井浦 新 韓国。 自民党山本有二の娘の旦那は俳優の井浦と鈴木!韓国?冗談が失言に?

アンナチュラル井浦新が似てるのは誰?某アイドルグループ?

井浦 新 韓国

現在放送中の金曜ドラマ 「アンナチュラル」(TBS系列)に出演中の 井浦新(いうら あらた)さんに注目が集まっています。 今回は、井浦新さんについて調べてみました。 Sponsored Link 井浦さんはパリコレ出演のトップモデル? 井浦さんは、1974年生まれの43歳です。 「アンナチュラル」では石原さとみさん演じる法医学者・三澄ミコトの同僚の中堂系を演じています。 中堂系は9年前に偶然にも殺された恋人を自らの手で解剖した深い闇を背負いながら、恋人を殺した犯人を見つけるために法学医を続けています。 まさに「アンナチュラル」な役どころです。 私が井浦さんを知ったのは、2002年公開の映画 「ピンポン」で眼鏡姿のクールな卓球少年の役でした。 身長183cmでイケメン、スタイル良し、本当に羨ましいです! アンナチュラルな2ショット? 井浦さんが自身のインスタグラムに、石原さとみさんとの2ショットを公開して話題を呼んでいます。 ドラマの中では二人は敵対している感がありますが、優しい表情の2ショットは、二人の仲を怪しむほど石原さとみファンは嫉妬するかもしれません。 それはさておき、ドラマの放送開始直前にインスタやTwitterなどのSNSで、出演者自らドラマの告知をするのは新たな宣伝方法になるかもしれません。 昨今のテレビ離れでドラマの視聴率も昔に比べて高くないのが現状です。 少しでもドラマを観てもらうには、SNSを活用してネットの反響からドラマへの興味を持ってもらう方法もアリではないでしょうか。 井浦新さんは韓国人? 井浦さんの名前を検索すると、「韓国人」というワードが表示されます。 井浦さんは在日韓国人であるという噂がありました。 結論から言うと井浦さんは在日韓国人ではありません。 日本人です。 噂の原因を調べてみると、2012年公開の映画 「かぞくのくに」で井浦さんは主人公の在日韓国人を演じていました。 どうやら噂の出所はこれのようです。 きっと井浦さんの演技は、観た人を本当の在日韓国人と思わせるほどの演技をしたのでしょう。 「蛇にピアス」の衝撃画像!! 井浦さんはドラマにもちょくちょく出演していますが、主に数多くの映画をメインに活動してきました。 2008年公開の映画 「蛇にピアス」では、スキンヘッドにピアス、刺青とかなりサディストな役柄でその風貌は衝撃的で注目されました。 これがパリコレのトップモデルですよ!!自分の目を疑いたくなりました。 井浦さんはこの役を引き受けるには、相当な覚悟がいたのではないでしょうか。 ピアスと刺青(たぶん本物ではない!)はまだしも、スキンヘッドは相当な勇気がいります。 私も高校時代にスキンヘッドにした経験があります。 それは部活動の夏合宿で部員全員がスキンヘッドにする事が慣わしとなっていました。 ほぼ強制的ですね。 今では相当な問題になるでしょうが、昔の体育会運動部では常識のようなものでした。 当時の高校生の私は本当に嫌で、また恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。 私の黒歴史のひとコマです。 (笑) Sponsored Link 最後に 今回は井浦新さんについて調べてみましたが、井浦新をファッションモデル上がりの役者だと思ったら大間違いです。 肝が据わった役者根性の持ち主で、演じる役柄によって、いろんな表情が見れる演技派の俳優です。 さらに井浦さんはモデル、俳優の顔のほか美術への造詣も深く、NHK「日曜美術館」の司会も務めています。 侮るなかれ、井浦新!ますます今後の活躍が気になります!! Sponsored Link.

次の

井浦新の学歴と出身大学♪韓国人で徳島そごう?ブランドと身長は?嫁と子供は?

