新型 コロナ ウイルス 感染 症 に 対応 した 学校 再開 ガイドライン。 新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン:文部科学省

新型コロナウイルス感染症の情報サイト | 教育庁学校教育局健康・体育課

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に 対応 した 学校 再開 ガイドライン

文部科学省は2020年3月24日、「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」を公表した。 児童生徒が感染または濃厚接触者に特定された場合は、出席停止の措置を取る。 入学式や始業式などでは、換気など集団感染対策を講じる。 「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」は、新学期を迎える学校の再開に向けて、具体的な留意点を整理したもの。 文部科学省は3月24日、全国の教育委員会などに小学校、中学校、高校、特別支援学校などの教育活動の再開について通知。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が3月19日に出した「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を踏まえ、各地域の感染状況を十分踏まえながら、新学期以降も十分な警戒を行い、感染症対策に万全を期すよう呼び掛けている。 ガイドラインでは、集団(クラスター)発生のリスクが高い条件として、 「密閉空間であり換気が悪い」「手の届く距離に多くの人がいる」「近距離での会話や発声がある」をあげ、この3つの条件が同時に重なる場を徹底的に避ける重要性を指摘。 「換気の徹底」「マスク装着」などの対応を求めている。 児童生徒の感染が判明した場合、または児童生徒が感染者の濃厚接触者に特定された場合は、各学校が当該児童生徒に対し、学校保健安全法第19条に基づく出席停止の措置を取る。 濃厚接触者に特定された場合、出席停止期間の基準は 感染者と最後に濃厚接触した日から起算して2週間とする。 このほか、感染者や濃厚接触者、その家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者と家族に対する偏見や差別につながるような行為は「断じて許されない」とし、適切な知識をもとに発達段階に応じた指導を行うなどして、偏見や差別が生じないよう求めた。 一斉臨時休校に伴う学習の遅れについては、「可能な限り、令和2年度(2020年度)の教育課程内での補充のための授業や教育課程に位置付けない補習を実施する」「家庭学習を適切に課す」といった必要な措置を講じるなど配慮。 長期休業期間を短縮したり土曜日に授業を行ったりすることは可能としたが、児童生徒や教職員の負担が過重とならないよう配慮を求めた。 入学式や始業式の実施については、3つの条件が重ならないよう感染拡大防止の対策を講じる。 修学旅行は教育的意義や児童生徒の心情などにも配慮し、当面の措置として取りやめる場合でも中止ではなく延期扱いとすることを検討するよう求めた。 部活動は地域の感染状況なども踏まえ、3つの条件が重ならないよう実施内容や方法を工夫。 学校給食は、 食事前の手洗いを徹底し、飛沫を飛ばさないよう「机を向かい合わせにしない」「会話を控える」などの対応が考えられるとした。 放課後児童クラブや放課後デイサービスなどで密集性を防ぐための学校施設の活用推進、新型コロナウイルス感染症の影響による経済困難家庭に対する入学料などの免除・減額・猶予、就学援助などにも触れている。 学校再開ガイドラインではこのほか、対応状況を各学校で確認するための10項目の「チェックリスト」も掲載している。 《奥山直美》.

