き さ つの 剣。 トーラムオンライン両手剣コンボ攻略4つのポイント

【ポケモン剣盾】むしタイプのポケモン一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

き さ つの 剣

の日ソ国境()を守備する()で使用される着剣済の 剣は武器(ないし)として利用するためのもので、としての(狭い範囲に圧力を集中する楔構造)によって対象に損傷を与える。 史実的には刃物としてではなく質量を生かしてとして用いられるか刺突の機能に期待されるとの印象が大きいが、現代に伝わる西洋剣術の指南書を見る限り、斬撃用途も十分に考慮されていた。 基本的に損耗しやすい刃の加工は重要視されなかったが、両手持ちの大型の剣の場合、あえて鍔元に研磨しない箇所を設けることで剣身を握れるようにし、武器としての用途を増やすなどの工夫がなされることもある(例: )。 また素手で剣身を握り込んで扱う技法も存在したが、剣身の握り方は失伝してしまっている。 一般的に60cm程度より長大なものを指し、より短く軽量のものは刃を研磨されなどと呼ばれ区別される。 素材に関しては、後述するようにその地域で得られる様々なものが利用された。 その発達の歴史では常に最新の素材を利用する傾向も見られる。 ただ、その制作には使用する素材にも拠り一定以上の技術が不可欠であり、またが限定的な時代や地域(例えばとの区別が曖昧な時代)では量産が難しく、大型のものではコストも高くついたため稀少で、訓練でも相応の時間を費やす必要があるなどの傾向も見出せる。 このため各々の剣に対する特別の意味付けがあるものも散見され、歴史的記念物として保存されたものや、象徴として装飾されたものが現代に伝わっている。 今日では、戦争の形態が(個人装備では・)を用いる形態が主流であるため、剣を使う戦闘もなど補助要素的なものに変化し、その中ではの銃の登場以前に発達した多種多様な刀剣類を見ることは無い。 しかし歴史的に権力(いわゆる全般)の象徴としてや、なにがしかのシンボルとして剣のモチーフが登場するほか、フィクションの分野でも歴史的な題材のみならずからにまで幅広くその類型が見出せる。 なお兵器としての剣はその立場を縮小してはいるものの、剣の扱いに関するもと呼ばれ、様々に発展現代ではの分野で生き残っており、これらはスポーツ全体から見ても無視できない広がりを持つ分野となっている。 機能と構造 [ ] 剣には対象に対し、斬撃 と刺突 と打撃 を行う機能を持つものが多く、重い鎧が流行した中世頃は質量を生かした鈍器 と貫く刺突を兼ね備えた機能 を、銃が発達し軽装となった近世以降ではサーベルやレイピアなど斬ることと刺すことが重視された ようである。 諸刃かつ(切りつけるより)貫き通す機能を重視しているため、基本的に剣先からグリップまでが真っ直ぐな形状となっていることが多い。 また剣の中には ()(でいうところの樋・「血溝」は俗称)が施されているものがある。 これは刀身に沿って溝が穿たれ、軽量化に役立った一方で、相手を刺した際に武器が抜けなくなることを予防するため、血を抜き圧力を下げる一方で引き抜く際に切断面と剣との隙間に空気が入ることで武器を抜きやすくする機能を持つ、この様な構造を持つ物はや等にも見られる。 ほとんどの中世以降の西洋の剣は、振る際に生じる遠心力による負担と隙を軽減するため、その重心を持ち手の近くに収めることが念頭に置かれている。 そのため刀身はできるだけ薄く細く、柄側には刃部全体と釣り合うだけの重量を持たせていることが多い。 時に使用者はその特性を利用して柄頭で打撃を加えたり、刃の部分を持って鍔を嘴として攻撃することもある。 また、耐久面への配慮として刀身の柔軟性が重視されており、質のいいものは刀身を90度曲げても元に戻る。 諸刃で直剣の西洋剣は片刃で曲刀のとよく比較されるが、前述からも分かる通り用途や製作理念が異なるため安易な比較をするべきではない。 形状も用途も様々で突いたり、払ったりできるため、最も近い原型である斧よりも用途が広く、はっきり分類しにくい面もある。 また、短剣よりも長く、隠し持つのが難しいことから多くの文化圏で名誉ある武器とみなされてきた。 刀剣は最も広範囲に使われた武器の一つでもある。 刀剣の利点はサブウェポンの中では斧や打撃武器よりもリーチが長いこと 、軽装の敵に対して殺傷力が高いこと 、携帯性が高いこと 、重心が手元に近いため動作が機敏で扱いやすいこと 、斧や打撃武器に比べると扱うのに腕力と体力を要さないこと があげられる。 逆に欠点を言えば、高価であること 、鎧に対して効果が低いこと 、耐久性が低いこと 、扱うのに技術を要すること があげられる。 ちなみに斬撃は刺突に比べ、殺傷力が低いがストッピングパワーが高い、 刺突は斬撃に比べ、殺傷力が高いがストッピングパワーが低いという特徴がある。 剣や刀は扱いが難しいという説もある。 薪を割るには斧や鉈で刃筋を立てる必要があり、ある程度の練習が必要である。 動いている敵に刀剣でそれを行うのは格段に難易度が高くなり、多年の修練を必要とし、武器としてのコストパフォーマンスが悪いというわけである。 の用サーベル 剣による戦闘()では、相手も剣を備えて攻撃に用いるため、これを防ぐとしての側面があり、この戦闘で手を守る機能を備える剣も多い。 剣は個人対個人が戦う上では、基本的な装備の1つとなる。 しかし、刀剣類のうちでも両手剣は扱いに腕力と技術を必要とした。 白兵戦のうちでも携帯性に優れた刀剣は主に他の武器の補助として使い 、相手に対し距離を置いて対処できる槍や弓矢などが使えず 、槍などの長柄武器が壊れた際の護身用 や敵味方が入り乱れる長柄武器が使いづらい乱戦で槍などを捨てて護身用に利用された。 しかし、世界的に見てあまり一般的ではなかったものの刀剣を主武器とする兵科はあった。 剣はスクラマサクスなど鉈の様なものならば作業用にも使われるが 、槍や短剣とは違い、最初から対人戦用に生み出されたものであり、ほぼ無限の思考・行動パターンを持つ人間を相手にできるように攻撃方法に凄まじく応用が利く。 前近代の戦争において槍や弓を主武器とする場合も、刀剣を帯び、乱戦になってそれを抜いて戦うことはよくある光景であった。 古代においては、古王国、中王国時代のエジプト人とギリシア人は剣を完全な補助武器とみなしていたが、ローマ人とケルト人、ダキア人などは剣を武器として重要視していた。 新王国時代になってからエジプト人は剣と兜と鎧を重視するようになった。 サブウェポンとしても、ギリシア人は斧や棍棒といった武器を蛮族視しているのみならず、その後のヨーロッパのファランクスなどの槍を中心とした密集隊形の中ではそれらの武器が使いづらかったことから剣の方が主流であった ローマ人も斧や棍棒を蛮族視しており、ローマの密集隊形レギオンでは槍や長剣といった長い武器が乱戦で使いづらかったがために小振りな剣であるグラディウスがメインウェポンであった。 