ご利用料金の支払い確認が取れておりません。 【詐欺】ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中に・・

0663100084 06

ご利用料金の支払い確認が取れておりません

お支払い総額 商品代金(税込)合計+送料(500円) 取り扱いカード VISA・MASTER・JCB・AMEX・Diners お支払い方法 分割(1回、3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回払い)、リボ払い 日本国外の会社が発行するカードは1回払いのみとなります。 また、カード発行会社との契約内容により通信販売の取扱いができない場合がございます。 備考 ・当店ではセキュリティ上の配慮からクレジットカード利用控は原則としてお送りしておりません。 カード会社から送付されますご利用明細をご確認ください。 ・弊社ではSSLというシステムを利用しておりますのでご安心下さい。 カード番号は暗号化されて送信されます。 ご安心下さい。 ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さいませ。 備考 ・当店からお送りするメールに記載の金額を、商品配送時にご用意ください。 ・商品注文日より、7日以上経過した日時のお届け指定はお受け出来ません。 配送ご指定日はご注文より7日以内の日付でお願いします。 ・リングサイズ等のお直しをご希望の場合は、代金お支払い後のみお受けしておりますので、代金引換便でのお支払いはお受けできません。 ご注意 ・代金引換便は現金でのお支払いのみ可能です。 クレジットカードでの引き換え便は対応しておりませんのでご了承下さい。 ご不明な点がございましたらお問い合わせ下さいませ。 備考 ・当店からお送りするメールに記載の金額を、商品配送時にご用意ください。 ・商品注文日より、7日以上経過した日時のお届け指定はお受け出来ません。 配送ご指定日はご注文より7日以内の日付でお願いします。 ・リングサイズ等のお直しをご希望の場合は、代金お支払い後のみお受けしておりますので、代金引換便でのお支払いはお受けできません。 ご注意 ・代金引換便は現金でのお支払いのみ可能です。 クレジットカードでの引き換え便は対応しておりませんのでご了承下さい。

次の

料金・お支払い方法 / 幸せの扉を開く電話占い feliz

ご利用料金の支払い確認が取れておりません

請求書が届きましたが、その料金をクレジットカードで支払うことはできますか? メールや郵送でご案内しているご請求については『 』 から クレジットカードによる支払いができます。 お支払い方法につきましては、『 』 のマニュアルを ご確認いただけますようお願いいたします。 「クレジット支払い」 ボタンが表示していない場合• 支払い方法を「クレジット払い」でご利用の場合、 請求月の25日頃に自動決済されるため 「クレジット支払い」ボタンは表示されません。 自動決済が不能になった場合のみボタンを表示します。 支払い欄が「済」になっている場合、お支払い済みのためボタンは表示しません。 更新請求で、 支払い期限より2ヶ月が過ぎたものは、お支払いできません。 更新が可能かどうかの確認や、お支払い方法は 『 』 にお問い合わせください。 「お試し期間」 がないサービスをご利用の場合• 営業日の16時までにお手続いただいた場合、当営業日の入金確認となります。 16時を過ぎたお手続の場合、翌営業日の入金確認となります。 「お試し期間」 があるサービスをご利用の場合は、決済後1時間ほどで本登録になります。

