ほうとう れい。 千代田町の文化財

文化遺産データベース

ほうとう れい

利根の恵みとともに、先人たちが町に残した文化財や遺跡の数々。 マップをクリックすると拡大図がご覧人れます。 (別ウィンドウで開きます。 ) 千代田町文化財一覧 1 銅五種鈴(どうごしゅれい) 国指定重要文化財 赤岩・光恩寺 「銅五種鈴(どうごしゅれい)」は、鎌倉時代の作品と推定される高さ約20cmの銅製の鈴で、密教法具(みっきょうほうぐ)として使われる、宝珠鈴(ほうじゅれい)、宝塔鈴(ほうとうれい)、五鈷鈴(ごこれい)、三鈷鈴(さんこれい)、独鈷鈴(とっこれい)の五種類がまとまって残っている数少ない貴重な文化財です。 (平成19年6月8日 国指定) 2 地蔵菩薩画像板碑(じぞうぼさつがぞういたび) 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 文永8年(1271年)の製作で、画像板碑としては最古に属するものです。 俗に、弘法大師「爪引(つまび)き地蔵」の愛称で親しまれ、人々の信仰(しんこう)を集めてきました。 当地方の歴史を考えるうえで欠くことのできない資料であり、鎌倉時代の石造美術品としても貴重なものです。 3 阿弥陀三尊像 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 阿弥陀如来(あみだにょらい)とその左右に脇侍(きょうじ)する観音(かんのん)・勢至(せいし)の両菩薩は、鎌倉時代初期の代表的作品で、豊麗な姿であらわされ、北関東におきえる定朝(じょうちょう)様式を伝える阿弥陀如来像と、宋朝(そうちょう)風の脇侍は、貴重な三尊像です。 4 仁王像 町指定重要文化財 木崎・東光寺 松材製寄木造り、差し首、玉眼(水晶)嵌(かん)入の彩色(さいしき)像で、造像年代は17世紀後半から18世紀初期頃と推定されます。 非凡な技法と独特の表現が各所に見られる優れた仁王像です。 5 寳林寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 新福寺・寳林寺 国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉の家老、黒田信濃守が館林の広済寺(こうさいじ)に寄進したものです。 館林城が廃城の際、同宗である寳林寺に本尊、什宝(じゅうほう)等とともに、この梵鐘が移されました。 当地方の歴史を語る貴重なものです。 6 光恩寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 赤岩・光恩寺 寳林寺の梵鐘とともに、国の重要美術品とされた名鐘で、撞座(つきざ)に金剛界五仏(こんごうかいごぶつ)の種子を配し、乳の間には、梵字(ぼんじ)百字真言が見事に鋳出(ちゅうしゅつ)されています。 江戸時代、五代将軍綱吉治政下で、学問・文化の興隆等々清新の気風がみなぎった、いわゆる元禄文化の一端を知るうえで貴重なものです。 48MB).

次の

霊帝(れいてい)

ほうとう れい

利根の恵みとともに、先人たちが町に残した文化財や遺跡の数々。 マップをクリックすると拡大図がご覧人れます。 (別ウィンドウで開きます。 ) 千代田町文化財一覧 1 銅五種鈴(どうごしゅれい) 国指定重要文化財 赤岩・光恩寺 「銅五種鈴(どうごしゅれい)」は、鎌倉時代の作品と推定される高さ約20cmの銅製の鈴で、密教法具(みっきょうほうぐ)として使われる、宝珠鈴(ほうじゅれい)、宝塔鈴(ほうとうれい)、五鈷鈴(ごこれい)、三鈷鈴(さんこれい)、独鈷鈴(とっこれい)の五種類がまとまって残っている数少ない貴重な文化財です。 (平成19年6月8日 国指定) 2 地蔵菩薩画像板碑(じぞうぼさつがぞういたび) 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 文永8年(1271年)の製作で、画像板碑としては最古に属するものです。 俗に、弘法大師「爪引(つまび)き地蔵」の愛称で親しまれ、人々の信仰(しんこう)を集めてきました。 当地方の歴史を考えるうえで欠くことのできない資料であり、鎌倉時代の石造美術品としても貴重なものです。 3 阿弥陀三尊像 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 阿弥陀如来(あみだにょらい)とその左右に脇侍(きょうじ)する観音(かんのん)・勢至(せいし)の両菩薩は、鎌倉時代初期の代表的作品で、豊麗な姿であらわされ、北関東におきえる定朝(じょうちょう)様式を伝える阿弥陀如来像と、宋朝(そうちょう)風の脇侍は、貴重な三尊像です。 4 仁王像 町指定重要文化財 木崎・東光寺 松材製寄木造り、差し首、玉眼(水晶)嵌(かん)入の彩色(さいしき)像で、造像年代は17世紀後半から18世紀初期頃と推定されます。 非凡な技法と独特の表現が各所に見られる優れた仁王像です。 5 寳林寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 新福寺・寳林寺 国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉の家老、黒田信濃守が館林の広済寺(こうさいじ)に寄進したものです。 館林城が廃城の際、同宗である寳林寺に本尊、什宝(じゅうほう)等とともに、この梵鐘が移されました。 当地方の歴史を語る貴重なものです。 6 光恩寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 赤岩・光恩寺 寳林寺の梵鐘とともに、国の重要美術品とされた名鐘で、撞座(つきざ)に金剛界五仏(こんごうかいごぶつ)の種子を配し、乳の間には、梵字(ぼんじ)百字真言が見事に鋳出(ちゅうしゅつ)されています。 江戸時代、五代将軍綱吉治政下で、学問・文化の興隆等々清新の気風がみなぎった、いわゆる元禄文化の一端を知るうえで貴重なものです。 48MB).

