あしたでんき 関西。 あしたでんきとLooopでんき(ループでんき)を徹底比較!どちらの方が安い?

【おすすめ】新電力 あしたでんき 楽天でんき Looopでんき【料金比較・随時更新】

あしたでんき 関西

関西電力・従量電灯A・4月「100kWh」 関西電力・従量電灯A・4月「120kWh」 関西電力・従量電灯A・4月「150kWh」 関西電力・従量電灯A・4月「200kWh」 電気代(関西電力と比べて年間) 1,525円関西電力がお得 1,314円関西電力がお得 1,315円関西電力がお得 1,858円あしたでんきがお得 こうやってみると電力使用量が少ないと関西電力の方がお得で、ある程度電気を使用する家庭の場合はあしたでんきがお得になるという結果になりました。 4月の電力使用量で設定してシミュレーションすると関西電力がお得になるのか、あしたでんきがお得になるのかの分岐点は 160kWhあたりになります。 電力使用量が少ない家庭だと「関西電力」 ある程度電気を使用する家庭だと「あしたでんき」 ということは一人や二人でも電力使用量が少ない家庭だと関西電力、2人~3人以上である程度電気を使う家庭だとあしたでんきがお得になる可能性が高いです。 関西電力エリアの場合、「基本料金0円+従量料金」の料金体系の場合、一人暮らしなどあまり電力を使用しない家庭は割高になる可能性が高いです。 関西電力エリアで一人暮らしや電力をあまり使用ない家庭 関西電力エリアで一人暮らしや電力をあまり使用ない家庭は「基本料金0円+従量料金」よりも関西電力を同じ料金体系で関西電力よりも基本料金や従量料金が安くなっている電力サービスが確実に安くなります。 00円 310. 33円 従量料金 120kWhまで 20. 32円 18. 49円 120~300kWhまで 25. 80円 23. 47円 300kWhから 29. 29円 26. 他にもソフトバンクのおうちでんきなど他にもいろいろあります。 これなら電気使用量が多い家庭でもお得にはなります。 あとHuluの利用料金を負担してくれる「」なども選択肢の一つかなと思います。 こちらも併せてチェックしてみてください。 関西電力エリアである程度電力を使用する家庭 関西電力エリアである程度電力を使用する家庭ならあしたでんきは結構おすすめです。 上で紹介した関西電力と同じ料金体系のところでもお得になりますが、あしたでんきのような「基本料金0円+従量料金」でも結構お得になります。 上でシミュレーションした結果では4月の電力使用量で言うと 160kWhあたりが分岐点になりますが、これが200kWhとか300kWhとかになってくると結構お得になってきます。 楽天でんき(プランS) あしたでんき(標準プラン) Looopでんき「おうちプラン」 エリア 基本料金 従量料金 関西電力エリア 0円 22. ここまでは電気使用量や電気料金で考えてみましたけど、ここからは電力会社のキャンペーンなども併せて考えていくと良いと思います。 電気料金以外のキャンペーン・特典も考える 電力会社ではキャンペーンも頻繁に行っているところも多いです。 このキャンペーンをうまく利用することもお得になるポイントです。 例えば楽天でんきの場合は楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼントや電気料金200円につき1ポイントもらえたりします。 あしたでんきも定期的に4,000円分のamazonギフトプレゼントなどのキャンペーンを行っていたりもしました。 こういった電力会社別にキャンペーン、特典などがあります。 もし電気料金が1年間で数百円とかしか変わらないのであればキャンペーンも加味して考えるのも一つです。 ただし、キャンペーンは〇ヵ月継続などの条件もあるのでチェックです。 まとめ 個人的にポイントをまとめるとこんな感じでしょうか。

次の

あしたでんきたっぷりプラン(関西エリア)の詳細は?

