結婚式 クレジットカード 使えない。 夫婦で持ちたいクレジットカードは?メリットとおすすめカードを紹介!

旧姓のクレジットカード使用はデメリットばかり!?結婚&引越し後の氏名・住所の変更方法

結婚式 クレジットカード 使えない

そのため、結婚式費用のようにまとまった金額を支払う時に、クレジットカード払いができて、さらにマイルが貯まればいいなあ……なんて思っていたカップルも多いのでは? そんなカップルに朗報! 現在、結婚式費用の総額に応じて航空会社のマイルがプレゼントされるシステムを導入している結婚式場が増えているんです。 結婚式費用の支払いでマイルが貯まるなら、そのマイル(マイレージ)を新婚旅行の航空券に使うこともできるという嬉しい側面も! そこでマイナビウエディングでは挙式費用をクレジットカード払いができる結婚式場やマイルが貯まる結婚式場、さらに結婚式をオトクにかなえるポイントをご紹介します。 (東京都・京橋駅) 東京駅から徒歩5分。 都心の眺望を楽しみながらフロア貸切の贅沢なウエディングがかなうゲストハウス。 ニューヨークの高級レジデンスをイメージした会場や高級アジアンリゾートをテーマにした会場など、都心にいながらリゾート気分を味わうことができます。 テイストが異なるパーティ会場は3つあり、すべてフロア貸切にできるほか、隣接するロビーも貸切にできるのでプライベート感のあるウエディングを希望するふたりにオススメ。 結婚式では外資系ホテルのラグジュアリーな雰囲気とANAならではの決め細やかなおもてなしがかないます。 独立型と館内の2つのチャペル、3つのパーティ会場、89の客室を完備し、ホテルのサービス力や施設力を兼ね備えています。 左右非対称のデザインが印象的なチャペルは、個性の違うふたりが結ばれることを表現しています。 ステンドグラスから差し込む光に包まれるバージンロードをぜひ見学にきて。 博多から電車で6分、福岡空港からも11分、最寄り駅から徒歩30秒なので遠方ゲストも安心。 全国に出張サロンがあるので、お気軽にお問い合わせを。 高額な支出となる結婚式費用の支払いをクレジットカードで決済できたり、マイル(マイレージ)を貯められれば、特典航空券と交換できたり、シート(座席)のアップグレードに使えたりと特典もいろいろ。 賢く計画的に利用してステキな新婚生活をスタートさせてくださいね! また、さらに賢くオトクに結婚式場探しをしたいというカップルにはの利用がオススメ。 マイナビウエディングサロンでは結婚式費用や人数、エリアなどの条件から、ふたりにピッタリの結婚式場をご案内しています。 マイナビウエディングサロン経由でブライダルフェアや会場見学などのスケジュールを効率よく組むこともできますし、ウェブには掲載していないオトクな結婚式プランのご紹介も可能です。 店舗に行かなくても、スキマ時間で相談できるのサービスも。 もちろん、.

次の

新婚夫婦におすすめの無料クレジットカード5選【2020年版】

結婚式 クレジットカード 使えない

夫婦でクレジットカードを持とう! 冒頭で述べたようにクレジットカードはポイントの獲得や支払いの効率化をはじめ、サービスや特典を楽しむこともでき、とてもお得なものです。 また、結婚すると新婚旅行などをはじめ、何かと支払いをする機会は増えます。 そうすると、さらにクレジットカードの需要は大きくなるため、ぜひ1枚は持っておきたいところです。 このように 結婚生活でのクレジットカードの需要は高いのですが、実は夫婦でクレジットカードを使用する際には注意しておきたいポイントがいくつか存在します。 それでは、注意点や上手な使い方について説明していきます。 夫婦でクレジットカードを持つには? クレジットカードには非常に多くの発行会社があり、ひとつの発行会社からも複数のクレジットカードが発行されています。 それぞれ異なるメリットがあり、複数のカードを使いこなすことで非常に効率よくポイントを貯められるなどの多くの利点があります。 しかし、 やはり数が多い分、管理の手間がかかります。 それぞれのクレジットカードで年会費がかかることを考えても、クレジットカードは3、4枚の所持にとどめておいて、それらを使い分けるのが最も良いのではないでしょうか。 さて、これが夫婦になると枚数は倍になり、管理はさらに大変になります。 結婚生活では出費も多くなり、家計の管理は重要になるにもかかわらず、クレジットカードが6枚も7枚もあったら大変です。 そこで登場するのが 家族カードです。 家族カードとは、一言でいうとクレジットカードをうまく家族共用で使用したいときに活躍するカードです。 では、家族カードの詳細について解説していきます。 家族カードとは?夫婦で持てるクレジットカードがおすすめ! 家族カードとは、家族にクレジットカードの会員がいる場合、そのクレジットカードと同じサービスをより安い年会費で受けられるクレジットカードのことを指します。 すなわち、例えば夫が三井住友カード ゴールドを所有している場合、妻が新しく三井住友カード ゴールドを発行しなくても、代わりに家族カードを発行すれば夫のカードと同様のサービスを使用できるということです。 もし夫婦や家族で同じクレジットカードが欲しいという場合、そのクレジットカードが家族カードを発行しているかはチェックしておくとよいでしょう。 家族カードには以下のようなさまざまなメリットがあります。 家族カードのメリット• 本会員と同一口座から引き落とされる• 利用明細書が本会員と家族カード会員でまとめて見られる• 年会費が本会員のカードと比べ安い、もしくは無料であることが多い• 本会員のカードと同じサービスを受けられる• 貯まったポイントは本会員のポイントと共有することも可能 やはり一番のメリットは、 安い年会費で本会員と同じサービスを受けられることでしょう。 ショッピングなどの支払いはもちろん、の利用やホテルの割引は生活を共にする夫婦にとってありがたいことだと思います。 本会員と家族カード会員の引き落としが同じ口座からされ、利用明細書がまとめられることも家計をともにする夫婦にとっては嬉しいことといえます。 ポイントの共有も、本会員と家族カード会員のふたりで貯めれば効率もよく、ポイントを貯める楽しさも増すことでしょう。 このように家族カードには さまざまなメリットがありますので、積極的に利用していきたいところです。 クレジットカード選びのポイントは? 一般的に、クレジットカードを選ぶときのポイントとなるのは以下のような項目です。 クレジットカードを選ぶときのポイント• 年会費• ポイント還元率• 各種特典・サービス• 旅行傷害保険• ステータス性 夫婦でクレジットカードを持つときは、これらに加え家族カードを提供しているかもチェックしておくべきでしょう。 また、他にもさまざまなチェックポイントがありますので、詳細を解説していきます。 夫婦でクレジットカードを選ぶときに注意したいポイント 夫婦でクレジットカードを選ぶとき、家族カードを取り扱っているかはもちろんですが、他にもチェックしておくべきポイントがあります。 そのひとつが、 結婚式、新婚旅行の支払いをクレジットカードでできるかということです。 詳細は後述しますが、結婚式や新婚旅行は高額の買い物であるがゆえに、クレジットカード払いによるポイント還元の額も大きいものになります。 クレジットカードで支払うだけで 数万円戻ってくるケースもありますので、事前にしっかり確認しておくとよいでしょう。 