創価 学会 コロナ。 新型コロナウイルスが怖いなら創価学会に入会すればいいじゃありませ...

創価学会はコロナでどうなってしまうのか

創価 学会 コロナ

2020年4月7日、新型コロナウイルスの感染急増を受け、安倍首相は、政府対策本部で改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令した。 期間は5月6日まで。 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象となる。 これを受けて学会本部では、原田会長を本部長とする対策本部を設置。 対象地域の総東京(萩本総東京長)、東海道(畑東海道長)、関東(中井関東長)、関西(山内関西長)、九州(平井九州長)の5方面、神奈川(山崎総神奈川長)、埼玉(本橋総埼玉長)、千葉(高木総千葉長)、大阪(岡本総大阪長)、兵庫(広崎総兵庫長)、福岡(早田総福岡長)をはじめ、全国各方面・県と緊密に連携を取りながら、感染状況等の把握や、感染拡大防止を図るためのさまざまな措置を講じていく。 <原田会長の談話 感染防止を一層強く> 新型コロナウイルスの感染急増に対する「緊急事態宣言」発令を受け、創価学会として、学会本部に対策本部を設置しました。 これまで、会合の中止、会館の閉館、訪問による激励の自粛などを徹底してきましたが、感染の拡大防止を一層強く呼び掛け、一日も早い終息に協力してまいりたい。 感染によって亡くなられた方々と、そのご遺族に、衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、医療従事者をはじめ、ウイルス対策の最前線で立ち向かっておられる全ての皆さまに、心からの敬意を表します。 また、信心の希望の灯である聖教新聞の配達・集金に携わる「無冠の友」の皆さまに最大の感謝をささげます。 第2次世界大戦以来ともいわれる人類的危機に対して、ほかでもない私たち市民一人一人の自覚と行動が問われています。 池田大作先生が願われる通り、祈りを根本に、「何ものにも負けない世界市民の不屈のネットワーク」の力を強め、賢明に応戦してまいりたい。 そのためにもまず、「正しい情報」に基づき、責任ある「正しい行動」を取ることを銘記したい。 全世界の同志と異体同心の祈りを合わせ、利他の精神を発揮しながら、人類の難局に粘り強く立ち向かってまいりましょう。

次の

創価学会のコロナウィルス対応

創価 学会 コロナ

大川氏の講演会は継続されている(写真/共同通信社)• キリスト教徒は教会に、仏教徒は寺にと、宗教は「集う」ことでその信仰心を深めてきた。 数々のイベントが自粛になるなか、彼らは現在どう活動しているのだろうか。 新宗教を代表する2団体の取り組みは対照的だった。 雑誌『宗教問題』編集長の小川寛大氏がレポートする。 1984年に設立されたキリスト教系新興宗教団体「新天地イエス教会」。 信者同士が、体が触れるほど密着して床に座り、1時間半以上「アーメン」と叫ぶ礼拝をしていたことから、その教会の中で感染が広がったと見られている。 2月下旬時点での韓国の感染者のうち約半数が同教会関係者だったという報道もある。 そんな隣国の騒動があるなかで、日本の宗教団体は新型コロナウイルスにどう対処しているのか。 東京にみぞれが降った3月14日土曜日、新宿区信濃町は静寂に包まれていた。 信濃町と言えば、公称会員827万世帯を誇る創価学会の本部所在地。 広宣流布大誓堂や創価文化センターなど、数多くの教団関連施設が立ち並び、休日ともなれば全国、全世界から創価学会員が訪れ、ごった返す。 しかし、JR信濃町駅そばの商店主はこう語る。 「2月下旬ごろから本部での行事はすべて自粛だそうです。 この町を訪れる方々も激減しました」 立ち並ぶ創価学会関係の施設に出入りする人の姿は、ほとんど確認できなかった。 創価学会広報室に問い合わせると、 「2月17日に、本部の諸施設(創価学会総本部)の利用中止と諸行事の中止、全国各地域のすべての学会施設の利用中止、『座談会』を含めた個人宅で行なう小単位の会合も行なわないと決定しました」 とのこと。 2月20日には機関紙『聖教新聞』が、原田稔・会長ら幹部による紙上座談会を掲載。 手洗いや不要不急の外出を控えることの重要性を説いたうえで、「御書(日蓮の著作)を徹底して研さんするチャンスであり、小説『人間革命』『新・人間革命』(池田大作・名誉会長の著書)を読み深める好機であると捉え、取り組んでいきたいと思います」(志賀昭靖・青年部長)と決意を述べていた。 「僕は日頃から不まじめな2世会員ですから、大した影響はありません。 ただ、昔から熱心に信心してきた母親は、学会の活動がほぼ全部なくなってしまったことで、手持ち無沙汰になっています」 そう語るのは、東京在住の男性学会員だ。 「母は、空いた時間のほとんどを学会の活動に捧げていました。 地域で行なわれる座談会や御書の勉強会などで、休日のスケジュールはびっしり。 創立記念日などには信濃町本部の記念行事に参加し、選挙があれば公明党候補の事務所に詰めてずっと応援していました。 それがなくなり、生きがいを失ってしまったようになっている」(同前) 別の若手学会員はこう言う。 座談会などは中止になっていますが、地域の学会員たちが公園や喫茶店などで集まることもあるらしい」 「この自粛が長期化するとまずい」と危惧する学会員もいる。 静岡県在住の古参学会員は言う。 「4月26日に投開票の衆議院静岡4区補選では、公明党も推薦する自民党の深澤陽一氏(元静岡県議)と、野党統一候補・氏(元東京都議)の一騎打ちという構図になってきた。 公明党として絶対に落とせない選挙だが、創価学会が事実上活動停止しているこの状況下では、選挙準備にどうしても影響が出てしまう」 団体の今後を心配する声もある。 「若い会員たちの多くは単に『親が学会員だったから』という理由で入会した2世や3世で、活動に熱心な人はそれほど多くない。 池田名誉会長の指導を直接受けた熱心な世代の会員たちは、ほとんどが高齢者です。 教団のニュースサイト「ザ・リバティWeb」によれば、大川氏は2月22日に香川県で、3月14日に宮城県で、会員らを前に講演。 それぞれ約1300人、約1200人が詰めかけたという。 とくに2月22日の講演会で大川氏は、聴衆にマスク姿が多いことを見て、 「(マスクは)実際全然要りません。 (中略)コロナウイルスを死滅させることも可能です。 そういう法力を持っております。 だから全然気にしないで、治しに来たと思ったほうがむしろいいかもしれません」 などと語ったことが、「ザ・リバティWeb」で報じられている。 また、2月18日に発行された大川氏の霊言本『中国発・新型コロナウィルス感染 霊査』では、新型コロナを撃退する免疫として、「神への信仰」を挙げた。 教団本部広報局は次のように説明する。 (教団の)行事の開催は、支部や精舎(教団施設)での(大川氏の)法話映像の拝聴や祈願等が中心で、特に制限しておりませんが、アルコール消毒等の感染予防や衛生管理には充分配慮しています」 さらに、「信者の方々から(新型コロナに対する)不安の声は聞いておりません」という。 「大川氏の法話を聞けば、新型コロナに感染することはないのか」という質問に対しては、「『信仰すれば感染しない』と断定するものではなく、祈願や法話を通して、恐怖心を取り除き、信仰心を高めることで、免疫力が向上し、結果として感染の予防に繋がると考えます」との回答だった。 教団関係者は幸福の科学会員の日常をこう話す。 宗教には、疫病や飢饉などの際に聖職者が積極的に街頭に出て民衆を励ましてきた歴史もある。 各団体の社会への向き合い方が問われている。

