花 より 男子 二 次 小説。 新たな道へ 15

新たな道へ 8

花 より 男子 二 次 小説

一緒に朝飯食おうぜ』 「……え!?」 つくしはあきらと朝食を食べる。 それは、始まりの一日。 閲覧は自己責任でお願いします。 一緒に食べましょうよ」 拉致される勢いで連れてこられた美作邸には、胸の痛くなるたくさんの思い出があった。 閲覧は自己責任でお願いします。 14P• ひとつずつは頼りなげな小さな光。 でもそのすべての存在を認めたら、それは圧倒的な力を持って降り注いでくる。 己の想いの行く先を認めるのは怖いけれど。 閲覧は自己責任でお願いします。 11P• それは特別なことではなく、いつもの光景。 つくしの大学生活は、三年目に突入していた。 そんなつくしのに、心が凍りつくような出来事が起こる。 閲覧は自己責任でお願いします。 11P• もわんとした外気に包まれる瞬間を覚悟して、和菓子屋の裏口から外に踏み出したつくしだったが、思ったよりも暑さはずっと引けていた。 暦は八月を駆け抜けて、あっという間に九月に入った。 大学三年のつくしの夏の終わりの物語。 きちんと自覚した心は煌めいて。 閲覧は自己責任でお願いします。 10P• 秋が芽吹く想いを連れてくるのか。 色づき始める親友達の恋を見守る男の物語。 閲覧は自己責任でお願いします。 晴れとも曇りともいえない曖昧な色を広げる空。 パラパラと、雨のような音がする。 「何?」と見上げたつくしの目の前を、音の正体が舞い落ちた。 英徳の敷地内の古びた図書館。 秋の日にふさわしいデートは心弾むには十分で。 でも秋の寒さは不安もつれてくるから。 閲覧は自己責任でお願いします。 11P• おまえは、どんな顔をする? 俺達には、どんな明日が待ってる? 雨に滲んだ昨日とは、違う色が見えるかな。 冬の寒さをかき消す想いがここにある。 閲覧は自己責任でお願いします。 連載中• 20P• 目を覚ましたつくしが一番最初に気になったのは、窓の外の世界だった。 冬ともなれば、朝はいつでも冷えているが、今日の冷え方はいつもとは少し違う気がする。 ベッドから抜け出したつくしは、寒さにぷるりと身体を震わせた。 つくしの冬に広がるのは、白き優しき世界。 閲覧は自己責任でお願いします。 連載中• 13P• 育った環境も金銭感覚も、もろもろすべてがあまりにも違うこの女は、扱いづらいことこの上ない。 けれど、俺の心を掴んで放さない。 何年経っても、どれだけ離れていても、どれだけ会わなくても。 司の冬は、終わりの始まり。 閲覧は自己責任でお願いします。 閲覧は自己責任でお願いします。 明日から、つくしは四年生になり、大学生活最後の一年を迎える。 春がきた。 それぞれが踏み出す、春がきた。 閲覧は自己責任でお願いします。 研修先のイギリスから日本に戻って驚いたのは、街のあちこちから春の匂いがすることだった。 日本を発った時には、まだまだ冬の匂いが残っていて、春はその足音くらいしか感じられなかったのに、それがこの十日間で急速に変化を遂げていた。 季節の廻りはこんなにも早いものだっただろうかと眺めていたら、薄紅色の木が目に止まった。 学生から社会人へ。 あきらの春は、ゆるゆると。 閲覧は自己責任でお願いします。 53P• ずっとずっと、穏やかな日常がありますように。 そしていつか、本物の春が来ますように。 閲覧は自己責任でお願いします。 最初はブラックで。 でもカップ半分くらいになると必ず砂糖をスプーン一杯入れた。 思い出の先にあるものは。 閲覧は自己責任でお願いします。

