たぐい まれ なる。 【あつ森】美術品一覧|本物・偽物の見分け方【あつまれどうぶつの森】

たぐいまれなるの意味と使い方に関して!間違いやすい使い方とは?

たぐい まれ なる

いつの頃からか、もう覚えていないが 「類まれなる」というコトバを気に入っている。 中学生だったか、小学生だったか、ずいぶん小さいころから、この手の 子供らしからぬコトバを使っては奇人扱いされたものである。 そうして 奇人扱いされることの開放感もまた、その頃にもう知っていたような気がする。 類、たぐい、といえば、「云々の類」という具合にいろいろなものを、細かく見ればそれぞれ異なった事柄を、ひとまとめにした何かである。 例えば「人類」、ヒトのたぐい。 あなたも私も、彼も彼女も、あのお方もあの輩も、あいつもこいつも、十把一絡げにして「人類」という具合である。 この 類に「まれ」が貼り付くと面白いことになる。 類稀、たぐいまれる何かとは、要するに、一連のたぐい達の中にありながらも、他とはひとまとめにできない何かを持っているということ、稀有な、珍しい、「まれ」な、他と違うところをもっているものである。 境界的な「たぐいまれなる」 「類まれなる」なにかは、類という集合の内部とその外部との 境界に位置する。 類の内部でありながら、内部に安住し切ることがない、内部からみれば異質なところがある。 かといって完全な外部でもない。 類まれなる、というコトバには、こういう内外の 境界的なるもののヒビキがある。 境界的なるものは、「類」がその外部とは異なるものとして生じる=作りされる瞬間に立ち会う。 類まれなる存在があればこそ、その「稀」な部分が欠落したものたちの集まりとして、類の中の均一性が照らし出される。 『たぐい vol. 1』 こんなことを数年来、漠然と考えていたところで、最近出会ったのが 奥野克己氏らの編集による『たぐい』誌である。 表紙をめくると、冒頭の「<たぐい>の沃野へ」という一節に次のようにある。 「人類学では一般に、種が自律し、安定した単位として、ほとんど疑われることのないまま用いられてきた。 種という知的カテゴリーにい対しては、動植物だけでなく、モノ、神々、精霊までを含めた、その場、その時に向き合っている他者の、想像上のまとまりとしての<たぐい>という語を用意しよう。 」 「自律し、安定した単位」と考えられてきた「種」を出発点に思考の出発点に置くのではなく、「その場、その時に向き合っている他者の、想像上のまとまり」で考える。 そのために種ではなく「たぐい」というコトバがちょうど良い具合である。 種と類(たぐい) ここには明瞭な対比がある。 種と類(たぐい)である。 いわば前者は、世界を「できあいのもの」だと信じることである。 それに対する後者は、 世界を、つど個々の生命なり知性なりが「作り出した(あるいは受動的に作らされた)」それ自身にとって有意味な環境についての表象たちの織物と観念することである。 ここでつどつど仮設的に作られるのが「たぐい」である。 ちょうど最近、の量子の非局所性についての本も読んでいるのであるが、そこでは「できあい」の親玉のように信じられている 物理的な世界、その物質性、それが展開する場である「空間」さえもが、ことによると「たぐい」的な情報、あるいは情報のたぐいだと考えたほうがよさそうだ、という話になっている。 シンボルの体系としての言語は、いわば記号と記号の関係、しるしとしるしの置き換え関係のコードである。 それは純粋にしるしとしるしの組み合わせであり、しるし間の関係の「外部」のどこかに根を持ったり、接着されたりはしていない。 シンボル体系は「恣意的」なのである。 恣意的なシンボルに対して、 インデックスとイコンは外部との安定した、反復的な、ときに固定的な対応関係を持つ。 インデックスとイコンは恣意的ではないのである。 イコン りんごの絵は、よほど頑張らない限り犬の絵には見えない、という具合に、イコンは必然的な感じがする(なお、りんごの絵をみてこれは犬だ、と言えるときに、そこにはすでにシンボル関係がはじまっている)。 テレンス・ディーコンは、シンボル以外の インデックスとイコンはホモ・サピエンス以外の他の動物でも、それぞれのやり方で扱うことができるという。 いや、動物というか、 植物もイコンとインデックスを扱っている。 ことによると 岩石さえも、過去の地球の動きのイコンでありインデックスでありうる。 インデックス 例えば、うさぎやリスは、ガサガサと落ち葉を踏み分けるリズミカルな音を聞けば、そこに人間あるいは熊かなにかの捕食者が居ると感じ、ジッと動きを止めて身を隠す。 ガサガサという落ち葉の音と、捕食者のイメージ、この二つが組み合わされている。 この関係がインデックスである。 人間もまた、シンボルだけで行きているのではなく、インデックスと、イコンに、深くその根をはっている。 山の中を歩いていると、大きなつぶれた足跡がある。 あたりには独特の獣臭い匂いが漂っている。 なんとも不穏な感じがする。 「ああ、熊が近くいるに違いない」と、私は思わずゾッとし、心拍も加速する。 感覚と環境に縛られている もちろん、匂いと足跡である。 まだ熊の姿を見たわけではない。 熊だというエビデンスはない。 この足跡と匂いは、もしかすると、新種のおだやかで優しい草食動物かもしれない。 しかしそういうのは「都合のよい解釈」だろうと、私は思うわけである。 熊だというエビデンスはまだないのだから、といくら強気に念じても、まったく安心できない。 息を潜めたままそろりそろりと逃げ出しすほうが良いに決まっていいる。 逆に、シンボル体系のロジックで考えれば「非合理」なことを、私たちがついつい選択してしまうことの地盤には、インデックスとイコンがある。 イコンとインデックスは、環境と感覚器官に、しっかり結びついている。 それ以外ではありえないような表象と外界のひとつの関係がそこにはある。 「たぐい」は「制作」される シンボルだけでも、インデックスだけでも、イコンだけでもない。 シンボルからインデックスへ、あるいはその逆へ、そして更にイコンへと、行ったり来たりすること。 上妻氏の「制作」の概念はこの記号過程を跨いだ往還の運動と、それを通じた表象のブリコラージュ的な制作を捉えようとしたものである。 世界が、できあいの「種」たちからなる確固たる体系として、予め固く静的な構造をなして「いない」のであれば、世界はどこにどう存在するのか? それはおそらく、「個別具体的」な生命が、つどつど、自分にとっての有意味な環境世界の表象を、 「なにかのたぐい」として作り出し続ける所に、生じるのである。 その「作り出し」は、シンボルを自由気ままに組み合わせるという作業ではなく、例えばわたしというひとりの生命がもつ多彩な「感覚」とその埋め込まれて生きる「環境」の接点で、緊張と不安と興奮が入り交じった流れのなかから自ずと浮かび上がるような、あるいはやむを得つ作らざるを得ないというたぐいの、しろものかもしれない。 予め完成見本も、マニュアルも、コード表もないところで、遺伝子や言語といった「それ以外にない」がしかし実はとてもおぼつかない撃鉄を手がかりに、試行錯誤でたぐいを制作する。 そこでたぐいは、好むと好まざるとにかかわらず、いつも「まれ」なものであるはずだ。 おわり 関連note こちらもどうぞ。

