池田泉州銀行 引き落とし時間。 【池田泉州銀行の届出印】紛失した時の対処法と変更手続きをご紹介

【池田泉州銀行引き落とし】時間はいつ?残高不足だと問題発生?

池田泉州銀行 引き落とし時間

基本の振込時間は営業時間ベースからリアルタイムへ 2018年10月8日まで、日本の銀行の振込に関するシステムは1973年4月稼働の「全国銀行データ通信システム」を利用していました。 こちらは各金融機関からシステムに接続できるのは銀行の営業時間である「9時~15時」だったのです。 その為、時間外の振り込みは翌営業日の8時30分ごろとなっていました。 ・ これに対して、リアルタイムでの入出金を可能になる「 モアタイムシステム」が既存のシステムが稼働していない時間帯の振り込みをカバーするシステムです。 2018年10月9日にこれが稼働したことによって24時間365日の即時振込サービスが可能になったわけです。 都市銀行• 地方銀行• 第二地方銀行• 信託銀行• その他の銀行(ネット銀行等)• 信用金庫• 信用組合 と、幅広い金融機関が24時間のリアルタイム振込に対応しています。 対象はモアタイムシステムに参加する銀行のみ このリアルタイム振込に対応するには当然ですが、モアタイムシステムに接続する必要があります。 2018年10月15日時点ではすべての銀行が対応しているわけではありません。 たとえば都市銀行だと、三菱UFJ銀行やりそな銀行、未遂住友銀行は対応していますが、みずほ銀行はシステム改修中のため不参加です。 かなりの銀行が参加しているので、銀行負込も実質的にリアルタイム入出金が可能になったと考えてよいです。 <モアタイムシステムに 不参加の主だった銀行> みずほ銀行、みずほ信託銀行、静岡銀行、十八銀行、親和銀行、新生銀行、あおぞら銀行、SMBC信託銀行、セブン銀行、野村信託銀行、GMOあおぞらネット銀行、ローソン銀行 みずほ銀行系はシステム統合のため、十八銀銀行・親和銀行も同じでしょうね。 開業から日が浅いやも不参加です。 システムに対応していない銀行の振込時間 なお、振込元、振込先のどちらか一方でもモアシステム未対応の場合は、従来通りの入金時間となります。 その場合、銀行振込処理がされるのは「平日(月~金)」である必要があります。 土日ならびに祝日は振込処理はされません。 なお、窓口で振込を行う場合は混雑状況や処理によって手続きの時間が遅れてしまうことがあります。 たとえば、窓口で15時ギリギリに振込依頼をした場合、処理によっては当日着金とならずに、翌営業日扱いとなる場合もありますのでご注意ください。 0時~8時59分までの振込 振込先では9時00分ごろ(処理によっては多少遅れることもありますが、遅くとも9時10分まで)には入金が確認できるはずです。 9時~14時59分までの振込 ほぼリアルタイムに振込先の口座で入金が確認できるはずです。 ただし、窓口の場合は処理の都合で遅れてしまい翌日扱いとなる場合もあります。 窓口なら14時50分までには完了させておきたいところです。 ATMやオンラインバンキングの場合はほぼリアルタイムとなりますので、15時ギリギリでも当日扱いとなるはずです。 15時~23時59分までの振込 翌営業日扱いとなります。 翌営業日ですので、翌日が土日の場合は次の営業日(平日)の9時00分に入金の確認ができるはずです。 ですから、金曜日の15時(午後3時)をすぎての振込だと、入金が確認できるのは通常は、月曜日(平日の場合)の朝9時ということになってしまいますね。 振込は手数料のかからない銀行を活用しよう 銀行振込をよく利用するのであれば、振込のリアルタイム入出金はもちろん気になるところですが、それと同じように「手数料(振込手数料)」も重視しましょう。 最近のネット銀行であれば、同行間なら手数料無料、他行宛であっても一定の条件を満たせば振込手数料が無料となる銀行も多数あります。

次の

銀行振込の入金が確認・反映される時間とリアルタイム送金ができる銀行

池田泉州銀行 引き落とし時間

