胃もたれ 寝方。 胃もたれの原因と症状は?即効く治し方!食べ物・ツボ・薬は?

胃もたれ復活法はプチ断食と寝方にあり

胃もたれ 寝方

胃もたれの 症状 まず胃もたれの症状について見ていきます。 本来であれば、胃酸により消化された食べ物が胃から次の臓器となる十二指腸へと流れます。 しかし食べた物が消化不良を起こすと、十二指腸にまで届かずに胃の中に留まって胃もたれを発症させます。 胃もたれの主な症状としては、次の通りです。 胃のむかつき、食欲不振、消化不良、痛み、腹部膨満感(お腹の張り)、重い感じ、吐き気、げっぷなど 似たような症状として 胸やけがありますが、胸やけの場合は胃の上部や食道に胃酸が戻ることで、その辺りが焼けるように熱くなる症状です。 この場合は、 胃に異常があるというよりも 食道が炎症を起こす逆流性食道炎の可能性があります。 逆流性食道炎については、こちらに詳しくまとめています。 胃もたれの原因 次に原因について見ていきます。 胃もたれの症状を見ておわかりかと思いますが、様々な症状があります。 その症状により原因も違ってきますので、自分の症状がどれに当てはまるのかを参考にしてください。 食事 近年になって様々な病気の原因とされているのが日本人の 『欧米食化』ですね。 この欧米食がなぜ胃もたれを発症させるのかというと、 肉類やスナック菓子などの油分や脂質の多い食べ物というのは胃酸を過剰に分泌させてしまい、胃もたれの原因となります。 不規則な生活 食事を摂る時間が毎日違ったり、寝る直前に消化しにくいものを食べたり、 暴飲暴食・睡眠不足などなど規則正しい生活をしていないと胃もたれの原因となります。 生活習慣病にもなりかねないので気をつける必要があります。 加齢 若いうちは臓器も元気なので、 胃のぜん動運動という機能も活発に動き消化するのも早いですが、年齢を重ねるにつれてその働きも 低下します。 それにより、胃の中で消化しきれなかったものが溜まり胃もたれの原因となります。 運動不足 普段からの運動量が少なければ食べ物の消化が遅く、 エネルギーとして消費しないことはご存じだと思います。 寝ている時ほどではありませんが、やはり 運動=胃の運動ということになります。 運動不足と同時に、悪い姿勢も胃腸に負担を与えて胃もたれの原因となります。 胃酸の出過ぎ 胃酸の出過ぎというとイメージできるのは胃腸炎や逆流性食道炎ですが、これらは胃から上へ向かって戻されていくことで発症しますが、胃もたれの場合はこれの逆を意味します。 胃で消化しきれなかったものが腸へ届くと 腸は胃ほどの消化力はないため、次に 胃から腸へ送られる働きを止めようとします。 風邪 風邪の時にも当然ながら胃に負担のかかるものは食べれませんね。 胃腸風邪という症状もあるほどですが、発熱だけでなく 腹痛や吐き気・嘔吐にまで及びます。 また 風邪薬なども胃に負担をかけるので、病院では胃薬も一緒に処方されるほどです。 胃もたれと発熱がある場合には、風邪の疑いもあります。 ストレス ストレスというと精神的・身体的な病ですが、そのストレスを感じさせる機能に自律神経というものがあります。 普段、自律神経は 交感神経と副交感神経をバランスよく保っていますが、ストレスを感じることでこの バランスが乱れて自律神経と密接な関係にある 胃に影響を与えることになります。 機能性ディスペプシア 原因不明の胃痛・胃もたれのことを言います。 胃に不快感を覚えるが、内視鏡による検査などでは 病名を特定できない時にこう呼ばれます。 