餃子 タネ 余り。 餃子のタネの残りで作る『餃子おやき』

糖質オフ!餃子のタネでつくる 「油揚げ餃子」

餃子 タネ 余り

我が家は娘が産まれるまで、餃子は買って食べる派でした。 それが、娘がお手伝いをしてくれる年齢になると、一緒に作れる楽しさから、俄然、手作り派に。 それで気づいたことがあります、「餃子のタネ」は微妙に余りやすいと。 最初は余ったタネを丸め、肉団子にしてスープに入れていたのですが、いつの日からか油揚げに詰めて焼くとおいしいことに気づき、家族みんなのお気に入りメニューになりました。 意外とボリュームがあって、 おつまみとしても、 おかずとしても、立派な一品になります。 しかも、油揚げを使うことにより 糖質カットにも。 また、油揚げは大豆製品ですが、同じ大豆製品の豆腐と比べると格段に栄養価が高いというのも嬉しい点です。 たとえば 鉄分は4倍、 カルシウムは5倍、 ビタミンEにいたっては 13倍といったように、効率よく栄養がとれる食材になります。 ということで、私は餃子を作るときはタネを多めに作り、翌日用に油揚げにも詰めておくようにしています。 油揚げ餃子はフライパンで油をしかずに焼けばOKなので、普通の餃子を焼くよりもらくちん。 餃子と同じく、酢醤油で召し上がってくださいね。 キャベツとにらはみじん切りにする。 にんにくと生姜はすりおろす。 2、豚ひき肉に塩を加え、粘りが出るまでよく混ぜる。 3、餃子のタネのそのほかの材料をすべて混ぜ合わせる。 4、油揚げに 3 を適量詰め、入り口を楊枝で止め、フライパンで両面焼く。 5、器に盛り、タレの材料を合わせたものにつけていただく。 子どもは餃子を包むのが大変なので、油揚げで作ると一緒に簡単に作れますね。 がおいしい! ゲストさん 04:42• がおいしい! uuztkiさん 04:30• がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 02:15• がおいしい! ゲストさん 01:18• がおいしい! ゲストさん 01:11• がおいしい! ゲストさん 01:02• がおいしい! ゲストさん 00:54• がおいしい! ゲストさん 00:54• がおいしい! ゲストさん 00:38• がおいしい! ゲストさん 00:38• がおいしい! ゲストさん 00:35• がおいしい! ゲストさん 00:30•

次の

【みんなが作ってる】 餃子 たね 残りのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

餃子 タネ 余り

餃子の皮とタネの賞味期限 餃子の市販の皮は袋に賞味期限が記載されているのでその期限以内に使いきるようにしましょう。 だいたい餃子の市販の皮は冷蔵保存で2週間くらいに設定されているようです。 ただ一度開封したら賞味期限に関係なくすぐに使い切らなくてはいけません。 開封した後は3日以内に使い切った方が良いでしょう。 餃子のタネはひき肉を使用しているので日持ちがしません。 ひき肉はとても傷みにくいので当日中か翌日には使い切るようにしましょう。 スポンサードリンク 余った時は冷凍がオススメ 餃子の皮とタネは余った時は冷凍すると長く保存する事が出来ます。 餃子の皮は冷凍すると皮がくっついてしまう可能性がありあます。 くっつかないように一枚一枚間にクッキングシートやラップを挟んで冷凍しましょう。 また乾燥しないように密封できるジッパー等の袋に入れて空気を抜いて保存するようにしましょう。 冷凍保存すると1カ月は保存できるそうです。 解凍は冷蔵庫にいれて自然解凍が一番適しています。 餃子の皮は餃子以外にもアレンジすれば色々な使い道があります。 餃子の皮でワンタンスープやアップルパイ、ピザなどのおやつも作ることが出来ます。 餃子のタネは使いやすいように小分けしてラップに包んでから密封できるジッパーなどの袋に入れて空気を抜いて冷凍庫に入れましょう。 解凍は冷蔵庫に入れて自然解凍しましょう。 餃子の具はチャーハンの具にしたり、肉団子風にしてスープに入れたり、色々な使い道があるので冷凍しておけばおかずの無いときにとても便利です。 また、冷凍するときは金属製のトレーの上にのせると劣化を防ぐことができます。 まとめ 餃子の皮とタネが余っても使い道があるので上手に保存してとっておきましょう。 すぐに使わないときは冷凍すると長く保存できるので安心です。 特に餃子のタネは日持ちしないので当日で使い切れなかったらすぐに冷凍した方が良いかもしれません。