次の

はなみずき さんの小説一覧

花 より 男子 二 次 小説

<1.さよなら大好きな人> 「元気で」 その言葉に、一瞬言葉を失ったかのような司の表情を、つくしはたぶん一生忘れないだろうと思った。 「さよなら」は言いたくなかった。 本当は「さよなら」なんだけど、言いたくなかった。 本当は、「ありがとう」と言いたかった。 でも、 「元気でいてほしい」それが、口からでた言葉だった。 精一杯の笑顔で「元気で……」そう言ったつくしに、司が返した言葉も「ああ、おまえもな」だった。 自分と同じように笑ってはくれなかったけれど、そう答えてくれた司に満足して、その瞬間に、彼に背を向ける。 これ以上、言葉を交わすと、言わなくていいことまで告げてしまいそうな気がしたから。 つくしは、自分のこころのなかに溢れ出る想いが、未練を感じさせる言葉となって自分の口から流れ出ることを恐れた。 背を向けた瞬間に、自分の身体から力が抜けていくような気がして、精一杯、背筋を伸ばす。 足がガクガクと震えそうだった。 司の視線がまっすぐに、自分の背中に向かっているのを熱く痛いほどに感じて、おもわず振り返りそうになる。 振り返って、駆け寄って、そして両腕のなかにしっかりと抱きしめて。 「ごめんなさい」と。 「愛している」と。 もう一度、告げてしまいたくなる。 そんな自分の感情を、ぐっと胸の奥に押さえ込み、つくしは前を向いて、歩き出した。 司は追いかけてはこないだろう。 つくしにはわかっていた。 それは、きっと、彼の想いが、自分と同じだとわかっていたから。 だから、まだ振り返ってはだめ。 つくしは、まっすぐに背を伸ばしたまま、司のもとを離れていく。 あの交差点の角まで。 本当は、多くの人が行きかう舗道。 いくら深夜に近いとはいえ、きっと数メートルも歩けば、司の視線から自分は消える。 だけど、彼の前にいるあいだは、凛とした姿でいたかった。 つくしは大きな交差点を渡り、角を右へ曲がる。 その瞬間、全身がぐらりと揺れたような気がして、おもわず両手で顔を覆った。 足が、ガクガクと震え、立っているのが辛くて、その場にしゃがみ込む。 行き交う人の幾人かが、ちらちらとつくしのほうをみていくのがわかったが、誰も声をかけてはこなかった。 「終わっちゃった……」 目が回るような、宙を浮遊しているような不思議な感覚がしばらく続いたけれど、不思議と涙は出てこなかった。 ただ、虚しさとあっけなさ。 自分を支える拠りどころをなくしてしまった虚脱感が襲ってくる。 こんなにも、あっけないものなんだ。 不思議だった。 ふたりの関係をつくりあげるまでにかかった時間に比べて、壊すのはなんて簡単なんだろう。 しばらく、そのままじっと眩暈が治まるのを待つ。 携帯を取り出し、時間をみると11時を過ぎていた。 「帰らなくちゃ」 そう、口に出してみるものの、すべてが終わった世界に出て行くような気がして、そのまま動けない。 今までだって、司がいなくても大丈夫だった。 司と気持ちが通じあってから、何度かの「別れ」はあった。 けれど、それは「距離」と「時間」という別れであって、今日のそれとは違う。 考えて、考えて、そして出した結論なのに、やはり悲しさを、苦しさを感じないわけにはいかなかった。 無意識に携帯電話の、アドレス帳を順番に辿っていく。 しばらく考えて、それから、またアドレスをピピピッと変える。 ふと、つくしの指が止まった。 今、誰かに甘えたら、あたしは、本当にダメになる。 ひとりで超えなきゃいけない夜もあるんだと、いつか誰かが、歌ってた。 あたしにとって、その夜は今日以外にない。 つくしは、ゆっくりと立ち上がると、再び歩き始めた。 更新日:2013-04-21 11:56:26•

