日産 デイズ。 欠点はここ!日産デイズの口コミ評価・評判

日産・デイズ

日産 デイズ

2019年にフルモデルチェンジした日産新型デイズ。 発売から人気が続いている車です。 この車は、口コミや雑誌等では評価がかなり高いようです。 しかし、大手サイトや雑誌では良いことばかり書かれているので、逆に、デイズに 欠点もあるのではないか? と気になる方も多いと思います。 実際に購入しようと考えると、自分の車の悪いところも事前に把握しておきたいですよね。 そこで、デイズの 燃費、価格、外観、内装、走行性能、乗り心地などに欠点がないか調査してみました。 調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に、 実際に購入した人にも聞いています。 これらの調査結果から分かった デイズの欠点を中心として、デイズの評価も紹介します。 みなさんの購入時の参考にして頂ければ幸いです。 約8割の人がエクステリアを「良い」と評価。 欠点は印象に残らないデザイン 口コミではエクステリアは約8割の人が「良い」と支持しています。 デイズのエクステリアに満足した人は• 野暮ったくない• まとまったデザイン• グリルのメッキがいやらしくない 主にこの3点を評価しています。 特に高く評価されていた部分はフロントマスクとサイドラインのようです。 また、軽らしくなく、他メーカーよりも 派手すぎず丁度良いところも支持されています。 また、「悪い」評価はありませんが、普通と評価している人の中に、不満な部分の口コミがあったので、チェックしてみました。 普通と評価した人は印象に残らないデザインだと感じている 出典: 「普通」と評価した人たちの実際の口コミを見ると 「可もなく不可もない」 「特に印象に残る所はありません」 このような意見が多いです。 良くもなく悪くもなく、 これといったマイナス評価はないので普通と感じています。 インテリアは約8割の人が「良い」と評価。 タッチパネル式エアコンに慣れが必要 新型デイズのインテリアに満足した人は• スッキリしていて上質• シートの出来の良さ• タッチパネル式のエアコン 主にこの3点に満足しているようです。 軽の中では高級感が漂っていて、ドアの内張・シート・本革のステアリングなどは 1ランク上と満足度が高いです。 一方で、残り2割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどのようなところに満足していないのでしょうか。 タッチパネル式のエアコンは慣れるまで時間がかかる 出典: デイズのインテリアを「悪い」評価をした人の中にこんな声がありました。 「走行中はエアコンが使いにくい」 「タッチパネルエアコンに慣れるまで時間がかかる」 このように、軽自動車で初めて採用された タッチパネル式エアコンの操作に慣れていなく、使いにくいと感じているようです。 価格は約5割の人が満足。 欠点は性能面とナビの価格 価格は約5割の人が満足しています。 デイズの価格に満足した人は• 最新車種だが安い• 標準でも十分な装備• 性能や技術的に納得できる価格 主に、この3点に満足しているようです。 今時の軽自動車は高いものの、デイズの価格は 装備や性能を含めると妥当だと考える人が多いようです。 しかし、残り5割の人は満足していません。 具体的にどのようなところに不満を持っているのかチェックしてみました。 新型デイズは購入価格が乗り出しで180万円以上。 ナビとエンジン性能を考えると高い これがデイズの車両本体価格です。 デイズ グレード 価格 S 127万円 X 133万円 ボレロ 141万円 デイズハイウェイスターの車両本体価格です。 新型デイズの 純正ナビの価格が約12万円からと価格設定が高く、そこに不満を持っている人も多いようです。 また、価格を「悪い」と評価した人たちは 「見た目重視の車」 「エンジン性能を考えると高い」 さらに、このような点に満足していません。 デイズは燃費改ざん事件があったように、 エンジン性能で他社に劣っています。 性能面を考えると、価格が高いと感じているようです。 デイズの燃費は5割の人が「良い」と評価。 欠点はカタログ値との乖離 デイズの燃費に満足した人は、• エアコン使用して18km程度• では、実際の燃費とカタログ燃費はどのくらい違いがあるのか調べてみました。 デイズの実燃費とカタログ燃費の差はどれくらい? 実際の燃費がこちらです。 e燃費のサイトから毎月のデータを集計して、季節ごとの燃費を整理してみました。 デイズ NAエンジン カタログ燃費:29. デイズ ターボエンジン カタログ燃費:25. 1年を通した平均実燃費では 19. しかし、残り5割の人は満足していません。 具体的にどんな点に満足していないのでしょうか。 カタログ値との差が大きい 「悪い」評価をつけている人は、カタログ値との差が大きいことに不満を持っているようです。 「悪い」評価をしている人は 実燃費がカタログ値の半分以下になっていることに納得がいかないようです。 エンジン性能は約3割の人が「良い」と評価。 欠点はCVTの制御 エンジン性能は3割の人が「良い」と評価しています。 