毎営業日(平日)引き落としが行われている• 1回目:0時〜早朝にかけて• 2回目:午後〜夜間にかけて• 即時引き落としが行われることもある• 2回目の引き落としまでに入金すれば、当日入金でも間に合う 池田泉州銀行の引き落としは、一日2回行われます。 1回目が0時〜午前にかけて、2回目が午後〜夜間にかけて行われます。 1回目 2回目 0時〜 午後〜夜間 本支店ごとに多少のズレが生じるものの、おおよその引き落とし時間はこのようになっています。 当日入金であっても、朝一〜お昼までに入金すれば、基本的には間に合います。 次に、参考として引き落としの例を見ていきましょう。 例えば、引き落とし額が5万円で、口座残高も5万円だったとします。 この場合、残高が十分に足りていますから、1回目の引き落としで正常に処理されます。 次に… 引き落とし額が5万円で、口座残高が4万円だったとします。 この場合、残高が1万円足りませんから、1回目の引き落としが行われません。 そして、2回目の引き落としに持ち越されます。 2回目の引き落としまでに入金し、口座残高を十分にすれば、正常に処理が行われます。 2回目の入金までに入金できず、引き落とし日に処理できなかった場合は「 遅延」という扱いになります。 その結果、さまざまなペナルティが生じてしまいます。 なので、遅延することのないよう、時間に余裕を持って入金したいところです。 池田泉州銀行は一日2回引き落としを行っている• 2回目の引き落としまでに入金すれば引き落としに間に合う• 朝一〜お昼までの入金で、基本的には間に合う 先ほども簡単に記載しましたが、 当日入金を朝一〜お昼までにすれば、引き落としに間に合います。 池田泉州銀行は一日2回の引き落としを行っていて、2回目は午後〜夜間にかけて行われるので。 ただし、あまり夜遅くに入金するのは避けた方がいいです。 提携ATM(コンビニATM)から入金した時に、タイムラグが生じる可能性があるからです。 タイムラグ=入金が反映されるまでに時間がかかること。 なので、できれば朝一〜お昼までに入金する。 どんなに遅くても夕方までには入金しましょう。 ちなみに… 夕方に入金する時は、事前に確認をとっておくといいですよ。 ちゃんと引き落としができているか?必ず確認する• ネットバンキングで明細を見る、池田泉州銀行ATMで記帳するなど• 引き落としができていないと、遅延扱いになる恐れあり 池田泉州銀行の口座に当日入金した時は、後で必ず「 引き落としがちゃんとできているか?」確認してください。 引き落としができないと「遅延」という扱いになり、遅延損害金などのペナルティが生じてしまうからです。 引き落としを確認する方法としては…• ネットバンキングで明細を見る• 池田泉州銀行ATMで記帳する• 取引店に電話する といった方法があります。 もし収納企業の引き落とし日を過ぎてしまった(引き落としに遅れてしまった)場合は、すぐ収納企業に連絡しましょう。 引き落としができていなかった時は収納企業に連絡を! 残高不足で引き落としができませんでした… と、正直に伝えましょう。 すると、オペレーターから支払い方法の案内があります。 収納企業によって支払い方法方法は異なりますが、案内に従い支払いを済ませましょう。 納付書(催促)が届く• 滞納が長引くとガス・水道などが停止になる 短期間の支払い遅れ・滞納であれば、それほど大きなペナルティになりませんが… 滞納が1ヵ月…2ヵ月…と続くと、どんどんペナルティが大きくなります。 最悪の場合、クレカやスマホが強制解約になることもあるので、絶対に長期間の滞納をしてはいけません。 引き落としができないと信用情報機関にこう記録される 池田泉州銀行をはじめ、全国の金融機関やカード会社は「 信用情報機関」に加盟しています。 日本には3つの信用情報機関があり、利用者の個人情報などが事細かに記録されています。 また、支払い・返済に関する情報も下記のように記録されます。 信用情報機関 記録される情報 (支払い・返済関係) (CREDIT INFOMATION CENTER) 残債額、請求額、 入金額、 入金履歴など (日本信用情報機構) 入金日、入金予定日、残高金額、 完済日、延滞など (全国銀行個人信用情報センター) 入金日、入金額、完済日、 延滞の有無、延滞の発生日、 強制解約情報など 入金履歴や入金日が記録される=引き落とし日までに入金していない、残高不足を起こしたことがわかる。 「遅延した」と直接記録されませんが、入金履歴や入金日を見れば、遅延したことがひと目でわかってしまいます。 また、信用情報機関の記録は加盟機関同士で照会・共有されます。 そのため… 遅延すると、その情報も照会・共有されます。 一発で強制解約になることはありませんが、日常生活に不都合が生じる可能性があるので、注意が必要です。 Q:池田泉州銀行の引き落とし日っていつなの? 池田泉州銀行は毎営業日(平日)引き落としを行っていますが、引き落とし日は収納企業に準じます。 参考例として、スマホ(docomo・au・Softbank)とクレカ(主要カード会社)の引き落とし日をまとめてみました。 