが、お位牌の前にもご飯をお供えされる方がみえます。 気持ちがあってされていることなので、悪い事ではないのですが、 ご本尊にお供えしたご飯(お下がり)をご先祖様が頂き、ご先祖様が頂いた お下がりを私達が頂くので、改めてお位牌の前にご飯をお供えする必要はありません。 今まで 「お位牌の前にはご飯が無くて大丈夫なのかな・・・」と 心配されていた方は安心してくださいね。 仏壇のご飯をお供えする回数は? ご飯をお供えする回数についてですが、 普段ご飯を炊いた時、1番にお供えしてあげさえすれば回数は気にする必要はありません。 1日1回ご飯を炊いたら1回だけでOKですし、3回炊いたら3回お供えする形で大丈夫です。 炊かなかった日は無理に用意する必要はありません。 注意点としては、法事の際には必ずその前にご飯を炊いて、お供えしてください。 月参りの際にもできる限りご飯をお供えしたほうがいいと思います。 ご住職さまによっては「こうしてください」と、はっきり助言して頂ける場合も ありますので、その際はご住職さまのお話を優先してくださいね。 まとめ ・ご飯の盛り付け方は浄土真宗以外は特に決まりはない。 ・普段はご飯を真ん中1つだけでしている人も多い、法事の際は3つ。 ・ご飯は湯気が無くなったら下げてOK。 湯気が御馳走。 ・ご飯を炊いた時に一番最初にお供えすればOK。 法事の際は事前に炊いておく。 いかがでしたでしょうか。 ご飯のことに限らず、仏事は奥が深いですね。 どういうふうにするのがいいのか、少しずつでも覚えていくことが大切だと思います。

