鹿島 対 長崎。 鹿島逃げ切り、J2長崎下し決勝へ 元日は神戸と

鹿島対長崎

鹿島 対 長崎

3季ぶりの優勝を狙う鹿島アントラーズが、J2で唯一4強入りを果たしたV・ファーレン長崎を3-2で下して決勝進出を決めた。 試合が動いたのは前半4分、鹿島MF三竿のミドルシュートがFW伊藤に当たってコースが変わり、こぼれたところに反応したMFセルジーニョがゴールネットを揺らした。 その後も鹿島が危なげないボール回しで主導権を握り、前半23分にはMFレオ・シルバのFKでオウンゴールを誘って追加点を得た。 しかし、徐々に修正した長崎が反撃に出た。 前半28分、相手のミスを突いたFW畑が見事なキープでタメを作り、後方から走り込んできたMFカイオ・セザールがシュート。 決定機だったが惜しくも右にそれた。 同37分には、FW吉岡のパスを受けたMF米田がペナルティーエリア内右からシュートを決めて、1点を返して前半を折り返した。 後半、鹿島はMF土居に代えてMF名古を投入した。 同16分、鹿島MFセルジーニョの左クロスが相手DFの足に当たり、そのままバーを直撃。 この跳ね返りを拾ったFW伊藤がシュートをたたき込んだが、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。 対する長崎も積極的な仕掛けで好機をつくったが、なかなか決めることができなかった。 すると後半28分、鹿島はMF永木の右CKからDFブエノが頭で合わせて3点目を奪った。 直後に長崎はFW畑に代えて、J2得点ランク3位のFW呉屋を投入。 出場わずか2分後の後半31分、その呉屋のシュートがバーに当たって跳ね返ったところをMF沢田が流し込み、長崎が再び1点差に迫った。 最後は鹿島が長崎の猛攻を耐え逃げ切り、元日の決勝で神戸と対戦する。 photo• サッカー 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• サッカー [6月27日 22:22]• J3 [6月27日 22:05]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• 日本代表 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• 日本代表 [6月26日 18:11]• 日本代表 [6月26日 18:06]• 日本代表 [6月26日 9:54]• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• 日本代表 [6月18日 19:33]• 日本代表 [6月18日 19:25]• 日本代表 [6月18日 6:30]• J1 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• J1 [6月27日 20:48]• J1 [6月27日 3:21]• J1 [6月26日 22:32]• J1 [6月26日 22:07]• J1 [6月26日 21:15]• J1 [6月26日 19:13]• J1 [6月26日 16:12]• サッカー [6月26日 15:56]• J1 [6月26日 15:14]• J1 [6月26日 15:08]• J2 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• J2 [6月27日 21:20]• J2 [6月27日 20:50]• J3 [6月27日 22:05]• J3 [6月27日 21:13]• J3 [6月27日 20:54]• J3 [6月27日 20:53]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:17]• J3 [6月27日 20:14]• J3 [6月27日 20:12]• J3 [6月27日 19:59]•

