バージン 航空。 Virgin Australia Flights: Book Your Virgin Australia Airfare Today

ヴァージン オーストラリア、日本初就航の羽田~ブリスベン便航空券を本日より発売開始|Virgin Australia Airlines Pty Ltdのプレスリリース

バージン 航空

イギリス、マンチェスター空港から離陸するFlybe(フライビー)の飛行機。 Reuters• 航空コンサルタント会社のCAPAは、 で、世界の の「ほとんど」が5月末までに倒産する可能性があると警告した。 アメリカのトランプ大統領は、航空業界に対して と決めたが、それだけでは十分ではないかもしれない。 世界中の航空会社は、特に金融市場が停滞しているため、すでに危機に陥っている可能性がある。 COVID-19の発生により、いくつかの航空会社はすでに経営破綻している。 旅行業界は、COVID-19によって最初に大きな打撃を受けた産業だった。 1月下旬にこのウイルスのニュースが広まったとほぼ同時に、世界中からアジアへの旅行需要が急減した。 封じ込め政策が世界中で採用される前から、コロナウイルスへの不安から人々はアジアへの旅行を避けるようになり、航空会社は中国やその他のアジア地域への便を大幅に減らしていった。 しかし、数週間のうちに、需要が減少したのはアジア便だけではないことが明らかになった。 ウイルスがヨーロッパ、続いて南北アメリカ、アフリカへと広がったため、世界中で需要が減少したのだ。 人々は自宅から離れた場所への移動に二の足を踏んでいたし、ウイルスを持っている人もいるかもしれない他人との距離が近いことを考えて飛行機による旅行を避けようとしていた。 そして、新型コロナウイルスの感染拡大がどうなるかわからないため、今後の旅行のチケットの購入を控えている人々もいる。 イギリスの地方航空会社Flybe(フライビー)が現金を使い果たし、3月初めに破産を申請したとき、航空会社大虐殺の規模が見えてきた。 Flybeは財政難が続き、すでに危機に瀕していたが、コロナウイルスの蔓延とそれに伴う予約の減少は、同社の命取りになった。 世界各国が国境を閉鎖したため、航空会社が多くの路線を休止して飛行機を飛ばさず、残りのわずかな便でも空席が多く見られるなど、航空旅行は大幅に減少している。 アメリカの多くの航空会社は、救済法案があるため今のところは安全だが、いくつかの航空会社はすでに破綻しており、危機が長引くにつれ、さらに多くの航空会社が倒産の危機に直面するだろう。 アメリカのドナルド・トランプ大統領は、航空会社への580億ドルの支援(労働者への給与補助290億ドル、航空会社への融資290億ドル)を含む景気刺激法案にが、いくつかの航空会社はすでに破綻している。 また、国際航空運送協会(IATA)のアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック(Alexandre de Juniac)会長は、世界中の航空会社に整理統合や事業停止を余儀なくされる可能性があると警告した。 同様に、航空コンサルタント会社のCAPAは今月初め、各国政府と業界団体が協調して介入しない限り、5月末までに「世界のほとんどの航空会社は倒産するだろう」と。 これまでに倒産した航空会社は以下の通り コロラド州のデンバー国際空港で、トランス・ステート航空の旅客機が滑走路に入る。 ミズーリ州ブリッジトンに本社を置くトランス・ステート航空は、ユナイテッド航空の地域路線であるユナイテッド・エクスプレスを毎日運航している。 2019年6月20日。 同社は2020年末まで、ユナイテッド航空の地域航空会社であるエクスプレスジェット航空と業務統合する計画だった。 しかし、予期せぬコロナウイルスの影響のため、4月1日にすべての運航を停止すると、トランス・ステイツ航空のCEOは従業員へ通達した。 同社は、エンブラエルのERJ-145を運用していた。