井浦 新 韓国

井浦新の学歴は? 井浦新さんの学歴について調べてみました。 小学生の頃からサッカーを始めて、中学校ではサッカー部のゴールキーパーを務めていました。 東京都立松が谷高校(八王子市)を卒業後、 東京経済大学に進学しています。 東京経済大学の有名な出身者を見ていると、 スガシカオ(歌手)、土屋公平(ミュージシャン)、ハービー山口(写真家)、川村エミコ (お笑い芸人・たんぽぽ)、藪恵壹(元阪神タイガース・投手)がいます。 この頃、モデルの仕事が多忙なことから、 大学を中退。 その後もパリコレや東京コレクションに出演するほどの 日本のトップモデルとして活躍していました。 謎めいた魅力と独特のカリスマ性はモデル時代に培ったものなんですね。 井浦新が韓国人って本当?徳島そごうって何? 井浦新さんが 韓国人、もしくは日本国籍を取得した帰化人なのでは?という噂があります。 2012年の映画「かぞくのくに」で、安藤サクラさんと在日コリアン2世の兄妹役で出演しました。 映画「かぞくのくに」で演じた、 在日朝鮮人2世役の演技があまりにも素晴らしすぎて噂になったようです。 井浦さんは東京都日野市生まれ、父親も母親も日本人ということなので 純日本人でしょう。 小さい頃から、歴史好きの父親と一緒に博物館や美術館に足しげく通っていて、自身も 日本史が好きなのだそうです。 スッキリとした切れ長の目は、昔の日本人でいうところの 「公家顔」。 二重じゃないからって、すぐ日本人じゃないというのはナンセンスですよね。 これだけ、日本史好きを公言されているので、正直言って韓国人説はありえないのと思います。 確かにすっきりとした顔立ちで、韓国人俳優にいそうなクールイケメンですが ガセネタのようですね。 井浦新と徳島そごうって? 井浦新さんは「徳島そごう」で検索をされているようです。 まず、徳島そごうが何なのか調べてみました。 徳島県内で唯一の百貨店である「そごう徳島」を一般的には「徳島そごう」と呼んでいるようです。 この徳島県にある百貨店「そごう徳島」と井浦新さんの、検索ワードに出てくるほどの関係性が気になりますね。 井浦さんは 徳島出身ではないですし、また仕事の関連でこの 百貨店とのタイアップをしたとの情報もありません。 芸術番組も担当しているので 芸術・美術方面の展示会なども調べましたが一切でてきませんでした。 井浦新さんと徳島そごうとの明確な関係性は見つかりませんでした。 井浦新のブランドとは? 元ファッションモデルとして活躍していたこともあり、私服も含めて着ている服は毎度オシャレの井浦新さん。 19歳から23歳までモデル活動を行い、モデルを辞めたのちの1998年11月に自身のブランドである 「REVOLVER リボルバー 」を開始しています。 一時期なんと 年商6億円も稼いでいたと言われていますが、のちにREVOLVERは 倒産。 負債総額は1億4千万円だったそうです。 その後2007年 「ELNEST CREATIVE ACTIVITY エルネスト・クリエイティブ・アクティビティ)」というブランドを立ち上げ独立、 ディレクターを務めているそうです。 国産にこだわったアイテム展開や、日本の伝統工芸品をいかしたものづくりを企画し、提案してるブランドとのことですよ。 週刊誌によると、 義父に借金を返してもらったから、嫁に頭が上がらないそうです。 ファッションセンスがあっても、経営センスはなかったようですね…。 井浦新の身長は?プロフィールを紹介 井浦新さんは画面からもわかるように 大変背が高いですよね。 