お 教え いただき たく 存じ ます。 お教え願えますでしょうかを使う際のビジネスマナーは?敬語/丁寧

お教え願えますでしょうかを使う際のビジネスマナーは?敬語/丁寧

お 教え いただき たく 存じ ます

「教えていただきたく存じます」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「教えていただきたく存じます」は目上に失礼とまでは言わないものの、ビジネス会話や親しい取引先・上司につかえる程度の丁寧レベル。 とくにビジネス文書・メールや初対面の相手など、気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えするべきです。 また「教えていただきたく存じます」をビジネスメールで使うのはあまり一般的ではなく… 敬語「ご教示=教えること」を丁寧にしたフレーズを使います。 たとえば… 「ご教示いただきたく存じます」 「ご教示くださいますようお願い申し上げます」 「ご教示いただければ幸いです」 などいろいろ。 そもそもの意味や理由など細かな解説は本文中にて。 それでは、 「教えていただきたく存じます」の意味、敬語の種類、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 この記事の目次• 「教えていただきたく存じます」の意味と敬語の解説 「教えていただきたく存じます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ~いただきたく存じます の意味は「~してもらいたいと思います」 「〜いただきたく存じます」の意味は「〜してもらいたいと思います」 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「 いただく(頂く)」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思います」と解釈できます。 ちなみに「〜いただきたく存じます」と平仮名にしてもOKですし、「〜頂きたく存じます」と漢字を用いてもOK。 教えていただきたく存じます の意味は「教えてもらいたいと思います」• 「教えてもらう」の謙譲語 「教えていただく」• さらに願望の「~したい」で 「教えていただきたい」• さらに「思う」の謙譲語「存じる」で 「教えていただきたく存じる」• さらに丁寧語「ます」で 「教えていただきたく存じます」 これらすべての敬語を合わせると「教えていただきたく存じます」の意味は… 「教えてもらいたいと思います」 「教えてほしいと思います」 「教えてください」 というように解釈できます。 使い方は文字どおり上司や目上・取引先になにかしら教えてほしいときのビジネスシーンで使われます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 目上に敬語「教えていただきたく存じます」でもOKだけど… ここまでの解説で「教えていただきたく存じます」が正しい敬語であることがわかりました。 したがって上司や目上・ビジネスメールにおいて使ってもまぁ問題はありません。 が、ビジネスメールではあまり一般的ではありません。 なぜなら、もっと素晴らしい「ご教示=教えること」という敬語フレーズがあるからです。 あなたから「教えてほしい」とお願いするのですから丁寧な敬語フレーズを使いたいものです。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「教えていただきたく存じます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 相手に「教えてほしい」つまり何かしらのお願い・依頼ビジネスメールに使うフレーズですので、より丁寧な文章を心がけたいものです。 こんな時に「教えていただきたく存じます」って失礼?実際に例文で考えてみる こうして文章で理由を解説してもわかりにくいため「教えていただきたく存じます」がふさわしいかそうでないか、実際のビジネスシーンで見ておきましょう。 なお、本メールは出席される方へ送付しております。 予定が変わりご欠席される場合には事前に小職まで 教えていただきたく存じます。 よろしくお願いいたします。 記 (中略) 以上 営業部 ノマド さて… いかがでしょうか? こんなときに使う「教えていただきたく存じます」は相当に微妙であることがわかります。 そもそも「教えて欲しい」を使うのがイマイチですね。 以下のように言い換えするとよいでしょう。 (株)転職・ノマドでございます。 いろいろな業界・業種の方々でざっくばらんにお話できる場といたしたく、ぜひご参加いただければと存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 記 (中略) 以上 さて… いかがでしょうか? 社内メールであれば「教えていただきたく存じます」でもまぁOKですが…そもそも「教えて欲しい」を使うのがイマイチですね。 以下のように言い換えすると、より丁寧なビジネスメールになります。 ご教示いただければと存じます 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきたく存じます」の言い換え敬語• 例文「ご教示いただければと存じます」 意味は『教えてもらえたらと思います』 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「れば」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 「~いただければと存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡(を)いただければと存じます』• 例文『ご確認(を)いただければと存じます』• 例文『ご教示(を)いただければと存じます』• 例文『ご了承(を)いただければと存じます』• 例文『ご容赦(を)いただければと存じます』• でもビジネス敬語としては「ご教示いただく」という使い方をするのが一般的です。 以降はすべて省略します。 