免許 正式名称。 中型車免許の正式名称(履歴書で困らない書き方)|合宿免許ネクスト

履歴書に記載する際の、バイク免許の正式名称について

免許 正式名称

履歴書の免許・資格欄の書き方 これから転職を考えているという看護師なら、履歴書を準備することでしょう。 履歴書を書く際、資格欄で「どう書くのだろう」と悩んだことはないでしょうか。 履歴書の免許・資格欄は、自分をアピールする項目でもあります。 そのため、きちんと記入することが大切です。 特に資格はしっかり正式名称で書かないと、アピールどころか「正式名称も知らないのか」とマイナスに捉えられかねません。 履歴書の免許・資格欄は、最初に免許を記入してから次に資格を記入します。 履歴書全体で西暦か元号で記入するかを統一し、取得した年月を記入して免許・資格を正式名称で記入しましょう。 <例> 平成30年5月 普通自動車第一種運転免許 取得 平成30年9月 実用英語技能検定2級 取得 基本的には、業務に関連する資格を記入するとなっています。 ただし取得した資格が多くなければ、すべて記入しても問題ありません。 現在習得のために勉強しているものについても、「取得準備中」などとして記入しておくと良いでしょう。 取得時の免許、資格の名称が変わっている場合は取得時の名称で記入します。 看護師免許の正式名称と種類 看護師免許の正式名称は「看護師免許」です。 履歴書に記入する時は「看護師免許取得」と記入しましょう。 なお、准看護師の正式名称は「准看護師免許」となります。 履歴書の免許・資格欄にまず記入するのは看護師免許です。 また、看護師となって業務を行っている人であれば「専門看護師」や「認定看護師」を目指している方も多いでしょう。 専門看護師や認定看護師も取得しているなら、しっかり記入しておいてください。 専門看護師や認定看護師は、さらに実践、相談、指導などの幅広い役割を担える資格。 専門看護師には11の分野が、認定看護師には21の分野があり、例えば専門看護師の分野では「がん看護」「精神看護」、認定看護師の分野では「救急看護」「緩和ケア」などが挙げられます。 例えば「専門看護師(急性・重症患者看護)認定」と記入します。 看護師の転職の場合に他の資格は記入する? 看護師免許はもちろんですが、もし他に免許や資格を持っている場合、記入した方がいいのでしょうか。 もちろん医療関連の資格なら、書いておくべきでしょう。 しかし関係のない資格の場合、記入するかどうか迷ってしまうかもしれません。 例えば普通自動車運転免許は、持っているのであれば必ず記入しておきましょう。 仕事に関係なくても、運転免許証は本人確認書類としても利用できます。 これは医療業界だけでなく、他業界に転職を考えている時も同じです。 その他の免許や資格については、数が少ないのであればすべて記入しても構わないでしょう。 しかし、必ずしも記入しなくてはいけないわけではありません。 もちろん医療業界以外に転職を考えているのであれば、看護師免許以外の免許や資格が有利に働くことも考えられます。 関係のない資格を持っていることで、色んな方面に興味があって勉強したという努力を評価される可能性もあります。 履歴書の免許・資格欄は自分がどんなスキル・知識を保有しており、何に興味を持って取り組んできたかをアピールできる項目です。 ただし、自分がそれについて応募先に知って欲しくない、あるいはアピールしたくないのであれば、記入する必要はありません。 応募先に応じて、必ず書くべき免許や資格を選んでください。 