水 溜り ボンド 登録 者。 君は俺らのもの。《水溜りボンド》

水溜りボンド好きにオススメのチャンネル6選

水 溜り ボンド 登録 者

11時間だけチャンネルが存続 動画の後半では 「2019年にいきたい」 「ブラジルが時差が11時間ある」 とテロップが表示され、時差のあるブラジルでは日本時間の1月1日の11:00までは2018年だという解釈のもと、 日本時間の2019年1月1日11:00まではチャンネルが見られる状態になっていました。 1月1日13:50現在、チャンネルは削除されたようで、YouTubeのページにアクセスすると「このチャンネルは存在しません。 」と表示されます。 ラファオワの正体は水溜りボンド 「ラファオワ」は二人組の仮面YouTuberなのですが、 実は「」(登録者数357万人)が2017年4月28日に投稿した「隠れてYouTuberしてたら何日で正体バレるの?」という企画で誕生したチャンネル。 (関連記事「」) 100万人の目標には遠く及ばず 当サイトの調査によると、1月1日12:00の登録者数は32万8310人。 12月の活動再開後、登録者が急増したものの、目標の100万人には遠く及びませんでした。 350万人の登録者数を有する「水溜りボンド」でも短期間での100万人達成は難しかったようです。 ファンからは感謝と悲しみの声 ファンはTwitterなどで 「『お前らがラファオワ』という言葉は絶対忘れません。 」 「あああああラファオワなくなってしまった…」 など、悲しみの声や感謝の言葉など、多数のツイートが寄せられています。 「」(登録者数53万人)の編集者「O-LuHA」も「ラファオワ」を応援していたようです。 いつまでもおれらの胸に。 チャンネルがなくなる11時間後まで、信者の灯火は消さねえ。 記憶に刻め。 おれらがラファオワ。 その意味を細胞で感じろ。 忘れるという忠誠。 記憶から消すというミッション。 不変なき時代。 学びの種は残された。 次はおれら。 ラファオワ様に誓いを。

次の

『世にも奇妙な物語』ついに放送前から波紋…「水溜りボンド」頼みに酷評噴出

水 溜り ボンド 登録 者

11時間だけチャンネルが存続 動画の後半では 「2019年にいきたい」 「ブラジルが時差が11時間ある」 とテロップが表示され、時差のあるブラジルでは日本時間の1月1日の11:00までは2018年だという解釈のもと、 日本時間の2019年1月1日11:00まではチャンネルが見られる状態になっていました。 1月1日13:50現在、チャンネルは削除されたようで、YouTubeのページにアクセスすると「このチャンネルは存在しません。 」と表示されます。 ラファオワの正体は水溜りボンド 「ラファオワ」は二人組の仮面YouTuberなのですが、 実は「」(登録者数357万人)が2017年4月28日に投稿した「隠れてYouTuberしてたら何日で正体バレるの?」という企画で誕生したチャンネル。 (関連記事「」) 100万人の目標には遠く及ばず 当サイトの調査によると、1月1日12:00の登録者数は32万8310人。 12月の活動再開後、登録者が急増したものの、目標の100万人には遠く及びませんでした。 350万人の登録者数を有する「水溜りボンド」でも短期間での100万人達成は難しかったようです。 ファンからは感謝と悲しみの声 ファンはTwitterなどで 「『お前らがラファオワ』という言葉は絶対忘れません。 」 「あああああラファオワなくなってしまった…」 など、悲しみの声や感謝の言葉など、多数のツイートが寄せられています。 「」(登録者数53万人)の編集者「O-LuHA」も「ラファオワ」を応援していたようです。 いつまでもおれらの胸に。 チャンネルがなくなる11時間後まで、信者の灯火は消さねえ。 記憶に刻め。 おれらがラファオワ。 その意味を細胞で感じろ。 忘れるという忠誠。 記憶から消すというミッション。 不変なき時代。 学びの種は残された。 次はおれら。 ラファオワ様に誓いを。