ご教示いただきたく存じます 意味は『教えてもらいたいと思います』 「いただきたく」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+願望の「~たい」 「存じます」は「思う」の謙譲語「存じる」+丁寧語「ます」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただきたく存じます」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただきたく存じます』• 例文『ご確認いただきたく存じます』• 例文『ご教示いただきたく存じます』• 例文『ご了承いただきたく存じます』• 例文『ご検討いただきたく存じます』• 例文『お力添えいただきたく存じます』 ご教示いただければ幸いです 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきたく存じます」の言い換え敬語• 例文「ご教示いただければ幸いです」 意味は『教えてもらえたら嬉しいです、幸せです』 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 例文『ご連絡いただければ幸いです』• 例文『ご確認いただければ幸いです』• 例文『ご検討いただければ幸いです』• 例文『ご了承いただければ幸いです』• 例文『ご容赦いただければ幸いです』• 例文『お力添えいただければ幸いです』 ご教示くださいますようお願い申し上げます 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきたく存じます」の言い換え敬語• 例文「ご教示くださいますようお願い申し上げます」• 例文「ご教示くださいますようお願い致します」 意味は「教えてくれるようお願いします」 「教えていただきたく存じますますよう」の「くださいますよう」の敬語はややこしいため、くわしく解説しておきます。 「くれる」の尊敬語「くださる」の命令形• 丁寧語「ます」• ように 上記のようにして敬語にしています。 「ください」単体としての意味は「〜してくれ」「〜して欲しい」の丁寧な言いまわしと考えることができます。 が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 たとえば、• ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• 教えていただきたく存じますますようお願い申し上げます 意味「教えてくれるようお願い!」• ご一考くださいますようお願い申し上げます 意味「一度考えてくれるようお願い!」• ご検討くださいますようお願い申し上げます 意味「検討してくれるようお願い!」• ご容赦くださいますようお願い申し上げます 意味「許してくれるようお願い!」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 ご教示いただきますよう・賜りますよう〜 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきたく存じます」の言い換え敬語• 例文「ご教示いただきますようお願い申し上げます」• 例文「ご教示賜りますようお願い申し上げます」 意味は「教えてもらうようお願いします」 「いただきますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+丁寧語「ますよう」 「賜りますよう」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜賜る」+丁寧語「ますよう」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使います。 普段のメールであれば「いただきますよう」でOK。 また「くださいますよう」「いただきますよう・賜りますよう」の違いは後ほど。 ご教示のほどお願い申し上げます 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきたく存じます」の言い換え敬語• 例文「ご教示のほどお願い申し上げます」• 例文「ご教示のほどお願い致します」 意味は「教えてくれるようお願いします」となります。 ここで「ご教示のほど」の「のほど」は限定を避ける言い方で、意味としては「〜してもらうよう」「〜してくれるよう」と考えることができます。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を教えて受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご検討のほどお願い申し上げます 意味「検討してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「納得してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 先ほどとおなじく「お願い申し上げます」は 「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます。 ほかにも色々ある「ご教示」の例文 敬語の種類というのは本当にいろいろあります。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 上司・目上に限らず社外取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 いろいろと気になるのが、年収や残業・勤務地・職務規定のこと。 こんなとき問い合わせをためらう必要はありません。 以下のテンプレート例文をつかって企業に問い合わせ・質問メールを送りましょう。 〇〇と申します。 このたびは貴社営業職の内定をいただき、誠にありがとうございます。 さて標記の件、入社後の処遇に関して以下の質問がございます。 勤務地 募集要項には「転勤なし」と記載がございましたが、雇用契約書を確認しましたところ「原則として転勤なし」となっておりました。 状況によっては転勤ありとの理解でよろしいでしょうか。 残業時間 募集要項には「残業時間:平均30時間」との記載がございましたが、実際の細かな事例などありましたらご教示いただきたく存じます。 待遇 募集要項には中途採用であっても同条件・同待遇との記載がございましたが、現役社員の方にお話を伺いましたところ「35歳:課長待遇」が一般的であり、募集要項の「35歳:係長待遇」とは違うとのことでした。 誠に恐れ入りますが、ご開示いただける範囲で実情を伺いたく存じます。 不躾な質問にて誠に申し訳ありません。 お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご教示いただければ幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。

次の

頂きたいと存じますの意味・例文13選|教えて頂きたく・いただきたく?

