新 宝島 吹奏楽。 【T

サンプル表示

新 宝島 吹奏楽

INDEX• 宝島の原曲は、日本を代表するインストゥルメンタル・バンド 「T-SQUARE」が1986年に発表した作品です。 作曲者は、T-SQUAREでキーボードを担当していた 和泉 宏隆(いずみ ひろたか)。 宝島が吹奏楽で人気となった理由は? 宝島の吹奏楽アレンジは、1987年に発売された「 New Sounds in BRASS(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)に収録され、以来人気となりました。 編曲者は、「三つのジャポニスム」など数々の吹奏楽作品の作編曲で知られる 真島俊夫。 当時のライナーノーツには、「サンバ・ホイッスルなど、打楽器群のソロにも工夫が必要で、それだけに沢山の奏者を加えると面白い。 大人のムード、技術も高度で大学・一般バンドなどに喜ばれるのでは。 」という記述があります。 パーカッション・アンサンブル、アルト・サックスのソロ、ホルンのグリッサンド、トランペット・トロンボーンのソリなど、色々な楽器の見せ場があり、演奏する側も聞く側も楽しめる編曲が人気の理由のひとつではないでしょうか。 吹奏楽譜 山下国俊編曲の大編成版、本澤なおゆき編曲の小編成版、佐藤博昭編曲のフレックス版、それぞれに違った雰囲気が楽しめます。 大編成.

次の

【動画あり】「新宝島(サカナクション)」ほか:ウィンズスコア吹奏楽・アンサンブル楽譜 新刊情報(2019/8/30発売分)

新 宝島 吹奏楽

吹奏楽曲『宝島』の原曲は? 吹奏楽では定番曲になりすぎて、今の中高生は原曲の『宝島』ではなく吹奏楽の『宝島』から入ることも多いでしょう(笑) 『宝島』は元々は 日本を代表するインストゥルメンタルバンドT-SQUARE(ティー・スクェア)の曲です。 作曲者はバンドメンバーでもある和泉宏隆さん。 T-SQUAREは1976年~現在に至るまでメンバーを入れ替えながら活躍するバンド。 ジャズやフュージョンバンドとして人気を確立、伊東たけし(SAX 、本田雅人(SAX 、則竹裕之(DRUMS)など数々の名プレイヤーを輩出しています。 宝島以外にも同じく吹奏楽アレンジで 『TRUTH』・『オーメンズ・オブ・ラブ』なども吹奏楽民の間では馴染みが深いのではないでしょうか。 『宝島』はどんな曲? 吹奏楽版の『宝島』は1991年のNew Sounds in Brass(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)第15集で登場します。 編曲は日本吹奏楽界の巨匠、真島俊夫さんです。 冒頭はパーカッション小物系のアンサンブルでスタート。 ドラムのリズムを皮切りに管楽器のテュッティでメロディーが開始されます。 この部分、 低音楽器が「タターン」を繰り返すリズムパートは超重要。 このノリが悪いと「やっぱり吹奏楽の宝島はね・・・」となってしまいます。 その後は、サックスを中心としたメロディーに突入。 メロディー二回目は金管楽器の合いの手が入ります。 フレーズ最後の決めの部分はバンド全体でバシっと揃えたいところです。 そして、この曲の主役でもあるアルトサックスのソロ。 この曲全体を通しの個人的な想いとしては、アルトサックスパート、せめてソロ奏者だけでも、是非 マウスピース、リードについては「ジャズセッティング」で吹いて欲しいところ(笑) もちろん、クラシックの透き通ったアルトサックスの音も大好きなのですが、この曲のソロでの音色は、原曲なども参考にして研究してみると、お客さんにも「おっ?」と感じてもらえる演奏になるのではないでしょうか。 アルトサックスのソロが終わると、再びバンド全体で、曲のサビの演奏へ。 アルトサックスパートはアンサンブル意識も大事ですが、、一人一人が個性全開の音でソロ奏者のつもりで吹いてもらいたいところ(笑)また ホルンが裏で吠える部分はこだわって響かせたいですね。 その後は、アルトサックスソロのアドリブを経て、パーカッションのアンサンブルへ。 この曲を演奏会などで聴いていつも 「重要だな」と思うのが「パーカションパートのテンション」です(笑) パーカッションパート、特に小物系のみなさんがノリノリで楽しく演奏していると、こちらも本当に楽しい気分になります。 パーカッションの小物系の奏者は直立不動・真顔で演奏しないこと、この曲においてはとても重要だなと思います! パーカションアンサンブルが終わると、この曲の 金管楽器最大の見せ場、トランペット・トロンボーンパートによるソリです。 ここはもう間違いなくスタンドで吹いてもらいたいところ。 その後はバンド全体でのサビの演奏に戻り終曲へ。 まずは、ニューサウンズの音源。

次の

【動画あり】「新宝島(サカナクション)」ほか:ウィンズスコア吹奏楽・アンサンブル楽譜 新刊情報(2019/8/30発売分)

新 宝島 吹奏楽

INDEX• 宝島の原曲は、日本を代表するインストゥルメンタル・バンド 「T-SQUARE」が1986年に発表した作品です。 作曲者は、T-SQUAREでキーボードを担当していた 和泉 宏隆(いずみ ひろたか)。 宝島が吹奏楽で人気となった理由は? 宝島の吹奏楽アレンジは、1987年に発売された「 New Sounds in BRASS(ニュー・サウンズ・イン・ブラス)に収録され、以来人気となりました。 編曲者は、「三つのジャポニスム」など数々の吹奏楽作品の作編曲で知られる 真島俊夫。 当時のライナーノーツには、「サンバ・ホイッスルなど、打楽器群のソロにも工夫が必要で、それだけに沢山の奏者を加えると面白い。 大人のムード、技術も高度で大学・一般バンドなどに喜ばれるのでは。 」という記述があります。 パーカッション・アンサンブル、アルト・サックスのソロ、ホルンのグリッサンド、トランペット・トロンボーンのソリなど、色々な楽器の見せ場があり、演奏する側も聞く側も楽しめる編曲が人気の理由のひとつではないでしょうか。 吹奏楽譜 山下国俊編曲の大編成版、本澤なおゆき編曲の小編成版、佐藤博昭編曲のフレックス版、それぞれに違った雰囲気が楽しめます。 大編成.

次の