また、各種ポイントやマイルのポイントは効率よく貯められるかもチェックすべき項目のひとつであるといえます。 家族カードを発行するクレジットカードは必然的にメインで使用するカードとなりがちなので、ポイント還元率の高いカードをしっかり選んでおくことが大切です。 クレジットカードをひとりで持つことと夫婦で持つことの違い 上述した家族カードの存在から、クレジットカードをひとりで持つことと夫婦で持つことには非常に大きな違いがあります。 年会費が大幅に節約できることをはじめ、貯まったポイントや引き落とし口座の共有など、生活をともにする家族だからこそ需要のあるメリットが数多く存在します。 もしクレジットカードをまだ持っていない方は、結婚を機に家族カードを前提としてクレジットカードを作成してみることをおすすめします。 夫婦でクレジットカードを有効に使おう!おすすめ活用術 結婚して初めてクレジットカードを持ったという人には、クレジットカードの有効な使い方が分からないという人も多いでしょう。 ここでは、クレジットカードの上手な活用方法を簡単に説明します。 まずは夫婦での使用に限らず、一般的な活用方法について紹介します。 普段の支払いをクレジットカードで クレジットカードの使用用途としてまず思いつくのが、 普段のショッピングでの支払いでしょう。 多くの場合が月末にまとめて清算する後払い制であり、なおかつ使用履歴も残るため、 家計管理にはぴったりのシステムです。 クレジットカードによっては、買い物することで ポイントが還元されるのもありがたい点です。 などについてはカードごとに異なり、記事の後半のおすすめクレジットカード紹介で触れていますので、ご参考ください。 また、 空港ラウンジやホテル宿泊割引などのサービスが付帯している点も嬉しいポイントです。 他にも国内外の 旅行傷害保険が付帯しているカードも多く、空港ラウンジなどのサービスも相まって、よく旅行に行く方にとってクレジットカードは必須のアイテムであるといえるでしょう。 ワンランク上のクレジットカード活用術 上述したようにクレジットカードにはさまざまな活用方法があります。 さらに、結婚生活に焦点を当てると、さらなる活用の場が多くあり、 代表的なのが結婚式や新婚旅行などの機会です。 それでは、ここからは夫婦にとって役立つワンランク上のクレジットカード活用術について解説していきます。 結婚式や新婚旅行でもクレジットカードは活躍! 結婚式はとても嬉しいものですが、平均300万円程度の費用がかかるといわれています。 金銭的に見るとやはり痛手だと感じる人が多いでしょう。 そこで注目したいのがクレジットカードのポイント還元です。 マイルが貯まるクレジットカードで結婚式費用を支払い、新婚旅行の飛行機代を獲得できたという話もよく聞きます。 ただ、残念ながら全国すべての結婚式場でクレジットカード払いが可能なわけではありません。 クレジットカード払いが可能かどうかは式場ごとに決まっているので、事前によく確認しておく必要があるでしょう。 さらに、クレジットカードは新婚旅行の代金の支払いにも同様に役立ちます。 新婚旅行にかかる代金の平均は約60万円と言われていますので、1%の還元率なら6,000円の節約になります。 クレジットカードを使用するだけで結婚式と合わせて 36,000円程の節約となるので、利用しない手はないでしょう。 このように結婚式、新婚旅行といった大きな買い物の際にはクレジットカードは活躍します。 ただ、気を付けていないとトラブルになるような注意点も存在しますので、事前に問題がないか確認しておくことは重要です。 結婚式、新婚旅行でクレジットカードを使用する際の注意点• クレジットカードの利用限度額を超えていないか• 旅行傷害保険は付帯しているか• 還元率は十分か• 海外旅行の場合、海外での加盟店数は十分か とくに、結婚式や新婚旅行は普段の生活では扱わないような高額のお金が動きます。 そのため、普段はクレジットカードの 利用限度額を気にしていないという方が、うっかり利用限度額を超えてしまい、支払いができないというケースがあるのです。 それを避けるためにも、必要となる費用の確認や、利用限度額の引き上げ、もしくは使用するクレジットカードを複数枚にするなど、対策を打っておく必要があるでしょう。 また、新婚旅行の支払いにクレジットカードを使用する場合、 旅行傷害保険の付帯しているクレジットカードを選んでおくと便利です。 クレジットカードによっては、そのカードを支払いに使用しないと保険が適応されない場合もあるので、事前によく確認して予約するとよいです。 ポイント還元率については、還元されるポイントに直結するため、なるべく還元率の高いクレジットカードを選んでおきたいところです。 記事後半でおすすめクレジットカードを紹介していますので、それらを参考に自分に合ったクレジットカードを見つけるとよいでしょう。 また、新婚旅行で海外に行く際に重要になるのが、使用しているクレジットカードがどこの国際ブランドであるかという点です。 には、、、アメックスなどさまざまな種類がありますが、特にJCBは日本発祥の国際ブランドであるがゆえに、海外での加盟店数はやや少なめです。 JCBを含め、どの国際ブランドのクレジットカードも主要都市であれば問題なく使用できますが、都市部を離れると使用できない場合もあります。 もし不安な場合は、加盟店数トップの VISAを選んでおくとよいでしょう。 クレジットカードで上手に家計管理 結婚すると、結婚式や新婚旅行はもちろん、引越しや家具家電の購入、人によっては育児などで出費が多くなりがちです。 そのため家計をしっかり管理することの重要性は上がりますが、 クレジットカードを使用することで家計の管理をより簡単にすることができます。 具体的な方法として、以下の2つが考えられます。 クレジットカードを活用した家計管理• 家計管理アプリと提携する• 引き落とし口座をネットバンクにして夫婦で共有する スマートフォンが普及した今の世の中では、家計管理アプリも非常に高性能なものが数多く提供されています。 それらのアプリとクレジットカードを提携することで、自動的に使用用途や金額が記録されるため、家計の管理は非常に効率的になることでしょう。 また、夫婦で共通の口座を使うことも、現在は簡単に行うことができます。 このように、クレジットカードをうまく活用した家計管理の方法はいくつか存在するので、ぜひ利用するとよいでしょう。 夫婦におすすめのクレジットカード 記事前半では、夫婦でクレジットカードを持つことのメリットや、クレジットカードをうまく活用する方法について解説しました。 特に結婚式や新婚旅行のクレジットカード払いなどはリターンも大きく、ぜひ利用すべきでしょう。 記事後半では、具体的な おすすめのクレジットカードについて、その理由や特徴とともに紹介していきます。 家族カードの特性を活かすため、やや年会費の高いクレジットカードも含まれていますが、年会費にみあうリターンがあるカードばかりですので、ぜひご参考ください。 ポイントを貯めるならおすすめのクレジットカード!楽天カード 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 まずは、テレビCMでも非常に有名なについて紹介します。 楽天カードは年会費無料で作成することができ、かつ最大の魅力はその ポイントの貯めやすさにあるでしょう。 