お 教え いただき たく 存じ ます

ビジネスの現場では、必ず、上司や先輩・同僚に、分からない点や疑問に思ったことをたずねる機会が発生します。 社内のみならず、取引先やお客さまに教えてもらわなければならない場面も起こりえます。 この場面ではさらに間違ったたずね方をしてしまったらNGです。 疑問点を解決したいと思った時、目上の人に「教えてください」とそのまま伝えるのは問題があるでしょうか。 やはり、ビジネスの現場では、より丁寧な言い回しが必要となってきます。 みなさんは「教えてください」の実務の現場での使い方をきちんと習得できていますか。 ここでは、「教えてください」の使用例を見ながら失礼のない使い方をおさらいしましょう。 ビジネスメールでの「教えてください」はこう使う 「教えてください」とビジネスの現場において依頼する場合、よく使われる文例を集めました。 下記の文例を参考に、その時々のシチュエーションや内容でもっとも適しているものを選び、用いるようにしましょう。 ・「お知らせいただけないでしょうか。 」 ・「お教えいただきたく存じます。 」 ・「ご教示くださいますよう、お願いいたします。 」 ・「早急なご回答をお待ち申し上げております。 」 ・「ご回答いただけましたら誠にありがたい次第でございます。 」 ・「お手すきの際で結構ですので、折り返しご回答をいただきたく、お願い申し上げます。 」 ・「引き続きご指導ご鞭撻くださいますよう、よろしくお願いいたします。 」 ・「こののちも色々とご指導を仰ぐ機会もあるかと存じますが、その際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。 」 いかがでしたでしょうか。 ビジネスの現場における「教えてください」の使い方を、例を挙げながらいくつか見てきました。 口頭で目の前の相手に「教えてください」と伝えられる場面や一般的な内容に対して「教えてください」と頼む場面、専門的な知識などの教えを請う場面など、シチュエーションによっていくつか使い分けることができることをおさらいしました。 適切な表現で、相手へ教えて欲しい気持ちを表現できるようにしましょう。 ビジネスシーンでは、メールや電話で顔の見えない相手に「教えてください」と頼んだり、アドバイスの依頼をすることが多々あります。 社会人の礼儀として、顔を見ながら話せる相手でも、文書やビジネスメールなど顔の見えない相手とのやり取りでも、正しい敬語を使ってコミュニケーションをはかるように心がけましょう。