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に 対応 した 学校 再開 ガイドライン

文部科学省は2020年3月24日、「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」を公表した。 児童生徒が感染または濃厚接触者に特定された場合は、出席停止の措置を取る。 入学式や始業式などでは、換気など集団感染対策を講じる。 「新型コロナウイルス感染症に対応した学校再開ガイドライン」は、新学期を迎える学校の再開に向けて、具体的な留意点を整理したもの。 文部科学省は3月24日、全国の教育委員会などに小学校、中学校、高校、特別支援学校などの教育活動の再開について通知。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が3月19日に出した「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」を踏まえ、各地域の感染状況を十分踏まえながら、新学期以降も十分な警戒を行い、感染症対策に万全を期すよう呼び掛けている。 ガイドラインでは、集団(クラスター)発生のリスクが高い条件として、 「密閉空間であり換気が悪い」「手の届く距離に多くの人がいる」「近距離での会話や発声がある」をあげ、この3つの条件が同時に重なる場を徹底的に避ける重要性を指摘。 「換気の徹底」「マスク装着」などの対応を求めている。 児童生徒の感染が判明した場合、または児童生徒が感染者の濃厚接触者に特定された場合は、各学校が当該児童生徒に対し、学校保健安全法第19条に基づく出席停止の措置を取る。 濃厚接触者に特定された場合、出席停止期間の基準は 感染者と最後に濃厚接触した日から起算して2週間とする。 このほか、感染者や濃厚接触者、その家族、新型コロナウイルス感染症の対策や治療にあたる医療従事者と家族に対する偏見や差別につながるような行為は「断じて許されない」とし、適切な知識をもとに発達段階に応じた指導を行うなどして、偏見や差別が生じないよう求めた。 一斉臨時休校に伴う学習の遅れについては、「可能な限り、令和2年度(2020年度)の教育課程内での補充のための授業や教育課程に位置付けない補習を実施する」「家庭学習を適切に課す」といった必要な措置を講じるなど配慮。 長期休業期間を短縮したり土曜日に授業を行ったりすることは可能としたが、児童生徒や教職員の負担が過重とならないよう配慮を求めた。 入学式や始業式の実施については、3つの条件が重ならないよう感染拡大防止の対策を講じる。 修学旅行は教育的意義や児童生徒の心情などにも配慮し、当面の措置として取りやめる場合でも中止ではなく延期扱いとすることを検討するよう求めた。 部活動は地域の感染状況なども踏まえ、3つの条件が重ならないよう実施内容や方法を工夫。 学校給食は、 食事前の手洗いを徹底し、飛沫を飛ばさないよう「机を向かい合わせにしない」「会話を控える」などの対応が考えられるとした。 放課後児童クラブや放課後デイサービスなどで密集性を防ぐための学校施設の活用推進、新型コロナウイルス感染症の影響による経済困難家庭に対する入学料などの免除・減額・猶予、就学援助などにも触れている。 学校再開ガイドラインではこのほか、対応状況を各学校で確認するための10項目の「チェックリスト」も掲載している。 《奥山直美》.

