今治 市 玉川 ダム の 貯水 率。 愛媛)玉川ダムで2年ぶりに取水制限始まる 今治市:朝日新聞デジタル

四国堰堤ダム88箇所巡り 〜第61番堰堤札所 『玉川ダム』〜

今治 市 玉川 ダム の 貯水 率

治水・利水用 堤高(m) 56 堤頂長(m) 260 堤体積 (千立方m) 187 総貯水容量(千立方m) 9900 『ダムというよりダム湖で有名』 国道317号線を松山から高縄山地の分水嶺を越えて今治に入るとすぐに玉川湖畔に出る。 この玉川湖が玉川ダムのダム湖である。 高縄山地の『白潰(しろつえ)の北壁』を源流として今治市を突っ切って燧灘 ひうちなだ に流れる蒼社川は、今治平野を形成するとともに今治周辺に水の恵みをもたらす川である。 この水のおかげでタオル産業をはじめとする今治の工業も恩恵を被っている。 一方で洪水も多く、この川を治水利水で制御するべく40年前に造られたのが『玉川ダム』である。 ダムとともに生まれた人造湖が『玉川湖』であるが、40年の月日の中で、今や、石手川ダムの『白鷺湖』とともに、愛媛県第一の都市松山市からも第二の都市今治市からも手軽に行ける風光明媚な湖として県民に愛される観光名所となっている。 高縄の山々に囲まれた湖面は至って穏やかで、ボートの練習地として有名。 湖畔には1500本もの桜が植えられ、県下のお花見情報の定点観測スポットでもある。 周辺にはキャンプ場の他、古くから道後温泉郷に勝るとも劣らないと賞される鈍川温泉郷もあり、老若男女を選ばない。 ダム本体がダム湖に付随する周辺名所になってしまった感があるが、ダムもダム湖も本来はひとつのもの。 人の手で造られようとも人々に愛されるようになれば自然の一部として受け入れられるようになるという好い例である。 近くのスポット 『四国酒蔵88箇所71番 山丹正宗』 四国温泉88箇所69番 鈍川温泉ホテル』 判子のありか 「ひとこと欄」参照 ダム便覧.

次の

四国堰堤ダム88箇所巡り 〜第61番堰堤札所 『玉川ダム』〜

今治 市 玉川 ダム の 貯水 率

はん濫危険水位とは、土砂堆積や樹木の繁茂などで川の通水面積が小さい箇所で堤防破堤や河岸溢水が起こる可能性のある水位ですので、絶対に川に近づかないでください。 避難判断水位とは、住民の皆さんが避難を開始すべき水位ですので、自治体から避難勧告が出されている場合には従ってください。 はん濫注意水位とは、川の水位が上昇してきており注意が必要な水位ですので、引き続き豪雨などの悪天候が予測される場合には、避難する準備をしてください。 一般的には3年間に1回程度の発生頻度です。 水防団待機水位とは、水防団(自治体)が水防活動を始める目安になる水位ですので、直ちに避難行動などは起こさなくても大丈夫です。 一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。 データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が10分おきですのでご留意ください。 水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。 システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行いましょう。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 参考までに、平成20年7月28日に犠牲者を出した都賀川の甲橋水位観測所では10分間で1. 34mの水位上昇を記録しています。 川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握しておきましょう。

次の

四国堰堤ダム88箇所巡り 〜第61番堰堤札所 『玉川ダム』〜

今治 市 玉川 ダム の 貯水 率

治水・利水用 堤高(m) 56 堤頂長(m) 260 堤体積 (千立方m) 187 総貯水容量(千立方m) 9900 『ダムというよりダム湖で有名』 国道317号線を松山から高縄山地の分水嶺を越えて今治に入るとすぐに玉川湖畔に出る。 この玉川湖が玉川ダムのダム湖である。 高縄山地の『白潰(しろつえ)の北壁』を源流として今治市を突っ切って燧灘 ひうちなだ に流れる蒼社川は、今治平野を形成するとともに今治周辺に水の恵みをもたらす川である。 この水のおかげでタオル産業をはじめとする今治の工業も恩恵を被っている。 一方で洪水も多く、この川を治水利水で制御するべく40年前に造られたのが『玉川ダム』である。 ダムとともに生まれた人造湖が『玉川湖』であるが、40年の月日の中で、今や、石手川ダムの『白鷺湖』とともに、愛媛県第一の都市松山市からも第二の都市今治市からも手軽に行ける風光明媚な湖として県民に愛される観光名所となっている。 高縄の山々に囲まれた湖面は至って穏やかで、ボートの練習地として有名。 湖畔には1500本もの桜が植えられ、県下のお花見情報の定点観測スポットでもある。 周辺にはキャンプ場の他、古くから道後温泉郷に勝るとも劣らないと賞される鈍川温泉郷もあり、老若男女を選ばない。 ダム本体がダム湖に付随する周辺名所になってしまった感があるが、ダムもダム湖も本来はひとつのもの。 人の手で造られようとも人々に愛されるようになれば自然の一部として受け入れられるようになるという好い例である。 近くのスポット 『四国酒蔵88箇所71番 山丹正宗』 四国温泉88箇所69番 鈍川温泉ホテル』 判子のありか 「ひとこと欄」参照 ダム便覧.

次の