芸名:井浦新 本名同じ 別名義:ARATA 出身地:東京都日野市 生年月日:1974年9月15日 年齢:43歳 血液型:A型 学歴:東京経済大学(中退) 職業:俳優、ファッションディレクター 所属事務所:テンカラット 趣味:カメラ 井浦新さんの 身長は183cmでした。 さすがモデル出身なだけあって高いですね! 小学校教師の両親と妹の 4人家族。 子どものころから仏像好きだったそうで、 趣味はカメラで個展を開くほどの実力なんだとか。 ARATA名義で ファッションモデルとして活躍し、パリコレにも出演経験もあります。 1999年、映画 「ワンダフルライフ」の主演で俳優デビュー。 2008年の 「デリパンダ」でドラマ初出演して、同年の 「最後の戦犯」でドラマ初主演。 2009年の 「マレーヒルの幻影」で舞台初出演。 2002年の映画 「ピンポン」で演技派俳優として注目を集めます。 2008年の映画「蛇にピアス」に出演し、2013年映画「横道世之介」で 吉高由里子と高良健吾と再共演。 頭の中でRADWIMPS「前前前世」が流れてきそうな画像です。 あ、吉高ちゃんはRADの野田洋次郎の元カノでしたね(ボソッ)。 以降も数々の映画やドラマに出演し、ドキュメンタリーではナレーションを務め、CMやPVに出演するなど多方面で活躍しています。 2013年4月より京都国立博物館の「文化大使」に就任。 NHK「日曜美術館」の司会業を務め、一般社団法人・匠文化機構の理事長。 日本の文化・歴史・ものづくりなどを伝える橋渡し的な存在となっています。 最近では、石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」に出演し、その演技力から毎回Twitterで話題になっていました。 俳優から芸術的分野までマルチに活躍されている井浦さんです! ARATAから井浦新に改名した理由とは? 2012年、 ARATAから本名の井浦新に改名した理由が気になりますね。 出演した映画「11・25 自決した日 三島由紀夫と仲間たち」がきっかけのようです。 三島由紀夫さんが日本伝統や文化を深く愛していた事を知り、 「三島氏を演じた人間の名前が英語表記はおかしいのではないか?」 と思い本名に改名したそうです。 井浦さんは映画のエンドロールに自分の 「ARATA」というアルファベットの名前がでるのは好ましくないと思ったそうです。 役柄だけじゃなく、演じる方の本質を大切にしているんでしょうね。 井浦新の結婚相手 嫁 は?子供はいるの? 井浦新さんは 2009年に一般人の方と結婚しています。 お相手は 10歳年下の山本あいさんという方で、いわゆるできちゃった結婚でした。 現在は 子供が2人いらっしゃるとのことです。 井浦さんは以前オスカープロモーション所属の タレント川村亜紀さんと付き合っていました。 破局後、その失恋の傷を癒したのがあいさんだったというのがお二人の馴れ初めなのだそうです。 山本さんは四人姉妹の次女、三女が 山本ふみさんで、その夫はなんと 俳優の鈴木一真さんです。 そのため、 井浦新さんと鈴木一真さんは義理の兄弟ということになります。 しかも、共にパリコレモデル出身で、現在俳優をしているってすごいですね! 妹のふみさんは結婚前に芸能活動をしていて、 リプトンの紅茶のCMなどに出演していました。 山本四姉妹は美人姉妹と言われるほど評判で、ふみさんは身長173cmとスレンダーで古風な美女なのだとか。 そんな山本四姉妹のお父さんは自由民主党所属の 政治家の山本有二さんだそうです。 なお、山本あいさんの写真についてですが、一般女性ということもあり見つかりませんでした。 義父が政治家、義理の妹と弟が芸能人とは、凄い一家ですよね! モデル時代は勿論の事、 今でも変わらない男前ぶりは健在ですね。 井浦新さんの今後の活躍にも期待しています!.

