スピリチュアル 宇宙の法則。 スピリチュアルと宇宙? 前世が宇宙人だった人の特徴

すべては”ひとつ”、愛の法則・宇宙の法則

スピリチュアル 宇宙の法則

すべて在るだけってことね。 スピリチュアルに興味があって知っている方もそうでない方もなにか伝わるモノがあれば嬉しいです。 スピリチュアルにおいて、宇宙ってことばをよく目にしたり耳にしたりしますよね。 もちろん、広い枠で成層圏を突破した地球のある宇宙を指すこともあります。 ただ、たいていの場合、この宇宙というのは、ものすごく内側の話になってきますね。 ただ、この「内側」というのは、自分の心だったり思考だったりの部分だと思うので、結局はすべて繋がってくると、内と外の境界線、隔たりみたいなのがやんわりとぼくはなくなってくるイメージがあります。 みなさんは、宇宙に何を感じているでしょうか。 そして宇宙ってなんだと思いますか? 目次• スピリチュアルにおける宇宙とは? とりわけ、スピリチュアルな文脈で登場するとき、「宇宙」とはどんな意味をもつとみなさんは、思っていますか? 物理的に太陽系があって、地球、月、火星・・・なんて感じの宇宙とは異なってきます。 天文学的な宇宙もぼくはもちろん好きですけどね。 スピリチュアルにおける宇宙は、簡単に言えば、 どう世界を見つめるか。 とか、 自分の内側にみんながもっている「宇宙」のことです。 言い換えれば、心とか哲学とか、生き方、思考、そんなイメージにはなってきますね。 みなさんが好きなようにイメージしてくれればそれでいいと思います。 ぼくは自分の宇宙っていうと、壮大ではなくて、ポツンとあって、そこから多次元的に人やモノ、世界、すべてのモノをやんわり見渡せるイメージをしています。 自分の思考であり、心であり、哲学であり、知識であり、感情であり、自在に変幻していって時には蓄積されアップデートされ、また忘れていく、そんな宇宙です。 いずれにせよ、自分の内側って感じですね。 内側なんですけど、ハートにあるとか、頭にあるとか、そういう位置的な意味合いではなくて、突き詰めたら「自分」になっちゃうのかもしれません。 みなさんはスピリチュアルにおける宇宙をどう捉えているでしょうか? 宇宙の法則?スピリチュアルにおける宇宙の基本的な考え方 スピリチュアルにおける宇宙には、基本やベースとなるような考え方がもとにありますよね。 ワンネスとか波動とか、そういう専門用語っぽいモノに引っ張られがちですが、今まで書いたことも踏まえながら、少しまとめていきます。 そんなことは知ってるで!という方も読んでもらえれば嬉しいです。 ぼくらの肉体や目に映っているモノ、それ以外のものも すべてはエネルギーでできています。 これは信じるとか信じないとか、そういう考えを好きとか嫌いとかは別にして、野球は9人でやります!みたいな基本ルールだと捉えてみてください。 でも、目に見えない世界とかスピリチュアルって聞いただけでふん!みたいな方にすべてはエネルギーなんだよ!と熱量高めに言うと、おそらく、「ああ、宗教かな?」「この人やばいな。 」と思われるかもしれません(笑) ただ、それすらもエネルギーだったりはしています。 波動やエネルギーについては以下で詳細に記載していますので、興味がある方は読んでみてください。 だから、ぼくらがよくイメージするような左から右に流れるような、過去・現在・未来という方程式は成り立ちません。 すべては同時に起こるという考えのもと、「今ここ」に全部が集約されています。 言い換えれば、未来は過去に影響を与え、現在は過去に影響を与え、すべてが互いに相互作用しつつ成り立っているというイメージです。 スピリチュアルな言葉では、今ここに在るとか、パラレルワールド、パラレルセルフなんて言葉が出てきますね。 スピリチュアルにおいて、過去を変える。 なんて考え方は、過去のとある事実が変わる。 というよりは、自分の視点や在り方が変わって、結果「過去」が変化し、未来や現在に作用するなんて感覚です。 こちらもハイテンションで時間や空間は実はないってこと。 ね?わかる?っていうとたぶん理解できない人にはこいつなんで関暁夫ちゃんなんかなって言われます。 地球は3次元でアセンションプリーズなんて文脈で登場しますよね。 これは、人それぞれイメージが違ってくるとは思っているんですが、ぼくは波動やエネルギー(の振動)の違いかなと感じています。 3次元より4次元の波動が良いとか悪いとかそういう意味合いではもちろんなくて、振動が違うだけです。 イメージしやすい例を挙げると、肉体は3次元、目に見えない思考や記憶、意識は4次元、その思考や記憶、意識から、エゴを手放したり、クリアリングしていったりすると5次元になるような感覚です。 ちなみに、アセンションとか次元上昇ってことばを使うと一気に、アセンデッドマスターみたいなオーラがでちゃうんじゃないでしょうか。 知りませんけど(笑)• この画像は、フラワーオブライフという、有名な幾何学なんですが、こんなイメージですかね。 外側の大きい丸が全体の宇宙で、ぼくら1人1人の宇宙が姿かたち、色の濃さ、個性はあれど、結局は一緒みたいな。 そんなイメージです。 ざっくりでいうと、 自分が自分の宇宙中心ってことです。 スピリチュアルな言葉だとワンネスとかって言われていますね。 こちらも解釈はそれぞれで正解ってないとは思っているんですが、あくまで、ぼくのイメージは、例えば右向け右。 意見もぴったりワクワクでいよう。 とかそういうレベルではなくて、 別々におもろい宇宙を形成しているんだけど、本質的な部分で目指す方向や意見はみんな変わんないかも?