次の

【詐欺】ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。本日中に・・

ご利用料金の支払い確認が取れておりません

【弁護士監修】支払催促の記載例文4パターン 支払催促の記載例を債権内容に合わせ4パターン作成しました。 【】 【】 【】 【 】 あなたのご状況に合わせて参考にしてください。 相手に支払を行ったか、確認を行ってもらう際の催促状のテンプレートです。 個人間の債権回収で幅広く利用できます。 今一度ご送金を完了されたかご確認いただきたく存じます。 何かの手違いかとは存じますが、念のためご確認の上、至急ご送金いただきますようお願い申し上げます。 ご送金が本状と行き違いになってしまいましたら、ご容赦願います。 敬具 作成する際は、高圧的な文章は避けましょう。 内容によっては脅迫に該当したり、相手の態度をより硬化させてしまったりする恐れがあるからです。 必要事項のみ記載するようにしましょう。 先日は弊社のサービスをご利用いただきまして、有難うございました。 誠に恐縮ですが、今一度ご送金を完了されたかご確認いただきたく存じます。 何かの手違いかとは存じますが、念のためご確認の上、至急ご送金いただきますようお願い申し上げます。 ご送金が本状と行き違いになってしまいましたら、ご容赦願います。 日頃より、格別のお引き立てを賜り、深謝いたしております。 さて、早速ではありまが、令和 年 月 日付にてご請求いたしました 月分売掛金のお支払いにつきまして、本日時点で入金の確認でできておりません。 貴社との契約では売掛金は、請求月の翌月末日毎にお支払いいただけることになっておりますが、弊社といたしましても経理上の都合がありますので、お支払いいただきますようお願い申し上げます。 平素は、当協会の活動にご尽力とご支援を賜り、深く感謝しております。 何かとご多用中とは存じますが、お急ぎお振込みいただきますようお願い申し上げます。 なお、念のためではありますがお振込み用紙を本状に同封いたします。 お振込みの際には、こちらをお使いいただいても結構です。 敬具 月額の会費を滞納されている場合は、何月分が滞納されているのか明確にし、月額と合計を両方記載するようにしましょう。 債権回収は、タイミングと交渉方法が重要になります。 時効が成立してしまうと、 弁護士でも回収できません。 いつまでも返済されない方は、できるだけ早い段階でご相談ください。 債権回収が得意な弁護士に相談する 北海道・東北 関東 北陸・甲信越 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄 支払催促の必要記載事項 支払催促の大まかなイメージは把握できたかと思います。 では、必ず記載すべき項目について具体的にご紹介します。 先方からお詫びや支払い日の連絡があった場合にも、どの催促状に関するものであるのかを特定することが出来ます。 先方の支店名、部署名まで記載する場合もあります。 行き違いにご入金の際は何卒ご容赦下さい。 」というように、こちらがいつ最終的に入金の確認をしたのか、また、支払催促状が先方に届くまでの間に入金されることも想定して、お詫びの一文を記載しておくと良いでしょう。 支払催促を送付方法とポイント 支払催促の場合、一般的には普通郵便で送付し、封筒なども決まっておりません。 法人から個人へ送付する場合は、会社の封筒を使用し、個人から法人もしくは個人へ送付する場合は、一般的な茶封筒を利用しましょう。 ここでは、送付に関するポイントをご紹介します。 同封する書類の確認 支払催促状を郵送する際には、「再発行」という朱印を押して請求書のコピーを同封すると、わかりやすいでしょう。 「再発行」や「写」の印鑑が無い場合には朱書(赤い字で書くこと)を行います。 封筒の表書き 支払催促状を郵送する再は、催促状を入れる封筒の表書きには「催促状」や「請求書」、「お支払いに関する重要なお知らせ」と朱書し、専用の印鑑があればそれを用いましょう。 支払催促・支払督促・督促の違い 「支払催促」と「支払い督促」、「督促状」は、すべて名称が似ていますが、内容が異なります。 具体的には、下図の通りです。 では、具体的にご紹介します。 支払催促と支払督促の違い 支払催促はご自身で催促状を作成し、送付することで支払いを催促する債権回収になります。 一方支払督促は、法的手段による債権回収の方法であり、裁判所へ申立をすることで裁判所が代わりに債務者へ督促の通知をする手続きです。 このように、両方とも払うようにと通告する手続きですので、強制的に支払わせるような法的な拘束力はありません。 ただし、支払督促裁は判所から催促してもらうことで、相手へ強いプレッシャーを与えることができることと、支払督促後は、裁判を行わず強制執行できるなどのメリットがあります。 もっとも、滞納期間が短かったり、相手の気分を損ねたくないし金額もわずかであったりする場合、自分で作成できる支払催促状の送付がおすすめです。 支払催促と督促のちがい 督促は、支払催促と同じように支払いを促す目的のものです。 一般的に督促状は、裁判申立の一歩手前のような状態に送付するもので、応じない場合は法的手段に出るという内容が記載され、内容証明郵便を利用します。 ただし、状況によっては催促状を省略しいきなり督促状を送付するケースもあります。 弁護士に依頼する場合は、すべて督促状になります。 【成功事例1】 催促しても、無視され支払いを拒否され続けたケース。 弁護士から内容証明送付と督促の連絡を行ったところ、 すぐに全額支払いに応じてきました。 結果、裁判もなく全額回収に成功しました。 【成功事例2】 内容証明を送って催促しても、返済されないケース。 弁護士作成による内容証明を送付したところ、未払いであった 売掛金を一括弁済することに応じてきました。 このように、弁護士に内容証明を作成・送付してもらうことで、 スピーディーな債権回収を実現できる可能性が高まります。 まとめ 催促状は滞納し始めた時期に相手へ支払いを促すもので、基本的に法的処分について記載しません。 相手へのプレッシャーが弱いですが、本当に少額な債権やできるだけ穏便に終わらせたい相手等への初期対応として有効です。 もし、長期間滞納されていたり、債権額が大きかったりすることでお悩みの方は、いきなり督促状を送付することをおすすめします。 もし、相手が何度も督促状を無視するようであれば、弁護士に相談することが解決への近道です。

次の