次の

【あつ森】美術品一覧|本物・偽物の見分け方【あつまれどうぶつの森】

たぐい まれ なる

いや、だいたい、自分が窮地におちいっていることを、意識しているかどうかさえ怪しいものだった。 彼は自分のたぐいまれなる生命力に、絶対の自信を持っているにちがいないからだ。 しかし、それでもなおサラマンドラが窮地におちいっているのは事実だった。 … 山田正紀『宝石泥棒』 より引用• ノミ小僧さんが、新入りのわたしにわかりやすいようにと、異常という形容を使ったわけでしょう。 異常な性格のなかには、たぐいまれなる美点という意味も含まれております。 そのへんに誤解があるようです。 … 星新一『にぎやかな部屋』 より引用• 以後、ホテルからの移動の時には、それを借りて使うことにした。 たぐいまれなる幸運というべきか、カバンのカギとはこの程度のものなのか。 船で二日、ナホトカへ着く。 … 星新一『きまぐれ体験紀行』 より引用• よくよく見れば、なぜ彼の容貌や個性にあれほど強くひきつけられたのか、その理由がわかってきた。 彫りの深い目鼻立ちには、彼の母親のたぐいまれなる美しさが充分に現われている。 しかし、それはきわめて男性的な美貌で、灰色の目とその表情は、まさしくわたしゆずりのものだ。 … バローズ『火星シリーズ02 火星の女神イサス』 より引用• いやいや、美貌だけならばあの聡明なるミス河崎がかれと結婚しようと思うほどかれを愛しはしなかったでしょう。 あのたぐいまれなる美貌のなかにくるまれた才能と 叡智 えいちそれを彼女は愛したのでしょう。 … 横溝正史『支那扇の女 他一篇』 より引用• その当時、これもかなりの女流作家であったミス河崎はかれの才能を愛しました。 いや、かれの才能を愛したつもりのミス河崎は真実はかれのたぐいまれなる美貌を愛したのです。 いやいや、美貌だけならばあの聡明なるミス河崎がかれと結婚しようと思うほどかれを愛しはしなかったでしょう。 … 横溝正史『支那扇の女 他一篇』 より引用• 写真はまだ世に珍しいが、下岡蓮杖という高名な写真師の名は聞いたことがある。 それよりも彼の眼をとらえたのは、そこに写されている遊女姿の女のたぐいまれなる 妖艶 ようえんさであった。 とくに絵とちがって写真だけに、しかも女の顔をこんなに大きく撮ったものを見るのははじめてといっていいだけに、それはまさに生けるがごときなまなましさであった。 … 山田風太郎『警視庁草紙(上)』 より引用• しかし重大な問題は、彼女がまったく意を払わないということであった。 私の持つたぐいまれなる魅力どころか、私の存在そのものに。 こんなにしょっちゅう会っているのに。 … 森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』 より引用• そして、ついに昭和四十七年七月、衆参両院で総理大臣に指名される。 田中がたぐいまれなる力量の持ち主だったことを否む者はない。 若い頃の彼は精力的に議員立法に取り組んだ。 … 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』 より引用• 生命の木は不死をさずけるが、それを手に入れるのは容易ではない。 たぐいまれなる英雄のみが挑むことのできる冒険だ。 バビロニアの英雄ギルガメシュは不死の草を求めて海の底にまで出かけた。 … 石井美樹子『中世の食卓から』 より引用• 通説に反して、彼女はたぐいまれなる「愛国の女王」だったと私は考えるのである。 そういう彼女の生涯を、これから私は描こうというのであるが、それにはまず彼女の属するプトレマイオス王朝誕生の話をしなくてはならない。 … 酒井傳六『古代女王ものがたり』 より引用• そんなことをいわれてもと、麻衣子は困惑した。 これは親から生んでもらった、たぐいまれなる、どこといって欠点のない、 奇麗 きれいな顔と体である。 このごろ京や江戸ではやっている阿国かぶきのながれをくむものであろう。 一座といっても、踊るのは女三人、あと四人の男は 囃子方 はやしかただが、そのたった三人の踊り子のたぐいまれなる 美貌 びぼうが人々の眼を見張らせた。 日々、城外に出てみずから町づくりの采配をふるっていた上総介の眼にこれがとまった。 … 山田風太郎『くノ一紅騎兵』 より引用• あの恋文の気色悪さは、想う人を逢い引き場所からむしろ渾身の力をこめて追い払うたぐいの気色悪さだ。 たぐいまれなる経験を累々と積み重ねて幾星霜、本来ならばそれぐらいのことは先生にも呑みこめているはずなのにこの 体 ていたらく。 いと恥ずかしくも哀れなり。 … 森見登美彦『有頂天家族』 より引用• ファーブルはチャールズとは親交があり、チャールズも彼を「たぐいまれなる観察家」と高く評価したが、彼は進化論への批判をやめなかった。 ファーブルが行った批判のひとつに狩りバチの例がある。 第一、もったいないと、おれは思うよ。 たぐいまれなる美女というものは、つまるところ、あらゆる可能性をはらんでいる生物ということだ。 あらゆる可能性とは、言いかえれば、あらゆる苦労、あらゆる快楽が可能であるということなんだ。 … 武田泰淳『快楽』 より引用• なぜならば体に欠陥のあるものが高い地位につくことは許されなかったためである。 ディアン・ケヒトにはミアハという息子がいたが、このミアハはたぐいまれなる才能を持ち、ディアン・ケヒト以上の技術を持っていた。 果てにはヌアザの腕をも元通りに治してしまったのである。 三人ともにたぐいまれなる資質をそなえたダイバーだ。 が、いかんせんまだ若い。 … 森絵都『DIVE!! 下 RubyMate変換 』 より引用• 硫黄岳のいただきの雪はバラ色にそまり、そのかげは紫色に燃えていた。 朝日を受けて輝くという他動的なものではなく、山そのものの地核からそのたぐいまれなるバラ色が、にじみ出して来て 雪肌 ゆきはだをそめているように見えた。 それは、処女が示す羞恥のためらいのように清楚な美しさを持っていた。 … 新田次郎『孤高の人』 より引用• これよりますます、『でうす』の御戒身にしめて、心静かに末期の御裁判の日を待ったがよい。 また『ろおれんぞ』がわが身の 行儀 ぎようぎを、御主『ぜす・きりしと』とひとしくし 奉 たてまつろうず志は、この国の奉教人衆の中にあっても、たぐいまれなる徳行でござる。 … 芥川龍之介『蜘蛛の糸・地獄変』 より引用•

次の

「類稀」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

たぐい まれ なる

「類稀」は「たぐいまれ」と読みます。 「類稀」の意味は「 似たようなものがなく珍しいこと」です。 「類稀な才能」「類稀な美しさ」などの形で使われますね。 ポジティブな意味を持ったほめ言葉として使われることの方が多いです。 「類」には「同じような」といった意味があります。 これに希少であることを表す「稀」をつけることで同じようなものがないことを表しています。 一つ気をつけたい誤用があります。 「たぐいまれない才能」などと使う人がいますが、これは間違った使い方です。 恐らく響きが近いためこのような使い方をしてしまうのだと考えられますが、これでは意味が伝わりません。 「たぐいまれない才能」ではなく、「たぐいまれな才能」が正しい形です。

次の