デイズのエンジン性能に満足した人は、• 思い通りの加速感• ターボはキビキビ走ってくれる• スイスイ坂道を登る 主に、この3点に満足しています。 ワゴンRよりも加速感や坂道を登るという声が多かったです。 特にターボモデルの人の満足度が非常に高い結果でした。 しかし、7割の人は「悪い」評価をしています。 具体的にどこが「悪い」のかチェックしてみました。 CVTとエンジンの相性が悪い エンジン性能の「悪い」評価では 「極低速ではギクシャクする」 「想定以上に加速したり鈍い時がある」 「エンジン音だけで加速が悪いです」 このような意見が多いです。 デイズの CVTの制御は悪く、思うように動いてくれないことが「悪い」評価に繋がっています。 パワーが足りない その他の「悪い」評価の理由として、エコ重視のためかパワーが足りません。 他社の同クラスと比較してもエンジン性能は劣っていると感じているようです。 約4割の人が走行性能を「良い」と評価。 欠点は出足の悪さ 走行性能は約4割の人が「良い」と評価しています。 デイズの走行性能に満足した人は、• 加速が優れている• フットワークがよくストレスがない• コーナリングが良い 特に、この3点に満足しています。 マイルドな出足ながら 加速は良く、ストレスのない走りを感じています。 また、高速時でも路面に吸い付くような走りをしているので、 安心して走れるという声もありました。 しかし、残り6割の人は満足していません。 どのような点が「悪い」のかチェックしてみました。 ゼロ発進に不満 「悪い」評価をしている人は停車時からの走りだしに不満を感じているようです。 「アクセルを踏み込んでもモタつく」 「出足から常にギクシャク」 実際の口コミを見ると、このように評価されています。 停車時から アクセルを踏んでからの反応が悪く、さらに踏み込んでいても モタつきがあるのでかなりストレスに感じている人が多いです。 乗り心地は6割の人が「良い」と評価。 欠点は硬い足回り? 乗り心地は6割の人が「良い」と評価しています。 デイズの乗り心地に満足した人は、• ソフトな乗り心地• 前席後席ともシートが良く快適• 2000回転までであればすごく静か 特に、この3点に満足しているようです。 軽自動車の中でも デイズが1番ソフトな乗り心地だと高く評価されています。 さらに 広い視界なので、落ち着いて運転を楽しめるようです。 しかし、残り4割の人は満足していません。 具体的にどのような点に不満があるのでしょうか。 落ち着きがない足回り 出典: 乗り心地の「悪い」評価では、硬い足回りに対して不満を持っているようです 「細かいごつごつ感が残る」 「後部座席は不快」 「ドタバタと、落ち着きがありません」 このように評価しています。 足回りが硬く、細かい突き上げがあるので 落ち着きがないことに満足していないようです。 路面からの振動が多い 他の「悪い」評価として目立ったのは、 振動です。 速度域に関係なく、 エンジンと路面からの振動が多い、という声が多く、ストレスを感じているようです。 総合評価は約5割の人が「良い」と評価。 特にエクステリアとインテリアが魅力的 総合評価の評価はまずまずで、半数の人は「良い」と評価しています。 軽自動車の新車販売ランキングでも上位の車種なので、半数の人が満足しているようです。 デイズは軽自動車なので、価格に注目がいきますが、• エクステリア• インテリア• 乗り心地 この3つが高く評価されています。 デイズを安く買うには? 新型デイズを安く購入するには値引きが重要になってきます。 ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。 それは… 値引き交渉でディーラーに騙されている人が多い ということです。 この記事を見てくれた人には絶対騙されてほしくないので、 実際にデイズを購入した人がどうやって騙されずに値引き交渉したのか、次の記事でチェックしてみてください。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の

一般のドライバーに聞いた!日産 デイズの口コミ(評価・評判)まとめ

日産 デイズ

概要 [ ] NMKVが日産と三菱両社向けに、デザインや購買等多方面で両社の強みを生かして商品企画と開発を行い、優れる商品競争力を有する。 商品企画の初期段階から協業を進め、両社の特徴を生かす異種デザインを織り込みそれぞれのブランドを体現する革新的なデザインである。 エクステリアデザインのベースは三菱とデザインコンペで争った結果、三菱案が採用されている。 ティザーサイトにあった「日産が本当につくりたかった軽自動車」という文言や「日産のすべてを、軽に。 」というキャッチコピーの通り、日産が軽自動車の商品企画・開発・デザインの段階から初めて携わった軽自動車で 、従来の軽自動車にとらわれない日産らしく躍動感溢れるデザイン、上質な室内空間、優れた低燃費性能を有する。 同様スポーティグレード「」の設定に続き、「デイズ」の名称を同社が販売する軽自動車のシリーズとして展開することとなり、第2弾となるスーパーハイトワゴンタイプの「(DAYZ ROOX)」が2014年2月13日に販売を開始した。 製造は名実共に三菱製。 生産はの三菱自動車製作所で、カタログ上の製造事業者も「三菱自動車工業株式会社」である。 