あの夜をなぞって歌詞。 あの夢をなぞって

YOASOBI、第2弾楽曲「あの夢をなぞって」配信

あの夜をなぞって歌詞

YOASOBI名義の楽曲(2曲)• Ayase名義の楽曲(3曲) といった計5曲を紹介していきます。 「全然知らないよ~」っていう人も「YOASOBIの楽曲だけ知ってるよ~」という人も、ぜひぜひご覧いただけたらと思います。 マジで中毒性の高い楽曲が多いです。 Ayase作詞作曲のおすすめ曲5選 夜に駆ける まず紹介するのはデビュー曲『夜に駆ける』 敢えて紹介する必要はない大人気曲ですが「おすすめ曲」として紹介するには、紹介せずにはいられない楽曲。 はじめて夜に駆けるを聴いたときの衝撃は今でも忘れられません。 迫りくるような疾走感の中で、ボーカルのikuraさんが言葉一つ一つを丁寧に、なおかつリズミカルに歌っていくんですよね。 ラストサビ前の盛り上がりなんてまさに鳥肌モノでした。 ずとまよ、ヨルシカなど、ネット発アーティストを好むあなたにおすすめ。 「YOASOBI」です。 これからきっと大きくなります。 そんな悲劇的な言葉をYOASOBIが払拭した瞬間でした。 また「夜に駆ける」は、原作小説「タナトスの誘惑」を元に物語が作られています。 小説とリンクする歌詞の物語については下記の記事で詳しく説明しています。 あの夢をなぞって 続いて紹介するのはYOASOBIの二作目 『あの夢をなぞって』になります。 一言で言うと、 めっちゃくちゃ青春色の強い楽曲です。 同じ恋愛ソングでも「夜に駆ける」とは真反対の位置にいると思っています。 三作目の『ハルジオン』もすごく素敵な楽曲なのですが、ハルジオンはどちらかと言うと楽曲の持つ雰囲気が『夜に駆ける』と似ているので、性質の違う『あの夢をなぞって』をおすすめ曲として挙げさせて頂きました。 疾走感に溢れるというよりは、壮大さが心にジーンくるような楽曲です。 特にサビはすごい。 そして小説とリンクさせたときは、あまりの青春感に胸がヒリヒリしました。 大人の僕からしたら曲中人物たちが眩しすぎる、、、 ここからはAyaseさん名義でリリースしている楽曲を紹介していきます。 まず紹介していくのはYouTube上に公開したセルフカバーがファンの心を撃ち抜いた 『夜撫でるメノウ』。 綺麗すぎる失恋ソング。 これが初めて聴いたときの印象でした。 愛する人との別れを歌っている曲なのですが、締めはあくまでも 「元気でね」「ありがとね」といった前向きな言葉で括られます。 ねちっこく縋りつくのではなく、たくさんのことを我慢しての「元気でね」。 これが心に染みます。 爽やかな切なさで胸がいっぱいになります。 それとセルフカバーに関して言うと、Ayaseさんの声が心地良すぎます。 頭に浮かぶ曲中主人公の雰囲気と絶妙にマッチするのです。 切なくも美しい。 万人に聴いてほしいおすすめ曲です。 ラストリゾート 続いて紹介するのは衝撃作『ラストリゾート』。 何でもより良い音楽を作るためにAyaseさんが自分を殺す意味で作ったとかなんとか。 リゾートには誰もが連想する「行楽などのための土地」という意味以外に 「頼りにするもの」「手段」といった意味があります。 本楽曲におけるリゾートは紛れもなく後者。 ラストリゾート=最後の手段 なのです。 歌詞中では自殺を連想させる内容が綴られていきますが、個人的には 「新しく生まれ変わる」といったリセットのニュアンスが強い楽曲なのではないかなと思っています。 このあとに「夜に駆ける」などのヒット曲がリリースされたことを考えると、Ayaseさんの分岐点ともいえる非常に感慨深い楽曲だなと。 世界が絶望に思えたときは、今の世界にバイバイする気持ちでリセットして、明日から新しい自分を始めればいい。 本当に絶望している人に刺さるのは、「がんばれ」と叫ぶ応援歌よりも、こういった斜め方向からの介入なのだと思わされました。 フィクションブルー 最後に紹介するのは『フィクションブルー』。 これは普段ボカロを聴かない人にもおすすめしたい曲です。 歌唱から始まる楽曲なのですが、 調声の上下が激しくないので、楽曲の世界観にスッと入り込めると思います。 心地いい機械音とはこのこと。 歌い出しの音程とリズムにグッと惹き込まれ、イントロの音楽で心を奪われます。 1回目で「あ、これいい」と確信するはず。 楽曲の内容的には、一つ上で紹介した『ラストリゾート』と重なる部分があります。 余談ですが個人としてはフィクションブルーが「残された側の唄」という解釈が最も好き。 楽曲にハマった人は、歌詞を通してメッセージ性を深読みするのも面白いですよ。 (ボカロ曲の醍醐味) まとめ あっという間に5曲の紹介が終わっちゃいました….