次の

天皇杯準決勝の対戦カードが決定!初4強の長崎は鹿島に挑戦…神戸は清水と激突

鹿島 対 長崎

アシストはブエノ」 【公式 後半28分】 後半27分 ブエノのヘディングシュートはゴールを阻まれる 後半27分 後半24分 米田の右足シュートは枠外 セルジーニョの左足シュートはゴールを阻まれる 後半13分 後半10分 畑の右足シュートは枠外 後半07分 磯村の右足シュートは枠外 選手交代 土居がアウト、名古がイン 【公式 後半00分】 後半00分 前半36分 ゴール!! 米田の1号 「中央9メートルから右足グラウンダーで決める」 【公式 前半37分】 前半35分 畑の右足シュートは枠外 前半32分 黄カイオ・セザールがラフプレーにより警告 【公式 前半33分】 ブエノの右足シュートは枠外 前半29分 前半29分 磯村の右足シュートはゴールを阻まれる 三竿の右足シュートは枠外 前半26分 前半26分 カイオ・セザールの右足シュートは枠外 ゴール!! オウンゴール 「畑のクリアミス」 【公式 前半23分】 前半22分 ゴール!! セルジーニョの2号 「中央8メートルから右足浮き球で決める。 アシストは伊藤」 【公式 前半04分】 前半03分 土居の右足シュートは枠外 前半02分 前半01分 沢田の左足シュートはゴールを阻まれる• サッカー 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• サッカー [6月27日 22:22]• J3 [6月27日 22:05]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• 日本代表 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• 日本代表 [6月26日 18:11]• 日本代表 [6月26日 18:06]• 日本代表 [6月26日 9:54]• 日本代表 [6月22日 20:20]• 日本代表 [6月22日 20:13]• 日本代表 [6月22日 20:06]• 日本代表 [6月18日 19:33]• 日本代表 [6月18日 19:25]• 日本代表 [6月18日 6:30]• J1 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• J1 [6月27日 20:48]• J1 [6月27日 3:21]• J1 [6月26日 22:32]• J1 [6月26日 22:07]• J1 [6月26日 21:15]• J1 [6月26日 19:13]• J1 [6月26日 16:12]• サッカー [6月26日 15:56]• J1 [6月26日 15:14]• J1 [6月26日 15:08]• J2 森保監督が再出発J視察「喜び思い切り爆発させて」 []• 日本代表 [6月27日 22:57]• J2 [6月27日 21:59]• J2 [6月27日 21:58]• J2 [6月27日 21:55]• J2 [6月27日 21:30]• J2 [6月27日 21:29]• J2 [6月27日 21:28]• J2 [6月27日 21:25]• J2 [6月27日 21:20]• J2 [6月27日 20:50]• J3 [6月27日 22:05]• J3 [6月27日 21:13]• J3 [6月27日 20:54]• J3 [6月27日 20:53]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:52]• J3 [6月27日 20:17]• J3 [6月27日 20:14]• J3 [6月27日 20:12]• J3 [6月27日 19:59]•

次の

天皇杯準決勝の対戦カードが決定!初4強の長崎は鹿島に挑戦…神戸は清水と激突

鹿島 対 長崎

まさに、来年1月1日に勇退する高田明社長(70)がスローガンに掲げてきた「正々道々(せいせいどうどう)」とした戦いぶりで敗れた。 今季、J2で12位の長崎が、前アジア王者・鹿島に敵地でひるむことなく、貪欲にゴールを狙い続けた。 手倉森誠監督(52)は大一番で今季初となる3バックを採用。 「リーグ戦で鹿島が3バックに手を焼いているな、と」。 思い切った采配が当たり、個々の力で上回る鹿島を混乱させた。 2点を先行されても気迫を見せた。 反撃ののろしは前半37分、MF米田のゴールだ。 FW吉岡からのパスに反応し、右足でネットに突き刺した。 「去年J1で鹿島と対戦した時、メンタルの弱さを感じたのでそこを克服していいプレーをしようと思っていた。 スタメンで出られて気持ちが高まっていた」。 成長を感じたゴールに「悔しいが、来季へ凄くいい試合が見せられたと思う」と胸を張った。 後半、再び2点差に突き放されるも、諦めなかった。 直後の31分、FW呉屋が放ったシュートのこぼれ球をMF沢田がゴールし、すぐにまた1点を返した。 「ふかさないように押し込むだけだった」。 粘りをみせたことに「鹿島相手でやられることも想定していたので、下を向かずにやることができた。 来季につながる試合ができたと思う」と前を向いた。 指揮官は「元日、新国立に長崎県民を連れていく夢を果たせず申し訳ない」とあと一歩及ばなかった敗戦に頭を下げた。 それでも「来季の可能性を選手たちが示してくれた」。 飛躍へつながる2発に確かな手応えを感じていた。 長崎の社長として最後の試合を現地で見届けた高田社長は顔を上気させ「めちゃくちゃ良かった。 この3年間の中で、今日が一番いい試合だった」と、格上の相手と互角以上に渡り合った選手を称えた。

次の