的なファジーでラフな感覚です。 突き詰めたらたぶんぼくらは同じところに行くとは思っています。 ぼくも君も全部1つでね?ワンネスで繋がるんだよ?いい?って感じで好きな子に詰め寄ると、十中八九振られると思いますよ、ぼくだったら近づかないようにします(笑)• 他にも細かく分類していくと、スピリチュアルな宇宙における基本的な考え方はいくつかあると思うのですが、ぼくはこの辺りがスピリチュアルにおける宇宙っぽいイメージにはなってきます。 みなさんはどんな印象がありますか? バシャールの宇宙における五つの法則 以前の過去記事、「」でもご紹介しましたが、エササニ人のバシャールは宇宙には五つの原則・法則があると言っています。 少し、深く掘り下げてみます。 ということがまず1つ目になります。 この存在というのは、地球、ぼくらがいる世界であれば、たいていの人が、肉体に重きを置くんですが、スピリチュアルにおける宇宙でいえば、意識体としてのぼくらです。 意識体がわけわかめ。 という人は、心とか魂なんて言葉でピンと来るかもしれません。 とにかく肉体を含む精神的なスピリット的な意味合いでも ぼくらは存在している。 これが宇宙の法則一つ目です。 この意識体としてのぼくらは、もちろん地球以外にもめっちゃいるで。 って感じです。 内側のぼくらの宇宙には時間や物理的な空間なんていうものがないので、すべては今の集約、今が点続きになっているそんなイメージです。 ぼくはよく、赤ちゃんを例に出したりして説明していますね。 子どもや赤ちゃんの無我夢中の状態なんかが永遠と続いているように見えるだけの世界がぼくらがいる地球なのかもしれませんね。 あなたの宇宙が例えば歪んでいても、不具合を生じていても、歩んでいる方向性や根本にある根っこは全部一緒なんだとぼくはけっこう真面目に思っています。 (出したものが自分に返ってくる) こちらは、仏教で言うところの因果応報に似ているでしょうか。 ぼくは鏡のイメージがあります。 例えばなんですが、誰かに悪口を言った日の帰り道、何にもないところで転んじゃうとか。 誰かにあげたギフトが別の形で還ってきちゃうとか。 そんな感覚です。 全ては自分であり自分の鏡なので、当然といえば当然なのですが、自分が出したモノはちゃんとかえってくるようになっていますね。 逆も然りで、かえってきたものはだしたものでしょうね。 そして、これはたぶん、ぼくは例外なくすべてだとは感じています。 ここでいうすべては目に見える行為や言動から、目に見えない感情や感覚、意識まで、すべてを包括しています。 ) これは、つまり変わらないものはほぼないってことです。 ぼくらの存在、ワンネスはぼくはほぼイコールのイメージがあって、鏡の法則てきなやつ以外は、全部変わっちゃうんです。 ペドロさんは変化し続けることだけが変化しないって言っていましたね。 ぼくもまったく同じイメージで、すべて変わります。 存在以外は。 ちなみに、ぼくはバシャールのいうことが全て。 とはまったく思っておりませんが、この5つの宇宙の法則は本当にその通りだなと感じています。 スピリチュアルって、人それぞれ色々なイメージがあって、引き寄せの法則で、キラキラで闇と光で、とか色々な方が色々なことを言っていると思うんですが、 ぼくの中では、けっこうシンプルで、視点がちょっとだけ変わったり、エゴがちょっとだけ減っていたり、モノの捉え方をちょっとだけ別角度からみたり、かなり究極かつ徹底的に自分に集約されていっちゃうイメージです。 すべては自分なんかな。 って感じです。 まとめ:スピリチュアルにおける宇宙と神 ここまで宇宙の法則とスピリチュアルにおける宇宙を説明してきましたが、いかがでしょうか。 そんなこと知ってるよ!ということばかりだったかもしれませんが、ぼくの思うスピリチュアルにおける宇宙は本当にこれだけなんです。 一言で片づけるなら 自分が神ってるってことなんですね。 みなさん、それぞれが色々な形で、様々な角度で、アウェイクニングや目覚め、覚醒を体験している最中だとは思うんですが、それが間違っている、正しくない。 逆に正しいとかめっちゃ合っている。 なんてそんな物差し、たぶん必要はなくて(必要な人はもちろんもっても良いと思いますよ。 ) 瞬間瞬間で、エゴとか時間感覚が薄れて、ただ在ることだけに浸るんだと思います。 それがぼくらがいう神様で、 みなさんそれぞれが、たぶんけっこう神ってます。 ただ、神ったからといっても、ぼくらは存在しているだけなので、例えば、ワクワクでいられるようになるとか、運命の人に出会えるとか、お金もバンバン、みたいにミラクル的に物欲デコレーションパレードが始まるかもしれませんが、 そんなこともなくて、(そうなる人もたくさんいるとはもちろん思いますよ。 )わりともっと自分でいられるようになるだけなんじゃないですかね。 スピリチュアルも宇宙も名前が壮大でかっこいいんですけど、ぼくはそんな在り方の神様=自分がわりと好きだったりしています。 みなさん、日々、けっこう神ってます。 たぶん絶対ね。 質問や意見などありましたら、コメントください。 シェアなんかしてもらえるとたぶん嬉しいです。 いつも本当にありがとうございます! トモ まめたろう さん、たっかとび さん、ペドロ さん、はじめまして。 いつも 素敵なお話 ありがとうございます。 たぶん 笑 そして、 今日まで いろいろ事を発見したり、思い出したり ? しています。 笑 変態ですね。 笑 まめたろうさん、たっかとびさん、ペドロさん、どうもありがとう!!! これからも よろしくお願いします!.