白兵戦を好む中世の騎士の戦いにおいては乱戦になることがほとんどであり、その場合の武器は槍やランスではなく、剣や斧、メイスなどであった。 こと中世から近世の戦争で、一般から招集される民兵は補助的武器のものであり、歩兵はまずを基本的な戦闘単位として考え、これらの補助として剣を装備していた。 ただ人類の歴史で、有史以降いずれの国家でも戦争に対する備えとして平時より生産と保有が行われたことから、弓や斧に比べ扱い易い 剣にも一定の信頼性が保たれていたことがうかがえる。 日本ではの原型・初見は12世紀初頭から見られ、当時は短く「(さすが)」とも呼ばれていた。 に長大な刀剣が流行するに従い、刺刀も大型化しや脇差になったとされる。 南北朝時代あたりまでは短刀と同じく平造りが主流であったが、それ以降は太刀と同じ鎬造りとなる。 刃渡りは室町時代前半までは約40cmから50cmであり、室町時代後半からは60cm以上の長寸のものが現れだした。 それと同時にと短めの(脇差)の同時携帯が身分・階層問わず流行し、帯刀が身分不問で成人男子の象徴になっていった。 ただし、に代表される乱世の頃の剣と、後世や平時での護身用の剣との間には明確な隔たりが存在する。 前者は切れ味よりも耐久性が求められ、ここに前述の鈍器としての剣や、あるいは腰に吊って日常的に持ち歩くことを前提としないことからで重量のある剣が利用され、また装飾などの意匠性を求められることも少なかった。 後世の剣は対人でも一人ないし数人を傷付けひるませたり撃退することができれば用を成したのとは異なる。 こういった変化は、日本刀でも戦国時代のものと後世のそれとで明確な差異も見られる。 また、西欧でものような歩兵装備としての剣や扱いに技能を必要とするなどが戦争に使われた。 大半の歩兵用の剣は扱いやすいものであったが、両手剣の使用には腕力と技術を要した。 しかし、火器の発達と共に戦場での活躍は少なくなってゆき 、次第に装飾的、象徴的な用途で扱うのみになっていった。 同時に実用的な剣術も多くの指南書を残しながらも人々の記憶から消えていった。 中世暗黒時代の間、剣は重要な武器であり、北欧では特にその傾向が強かった。 また、剣に対してそれなりの防御力 を発揮する鎖帷子の普及率も高価なために中世暗黒時代のアングロサクソン人やフランク人やヴァイキングの間では低かった。 しかし、同時に暗黒時代のアングロサクソン人やフランク人、ヴァイキングにとって剣は高価で富裕な者にしか手に入らない武器であり、一般の兵士は槍や斧、スクラマサクスという鉈などで代用していた。 10~15世紀の中世盛期後期ヨーロッパにおいては鎧の発達 により、剣や槍ではダメージを与えづらくなり、斧やメイス、ウォーハンマー、フレイルなどの打撃武器の需要が高まっていった。 それでも10~12世紀の鎖帷子を主な防具とした時代ならば剣で斬れなくとも叩き付けることによりかなりの打撲傷を負わせられたが 、13世紀以降は板金鎧の発達により、斧やメイスなどの打撃武器の方が有効な武器となった。 剣は武器として優れていたが、当時の鉄や特に鋼鉄が希少価値を持っていたがために中々手に入らない武器でもあった。 中世の鋳造技術は低かったために、戦いに参加すれば剣は簡単に折れてしまい、当時作られた剣で現代に完全な形で残っている物がほとんどないのは、使っているうちに折れてしまい、短剣として作り直されたからであり、ダガーと呼ばれる先の尖った両刃短剣が普及したのもこの頃である。 騎士は14世紀になるまでは短剣をあまり使用しなかったが、全身板金鎧の普及に伴い、鎧の隙間から突き刺すために多用するようになった。 騎士はメイスを非常によく使用したが、頑丈な甲冑を着ている敵に衝撃で中身にダメージを与えられるメイスは、なまくらな剣よりもよほど役にたった。 剣は鎧にそれほど効果がないが、携帯性が高く、身分の象徴となるため、予備の武器や飾りとして馬上の騎士に携帯されていた。 また、騎士にはそれほど好まれなかったが、安価なファルシオンやメッサーといった鉈も兵士には好まれていた。 貫通力の高い細長い槍身を持った短槍アールシェピースや同じく貫通力の高いロングソードの一種であるエストックも鎧の隙間を貫くために中世ではかなり一般的であった。 中世の剣は重く鈍器に近いものであったとよく言われるが、剣というよりも武器全般ができる限り軽量に作られていた。 それは戦闘で重い武器は態勢が立て直しにくく、不利になり、疲れやすくなるので軽量の武器が好まれ、多く作られた。 しかし、それでも中世西欧の直剣は中世の東欧や北アフリカや東洋の湾曲した曲剣よりは重く、敵を鎧もろとも叩き斬ったり、殴って衝撃を与えて降伏させることができ 、斧やメイスなどの打撃武器の方が効果的ではあったが、直剣もまた騎士や騎兵に好んで使用される武器の一つではあった。 それに対し、イスラム教徒などが好んだ直剣よりも軽い曲剣は鎖帷子の騎士より防備の軽い兵士など軽装備の敵を素早く攻撃するのに適していた。 インドからアフリカは熱いため、鎧があまり発達しなかった面もあり、切れ味の鋭い曲刀が多い。 中東では防具の重装化が速かったために古代から斧とメイスとウォーピックが好まれたが 、中世の中東の兵は騎士の重い鎖帷子よりも軽い鎖帷子で武装した軽装騎兵が中心となっていた。 中世の騎士や兵士にとって剣は主に補助武器として重要であった。 鎖帷子ならばジャストミートすれば剣で断ち切ることはでき、刃こぼれすれば今度は殴り倒すこととなった。 時代が進むにつれ、剣が一般的なサブウェポンとなっていったが、冶金術の進歩により、長い剣身を長持ちさせることは難しいことではなくなり、同時に高価でもなくなっていき、万能ではないが、持ち運びのしやすさを考えれば申し分のない武器となった。 剣は板金鎧の時代には主に軽装の弓兵に斬りつけるのに用いられたが、全身装甲の騎士に対しても脇の下がむき出しになっていたり、面頬が上がっている場合には剣の切っ先も有効であった。 はっきり増えたのはメイスやハンマーといった打撃武器、そして力のこもった一撃を与えるために両手で振るえる長柄斧といった長柄武器であった。 16世紀前半の歩兵と騎兵は火器が多く使われるようになっても部分的な鎧をまだ使用しており 、とても重く高価で銃弾にも耐えられる鎧を用意できたのはほとんどが騎兵であった。 またこの時期の歩兵にとっての主な脅威は火縄銃ではなく矛と刀剣類であった。 16世紀後半になると主な脅威は剣などよりも銃になるが 、近世になっても傭兵や騎兵、決闘者にとっては剣は相変わらず重要な武器であった。 一般の護身用や決闘用ではある程度の携帯性と扱いやすさを持ったものが愛用され、装飾によって携帯者の地位を示すこともできた。 