ただ、年会費無料はありがたいことですが、夫婦で使う場合は、家族カードの大きな特徴である年会費を抑えられるというメリットが薄れてしまうため、やや残念な感じは否めません。 しかし、それを加味しても魅力が豊富にあるカードであり、かつポ イントを夫婦で共有できるという点は家族カード独自のメリットです。 それでは、楽天カードの特徴について紹介していきます。 楽天カードの主なメリットは、以下のようになります。 楽天カードの特徴• ポイント還元率が高く、関連サービスの利用でさらに効率よくポイントを貯められる• 年会費無料• 審査難易度が低め• セキュリティ面も安心• 海外旅行傷害保険が付帯している 年会費が無料であり、審査の難易度も高くないことから、とりあえず作成しておいてもよいクレジットカードであるといえます。 さらに、年会費無料ながら海外旅行の旅行傷害保険が付帯しており、海外旅行の際も安心です。 ハワイ、ワイキキには 楽天カード会員専用のラウンジがあり、PCの使用や日本語で対応してくれるスタッフによるサービスを受けることができます。 このように、ポイントばかりが注目される楽天カードですが、ポイント以外のサービスも充実しています。 楽天ポイントのシステムの詳細を解説! さて、楽天カードを語るうえでかかせないのがポイントについてです。 楽天カードはもともとポイント還元率1%のカードであり、十分高還元率のカードです。 しかし、楽天カードのすごいところはここからで、楽天市場をはじめとする楽天関連のサービスをうまく利用することで、もらえるポイントは大幅に増えるのです。 このように、 楽天関連サービスをいくつも使用することでポイント還元率は上昇していき、期間限定キャンペーンも使用すると最大で20%程度の還元率にすることも可能です。 ポイント還元率をアップさせられる楽天関連サービスは、以下のようなサービスが挙げられます。 ドラッグストアで買える商品は、ほとんど楽天市場で済ませています。 化粧水、乳液、サプリメント ビタミン剤など 、整腸剤、目薬などです。 あと本や雑誌、CDやDVD、ブルーレイなども楽天市場の店舗で購入しています。 スポーツくじのtotoやBIGも楽天totoで購入しています。 楽天カードを登録しておけば楽天のユーザーIDとパスワード一つで簡単にくじが購入できるので便利です。 そして一番のオススメが楽天リサーチです。 無料で会員登録ができ、アンケートに答えるだけで一ヶ月間で簡単に500ポイント前後を稼ぐことができます。 楽天市場での一ヶ月分の配送料ぐらいにはなるので、 楽天カードを使ってガンガン買い物ができます。 明細を見れば前の月に何に使ったか明確にわかりますし、家計簿代わりにもなるからです。 前もって月々に楽天カードを使うための予算を決めておいて、足が出ないように支払額を管理しています。 また、楽天ショッピングサイトでの使用頻度が高いことから、ポイントが多くつくタイミングでまとめて買い物をしているのも注意している点です。 いつも3%の還元率が5%、10%と上がるチャンスがある時にまとめ買いをしていて、もらったポイントを次のまとめ買いに利用して割引をする 、といった方法を繰り返してお得に買い物を楽しんでいます。 楽天カードの口コミには、やはりポイント還元に関する好評の声が多いです。 家族カードがある場合、ポイントは家族で共有できるので、ポイントを貯めること自体も一緒に楽しむことができます。 続いて紹介するのは、アメリカン・エキスプレス ゴールドカード、通称です。 アメックスはVISAやJCB、Mastercardのような国際ブランドのひとつであり、自社でもクレジットカードを発行しています。 アメックスは ステータス性の高さが特徴です。 それというのも、世界で初めてプラチナカードやブラックカードといったクレジットカードを生み出したことに由来します。 また、付帯している旅行傷害保険や、提供されるサービスや特典が豊富であることも特筆すべき点のひとつであり、アメックスが選ばれるポイントのひとつです。 今回は、そんなアメックスカードのうち、とくにステータス性が高めのゴールドカードである、アメックスゴールドについて紹介します。 アメックスゴールドの特徴としては、以下の点が挙げられます。 トラベル エンターテイメント ・空港ラウンジ ・プライオリティ・パス ・手荷物無料宅配サービス ・エアポート送迎サービス ・空港パーキング優待 ・プリファード・ゴルフ ・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ・H. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク など ・コットンクラブ ・新国立劇場 ・ゴールド・ダイニング by 招待日和 ・American Express Invites レストラン優待 ・ゴールド・ワインクラブ ・京都観光ラウンジ など また、付帯する海外旅行傷害保険は 最高1億円が補償され、さらに航空便が遅延した場合に必要となった費用を補償してくれるサービスもあります。 一方で、年会費はやや高めに設定されており、本会員は29,000円、ひとり目の家族カード会員が無料、ふたり目以降の家族カード会員が12,000円となっています。 とはいえ、ある程度旅行に行く方であれば十分もとはとれる価格設定であるうえに、家族カードを利用すればさらにお得になります。 旅行に行く機会が多い方は、ぜひ発行を検討してみてはいかがでしょうか。 デメリットとしては、年会費がかかるのと、料金が高い。 他の主要カードと比べて、たまに海外で使えない店舗が多少ある。 これは、絶対にお得です。 入会の決め手もこの特典があるからでした。 次にプライオリティ・パスという特典です。 国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は、年会費無料 通常99ドル で登録できます。 1回27ドルの利用料が年間2回まで無料になります。 ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供してくれるので、ワイン好きにはとてもいいサービスです。 因みに、家族カードは1枚が年会費無料となっています。 アメックスゴールドの口コミは、やはり旅行先で受けられる豊富なサービスや、充実した旅行傷害保険が人気を集めています。 JCB CARD Wの提携店とポイント還元率• スターバックス:5. Amazon:2. セブンイレブン:2. イトーヨーカドー:2. 5% 他にもさまざまな店舗と提携しており、該当する店舗をよく使用するという方はぜひ作成しておくとよいでしょう。 また、年会費無料で 最高100万円の海外ショッピングガード保険が付帯しているクレジットカードは珍しく、海外旅行でも安心です。 一方、JCB CARD WはJCBの発行するカードであるので、上述したように海外の加盟店数はVISAなどと比較すると やや少なめです。 ただ、海外でもハワイや台湾、グアムといったなじみ深い観光地なら問題なく使用でき、現地にある JCBプラザラウンジという旅行者用の施設も会員であれば使用することができます。 このように、JCBだからといって海外旅行に向かないというわけではないので十分選択肢には上がります。 あくまでご自身の旅行のプランに合わせてクレジットカードを選択するとよいでしょう。 気づいたときにはかなりポイントが貯まっています。 以前とは比べものになりません。 