次の

仏壇のお供えとマナー|毎日のお供えに必要なモノ

仏壇 お供え ご飯

仏壇に供えるご飯は感謝の気持ちです「盛り方」や「供え方」は宗派によって変わります 仏教の基本のお供えである「五供(ごくう)」は、仏壇に線香、花、灯り・お水、ご飯をお供えする供養です。 その内の「ご飯」は、私達も毎日食べるものですから、最も身近なお供え物と言えるかもしれません。 しかし、どうして仏壇にご飯をお供えするのかご存知ですか? 毎日何気なくお供えをしている方もいるかもしれませんが、仏前への正しいご飯の供え方というのはあるのでしょうか? 実はご飯の盛る仏具や仏壇へのご飯の供え方などは、宗派によって作法が異なります。 ここでは、仏壇にご飯をお供えすることの意味やご飯の盛り方、仏壇へのご飯の供え方や下げるタイミングについてご紹介します。 仏壇のご飯は「仏飯(ぶっぱん)」と呼ばれ湯気をお供えして仏様への感謝の気持ちを表すものです 飮食供養 仏様のために仏壇にご飯をお供えすることを「飮食供養(おんじきくよう)」と言います。 飯は私達の生活に必要不可欠なものですが、私達が食べているものと同じものを仏壇にお供えすることで、仏様やご先祖様と繋がることができると言われます。 仏飯 仏壇にお供えするご飯のことを「仏飯(ぶっぱん)」と呼びます。 浄土真宗大谷派では「お仏供(おぶく)」という呼び方を使います。 他にも「香飯(こうはん)」や「お鉢(おはち)」等、地域や宗派によって色々な言い方で呼ばれています。 仏様の食事 仏壇にご飯を供えるのは「仏様の空腹を満たすため」と言いますが、仏様やご先祖様がご飯を食べる訳ではありません。 私達がお供えしているのは「ご飯の湯気」です。 ですから仏壇には湯気が出ている炊きたてのご飯をお供えします。 仏壇にご飯をお供えする意味 仏壇にご飯をお供えする意味は、仏様やご先祖様に私達からの感謝の気持ちを表すためです。 仏前に供えられた炊きたてのご飯は「今日も飢えることなく、元気に美味しくご飯がいただけて感謝しています」という私達から仏様へのメッセージなのです。 仏壇にご飯を供えるときの器を「仏飯器(ぶっぱんき)または「仏器(ぶっき)」と呼びます 仏壇へのご飯は専用の器に盛ってお供えします。 故人が生前使っていたお茶碗に入れてあげたいという方もいますが、あの世では現世のお茶碗は使えないのでお供え用の器を使います。 ご飯を入れる仏飯器(仏器) 仏様用のご飯は「仏飯器」に盛って仏壇に供えます。 仏飯器に足がついて少し高くなっているのは「召し上がっていただく」という敬いの心を表しています。 仏飯器は全ての宗派で使われますが、真宗大谷派では「仏器」と言う名で呼ばれます。 宗派によって異なる仏具 仏飯器を含め仏壇で使われる仏具は、宗派だけでなく菩提寺や地域によって素材や色、紋などの決まり事があったりするので注意が必要です。 中でも知られているのが、主に浄土真宗の本願寺派(西)で使用される黒仏具と、大谷派(東)の金仏具です。 真宗大谷派では、鶴と亀のデザインが施された専用仏具も使われます。 仏壇にお供えする仏飯器の数 仏壇に使う仏飯器の数は仏壇の大きさにもよりますが、浄土真宗以外の宗派では日常の供養では1つ、法事や命日など正式な時には2つ使用するのが一般的です。 浄土真宗では通常は3つ、正式な場では4つが主流とされています。 仏壇にご飯を供える時の盛り方は宗派によって異なります 仏壇にお供えするご飯 仏壇に供えるご飯は、毎朝炊きたての一番飯を盛るのが理想です。 お供えのご飯は朝一番にしますが、もし朝ではなくお昼以降にご飯を炊いたのならその時にお供えしましょう。 