機能性ディスペプシアについて、若年層は 痛みを感じますが中高年層になると 腹部膨満感や胃もたれを感じます。 スポンサーリンク 胃もたれの解消法 胃もたれの解消について、どんな方法があるのかを見ていきます。 解消法の基本としては、原因に対して逆のことをすれば良いという認識で大丈夫です。 その中でも具体的に何をすれば良いか、代表的なことについて触れておきます。 食べ物 胃に良い食べ物は、こちらの記事に詳しく書いていますのでご覧ください。 食べて良い物とダメな物について具体的に触れていますので、お役に立つと思います。 ヨーグルト 食べ物の中でも特筆しておきたいのが、ヨーグルトの存在です。 ヨーグルトというと、風邪や花粉症などのアレルギーに対して効果があることは有名な話です。 その背景には 乳酸菌によって腸内細菌が整えられることと、食べた後の経路である食道や胃に 粘膜を張って保護してくれるという、主に2つの理由があります。 毎日もしくは 定期的に食べる(または飲む)ことによって胃もたれを防ぎましょう。 温めて食べると胃への負担も軽くなります。 こちらの『ちょーぐると』は日本人のために作られたヨーグルトです。 ツボ 胃もたれが起きた時に 即効性のある対処としては、ツボを押すことが挙げられます。 耳のツボを刺激する 『胃点(いてん)』、手首のやや下辺りを刺激する 『内関(ないかん)』、みぞおち辺りを刺激する 『中脘(ちゅうかん)』、ひざのやや下辺りを刺激する 『足三里(あしさんり)』、腰あたりを刺激する 『胃兪(いゆ)』、ひざ下の外側辺りをを刺激する 『陽陵泉(ようりょうせん)』、手の外側を刺激する 『合谷(ごうこく)』などが効果的です。 こちらの動画で実際のやり方をご覧ください。 薬 胃薬(市販薬)は真っ先に頼りたい解消法と言えますが、今の症状はどの薬が最適なのか間違えないように選びたいものですね。 朝起きた時の胃もたれには 『セルベール整胃錠』『大正漢方胃腸薬』、 食後の胃もたれには 『新キャベ2コーワ』『大田胃酸A』、 胃痛をともなう胃もたれには 『スクラート胃腸薬』『第一三共胃腸薬グリーン』、胃酸が出過ぎて 胸やけ・胃もたれには 『サクロン』『新センロック』が症状別の代表的な胃薬です。 ストレス発散 胃とストレスが密接な関係であることは原因のところでお伝えしましたが、その解消には様々あります。 こちらの記事にストレスとの関係だけでなく、色んな解消法について書いていますのでご覧ください。 寝る姿勢 食べた後すぐに横になることはオススメできませんが、どうしても横になりたい場合などのために参考にしてください。 体内の仕組みとして、 胃から十二指腸に流れる向きが右側になっています。 それを踏まえて横になる際はあお向けやうつ伏せで寝るのではなく、 右を向いた状態(右腕を下にした寝かた)を意識してください。 寝る姿勢を気をつけるだけで消化を助けてくれます。 逆流性胃腸炎の症状の一つでもある胃もたれですが、逆流性胃腸炎についての症状や対策はこちらにまとめています。 まとめると以下の通りになります。 ・胃もたれは消化不良となり、食べた物が胃に残るので『むかつき』『げっぷ』『お腹の張り』のなどの症状が現れる ・胃もたれの原因には、食事や年齢の影響もあるが、運動不足やストレスなどの生活習慣病・現代病などが挙げられる ・胃もたれの解消法は、原因の改善とともに食べ物を中心にその症状によって即効性のある解消法を試してみる.