初代 B21W(AA0)型(2013年-2019年) [ ] 日産・デイズ(初代) B21W AA0 型 販売期間 - 4人 5ドア 直3 660cc 49PS, 6. 0kgf・m 3B20型 直3 660cc 64PS, 10. トランスミッションは全車副変速機構付(eKの-III に相当)を採用している。 また、アイドリングストップシステム搭載車は日産が展開するエンジン進化型エコカー「PURE DRIVE(ピュアドライブ)」の車種であるため、リア右下に「PURE DRIVE」エンブレムが装着される。 (2018年現在、一部改良に伴い「PURE DRIVE」の車種から外れたため廃止されている。 ) 3代目eKとの相違点 [ ] リア 構成としては3代目eKと同様で、eKワゴンに相当する標準タイプは「デイズ(DAYZ)」、eKカスタムに相当するスポーティタイプは「デイズ ハイウェイスター(DAYZ Highway STAR)」となる。 しかしながら、と2代目eKの場合と異なり、グレード体系・外観・装備内容が大きく異なる。 グレード体系は「デイズ」は「J」・「S」・「X」の3グレード、「デイズ ハイウェイスター」は「ハイウェイスターJ」・「ハイウェイスターX」・「ハイウェイスターG」・「ハイウェイスターGターボ(eKカスタム「T」相当)」の4グレードの計7グレードを設定する。 「ハイウェイスターJ」はeKカスタムに該当するグレードがないアイドリングストップシステム非装備の廉価グレードである。 さらに、扱いのカスタムカー「」も設定される(「ライダー」はデイズハイウェイスターがベースで、「ハイウェイスターG」を除く全グレードに設定される)。 外観ではフロントデザインが異なっており、デイズはフロントグリルがグリル下端にメッキモールを配したメッシュタイプに変更。 デイズハイウェイスターはメッキグリルのバー本数が3本になるほか、フォグランプ廻りも含めたフロントバンパーデザインも異なり、デイズの場合はヘッドライトの形状もeKワゴンとは異なる。 また、フルホイールキャップ(デイズに装備)やアルミホイール(デイズハイウェイスターに装備)のデザインも変更されている。 Aピラー以降についてはテールレンズも含め、eKと共通である。 後期型はハイウェイスターは前期型同様に3本のメッキグリルバーのデザインが引き継がれているが、デイズは2本線デザインのクロームグリルに変更となった。 また、装備内容に関しても以下のような細かな違いがある。 「X」とハイウェイスター全グレードには電動格納式リモコンカラードドアミラーにサイドターンランプが付く(eKではサイドターンランプ付電動格納式リモコンカラードドアミラーはワゴン・カスタムそれぞれの「G(Safety Packageを含む)」・「T Safety Package」のみの装備)• デイズの内装はアイボリー内装のみ、デイズハイウェイスターは2015年10月のマイナーチェンジに伴い、これまでのエボニー内装に加え、メーカーオプションとして、ドアトリムクロスとシート地をアイボリーのスエード調クロス(シート地は「ネオソフィール」とのコンビシート)に変更した「プレミアムコンビネーションインテリア」を新設定した。 本オプションを設定した場合、本革巻ステアリングにピアノ調加飾が追加される(eKワゴンでは、2014年6月の一部改良でeKカスタムに近い仕様のブラック内装がオプションで選択可能となるが、eKカスタムではブラック内装のみの設定である)• はデイズハイウェイスター及びライダーのみ標準装備で、デイズではオプションでも設定なし(eKでは、カスタム全グレード並びにワゴンの「G(Safety Packageを含む)」・「T Safety Package」に標準装備、ワゴンの「M(e-Assistを含む)」は他の装備とのセットオプション設定)• また、「S」は「J」同様にチルトステアリング非装備• アルミホイールはハイウェイスターのみ標準装備。 また、「ハイウェイスターGターボ」だけでなく、「ハイウェイスターG」も15インチアルミホイールを装備する(eKでは、ワゴン「G Safety Package」・「T Safety Package」にもアルミホイールが標準装備される。 15インチアルミホイールはカスタム「T Safety Package」のみ装備)。 ハイビームアシスト、オートライトシステムはハイウェイスターのみ標準装備、は「X」とハイウェイスターに標準装備(eKではオートマチックハイビーム、オートライトコントロール、マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)にそれぞれ置き換わる。 これら3点はワゴン・カスタムそれぞれの「G Safety Package」・「T Safety Package」に標準装備)• LDW(車線逸脱警報)はハイウェイスターのみ標準装備(eKではカスタム全車に加え、ワゴンの「G Safety Package」・「T Safety Package」にも標準装備される)。 