スマホ(au・docomo・Softbank)の引き落とし日 キャリア名 締め日 引き落とし日 docomo 月末(末日) 翌月末日 au 月末(末日) 翌月25日or翌月末日 Softbank 10日or20日or月末 翌月6日or16日or26日 クレカの引き落とし日 カード名 締め日 引き落とし日 JCBカード 15日 翌月10日 セゾンカード 10日 翌月4日 イオンカード 10日 翌月2日 MUFGカード 15日 翌月10日 NICOSカード ショッピング:5日 キャッシング:月末 翌月27日 三井住友カード 15日or月末 翌月10日or26日 セディナカード OMC:月末 CF:10日 クオーク:月末 OMC:翌月27日 CF:翌月6日 クオーク:翌月26日 TS CUBIC CARD 5日or20日 翌月2日or17日 楽天カード 月末 翌月27日 オリコカード 月末 翌月27日 ジャックスカード 月末 翌月27日 dカード 15日 翌月10日 エポスカード 4日or27日 翌月4日or27日 DCカード 15日 翌月10日 セブンカードプラス 15日 翌月10日 Yahoo! JAPANカード 月末 翌月27日 エディオンカード ショッピング:5日 キャッシング:月末 ショッピング:当月27日 キャッシング:翌月27日 ビューカード 月末 翌々月4日 UCカード 10日 翌月5日 JAカード 5日 当月27日 エムアイカード 5日 翌月26日or27日 出光カード 10日 翌月7日 au WALLETクレジットカード 15日 翌月10日 Q:引き落とし手数料っていくらかかるの? 引き落とし手数料はかかりません。 無料です。 ただし、振込に関しては所定の手数料がかかります。 池田泉州銀行の振込手数料は、下記のページで詳しくまとめられています。 Q:再引き落としって行われるの? 再引き落としの有無は、収納企業ごとに異なります。 スマホ(携帯会社)の場合、再引き落としが行われるのはdocomoのみ。 通常の引き落としは月末(末日)に行われますが、その時に引き落としができなかった場合は、翌月15日に再引き落としが行われます。 クレジットカードの場合、再引き落としが行われるカードが限られています。 再引き落としに対応しているカード会社と、再引き落としスケジュールが次の通り。 (青文字のカード会社名をタッチすると、詳細を確認できます) カード会社 再引き落とし日 引き落とし日〜4営業日 (契約内容によって異なる) 当月25日、26日、月末まで毎営業日など 契約内容によって異なる 月末まで毎営業日、指定日のみなど 契約内容によって異なる 平日3日〜5日に再引き落とし (イオン銀行のみ対応) 17日もしくは翌月2日 12日 月末まで毎営業日再引き落とし (ただし契約内容によって異なる) 翌月15日まで毎営業日再引き落とし (ただし契約内容によって異なる) 月末まで毎営業日再引き落とし 契約内容によって異なる リクルートカード JCB・VISAブランドごとに異なる 毎営業日再引き落とし 発行会社ごとに異なる ANAカード 発行会社ごとに異なる 契約内容によって異なる 翌月15日まで毎営業日再引き落とし エディオンカード オリコ発行のみ再引き落とし 契約内容によって異なる 契約内容によって異なる 池田泉州銀行の概要 本社所在地 大阪府大阪市北区 茶屋町18番14号 (大阪梅田池銀ビル) 設立 1951年(昭和26年) 9月1日(池田銀行) 法人番号 8120001144082 金融機関コード 0161 SWIFTコード BIKEJPJS 支店数 139 池田泉州銀行は大阪市北区茶屋町に本店があり、2010年5月1日に池田銀行・泉州銀行の2行が合併して誕生しました。 また、親会社の株式会社池田泉州ホールディングスは、様々なグループ企業を展開しています。 池田泉州銀行の金融商品としては、• 住宅ローン• マイカーローン• 教育関連ローン• リフォームローン• 妊活・育児応援ローン• 多目的ローン• 空き家対策応援ローン• フリーローン• カードローン• クレジットカード• デビットカード などが提供されています。 まとめ• 池田泉州銀行の引き落とし時間は、0時〜と午後〜夜間の一日2回• 2回目の引き落としまでに入金すれば間に合う• 朝一〜お昼までに入金すれば基本的には大丈夫• お昼以降に入金する時は、念のため事前確認を• すでに引き落としが終わっていた場合は、収納企業が指定する方法で支払う• 口座への振込が基本の支払い方法.