次の

井浦新の学歴と出身大学♪韓国人で徳島そごう?ブランドと身長は?嫁と子供は?

井浦 新 韓国

井浦新は韓国人? 井浦新さんが韓国人であるとの噂ですが、これは ある映画に出演したことがきっかけで広まったようです。 その映画とは2012年に公開された『かぞくのくに』という映画です。 この映画は在日コリアン2世のヤン・ヨンヒ監督が自身の実体験を基に書き起こしたフィクション映画で、 井浦新さんは在日コリアンのソンホという役を演じていました。 どうやらこの映画出演時の 井浦新さんの演技力が高すぎて、井浦さんの事を本当に在日韓国人だと勘違いした人がたくさん出てしまったようです。 Twitter上でもこのような意見が出ていました。 【かぞくのくに】「主役のソンホって、誰か日本語上手い韓国人俳優見つけたのかな?」って思っていたら井浦新だったのか。 この人、急激に顔変わったイメージがある。 三島由紀夫と北朝鮮の人民を同じ年に演じているのもすごいね。 — 破壊屋ギッチョ hakaiya 井浦新さんを初めて見たというならまだしも、もともと知っている人ですら錯覚させるほどなのですから、相当役作りなどしっかりされて演じていたのでしょう。 ちなみに井浦さんは 東京都日野市出身。 ご両親は小学校の先生をやっていて、ともに日本人のようです。 つまり 井浦新さんは純日本人ということになりますね。 芸能人の韓国人説はよく流れますが、大抵はは『顔や服装が韓国人っぽい』『本名が変わっている』などの理由からくるがガセ情報であることが多いです。 ですが井浦新さんの場合は 演技力が優れ過ぎた故に起きた勘違いという、なかなか珍しいパターンでした(笑) 井浦新と徳島そごうの関係は? 井浦新さんのことを調べると、 『徳島そごう』というワードが出てきます。 『徳島そごう』とは全国に店舗を持つ西部グループの百貨店、そごうの徳島店のことです。 徳島県徳島市にあり、正式名称は『そごう徳島』といいますが、地元の人からは一般的に 『徳島そごう』と呼ばれているそうです。 この『徳島そごう』と井浦新さんの関係性について調べてみましたが、 何の関連性もありませんでした。 井浦さんが徳島にゆかりがあるわけでもありませんし、CMなどに出ていた事実もありません。 井浦さんはモデルやデザイナーとしても活動しているので、そちらの活動で何か関わりがあるのかもしれませんが、特に情報は出てきません。 なので、 なぜ井浦新さんの事を調べると『徳島そごう』というワードが出てくるかは正直わかりませんでした。 韓国人説などと同様に、誰かが根拠なく流した情報である可能性が高いですね。 もしなにか詳細がわかりましたら、またご紹介します! スポンサーリンク 井浦新の改名の理由は? 冒頭でも少し書きましたが、井浦新さんはデビューからしばらくの間 『ARATA』という名前で活動していました。 ところが2012年に若松孝二監督の映画『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』に主演した際、 芸名を『ARATA』から本名でもある『井浦新』に変更したそうです。 井浦新さんがデビューしたのは1999年なので、デビューから13年間もの間使ってきた名前を突如変更したことで、当時話題になりました。 井浦さんはこの映画で三島由紀夫さん役を演じたのですが、『 三島さんを演じた役者の名前が、アルファベット表記でエンドロールに出ることは好ましくない』と思ったそうで、そのタイミングで改名したのだそうです。 インタビューで下記のように語っていました。 「この作品が、何となくひとつの映画として完成されるなあというのが見えたとき、エンドロールのことが頭をよぎったんです。 最初にアルファベット表記の名前が出てきたら、自分だったらちょっと残念な気持ちになるなと思ったんです。 それが自分のことなので、こういうタイミングだし、若松監督の作品でもあるし、良い機会じゃないかなと感じたんです」。 出典:映画. com 文豪であり日本の伝統や文化を重んじていた三島由紀夫さんの事を深く理解し、役に入り込んだからこその決断ですね。 井浦新さんの役者魂の表れといえるのではないでしょうか。 男らしくてかっこいいエピソードですね! まとめ 以上、井浦新さんの韓国人説と『徳島そごう』との関係、また改名の理由について解説してきました。 韓国人説は井浦新さんの 演技力の高さからきた勘違いでした。 改名についてのエピソードからも感じますが、 役者として全力で役に向き合っているから井浦新さんだからこその勘違いやエピソードでしたね。 そんな素晴らしい役者、、井浦新さんのこれからの活躍にますます期待が高まりますね!.

次の