次の

宇宙の法則とは?スピリチュアルにおける宇宙と宇宙の法則まとめ

スピリチュアル 宇宙の法則

女性エネルギーの時代です。 愛と光にあふれ、スピリチュアルな目覚め、スピリチュアルな成長の時代です。 そして今、「いのち・生命」というものを、もう一度、見直す時がやって来ました。 21世紀という時代を迎え、私たちは「人間とは何か、自分とは何か」、「生れてきた意味、目的」、「人は何のために生まれてきたのか」の問いかけに、真正面から取り組まなければならない時代を迎えている。 自分と向き合うことで、「自己成長を図ること」と言えるでしょう。 スピリチュアルな目覚め、それは自分の「心の内」に向かうことであり、 この点、自分の「外」に絶対性(神)を求める一般の宗教とは異なる。 この世は目に見えるものだけではなく、物事の背後にはもっと大きな何かがある、そう思う人も多いでしょう。 心の中に眠っている「本当の自分」、それを知ることができれば、新たな自分の発見、偉大な「目覚め」になるでしょう。 愛の法則、すべては一つ。 「わたしたちは一体である」。 21世紀は目覚めのとき、「内なる神」との出会いの場になるでしょう。 そして、多くの人たちがそれを経験するでしょう。 科学と精神世界は、コインの「表と裏」のような関係に位置している。 解明が難しい「スピリチュアルな世界」、これを証明できるのは科学であり、科学でしかそれを証明できないでしょう。 と同時に、量子力学を含め、科学の「未知の分野」を一番よく説明できるのはスピリチュアルな捉え方である。 この二つが相互に理解される日、そんな時代が早晩やってくるでしょう。 来るべき時代、それほど先でもないような気がします。 「ワンネス」すべては「ひとつ」。 それが多くの人に受け入れられるときがやってきて、 科学が、量子力学がそれを証明することになるでしょう。 そうなりますように! (摩訶不思議に見える「スピリチュアルな世界」は、量子力学の「粒子」の振る舞いにすぎず、すべては「科学的な原理」で成り立っていると言われる。 実際、量子力学の発展のお陰で、「目に見えない世界」のことが、かなり説明できるようになりました) フリー写真素材 男衾村復興計画 キュウリグサ 菜の花 ニンニクの花 ただ今、休止中 16歳のとき「重症筋無力症」(じゅうしょう きんむりょく しょう)という難病にかかり、発病から10年を経て…「奇跡の回復」を綴った「aki さん」からのメッセージ 当ホームページは、これまでスピリチュアルなことに、ご縁がなかった方々のために、 キッカケの提供を目的に、 分かりやすい言葉で、情報を発信しております。 少しでも得るものがあれば、嬉しい限りです。 内容についてご質問等があれば、管理人までお問合せください コーナー 【管理人】 男性:東京在住。 趣味:散策・自然観察、読書、 好きな星座 :「アルクトゥルス」 春のよい、東の空にオレンジ色に明るく輝く星「アルクトゥルス」。 の中で一番明るい星で、私の魂の故里 管理人 岡部 2017. 1変更.