次の

あの夢をなぞって

あの夜をなぞって歌詞

第1章である『夜に駆ける』は公開直後から注目を集め、 配信後わずか1ヶ月で100万回再生を上回り現在では400万回再生を上回る勢いです。 YOASOBIの第2章である「あの夢をなぞって」は前作の「夜に駆ける」を上回る勢いで再生数を伸ばしています。 今回はYOASOBI第2章『あの夢をなぞって』の歌詞の意味やミュージックビデオなどについてお伝えしていきたいと思います。 YOASOBI「あの夢をなぞって」ってどんな曲?? 『あの夢をなぞって』は2020年1月19日に配信リリースされたYOASOBIの第2章となる楽曲です。 ゆったりとしたイントロから疾走感溢れるナンバーです。 ボカロPでありYOASOBIの楽曲担当のAyaseさんの楽曲の中でも純粋でドラマチックな楽曲となっており、そこにikuraさんの優しくも力強い歌声が重なりとてもメロディーが心地よいです。 YOASOBIはソニーが運営する小説・イラスト投稿サイト「monogatary. com」から誕生した小説を音楽・映像で具現化する新生ユニットです。 YOASOBIの第2章となる楽曲「あの夢をなぞって」は、 いしき蒼太 著の「夢の雫と星の花」を元に楽曲が作成されています。 <夢の雫と星の花 あらすじ> 私は子どもの頃から予知夢を見ることができた。 双見家の女性は皆さまざまな形で未来を予知できるらしい。 でもこの未来予知には一つ欠点があった。 予知した通りの未来にならなければ、その能力を失ってしまうということ…ずっと好きだった幼馴染みに告白される予知夢を見た私。 でも意識するあまり、気持ちとは裏腹な行動を取ってしまう。 さらに夢を見たのは私だけじゃなくて…?青春の甘酸っぱさをギュッと詰め込んだ、少し不思議なひと夏の恋愛譚。 青春の甘酸っぱさが詰め込まれたいしき蒼太 著の「夢の雫と星の花」はmonogatary. comにて「ソニーミュージック賞」で大賞作品の一つに輝いた物語です。 無料ですのでぜひ読んでより楽曲の世界観に浸ってください!! YOASOBI「あの夢をなぞって」のMVのストーリーは?? 『あの夢をなぞって』のミュージックビデオを担当したのは、 クリエイター・頃之介古論(コロノスケコロン)さんです。 ボカロPの動画を作っている絵描きさんでグッズ販売とかもしているのMVをみて気になった方は見てみてはいかがでしょうか。 キャラクターの表情や花火などの繊細な情景も前作の『夜に駆ける』とはまた違いいい感じの世界観を演出していますね。 YOASOBI「あの夢をなぞって」の歌詞の意味はなに?? それではYOASOBI「あの夢をなぞって」の歌詞の意味を考えていきます。 いしき蒼太さんの小説「夢の雫と星の花」を原作に作られた楽曲なので歌詞の意味も小説に沿って綴られています。 無料で読めますのでぜひ読んでみてください!! 夜の空を飾る綺麗な花 街の声をぎゅっと光が包み込む 音の無い二人だけの世界で聞こえた言葉は 「好きだよ」 ゆったりとした曲調から始まる冒頭部分。 小説「夢の雫と星の花」には男女の主人公がいますが、 『あの夢をなぞって』の歌詞は女性の主人公・双見楓の視点となっています。 この部分は予知夢を見ることができる楓の見た夢の情景です。 普通であれば夢の世界で見たことはすぐに忘れてしまうのに、 花火大会で言われた「好きだよ」という言葉が楓の頭から離れません。 夢の中で見えた未来のこと 夏の夜、君と、並ぶ影が二つ 最後の花火が空に昇って消えたら それを合図に 予知夢で見た情景を何度も思い返して意識してしまっている楓。 花火大会の最後の花火が打ち上げられた時、 それを合図に告白される。 タイトルになっている「あの夢をなぞって」ということですね。 いつも通りの朝に いつも通りの君の姿 思わず目を逸らしてしまったのは どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから しかしまだその未来は現実になっていません。 