次の

胃もたれしてムカムカする…。即効で治す方法はあるの?

胃もたれ 寝方

この記事の目次• 右向きと左向きで違ってくること 仰向けやうつ伏せで寝るのが苦手で、左向きまたは右向きで、横向きの姿勢で寝ているという人も多いようですが、その理由は私たちの胎内記憶にあるのかもしれません。 母親の胎内にいる時に私たちは左右どちらかの姿勢の状態のまま過ごしていました。 その為、落ち着く姿勢が横向きの姿勢というのは不思議なことではありません。 横向き寝の良いところ まず、横向き寝によって得られるメリットについて考えてみましょう。 (1)いびきの軽減や、睡眠時無呼吸症候群の予防 (2)アルツハイマーや認知症の原因と言われている脳のゴミの排出促進効果 (3)腰への負担を軽減 これらのメリットが横向きの姿勢で寝ることで得られると言われています。 一番わかりやすいのが、いびき。 仰向けの状態で寝ていると気道が狭くなり呼吸がしづらいのですが、横向きになると気道が確保され、呼吸がしやすくなる為、いびきを軽減することができます。 右向きと左向きの違い また、左向き、右向きの状態によって体に与える影響が異なっていることがわかっています。 右側を下にして寝ることによって、心臓の位置が上になる為、心臓への負担を軽減することができると言われています。 また、胃や腸などの消化器の出口が右側に位置していることから、右側を下にして寝ることで消化機能を助けてくれます。 ただし、逆流性食道炎などを患っている方は逆効果になることもありますので注意しましょう。 左側を下にして眠ることで得られることに、リンパ液の正常な排出があります。 体の左側はリンパ系の優位側であり、リンパ液はこちら側から排出されていると言われています。 その為、左側を下にして寝ることでリンパ系の分泌を促進しやすくしてくれる効果が期待できるのです。 それによって、老廃物を排出してくれる作用も期待できます。 また、右側には大静脈などのデリケートな血管が集まっている為、右側を下にすることで圧迫されてしまいます。 その為、左側で寝た方が血流が悪くなることなく寝ることが出来る為、寝付きやすくなったり、安眠効果を得ることができると言われているのです。 特に妊娠中の女性にとっては、左側を下にして寝たほうが本人はもちろん、赤ちゃんにとっても負担が少ない姿勢と言えるでしょう。 左向き、右向きどちらを下にしても得られるメリットがありますが、自分の健康状態に合わせて選んでみても良いかもしれません。 寝方とその効果の違い 寝る姿勢によって、体調が良くなったり悪くなったりすることを知らない人は多いかもしれません。 いつもこの向きで寝ているからと決まった姿勢で寝ていませんか? 実は寝る姿勢によっては健康を損ねる原因に繋がってしまうこともあるのです。 特に、仰向けで寝ているという人はいびきや睡眠時無呼吸症候群が悪化してしまうこともあるようですので注意しましょう。 では、どのような寝方が健康に良いのでしょうか。 横向き姿勢で寝ることはメリットが多いと先程も述べましたが、左側を下にして寝る方がメリットが大きいと言えます。 左向きで寝るようにすると老廃物を排出しやすくしてくれたり、逆流性食道炎などの胸やけを緩和することができると言われています。 昨今では、この逆流性食道炎で悩まされている人が増えており、寝方一つでも改善することができることを知りましょう。 右側を下にして寝ることで、消化を促進してくれるのですが、逆流性食道炎の方が右側を下にして寝てしまうと、起床時の胃もたれや胸やけの原因に繋がってしまいます。 逆流性食道炎で悩んでいる方は、左側を下にして寝るように心掛けましょう。 横向き寝のデメリット 横向きで寝ることによってメリットもたくさんある反面、デメリットもあります。 同じ方向ばかりを下にしていると、骨盤などに歪みが生じる可能性があったり、顔の側面が枕に擦れる為、ほうれい線やしわの原因になってしまうこともあるようです。 これらのデメリットを回避する為にも、適度に寝返りを行うことが良いとされていますが、寝ている間のことなので無意識で分からないという場合もあるでしょう。 しかし、ほとんどの方は自然と寝返りを行っていますのであまり深く考えなくても良いようです。 スポンサーリンク 横向き寝の工夫 また、横向きで寝る際のコツをしっかり押さえておくと、より質の高い睡眠をとることができます。 薄暗い照明を右側に置く 真っ暗闇でしか寝られない人は別として、ライトを付けて寝ている人はライトを右側に置くようにしてください。 右側が明るいと自然と左側を向くようになります。 腰の下や膝の間にクッションを置く 横向きの姿勢で寝るのに慣れていない人にとっては、体が痛く感じることがあるかもしれません。 その時には腰の下や膝の下にクッションを挟むと楽に寝ることができます。 いつもと違う姿勢で寝ると寝つきが悪くなることがありますので、このような方法を使用して寝やすい環境を整えてください。 横向き寝の基本ポイントとして、頚椎がまっすぐになるような状態で寝るようにしましょう。 枕の高さが高すぎたり、低すぎると頚椎が歪んだ状態になってしまいますので、枕の高さをしっかり確認してください。 頚椎がまっすぐの状態になっていることで、首への負担を軽減することができますし、横向き寝の状態を安定させることができるでしょう。 また、横向き寝で寝ていると仰向けの状態に比べて体重を支える面が狭くなる為、負荷がかかりやすくなってしまいます。 肩や腰にかかる負担はかなりのものですので、あまりに負担を感じるようであれば、マットレスなどを交換してみることをおすすめします。 体に痛みを感じるようであれば、まずは寝具から見直すことが大切です。 他にも寝るときにできる工夫として、睡眠前に食べると身体に良いものや、食べてはいけないものについても紹介していますので、そちらも併せて見てみてください。 まとめ 寝る姿勢の中でも横向きで寝るのが健康面で効果的ということがわかりました。 睡眠不足で悩んでいる人や、起床時の胸やけなどに悩んでいるという人は、ぜひ寝る姿勢の見直しをしてみましょう。 自分が自然にとっている姿勢が一番楽だと思い込んでいる人がいるのですが、寝る姿勢一つで害になってしまうこともあるのです。 まずは、自分の体調に合わせて寝る選択をしていきましょう。 横向きの姿勢一つでも左側で得られるメリットと、右側を下にすることで得られるメリットは異なっています。 その違いをしっかり把握することで、良質な睡眠へと近づけることができます。 今日からすぐにできる方法ですので、自分の寝る姿勢を見直し、改善していきましょう。