Amazonショッピングやセブンイレブンでのお買い物、昭和シェル石油、スターバックスなどは更にお得なので、 JCB CARD Wを持っていると色々な場面でお得を感じることができます。 入会するときは、やはり年会費が気になりますがJCB CARD Wは年会費無料です。 これはかなり安心ですし、とても嬉しいポイントでした。 長く使っていきたいので、年会費無料というのは私にとっては必須でした。 親もJCB CARD Wにしたいと言っていましたが、39歳以下の人しか入会できないので残念がっていました。 今までは、何も知らなかったのですが、ただ、クレジットカードを持っているだけでこのサービスがあるのは、海外出張がある私にとっては、満足できるものでした。 また、JCBさんのサイトでマイページを登録していると、今月使った内容やポイントが確認できて、何もしなくてもお小遣い帳のようにまとめてくれるところが良かったです。 また、プレゼント企画も多く、楽しんで使えました。 また、不便だ!と感じたことは、特に見当たらず、何事もなく使用することができました。 使い始めは、なかなかやり方がわからずで、サービスセンターへ問い合わせた事も一度あったのですが、すぐに電話も繋がり対応していただきました。 JCB CARD Wの口コミでは、年会費が無料ながら高いポイント還元率であることや、海外旅行の保険がある件について評価されているようです。 また、提携店での使用で非常にお得にポイントを貯められるため、それらの店舗を良く使用する方はとりあえず作っておいてもよいかもしれません。 イオンカードセレクトの特徴• 年会費無料• 審査の難易度が低く、主婦や学生でも作成しやすい• イオンシネマの割引をはじめ、その他さまざまな優待が受けられる イオン系列の店舗はユーザーの層が幅広く、その中には学生や主婦も含まれます。 そのような人々もターゲット層として捉えているせいか、 イオンカードセレクトの審査難易度は低く、かつ年会費も無料と、誰でも比較的簡単に作成することができます。 その他にもイオンシネマが300円引きで利用できたり、カラオケ館、カラオケビッグエコーが室料30%オフで利用できたりと、 多くの特典があります。 イオングループは幅広い店舗と提携しているので、うまく利用してお得にサービスを利用しましょう。 ただ、基本のポイント還元率は0. 5%と標準並みです。 結婚式や新婚旅行の代金を支払うのは、より還元率のよいクレジットカードにしておいて、イオンカードセレクトは普段の買い物などに利用するとよいかもしれません。 イオンウオレットというイオンカード会員のアプリがあり、その中で期間限定のキャンペーンでポイントが当たるものや旅行や商品が当たるものがあり、実際にポイントが当たった事もあり楽しめている。 イオン系列のお店でイオンカードセレクトで支払うと、割引の特典がある。 家の近くにイオン系列のスーパーがあるので、日々の食料品や日用雑貨品、衣類などWAONカード支払いだとチャージし忘れてたらレジでチャージしなくてはならないが、イオンカードセレクト支払いにすると、レジでサインも要らずスピーディでWAONカード支払いよりもポイントが倍になる。 イオンカードセレクト所有者の声では、やはりイオン系列店の使用が多い方が目立ちました。 JALゴールドカードの特徴• マイル還元率1~2%• 空港ラウンジが使用できる• 国内外の旅行傷害保険が最高1億円補償• 搭乗のボーナスマイルが25%付帯• ショッピングマイルが通常の2倍の還元率1%• 年会費は17,280円 通常のJALカードはマイル還元率0. 5~1%のところ、 2倍ものマイル還元率となっており、他にもフライトマイルが25%プラスされるなど、マイルを貯めやすい色々なシステムがあります。 また、空港ラウンジの利用や、 最高1億円まで補償されている充実した付帯保険もあり、飛行機を利用する方にとってはとてもありがたいクレジットカードではないかと思います。 ゴールドカードだけあって年会費は 17,280円とやや高めですが、空港ラウンジの使用や充実した保険内容、マイル還元率はゴールドカード以上の特権であるため、ぜひゴールドカードを入手しておきたいところです。 クレジットカードでマイルのポイントを効率的に貯めるには? ここでは、マイルを効率的に貯める方法について説明しましょう。 まず、マイルを貯めるには以下の3通りの方法があります。 マイルを貯める方法• 通常のフライトで貯める• ショッピングマイルを利用する• ボーナスマイルで貯める まずは通常のフライトで貯められる フライトマイルですが、これはフライトの区間によって決まっているの一定のマイルであり、そこにビジネスクラスやファーストクラスといった座席のランクによる倍率がかけられて付与されます。 例えば、東京からロサンゼルスまでの区間マイルは5,458マイルですが、ファーストクラスを選択していれば1. 5=8,187マイルが付与されることになります。 次に日々の ショッピングで還元されるマイルですが、JALゴールドカードでは100円=1マイルの還元率となっています。 日々の買い物で積極的にJALゴールドカードを使用することで、かなり効率的にマイル還元の恩恵を受けられることでしょう。 また、マイルは一定条件を満たした場合 ボーナスマイルが付与されることもあり、その方法でもマイルを貯めることができます。 例を挙げると、以下のようなボーナスマイルがあります。 \ インターネット入会限定! 「マイ・ペイすリボ」を3万円以下で登録して7万円利用するだけで、 もれなく1,000円プレゼント! / 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 最後に紹介するのはになります。 三井住友カード ゴールドは日本で初めてVISAカードを発行した歴史あるクレジットカードであり、それだけ知名度や信頼性も高いです。 そして、三井住友カード ゴールドはそのブランドに加え、ゴールドカードの中では 年会費が安いということが大きな特徴です。 年会費を抑えるには後述する条件を満たす必要がありますが、最大 4,000円まで抑えることができ、非常にリーズナブルなゴールドカードといえるでしょう。 もちろん、他のゴールドカードと比較しても遜色のない豊富な特典やステータス性も持っていますので、ゴールドカードを入手したいという方には非常におすすめです。 それでは、三井住友カード ゴールドの詳しい特徴を紹介しましょう。 三井住友カード ゴールドの特徴• ポイント還元率0. 5~1%• 空港ラウンジが使用できる• ゴールドカードの中では年会費が安く、最大4,000円まで割引できる• 国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償される ポイント還元率や空港ラウンジの利用、旅行傷害保険の内容などを見ると平均的な数字となっています。 ただ、やはり特筆すべきは 年会費の安さでしょう。 通常、三井住友カード ゴールドの年会費は10,000円ですが、 「WEB明細書サービス」と 「マイ・ペイすリボ」のサービスを利用することで4,000円まで割引することが可能です。 ひと月あたり300円程度でゴールドカードが使用できると考えると、非常にお得なカードであるといえます。 三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行の場合は、貴重品を盗難された、破損してしまった等の損害相手にけがをさせてしまった時の賠償、死亡やケガをした時等に保険金が出ます。 