いつも通りの朝、いつも通りの君の姿を見ると意識してしまっている自分がいる。 これから起こるであろう告白に対し、 もしも下手を打ってしまって違う未来がきてしまったらどうしようという気持ちからいつも通りに過ごすことができなくなっています。 甘酸っぱい青春の恋ですね〜。 夜を抜けて夢の先へ 辿り着きたい未来へ 本当に?あの夢に、本当に?って今も 不安になってしまうけどきっと 今を抜けて明日の先へ 二人だけの場所へ もうちょっと どうか変わらないで もうちょっと 君からの言葉 あの未来で待っているよ 彼のことを好きなのに、もし予知夢が現実になれば両思いになれるのに、、、 予知夢で見たことがまだ現実になっていないことから、 本当にその未来は待っているのか? 予知夢を見たことが信じられない気持ちと本当に未来が変わってしまうかもしれないという不安な気持ちがあります。 しかし告白されるという未来が待っていると期待している気持ちが伝わってきます。 早く現実になって欲しい!と花火大会が待ち遠しくて仕方ない様子ですね。 誰も知らない 二人だけの夜 待ち焦がれていた景色と重なる 夏の空に未来と今繋がる様に開く花火 君とここでほらあの夢をなぞる 見上げた空を飾る光が今照らした横顔 そうずっとこの景色のために そうきっとほら二つの未来が 今重なり合う ついに待ちに待った予知夢で見た告白される花火大会当日がやってきました。 この時が来るのをどれほど待っていたかという心情が「待ち焦がれていた景色」「ずっとこの景色のために」という歌詞から痛いほど伝わってきますね。 夢で見た景色と重なることから今のところはうまくいっているのでしょうが、 早く告白されないかと焦っている姿が「きっとほら」という歌詞から浮かんでくるようです。 なんとも胸を締め付けるような淡い恋をしている少女の様子を想像するとはにかんでしまいますねw 夜の中で君と二人 辿り着いた未来で 大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる あの日見た夢の先へ 今を抜けて明日の先で また出会えた君へ もうちょっと どうか終わらないで もうちょっと ほら最後の花火が今 二人を包む 音の無い世界に響いた 「好きだよ」 ついに思い描いた未来がやってきましたね!! 花火が終わって告白されなかったらどうしよう、、、という思いから花火大会が終わってほしくないという気持ちがあります。 ついに最後の花火が打ち上がった時、 静寂の中で聞こえたのは夢の中と同じ彼からの「好きだよ」という言葉でした。 ものすごくハッピーエンドで「あの夢をなぞって」は幕を閉じます。 いや〜トキメキますね!! 予知夢という現実味がないところはありますが、こういう青春があったらな〜と思ってしまいました!! 「大丈夫きっと想いは伝わる」という歌詞からは少し腑に落ちない部分があるかもしれませんが、 歌詞の中では小説の詳細な部分は描かれていません。 少し言葉足らずなところはありますが、小説を見ると納得すると思いますし、 より「あの夜をなぞって」の世界観にハマると思いますよ〜!! YOASOBI「あの夢をなぞって」歌詞の意味は??第2章は青春ソング!?小説「夢の雫と星の花」が原作 まとめ いかがだったでしょうか。 YOASOBIの「あの夢をなぞって」の歌詞の意味や原作になった小説「夢の雫と星の花」について、 MVについてお伝えしていきました。 甘酸っぱい青春を感じさせてくれるような世界観。 小説と歌詞、MVなどそれぞれを見るとより楽曲の世界にハマってしまいます。 よくドラマの主題歌が内容と重なって相乗効果となり、 物語の世界に感情移入してよりよく聞こえるのがYOASOBIの楽曲なんですね!! 音楽で小説を感じるという新しいジャンルのYOASOBIのこれからの楽曲が楽しみで仕方ありません!!.