次の

JCB一般カードの締め日と引き落とし日はいつ?再引き落としも合わせて解説

池田泉州銀行 引き落とし時間

大阪に本店を置いている地方銀行「池田泉州銀行」では、以下のようなカードローンを提供しています。 カードローン名 限度額 金利 キャッシュカード一体型カードローン 300万円 14. 95% カードローン<パッとサッと> 30万円 14. 0% 教育カードローン 1,000万円 3. また池田泉州銀行「教育カードローン」は、その名の通り教育に関する資金の借入時に利用できるカードローンとなります。 資金使途が自由で比較的誰でも利用可能なのは、「キャッシュカード一体型カードローン」か「カードローン<パッとサッと>」になるでしょう。 しかし、池田泉州銀行「カードローン<パッとサッと>」は来店必須となっていて、WEBからの申し込みを受け付けていません。 最低でも申し込み時と契約時の2回の来店が必要となるため、来店が難しい方は申し込むことができませんね。 ここでは、資金使途が自由でWEB完結可能な、池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の金利、限度額、申し込み方法、借入方法、返済方法、お金借りるメリット・デメリットなどを詳しく解説します。 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の特徴 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」は、池田泉州銀行の営業エリア内に住んでいる方しか利用することができませんし、契約時までの口座開設が必須となりますが、条件をクリアできるとパートやアルバイト、年金受給者でも利用可能なカードローンとなります。 キャッシュカードにローン機能が追加され、キャッシュカードでお金を借りることができるため、他人に知られたくない借入も安心ですね。 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の申込は、スマホから行えるため、平日の銀行営業時間中に来店できない方にもお勧めです。 金利(固定金利) 年14. 5%(保証料込) 利用限度額 10万円~300万円 申込資格 ・満20歳以上満70歳未満で安定した収入がある方。 ・日本国籍の方、永住許可等を受けている外国人の方。 ・保証会社の保証が受けられる方。 ・大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県に住んでいる方。 (パート、アルバイト、年金受給者、専業主婦も可) 資金使途 自由(事業性資金は除く) 借入期間 1年ごとに審査の上、自動更新(満70歳になると更新不可) 返済方法 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし。 担保・保証人 不要 保証会社 新生フィナンシャル(株) 入会金・年会費 無料 審査スピード 仮審査は2~3営業日程度で終了。 申し込みから借入まで1週間程度。 口座開設 必要 公式サイト 「キャッシュカード一体型カードローン」の利用には口座開設が必須 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の約定返済は、池田泉州銀行の口座からの自動引き落としとなりますし、池田泉州銀行の普通預金口座のキャッシュカードがそのままローンカードとなるため、口座開設は必須となります。 池田泉州銀行の口座を持っていなくても申込は可能ですが、仮審査の結果を受けた後、契約時までには開設手続きを行いましょう。 口座開設は店頭窓口の他、アプリからも行うことができますが、急ぎの場合は、池田泉州銀行の店頭窓口で手続きをした方がスムーズです。 アプリで口座開設をすると、キャッシュカードは郵送で受け取ることになるのですが、店頭窓口で開設手続きをして運転免許証などの写真付き本人確認書類を提出することができれば、窓口でキャッシュカードを即日発行してもらうことができます。 口座開設手続きをしてキャッシュカードを受け取っていないとカードローンの本審査を進めることができないので、池田泉州銀行の窓口で開設手続きを行い、早い段階でキャッシュカードを受け取った方がスピーディーですね。 <口座開設の条件> 口座開設期限:正式申し込み時まで(正式申し込みと同時に口座開設も可) 返済用として利用可能な口座:池田泉州銀行の普通預金口座 口座開設の方法:店頭窓口・池田泉州銀行の専用アプリ 池田泉州銀行のアプリで口座開設 有効期限内の運転免許証かマイナンバーカードを持っている方は、自宅にいながらアプリで池田泉州銀行の口座開設手続きを行うことができます。 