次の

糖質オフ!餃子のタネでつくる 「油揚げ餃子」

餃子 タネ 余り

手作り餃子って、どの工程で冷凍したらいいの? 手作り餃子って、どの工程まで作ったら冷凍すると良いのでしょう?想像される候補と言えばこの3つくらいでしょうか?• 餃子のタネが完成した段階で冷凍する• 餃子のタネを皮で包んだ段階で冷凍する• 餃子を焼いてから冷凍する 私はこれらすべてを試したことがありますが、実際にうまくいったのは2番だけなんです。 そこで 「2. 餃子のタネを包んだ段階で冷凍する」ことを全力でおすすめします! そしてここからは、私がこの答えに辿り着いた理由について、痛すぎる失敗談とともにお話します。 手作り餃子の冷凍保存がうまくいかなかった失敗談3つ。 これはやったらダメなパターンです! 失敗1:餃子のタネをそのまま冷凍したら失敗。 完成した餃子のタネを、バットの上に平らに広げて冷凍しました。 使うときに解凍して、皮で包むつもりだったのです。 しかし解凍したときに水分がたくさん出て、ビシャビシャになってしまいました(泣) 失敗2:餃子のタネを1個分ずつに分けて冷凍したが、また失敗。 タネを解凍しなくても使えるように、餃子1個分ずつに分けて冷凍してみました。 凍ったままのタネを皮で包む作戦です。 しかしこれも失敗!カチコチに凍ったタネを柔らかな皮で包もうとすると、皮が破れてしまいます。 失敗3:餃子を焼いてから冷凍してみたが、またもや失敗。 いっそのこと焼いてから冷凍しちゃえ!と開き直った私。 数日後、その「焼いて冷凍した餃子」を食べてみたのですが…なんでだろう?美味しくない! 電子レンジで温めるとフニャフニャ。 フライパンで焼いてみたら、普通に焼いてるだけなのに異様に早く焦げるが中は冷たい。 そして中身が全然ジューシーじゃありません(泣) やっと導き出した、手作り餃子の冷凍保存 最終形! こうした失敗を繰り返し、ようやく手作り餃子の冷凍保存で私的ベストな方法に辿り着きました。 手作り餃子を冷凍保存するときは、 皮でタネを包んで、 焼かずにそのまま冷凍するのがおすすめです!そして焼くときは、解凍せず凍ったままの状態で焼きましょう。 私が餃子を冷凍するときに工夫していること。 素早く凍らせるためにアルミ箔を活用。 手作り餃子を美味しく保存するために、素早く冷凍するよう心がけています。 しかし我が家の冷蔵庫には「急速冷凍」などの機能はありません。 そこで、浅型のトレーにアルミ箔を敷いて餃子を並べ、冷凍庫で凍らせます。 アルミは効率良く熱を伝えるので、普通に冷凍するよりも速く凍るみたいです。 (熱伝導率が高いステンレスのトレーやバットがあれば、そこに餃子をそのまま並べてもOKです。 ) 2. 冷凍した餃子の端が割れるのを軽減させる並べ方と保存法。 手作り餃子を冷凍したとき、端(皮を閉じたヒダ)の部分がバッキバキに割れてガッカリしたことはありませんか? (【悪い例】 こんな保存方法をすると餃子の端っこが割れてしまう!) 私は上の図のように、凍らせた餃子をバラバラの状態でチャック付き冷凍保存袋に入れて保存していた時期がありました。 しかし、この保存方法では袋の中で餃子同士がぶつかり合い、端っこの部分がバキバキに割れてしまいます。 (【改善策】餃子を1人前ずつ寄せ固めて凍らせると、端っこの割れを軽減できる。 ) そこで、 餃子を1個ずつバラバラで冷凍保存するのはやめて、1人前ずつ寄せて冷凍することにしました。 凍らせるときは上の写真のように、餃子のヒダの部分の上に、隣の餃子のタネが入った部分を載せるようにして並べます。 どうしても後で1個ずつバラバラで焼きたい場合は、餃子の表面に打ち粉をして並べて下さいね。 あとは冷凍庫でカチコチに凍らせて、1人前をそのままラップやホイルで包んで冷凍保存袋に入れるだけでOKです。 食べるときは、解凍せず凍ったまま焼いてください。 解凍すると水分がでてビシャビシャになってしまいます。 冷凍餃子を1個ずつバラバラに保存するなら四角い浅型シール容器(タッパー)を使うと皮が割れずイイ感じ。 「いやいや、1人前じゃなくて1個ずつバラバラに冷凍したいのよ。 」 その気持ち、わかります。 1人前ずつ固まっていると、フライパンの中に餃子をギッシリ敷き詰めて円盤状に焼くことができません。 これはちょっと寂しいという人もいることでしょう。 そんなときは、餃子を1つずつバラバラに冷凍してから、四角くて浅型のシール容器(タッパー)に入れて保存するのがオススメです。

次の