たとえ朝一番でも、前の晩から炊飯器で保温されていたご飯をお供えするのは避けましょう。 ご飯の盛り方 仏壇に供えるご飯は私達が大盛りのご飯を食べるときのように、仏飯器に高く丸い形に盛ってお供えするのが一般的です。 しかし浄土真宗の本願寺派と真宗大谷派では、それぞれ特別な盛り方を使います。 本願寺派(西)のご飯の盛り方 本願寺派では「蓮のつぼみ」をイメージした盛り方を使います。 まず仏飯器にご飯を小高く盛ってから、しゃもじの背などを使って蓮のつぼみのような形に整えていきます。 予め仏飯器としゃもじを水で少し濡らしておくとご飯の形が整えやすくなります。 真宗大谷派(東)のご飯の盛り方 大谷派はご飯を「蓮の実」をイメージした円筒形(えんとうけい)の形に盛ります。 蓮の実の形にするために「盛糟(もっそう)」という専用の仏具を使うのですが、ご自宅の仏器の大きさに合わせたサイズの盛糟を選びましょう。 枕飯 ご飯の真ん中に箸を垂直に立ててお供えするのを見たことがあると思いますが、あれは「枕飯(まくらめし」と言ってお通夜や葬儀の時に故人に捧げるご飯の盛り方で、仏壇にお供えする時に箸は立てません。 仏壇にご飯を供える場所も宗派によって多少変わります 仏壇へのご飯の供え方は宗派によっても異なりますが、基本的に浄水(水)と飮食(ご飯)は並べてお供えします。 大きめの仏壇にご飯を供える場合 中型や大型の仏壇は、ご本尊を安置する須弥壇(しゅみだん)の下が3段以上に分かれています。 その場合は上段にお位牌、その下の中段にお水やご飯などのお供え物、下段に三具足やおりん等のお参りに必要なものを置きます。 茶湯器と仏飯器を1つずつ使用する場合は、仏壇に向かって左側にお水が入った茶湯器、右側にご飯を盛った仏飯器を設置します。 仏飯器を2つ使う場合は真ん中にお水を置いて、その左右にご飯、仏飯器が1つで茶湯器が2つの時は、その逆に置きます。 ミニ仏壇にご飯を供える場合 ミニ仏壇は段数が限られているので、手前側に供養に使う具足、その奥の一段高くなった場所にお水とご飯をお供えします。 浄土真宗の場合 追善供養を行わない浄土真宗では、ご飯は故人ではなくご本尊にお供えするものです。 ですからご飯は位牌や過去帳の前ではなく、ご本尊の「阿弥陀如来」もしくは「南無阿弥陀仏の六字名号(ろくじみょうごう)」の前にお供えします。 スペースのある大型仏壇の場合は、ご本尊の両脇にある「脇掛」の前にもご飯をお供えします。 仏壇のご飯は湯気が出なくなったら下げて美味しくいただきましょう 仏壇にご飯をお供えするタイミング 仏壇には毎朝炊きたての最初のご飯をお供えするのが基本です。 仏様やご先祖様にとってはご飯の湯気がご馳走になるので、炊き立ての美味しい湯気を召し上がっていただきます。 仏壇の仏飯を下げるタイミング 一般的に仏壇のご飯は湯気が出なくなったら下げます。 季節や部屋の環境にもよりますが、お供えのご飯の湯気が出なくなるのは15分〜30分程度でしょう。 お供えのご飯を下げた後は 仏壇にお供えしたご飯はずっと置きっぱなしにはせず、仏壇に供えて手を合わせた後に下げて美味しくいただくことが良いと言われます。 ここまで仏壇にご飯を供える作法を色々ご紹介しましたが、そんなに厳格に作法に従う必要はありません。 ご自分の生活スタイルや供養スペースの中で、無理なく日々の供養を続けることの方が大切です。 仏壇にお供えしたご飯を私達がいただく時には、今日も元気にご飯が食べられる事に感謝して手を合わせ美味しくいただきましょう!.