申し込んでから実際に池田泉州銀行の口座を利用できるまで1週間~10日程度かかってしまいますが、来店が難しい方や時間に余裕がある方にはお勧めです。 <口座開設アプリの条件> 申込資格 ・満18歳以上の、日本国内に住んでいる方。 ・運転免許証かマイナンバーカードを持っている方。 開設口座 池田泉州銀行の普通預金(総合)口座 取扱い店舗 東京支店以外で、自宅か勤務先の近隣店舗。 住所を入力すると、自動的に近隣店舗が選択される) 利用可能時間 24時間365日 通帳発行 なし キャッシュカードの発行 あり キャッシュカード受取方法 日本郵便サービスの「本人限定受取郵便(特定事項伝達型・転送不要扱い)」(本人以外の受け取り不可) 申込からキャッシュカード受け取りまで 1週間~10日程度 池田泉州銀行アプリ 「キャッシュカード一体型カードローン」の審査時間は?即日融資は可能? 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」では、即日融資を受けることができません。 池田泉州銀行に融資までの期間について電話で確認したところ、「全ての手続きがスムーズに進んだ場合、最短で申し込みから1週間程度での融資が可能となります」とのことでした。 しかし、申し込み内容や本人確認資料などに不備があると審査に1週間程度かかることもありますし、池田泉州銀行に口座を持っていない方は開設手続きも必要になってくるため、場合によっては借入まで2週間以上かかることもあるそうです。 また、キャッシュカード一体型カードローンは、振り込み融資を行っていないので、キャッシュカードを受け取るまでお金を借りることができません。 池田泉州銀行のキャッシュカードをすでに持っている場合はカードローンの本審査や契約が完了次第借り入れを開始できますが、池田泉州銀行の口座を持っていない方は口座開設をしてキャッシュカードを受け取らなければなりませんね。 申し込み方法や提出できる本人確認書類によって、キャッシュカードの受け取り方法も変わってきますし、受け取り方法が変わってくると手続きに必要な日数も変わってきます。 即日融資を希望する方、急いでお金を借りたい方はをご覧ください。 池田泉州銀行から急ぎでお金を借りたい場合の注意点 池田泉州銀行から急いでお金を借りたい場合は、「申し込み内容や提出書類に不備がないことを確認」や「本審査終了連絡を貰ってからなるべく早い段階で来店」など、できる限り融資までの期間を短縮できる努力をしたうえで、以下の点にも注意しましょう。 池田泉州銀行の店頭でカードローンの申し込みをすると店頭契約になりますし、WEB申し込みをするとWEB契約になってしまうそうです。 WEBで申し込んでおいて店頭で契約する、池田泉州銀行の店頭で申し込んでおいてWEBで契約する、と言うことはできないそうなのです。 WEB契約の場合は、口座開設もアプリで行うことになるため、口座開設に時間がかかり、結果的に借入まで2週間以上かかってしまうこともあります。 池田泉州銀行の口座を持っていない方で急いでお金を借りたい場合は、店頭で申し込みをして、店頭契約をした方が早いでしょう。 池田泉州銀行の窓口で即日発行してもらえれば、池田泉州銀行での本審査や手続きが完了次第、すぐにお金を借りることができるようになります。 ただし、キャッシュカード即日発行を希望して、店頭申し込み・店頭契約をしたとしても、写真付き本人確認書類を提出できない場合は郵送でのカード受け取りとなってしまうこともあります。 できる限り写真付きの本人確認書類を提出できるよう準備しておきましょう。 また、証明書の住所と現住所が異なっている場合は住所変更手続きもきちんとしておきましょう。 「キャッシュカード一体型カードローン」の審査申し込み方法 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」は、インターネット・FAX・店頭窓口で申し込み手続きをすることができます。 電話で相談や問い合わせは可能ですが、電話での申し込みは受け付けていません。 「」という赤いボタンをクリックして進みましょう。 申込に必要な項目の入力をした後、「個人情報の取扱いに関する同意について」をよく読み、同意し、申し込みます。 本人確認書類もアップロードすると、仮審査が開始されます。 仮審査終了後、途中でキャンセルすることもできるので、気軽に審査に申し込んでみてもいいでしょう。 ただし、インターネットから申し込みをすると、契約もインターネット上で行うことになります。 池田泉州銀行の店頭窓口で契約をしたい場合は、申し込みも窓口で行う必要があります。 申込に必要な書類が池田泉州銀行に到着次第、仮審査が開始されます。 