国内旅行の場合でも、バスや電車などの公共交通乗用具に搭乗中の傷害事故、宿泊先が火災、募集型企画旅行参加中での傷害事故が起こってしまった時に、死亡後遺症保険金、入院費、通院費、手術保険金が出ます。 未成年の家族にもそのサービスが一部付帯されるという、手厚い補償に惹かれ、三井住友VISAゴールドカードを選びました。 ポイントも多くつくので、嬉しい限りです。 また、コンビニ利用の際に予めiPhoneに登録しておくと携帯一つで決済ができるので、お会計がスムーズにできるようになりました。 空港利用時に航空券と三井住友VISAゴールドカードを提示すると、ラウンジを使えますので、待ち時間が以前は苦痛でしたが、今はドリンクを頂きながらゆっくりと待てるので、楽しくて仕方ないです。 マイルも貯まるので有り難いです。 普段のショッピングでついついバーゲンなどあると使いすぎてしまいますが、上限設定も低額から出来るので助かっています。 今月出費が嵩んだら、リボ払いに切り替えているので自分に合った運用ができています。 年会費の安さ以外でも、旅行傷害保険や空港ラウンジのサービスも注目されているようでした。 年会費が安いとはいえ、 提供するサービスの質は確かです。 ゴールドカードが欲しいけれど、なるべく出費は抑えたいという方は、ぜひ検討すべきクレジットカードでしょう。

次の

結婚式費用ってみんなはいつどうやって払ってる?支払い方法とタイミング

結婚式 クレジットカード 使えない

夫婦でクレジットカードを持とう! 冒頭で述べたようにクレジットカードはポイントの獲得や支払いの効率化をはじめ、サービスや特典を楽しむこともでき、とてもお得なものです。 また、結婚すると新婚旅行などをはじめ、何かと支払いをする機会は増えます。 そうすると、さらにクレジットカードの需要は大きくなるため、ぜひ1枚は持っておきたいところです。 このように 結婚生活でのクレジットカードの需要は高いのですが、実は夫婦でクレジットカードを使用する際には注意しておきたいポイントがいくつか存在します。 それでは、注意点や上手な使い方について説明していきます。 夫婦でクレジットカードを持つには? クレジットカードには非常に多くの発行会社があり、ひとつの発行会社からも複数のクレジットカードが発行されています。 それぞれ異なるメリットがあり、複数のカードを使いこなすことで非常に効率よくポイントを貯められるなどの多くの利点があります。 しかし、 やはり数が多い分、管理の手間がかかります。 それぞれのクレジットカードで年会費がかかることを考えても、クレジットカードは3、4枚の所持にとどめておいて、それらを使い分けるのが最も良いのではないでしょうか。 さて、これが夫婦になると枚数は倍になり、管理はさらに大変になります。 結婚生活では出費も多くなり、家計の管理は重要になるにもかかわらず、クレジットカードが6枚も7枚もあったら大変です。 そこで登場するのが 家族カードです。 家族カードとは、一言でいうとクレジットカードをうまく家族共用で使用したいときに活躍するカードです。 では、家族カードの詳細について解説していきます。 家族カードとは?夫婦で持てるクレジットカードがおすすめ! 家族カードとは、家族にクレジットカードの会員がいる場合、そのクレジットカードと同じサービスをより安い年会費で受けられるクレジットカードのことを指します。 すなわち、例えば夫が三井住友カード ゴールドを所有している場合、妻が新しく三井住友カード ゴールドを発行しなくても、代わりに家族カードを発行すれば夫のカードと同様のサービスを使用できるということです。 もし夫婦や家族で同じクレジットカードが欲しいという場合、そのクレジットカードが家族カードを発行しているかはチェックしておくとよいでしょう。 家族カードには以下のようなさまざまなメリットがあります。 家族カードのメリット• 本会員と同一口座から引き落とされる• 利用明細書が本会員と家族カード会員でまとめて見られる• 年会費が本会員のカードと比べ安い、もしくは無料であることが多い• 本会員のカードと同じサービスを受けられる• 貯まったポイントは本会員のポイントと共有することも可能 やはり一番のメリットは、 安い年会費で本会員と同じサービスを受けられることでしょう。 ショッピングなどの支払いはもちろん、の利用やホテルの割引は生活を共にする夫婦にとってありがたいことだと思います。 本会員と家族カード会員の引き落としが同じ口座からされ、利用明細書がまとめられることも家計をともにする夫婦にとっては嬉しいことといえます。 ポイントの共有も、本会員と家族カード会員のふたりで貯めれば効率もよく、ポイントを貯める楽しさも増すことでしょう。 このように家族カードには さまざまなメリットがありますので、積極的に利用していきたいところです。 クレジットカード選びのポイントは? 一般的に、クレジットカードを選ぶときのポイントとなるのは以下のような項目です。 クレジットカードを選ぶときのポイント• 年会費• ポイント還元率• 各種特典・サービス• 旅行傷害保険• ステータス性 夫婦でクレジットカードを持つときは、これらに加え家族カードを提供しているかもチェックしておくべきでしょう。 また、他にもさまざまなチェックポイントがありますので、詳細を解説していきます。 夫婦でクレジットカードを選ぶときに注意したいポイント 夫婦でクレジットカードを選ぶとき、家族カードを取り扱っているかはもちろんですが、他にもチェックしておくべきポイントがあります。 そのひとつが、 結婚式、新婚旅行の支払いをクレジットカードでできるかということです。 詳細は後述しますが、結婚式や新婚旅行は高額の買い物であるがゆえに、クレジットカード払いによるポイント還元の額も大きいものになります。 クレジットカードで支払うだけで 数万円戻ってくるケースもありますので、事前にしっかり確認しておくとよいでしょう。 また、各種ポイントやマイルのポイントは効率よく貯められるかもチェックすべき項目のひとつであるといえます。 家族カードを発行するクレジットカードは必然的にメインで使用するカードとなりがちなので、ポイント還元率の高いカードをしっかり選んでおくことが大切です。 クレジットカードをひとりで持つことと夫婦で持つことの違い 上述した家族カードの存在から、クレジットカードをひとりで持つことと夫婦で持つことには非常に大きな違いがあります。 年会費が大幅に節約できることをはじめ、貯まったポイントや引き落とし口座の共有など、生活をともにする家族だからこそ需要のあるメリットが数多く存在します。 もしクレジットカードをまだ持っていない方は、結婚を機に家族カードを前提としてクレジットカードを作成してみることをおすすめします。 夫婦でクレジットカードを有効に使おう!おすすめ活用術 結婚して初めてクレジットカードを持ったという人には、クレジットカードの有効な使い方が分からないという人も多いでしょう。 ここでは、クレジットカードの上手な活用方法を簡単に説明します。 まずは夫婦での使用に限らず、一般的な活用方法について紹介します。 普段の支払いをクレジットカードで クレジットカードの使用用途としてまず思いつくのが、 普段のショッピングでの支払いでしょう。 多くの場合が月末にまとめて清算する後払い制であり、なおかつ使用履歴も残るため、 家計管理にはぴったりのシステムです。 