次の

「いただきたく存じます」は二重敬語?正しく意味と使い方、類語を紹介

お 教え いただき たく 存じ ます

「お教え願えますでしょうか?」は「教えてください」の丁寧な敬語表現です。 仕事や私生活ではたくさんの人と関わることも多く、周囲の人の知恵や経験を教えてもらうことでスムーズに仕事などが進むことはよくあります。 このように周囲の人に「教えてください」ということを丁寧な敬語で表現した言葉が「お教え願えますでしょうか?」という表現です。 この表現は、「お教え」という部分や「願えますでしょうか?」といった部分に、相手を敬う気持ちが含まれており、教えてもらう際に丁寧な表現であると言われています。 相手を敬って丁寧な敬語表現をすることで、人間関係を良好に保つことができますし、仕事をうまく進めやすくなるなどのメリットもありますので、ここからは特にビジネスシーンにおいて「お教え願えますでしょうか?」を使う際の注意点をお伝えします。 丁寧な言葉遣いと態度で「教えてください」と頼まなければ、相手から快く教えてもらうことはできません。 また、丁寧に教えてくださいと頼まなければ、相手に不快感を与えてしまって、教えてくれなかったり、上辺では教えてもらうことができても、コツやポイントなどの重要なことについてふれずにわかりにくい説明しかしてくれない可能性もあります。 このように、人間関係を円滑に保ちながら、より良い情報を教えてもらうために、「教えてください」と丁寧にお願いすることはとても大切であると考えられています。 そのため、「お教え願えますでしょうか?」といった丁寧な敬語表現を使う必要があると言われています。 「教示」とは、「教える」と「示す」という漢字が組み合わさって単語であり、教えてほしい相手に範囲を限定せずに教えてもらいたいと依頼する時に有効です。 「ご教示いただけますでしょうか?」の他にも、似た表現として「ご教授いただけますでしょうか?」という表現があり、どちらも頻繁に使われる表現ですが、「教授」という言葉は厳密に言うと、ビジネスシーンにはあまり適していないと言われています。 それは、「教授」という言葉に「学問や芸能などの分野について、長期間に渡って知識やノウハウを伝授する」といった意味合いがあるからです。 学問や芸能について、長期的に教えを伝授していただくといった意味合いがある「ご教授いただけますでしょうか?」という表現は、使える状況が限定されるので注意が必要です。 お教え願いますという表現は、丁寧な表現ではあるのですが、「お教え願えますでしょうか?」のように、相手の意向を伺う要素がないことから、少し丁寧な度合いが劣ると言われることが多い表現です。 しかし、ある程度親しい間柄である場合には、適切な距離感を表現するために「お教え願います」と言った方が良い場合もあります。 「お教え願います」は、いつも接する気心の知れた先輩や同僚に使われることが多く、「お教え願えますでしょうか?」と大袈裟に言うことで嫌味になることを避けたい時などに使われます。 このように、状況や教えてほしいと考えている相手との距離感によって、うまく言葉を使い分けることが、何かを教えてもらう時のポイントであると言われています。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「教えてもらうことはできますか?」という表現です。 「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。 身近な人に対して、あまりにも形式ばった堅苦しい表現をすると、相手に不快感を与えてしまうおそれもありますので「お教え願います」と言うよりも、わざとフランクな様子や親近感を与えるために使うという際に使える表現と言えます。 ちなみに以下の記事では、人と仲良くなる方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 友達やパートナー、上司などと仲良くなれることはたくさんのメリットがありますので、こちらの記事を読んでぜひ役立ててください。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「お教えいただきたく存じます」という表現です。 「お教え願えますでしょうか?」という表現の方が、お教えいただきたく存じますという表現よりも丁寧な表現であると受け取られることが多い例文です。 「存じます」という表現を用いていることから、相手を敬う丁寧な敬語表現と言えますが、相手の意向を伺うといった配慮が表現の中に含まれていないという点で、丁寧な度合いが少し下がると考えられることがあります。 「お教えいただきたく存じます」という表現は、会議などで良いアイデアを募る際にも多く使われる言い方で、特にビジネスの関係者や同業のビジネスをしている人などの集まりで知恵や解決策などを教えてもらいたい場合に使われるケースが見受けられます。 」といった表現です。 現状では理解が不足している状況など、もう少し詳しく教えてほしい時に使える英語表現です。 この表現を、もう少し丁寧な敬語表現にしたい場合には、「It would be appreciated if you could explain the details. 」といった英語表現を使うことで、さらに丁寧な英語表現とすることができます。 この英語表現は「もう少し詳しく教えていただけると、ありがたいのですが」といった表現になり、相手を敬う気持ちを表しながら、仕立てに出て教えてもらう際に有効な英語表現です。 ただし人によっては「今の説明がわかりにくかったのか!」と怒る気難しい人もいると言われているので、相手の性格に注意する必要があります。 」といった表現です。 この表現は、「教えてください」という表現の中でも、特に丁寧な言い方です。 その理由は、「enlighten」という英単語が、神や仏などの偉大な存在が知りうる知恵といった意味合いを持っているからです。 親しい仲で冗談交じりに使われることもあります。 その一方で、丁寧すぎる表現であることから、皮肉に感じてしまう人もいると言われているので注意が必要です。 ちなみに以下の記事では、皮肉屋の意味や類語、嫌味との違いなどを詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 皮肉屋の性格の特徴や心理などについても紹介しています。 RELATED ARTICLE 「お教え願えますでしょうか?」を理解して快適な環境づくりに努めましょう 「お教え願えますでしょうか?」という表現は、社会人には必須の言葉遣いであると言われています。 その理由は、仕事や私生活において、自分一人だけの知恵や経験、力だけでは生きていけないケースが散見されるからです。 周囲の人の力を借りることで仕事や私生活が円滑に問題なく進められることは多々あります。 そのため、いかに良好な人間関係を保ちながら、教えてほしいというお願いをするかが重要になってきます。 また、相手に教えてもらうばかりではなく、自分が知っている有益な情報や、役立つ経験などを積極的に周囲の人へ発信していくことで、いざと言う時に周囲の人が率先して助けてくれるということはよくあります。 いずれにしても大切なことは、周囲の人を尊重する姿勢や謙虚な態度であり、普段の行いが大切であるということですので、日ごろの行いを見直したうえで、必要な時には周囲の人に丁寧な敬語表現で「お教え願えますでしょうか?」とお願いし、快適な環境づくりに努めましょう。

次の