仮審査の申し込み書は、池田泉州銀行の店頭窓口にも用意していますし、することもできます。 池田泉州銀行の担当者に直接相談しながら手続きを進めたい場合は、本人確認書類などの必要書類を持参し、近くの店舗に行ってみるといいでしょう。 ただし、池田泉州銀行の窓口で申し込み手続きをすると、契約も窓口で行うことになります。 契約時にも池田泉州銀行に来店する必要が出てくるため、WEB契約をしたい場合はインターネットから申し込むようにしましょう。 ・運転免許証 ・日本国発行のパスポート ・健康保険証 ・マイナンバーカード など。 <給与所得者> ・源泉徴収票 ・住民税決定通知書(前年分) <自営業者> ・確定申告書 ・納税証明書 その1・その2(前年分) 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」でお金を借りる方法 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」では、他の銀行のように、初回限定の振り込み融資は行っていないため、お金を借りるためにはキャッシュカードを受け取る必要があります。 キャッシュカードを受け取ったら、ATMに行き、カードで必要額を引き出しましょう。 ATM借り入れの条件 ATM利用手数料 池田泉州銀行とPatsatは無料、その他は有料。 その他、お金に余裕があるときは、窓口やATMから任意返済をして行くこともできます。 約定返済分は口座から自動的に引き落とされるため、毎月必要額を入金しておくといいでしょう。 任意返済をして行くことで、完済を早めることができます。 ATM返済の条件 ATM利用手数料、ATM時間外利用手数料 無料 硬貨の取扱い 池田泉州銀行の有人店舗で可能(平日:8時~18時まで) 利用可能ATM 池田泉州銀行、駅のATM「Patsat」、コンビニATM(セブン銀行、ローソン銀行、イーネット) ATM利用可能時間 7時~21時(平日、土日、祝日) 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の約定返済額 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」の約定返済額は、約定返済日の前日の借入残高に応じて、以下のように決定します。 1万円未満(約定返済日前日の借入残高):約定返済日前日の借入残高と、約定返済日当日に組み入れる貸越金利息の合計額(約定返済額) 約定返済日前日の借入残高 約定返済額 1万円未満 約定返済日当日に組み入れる貸越金利息の合計額 1万円以上~50万円以下 1万円 50万円超~100万円以下 2万円 100万円超~200万円以下 3万円 200万円超~300万円以下 4万円 300万円超 5万円 池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」でお金を借りるメリット・デメリット <キャッシュカード一体型でお金借りるメリット> ・新たに専用ローンカードを発行する必要がない。 (キャッシュカードにカードローン機能を追加) ・早い場合は1週間程度での借入可能。 ・池田泉州銀行の口座を持っていなくても、WEB完結可能。 (来店不要) ・池田泉州銀行窓口で口座開設をして、写真付き本人確認書類を提出できると、キャッシュカード即日発行可能。 ・平日の15時以降や土日祝日に営業している、休日営業店舗やローンプラザがあり、ローンの相談可能。 <キャッシュカード一体型でお金借りるデメリット> ・池田泉州銀行の口座開設必須。 ・電話での申し込み不可。 ・カード受け取り前の振り込み融資不可。 ・自動融資機能なし。 ・利用可能地域が限定されている(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県に住んでいる方) 池田泉州銀行 その他のカードローン 池田泉州銀行では、キャッシュカード一体型のカードローンの他、以下のようなカードローンも用意されています。 種類が豊富なので申し込み条件をクリアできる方は選択肢が広がりますね。 年収や勤続年数が一定以上であることのほか、池田泉州銀行との取引が2年以上ある方が対象となるため、これから口座を開く予定の方や、取引がないけれど池田泉州銀行のカードローンを利用したいと思っている方は申し込むことができません。 ただし、他行のカードローンと比べてもとても金利が低くなっているため、今後も長く池田泉州銀行と付き合っていく予定の方は取引実績を積んで申し込み資格を取得できるようにするといいでしょう。 金利(変動金利) 年5. 申込資格 ・満20歳以上満60歳未満の方。 ・池田泉州銀行と2年以上の取引があること。 ・住宅ローン、給与振り込み、貸金庫、定期預金、池田泉州銀行子会社が取り扱うクレジットカード、公共料金の自動引き落とし(電気、電話、ガス、水道、NHK)、のいずれかの取引があること。 ・税込み年収400万円以上で、勤続年数2年以上の方。 ・池田泉州銀行営業エリア内の方。 ・日本国籍の方、永住許可を受けている外国人の方。 ・保証会社の保証が受けられる方。 資金使途 自由(事業性資金は除く) 借入期間 原則1年ごとに審査の上自動更新(満65歳になると自動更新不可) 返済方法 毎月10日(休業日の場合は翌営業日)に口座から自動引き落とし。 担保・保証人 不要 保証会社 (株)池田泉州JCB、(株)オリエントコーポレーション 入会金・年会費 無料 審査スピード 仮審査の結果は2~3営業日程度で連絡。 申込から1週間程度で借り入れ。 公式サイト 申込方法、利用方法はキャッシュカード一体型と同様 WEBやFAXからの申し込みも可能ですし、WEB上で契約までを完結させることもできます。 カードもキャッシュカードがそのままローンカードになりますし、借入できるATMもキャッシュカード一体型と同じになります。 このように、申し込み方法や利用方法はキャッシュカード一体型と同じですが、限度額は広がりますし金利も低くなるため、申込条件をクリアできる方はキャッシュカード一体型よりもお得です。 池田泉州銀行カードローン<パッとサッと>でお金を借りる 池田泉州銀行カードローン<パッとサッと>は、限度額が30万円までと少なくなりますが、金利は「キャッシュカード一体型」よりも低くなりますし、全国の提携金融機関のATMも利用することができます。 自動融資機能もついているので、公共料金等の引き落とし時に口座が残高不足でも安心です。 ただし、カードローン<パッとサッと>は、WEB完結契約はできません。 池田泉州銀行への来店が必須となるので、平日の銀行窓口が開いている間に来店できない方は申し込むことができません。 金利(固定金利) 年14. 0%(保証料込) 利用限度額 10万円・30万円 申込資格 ・満20歳以上満65歳未満の、安定した収入がある方。 ・日本国籍の方、永住許可を受けている外国人の方。 ・保証会社の保証が受けられる方。 資金使途 自由(事業性資金は除く) 契約期間 原則1年ごとに審査の上自動更新(満70歳になると更新不可) 返済方法 毎月10日に口座から自動引き落とし 担保・保証人 不要 保証会社 (株)池田泉州JCB 入会金・年会費 無料 審査スピード 仮審査に1週間程度かかります。 口座開設 必要 公式サイト 自動融資機能について 公共料金等の引き落とし時、口座が残高不足でも、不足分を自動的に融資してくれるので安心なのですが、以下のような引き落としは対象外となります。 ・カードは2枚(キャッシュカードの他に、ローンカードが発行される) ・来店必須(WEB申込、WEB契約不可) ・限度額が30万円まで このデメリット部分があるため、池田泉州銀行ではキャッシュカード一体型を推しているようでした。 しかし、池田泉州銀行への来店が可能で、少額融資を希望し、カードが2枚になっても問題ない場合は、低金利の「パッとサッと」お金を借りてみても良いかもしれませんね。 池田泉州銀行「教育カードローン」でお金を借りる 池田泉州銀行の教育ローンは「一括借り入れ型」と「カードローン型」があります。 カードローン型だと専用カードが発行され、池田泉州銀行やコンビニ、Patsat、提携金融機関のATMから、必要に応じてお金を借りていくことができます。 金利(固定金利) 年2. 90%~3. 50%(保証料込) 利用限度額 10万円以上1,000万円以内 申込資格 ・満20歳以上満65歳未満で、安定した収入がある方。 ・池田泉州銀行の営業エリア内に住んでいる方。 ・日本国籍の方、永住許可を受けている外国人の方。 ・保証会社の保証が受けられる方。 資金使途 高等学校、短期大学、大学、大学院、専門学校に入学予定もしくは在学中の本人か子にかかる教育資金。 (塾の月謝や下宿中の生活費、他社の教育ローンからの借換も可) 貸越利用期間 入学前6カ月~卒業予定の翌月末日まで 返済方法 毎月10日に口座から自動引き落とし 担保・保証人 不要 保証会社 (株)ジャックス 入会金・年会費 無料 審査スピード 申込から借入まで、10日~2週間程度(合格確認後、専用のローンカード発行・郵送) 口座開設 必要 公式サイト 池田泉州銀行の教育ローンは低金利 2. 90%~3. 50%と低金利のカードローンとなりますが、さらに池田泉州銀行と以下のような取引があると、金利が年0. 2%(最大0. 6%)引き下げられます。

次の