志望動機は自分をアピールする重要な項目 履歴書の中で特に重要な意味を持つ志望動機は、自分のやる気をアピールする項目です。 免許・資格欄をしっかり書くことはもちろん、志望動機では自分の言葉で応募先に対する気持ちを伝えましょう。 この志望動機は、新卒採用なら特に重要です。 新卒採用ではまだ職歴がありませんので、その人の意志や気持ちを確認する項目として重要視されています。 なぜ看護師免許の取得を目指し、その中で応募先のどこに魅力を感じて志望しているのか、しっかり自分の志望動機を伝えたいものです。 もちろん志望動機の欄でも、看護師免許などの用語は正式名称で記入してください。 中途採用の場合は、人事や採用担当者が重視しているのが「職務経歴」です。 ここでは当然ながら、過去にどんな業務を経験してきたかを見ています。 その人を採用したら、果たしてどんな業務を任せられるのか。 採用後の活躍について、職務経歴からイメージしているのです。 もちろん中途採用でも、志望動機は重要な意味を持ちます。 職務経歴とあわせ、「何をしたいのか」「何ができるのか」「なぜ当社に入社したいと考えているのか」という視点から、採用担当者はニーズにマッチしているかを見極めているのです。 採用担当者の意図を踏まえ、それに答えられる内容を盛り込みましょう。 例えば専門看護師や認定看護師の免許を持ち、それを生かせる場を探しているというのも志望動機となるでしょう。 では、なぜ専門看護師や認定看護師の免許取得を取得したのか。 もちろん免許は正式名称で記入しながら、その思いや意欲を具体的なエピソードと共に伝えてください。 ただし志望動機は、自己PR文になってはいけません。 自分のスキルや知識、経験などを単純にアピールするのではなく、あくまで「なぜ応募先を志望しているのか」という答えである必要があります。 問いに対して適切に回答が書かれていればこそ、志望動機は採用担当者に対するアピールの場になることを覚えておいてください。 業務従事者届や更新の際にも正式名称を書く 看護師免許を所持して病院やクリニックで働く場合、すべての看護師が「業務従事者届」を提出する必要があります。 これは「保健師助産師看護師法第33条」に基づき、就業状況について就業地の都道府県知事に届け出ることが義務付けられているからです。 その趣旨としては、就業者の実態を把握することが挙げられるでしょう。 また、就業者に対する指導監督や需給バランス等を把握して、看護行政の推進を進めるためでもあります。 この「業務従事者届」は2年毎に届出をすることが必要となり、氏名と免許の種別、登録番号、就業場所等を記入します。 この届出の際も、看護師免許は正式名称で記入してください。 届出違反には罰則があり、50万円以下の罰金が課せられます。 看護師免許は運転免許証のように、定期的な更新がありません。 しかし結婚や離婚などにより、姓が変わることがあるでしょう。 その場合は、看護師免許の氏名を書き換えてもらう必要があります。 この手続きは期間も決められていますので、結婚や離婚をして氏名や本籍地が変わった際はできるだけ早く手続きを行いましょう。 看護師免許の更新時も、「看護師免許」と正式名称で記入してください。 これは看護師免許を所持していれば、たとえ今現在は働いていないという人でも届出が必要です。 現在勤務している人は「業務従事者届」を都道府県知事へ提出し、働いていない人はナースセンターに就業していないことを登録します。 これらの届出を行う際は、必ず看護師免許について正式名称で記入しましょう。