寒冷地仕様は4WD車のみ標準装備で、2WD車はメーカーオプション設定(eKはワゴン・カスタムともに全グレード標準装備) ボディカラーは、デイズとeKワゴンで白系の設定色が異なり、デイズは「J」と「S」が「ホワイト」のみ、「X」は「ホワイトパール3コートパール(特別塗装色)」のみの設定であった(eKワゴンは全グレードで「ホワイトソリッド」と「ホワイトパール(有料色)」が設定されている)ため、販売開始当初はeKワゴンより1色少ない7色展開だった(デイズハイウェイスターとeKカスタムは同じ4色展開)。 これにより、デイズはeKワゴンと同じ9色展開となり、デイズハイウェイスターはeKカスタムよりも1色多い7色展開となった。 2015年10月のマイナーチェンジにより、デイズでは未設定だった赤系が「スパークリングレッドメタリック」として追加したほか、入れ替えや追加を行ったことで、デイズはeKワゴンより2色多い11色展開に、デイズハイウェイスターはeKカスタムよりも4色多い10色展開となった。 ハイウェイスター専用色の「スカーレットメタリック」はeKでは「ポピーレッドメタリック」としてeKワゴン専用色として設定されているほか、同じくハイウェイスター専用色の「オーシャンブルーパール」はeKではマイナーチェンジ時点では設定されなかった(その後、2017年1月の一部改良により、eKカスタム専用色として「オーシャンブルーパール」と同一色の「ライトニングブルーマイカ 」が設定される)。 年表 [ ] 2013年3月8日 車名およびエクステリアデザインが発表される。 同日、日産自動車ウェブサイトにティザーサイトが開設される。 2013年3月25日 2014年初頭発売予定のスーパーハイトワゴン車種名「デイズルークス」発表と同時にデイズのインテリアデザインが公開 され、扱いのカスタムカー「ライダー」のエクステリアデザインも公開 される。 2013年4月18日 オーテックジャパン扱いの福祉車両「」シリーズの設定を発表 する。 助手席が電動で車の外側へ回転して乗降する「助手席スライドアップシート」と簡単な手動操作で助手席を車両の外側へ回転する「助手席回転シート」の2タイプが用意される。 「助手席回転シート」は7月以降に販売開始予定である。 2013年5月20日 三菱水島製作所でオフライン式を実施。 2013年6月4日 三菱がeKとデイズのハイマウントストップランプに不具合があるとして、国土交通省にリコールを届け出た。 2013年6月6日 公式発表・販売開始(ターボ車の「ハイウェイスターGターボ」・「ライダー ハイウェイスターGターボ」はVDCとフロントを標準装備する関係で同年8月より販売開始)。 2013年6月28日 先代車種の販売終了。 2013年7月8日 販売開始から約1か月が経過した7月8日時点で約30,000台を受注したことを発表。 これは、公式発表時に設定されていた月販目標台数の8,000台の3. 75倍にあたり、歴代の日産の軽自動車の中でも一番の受注ペースとなった。 この受注ペースはeK(18,000台。 目標台数5,000台の3. 6倍)を上回るペースである。 この大ヒットで6月の軽自動車市場での日産のが10. 2014年3月13日 同年2月末時点での総販売台数が106,318台となったことを発表。 販売開始から8か月半で月販目標台数の1年分(96,000台)を上回る大台突破となった。 2014年7月3日 一部改良。 デイズルークスに採用されているバッテリーアシストシステムを「S」・「X」・「ハイウェイスターX」・「ハイウェイスターG」の2WD車に採用。 これにより、の発電頻度を下げてガソリン消費量を抑えたことでJC08モード燃費を0. 併せて、吸気ダクトレイアウトの変更によって吸気を低温化し、トランスミッションのギア比を変更するなどして加速性能も高めた。 また、ノーマルタイプの全グレードのアンテナを「ハイウェイスター」系と同じルーフアンテナに変更した。 ボディカラーは一部変更となり、デイズ専用色の「レディッシュマルーンパール(特別塗装色)」を廃止する替わりに、シリーズ車種のデイズルークス採用色である「アゼリアピンクメタリック」、「モカブラウンパール(特別塗装色)」、「ピンクゴールドメタリック」の3色を追加した。 オーテックジャパン扱いの「ライダー」には、通常はオプション設定となっている専用LEDデイタイムランニングライトを追加で標準装備し、フロントグリルとバックドアモールをダーククロムに、フロントバンパーをダークメタリックペイント、ダークモール付仕様に、専用エンブレムをダークにそれぞれ変更した「ライダー ブラックライン」を追加した。 2014年6月までの時点で、デイズルークスを含めたシリーズの累計販売台数が17万台以上となり、日産の軽自動車の中で歴代第1位の販売ペースとなっている。 併せて、「J」・「S」・「ハイウェイスターJ」・「ハイウェイスターG」・「ハイウェイスターGターボ」には、エマージェンシーブレーキと踏み間違い衝突防止アシストのセットオプションを新たに設定した。 2015年10月22日 マイナーチェンジ。 新たに、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさをルームミラー背面のウィンドシールドに設置したカメラのセンサーで認識し、車速などの諸条件によりハイビームとロービームを自動切替する「ハイビームアシスト」を軽自動車で初採用したほか、これまでメーカーオプション設定だったエマージェンシーブレーキと踏み間違い衝突防止アシスト、一部グレードにオプション設定となっていたVDCなどの各種安全装備が全グレードに標準装備した。 