中世盛期では十字型の片手剣や(しばしばもセットで持ち歩く)、近世(ルネッサンス)以降では斬るよりも刺すことが重視され始め、より決闘向きのなどといった刺突系の刀剣が流行した。 ちなみに刺すという攻撃は加減も難しく致命傷になり易いため、決闘や喧嘩の死亡率は高まった。 そして揉め事の件数が以前より減少した。 レイピアはどちらかといえば決闘で多く利用されたが、戦場でも利用された。 16~17世紀に火器の発達により防備が軽装化し、動作の機敏なレイピアの様な軽量の刀剣が求められた。 16世紀には刀剣も弓もパイクも初期の火器からその地位を脅かされており、17世紀に弓とクロスボウは戦場から姿を消し、17世紀後半~18世紀初頭には歩兵同士の長柄武器や刀剣による白兵戦は銃剣にほぼとって代わられることになる。 17世紀以降、パイクや銃器による密集方陣に騎兵槍で突撃をしても効果を得られなくなったことや短銃と剣を武器とする騎兵のコストパフォーマンスの良さにより、ヨーロッパではポーランドやハンガリーといった東欧を除いて 騎兵が槍を使うことが減り、主に銃器と刀剣類、そして斧や打撃武器を使用するようになっていった。 短銃騎兵の射撃で歩兵の戦列に突破口を開け、そこに槍騎兵が突っ込む形で活躍していたにも関わらずである。 短銃騎兵が射撃で歩兵の戦列を崩した後に抜剣突撃する光景はヨーロッパ中の戦場で見られるようになり、恐れられた。 近世末期には斬るのにも刺すのにも効果が高いが台頭し、18世紀の騎兵の主力武器となり 、拳銃が登場して以降も長らく人々の腰に吊られていた。 18世紀では騎兵にとって刀剣は攻撃と防御に最も効果的な武器であり、騎兵の銃器は防御用の補助的な武器であった。 しかし、ナポレオン戦争において再び騎兵槍が復活し、胸甲騎兵やカラビニエなどの重騎兵や各種親衛隊騎兵にはほとんどの場合は敗北したものの 、軽騎兵や竜騎兵などの中騎兵の場合には多くの場合勝利し 、歩兵の銃剣よりも長い騎兵槍で方陣をも突き崩す場合があり、槍騎兵は恐ろしい威力を発揮した。 ナポレオン戦争は胸甲騎兵のサーベルやブロードソードなど刀剣が大規模に活躍した史上最後の戦争である。 刀剣を振るう、原始的で野蛮な戦いが繰り広げられた。 ナポレオン戦争の終わりごろ、騎兵は全ての大国の軍隊にとって不可欠な兵科であり、その状況は19世紀を通して変わらなかったが、特に19世紀半ばから後半の火器の発達にともない、戦場における騎兵の重要性は減少していった。 それでも騎兵の刀剣は第一次世界大戦までは重要な働きをしており、騎兵槍も流行が第一次世界大戦まで続いた。 北米の平原インディアンも馬が渡米してから、槍を使うようになった。 世界的に見て、一般的ではなかった が中には刀剣を主力武器とした兵科や重視した兵科もある。 弥生時代後期と古墳時代後期の日本の歩兵は盾と日本刀の前身である鉄大刀を主力武器とした。 南北朝時代~室町時代(戦国時代除く)には太刀、大太刀、長巻といった日本刀が騎射技術を失った武士たち(打物騎兵)の薙刀、槍、鉞、棒、金砕棒と並ぶメインウェポンとして利用された。 平安時代と鎌倉時代すなわち中世前期が弓矢を主体とした戦の時代であり、南北朝時代と室町時代すなわち中世後期が刀剣を主体とした戦の時代である。 南北朝時代に最も多用された白兵武器は大刀、大太刀、長巻、打刀といった日本刀であり 、それは室町時代まで変わらなかった。 また、戦国時代の始まった応仁の乱の頃でも槍は下卒の武器であり、武士は太刀、打刀、薙刀、大太刀、長巻を利用しており、およそ100年後の永禄ごろになると武士も槍を利用するようになる。 もっとも、戦国時代が始まったころには槍は刀よりも効果的に働いていたが。 戦国時代と安土桃山時代には槍が武士や兵士の第一の白兵武器となる が、一方で長巻が室町時代と戦国時代と安土桃山時代に流行し 、大太刀も南北朝時代で流行が終わったとはいえ、室町時代から安土桃山時代にかけてそれなりに戦場で多用された。 中国南部、東南部では山岳や植物が繁茂している地域、湖沼や河川が多く、刀剣が戦闘用としても、伐採用や船上での工具としても重要視された。 中国の春秋戦国時代に主兵科が戦車から歩兵に変わると双手剣という両手剣を用いる兵士が発生した。 また、その時代以降、中国の多くの時代で剣と盾、もしくは刀と盾の武術は長柄武器や飛び道具を制する上で重要な役割を果たした。 明軍の歩兵や騎兵の中には倭刀(日本刀、もしくは日本刀様式の中国刀)を鳥銃(火縄銃)など他の武具と併用して主力武器とする兵科もいた。 騎兵が接近してくれば鳥銃を装備した歩兵は長刀と呼ばれる野太刀タイプの倭刀で馬の足を薙ぎ払った。 薙刀状や野太刀状の刀身の長い武器は騎兵を相手にし、人馬の足を薙ぎ払うのに効果的とされる。 清代には大刀という薙刀状の武器や短兵器の刀のほかに両手で用いる朴刀という刀や各種の長刀(野太刀状の武器であり、ものによっては片手でも扱える)が存在した。 大刀も短兵器の刀も朴刀も長刀もそれぞれ種類が多く(もっとも、宋代以降は長柄武器も刀剣も打撃武器も多様化していったが)刀は清代において最も重視される白兵武器であった。 海の民の一派であるシェルデン人は歴史上最初の剣と盾による戦いを専門とした部族であった。 共和制初期から帝政中期までのローマ軍では投槍ピルムとやや短めの剣と大盾スクトゥムを主力である歩兵のメインウェポンとした。 ケルト人は槍と投げ槍をよく使ったという説もある が、剣も重視したために、ケルト人は歩兵も騎兵も第一に何よりも剣士であり 、槍や投げ槍をあまり使わなかったという説もある。 そのほかに斧や棍棒、パチンコも使ったが、長剣は裕福なケルト人の武器でもあったという説もある。 ケルト戦士には歩兵、騎兵、戦車兵がいたが、弓兵や投石兵以外にも槍兵(槍と盾をメインウェポンとし、剣をサブウェポンとして携帯する兵士)や剣士(剣と盾をメインウェポンとする兵士)、「ガエサタエ」と呼ばれる槍や投げ槍を武器とする若い戦士たちの傭兵集団がいた。 ケルト人にはカルタゴ軍に傭兵として雇われる者もいた。 カルタゴ軍に傭兵として雇われたイベリア人はソリフェレウムという投げ槍を投擲した後にファルカタという刀剣と盾で攻撃した。 古代ブリテン人も密集隊形に向かない長剣と小型の盾、そして短槍や投げ槍や斧や弓を使ったが、ローマ軍には通用しなかった。 