次の

教員免許の正式名称は?中学校や高等学校などの種類や履歴書の書き方も

免許 正式名称

自動車の運転免許は必ず正式名称で記載します。 また、免許名のあとに1文字分の空白を空けて「取得」と記載するのを忘れないようにしましょう。 免許名を正式名称で書いていないと、採用担当者に書類を適切に作成できないだらしない人、常識のない人と判断される可能性もあります。 多くの人が持っている「普通免許」の場合は、正式名称である「普通自動車第一種免許」と記載しましょう。 また、年月の欄は和暦(平成〇年)と西暦(20〇〇年)の用法を、他の記載事項と統一する形で記載します。 「学歴・職歴欄」が西暦、「免許・資格欄」は和暦といった書き方は混乱のもとになるので避けてください。 複数の運転免許を持っている場合は時系列で取得年月が古いものから書くのが一般的です。 自分が持っている自動車の運転免許を確認する方法 自分が持っている自動車の運転免許の種類を正しく確認したいときは、運転免許証を見るのが一番です。 免許証の下部中央には自分が持っている運転免許の種類が略称で記載されています。 また、所得年月も免許証の下部左側に記載されています。 なお、取得年月の記載は「二・小・原(二輪・小型特殊・原動機付自転車の免許)」「他(二輪・小型特殊・原動機付自転車以外の一種免許)」「二(二種免許)」の3つしかなく、それぞれに該当する運転免許を複数持っている場合は、最も古い取得年月が記載される仕組みになっています。 つまり、自分が普通免許しか持っていなければ、「他」に書かれている取得年月を書けばいいのですが、普通免許と大型免許を持っている場合は、「他」の欄を見てもどちらか古いほうの取得年月しか分からないということです。 もし、運転免許の取得年月が分からなくなってしまったときは、警察署や運手免許更新センターなどにある「ICカード読み取り装置」を使って確認するか、「運転免許経歴証明書」を取得して確認しましょう。 ICカード読み取り装置に運転免許証を入れ、暗証番号を入力すると、各運転免許の取得年月を確認できます。 「運転免許経歴証明書」は自動車安全運転センターに交付を申請すれば手に入ります。 交付手数料は630円です(2018年10月1日現在)。 ただし、即時交付は行っていません。 時間に余裕を持って申請することをおすすめします。 自動車の運転免許の正式名称 自分が持っている運転免許の種類と取得年月が分かったら、次はその運転免許の正式名称を確認していきましょう。 運転免許の種類を日常的に表現するときには、多くの場合、略称が用いられています。 「普通免許」「大型免許」「原付」などといった表現は略称なので、履歴書に書くものとしてはふさわしくありません。 履歴書は自分の経歴を示す正式な書類です。 運転免許の種類は必ず正式名称で記載するようにしてください。 下に免許証に記載されている略称と正式名称の一覧表を掲載しています。 運転免許証と照らし合わせながら、履歴書に記入していきましょう。 ちなみに日本には15種類の運転免許があります(2018年10月1日現在)。 運転免許のうちいくつかの種類には第一種、第二種という区分があり、第二種はタクシーやハイヤー・バスなどお客さまを乗せて走る仕事に必要な免許。 例えば普通自動車を運転するために必要な免許には「普通自動車免許」「普通自動車第二種免許」という区分があり、「第一種」という記載のない前者が第一運転免許です。 履歴書に書く場合には、「普通自動車免許」と書いても、第二種との違いを明確にするために「普通自動車第一種免許」と書いても構いません。 運転免許証に記載されている運転免許の略称と正式名称 運転免許証に 記載されている略称 運転免許証の正式名称 大型 大型自動車免許 中型 中型自動車免許 準中型 準中型自動車免許 普通 普通自動車免許 大特 大型特殊自動車免許 大自二 大型自動二輪車免許 普自二 普通自動二輪車免許 小特 小型特殊自動車免許 原付 原動機付自転車免許 大二 大型自動車第二種免許 中二 中型自動車第二種免許 普二 普通自動車第二種免許 大特二 大型特殊自動車第二種免許 引 牽引免許 引二 牽引第二種免許 4. 普通自動車免許の書き方に注意が必要な人も 2017年3月12日から、道路交通法の改正に基づく新たな運転免許制度が開始されています。 運転免許の種類に「準中型自動車免許」が追加されたのです。 準中型自動車免許は、従来の普通自動車免許と中型自動車免許の中間に位置するもので、車両総重量7. 5t未満、最大積載量4. 5t未満、乗車定員10人以下の車を運転できる免許です。 これにともない、普通自動車免許で運転できる車の車両総重量と最大積載量は、従来の5. 0t未満、3. 0t未満から、3. 5t未満、2. 0t未満に変更されています。 ただし、2017年3月11日までに普通自動車免許を取得した人が、車両総重量5. 0t未満、最大積載量3. 0t未満の車を運転できなくなるわけではありません。 従来と同じ条件で運転することができます。 一点注意が必要なのは、免許証の種類が変更されたこと。 2007年6月2日から2017年3月11日までに取得した普通自動車免許は、車両総重量5. 0t未満限定の準中型自動車免許として扱われることになったのです。 履歴書に運転免許を記入する際、ただ「普通自動車免許」と書いてしまうと、現行制度での普通自動車免許と勘違いされてしまうかもしれません。 運転免許の厳密な区分を必要とする職種に応募するのでなければ大きな影響はありませんが、もし該当する場合は「普通(現 5t限定準中型)自動車免許」などと記載しておいたほうが親切でしょう。 記載されている年月に取得したのは普通自動車免許であり、現行制度では車両総重量5. 0未満限定の準中型自動車免許になっているということを示す書き方です。 wardnm cutString itemc.

次の

美容師免許の正式名称…履歴書になんて書くのが正解なの?