次の

コロナウイルス不況がやってくる : 創価の森通信

創価 学会 コロナ

池田大作は、自分のことを日本の最高指導者だとか精神界の王などと名乗り、教団内で絶対的権力者として振る舞ってきました。 部下を信用せず、お金の管理や人事は一人でやってきたこともあり、教団の分裂もなく長いこと組織を維持できた反面、後継者は育ちませんでした。 池田を「永遠の指導者」と位置づけ、生き神様として信者に拝ませてきた弊害です。 池田が表に出なくなって10年が経ち、さすがの信者も不審に思いはじめています。 経営能力の劣る現在の会長では、組織の維持は難しいようで、ほころびが出てきました。 教団内では職員3名が本部前で抗議行動を起こしたり、会長が現地入りして推薦した議員が大敗北した去年の沖縄選挙は話題になりました。 信者の公明党への批判も強く、もはや組織の統制を取ることが難しくなっているのです。 また、創価の悪質性、危険性、詐欺的な面はネットの普及とともに露見し、日本人の宗教離れも相まって、信仰心の低下を抑えることができなくなりました。 脱会者が増えるばかりで入会者はゼロに近い状態。 こんな状態で池田の死亡発表をすれば、信者の大量脱会を招き、組織が分裂すること必至です。 創価学会はついに経営コンサルタントに経営方針を委ねた。 ジリ貧になった創価学会は2013年頃から現状脱却のためクーデターを計画、一昨年実行に移します。 創価学会が得意としている、信者や一般個人を悪者に仕立て上げて集団で攻撃するあのやり方で、一般市民の方をスケープゴートにして、大がかりな宣伝を始めます。 被害者を悪者に仕立て上げ、つきまとい、盗聴、誹謗中傷、個人情報の漏洩を繰り返し、部外者には嫌がらせやストーキングをするよう煽ります。 警察などにも犯罪を指示し、調書の改竄、捜査情報の漏洩、通報者への脅迫などを繰り返し、創価学会の暴走を制止できる機関の無くなった日本は犯罪国家へと一直線に向かいます。 創価学会の読みでは、被害者は圧力に屈し、反学会勢力はひれ伏し、馬鹿な日本人は創価の嘘(宣伝など)を信じ込み、「地ならし(印象操作のこと:創価学会が使う隠語)」が終わった段階で、池田の死亡を発表する予定でした。 創価学会幹部の話では、この計画の読みは外れ、公表をするタイミングを逸してしまったとのこと。 それどころか創価はテロ組織なのではないかと日本人は思い始めています。 次は、このテロ犯罪が社会問題になり、解散か分裂へ猛烈なスピードで向かうこと必至です。 法令遵守、透明化、国際化が叫ばれるな現代国家において、地下で公務員がこぞって犯罪をしたり、信者が組織的に悪評を流布し集団ストーキングする馬鹿なことが続けられるわけがありません。 創価学会は、墓穴を掘ったわけです。 池田は死後、テロリストの指導者として何世紀にも亘って語り継がれるでしょう。 一説では、手足が腐れ落ち、重度の脳障害を煩い、病室を這い回っているとも噂されています。

次の