リアコンビランプは新デザインのLEDシグネチャーランプとなり、デイズは新デザインのクロームグリルを採用。 内装はデイズに新シート表皮を採用、デイズハイウェイスターにはプレミアムコンビネーションインテリアを新たにメーカーオプション設定した。 ボディカラーは共通カラーとして、デイズルークス設定色の「スパークリングレッドメタリック」を追加するとともに、デイズは専用色の「ミネラルブルーメタリック」に替わり新色の「アイスブルーチタニウムメタリック」を追加するとともに、新たな専用色の「レモンライム」も追加。 ハイウェイスターは専用色の「ピンクゴールドメタリック」を廃止し、新色として、オレンジ系「スカーレットメタリック」とブルー系「オーシャンブルーパール」を追加した。 オーテックジャパン扱いのカスタムカー「ライダー」と「ライフケアビークル」シリーズもマイナーチェンジされ、ベース車と同様の改良を行ったほか、「ライダー」は専用フロントバンパーのデザインを一新して専用LEDバンパーイルミネーションやフォグランプを組み込んだほか、ボディカラーは「プレミアムパープルパール」と「クールシルバーメタリック」と入れ替えで新色の「オーシャンブルーパール」と「スカーレットメタリック」を追加。 内装は黒を基調に紫色の糸を織り込んだ格子柄の専用シート地を採用した。 併せて、コンパクトカーのに次いでの設定となる「ボレロ」を新たに設定することを発表した(12月24日販売開始)。 デイズをベースに、メッキ加飾をあしらったフロントグリルを採用し、丸みを帯びた専用フロントバンパーも装備。 内装ではシャルドネホワイトとマルサラレッドでカラーコーディネートしたレザー調シートを採用し、運転席・助手席バニティミラーを装備。 さらに、フロントバンパーアッパーモール(光輝タイプ)やホイールカバーデカールなどをディーラーオプションとして設定した。 ボディカラーは「X」ベース車専用色を含めて10色展開とした。 2016年4月20日 三菱自動車の燃費不正改ざん問題により本車種及び日産・デイズシリーズの4車種が一時販売中止となる。 2016年6月21日 国土交通省による再確認結果を公表した。 反面、排ガス値や保安基準などは国の基準を満たしていたことが明らかになった。 三菱自動車に対し、燃費の修正指示を指示。 ekシリーズ全車種の型式指定の取り消しは行わないことになった。 それを受けて、三菱自動車は燃費の修正を行った。 2016年7月4日 OEM元の三菱・eKシリーズと共に注文受け付け、および生産・販売を順次再開した。 また、販売再開に際し、特別仕様車「X Vセレクション」を発売した。 「X」をベースに、外観は14インチアルミホイールを装備。 内装は「ハイウェイスター」に設定されている「エボニーインテリア」を採用するとともに、シルバーフィニッシャーを施した本革巻ステアリング、シルバー加飾を施したパワーウィンドウスイッチベース(ピアノ調)、メッキインナードアハンドルを装備。 ボディカラーはベースグレードのラインナップに加え、通常は「ハイウェイスター」専用色の「オーシャンブルーパール」を特別設定し、全11色が設定される。 2017年1月26日 一部改良。 「ハイウェイスターGターボ」にを標準装備したほか、ステアリングスイッチやGPSアンテナなどで構成された「日産オリジナルナビ取付パッケージ」を全車に標準装備。 ボディカラーは「アゼリアピンクメタリック」とデイズ専用色の「シルキーローズメタリック」を廃止する替わりに、新色としてデイズルークスの2016年12月改良型モデルにも設定されている「プレミアムサンシャインオレンジ4コートメタリック(特別塗装色)」とデイズ専用色の「ブロッサムピンクメタリック」を追加。 内装ではカップホルダーを細いタイプの缶にも対応するように改良された。 今回の一部改良に伴い、「S」は2WD車を廃止し、4WD専用グレードとなった。 同時に、オーテックジャパン扱いの「ボレロ」、「ライダー」、「助手席回転シート」、「助手席スライドアップシート」についてもカタロググレード同様の一部改良を行った。 2017年4月25日 特別仕様車「X モカセレクション」、「ハイウェイスターX プレミアムセレクション」を発売。 「X モカセレクション」は「X」をベースに、14インチアルミホイールを特別装備し、内装は専用設定色のモカを採用し、シート地とドアトリムクロスにスエード調クロスを採用した。 ボディカラーはベースグレードのラインナップに加え、通常は「ハイウェイスター」専用色の「チタニウムグレーメタリック」と「スカーレットメタリック」の2色を特別設定し、全12色を設定した。 「ハイウェイスターX プレミアムセレクション」は「ハイウェイスターX」をベースに、15インチアルミホイールを特別装備し、内装はベースグレードではオプション設定となっている「プレミアムコンビネーションインテリア」を採用し、シート地は「ネオソフィール」とスエード調クロスのコンビシート、ステアリングはピアノ調加飾を施した本革巻、ドアトリムクロスにスエード調クロスをそれぞれ採用した。 