次の

ビジネス

バージン 航空

ヴァージン オーストラリア(CEO: ポール・スカラー; 所在地:オーストラリア、ブリスベン)は12月5日(木)、日本初就航便である2020年3月29日以降の羽田~ブリスベン便航空券の販売を開始しました。 日本発航空券に関しては当面旅行代理店やオンライン・トラベル・エージェント(OTA)にて購入が可能で、ヴァージン オーストラリア公式ホームページでの日本発便の発売開始は2020年3月頃の予定です。 なお、2019年12月5日~12月16日には発売を記念して特別割引運賃で販売、エコノミークラスは69,930円~、ビジネスクラスは266,430円~で、旅行期間は2020年4月29日から2020年6月18日までと、2020年7月28日から2020年9月10日までとなっています。 初就航便にはエアバス中型機A330-200が導入される予定で、2-4-2配席のエコノミークラスは255席、ビジネスクラスは20席設置されます。 羽田発VA 76便は、日本からの渡航者にとって便利な夜行便で、21:45に羽田を出発して朝7:45にブリスベンに到着するオーストラリアでの滞在時間が最大となるスケジュールとなっています。 ブリスベンへの到着後、それ以遠の国内便への乗り換えがスムーズになるように配慮されたスケジュール設定でもあり、例えば、到着後すぐに飛行時間1時間30分のシドニー~ブリスベン線乗り換えることができます。 また、ブリスベン発VA 77便は、11:40に現地を出発し、同日の20:00に羽田に到着します。 ヴァージン オーストラリアは、今年11月のAirlineRatings. com「エクセレンス・アワーズ」で、「ベスト・キャビン・クルー」及び「ベストエコノミークラス」を受賞、また、グローバルランキングでもトップ10位にランクインしており、快適な空の旅を体験していただけます。 【 飛行スケジュール 】 ブリスベン-羽田線は以下を含めてフルサービスにて運航されます。 日本市場のために独自に開発された、美味しい機内食• 機内エンタテインメントにおける日本語コンテンツ• 日本語対応客室乗務員が搭乗• 宇宙飛行の実現を目指すヴァージン ガラクティックなどのヴァージングループ傘下の会社と同様、同社は企業理念の経済性、品質、イノベーション、楽しさや競争に対するチャレンジ精神すべてを各サービスに取り入れています。 現在、オーストラリア国内41拠点には毎週2,700便以上運航しています。 オーストラリア以外の拠点では15拠点で就航しており、2020年3月に初めて日本に就航する予定のフルサービスのブリスベン-羽田便は16拠点目となります。 (英語).