古代ゲルマン人は時期によって重視する武器が異なり、紀元前7世紀には青銅と鉄製の剣、独自の鉄製の槍と斧を使い、紀元前5世紀初頭には剣の重要性に短い片刃のナイフが取って代わり、多くの戦士は槍と盾の類を装備し、投げ槍も使われたが、東のゲルマン領では斧の方が多く使われ、紀元前5世紀後半にはゲルマン人は剣をほとんど使っておらず、多くの戦士は地域色のある様々な類の槍、盾、短剣を装備、紀元前3世紀~2世紀には武器にははっきりした変化がないが、総じて武器が軽く、鉄の利用が少ない、鉄不足の社会であり、1世紀になるとゲルマン人戦士は10人に1人が剣士であり、2世紀にはローマとゲルマンの装備が多くの地域で併用され始め、ローマのグラディウス型の剣、斧、特に投げ斧が使われるようになり、3世紀には剣士の数はおそらく戦士4人に1人くらいの割合であり、ローマのスパタ型の剣(ローマ騎兵が用いた長い剣)が他の剣と共にますますゲルマン人の手に渡るようになり、そのほかに盾、槍、逆棘付き投げ槍、短剣が使われ、4世紀には盾が使われた様子がほとんどなく、この時期には槍、投げ斧、ときに剣が使われた。 ダキア人にとって槍と投げ槍は広く普及しており、そのほかに独特な型の戦斧、剣、弓で戦ったが、最もローマ軍を苦しめたのは鎌状の両手剣ファルクスであった。 ヴァイキングが好んだ武器には斧のほかに剣もある。 しかし、剣は裕福なヴァイキングの武器でもあり、それはアングロサクソン人とフランク人にとっても同じであった。 中世ヨーロッパの騎士やメンアットアームズは馬上では槍やランスを主な武器としたが 、落馬した際や下馬した際は片手剣と盾、片手半剣と盾、斧と盾、メイスと盾のいずれかで武装した。 中世後期になり、防具が発達してからは、下馬した際に両手剣や両手斧、長さ1. 8~2. 1mに切り詰めたランス(騎兵槍)、ポールアックスやポールハンマー(長柄のウォーハンマー)といった両手持ちの威力の高い武器で武装した。 中でもポールアックスとポールハンマーが最も好まれた。 中世ヨーロッパや中世中東の歩兵の中には盾と槍だけではなく、盾と剣や手斧などの短い武器で武装した兵士もいた。 中世では槍などが合戦の主力武器であったが剣と盾で武装した戦士も多かった。 スイス傭兵やランツクネヒトの倍給兵の中には両手剣で武装するものもいて、敵のパイクやハルバードなどの長柄武器を叩き斬ったり、それを持った兵を直接斬りつけ、時には味方の槍兵に突進してきた重装騎兵を側面から攻め、馬から叩き落とした。 スコットランドのハイランド地方とローランド地方ではクレイモアという両手剣が使われた。 ハイランダーはクレイモアと両手斧でもって圧倒的な破壊力で敵陣に切り込んだ。 クレイモアは敵の騎馬の足を叩き斬って派手に落馬させるのにも使われた。 アイルランドの傭兵ギャロウグラスは両手剣やスパーテアックスといった威力の高い武器を好んだ。 近世スペインにはロデレロというレイピアとラウンドシールドを主力武器とする歩兵がいた。 パイクが使われるようになってもロデレロは維持され、その仕事は敵味方のパイク兵同士が突き合う中でパイクの下をくぐって敵に近づき刺すことであった。 スペイン軍と交戦したフランス軍がロデレロを大いに憎み、罵ったほかに、南米征服にも導入された。 銃兵と騎兵と鉄製の剣を装備したロデレロと鉄製の長槍で武装したパイク兵で構成されたスペイン軍に南米の軍隊は蹂躙された。 17世紀からナポレオン時代終結にかけての東欧を除くヨーロッパの騎兵は刀剣、特にサーベルを主な武器とした。 特にナポレオン時代のフランスの胸甲騎兵はその時代の最強の騎兵として恐れられた。 フランス語版より のうち、片刃のものをと呼び、諸刃のものをさして剣と呼ぶのがのの字義からは正しい。 ただし、およびその文化では、広義の「剣」は刀も含めた刀剣類全般を指す言葉として用いられる。 これは、の発明以後、諸刃の剣が完全に廃れてしまい、日本では区別する必要がなくなったためである。 特殊な物を除き一般的な刀剣は、突いたり斬ったりするのに一番重要なのは、切先から10〜30cm辺りである。 数打ちと言われるような大量生産された物の中には最低限の刃しか付いていない物もある。 や刃引きされた刀(刃をなくし切れない)に対して、「木剣」や、実際に刃を有する刀を「真剣」と称し、また「刀」を用いる・のことを、刀術(『本朝武藝小傳』など極少数の文献にのみ使用される)ではなく、と言うことからも「刀」と「剣」という語の関係が透けて見える。 これは、日本では、剣から刃先を鋼にするへ、ほぼ完全に変化したことが大きく影響されていると思われる。 では両手に同じ大きさの剣を持つ双剣術と日本刀と同じように1本の剣を持つ単剣術があるが、基本的に片手だけで扱う。 両手で扱うものはとして分けられる。 日本で剣と単に呼ぶ場合、・剣の道・剣の技・流派・生き様などを指すことが多く、武器そのものを意味する場合は剣と書いて「つるぎ」と読ませることもある。 歴史 [ ] 、頃の (のシェチェムで発見)。 はので装飾されている。 では紀元前二千年紀から緩やかに彎曲した内側に刃を持つ、内刃のと呼ばれる武器が使われていた。 頃からはなどのフェニキア人が、のように彎曲する弧を描いた内刃を持つハルペー(ハルパー)と呼ばれる武器を使いだした。 から金属加工技術の冶金技術の発達により、刃の長い武器、すなわち剣が制作可能になった。 同時に槍と斧に代わりに携帯しやすい接近戦武器として剣の需要が高まった。 材料はやが用いられていたが、に入るとが用いられるようになり、やがて鉄を高温ので精錬したが用いられるようになった。 日本語の鋼の名が刃金(はがね)に由来する通り、鉄の中でも特に硬度の高い鋼は刀剣の製造に好んで用いられた。 これは鋼の製造できる技術レベルを持つ文化圏では洋の東西を問わず、日本ではが刀剣の製造に主に用いられ、またインドで生産されたウーツ鋼はに輸出されて主にので刀剣に加工され、と呼ばれて高く評価された。 剣の製造に大量の金属素材が必要なために貴重品と思われ、装身具と工芸品としての性質もある。 銃器が発明された頃には、銃が式で一発撃つと再装填に時間がかかるため、外した場合ほとんど無防備になるなど、信頼性を欠くことから、先込め銃と複合させた剣も一時期製造された。 なお、の剣の初見はの「と十握剣」のである。 象徴としての剣 [ ] 日本の剣については「」を参照 剣は、神話や伝説中では魔法の力を持つなどとされて、名を残している剣も数多い。 に登場するや中世叙事詩『』に登場するなどがあるとされている。 イヴァン・ツァレヴィチの魔剣クォデネンツ(またはサモショーク)、北欧最高と謳われた、王権としても象徴される剣スケヴニング。 エリンの魔剣カラドボルグ、北欧のに登場する選定の剣グラム、インド伝説の神の蓮の剣アシ、羅刹の王ラーヴァナの剣チャンドラハース、ウィーランド(ヴェルンド)が鍛え、彼の息子ヴィテゲに与えた剣ミームング、Sir Artegalの黄金の剣クリューサーオール、キルギスのマナスの持つ剣アチャルバルス、ナルト叙事詩の大英雄バトラズ奪って武器の神サファが造った魔法の剣Dzus-qara。 - のが使用した剣。 イスラム圏では伝説の名剣とされる。 - 「ぎざぎざのある剣」という意味で、で、国王ので使われた剣。 - の英雄の使用した剣。 (あまのむらくものつるぎ) - ・と共に、の位を継ぐために必要な三種の神器の1つ。 - が意匠された剣。 - から現代のに至るまで長年にわたりが継承してきた剣でサウジアラビア王国の国宝。 国旗にも描かれている。 フィクションでの扱い [ ] 、特にファンタジーや中世が舞台のなどでは剣は最も登場頻度の高い武器であり、ゲーム内では最も優秀で一般的な主力近接武器として扱われがちである。 実際の戦場ではなどのの方が剣に比べてリーチや機能性といった点で圧倒しているため、決闘でもない限りほとんどの剣はサブウェポンの域を出ない (ただし、中世ヨーロッパや中世後期の日本などの治安の悪い地域では、平時あっても強盗や乱闘、護身などの日常の武器としてよく用いられ、貴族・民衆問わず携帯する者が多かった )。 ゲームによっては短剣、長剣、刀(日本刀)に分類され、それぞれに特徴的な性質を持たせる。 非力な魔法使いは長剣や刀は使えないなど、キャラによっては扱える種類があるなどの設定を加えることもある。 主な剣の種類 [ ] 日本の剣については「」を参照 短剣 [ ] 日本にはという武器が存在したため、普通の刀の半分程度の長さの刀を短剣と呼ぶ。 西洋では60cm程度未満の場合に「ナイフ」や「」と呼称され、短剣と訳されることが多い。 なお、ショートソードという区分も存在するが、これは多くの場合で歩兵が用いた通常の斬撃用の剣を指し、騎兵が馬上からの刺突用に用いた長いロングソードと対比するために後から付けられた名前とされている。 つまり、ショートソードとロングソードは用途や形状による長剣の区別であり、そのためショートソードを短剣とするのは誤訳である。 ロングソードを徒歩で使用することはなく、大型のショートソードが小型のロングソードよりも長大な刀身を持つこともありうる。 短剣は高い携帯性・秘匿性から、おもな用途は護身用やサブウェポンであり、しばしば暗殺の道具としても用いられる。 リーチが短いので振りが速く、咄嗟に刃を受け流すのが難しい。 それ以外の使い方としては相手の武器を受け流す盾に近い使い方をするなどが挙げられる。 (カタール)• () 長剣 [ ]• 、、エスパダ・ロペラ• 未分類 [ ]• 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• , p. 148. , p. [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• 121. [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• もしくは [ ] [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• , p. 137. , 全129頁中68頁. [ ]• , p. 432. [ ] 参考文献 [ ] このセクションで示されている出典について、該当する記述が 具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、。 ご存知の方はをお願いします。 ( 2020年6月) 【あ行】• サイモン・アングリム『戦闘技術の歴史 1 古代編 3000BC-AD500』天野淑子 訳、〈戦闘技術の歴史〉、2008年8月21日(原著2002年)、初版。 原著: Anglim, Simon; Rice, Rob S. ; Phyllis Jestice, Phyllis; Rusch, Scott; Serrati, John 01 January 2003 [2002] English. : ,. 市川定春『武器事典』、1996年12月1日。 市川定春、有田満弘、福地貴子、諏訪原寛幸『武器甲冑図鑑』新紀元社、2004年8月1日。 市川定春と怪兵隊『幻の戦士たち』新紀元社〈新紀元文庫 〉、2011年8月31日。 市川定春と怪兵隊『武勲の刃』新紀元社〈新紀元文庫 Truth In Fantasy〉、2012年4月30日。 市川定春『武器と防具 西洋編』新紀元社〈新紀元文庫 〉、2014年1月17日。 『世界の刀剣歴史図鑑』井上廣美 訳、、2015年9月29日(原著2008年1月1日)。 原著: 01 August 2008 English. London: Lorenz Books. ピーター・ウィルコックス(文)、アンガス・マクブライド(画)『』桑原透 訳、新紀元社〈オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ〉、2000年12月1日(原著1985年5月28日)。 原著: ; 28 March 1985 English. Rome's Enemies 2 : Gallic and British Celts. : ,. ピーター・ウィルコックス(文)、G・A・エンブルトン(画)『』斉藤潤子 訳、新紀元社〈オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ〉、2001年5月12日(原著1982年11月25日)。 原著: Wilcox, Peter Author ; 25 November 1982 English Paperback. Rome's Enemies 1 : Germanics and Dacians. Men-at-Arms 129. Oxford: Osprey Publishing. 原著: Wilcox, Peter Author ; 24 November 1983 English Paperback. The Wars of the Roses. Men-at-Arms Series, 145. Oxford: Osprey Publishing. 』濱崎亨 訳、、2013年3月20日(原著2000年9月28日)。 原著: 28 September 2000 English. Medieval Military Costume: Europa Militaria Special No. europe Militaria Special 8. Ramsbury: The Crowood Press Ltd. 大波篤司『』新紀元社〈F-Files No. 007〉、2006年9月5日。 奥主博之(著、イラスト)、渡辺洋三(編集)、奥主詩乃(編集)、新沼アオイ(イラスト)、ほか『写真とイラストで見る西洋甲冑入門 -三浦權利作品集-』アッシュ・クリエイティブ、2017年9月5日。 長田龍太『中世ヨーロッパの武術』新紀元社、2012年3月1日。 長田龍太『続・中世ヨーロッパの武術』新紀元社、2013年8月30日。 