ボディカラーはベースグレードでは特別塗装色となっている「プレミアムサンシャインオレンジ4コートメタリック」、「ホワイトパール3コートパール」、「プレミアムパープルパール」、「モカブラウンパール」の4色を設定した。 2018年5月28日 デイズルークスと共に一部改良が発表され、同日より販売が開始された。 また、ハイウェイスターはLDW(車線逸脱警報)が新たに標準装備された。 ボディカラーは茶系の「モカブラウンパール(特別塗装色)」を「アッシュブラウンメタリック(特別塗装色)」に、銀系の「クールシルバーメタリック」を「スターリングシルバーメタリック」にそれぞれ入れ替え、ハイウェイスター専用色の「スカーレットメタリック」を廃止する替わりに、「X」及びハイウェイスター専用色として「プレミアムオリーブメタリック(特別塗装色)」が追加された。 なお、オーテックジャパン扱いの「助手席回転シート」・「助手席スライドアップシート」においてもベース車と同様に改良が行われた。 2019年2月 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 2019年3月28日 2代目と入れ替わる形で販売終了。 スタンダードモデルの「標準車」とスポーティーモデルの「ハイウェイスター」の2本立て構成は初代モデルから踏襲され、フロントグリルは「Vモーショングリル」となった。 また、リアのナンバープレートの位置が初代のバンパー上からバックドア上に移動されている。 を収納スペースとして活用できるように、ドアポケットに入れが装備される。 メカニズム [ ] エンジンを同社の親会社であるルノーが新興国向けの小型車用に開発した既存のBR08型を基にスケールダウンした新開発のに換装された他、エクストロニックCVTは副変速機が廃止され、ベルトの低フリクション化やエンジン締結剛性のが向上されたほか、軽自動車では初となる「Dステップ」が採用された。 また、「ハイウェイスター」にはセレナにも採用されている「スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)」が搭載されており、モーターを小型化しつつ、の搭載により、出力を同等としながらも回生量が向上された。 その為、5代目セレナ(2018年9月改良モデルのS-HYBRID車)同様、フロントドア下とバックドア右下に「S-HYBRID」エンブレムが装着される。 年表 [ ] 2019年3月14日 製造元の三菱水島製作所にてオフライン式を実施。 発売日がアナウンスされた。 2019年3月28日 フルモデルチェンジ。 グレード体系は標準車は先代同様、「S」と「X」の2グレードが踏襲されるが、初代に設定されていた廉価グレード「J」の廃止に伴い、「S」は初代・2017年1月改良モデルで廃止されていた2WDの設定が復活した。 ハイウェイスターはNAエンジン搭載車を「ハイウェイスターX」に絞り、ターボエンジン搭載車の「ハイウェイスターGターボ」は初代モデルから踏襲された。 また、それぞれのグレードに「プロパイロット」搭載グレードとなる「プロパイロットエディション」が設定される。 ボディカラーはホワイトパール3コートパール(特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)、スパークリングレッドメタリック(カラーコードは初代のからに変更)、ブラックパール(カラーコードは初代のからに変更)、ホワイト(標準車専用、カラーコードは初代のからに変更)、ブロッサムピンクメタリック(標準車専用、カラーコードは初代のからに変更)、プレミアムオリーブメタリック(標準車専用、特別塗装色)、チタニウムグレーメタリック(ハイウェイスター専用、特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)の計7色を初代モデルから踏襲されたほか、初代では共通色だったスターリングシルバーメタリックとアッシュブラウンメタリック(特別塗装色)を標準車専用色に、プレミアムパープルパール(特別塗装色、カラーコードは初代のからに変更)をハイウェイスター専用色にそれぞれ移行し、初代ではハイウェイスター専用色だったオーシャンブルーパール(カラーコードは初代のからに変更)は標準車でも設定が可能となり、共通色のプレミアムサンシャインオレンジ(特別塗装色)は4コートメタリックからメタリックへ変更され、「S」はホワイト、スターリングシルバーメタリック、ブラックパールの3色のみの設定となった。 なお、プレミアムサンシャインオレンジメタリック(特別塗装色)、オーシャンブルーパール、スパークリングレッドメタリック、プレミアムオリーブメタリック(特別塗装色)は4代目eKワゴンには設定されないデイズ専用のカラーで、プレミアムサンシャインオレンジメタリックはサンシャインオレンジメタリック、オーシャンブルーパールはライトニングブルーマイカ、スパークリングレッドメタリックはレッドメタリックとして、eKクロスに設定されている。 また、オーテックジャパン扱いの「ボレロ」も同時にフルモデルチェンジされた。 