免許 正式名称

履歴書には保有している資格や免許を取得年月日の順に、正式名称で書くこととなっていますが、教員免許は特に種類が多く名称も長いため、自分が保有している免許の正式名称や履歴書への書き方がわからず、戸惑ってしまう方も多いようです。 また、一般企業への応募では「教員免許を履歴書に書くべきかどうか」ということ自体を迷うこともあります。 しかし、教員免許は取得のために多くの単位の取得が必要で、教育実習に約1ヶ月を費やすなど、かなりの努力が必要な資格です。 「学生時代に目的のためにコツコツ努力をして、成果を出したこと」を伝えるチャンスですので、自信をもって教員免許を履歴書に記載しましょう。 この記事では、数ある教員免許の正式名称や履歴書に書くときのポイントについて詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。 普通免許状の正式名称一覧 一般的に多くの方が取得している教員免許は「普通免許状」が多く、教諭や養護教諭、栄養教諭が持っているのもこの普通免許状です。 普通免許状のなかにも3種類があり、「一種免許状」と「二種免許状」、「専修免許状」に分けられます。 履歴書を書くときには「第一種」「第二種」など、「第」という字をつけて書いてしまう方もいますが、それは間違いです。 「小学校教諭一種免許状」というように、「第」をつけずに書くようにしましょう。 「一種免許状」は大学卒業、「二種免許状」は短大を卒業すると取得できる免許状となっています。 「専修免許状」はスキルアップのために取得する方も多く、大学院修了課程を修了すると取得できます。 教員免許を履歴書に書くときには、どの種類の免許状かがわかるように、正式名称でしっかりと記載することが大切です。 それぞれの教員免許状の正式名称は以下となっていますので、履歴書に書く際の参考にしてください。 教員免許状の正式名称 幼稚園 幼稚園教諭一種免許状 幼稚園教諭二種免許状 幼稚園教諭専修免許状 小学校 小学校教諭一種免許状 小学校教諭二種免許状 小学校教諭専修免許状 中学校 中学校教諭一種免許状 教科 中学校教諭二種免許状 教科 中学校教諭専修免許状 教科 高等学校 高等学校教諭一種免許状 教科 高等学校教諭専修免許状 教科 特別支援学校 特別支援学校一種免許状 特別支援学校二種免許状 特別支援学校専修免許状 養護教諭 養護教諭一種免許状 養護教諭二種免許状 養護教諭専修免許状 栄養教諭 栄養教諭一種免許状 栄養教諭二種免許状 栄養教諭専修免許状 高等学校の教員免許状だけは「二種免許状」がなく、「一種免許状」もしくは「専修免許状」 の2種類のみとなっていますので注意しましょう。 更新講習を受けていない場合、その旨を併記 教員免許には「10年」という有効期限があるため、免許を取得してから10年ごとに講習を受けて免許を更新しなければなりません。 しかし、教員として実際に働いておらず「免許状だけを所持している状態の方」は、原則としてその講習を受けることができず、免許更新ができないこととなっています。 再び更新をしたい場合は、いくつかの条件を満たしてから講習を受ける必要があります。 「教員免許が必要のない業務をしていて、講習を受けられずに教員免許が期限切れになってしまっている」という場合は、最後に「更新講習未受講」と書くようにしましょう。 (例) 「2008年3月 小学校教諭一種免許状 取得 更新講習未受講 」 教員免許が特別必要ない場合、記入しなくても可 教員免許が必要のない仕事に応募する場合「教員免許のことを履歴書に書くかどうか」は悩ましい問題です。 なぜならば、採用担当者のなかには、「教員免許を持っているからいずれ教職に就くのではないか」「会社への就職は一時的なものではないか」とマイナスに捉える方もいるからです。 教員免許を履歴書に書くか書かないかということは、基本的には個人の自由です。 ただ、教員免許のことを履歴書に書く場合は、採用担当者からの質問をあらかじめ想定し、 ・どうして教職につかないのか ・教員免許を取得する過程で学んだことを、この会社でどのように生かしていくのか ・将来教職につきたいという希望はあるのか といった疑問に対して堂々と答えられるようにしておくことが大切です。 「教員免許を取得する過程で人間的にどのように成長したか」というように、大きな視点で自分自身をアピールできるようにしておけば、「教員免許取得」はどのような企業への応募でも使える「大きな強み」となります。 せっかく努力して取得した教員免許ですから、どのような会社であってもアピールできるように自己PRを練り上げておくことをおすすめします。 また、以下のような企業や職種であれば、教員免許を保有していることはそのままプラスとなります。 塾や予備校など「生徒を指導する」職種• 学校に関わるような職種・機関• 学校用品を取り扱っている会社• 教科書出版のメーカーや教材の販売会社• 児童支援員 これらの仕事では、教職課程を学んだ経験を仕事に生かすことができますので、教員免許のことをしっかりと履歴書に書くようにしましょう。 教員免許の名称はしっかりと記入しましょう 教員免許を履歴書に書くときには、 ・正式名称で書く ・取得年月日は教員免許状に記載されている日付で ・中学や高校の教員免許は教科を忘れずに書く ・複数の教員免許がある場合は、古い順から時系列で書く ・新卒の場合は最後に「取得見込み」をつける という5つのポイントをおさえ、正確に記入することが大切です。 教員免許を取得していることは「目標のために努力した」ということの証明になるので、一般企業に応募するときも履歴書に書くことができます。 ただ、「教職課程の単位の取得と約1ヶ月の教育実習の体験で得たこと」や「他人にわかりやすく教える力」、「子供や保護者など、多くの方とスムーズにコミュニケーションできる能力」など、教員免許を持っている強みを最大限生かしたい場合は、教育関係への就職や転職がおすすめです。 株式会社イストEMPでは、教員免許が生かせるような私学の教員、塾講師や予備校講師などへの就職や転職を支援しており、求人案件の紹介から採用後の充実したサポートまで高い評価を受けています。 2018年の調査では「教育関係者がお勧めする人材サービス」の第1位を獲得しており、私学の教員への就職や転職でも定評があります。 「株式会社イストEMPS イーエムピーエス 」を利用すると、2,000以上の取引先の中からそれぞれの希望に合った求人情報を紹介してもらえるため、就職や転職で教師になる夢をかなえることができます。 保有している教員免許を生かしたいという方は、ぜひ「株式会社イストEMPS イーエムピーエス 」を利用して教育関係の仕事を見つけてみてください。 登録会員には、求人情報を優先配信いたします。

次の