次の

ヴァージン・グループ

バージン 航空

沿革 [ ]• 1984年 : - 線をで開設し、運航開始。 1988年 : 日本支社が開設される(所在地・)。 1989年 : ロンドン・ガトウィック - 線がボーイング747-200で運航開始。 日本就航当時からのを採用していた。 1991年 : 1月にヒースロー空港の使用許可を受ける。 1997年 : が機体からの塗装を消したことに伴い 、自社の機体の機首部分に描かれている「スカーレット・レディ」および(主翼先端部)にユニオンジャックを入れる。 2002年 : 東京線の使用機材がに変更。 2003年 : とのマイレージプログラムでの提携が開始される。 2012年12月11日 : が保有する49%の株式をが買い取り、大西洋路線で合弁事業を行い、将来的には合弁会社を設立する予定を発表。 [ ]• 2013年4月8日 : 初のイギリス国内線サービス「リトル・レッド」をヒースロー-線にて開始• 2014年10月6日 : イギリス国内線「リトル・レッド」ヒースロー-マンチェスター線は2015年3月28日、ヒースロー-エディンバラ線、ヒースロー-アバディーン線は2015年9月26日をもって撤退することを発表。 経年機退役は7機の747-400の運用停止、4機のA330-200の2022年からの退役が発表され 、それ以外にも20年初め3機運用していたA340-600の事実上引退も含まれる。 歴史 [ ] ヴァージン・アトランティック航空の本社"The Office" を率いるが、横断路線を運航するとして知られたものの、大手航空会社による圧力を受けてに破産したイギリスののフレデリック・レイカーや、同じく格安航空会社として同路線に参入したの成功にインスピレーションを受けて、ヴァージン・アトランティック航空を設立し、1984年6月22日に-線で運航を開始した。 運航開始当初は、中古のボーイング747-200型機1機のみでの運航であった。 その後、さまざまな機内サービスを積極的に導入したことが多くの乗客からの好評を受けて業績を伸ばしたが、レイカー航空同様にイギリスのであるから執拗な妨害を受けた。 しかしその後も乗客数は伸び続け、機材を買い足すとともに、ロサンゼルスや東京などの主要都市にも路線網を拡大した。 リチャード・ブランソンの母親は1946年にブリティッシュ・エアウェイズの前身であるから分離し、南アメリカとカリブ海域路線を担当していた ()(BSAA)の元客室乗務員だった。 さらににはヒースロー空港への乗り入れも開始したほか、やなどの当時の最新機材を導入した。 世界初のへの個人用テレビの導入やプレミアムエコノミークラスの導入を行ったほか、バーや理髪店も設けた、オートバイによるロンドン市内と空港間の移動サービスの提供など、様々なサービスを積極的に導入することでも知られるようになった。 ヴァージン・アトランティックのラウンジ「Clubhouse」における軽食サービスは、他航空会社で多く採用されているセルフサービス方式(ビュッフェ)ではなく、軽食メニューを見て注文する形式である。 Clubhouseは、ロンドン および 、ニューヨークの、 ニュージャージーの、 、 、、、の各空港で運営されている (2017年2月までは、でもアジアで唯一のClubhouseが運営されていたが、閉鎖になった )。 関連会社に格安航空会社の 現 や、を持つほか、 旧ヴァージン・ナイジェリア航空 もある。 ロンドン以遠のイギリス国内接続路線は bmi との提携で実現していたが、2012年にbmiがブリティッシュ・エアウェイズの親会社である IAG に売却され、BAに統合されて以来、国内線を持たない状況となっていた。 その後、同年11月に旧bmiが保有していたヒースロー空港の国内線発着枠を落札 し、それを用いて2013年4月に初の自社国内線サービス「リトル・レッド」をロンドン-線で開始した。 2014年9月3日に路線ネットワークの強化計画と顧客満足度向上のための投資計画として大きな路線再編に踏み切ると発表。 これらの路線は既存の就航路線や提携ネットワークを持って同社の存在感を維持していく予定とし、一方、北米路線ではデルタ航空との共同事業を拡大する。 保有機材 [ ] 同社が保有する機材は、最新鋭ののみである。 ヴァージン・アトランティック航空のボーイング747-400 保有する全てにニックネームをつけている。 リチャード・ブランソンによれば、アッパークラスのサービスにおいて「個人的な『クラブ』でくつろぐような雰囲気に浸ることが出来る」ことを目指していた ことから、その感覚の延長として各機体にニックネームをつけるようにしたという。 機材登録記号についても遊び心を盛り込んでいるものがある。 例えば、既に退役した機材では、1号機が「G-VIRG」で2号機が「G-VGIN」となっていたほか 、東京線開設時に導入した機材では「G-TKYO」、ロサンゼルス乗り入れ時には「G-VLAX」(LAXはロサンゼルス国際空港の3レターコード)と、新たに乗り入れを開始した都市名にちなんだ登録記号を選んだ。 また、「G-VLIP」(リップ)、「G-VGAL」(ギャル)、「G-VAST」(バスト)など、女性に関連する言葉を登録記号に盛り込むこともある。 ヴァージン・アトランティック航空が自社で発注したボーイング製航空機(1997年以降受領の747-400が該当)のカスタマーコードは 1Rで、航空機の型式名は747-4 1Rとなる 2001年に導入した747-400新造機の中にはの 43を付けた747-4 43が数機あるが、これはボーイング社が製造開始後にアリタリアがキャンセルした機体を引き取ったものである。 2020年の新型コロナウイルス感染拡大による経営効率化によりA340-600の事実上引退、747-400の運用停止退役及びA330-200の2022年以降順次退役発表によって機内エンターテインメントシステムのVera Touch化完了。 ヴァージン・アトランティック航空の機材(2020年現在) 機種 運用数 発注数 オプション数 客室 備考 J W Y 合計 4 - - 18 - 152 270 B787-9のRRエンジントラブルによる代替 2022年以降順次引退A330-900neoと入れ替え予定 10 - - 31 48 185 264 - 14(6機リース込) 不明 TBA 2019年6月17日にて 8機確定発注、6機よりリース契約、計14機導入予定 2021年以降順次導入、既存A330切換機材 3 - - 45 38 233 316 順次退役中、2020年3月事実上引退 4 8(リース込) (権利有り) 44 56 235 335 2016年7月11日にて 8機確定発注、4機ALCよりリース契約、計12機導入予定、他オプション権利あり。 