外観はフロントグリルとバックドアフィニッシャーにダーククロームタイプ、電動格納式リモコンカラードドアミラーとアウトサイドドアハンドルにホワイトパール(ただし、ボディカラーで「ホワイトパール3コートパール」を選択した時はブロッサムピンクメタリック)、専用デザインの14インチアルミホイールにホワイトをそれぞれ採用。 ボディカラーはモノトーン4色に加え、「ハイウェイスター」とは異なるカラーバリエーション(ブロッサムピンクメタリック、ブラックパール、ソーダブルーパールメタリック・ルーフカラーは全てホワイトパール3コートパール)とした2トーンカラー3色も設定される。 2019年10月2日 2019年度を受賞したことが発表された。 ボレロ リア 車名の由来 [ ] 「毎日(= DAYS)を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」という顧客への提供価値を、" S"を反転させた" Z"に込めて表記する。 なお「DAYZ」自体は元々日産自身で既に3月に登録していた( 第4129404号)商標で、かつてやなど、日産純正オプションのエアロパーツなどのブランド名として使われていた名称である。 その名称が車名として復活した格好になった。 脚注 [ ]• に発売された電気自動車のも日産が自社で開発した軽自動車であるが、同車はあくまで実験的な位置づけであったため、本格的な量産・販売を視野に入れたモデルとしては本車種が初となる。 - 日産自動車 プレスリリース 2014年2月13日(2014年2月14日閲覧)• 販売開始当初、デイズ専用色の「レディッシュマルーンパール(特別塗装色)」として設定されていたが、2014年7月の一部改良に伴い廃止• プレスリリース , 日産自動車・三菱自動車工業(2社連名), 2013年3月8日 , 2013年3月8日閲覧。 プレスリリース , オーテックジャパン株式会社, 2013年3月25日 , 2013年3月27日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車、オーテックジャパン(2社連名), 2013年4月18日 , 2013年4月18日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車、三菱自動車工業、NMKV(3社連名), 2013年5月20日 , 2013年5月20日閲覧。 MSN産経ニュース. 2013年6月4日. - 日産自動車 ニュースリリース 2013年6月6日• プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2013年7月8日 , 2013年7月9日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2014年3月13日 , 2014年3月13日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2014年7月3日 , 2014年7月3日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2014年10月1日 , 2014年10月1日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社 , 2014年12月4日閲覧。 eKでの「FCM-City」に相当。 ・・に設定されているエマージェンシーブレーキとは異なり、歩行者への検知機能はない• プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2015年10月22日 , 2015年10月22日閲覧。 アイスブルーチタニウムメタリック、レモンライムはeKワゴンの「ウォーターブルーメタリック」「シトラスイエローソリッド」と同一色であり、スパークリングレッドメタリックはeKカスタムや、の「レッドメタリック」と同一色である。 スカーレットメタリックはeKワゴン専用色「ポピーレッドメタリック」と同一色で、eKカスタム及びデイズ標準車には未設定。 マイナーチェンジ時は未設定だったが、2017年1月の一部改良でeKカスタム専用色として設定された• ロイター通信. 2016年4月20日. 2016年4月20日. WEB CARトップ. 2016年4月21日閲覧。 日産自動車株式会社. 2017年1月26日閲覧。 にある公式ページも一旦削除されていた• CarWatch 2016年6月21日. 2016年6月23日閲覧。 2016年6月21日. 2016年6月23日閲覧。 Carview 2016年6月21日. 2016年6月23日閲覧。 SankeiBiz(). 2016年7月2日. プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年1月26日 , 2017年1月26日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2017年4月25日 , 2017年4月25日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2018年5月28日 , 2018年5月28日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月19日. 2020年1月19日閲覧。 