次の

人気YouTuber・水溜りボンドとは?メンバーのカンタとトミーの魅力

水 溜り ボンド 登録 者

この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2019年7月) にYouTubeにて「 水溜りボンド」チャンネルを開設。 に動画投稿を開始。 現在では削除されてしまっているが、2015年以前にも何本か動画を投稿していた。 投稿理由は「動画配信ならライブ会場まで来てもらわなくても自分たちのネタを気軽に観てもらえる」と思ったから。 2015年にからに移籍することを発表。 なお、どちらのも同じが運営している。 最初にYouTubeに投稿した動画は100回再生される程度だったが、毎日20時に動画を投稿することを続け、1年半後の2016年6月にはチャンネル登録者数は65万人となった。 同年には、メインチャンネルのチャンネル登録者数100万人を達成する。 からにかけて、の大晦日の年越し特番「おまえ、テレビでてるってよ!! 」にコメンタリーとして出演。 に、メインチャンネルのチャンネル登録者数200万人を達成。 それに伴い、動画のオープニングが追加、及びエンディングが刷新された。 より、以前に動画の企画で開設されたYouTubeチャンネル「 ラファオワチャンネル」で1か月間限定で毎日投稿。 12月31日23時59分59秒までにチャンネル登録者数が100万人を突破しなければチャンネルを必ず削除することを明言。 2018年4月、サブチャンネルのチャンネル登録者数が100万人を突破したことに伴って、サブチャンネル名を「 水溜りボンド2 サブ 」から「 水溜りボンドの日常」に変更。 2018年、メインチャンネルのチャンネル登録者数が300万人を突破。 それに伴って、4日後のより動画のオープニング、エンディング及びチャンネルアイコンが変更された。 2018年、ラファオワチャンネルは「完」というタイトルの動画で、日付変更線から逃げるという名目のもと、11時間だけ削除の期限を延長したものの、チャンネル登録者は328,310人と100万人には及ばず、約8か月の活動の幕を閉じた。 2019年からの間、水溜りボンドの2人を中心人物として、、と共に、予てより夢のひとつと公言していたのとして渋谷の街を彩った。 渋谷109が40周年を記念し、109ロゴがリニューアルされたため、109ロゴリニューアル後初のシリンダー広告でもある。 同期間、SHIBUYA109・ABENO109内にてポップアップストアを営業。 自身らを中心とした109とのコラボグッズを販売。 から5月8日の間には渋谷MAG7にてコラボカフェを営業、コラボフード全9品を販売。 2019年、新居への引越しを機に、2017年の途中より同居しながら家事手伝い、動画出演・編集のサポートをしてきた後輩らとは別々の道を歩むこととなる。 そのうちはYouTuberとして独立。 また、2人は別居となる。 コンビ名• コンビ名は、お笑いコンビとして結成の際に、2人で出し合った言葉(トミーが「」、力ン夕が「」)を組み合わせて名付けた。 後付けではあるが、ボンドにはという意味だけではなく「()」という意味もある。 コンビ名を決めるにあたっては、漢字と力夕力ナを用いることで「ちょっととがった感じでいこう」と考えていたと述べている。 また、結成当時は2人組のYouTuberは珍しかったという。 メンバー 力ン夕 ( 1994-04-04 (26歳) - 、) 本名:佐藤 マイケル 寛太(さとう マイケル かんた) 国籍: 出生地: 趣味:、、、動画編集 主にメインチャンネルの動画のとを担当している。 2017年まではサブチャンネルの編集も担当していた。 好きな音楽のジャンルはで、、、、、、、など。 2018年、動画の企画で後輩のPさん、キイチで「無人島集団カキピー」という音楽ユニットを結成。 「」をリリース。 U-FESでも披露した。 2019年、個人MV「」をリリース。 2018年より「佐藤寛太」名義で監督業も行っており、監督した作品に「ごめんね」、「季節のグルーヴ」などがある。 納豆や野菜が嫌いである。 エビは好きだが、アレルギーに似た症状が出るため食べるのを控えていたところ、で、抗体検査と思われる検査の結果アレルギーではなかったことが判明し、約2年半ぶりにエビを食べた。 しかし、同検査で同時にこれまで食べていたものに多くアレルギーがあることが発覚した。 小学生の頃はに在住していた。 海外生まれのため、純日本人であるががある。 卜ミ一 ( 1993-07-26 (26歳) - 、) 本名:富永 知義(とみなが ともよし) 主にサブチャンネルの動画の(2017年〜)ととイベント、グッズの企画を担当している。 趣味:、 好きなアーティストは。 大食い・早食いが得意であり、最近は特にその活躍を見せている。 また、ドッキリを仕掛けることが多い。 鳩が大嫌い。 2018年、動画の企画の罰ゲームで後輩のキイチと「」というMVをリリース。 2019年、相方のカンタに続き「」という個人MVをリリース。 2019年から名前を出さない形での個人活動としてYouTubeチャンネル「」を作成し、ショートドラマの監督・脚本を務めていた。 