クレジットカードによっては、買い物することで ポイントが還元されるのもありがたい点です。 などについてはカードごとに異なり、記事の後半のおすすめクレジットカード紹介で触れていますので、ご参考ください。 また、 空港ラウンジやホテル宿泊割引などのサービスが付帯している点も嬉しいポイントです。 他にも国内外の 旅行傷害保険が付帯しているカードも多く、空港ラウンジなどのサービスも相まって、よく旅行に行く方にとってクレジットカードは必須のアイテムであるといえるでしょう。 ワンランク上のクレジットカード活用術 上述したようにクレジットカードにはさまざまな活用方法があります。 さらに、結婚生活に焦点を当てると、さらなる活用の場が多くあり、 代表的なのが結婚式や新婚旅行などの機会です。 それでは、ここからは夫婦にとって役立つワンランク上のクレジットカード活用術について解説していきます。 結婚式や新婚旅行でもクレジットカードは活躍! 結婚式はとても嬉しいものですが、平均300万円程度の費用がかかるといわれています。 金銭的に見るとやはり痛手だと感じる人が多いでしょう。 そこで注目したいのがクレジットカードのポイント還元です。 マイルが貯まるクレジットカードで結婚式費用を支払い、新婚旅行の飛行機代を獲得できたという話もよく聞きます。 ただ、残念ながら全国すべての結婚式場でクレジットカード払いが可能なわけではありません。 クレジットカード払いが可能かどうかは式場ごとに決まっているので、事前によく確認しておく必要があるでしょう。 さらに、クレジットカードは新婚旅行の代金の支払いにも同様に役立ちます。 新婚旅行にかかる代金の平均は約60万円と言われていますので、1%の還元率なら6,000円の節約になります。 クレジットカードを使用するだけで結婚式と合わせて 36,000円程の節約となるので、利用しない手はないでしょう。 このように結婚式、新婚旅行といった大きな買い物の際にはクレジットカードは活躍します。 ただ、気を付けていないとトラブルになるような注意点も存在しますので、事前に問題がないか確認しておくことは重要です。 結婚式、新婚旅行でクレジットカードを使用する際の注意点• クレジットカードの利用限度額を超えていないか• 旅行傷害保険は付帯しているか• 還元率は十分か• 海外旅行の場合、海外での加盟店数は十分か とくに、結婚式や新婚旅行は普段の生活では扱わないような高額のお金が動きます。 そのため、普段はクレジットカードの 利用限度額を気にしていないという方が、うっかり利用限度額を超えてしまい、支払いができないというケースがあるのです。 それを避けるためにも、必要となる費用の確認や、利用限度額の引き上げ、もしくは使用するクレジットカードを複数枚にするなど、対策を打っておく必要があるでしょう。 また、新婚旅行の支払いにクレジットカードを使用する場合、 旅行傷害保険の付帯しているクレジットカードを選んでおくと便利です。 クレジットカードによっては、そのカードを支払いに使用しないと保険が適応されない場合もあるので、事前によく確認して予約するとよいです。 ポイント還元率については、還元されるポイントに直結するため、なるべく還元率の高いクレジットカードを選んでおきたいところです。 記事後半でおすすめクレジットカードを紹介していますので、それらを参考に自分に合ったクレジットカードを見つけるとよいでしょう。 また、新婚旅行で海外に行く際に重要になるのが、使用しているクレジットカードがどこの国際ブランドであるかという点です。 には、、、アメックスなどさまざまな種類がありますが、特にJCBは日本発祥の国際ブランドであるがゆえに、海外での加盟店数はやや少なめです。 JCBを含め、どの国際ブランドのクレジットカードも主要都市であれば問題なく使用できますが、都市部を離れると使用できない場合もあります。 もし不安な場合は、加盟店数トップの VISAを選んでおくとよいでしょう。 クレジットカードで上手に家計管理 結婚すると、結婚式や新婚旅行はもちろん、引越しや家具家電の購入、人によっては育児などで出費が多くなりがちです。 そのため家計をしっかり管理することの重要性は上がりますが、 クレジットカードを使用することで家計の管理をより簡単にすることができます。 具体的な方法として、以下の2つが考えられます。 クレジットカードを活用した家計管理• 家計管理アプリと提携する• 引き落とし口座をネットバンクにして夫婦で共有する スマートフォンが普及した今の世の中では、家計管理アプリも非常に高性能なものが数多く提供されています。 それらのアプリとクレジットカードを提携することで、自動的に使用用途や金額が記録されるため、家計の管理は非常に効率的になることでしょう。 また、夫婦で共通の口座を使うことも、現在は簡単に行うことができます。 このように、クレジットカードをうまく活用した家計管理の方法はいくつか存在するので、ぜひ利用するとよいでしょう。 夫婦におすすめのクレジットカード 記事前半では、夫婦でクレジットカードを持つことのメリットや、クレジットカードをうまく活用する方法について解説しました。 特に結婚式や新婚旅行のクレジットカード払いなどはリターンも大きく、ぜひ利用すべきでしょう。 記事後半では、具体的な おすすめのクレジットカードについて、その理由や特徴とともに紹介していきます。 家族カードの特性を活かすため、やや年会費の高いクレジットカードも含まれていますが、年会費にみあうリターンがあるカードばかりですので、ぜひご参考ください。 ポイントを貯めるならおすすめのクレジットカード!楽天カード 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 まずは、テレビCMでも非常に有名なについて紹介します。 楽天カードは年会費無料で作成することができ、かつ最大の魅力はその ポイントの貯めやすさにあるでしょう。 ただ、年会費無料はありがたいことですが、夫婦で使う場合は、家族カードの大きな特徴である年会費を抑えられるというメリットが薄れてしまうため、やや残念な感じは否めません。 しかし、それを加味しても魅力が豊富にあるカードであり、かつポ イントを夫婦で共有できるという点は家族カード独自のメリットです。 それでは、楽天カードの特徴について紹介していきます。 楽天カードの主なメリットは、以下のようになります。 楽天カードの特徴• ポイント還元率が高く、関連サービスの利用でさらに効率よくポイントを貯められる• 年会費無料• 審査難易度が低め• セキュリティ面も安心• 海外旅行傷害保険が付帯している 年会費が無料であり、審査の難易度も高くないことから、とりあえず作成しておいてもよいクレジットカードであるといえます。 さらに、年会費無料ながら海外旅行の旅行傷害保険が付帯しており、海外旅行の際も安心です。 ハワイ、ワイキキには 楽天カード会員専用のラウンジがあり、PCの使用や日本語で対応してくれるスタッフによるサービスを受けることができます。 このように、ポイントばかりが注目される楽天カードですが、ポイント以外のサービスも充実しています。 楽天ポイントのシステムの詳細を解説! さて、楽天カードを語るうえでかかせないのがポイントについてです。 楽天カードはもともとポイント還元率1%のカードであり、十分高還元率のカードです。 