長田龍太『』、2013年8月30日。 小佐野淳『』新紀元社〈F-Files No. 022〉、2009年4月28日。 【か行】• 金子常規『兵器と戦術の世界史』中央公論新社〈中公文庫 か80-1〉、2013年10月23日。 金子常規『』中央公論新社〈中公文庫 か80-2〉、2014年3月25日。 クリストファー・グラヴェット(著)、グラハム・ターナー(絵)『』須田武郎・斉藤潤子 訳、新紀元社〈オスプレイ戦史シリーズ 2〉、2002年9月1日(原著2001年8月25日)。 原著: ; Turner Illustrator , Graham 25 August 2001 English. Osprey Warrior 35. Oxford:. R・G・グラント(編著)『』マーリンアームズ株式会社 訳、河出書房新社、2008年7月14日。 『』〈 20〉、1997年1月1日。 近藤好和『騎兵と歩兵の中世史』吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー 184〉、2004年12月1日。 トマス・D・コンラン『』 日本語版監修、、2013年7月25日(原著2008年5月14日)。 原著: Conlan, Thomas Donald 14 May 2008 English. London: Amber Books Ltd.. 【さ行】• 『図説・日本武道辞典』、1982年11月1日。 笹間良彦『』柏書房、2003年5月1日、普及版。 笹間良彦(文、画)『』〈イラストで時代考証 2〉、2018年6月25日。 佐藤誠孝(著)、越間有紀子(撮影)『』石井理恵子(企画、編集)、新紀元社、2016年7月22日。 篠田耕一『武器と防具 中国編』〈 13〉、1992年5月1日。 『』〈 353〉、2006年2月11日。 須田武郎『』新紀元社〈Truth In Fantasy 28〉、1997年11月1日。 須田武郎『中世騎士物語』新紀元社〈新紀元文庫 Truth In Fantasy 28〉、2012年2月29日。 【た行】• 『』〈DIA Collection〉、2015年1月28日。 (著)、福地貴子(イラスト)『図解 防具の歴史』新紀元社〈F-Files No. 055〉、2018年4月7日。 (文)、(画)『』、2012年1月25日。 原著: Dougherty, Martin J. 01 January 2008 English. London: Amber Books. 原著: Dougherty, Martin J. 14 January 2010 English. The Ancient Warrior: 3000 BCE-500 CE. Warriors of the World 1st ed. London: Amber Books Ltd.. 原著: Dougherty, Martin J. 14 March 2013 English. SAS and Elite Forces Guide: Armed Combat: Defending Yourself Against Hand Weapons Paperback ed. London: Amber Books. 戸田藤成『武器と防具 日本編』新紀元社〈Truth In Fantasy 15〉、1994年3月1日。 【は行】• 原著: Pacey, Arnold; Bray, Francesca 01 August 1990 English Hardcover. 1st ed. London: The MIT Press. マイケル・バイアム(文)、デイブ・キング(画)『』(日本語版監修)、〈「知」のビジュアル百科 19〉、2005年8月1日(原著1980年1月1日)、初版。 原著: Byam, Michele Author ; King, Dave Illustrator 02 August 2004 [01 January 1960] English. DK Eyewitness Books. DK Publishing Dorling Kindersley• マイケル・E・ハスキュー、クリステル・ヨルゲンセン、クリス・マクナブ、エリック・ニデロスト『』 監修、徳永優子・中村佐千江 訳、、2016年1月20日。 原著: Haskew, Michael E. ; Jorgensen, Christer; McNab, Chris; Niderost, Eric; Rice, Rob S. 06 October 2020 English. Fighting Techniques of the Oriental World: Equipment, Combat Skills and Tactics. London: Amber Books. ひかすけ、サークル騎兵閥『近世近代騎兵合同誌』、2017年8月12日。 ロバート・B・ブルース Robert B. Bruce 、イアン・ディッキー、ケヴィン・キーリー、マイケル・F・パヴコヴィック『戦闘技術の歴史4 ナポレオンの時代編 AD1792-AD1815』淺野明(日本語版監修)、野下祥子 訳、創元社、2013年4月19日(原著2008年4月15日)。 、、、イアン・ディッキー『戦闘技術の歴史2 中世編 AD500-AD1500』淺野明(日本語版監修)、野下祥子 訳、創元社、2009年10月22日(原著2005年10月1日)。 原著: ; ; ; Dickie, Iain; Jestice, Phyllis G. 01 October 2005 英語. Fighting Techniques of the Medieval World AD 500 to AD 1500: Equipment, Combat Skills and Tactics. : Spellmount Publishers Ltd. 『』リチャード・ホームズ(編集)、・山口 昇(日本語版監修)、山崎正浩 訳、創元社、2012年4月11日(原著2006年10月2日)。 原著: ; Grant, R. Contribution by ; Ford, Roger Contribution by 02 October 2006 [01 January 2006] English. London ; New York City:. 【ま行】• 松代守弘、『』、2012年6月14日。 『戦争学』〈 019〉、1998年12月16日。 宮﨑政久(編著)『』、2018年2月26日。 【や行】• 安田誠『武器百科』〈図説マニアックス・5〉、2013年5月31日、増補版。 八束清貫( やつか きよつら)『』、1951年1月1日、初版。 