このことは相方のカンタにも明かしていなかった。 動画内容は実験や検証、都市伝説など。 ドッキリ企画も多い。 以前は実験系でもあまり予算はかけておらず、動画1回の平均予算は大体500円程度であったという。 とその弟子であるや コラボ当時は米村でんじろうサイエンスプロダクションに所属していた 、、のメンバーなど、を呼んですることも多い。 や、、、、、、、、、くまみき、PDS、桐崎栄二など、さまざまなYouTuberともコラボ経験がある。 とはどちらも大学のお笑いサークル出身コンビであるという共通点もあり、活動初期からコラボすることが多い。 「おるたなChannel」、「水溜りボンド」、「スカイピース」の3組の2人組YouTuberの「おる溜りピース」としての企画は好評であり、しばしばコラボ動画が公開されている。 コンビの意向として、を避けた動画作りを意識しており、家族や若年層も安心して閲覧出来る動画内容となっていることも視聴者獲得に大きく影響していることから、YouTuberファンの間で「YouTube界の」と称されている。 両者とも読書家であり、のファンであるという。 大学時代に、コント作成の参考材料としてトミーがカンタに星新一のショートショート作品を貸したことがあるが、いまだに返却されていない(2019年8月10日に公開された動画、「5年前に借りパクした本を凍らせて返してみた」にて返却されたと思われたが、凍らされたものはダミーであり、実物はカンタの実家にあるという )。 動画は「はい、どーも、水溜りボンドです。 お願いします。 ね、毎日動画がんばっていきましょう。 トミーです。 カンタです。 お願いします。 」という決まった挨拶から必ず始まる。 出演 テレビ テレビドラマ• (2018年11月10日、)• 「脱出不可」 - 渋谷孝明 役(カンタ)• 「あしたのあたし」 - 焼きそば屋 役(トミー) アニメ• 60話(2017年9月29日、)• みずたまりぼんど - カンタ 役(カンタ)、トミー 役(トミー) CM• 「Googleサマーチャレンジ 絶対寝れる動画」(2016年)• 「YouTuber」篇(2017年)• 「水溜りボンドもPaidy」篇(2019年)• 「おバカなレースに大まじめ レッドブル・ボックスカートレース 2019」(2019年) 映画• 隙間男(2018年12月12日公開、YouTube Originalsで配信)• (2019年5月24日公開、) - 本人 役 ラジオ• 「」(2018年) その他コンテンツ• UUUM. 2017年5月20日閲覧。 2016年11月7日. 2017年5月14日閲覧。 2017年3月13日. 2017年5月14日閲覧。 キングオブコント事務局 2014年8月2日. 2017年5月20日閲覧。 2017年5月15日閲覧。 2017年8月12日. 2017年8月15日閲覧。 2017年10月12日. 2018年4月18日閲覧。 テレビ神奈川 2016年12月16日. 2017年5月14日閲覧。 YouTube. 2019年1月3日閲覧。 [ ]• 109ニュースシブヤ編集部. 2019年4月19日. 2019年5月26日閲覧。 日本語. 2017年12月25日. 2018年4月18日閲覧。 公式サイト. 2017年6月10日閲覧。 リアルサウンド テック. 2020年5月28日. 2020年5月28日閲覧。 公式サイト. 2017年6月10日閲覧。 「引っ越しホヤホヤ 話題の新居にお邪魔してきました!」『Creator Channel』第2巻、コスミック出版、2016年4月16日、 40頁。 「仙台公演 Special Interview 水溜りボンド カンタ トミー」『YouTuberマガジン特別編集 U-FES. オフィシャルブック』、講談社、2016年4月16日、 58頁。 blueprint 2019年2月18日. 2019年5月26日閲覧。 「水溜りボンド 水ボン流読書のすゝめ」『Creator Channel』第4巻、コスミック出版、2016年10月20日、 62-65頁。 ORICON NEWS. 2018年11月8日. 2018年11月8日閲覧。 2017年10月6日. 2019年1月12日閲覧。 BD デライトチューブ. 2019年2月4日. 2019年6月11日閲覧。 blueprint. 2019年4月26日. 2019年6月11日閲覧。 ナターシャ. 2019年5月23日. 2019年6月11日閲覧。 2019年12月23日. 2019年12月24日閲覧。 2019年12月23日. 2019年12月24日閲覧。 2018年3月19日. 2019年6月11日閲覧。 外部リンク• - MUUU|公式オンラインストア• YouTubeチャンネル• - チャンネル• - チャンネル• メンバー• kantamizutamari -• kanta199404 -• kantamizutamaribond -• tommymizutamaribond -• その他• mizuann0 -• maikelmaikel444 -.

次の