次の

仏壇へのお供えは「五供(ごくう)」が基本!マナーや注意点を紹介

仏壇 お供え ご飯

お仏壇にご飯を供えるのはどうして? まず最初に、仏壇にご飯を供える理由について解説しましょう。 供えるご飯の呼び名は? 仏壇に供えるご飯は仏教では 「飲食」と書き「おんじき」と読みます。 別名では 「仏飯(ぶっぱん)」「御仏飯(おぶっぱん)」「お鉢(おはち)」とも言います。 特に浄土真宗大谷派では「お仏供(おぶく)」と言います。 ご飯を供える意味は? 仏壇にはなぜご飯を供えるのでしょうか。 すぐに頭に思い浮かぶのは、故人や先祖が食事をするため、ということですが、実はそれだけではありません。 仏壇にご飯を供える意味はほかにもあります。 仏壇にご飯を供える意味は、 故人、先祖、そして仏に感謝の気持ちを表すためです。 感謝の気持ちを表すにはまず毎日仏壇に手を合わせることから始まりますが、それ以外に世の中にある大切なものを捧げる、ということによっても可能です。 世の中に大切なものはたくさんありますが、その代表的なものとしてご飯を選んでいるわけです。 そしてご飯を供えることによって、ご飯自体を毎日与えられていることに関しても感謝の気持ちを表しているのです。 絶対にあり得ないことですが、もしもお金が世の中で1番大切なものだと考えるのであれば、お金を仏壇に供えることも理論上は可能だということです。 お仏飯の供え方 ご飯はどのように仏壇に供えればよいのでしょうか。 具体的なマナーと作法を解説します。 器、箸、向き、ご飯の量はどうしたらいい? ご飯を供える場合の作法は以下の通りです。 ご飯の盛り方と量は? ご飯はご飯茶碗ではなく、専用の 仏飯器に盛りましょう。 盛り方は普段、自分たちが食べる時と同じイメージで行えば大丈夫です。 ただし同じ仏教の中でも、浄土真宗のお西と呼ばれる本願寺派と、お東と呼ばれる大谷派は盛り方が異なります。 本願寺派の場合は、蓮のつぼみを想定した盛り方として、物販器にご飯をこんもりと小高く盛ります。 さらにご飯の形を蓮のつぼみにするため、仏飯器にご飯を盛った後、しゃもじの背で形を整えます。 大谷派の場合は同じ蓮でも実の方を想定した盛り方になります。 具体的には「円筒形(えんとうけい)」です。 これはしゃもじでは形を作ることが難しいので 「盛糟(もっそう)」という仏器を仏飯器に載せて、ご飯を盛ります。 ですから盛糟は物販器とサイズが一致している必要があります。 ご飯を盛る器は? ご飯を供える器を仏教では 仏飯器と言い、浄土真宗大谷派では仏器と言います。 そして仏飯器は仏器膳の上に置きます。 これに関しても浄土真宗では仏器台の上に置くなど異なります。 故人は既にこの世の存在ではありませんから、在世の間に使用していたものは基本的には使いません。 したがって仏飯器を必ず使いましょう。 供える仏飯器の数にも作法があります。 浄土真宗以外の仏教の場合、正式には2個です。 しかし現実には1個を供えている場合はほとんどなので、必ずしも1個だからマナー違反だということはありません。 これに対して浄土真宗の場合は、仏飯器は3個置くのが作法です。 また仏飯器は、宗派によってどのような素材、色、門にするかが異なります。 そのマナーはさらに地域やお寺によっても異なります。 ですから仏飯器を購入する場合は、菩提寺に確認してからにしましょう。 さらにご飯以外を供える場合は以下のような容器を用います。 ・味噌汁や吸い物:汁椀 ・野菜の煮物:平皿 ・和え物もしくはお浸し、酢の物:壺椀 ・酢の物もしくはお漬物:高坏(たかつき) 箸はご飯に立てるの? 故人に供えるご飯というとご飯の真ん中に箸を立てるイメージがありますが、 仏壇に供える場合に箸は立てません。 ご飯に箸を立てる作法は、 枕飯と言って、亡くなった故人を火葬する前に、安置している枕元に供える場合にのみ行います。 枕飯の具体的な作法は、故人が生前に使用していたお茶碗にご飯を山盛りにして持って、そこに箸を突き立て、枕元に供えるということです。 枕飯ではなく仏壇にご飯を供える際には、箸はご飯の前に置きます。 箸の向きには諸説ありますが、僧侶はご飯を食べる際には、食べる前には箸の先が右側に来るようにし、食べ終わったら左向きに置いていますから、それをならって橋の先を右側に置くのが適切でしょう。 また故人が食べる時に困らないように、割箸の場合は必ず割って並べましょう。 ご飯をお供えする向きと場所は? ご飯は故人へのお供えであると同時に、仏壇の場合は仏壇の本尊である仏へのお供えになります。 したがってご飯は 本尊である阿弥陀如来などの仏像の前に供えましょう。 大型の仏壇の場合は、ご本尊の両脇にある「お脇掛(おわきがけ)」の前にも供えることが作法です。 ご飯の脇には水も供えます。 ご飯と水の左右の位置は宗派によっても異なりますが、一般的には向かって左側が水、右側がご飯です。 