次の

新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドライン:文部科学省

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に 対応 した 学校 再開 ガイドライン

更新日:2020年6月23日 今後の対応について 市内小・中学校の今後の対応につきまして、最新の情報等を一覧表へまとめております。 (注記)「中学校部活動再開に向けて(令和2年6月11日)」までの情報を掲載 〇 熱中症事故防止におけるマスクの着用について(令和2年6月23日) 市内小・中学校の熱中症事故防止におけるマスクの着用については以下の通りです。 1 マスクの着用について マスクは飛沫の拡散予防に有効で、「新しい生活様式」においても、基本的な感染対策として着用を推奨しているところですが、着用時には心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇する等、身体に負担がかかることも想定されます。 特に、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなる恐れがあるため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合にはマスクを外し、活動することとしています。 なお、体育等の運動をする際には、原則マスクを着用しないこととしています。 また、 登下校時などにおいて、高温や多湿が避けられない状況においては、 十分な距離を確保した上でマスクを外してもよいこととしています。 2 健康観察の徹底について 毎日の健康観察表における検温等による児童・生徒の健康観察を徹底するとともに、少しでも体調に異変を感じたら、速やかにエアコンを使用した涼しい場所に移動させ、マスクを外して休ませたりするなど、熱中症を未然に防ぐ対策を講じるようにしています。 中学校部活動の再開に向けて(令和2年6月11日) 中学校の運動・文化部活動を再開に向けて方針を定めましたので、お知らせします。 再開に当たりましては、「東村山市立小・中学校版感染症予防ガイドライン(新型コロナウイルス感染症)」に則り実施してまいります。 なお、今後、東京都における感染状況の変化によっては、方針を変更する場合があります。 1 活動再開日について ・令和2年6月22日(月曜) 2 中学校運動・文化部活動の感染症対策に関する基本的な考え方について ・生徒の健康・安全の確保のため、教員や部活動指導員が、生徒の体力、健康状況や地域の感染状況等を考慮し、実施内容や方法を工夫します。 ・当分の間、基本的な技能を身に付ける活動や体力トレーニングとし、身体接触を伴う活動、向かい合って発声する活動など飛沫感染のおそれのある活動は極力避けることとします。 ・使用する用具等は、使用前に除菌を行うとともに、生徒間で不必要に使い回しをしません。 ・更衣室等を使用する際は、定期的に換気するとともに短時間の利用とし、生徒が密集した状態とならないよう工夫します。 3 部活動再開のスケジュールについて 【スケジュール】 日 程 内 容 <部活動再開準備期間> 6月22日(月曜)から6月30日(火曜)まで ・ 部活動再開準備期間(新1年生に対する仮入部期間含む)とします。 ・感染防止に努めながら、平日のみ1時間程度の活動を行います。 ・水分補給や休憩時間の確保等、熱中症に対する対策を講じた上で実施します。 <段階的な活動期間> 7月1日(水曜)から7月31日(金曜)まで ・国や都の感染状況を注視するとともに、熱中症への対策や、生徒の体力の定着状況を踏まえ、通常の活動ができるよう 段階的に実施します。 ・生徒の健康状態や感染の状況を踏まえ、各教科等の指導の際の留意点と同様、感染症対策を行ってもなお、飛沫感染の可能性が高い活動は行いません。 ・対外試合等、多数の児童・生徒が集まる場への参加は自粛することとします。 ・定期演奏会、展覧会等、多数の参加者が見込まれる活動は、延期又は中止します。 <通常の活動> 8月以降 ・各学校の活動方針に則り、 通常の活動を行います。 ・練習試合や合同練習は極力避けます。 4 第3学年生徒への配慮について これまで部活動に取り組んできた最終学年の生徒にとっては、活動の集大成の場が失われる状況となっていることを踏まえ、生徒の意向や心情を考慮し、中止となった各種大会や発表会に代わり、8月以降3年生が参加できる機会について、市内学校間で協議して実現に向けた配慮をいたします。 (例) 〇競技によっては「令和2年度 第41回東村山市中学校 スポーツ大会」を中学校第3学年が参加できる大会とするなどの配慮を講じます。 〇十分な感染防止策を講じる(応援や観客の制限等)とともに、競技の特性や発表の内容等を踏まえ、実施内容や方法を工夫して市内大会や合同発表会を行います。 (注記)各部活動の再開に係る詳細については、来週中に各学校よりお知らせいたします。 