簡単 バニラ アイス の 作り方。 簡単!ふわふわ〜なバニラアイス レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ

手作りアイスクリームの簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

簡単 バニラ アイス の 作り方

1 ボウルを3個用意して、生クリーム、卵黄、卵白に分けます• 2 まず、卵白をツノがたつまで泡立てます。 3 次に、生クリームに砂糖を半分くらい入れて軽くツノが立つくらい泡立てます。 (泡立て器洗わなくてOK)• 4 最後に、卵黄に砂糖を入れて白っぽくなるまで泡立てます。 (泡立て器洗わなくてOK) (砂糖は混ぜる直前に入れて)• 5 卵黄のボウルに生クリームを入れてしっかり混ぜます。 6 最後に残りの卵白とバニラエッセンスを入れて切るように混ぜます。 (泡が消えないように)• 7 タッパー等に入れて冷凍庫へ。

次の

簡単!ふわふわ〜なバニラアイス レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ

簡単 バニラ アイス の 作り方

自由研究で作りました。 要点とドライアイスにしない理由も書いてあり、とても良かったです。 ありがとうございました。 バニラエッセンスが無かったので臭み消しに、ラム酒を使いました。 4番の時にキャップ1杯入れてアルコールを飛ばしました。 氷が融解する時、融解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 温度は下がるのに氷は早く溶けるという不思議な現象です。 冬に道路が凍結したときに融雪剤をまくのはその原理です。 溶解熱 塩は普通に氷が溶ける時より、 多くの熱を周りから奪うという性質もあります。 塩が溶解する時、溶解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 この氷点が低下することを氷点降下といいます。 温度が下がってもなかなか凍らないので、反応が止まることがなく温度が下がるということです。 氷点降下を利用した融雪剤をまけば、凍る温度より気温の方が高いので、凍結しにくくなるというわけです。 どんな時に便利? 冷凍庫のないキャンプ場で作るのに便利。 スキー場では、雪を使ってアイスクリーム作りを楽しむ人も多いです。 科学の実験みたいなので、お子さんの夏休みの自由研究にもいいと思います。 親子で科学の学習を兼ねて、遊びながら作るのも楽しいですよ。 温度は下がっても、お父さんの株は上がります。 氷と塩の割合は? 氷と塩の割合は、3対1の重さで。 注意することは? かなり冷たいので、 凍傷にならないように、軍手をはめるなどしましょう。 ドライアイスはNG? 氷の代わりにドライアイスは使わないで下さい。 ドライアイスは、気化すると体積が何百倍にもなります。 密閉されたペットボトルが破裂して、大ケガを負う事故が多発しているそうです。 生クリームを入れないでも作れるの? シャーベットみたいですが、作ることができます。 シャリッとして昔懐かしい味がします。 アルミ缶がいい? アルミが熱伝導がいいので、茶筒やコーヒー缶を用意しましょう。 なければ少し転がす時間が長くなりますが、牛乳パックやペットボトルでもかまいません。 取り出しにくいので缶切りで開けたら? アルミ缶の底を缶切りで開けようとしたのですが、我が家の缶切りでは開きませんでした。 カッターで切ったら? カッターで缶の下の方を切ると、すぐに切れたのですが、アイスクリームに色がつきました。 カッターなのかアルミの印刷なのか分かりません。 取り除いて食べることもできるかもしれませんが、このレシピでは、取り出しにくいかもしれませんが、刃物を使わない方法にしました。 アイスクリーム液の量は? 空気をふくませる必要があるので、容器の半分位になるように入れます。 アレンジできる? お好みで抹茶やココア、チョコチップ、小豆粒あんなどを入れてみましょう。 ジュースなどを容器に入れると、シャーベットができます。 下の写真はチョコチップ入りアイスです。 もう少し多くの量を作りたい場合は? 茶筒やコーヒー缶なら、4人分くらいの量が作れます。 外側の容器には、ミルク缶や筒型のタッパーなどを使うと、氷がたっぷり入って冷却能力がアップします。

次の

生クリーム不使用!バニラアイス 作り方・レシピ

簡単 バニラ アイス の 作り方

自由研究で作りました。 要点とドライアイスにしない理由も書いてあり、とても良かったです。 ありがとうございました。 バニラエッセンスが無かったので臭み消しに、ラム酒を使いました。 4番の時にキャップ1杯入れてアルコールを飛ばしました。 氷が融解する時、融解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 温度は下がるのに氷は早く溶けるという不思議な現象です。 冬に道路が凍結したときに融雪剤をまくのはその原理です。 溶解熱 塩は普通に氷が溶ける時より、 多くの熱を周りから奪うという性質もあります。 塩が溶解する時、溶解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 この氷点が低下することを氷点降下といいます。 温度が下がってもなかなか凍らないので、反応が止まることがなく温度が下がるということです。 氷点降下を利用した融雪剤をまけば、凍る温度より気温の方が高いので、凍結しにくくなるというわけです。 どんな時に便利? 冷凍庫のないキャンプ場で作るのに便利。 スキー場では、雪を使ってアイスクリーム作りを楽しむ人も多いです。 科学の実験みたいなので、お子さんの夏休みの自由研究にもいいと思います。 親子で科学の学習を兼ねて、遊びながら作るのも楽しいですよ。 温度は下がっても、お父さんの株は上がります。 氷と塩の割合は? 氷と塩の割合は、3対1の重さで。 注意することは? かなり冷たいので、 凍傷にならないように、軍手をはめるなどしましょう。 ドライアイスはNG? 氷の代わりにドライアイスは使わないで下さい。 ドライアイスは、気化すると体積が何百倍にもなります。 密閉されたペットボトルが破裂して、大ケガを負う事故が多発しているそうです。 生クリームを入れないでも作れるの? シャーベットみたいですが、作ることができます。 シャリッとして昔懐かしい味がします。 アルミ缶がいい? アルミが熱伝導がいいので、茶筒やコーヒー缶を用意しましょう。 なければ少し転がす時間が長くなりますが、牛乳パックやペットボトルでもかまいません。 取り出しにくいので缶切りで開けたら? アルミ缶の底を缶切りで開けようとしたのですが、我が家の缶切りでは開きませんでした。 カッターで切ったら? カッターで缶の下の方を切ると、すぐに切れたのですが、アイスクリームに色がつきました。 カッターなのかアルミの印刷なのか分かりません。 取り除いて食べることもできるかもしれませんが、このレシピでは、取り出しにくいかもしれませんが、刃物を使わない方法にしました。 アイスクリーム液の量は? 空気をふくませる必要があるので、容器の半分位になるように入れます。 アレンジできる? お好みで抹茶やココア、チョコチップ、小豆粒あんなどを入れてみましょう。 ジュースなどを容器に入れると、シャーベットができます。 下の写真はチョコチップ入りアイスです。 もう少し多くの量を作りたい場合は? 茶筒やコーヒー缶なら、4人分くらいの量が作れます。 外側の容器には、ミルク缶や筒型のタッパーなどを使うと、氷がたっぷり入って冷却能力がアップします。

次の