次の

宇宙の法則とは?スピリチュアルにおける宇宙と宇宙の法則まとめ

スピリチュアル 宇宙の法則

女性エネルギーの時代です。 愛と光にあふれ、スピリチュアルな目覚め、スピリチュアルな成長の時代です。 そして今、「いのち・生命」というものを、もう一度、見直す時がやって来ました。 21世紀という時代を迎え、私たちは「人間とは何か、自分とは何か」、「生れてきた意味、目的」、「人は何のために生まれてきたのか」の問いかけに、真正面から取り組まなければならない時代を迎えている。 自分と向き合うことで、「自己成長を図ること」と言えるでしょう。 スピリチュアルな目覚め、それは自分の「心の内」に向かうことであり、 この点、自分の「外」に絶対性(神)を求める一般の宗教とは異なる。 この世は目に見えるものだけではなく、物事の背後にはもっと大きな何かがある、そう思う人も多いでしょう。 心の中に眠っている「本当の自分」、それを知ることができれば、新たな自分の発見、偉大な「目覚め」になるでしょう。 愛の法則、すべては一つ。 「わたしたちは一体である」。 21世紀は目覚めのとき、「内なる神」との出会いの場になるでしょう。 そして、多くの人たちがそれを経験するでしょう。 科学と精神世界は、コインの「表と裏」のような関係に位置している。 解明が難しい「スピリチュアルな世界」、これを証明できるのは科学であり、科学でしかそれを証明できないでしょう。 と同時に、量子力学を含め、科学の「未知の分野」を一番よく説明できるのはスピリチュアルな捉え方である。 この二つが相互に理解される日、そんな時代が早晩やってくるでしょう。 来るべき時代、それほど先でもないような気がします。 「ワンネス」すべては「ひとつ」。 それが多くの人に受け入れられるときがやってきて、 科学が、量子力学がそれを証明することになるでしょう。 そうなりますように! (摩訶不思議に見える「スピリチュアルな世界」は、量子力学の「粒子」の振る舞いにすぎず、すべては「科学的な原理」で成り立っていると言われる。 実際、量子力学の発展のお陰で、「目に見えない世界」のことが、かなり説明できるようになりました) フリー写真素材 男衾村復興計画 キュウリグサ 菜の花 ニンニクの花 ただ今、休止中 16歳のとき「重症筋無力症」(じゅうしょう きんむりょく しょう)という難病にかかり、発病から10年を経て…「奇跡の回復」を綴った「aki さん」からのメッセージ 当ホームページは、これまでスピリチュアルなことに、ご縁がなかった方々のために、 キッカケの提供を目的に、 分かりやすい言葉で、情報を発信しております。 少しでも得るものがあれば、嬉しい限りです。 内容についてご質問等があれば、管理人までお問合せください コーナー 【管理人】 男性:東京在住。 趣味:散策・自然観察、読書、 好きな星座 :「アルクトゥルス」 春のよい、東の空にオレンジ色に明るく輝く星「アルクトゥルス」。 の中で一番明るい星で、私の魂の故里 管理人 岡部 2017. 1変更.

次の