次の

【YOASOBI/あの夢をなぞって】歌詞の意味を解釈!「夢の雫と星の花」に沿った歌詞を解説。

あの夜をなぞって歌詞

ではさっそく楽曲考察に移っていきます。 楽曲名「あの夢をなぞって」とは 「あの夢をなぞって」というタイトルを理解するためには、原作である 「夢の雫と星の花」の内容に触れておく必要があります。 この物語は 「予知夢を見ることができる」という特殊能力を持った2人の主人公を軸に話が展開されていきます。 そしてお互いが見た夢は 16歳の花火大会の日に相手から告白されるといったもの。 しかも2人はお互いに惹かれ合っている。 ただ夢を見た二人が感じたのは「夢を見たから結ばれる安心」ではなく 「夢を見たことによって相手を意識して未来が変わってしまうかも知れない不安」でした。 良くも悪くも自分の行動次第で未来は変わるのです。 彼 彼女 と結ばれる夢通りになりたい。 そんな想いが 「あの夢をなぞって」というタイトルには込められています。 スポンサーリンク 歌詞 夜の空を飾る綺麗な花 街の声をぎゅっと光が包み込む 音の無い二人だけの世界で聞こえた言葉は 「好きだよ」 夢の中で見えた未来のこと 夏の夜、君と、並ぶ影が二つ 最後の花火が空に昇って消えたら それを合図に いつも通りの朝に いつも通りの君の姿 思わず目を逸らしてしまったのは どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから 夜を抜けて夢の先へ 辿り着きたい未来へ 本当に?あの夢に、本当に?って今も 不安になってしまうけどきっと 今を抜けて明日の先へ 二人だけの場所へ もうちょっと どうか変わらないで もうちょっと 君からの言葉 あの未来で待っているよ 誰も知らない 二人だけの夜 待ち焦がれていた景色と重なる 夏の空に未来と今繋がる様に開く花火 君とここでほらあの夢をなぞる 見上げた空を飾る光が今照らした横顔 そうずっとこの景色のために そうきっとほら二つの未来が 今重なり合う 夜の中で君と二人 辿り着いた未来で 大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる あの日見た夢の先へ 今を抜けて明日の先で また出会えた君へ もうちょっと どうか終わらないで もうちょっと ほら最後の花火が今 二人を包む 音の無い世界に響いた 「好きだよ」 作詞作曲:Ayase スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 始めに 楽曲の基本情報の欄でも述べたように、本楽曲は原作小説 「夢の雫と星の花」を元に作られた楽曲。 そのため小説の物語に沿って歌詞が綴られていき、なおかつ 物語の再現度も高いです。 つまり必然的に本記事の内容も、歌詞を見ながらの「考察」というよりは、歌詞と物語を照らし合わせた感想混じりの「解説」といった内容になります。 あしからずご了承ください。 1番 夜の空を飾る綺麗な花 街の声をぎゅっと光が包み込む 音の無い二人だけの世界で聞こえた言葉は 「好きだよ」 「夢の雫と星の花」には二人の主人公がいるのですが、歌詞は女性の主人公 双見楓 視点で描かれています。 まず歌い出し部分である上記の歌詞には 主人公が見た夢の情景 が綴られています。 夢の世界だから音はないはずなのに、君が耳元で囁いた「好きだよ」という言葉が目が覚めた後も耳に残っているのです。 ここから甘酸っぱさとリアルな焦燥感が混じったストーリーが展開されています。 夢の中で見えた未来のこと 夏の夜、君と、並ぶ影が二つ 最後の花火が空に昇って消えたら それを合図に いつも通りの朝に いつも通りの君の姿 思わず目を逸らしてしまったのは どうやったって忘れられない君の言葉 今もずっと響いてるから 前半部分は夢の内容。 夢が冷めた後も主人公は、確認するように今朝見た夢を何度も回想しています。 この時点で「あの夢をなぞって」という意志は彼女の心に灯されています。 意識するあまり、そっけなくしてしまうのが後半。 夢を見たことで、過剰に意識してしまって彼に近づくことができなくなってしまっているのです。 恥ずかしいという思いと、下手な行動をうって未来を変えてしまうのが恐いという思いが入り混じっているのでしょう。 スポンサーリンク 2番~サビ2 誰も知らない 二人だけの夜 待ち焦がれていた景色と重なる 夏の空に未来と今繋がる様に開く花火 君とここでほらあの夢をなぞる 見上げた空を飾る光が今照らした横顔 そうずっとこの景色のために そうきっとほら二つの未来が 今重なり合う ついに待ち望んだ花火大会の夜がやってくる。 文字通り夢にまでみた未来の景色。 ようやく君と 「あの夢をなぞる」ことができる。 待ち焦がれていた景色と重なる• そうずっとこの景色のために と歌詞にはこの瞬間を待ち望んでいた主人公の感情がおもむろに描かれています。 しかし夢の日が来たとはいえ、自分の行動次第で未来は変わってしまうものだから、もしかしたら彼は自分に告白をしてくれないかも知れない。 「そうきっとほら」と描かれる歌詞が、主人公の焦燥感をリアルに演出しています。 ラストサビ 夜の中で君と二人 辿り着いた未来で 大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる あの日見た夢の先へ 今を抜けて明日の先で また出会えた君へ もうちょっと どうか終わらないで もうちょっと ほら最後の花火が今 二人を包む 音の無い世界に響いた 「好きだよ」 打ちあがる最後の花火。 歌詞中で「好きだよ」とあるように、最後の花火が打ちあがったタイミングで二人は結ばれるのですが、ラストの展開は胸が熱くなりました。 大丈夫想いはきっと大丈夫伝わる という歌詞など、これまでの主人公目線で考えると「ん?」となるかも知れませんが、小説を見た方は「ああなるほどね」と感じるのではないでしょうか。 解説したいところですが、小説を読んでいない方へのネタバレになっちゃいますので、この部分は自粛させて頂きます。 原作小説のリンクを貼ってきますので、時間がある方は是非お読み下さい。

次の