次の

二次小説 人気ブログランキングとブログ検索

花 より 男子 二 次 小説

<1.さよなら大好きな人> 「元気で」 その言葉に、一瞬言葉を失ったかのような司の表情を、つくしはたぶん一生忘れないだろうと思った。 「さよなら」は言いたくなかった。 本当は「さよなら」なんだけど、言いたくなかった。 本当は、「ありがとう」と言いたかった。 でも、 「元気でいてほしい」それが、口からでた言葉だった。 精一杯の笑顔で「元気で……」そう言ったつくしに、司が返した言葉も「ああ、おまえもな」だった。 自分と同じように笑ってはくれなかったけれど、そう答えてくれた司に満足して、その瞬間に、彼に背を向ける。 これ以上、言葉を交わすと、言わなくていいことまで告げてしまいそうな気がしたから。 つくしは、自分のこころのなかに溢れ出る想いが、未練を感じさせる言葉となって自分の口から流れ出ることを恐れた。 背を向けた瞬間に、自分の身体から力が抜けていくような気がして、精一杯、背筋を伸ばす。 足がガクガクと震えそうだった。 司の視線がまっすぐに、自分の背中に向かっているのを熱く痛いほどに感じて、おもわず振り返りそうになる。 振り返って、駆け寄って、そして両腕のなかにしっかりと抱きしめて。 「ごめんなさい」と。 「愛している」と。 もう一度、告げてしまいたくなる。 そんな自分の感情を、ぐっと胸の奥に押さえ込み、つくしは前を向いて、歩き出した。 司は追いかけてはこないだろう。 つくしにはわかっていた。 それは、きっと、彼の想いが、自分と同じだとわかっていたから。 だから、まだ振り返ってはだめ。 つくしは、まっすぐに背を伸ばしたまま、司のもとを離れていく。 あの交差点の角まで。 本当は、多くの人が行きかう舗道。 いくら深夜に近いとはいえ、きっと数メートルも歩けば、司の視線から自分は消える。 だけど、彼の前にいるあいだは、凛とした姿でいたかった。 つくしは大きな交差点を渡り、角を右へ曲がる。 その瞬間、全身がぐらりと揺れたような気がして、おもわず両手で顔を覆った。 足が、ガクガクと震え、立っているのが辛くて、その場にしゃがみ込む。 行き交う人の幾人かが、ちらちらとつくしのほうをみていくのがわかったが、誰も声をかけてはこなかった。 「終わっちゃった……」 目が回るような、宙を浮遊しているような不思議な感覚がしばらく続いたけれど、不思議と涙は出てこなかった。 ただ、虚しさとあっけなさ。 自分を支える拠りどころをなくしてしまった虚脱感が襲ってくる。 こんなにも、あっけないものなんだ。 不思議だった。 ふたりの関係をつくりあげるまでにかかった時間に比べて、壊すのはなんて簡単なんだろう。 しばらく、そのままじっと眩暈が治まるのを待つ。 携帯を取り出し、時間をみると11時を過ぎていた。 「帰らなくちゃ」 そう、口に出してみるものの、すべてが終わった世界に出て行くような気がして、そのまま動けない。 今までだって、司がいなくても大丈夫だった。 司と気持ちが通じあってから、何度かの「別れ」はあった。 けれど、それは「距離」と「時間」という別れであって、今日のそれとは違う。 考えて、考えて、そして出した結論なのに、やはり悲しさを、苦しさを感じないわけにはいかなかった。 無意識に携帯電話の、アドレス帳を順番に辿っていく。 しばらく考えて、それから、またアドレスをピピピッと変える。 ふと、つくしの指が止まった。 今、誰かに甘えたら、あたしは、本当にダメになる。 ひとりで超えなきゃいけない夜もあるんだと、いつか誰かが、歌ってた。 あたしにとって、その夜は今日以外にない。 つくしは、ゆっくりと立ち上がると、再び歩き始めた。 更新日:2013-04-21 11:56:26•

次の