次の

山麓園

ほうとう れい

利根の恵みとともに、先人たちが町に残した文化財や遺跡の数々。 マップをクリックすると拡大図がご覧人れます。 (別ウィンドウで開きます。 ) 千代田町文化財一覧 1 銅五種鈴(どうごしゅれい) 国指定重要文化財 赤岩・光恩寺 「銅五種鈴(どうごしゅれい)」は、鎌倉時代の作品と推定される高さ約20cmの銅製の鈴で、密教法具(みっきょうほうぐ)として使われる、宝珠鈴(ほうじゅれい)、宝塔鈴(ほうとうれい)、五鈷鈴(ごこれい)、三鈷鈴(さんこれい)、独鈷鈴(とっこれい)の五種類がまとまって残っている数少ない貴重な文化財です。 (平成19年6月8日 国指定) 2 地蔵菩薩画像板碑(じぞうぼさつがぞういたび) 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 文永8年(1271年)の製作で、画像板碑としては最古に属するものです。 俗に、弘法大師「爪引(つまび)き地蔵」の愛称で親しまれ、人々の信仰(しんこう)を集めてきました。 当地方の歴史を考えるうえで欠くことのできない資料であり、鎌倉時代の石造美術品としても貴重なものです。 3 阿弥陀三尊像 県指定重要文化財 赤岩・光恩寺 阿弥陀如来(あみだにょらい)とその左右に脇侍(きょうじ)する観音(かんのん)・勢至(せいし)の両菩薩は、鎌倉時代初期の代表的作品で、豊麗な姿であらわされ、北関東におきえる定朝(じょうちょう)様式を伝える阿弥陀如来像と、宋朝(そうちょう)風の脇侍は、貴重な三尊像です。 4 仁王像 町指定重要文化財 木崎・東光寺 松材製寄木造り、差し首、玉眼(水晶)嵌(かん)入の彩色(さいしき)像で、造像年代は17世紀後半から18世紀初期頃と推定されます。 非凡な技法と独特の表現が各所に見られる優れた仁王像です。 5 寳林寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 新福寺・寳林寺 国の重要美術品とされた名鐘で、館林城主徳川綱吉の家老、黒田信濃守が館林の広済寺(こうさいじ)に寄進したものです。 館林城が廃城の際、同宗である寳林寺に本尊、什宝(じゅうほう)等とともに、この梵鐘が移されました。 当地方の歴史を語る貴重なものです。 6 光恩寺の梵鐘(ぼんしょう) 町指定重要文化財 赤岩・光恩寺 寳林寺の梵鐘とともに、国の重要美術品とされた名鐘で、撞座(つきざ)に金剛界五仏(こんごうかいごぶつ)の種子を配し、乳の間には、梵字(ぼんじ)百字真言が見事に鋳出(ちゅうしゅつ)されています。 江戸時代、五代将軍綱吉治政下で、学問・文化の興隆等々清新の気風がみなぎった、いわゆる元禄文化の一端を知るうえで貴重なものです。 48MB).

次の