2019年以降順次導入、一部Boeing 747-400を切換。 7 - - 14 66 375 455 2020年5月新型コロナウイルスの影響により運航停止退役 17 - - 31 35 198 264 Total 35 10 8 22 アド・メッセージ [ ] 航空機に以下のメッセージが書いていることがある。 競合相手であるが、長距離路線にやといった双発機を用いたことに対抗し、4つのエンジンを持つエアバスA340を強調したものである。 このメッセージは2006年、ヴァージンが双発機であるの導入を決定した後に順次消された。 しかし結局購入できず、飛行機の後部に「ブリティッシュ・エアウェイズはコンコルドを保有する余裕は無いはずだ!! 」と書いたのである。 これは、英米間で高い路線シェアを持つ2社 例:-ロンドン線は当時この2社が100パーセント独占していた が組むことに反発したものである。 それ以降もの加入には否定的であり、特に両社によって結成されたワンワールドの加盟会社とは一切提携を行なっていなかったが、マイレージ提携先のマレーシア航空が2013年にワンワールドに加盟した。 その後このメッセージは他のメッセージに換えられたが、にブリティッシュ・エアウェイズ、アメリカン航空及びの三社による業務提携が発表された際に、英米二社による大西洋路線の独占に繋がることを危惧して一部機材にてこの表示を復活させている。 Backing the Bidとはそのまま「入札を支援する」という意味。 なお、同じ文言はブリティッシュ・エアウェイズの機材にも表示されていた。 「あなたのエアラインには、こんな(ヴァージンのような)サービスはありますか? 」と問いかけ、同社のサービスがユニークであることをアピールしたものである。 また、これに伴ってグローバル向けCMの放送を行った。 就航都市 [ ] ヴァージン・アトランティック航空 就航地一覧 (2018年現在) 国 都市 空港 備考 メインハブ空港 ハブ空港 焦点都市 季節運航 季節運航 季節運航 休・廃止路線 運休中 香港経由 同社は、2014年に予定している国際線旅客ターミナルの拡張に合わせ、それまで運航していた成田路線を羽田発着に移行する計画であったが 、最新鋭機材のの納入遅れもあり、2014年9月3日に路線ネットワークの強化計画と顧客満足度向上のための投資計画を発表し、2015年2月1日の成田発をもって成田線から撤退。 これにより、ヴァージン アトランティック航空は日本路線の運航から撤退し 、東京都内にあった日本支社も閉鎖された。 撤退以降はコードシェアを実施しているが成田-ロンドン線の利用者を同社の羽田-ロンドン線に振り替えているがANAの羽田-ロンドン線の運航条件であった成田線が廃止されたためANAは国交省の暗黙ルールである、 成田縛りに抵触している。 「」も参照 そのほかの路線でもロンドン-路線の撤退、ロンドン・ヒースロー空港-、路線の廃止も発表。 これらの路線は既存の就航路線や提携ネットワークを持って同社の存在感を維持していく予定とし、一方、北米路線ではデルタ航空との共同事業を拡大し、強化する計画で大幅に路線を再編する。 マイレージプログラム [ ] 「フライングクラブ(Flying Club)」を運営している。 提携航空会社 [ ] かつては競合会社であるが、スターアライアンスと競合するに加盟していることもあり、以前は大株主・シンガポール航空などの加盟会社が多かったがエールフランス-KLMとの共同事業拡大契約以降寄りの提携になってきている。 ただし、ヴァージン・アトランティック航空自身は、いかなる航空連合にも加盟していない。 スカイチーム• スカイチーム• スカイチーム• スターアライアンス• スターアライアンス• スターアライアンス• ヴァージン・アトランティック航空に搭乗してシンガポール航空の「クリスフライヤー」にマイルを加算すれば、スターアライアンスゴールド会員になることもできる。 提携先のニュージーランド航空は系列会社、、の競合相手である。 そのため、事情を知らないニュージーランド航空の国内線からはフライングクラブカードを提示する際に拒否されることがある(国内線でも国際線でもマイル加算は可能)。 [ ] 2003年にとマイレージプログラムで提携開始。 2009年8月3日より、ANAと成田-ヒースロー線で提携開始。 その他 [ ]• ファーストクラスのアメニティには人気があり、しばしばブランケットや調味料入れなどが盗難に遭う。 このため、あらかじめ備品の一部には最初から「ヴァージン航空からの盗品」というロゴが刻まれている。 関連文献・雑記 [ ]• リチャード・ブランソン 『ヴァージン-僕は世界を変えていく』 、2003年。 ヴァージンアトランティック航空発足当時に起きたとの攻防の記録が記されている。 つばさ出版『月刊翼』1989年9月号(通巻279号)• イカロス出版『月刊エアライン』2006年1月号(通巻319号 関連会社 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• イギリス国民からの評判が悪かったため、ブリティッシュ・エアウェイズは2001年からユニオンジャックをモチーフにしたデザインに戻している。 加盟会社とは、全日本空輸、英国・欧州内の短距離区間を補完する、資本関係を持つなど、数社との間で提携がある。 脚注 [ ]• Delta Air Lines Dec 11, 2012• Virgin Atlantic 8 April 2013• Little Red operations 2014年10月6日• Aviation Wire 2014年9月3日• 「エアライン Empires of the Sky」アンソニー・サンプソン著 大谷内一夫訳(早川書房 1987年)• Virgin Atlantic Airways• Business Traveller 2017年3月2日• Virgin Atlantic Airways, 8 November 2012• Virgin Atlantic Airways, 8 April 2013• 『月刊エアライン』2006年1月号 p108• Virgin Atlantic• ニューズ・ウィーク 2018年8月18日. 2018年8月25日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語).

次の