次の

自力でできる!胃もたれの治し方TOP7!

胃もたれ 寝方

「胃もたれ」と「胸やけ」ってどう違うの? 日常生活に目を向けて考えてみると、どちらも内臓の健康不良を指して使う場面が多く見られます。 では、私たちはどんなふうにこれらの言葉を使い分けているのでしょうか。 「胃もたれ」って何? 胃もたれは、 胃が重く感じたり、むかむかしたり、など胃に関する不快な症状を総称して言います。 胃の運動機能の低下、胃酸が分泌されず、消化不良を起こしているおそれがあります。 こういった状態に陥るのは、暴飲暴食、刺激物の摂取や飲み過ぎた場合です。 だんだん繰り返しているうちに、過剰に働いた胃に負担がかかり、胃酸が出にくくなってしまうのです。 その他に、ストレスによる自律神経の不調やピロリ菌からの感染なども原因として考えられます。 胃の消化能力が低下してしまい、胃の周辺に身体症状が現れます。 スポンサードリンク 「胸やけ」とは? 胸焼けは、 胸の中心が焼けるように感じたり、締めつけられるように痛みを感じたりします。 これは、胃で消化されているものが食道に逆流してしまうことで生じます。 胃酸の過剰分泌、腹部が押さえつけられたことで、逆流を防止している筋肉が緩んだ際に見られます。 考えられる原因は、暴飲暴食、刺激物やお酒、カフェインなどの摂り過ぎを挙げることができます。 しかし、胃もたれとは異なり、胸やけの場合は、胃酸が通常よりも多量に分泌されてしまいます。 胃の中のバランスが崩れてしまい、均衡を保つために内容物を吐き出させることで安定を図ろうとします。 まとめ 「胃もたれ」は、胃を酷使し続けた結果、消化不良を起こしている場合を指して言います。 「胸やけ」は、胃酸の過剰分泌などにより胃の内容物が食道に逆流してしまうことを指して言います。 2つとも原因に共通点はありますが、身体症状に異なりが見られることが分かりました。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の