学校再開後の新型コロナウイルス感染症対策について(令和2年6月4日) 学校再開にあたりまして、本市教育委員会及び学校では以下のとおり対応いたします。 1 学校再開後の体制 【学校再開後の体制】 期 間 内 容 〇6月1日(月曜)から6月5日(金曜) 〇 分散登校の実施(2単位時間程度) 【具体的な安全対策】 ・1学級を2分の1以下の人数に分けて指導 ・教室の換気と座席配置(1mから2m離す) ・教室等の消毒作業 ・検温の確認(登校前に健康観察表に記入) ・マスクの着用 〇6月8日(月曜)から 〇小学校: 通常の授業形態の実施 【具体的な安全対策】 ・教室等の消毒作業 ・検温の確認(登校前に健康観察表に記入) ・マスクの着用 〇6月10日(水曜)から 〇中学校: 通常の授業形態の実施 【具体的な安全対策】 ・教室等の消毒作業 ・検温の確認(登校前に健康観察表に記入) ・マスクの着用 2 給食及びスクールランチについて 【衛生管理】 項目 内容 〇マスク 〇 1人当たり50枚を6月第1週までに配布 ・全児童・生徒 10,685人分(55万枚)を準備 〇非接触型体温計 〇各学校5本配布(8月に納入予定) 〇フェイスシールド 〇全教職員を対象に約1,000枚を配布(6月中に配布) 4 学校環境について ・教室では座席を離したり、整列の間隔を空けたりする等、 3密(密閉・密集・密接)を防ぐ取組を行います。 ・基本的に常時2方向の窓や扉を開け、空調や扇風機等を用いながら換気を行います。 ・手すり等、多くの児童・生徒が触る部分は 1日1回以上除菌をします。 ・トイレや手洗い場等、共同で使用する場所には等間隔でマスキングテープを貼付したり、3密を避けるための表示をしたり、校内で守るべきことについて 「見える化」を推進します。 「見える化」:(例1)トイレ前 「見える化」:(例2)手洗い場前 5 児童・生徒の健康観察について ・登校時に「 健康観察表」等により、体温や健康状態を確認します。 必ず 家庭での毎朝の検温を行ってください。 ・登校後に発熱や風邪の症状が出た場合は早退となります。 6 児童・生徒の安全に配慮した指導の工夫について ・外から教室に入る時やトイレの後、給食の前後等、 こまめに石鹸でよく手を洗うよう指導します。 ・ 咳エチケットに心がけるよう指導し、体育等の活動以外ではマスクの着用を指導します。 ・体育等における身体接触を伴う活動は実施せず、児童・生徒の体力や健康状況を考慮し、基本的な技能や体力トレーニングを行います。 ・体育等で運動を行う場合は、基本的には マスクの着用はせず、友達との距離を2メートル以上空け、飛沫のかからない距離を確保するとともに、不必要な会話や発声を行わないよう指導します。 ・音楽においては、歌唱の活動や管楽器(リコーダー等)を用いる活動は、飛沫がかからないよう十分に間隔を取るなど工夫して実施します。 ・家庭においては、調理実習は当面の間(1学期)は、実施しません。 ・ 感染者等への偏見や差別が生じないように、また、 医療従事者等への感謝の念を抱くように指導を続けます。 7 部活動について ・部活動は、学校再開後、通常の教育活動を実施した上で、生徒の適応状況を踏まえ、 段階的に活動を工夫しつつ再開を教育委員会が判断します。 ・部活動再開後は、活動場所の換気や器具等の消毒を行い、密集する活動を避け、身体接触の少ない活動を実施します。 ・当面の間(1学期)は、原則として、 対外試合等、多数の児童・生徒が集まる場への参加はしません。 ・当面の間(1学期)は、 定期演奏会、展覧会等、多数の参加者が見込まれる活動は、延期又は中止します。 ・更衣室や部室を使用する際は、定期的に換気するとともに短時間の利用とし、生徒が密集した状態とならないよう工夫します。 8 感染が心配な場合の出席の取扱い等について ・本人が感染者・濃厚接触者・発熱等の症状がある場や感染が心配で登校しなかった場合等は 欠席扱いとせず、出席停止扱いとなります。 ・体調が悪い時は、 無理せず、休養をさせるようにしてください。 9 授業日の確保について 〇長期休業日及び土曜日を活用して、新たに授業日を設定します。 (1) 長期休業日について 【土曜日における授業日】 期間 内容 〇6月又は7月から3月まで(8月を除く) 〇月2回の振替のない授業日を設定 10 教育委員会から児童・生徒の皆さんへ 教育委員会から児童・生徒の皆さんに、学校再開に当たりメッセージを送りました。 下記をクリックしていただき、ぜひお読みください。 〇 〇 〇 〇 (注記)各学校のホームページはより確認できます。 過去の経過情報について 新型コロナウイルス感染症に関する市内小・中学校の対応に係る 過去の経過情報につきまして、 下記のリンクよりご確認いただけます。 関連情報 PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。 お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

次の