車種別環境仕様書では社内呼称「AA1」が採用されている。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年3月14日 , 2019年3月15日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年3月28日 , 2019年3月28日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年10月2日 , 2019年10月2日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年11月13日 , 2019年11月13日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年12月6日 , 2019年12月6日閲覧。 プレスリリース , 日産自動車株式会社, 2019年12月20日 , 2019年12月20日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 3代目モデル以降は共同開発車の関係• - 三菱自動車工業より初代および2代目のeKをOEM供給を受けて販売していた車両 先代車• - よりのOEM供給を受けて販売されていた車両• - 初代の派生車種。 (初代)の共同開発車。 - 2代目の派生車種。 三菱・eKスペース(2代目)の共同開発車。 外部リンク [ ]•

次の

日産:デイズ [ DAYZ ] 軽自動車 Webカタログ トップ

日産 デイズ

車種の特徴 「デイズ」は、日産から2013年6月にリリースされたトールワゴンタイプの軽自動車です。 同社が初めて商品企画から手掛けたクルマで、「毎日を、昨日までと違う楽しい日々に変えていく」という意味が車名に込められています。 なお、このクルマは、販売開始1ヶ月で月販目標台数を大きく上回る大ヒットとなり、同社の歴代の軽自動車の中で記録的な受注ペースをマークしました。 2018年5月発売モデルのグレードには、「J」「ハイウェイスター X」「ハイウェイスター Gターボ」などがラインナップされています。 このモデルでは、従来の安全運転支援システムが強化されており、ブレーキとアクセルの踏み間違いから生じる衝突を防止する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、ソナーまたはカメラ式に変更。 前進・後進時に歩行者や障害物に対しても車両との衝突が避けられるよう安全性が向上しています。 さらに、LDW(車線逸脱警報)が「ハイウェイスター」の全グレードに標準設定されています。 ボディカラーについては、「ブラック」「スターリングシルバー」などが用意されています。 そのほか、このクルマの特別仕様車については、2017年1月発売モデルにラインナップされている「ボレロ(Jベース)」や、2017年4月発売モデルにラインナップされている「X モカセレクション」「ハイウェイスター X プレミアムセレクション」などがあります。 グレードからデイズの中古車を探す デイズ(日産)のクルマ情報(中古車両)をグレードから簡単に車両検索できます。 グレード名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 35〜 154万円 - - - - - - - 9. 5〜 102. 8万円 115. 8万円 23. 8万円 108. 9万円 23. 9〜 129. 8万円 143. 1万円 24. 8万円 125万円 22. 5〜 163万円 148. 4万円 24. 2万円 22. 8〜 125万円 145. 4万円 22. 5〜 106. 7万円 143. 4万円 22. 5〜 89. 8万円 125. 5万円 23. 8万円 163. 1万円 25. 9〜 178万円 173万円 25. 5〜 152. 5万円 163. 1万円 22. 3万円 22. 5〜 184万円 181. 2万円 22. 9〜 99. 8万円 146. 9万円 22. 8〜 133万円 154万円 22. 5万円 149. 5万円 22. 8〜 89. 8万円 141. 7万円 - 659cc CVT FF 4名 5 28. 5〜 114. 8万円 167. 9万円 22. 5〜 139. 8万円 175. 7万円 21. 4万円 - 659cc CVT フルタイム4WD 4名 5 51. 8〜 150万円 157. 2万円 24. 型式名 中古車価格 新車価格 燃費 排気量 シフト 駆動方式 定員 ドア数 4. 9〜 169. 8万円 144. 3万円 25. 8〜 164万円 156. 4万円 22. 8〜 152万円 143. 8万円 29. 6万円 28. 8〜 184万円 167. 8万円 25. 9〜 163万円 157. 2万円 24. 9〜 173. 8万円 173万円 25. 5〜 175万円 181. 2万円 22.

次の