しかし、楽天カードのすごいところはここからで、楽天市場をはじめとする楽天関連のサービスをうまく利用することで、もらえるポイントは大幅に増えるのです。 このように、 楽天関連サービスをいくつも使用することでポイント還元率は上昇していき、期間限定キャンペーンも使用すると最大で20%程度の還元率にすることも可能です。 ポイント還元率をアップさせられる楽天関連サービスは、以下のようなサービスが挙げられます。 ドラッグストアで買える商品は、ほとんど楽天市場で済ませています。 化粧水、乳液、サプリメント ビタミン剤など 、整腸剤、目薬などです。 あと本や雑誌、CDやDVD、ブルーレイなども楽天市場の店舗で購入しています。 スポーツくじのtotoやBIGも楽天totoで購入しています。 楽天カードを登録しておけば楽天のユーザーIDとパスワード一つで簡単にくじが購入できるので便利です。 そして一番のオススメが楽天リサーチです。 無料で会員登録ができ、アンケートに答えるだけで一ヶ月間で簡単に500ポイント前後を稼ぐことができます。 楽天市場での一ヶ月分の配送料ぐらいにはなるので、 楽天カードを使ってガンガン買い物ができます。 明細を見れば前の月に何に使ったか明確にわかりますし、家計簿代わりにもなるからです。 前もって月々に楽天カードを使うための予算を決めておいて、足が出ないように支払額を管理しています。 また、楽天ショッピングサイトでの使用頻度が高いことから、ポイントが多くつくタイミングでまとめて買い物をしているのも注意している点です。 いつも3%の還元率が5%、10%と上がるチャンスがある時にまとめ買いをしていて、もらったポイントを次のまとめ買いに利用して割引をする 、といった方法を繰り返してお得に買い物を楽しんでいます。 楽天カードの口コミには、やはりポイント還元に関する好評の声が多いです。 家族カードがある場合、ポイントは家族で共有できるので、ポイントを貯めること自体も一緒に楽しむことができます。 続いて紹介するのは、アメリカン・エキスプレス ゴールドカード、通称です。 アメックスはVISAやJCB、Mastercardのような国際ブランドのひとつであり、自社でもクレジットカードを発行しています。 アメックスは ステータス性の高さが特徴です。 それというのも、世界で初めてプラチナカードやブラックカードといったクレジットカードを生み出したことに由来します。 また、付帯している旅行傷害保険や、提供されるサービスや特典が豊富であることも特筆すべき点のひとつであり、アメックスが選ばれるポイントのひとつです。 今回は、そんなアメックスカードのうち、とくにステータス性が高めのゴールドカードである、アメックスゴールドについて紹介します。 アメックスゴールドの特徴としては、以下の点が挙げられます。 トラベル エンターテイメント ・空港ラウンジ ・プライオリティ・パス ・手荷物無料宅配サービス ・エアポート送迎サービス ・空港パーキング優待 ・プリファード・ゴルフ ・アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン ・H. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク など ・コットンクラブ ・新国立劇場 ・ゴールド・ダイニング by 招待日和 ・American Express Invites レストラン優待 ・ゴールド・ワインクラブ ・京都観光ラウンジ など また、付帯する海外旅行傷害保険は 最高1億円が補償され、さらに航空便が遅延した場合に必要となった費用を補償してくれるサービスもあります。 一方で、年会費はやや高めに設定されており、本会員は29,000円、ひとり目の家族カード会員が無料、ふたり目以降の家族カード会員が12,000円となっています。 とはいえ、ある程度旅行に行く方であれば十分もとはとれる価格設定であるうえに、家族カードを利用すればさらにお得になります。 旅行に行く機会が多い方は、ぜひ発行を検討してみてはいかがでしょうか。 デメリットとしては、年会費がかかるのと、料金が高い。 他の主要カードと比べて、たまに海外で使えない店舗が多少ある。 これは、絶対にお得です。 入会の決め手もこの特典があるからでした。 次にプライオリティ・パスという特典です。 国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス・メンバーシップ」に、基本カード会員と家族カード会員は、年会費無料 通常99ドル で登録できます。 1回27ドルの利用料が年間2回まで無料になります。 ワインに関する様々なサービスをゴールド・カード会員限定で提供してくれるので、ワイン好きにはとてもいいサービスです。 因みに、家族カードは1枚が年会費無料となっています。 アメックスゴールドの口コミは、やはり旅行先で受けられる豊富なサービスや、充実した旅行傷害保険が人気を集めています。 JCB CARD Wの提携店とポイント還元率• スターバックス:5. Amazon:2. セブンイレブン:2. イトーヨーカドー:2. 5% 他にもさまざまな店舗と提携しており、該当する店舗をよく使用するという方はぜひ作成しておくとよいでしょう。 また、年会費無料で 最高100万円の海外ショッピングガード保険が付帯しているクレジットカードは珍しく、海外旅行でも安心です。 一方、JCB CARD WはJCBの発行するカードであるので、上述したように海外の加盟店数はVISAなどと比較すると やや少なめです。 ただ、海外でもハワイや台湾、グアムといったなじみ深い観光地なら問題なく使用でき、現地にある JCBプラザラウンジという旅行者用の施設も会員であれば使用することができます。 このように、JCBだからといって海外旅行に向かないというわけではないので十分選択肢には上がります。 あくまでご自身の旅行のプランに合わせてクレジットカードを選択するとよいでしょう。 気づいたときにはかなりポイントが貯まっています。 以前とは比べものになりません。 Amazonショッピングやセブンイレブンでのお買い物、昭和シェル石油、スターバックスなどは更にお得なので、 JCB CARD Wを持っていると色々な場面でお得を感じることができます。 入会するときは、やはり年会費が気になりますがJCB CARD Wは年会費無料です。 これはかなり安心ですし、とても嬉しいポイントでした。 長く使っていきたいので、年会費無料というのは私にとっては必須でした。 親もJCB CARD Wにしたいと言っていましたが、39歳以下の人しか入会できないので残念がっていました。 今までは、何も知らなかったのですが、ただ、クレジットカードを持っているだけでこのサービスがあるのは、海外出張がある私にとっては、満足できるものでした。 また、JCBさんのサイトでマイページを登録していると、今月使った内容やポイントが確認できて、何もしなくてもお小遣い帳のようにまとめてくれるところが良かったです。 また、プレゼント企画も多く、楽しんで使えました。 また、不便だ!と感じたことは、特に見当たらず、何事もなく使用することができました。 使い始めは、なかなかやり方がわからずで、サービスセンターへ問い合わせた事も一度あったのですが、すぐに電話も繋がり対応していただきました。 JCB CARD Wの口コミでは、年会費が無料ながら高いポイント還元率であることや、海外旅行の保険がある件について評価されているようです。 