あしたでんき 関西

楽天でんき(プランS) あしたでんき(標準プラン) Looopでんき「おうちプラン」 エリア 基本料金 従量料金 北海道電力エリア 0円 30. この料金体系の他の電力会社と比較すると比較的安い料金設定になっていることがわかると思います。 あしたでんきは対象エリアは少ないですけど、安いです。 あとは東京電力や関西電力などと同じ「基本料金+従量料金」の料金体系の電力会社ではどうなのでしょうか。 120kWhまでと電気使用量が少なくてもお得になることがわかります。 税込 最低料金 最初の15kWhまで 341円02銭 電力量料金 15kWhを超え120kWhまでの1kWhにつき 20円11銭 120kWhを超え300kWhまでの1kWhにつき 25円54銭 300kWhを超える1kWhにつき 28円99銭 関西電力エリアでは電力使用量が少なくてもかなりお得になることがわかります。 特典が付く電力会社を利用する 電力会社もいろいろなサービスを展開しています。 ここで一つおすすめを紹介するなら【】です。 丸紅新電力のHプランは電気使用量が旧電力会社と同じでHuluの利用料を負担してくれるプランになります。 Huluは月額1,026円 税込 になるので年間で12,312円 税込 お得になります。 一人暮らしなら電気料金が安くなっても年間で数百円程度なので実質これだけの料金負担してくれるとなるとかなりお得になることがわかります。 すでにHuluを契約されている方でも対象ですし、これからオンラインで動画を見たいと思っている方にもおすすめです。 ただ、さらにここからキャンペーンや特典なども含めて考えるとまた変わってきます。 あしたでんきではたまにキャンペーンを行っていて、過去には「Amazonギフト券4,000円分 プレゼントキャンペーン」なども行っていました。 他の電力会社も定期的にキャンペーンを開催しているところもあって結構お得なキャンペーンを行っているところもあります。 逆にほとんど開催しないところもあります。 こういった電力会社ごとにキャンペーンや特典があったりするのでそういったところも踏まえて考えるのも一つです。 電気料金自体はそれほど安くなくてもキャンペーンがお得なので1年スパンで乗り換えを考えて利用するというのも一つの方法です。 まあ一人暮らしであしたでんきを利用するとなったとき電力使用量などにもよりますが、割高になってしまう可能性が高く、他の電力会社の方が良い場合が多いと思います。

次の

あしたでんきの評判は?契約して分かった全情報【2020年7月】

あしたでんき 関西

\ Amazonギフト券 5,000円もらえる / たっぷりプランの場合 関西電力からあしたでんきの「たっぷりプラン」に乗り換えると、 1年間の電気料金の目安は次のとおりです。 1ヵ月 電気 使用量 【切替前】 関西電力 従量電灯A (年間) 【切替後】 あしたでんき たっぷり プラン (年間) 年間 節約額 700 kWh 226,015円 183,000円 43,015円 お得 800 kWh 261,163円 204,000円 57,163円 お得 900 kWh 296,311円 225,000円 71,311円 お得 1000 kWh 331,459円 246,000円 85,459円 お得 たっぷりプランは1ヵ月の電気使用量が700kWh以上の場合に、 関西電力より年間数万円安くなります。 大家族やペットを飼っているなど、電気の使用量が多い家庭は早めに検討したいですね。 あしたでんき クレジットカード• 関西電力 クレジットカード・口座振替・払込票など あしたでんきのような電気代がお得な電力会社では、経費削減のため クレカ払いに限定していることが多いです。 関西電力では口座振替・払込票(コンビニなど)も利用できますが、料金が割高なのが難点ですよね。 クレカ払いで問題ない人は、関電よりお得なあしたでんきを選ぶといいですね。 クレジットカード以外を希望する方は、口座振替できるお得な電力会社から選ぶといいですよ。 関西電力の検針票はどうなる? 関西電力からあしたでんきへ切り替えると、以下のような検針票(電気の使用量のお知らせ)がなくなります。 経費削減して電気代を少しでも安くする目的や、マイページで気軽に確認できることが理由です。 個人的には あしたでんきのマイページはとても使いやすいので、検針票はなくても問題ないと考えます。 どうしても検針票が欲しい人は、検針票がもらえるお得な電力会社から選ぶといいですね。 セット契約の有無 関西電力では大阪ガスエリアで都市ガス(関電ガス)を運営しているので、電気ガスをまとめることができます。 あしたでんきは電気のみなので、都市ガス会社と組み合わせることが可能です。 【関西電力】 電気ガス セット契約 【あしたでんき】 電気とガスを 別会社で組合せ 料金 電気代が高い 電気ガスの両方を安くできる 支払 1つにまとまる 別々に支払う 関電ガスは関西の都市ガスでほぼ最安値ですが、電気代は最高値という悲しい状況です。 支払いはまとまりますが・・・ 一方あしたでんきにはセット契約はありません。 ですが 「あしたでんき」と「」を組み合わせれば電気・ガスの両方を格安にできます。 1つの会社でまとめることにこだわりがなければ、あしたでんきのように別会社と組み合わせる方が圧倒的にお得です。

次の