東京チューブ。 省エネ型リジェネバーナ(ラジアントチューブ型)

東京新資材株式会社

東京チューブ

東京新資材株式会社 ・ 40年の実績による信頼と経験と技術。 ・ 「お客様第一」「お客様目線」の精神のもと、御要望には親身になってご対応致します。 ・ 豊富な知識を持った社員が対応し使用法などのアドバイス、消耗品のサプライ、万一の場合への対処など、きめ細かなアフターフォローを実施。 メーカーのバックアップ体制も充実しています。 ・ 貴社の二一ズに対し独自の情報網、幅広い仕入先とパワフルな調達カを活かし最適な素材・資材を厳選ご提供致します。 ・ 工場や現場の間接資材購買をあなたに代わって広範囲にサポート致します。 お取引様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の上ご協力を賜りますようにお願い申し上げます。 変更後営業時間 9:00〜16:30 (当日出荷のご注文は14;30までにお願いします。 ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。 8月18日(火)より通常通り営業致します。 オリジナル品、小ロット1個からの試作品でも承ります。 継手・バルブ等豊富な経験がございます。 溶出物がないので純水にも安心して使えます。 PP製継手「Zユニオンシリーズ」との相性は抜群です。 , Ltd.

次の

東京新資材株式会社

東京チューブ

・バーナ圧損が3kPa以下です。 ・給気ファン及び給気配管系が不要で、バーナ周りの配管がシンプルとなります。 ・チューブ内が負圧のため、チューブ破損時の炉内への排気や空気の流出を最小限に押さえることができます。 ON-OFF時間比例制御を採用します。 ・ターンダウンレシオを広くとれます。 ラジアントチューブ温度分布 チューブライフ を改善します。 強制冷却が可能です。 ・耐熱性が高い三方弁 トランスファーバルブ との組み合わせにより、切替えなし 片側冷却 で強制冷却運転ができます。 0(612) パイロット空気圧力 kPa(mmH 2O) 8. 0(816) バーナ概略重量 kg 130 注記• ・バーナ前ガス圧力は自己排ガス循環なしの都市ガス13Aの数値です。 ・パイロットバーナは常時燃焼します。 ・自己排ガス循環採用のバーナ前ガス圧力は燃料の種類、要求されるNOx値により変わります。 ・本圧力仕様は燃焼空気供給をプル方式とします。 プッシュ方式を採用される場合はご相談願います。 外形寸法.

次の

シリコーンチューブ

東京チューブ

東京大学は14日、同大学院理学系研究科の磯部寛之教授の研究グループが、窒素原子の量と位置を完全に制御した窒素ドープ型ナノチューブの化学合成に世界で初めて成功したと発表した。 カーボンナノチューブやグラフェンなどのナノカーボンは、その発見以来、新材料としての期待が高い。 炭素以外の異種元素をドープ(埋め込み)すると、物性が大きく変えられる。 なかでも、窒素ドープ型ナノカーボンは半導体利用などの応用研究において注目されており、年間200報に迫る論文が発表されている。 しかしこれまで、物理的方法で製造されていることから構造中の窒素原子の位置や数を制御することが不可能であり、新材料開発を阻むボトルネックとなってきた。 同グループは今回、窒素原子が周期的に埋め込まれた窒素ドープ型ナノチューブの化学合成に成功。 昨年独自に開発したベンゼンのカップリング反応を活用したナノチューブ分子化学合成法に対し、新たにピリジン(アミンの一種)を用いることにより、窒素原子を組成・位置・構造などを完全に制御した上で埋め込むことが可能となった。 ナノチューブ分子の304個の構成主原子のうち、8個を窒素原子とし、窒素原子の含有率を精確に2. 6%とすることができた。 これまで材料科学分野で検討されてきた窒素ドープ型ナノカーボンの窒素含有率は2~5%の幅であるが、今回の窒素含有率はその幅内に収まっていることから、これまで検討されてきた窒素ドープ型ナノカーボンの電子的性質・化学的性質を正確に探るために適した組成である。 また最先端X線構造解析法により、窒素上の孤立電子対(ローン・ペア)の存在を明確にした。 さらに理論計算の結果、窒素にはナノチューブに電子を注入させやすくする効果があることが分かった。 窒素ドープ型ナノチューブはp型半導体にもn型半導体にもなることが報告されていたが、今回、窒素が電子を受け取り易くすることで、n型半導体になりやすくさせることが明らかとなった。 これらの新知見は、今後、窒素ドープ型ナノカーボン材料の開発を加速させることが期待される。 新着ニュース一覧•

次の