また、提携店での使用で非常にお得にポイントを貯められるため、それらの店舗を良く使用する方はとりあえず作っておいてもよいかもしれません。 イオンカードセレクトの特徴• 年会費無料• 審査の難易度が低く、主婦や学生でも作成しやすい• イオンシネマの割引をはじめ、その他さまざまな優待が受けられる イオン系列の店舗はユーザーの層が幅広く、その中には学生や主婦も含まれます。 そのような人々もターゲット層として捉えているせいか、 イオンカードセレクトの審査難易度は低く、かつ年会費も無料と、誰でも比較的簡単に作成することができます。 その他にもイオンシネマが300円引きで利用できたり、カラオケ館、カラオケビッグエコーが室料30%オフで利用できたりと、 多くの特典があります。 イオングループは幅広い店舗と提携しているので、うまく利用してお得にサービスを利用しましょう。 ただ、基本のポイント還元率は0. 5%と標準並みです。 結婚式や新婚旅行の代金を支払うのは、より還元率のよいクレジットカードにしておいて、イオンカードセレクトは普段の買い物などに利用するとよいかもしれません。 イオンウオレットというイオンカード会員のアプリがあり、その中で期間限定のキャンペーンでポイントが当たるものや旅行や商品が当たるものがあり、実際にポイントが当たった事もあり楽しめている。 イオン系列のお店でイオンカードセレクトで支払うと、割引の特典がある。 家の近くにイオン系列のスーパーがあるので、日々の食料品や日用雑貨品、衣類などWAONカード支払いだとチャージし忘れてたらレジでチャージしなくてはならないが、イオンカードセレクト支払いにすると、レジでサインも要らずスピーディでWAONカード支払いよりもポイントが倍になる。 イオンカードセレクト所有者の声では、やはりイオン系列店の使用が多い方が目立ちました。 JALゴールドカードの特徴• マイル還元率1~2%• 空港ラウンジが使用できる• 国内外の旅行傷害保険が最高1億円補償• 搭乗のボーナスマイルが25%付帯• ショッピングマイルが通常の2倍の還元率1%• 年会費は17,280円 通常のJALカードはマイル還元率0. 5~1%のところ、 2倍ものマイル還元率となっており、他にもフライトマイルが25%プラスされるなど、マイルを貯めやすい色々なシステムがあります。 また、空港ラウンジの利用や、 最高1億円まで補償されている充実した付帯保険もあり、飛行機を利用する方にとってはとてもありがたいクレジットカードではないかと思います。 ゴールドカードだけあって年会費は 17,280円とやや高めですが、空港ラウンジの使用や充実した保険内容、マイル還元率はゴールドカード以上の特権であるため、ぜひゴールドカードを入手しておきたいところです。 クレジットカードでマイルのポイントを効率的に貯めるには? ここでは、マイルを効率的に貯める方法について説明しましょう。 まず、マイルを貯めるには以下の3通りの方法があります。 マイルを貯める方法• 通常のフライトで貯める• ショッピングマイルを利用する• ボーナスマイルで貯める まずは通常のフライトで貯められる フライトマイルですが、これはフライトの区間によって決まっているの一定のマイルであり、そこにビジネスクラスやファーストクラスといった座席のランクによる倍率がかけられて付与されます。 例えば、東京からロサンゼルスまでの区間マイルは5,458マイルですが、ファーストクラスを選択していれば1. 5=8,187マイルが付与されることになります。 次に日々の ショッピングで還元されるマイルですが、JALゴールドカードでは100円=1マイルの還元率となっています。 日々の買い物で積極的にJALゴールドカードを使用することで、かなり効率的にマイル還元の恩恵を受けられることでしょう。 また、マイルは一定条件を満たした場合 ボーナスマイルが付与されることもあり、その方法でもマイルを貯めることができます。 例を挙げると、以下のようなボーナスマイルがあります。 \ インターネット入会限定! 「マイ・ペイすリボ」を3万円以下で登録して7万円利用するだけで、 もれなく1,000円プレゼント! / 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 最後に紹介するのはになります。 三井住友カード ゴールドは日本で初めてVISAカードを発行した歴史あるクレジットカードであり、それだけ知名度や信頼性も高いです。 そして、三井住友カード ゴールドはそのブランドに加え、ゴールドカードの中では 年会費が安いということが大きな特徴です。 年会費を抑えるには後述する条件を満たす必要がありますが、最大 4,000円まで抑えることができ、非常にリーズナブルなゴールドカードといえるでしょう。 もちろん、他のゴールドカードと比較しても遜色のない豊富な特典やステータス性も持っていますので、ゴールドカードを入手したいという方には非常におすすめです。 それでは、三井住友カード ゴールドの詳しい特徴を紹介しましょう。 三井住友カード ゴールドの特徴• ポイント還元率0. 5~1%• 空港ラウンジが使用できる• ゴールドカードの中では年会費が安く、最大4,000円まで割引できる• 国内外の旅行傷害保険が最大5,000万円まで補償される ポイント還元率や空港ラウンジの利用、旅行傷害保険の内容などを見ると平均的な数字となっています。 ただ、やはり特筆すべきは 年会費の安さでしょう。 通常、三井住友カード ゴールドの年会費は10,000円ですが、 「WEB明細書サービス」と 「マイ・ペイすリボ」のサービスを利用することで4,000円まで割引することが可能です。 ひと月あたり300円程度でゴールドカードが使用できると考えると、非常にお得なカードであるといえます。 三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行の場合は、貴重品を盗難された、破損してしまった等の損害相手にけがをさせてしまった時の賠償、死亡やケガをした時等に保険金が出ます。 国内旅行の場合でも、バスや電車などの公共交通乗用具に搭乗中の傷害事故、宿泊先が火災、募集型企画旅行参加中での傷害事故が起こってしまった時に、死亡後遺症保険金、入院費、通院費、手術保険金が出ます。 未成年の家族にもそのサービスが一部付帯されるという、手厚い補償に惹かれ、三井住友VISAゴールドカードを選びました。 ポイントも多くつくので、嬉しい限りです。 また、コンビニ利用の際に予めiPhoneに登録しておくと携帯一つで決済ができるので、お会計がスムーズにできるようになりました。 空港利用時に航空券と三井住友VISAゴールドカードを提示すると、ラウンジを使えますので、待ち時間が以前は苦痛でしたが、今はドリンクを頂きながらゆっくりと待てるので、楽しくて仕方ないです。 マイルも貯まるので有り難いです。 普段のショッピングでついついバーゲンなどあると使いすぎてしまいますが、上限設定も低額から出来るので助かっています。 今月出費が嵩んだら、リボ払いに切り替えているので自分に合った運用ができています。 年会費の安さ以外でも、旅行傷害保険や空港ラウンジのサービスも注目されているようでした。 年会費が安いとはいえ、 提供するサービスの質は確かです。 ゴールドカードが欲しいけれど、なるべく出費は抑えたいという方は、ぜひ検討すべきクレジットカードでしょう。

次の