『』〈 21〉、2008年11月15日、新書版。 クリステル・ヨルゲンセン、マイケル・F・パヴコヴィック、ロブ・S・ライス、フレデリック・C・シュネイ『』淺野明 監修、竹内喜・徳永優子 訳、、2010年10月18日。 【ら行】• 林伯原『中国武術史:先史時代から十九世紀中期まで』、2015年12月25日、A5版。 ジョエル・レヴィ Joel Levy 『図説 世界史を変えた50の武器』、2015年1月26日(原著2014年9月2日)。 原著: Levy, Joel 11 September 2014 [02 September 2014] English. : Firefly Books. 【わ行】• テレンス・ワイズ(文)、リチャード・ホーク(画)『』桑原透 訳、〈オスプレイ・メンアットアームズ・シリーズ〉、2000年10月1日(原著1982年3月25日)。 原著: Wise, Terence Author ; Hook, Richard Illustrator 25 March 1982 English Paperback. Men-at-Arms 121. Oxford:. 渡辺信吾(ウエイド)『』ジェイ・エリック・ノイズ(キャッスル・ティンタジェル)監修、レミック 編集、、2017年12月25日。 【編著者が非個人】• クリエイティブ・スイート(編著)『世界の「武器・防具」バイブル 西洋編』、2011年3月10日。 TEAS事務所『萌え萌え真・武器大全 剣の書』武器大全制作委員会 編、、2009年12月23日。 『萌え萌え武器事典 II』武器事典制作委員会 編、、2007年3月1日。 幻想武具研究会『火吹きドラゴン武装店倉庫の武器目録』〈クエスト・オブ・ファンタジーシリーズ〉、2017年5月1日。 『』歴史群像シリーズ編集部編、学研プラス〈歴史群像シリーズ特別編集〉、2005年11月1日。 『』歴史群像編集部編、学研プラス〈歴史群像シリーズ〉、2011年7月2日。 樋口隆晴・渡辺信吾(株式会社ウエイド)『歴史群像 連載「[図解]武器と甲冑」』学研プラス。 [ ]• レッカ社(編著)『図解 古代ローマ軍 武器・防具・戦術大全』〈The Quest For History〉、2013年8月13日。 レッカ社(編著)『図解 十字軍 武器・防具・戦争大全』カンゼン〈The Quest For History〉、2013年11月14日。 レッカ社(編著)『図解 ナポレオンの時代 武器・防具・戦術大全』カンゼン〈The Quest for History〉、2014年2月24日。 『』教授退官記念会編、〈日本社会の史的構造 02〉、1997年5月。 トマス・D・コンラン「南北朝期合戦の一考察」• Truth In Fantasy編集部(編著)『武器屋』〈〉、1992年1月。 新装版: Truth In Fantasy編集部(編著)『』新紀元社〈Truth In Fantasy〉、2014年5月28日。 『日本の武器と武芸』〈 2219〉、2014年7月15日。 『武器の世界地図』21世紀研究会 編、〈 1034〉、2015年7月21日。 TEAS事務所『萌える!神聖武器事典』〈萌える! 事典シリーズEXTRA〉、2016年2月29日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

人生の転機に知っておくべき2つのポイント。女性性と男性性のバランスが大事な時期

き さ つの 剣

剣士負けでも勝利に導く3つのポイント 剣士負けはマルチよりもソロのほうが大きく差が出る。 ソロの方が剣士で様子見しながら戦うことが多いからね。 ただ今回紹介する戦い方は、ソロだけじゃなく、マルチでも使える戦い方。 剣士負けで勝率が下がってるって人は参考にしてみてね。 剣士を剣士で処理しない 自分の剣士よりも相手の剣士の方が育ってる… だから剣士で処理しようとしたらコスト負けは確実。 剣士を剣士で処理しない… 当たり前のことなんだけど、これが1番大事! だけど、これをやってない人がめちゃくちゃ多い。 剣士が流れてきたら、反射的に剣士で対応しちゃうんだよね。 それか、 相手の城の大きさや色を見て判断する。 剣士負けしてると思ったら、相手の剣士はできるだけ別のキャラで処理する… これを心掛けるだけでも、コスト面でグッと勝利が近づくよ。 タテ移動迎撃キャラを引く 先ほど言った、剣士を剣士で処理しない… じゃあどのキャラで処理すればいいの? っていう疑問は… 基本的には迎撃キャラで処理すると良い。 ベストはタテ移動迎撃(スライム、ジャイアントクラブ、魔導機兵など)。 タテ移動迎撃ならフィールドの端に剣士を召喚されてもしっかりカバーしてくれるからね。 あと、 剣士を処理する位置も重要。 これは、できるだけ 相手の攻撃が届かない自陣に引き込んで処理したいところ。 前線で処理しようとすると、相手キャラの攻撃に巻き込まれて、迎撃キャラがやられる可能性が高まる。 それを回避するためにも、 相手の剣士を自陣に流して、タテ型迎撃で処理。 自陣って表現が分かりにくい場合は、 城前で処理って覚えておけばいいと思う。 慣れてきたら、臨機応変に召喚位置を変えてみるといいね。 コスト2もやや有効 自陣に剣士を流して、迎撃キャラで処理。 基本的にはこの考え方でいいんだけど、 砦に向かってくる剣士はどうしても前線での処理が求められる… そんなときに活躍するのがコスト2キャラ。 コストの低いキャラで処理すれば、コスト負けも少なくて済むし、コスト2は剣士の複数処理にも優れている。 欲を言えば、 コスト2の中でも召喚数が多いキャラが良い。 リザードマン、オーク、コラボネコなど。 召喚数が多ければ、とりあえず出しておいても問題ないしね。 コストが高い強力なキャラ育成もいいけど、コストが低いキャラは使い勝手がいいから、何体か育成しておくことをおすすめするよ。

次の

【ポケモン剣盾】むしタイプのポケモン一覧【ソードシールド】|ゲームエイト

き さ つの 剣