おかずとお供えしてもいい? ご飯を供える場合、故人への供養だと考えると、故人が好きだったおかずを供えたり、故人になっても家族といつも一緒にいてくれるという思いから家族が食べているおかずを食事の時に一緒に供えたりすることがあるかもしれません。 これは作法の上で問題ないのでしょうか。 仏壇が自宅にある最大の理由は、いつでも故人を供養できるようにするためです。 ですから故人が喜ぶことであればどのようなものを供えても基本的には問題ありません。 したがって 故人が好んでいたおかずなどを供えることはむしろ積極的にしたほうが良いでしょう。 ただし、厳密に言うと、故人に供える料理は 精進料理である必要があります。 したがって肉、魚などの殺生を思わせるもの、卵など生命が宿っているもの、さらに香りの強いネギなどは使えません。 細かい話ですが、魚の出汁もNGです。 しかし現代においてこの作法を厳格に守ることはほぼ困難ですから、ネギなどの野菜や魚の出汁を使った料理はそのまま供えてもよいでしょう。 また肉や魚の場合は、仏壇の中には入れず、仏壇の前に 小机などを出してその上に供えることができればベストです。 野菜料理を出す場合は、品目は五種と言われますが、これに関してもこだわらなくてよいでしょう。 炊き込みご飯をお供えしてもいい? ご飯を供える場合、その日の食事が色のついた炊き込みご飯などの場合、わざわざ仏壇のために白いご飯も炊かなければならないのでしょうか。 この点に関しては白飯を基本としながらも、 炊き込みご飯を供えても問題ありません。 また仏壇の開眼供養などをする場合は、めでたいことなので赤飯にすることが一般的です。 さらにご飯である必要もありません。 特に最近はパン食が増えていますから、その場合はパンを供えても問題ありません。 故人がパンとコーヒーを毎朝とっていた場合は、パンとコーヒーを供えればむしろ喜んでくれるでしょう。 またおやつなどを食べる時には、まず仏壇に1回供えてお参りをし、そのあと下げて家族で食べるというのも、故人にとっては大きな供養になります。 お供えするタイミングと下げるタイミング 仏壇にご飯を供えるタイミングはどうしたらよいのでしょうか。 ご飯を供えるタイミング ご飯を供えるタイミングは一般的には 朝です。 朝、ご飯を炊いたときに、 家族に出す前にまず最初のご飯を仏飯にしましょう。 この炊き立てということが実は大切です。 なぜなら、仏や先祖、故人にとって何よりのごちそうはご飯の湯気だからです。 しかし朝、ご飯が供えられない場合はどうしたらよいのでしょうか。 厳密な仏教の戒律によれば、午後は食事をしてはいけないことになっています。 したがって朝1番でご飯を出せない場合は、午前中に供えましょう。 ただし現実には生きている僧侶も午後に夕食を食べていますから、この点に関してはこだわらなくてもよいでしょう。 ご飯を下げるタイミング 仏、先祖、故人にとって1番のごちうそうはご飯の湯気です。 ですから 湯気が出なくなったらご飯を下げましょう。 しかし朝の忙しい時間に、ご飯が冷めて湯気が出なくなるまで待っていることなかなか難しいでしょうから、そういう場合は、出勤前にご飯を供え、 帰宅した夕方にご飯を下げても問題ありません。 ただし夏場など暑い時期や、生鮮食品を供えた場合、傷むことが早いので、ご飯やおかずを供えたら、すぐにお参りをして、続いて下げてしまっても大丈夫です。 お供えする期間は? 供養の気持ちがある間は、ずっとご飯を供えることは問題ないばかりかむしろ推奨されることです。 しかしずっとご飯を供え続けることが難しいようであれば、法要上必須となるのは、納骨するまでの間です。 一般的には四十九日法要で納骨しますから、それが済むまでは毎日ご飯を供えましょう。 下げたご飯は食べるの? それでは、ご先祖様にお供えしたご飯はその後どうすればいいでしょうか。 下げた後に食べるのがベスト 供えたご飯は、下げた後に家族で同じものを 食べることを通じて供養するのが理想です。 しかし下げるタイミングによっては、ご飯が冷めて固くなってしまうでしょうから、その時には捨てても問題ありません。 捨て方は、単にゴミ箱に、ということでも大丈夫ですが、できれば地面の上に捨てて土に返したり、庭にいる鳥や虫に食べてもらうことが望ましいです。 下げたあとに食べるためにラップをかけてもいい? ただし下げたあとに家族で食べるために、ご飯やおかずに ラップをかけることは避けましょう。 なぜならラップをかけてしまうと、仏や故人が食べられないので、せっかくの仏飯が供養にならなくなってしまうからです。 まとめ 普段何気なく仏壇に供えていたご飯にも、供える作法があることがお分かりいただけたでしょうか。 しかし、仏壇に故人を祀って供養する時に1番大切なことは、故人の菩提を弔い、故人と対話をしようとする気持ち自体です。 ですから、あまり作法にはこだわりすぎず、自分の供養したい気持ちに沿ってご飯やそのほかのものを、可能な範囲で供えればそれで十分でしょう。

次の