詳細は「」を参照 スーパーファミコン版からの主な変更点 [ ]• 画面比率がゲームボーイアドバンス向けに最適化された。 一部のメッセージやダンジョンの一部の仕掛けが変更。 リンクが攻撃を行う際などに掛け声を発するようになった。 『神々のトライフォース』と『4つの剣』の双方のエンディングを見たあと、『神々のトライフォース』の中に新たなダンジョン「4つの剣の神殿」が登場する。 スーパーファミコン版にはいなかったサブキャラクターが数人登場する。 ゼルダの伝説 4つの剣 [ ] 略称は「 4剣」(よんけん)。 2人から4人のプレイに対応している。 プレイ時には人数分のソフトを用意しゲームボーイアドバンス本体同士を通信ケーブルで接続する。 ゲームボーイアドバンス用ソフトに対応しているもののケーブルが接続できないでのプレイは不可。 本作のゲームの進め方は、従来のシリーズ作品とは異なりステージクリア型になっている。 ステージ内では、各プレイヤーが協力して解く仕掛けや協力して戦う必要のある敵キャラクターが登場する。 発売の用ソフト『』に含まれているゲームモードの一つ「ハイラルアドベンチャー」は、本作と同様のシステムを用いている。 ストーリー [ ] その昔、ハイラル王国に「風の魔人グフー」が現れ各地の娘をさらっていた。 するとそこに1人の少年が現れ、手にした剣でグフーを封印した。 救出された娘たちによると、戦いの中で少年は剣の力で4人に分身していたという。 その不思議な剣は後に「フォーソード」と呼ばれ、王国の神殿に祭られた。 それから時代が下ったある時、神殿を管理するハイラル王国のゼルダ姫が異変に気付き知人のリンクと共に神殿へ向かうと、待ち構えていたグフーに突然襲われ、ゼルダ姫がさらわれてしまう。 残されたリンクは、ゼルダ姫の救出とグフー封印のため、フォーソードを手にとって体を4つに分け冒険へ向かった。 システム [ ] 用ステージのほか、4つのステージがある。 1つのステージは複数のコースに分かれており、最終コースではステージボスが登場する。 コースの地形は基本的にランダムで生成され、プレイごと、またプレイする人数によって変化する。 コース内では、敵を倒した時や生えている草を刈った時など様々な場面でルピー(お金)が手に入る。 ルピーは全プレイヤーで共有される。 各コースのゴール地点では、到着時間が早いほど多額のルピーを得られる。 が全てなくなるとダウン状態になる。 この時、手持ちのルピーを一定額用いると復活できる。 復活に必要となるルピーは復活回数ごとに増えていく。 ダウン時にルピーが必要額に達していない場合は復活できずにとなる。 ステージクリア後、ルピーの取得額が最も多いプレイヤーに「勇者のメダル」が与えられる。 また、全員のルピーの合計額に応じて「銀のカギ」「金のカギ」「勇者のカギ」のいずれかが手に入る。 これらのカギは、最終ステージ「風の宮殿」のコース内容に関係している。 アイテム [ ] 装備アイテム [ ] 装備アイテムはステージ内に設置された台の上に置かれている。 一つだけ所持することができ、入手時に手持ちのアイテムと入れ替わる。 盾 敵の攻撃を防ぐことができる。 初期状態で所持している。 弓矢 矢を放てる。 力を溜めることで高威力の攻撃を行うこともできる。 ブーメラン 前方に投げると手元に戻ってくる。 ルピーなどのアイテムを引き寄せる効果もある。 バクダン 爆発を起こし、ひびの入った壁などを破壊できる。 爆発は任意のタイミングで行える。 ペガサスの靴 ダッシュできるようになる。 一部の壁を登ることもできる。 極は切り替え可能。 仲間に向けて使うと引き寄せることができる。 はねマント ジャンプできるようになる。 滑空して穴を飛び越えられるほか、その場でジャンプしながら剣を振ることで下突き攻撃ができる。 小人のぼうし 体が小型化し小さな穴をくぐれるようになる。 ワンワン 周囲のキャラクターを敵味方問わず攻撃する。 「」の同名キャラクター「」がモチーフになっている。 ふしぎな木の実 [ ] 取得することで各能力が最大2段階まで上昇する。 ガツンの実 攻撃力が上昇する。 カッチの実 守備力が上昇する。 サッサの実 移動スピードが上昇する。 その他のアイテム [ ] ルピー お金。 色や大きさによって価値が異なる。 ルピーのかけら 4つ集めると500ルピーが手に入る。 ババルピー 取ると手持ちのルピーを周囲にばらまいてしまう。 ハート ライフが1つ分回復する。 ハートの器 ライフの最大値が1つ増え、ライフが全回復する。 妖精 ライフが全回復する。 小さなカギ コース内で施錠された扉やブロックを開けることができる。 ステージ [ ] 始まりのほこら ゲームの進め方やアイテムの使い方を練習できるステージ。 帰らずの森(ボス:デグチタート) 自然豊かなステージ。 岩山のほらあな(ボス:デラゾル) 床面が氷になっているステージ。 デスマウンテン(ボス:ゴウエン) 溶岩が流れるステージ。 風の宮殿(ボス:グフー) 足場が限られているステージ。 入り口に3つの扉があり、「銀」「金」「勇者」のルートにつながっている。 最も難易度が高い「勇者」ルートはコース数が他よりも多く、これまで戦ったボスキャラクターも登場する。 スタッフ [ ] 評価 総計レビュー 評価者 点数 91. 神々のトライフォース(リメイクスタッフ)• ディレクター• プロデューサー• 4つの剣• ディレクター• (プランナーも兼任)• プロデューサー• (メインコンポーザー)• (サウンドアドバイス) 共通• ゼネラルプロデューサー• ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション [ ] ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション ジャンル 対応機種 () 開発元 発売元 任天堂 人数 1 - 4人 メディア ダウンロード 発売日 対象年齢 : A : コンテンツ アイコン ESRB: Fantasy Violence その他 まで無料配信 現在は配信終了 『 ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション』(ゼルダのでんせつ よっつのつるぎ にじゅうごしゅうねんきねんエディション、英題: The Legend of Zelda: Four Swords Anniversary Edition)は、「ゼルダの伝説 25周年キャンペーン」の一環としてからまで期間限定で無料配信されていた。 基本的な内容は「4つの剣」を踏襲しているが、新たに1人プレイ用のモード(『』の「ハイラルアドベンチャー」に似た仕様)や新ステージが追加されている。 複数人でのプレイ時にはワイヤレス通信を用いる。 本体同士だけでなく、ニンテンドーDSi本体と本体、またはニンテンドー3DS本体同士での通信も可能。 主な変更点 [ ]• グラフィックや音質が向上。 本体下画面には所持アイテムや現在の大まかな位置の情報が表示される。 ゲーム開始時に「1人でためす」を選択することで1人でプレイできる。 L・Rボタンで2人のリンクの切り替え、Xボタンでリンクの集合を行う。 「風の宮殿」クリア後にプレイできる新たなステージが追加された。 思い出の大地 - 『神々のトライフォース』、『』、初代『』をモチーフにしたフィールドが登場し、リンクのデザインもそれに合わせて変化する。 修練場 - 難易度が高いステージ。 注釈 [ ].

次の