飲む と 眠く なる。 どうしてお酒を飲むと眠くなるの? 実は危険な「飲酒と睡眠」

お酒を飲むとなぜ眠くなるの?

飲む と 眠く なる

ビールがおいしい季節。 特にこの時期、「お酒に飲まれた」という経験を持つ人は多いのではないだろうか。 筆者は酔ってハイテンションになった後に必ず眠気が襲ってくるが、にもという質問が投稿されている。 そこで、この疑問を医師に聞いてみた。 「お酒(エチルアルコール)は、中枢神経(脳幹網様体賦活系)の活動を抑制する働きがあります。 実際に睡眠時の脳波を調べると、睡眠の早い時期にノンレム睡眠(深い睡眠)の割合が増え、逆にレム睡眠(浅い睡眠)が減っています。 そのため、お酒を飲むと『寝つきが良くなる』感覚、いわゆる催眠作用が起こるということになります」(上野先生) 中枢神経とは、全身にさまざまな指令を送り、身体の中心的な働きを担う場所。 この働きが鈍ることで眠くなるのだという。 さらにお酒には、別の作用もあるのだという。 「また、抗不安作用、ざっくり言えばリラックスする作用もあるため、深夜に考え事をして眠れなくなってしまうタイプの方にとっては『寝つきが良い』感覚が得られるかもしれません」(上野先生) 確かに、お酒を飲んでいる間はそれまでクヨクヨ悩んでいたことがどうでもよくなる感覚がある。 まあ、酔いが醒めた後に再び悩み始めるのだが……。 「エチルアルコールは体内で2段階に分かれて分解されていきます。 まずアルコール分解酵素(主にADH1B)の働きによってアセトアルデヒドへ分解され、その後アルデヒド分解酵素(主にALDH2)の働きで酢酸(いわゆるお酢)へ分解されます」(上野先生) お酒を飲むとすぐ寝てしまう人がいるが、これには体質が大きく影響している。 「すぐに寝てしまう人に関しては、アセトアルデヒドが体内に蓄積しやすい、アルデヒドの影響を受けやすい人だと思います。 日本人の中にはADH1Bの働きが活発で、ALDH2は不活発な人の割合が欧米と比べて明らかに多い。 アルコールからアセトアルデヒドへの分解は早く、逆にそこから酢酸への分解が遅いため、すぐに体内にアセトアルデヒドが貯まってしまうのです。 エチルアルコールは気分が良くなる、多幸感をもたらしてくれる一方で、いわゆる『酒臭さ』の原因にもなります。 アセトアルデヒドは眠気、言い換えるならば倦怠感の原因となります。 また、他にも顔面紅潮、気分不快(嘔気・嘔吐)、頭痛、めまい、等種々の不調も引き起こします。 発癌物質の一つにも認められている程なので、当然といえば当然です」(上野先生) また、「若い頃は平気だったが、今はすぐに眠くなるようになった」という人は、加齢による身体の機能の変化が加味されるのだという。 「本来であれば酒なしで眠るのが一番でしょう。 ただし、実生活で酔ってから醒めるのを待っていると、結局十分な睡眠時間が確保できないので、睡眠不足になると思います」(上野先生) 泥酔状態の場合は、嘔吐からの誤嚥・窒息を防ぐために、酔いが醒めるまで起きておくのが望ましいそうだ。 しかしながら、なかなかそうもいかないのが実情。 ハメを外すのもいいが、翌日に予定がある場合などは「ほどほど」に留めておくようにしよう。 (酒井理恵).

次の

水素水を飲むのと眠くなる!どうして眠くなるのか?

飲む と 眠く なる

眠くなるのはお酒に弱い証拠? 「酔う」とは 「もう二度と酒は飲まないっ!!」 飲み屋のトイレの個室にこもって、そう後悔した人は多いのではないでしょうか? 飲み過ぎたらいけないと頭では分かっていても、ついつい飲み過ぎている現実…。 しかも、久しぶりに古い友人に会ったら、いつもよりお酒は進みますよね。 さて、そもそも お酒を飲んで酔うとは、どんな状況なのでしょうか? お酒に含まれるアルコールは、血液に溶け込んだ後、脳に運ばれ、 脳を麻痺させます。 この麻痺こそが酔いと呼ばれるものです。 酔いの段階はアルコールの血中濃度によって変化します。 アルコールを摂取すればするほど、脳の麻痺は進み、酔いも進むのです。 なんで眠くなるの? 人が集まって宴会をすれば、終盤にはたいてい誰かは寝ています。 また、楽しい飲み会なのにだんだん瞼が重くなってくることも…。 それが会社の飲み会だったら気合で起きてるしかないですよね。 どうしてお酒を飲むと眠くなるのでしょう。 お酒を飲んで眠くなる原因は以下のように考えられます。 リラックス効果 アルコールは脳や神経の働きをを抑制させます。 その時、 脳はリラックス状態に近いのです。 また、アルコールは脳内に セロトニンという脳内物質を分泌させます。 セロトニンは、不安や恐怖といった感情を抑え、 気持ちを沈静化させます。 ストレスを抑える効果もあります。 このように、アルコールの摂取によってリラックス状態が作られ、眠気を誘うのです。 体温低下 アルコールには 体温を下げる作用があります。 お酒の飲み始めは体温が上昇し、血管が拡張して顔が火照ります。 しかし、拡張した血管からは体の熱が逃げやすいため、次第に体温は低下します。 人は眠りにつくとき、脳や臓器を休めるため、体温が低下します。 (熱を放出しているので手足の温度は上がります) 脳は、アルコールによる 体温低下によっても、眠る準備をはじめてしまうのです。 脳の活動の低下 大量のアルコールの摂取は脳の活動を低下させ、 意識までも奪う場合もあります。 一見、アルコールの催眠作用ともとれますが、アルコールの過剰摂取による睡眠は、寝つきとしては最悪の状態です。 なぜなら脱水症状などの危険な状態に気づかないまま寝てしまうからです。 最悪、命を失う場合もあります。 お酒に弱いと眠くなりやすい? 睡眠を促すお酒ですが、どんな人が眠くなりやすいのでしょうか? お酒に弱いとは、 体内のアルコールを分解する能力が低いということです。 アルコールの分解には アセトアルデヒド脱水素酵素という酵素が必要です。 この酵素が少ないと、分解能力が低く、「お酒に弱い」ということになります。 お酒に弱いと 血液中のアルコール濃度が高くなります。 この分解できていないアルコールは眠気をもたらす原因になるため、お酒に弱いと眠くなりやすいというわけです。 就寝前のお酒は危険! 寝酒はかえって不眠症の原因になるかも!? さて、眠気をもたらしてくれるお酒ですが、その効果を利用し、よく眠るためにお酒を飲む人がいます。 ナイトキャップという就寝前の飲酒は、一時期、快眠法として注目されていました ベッドで強い度数の酒を流し込む…。 なんだか映画みたいで、憧れた人もいたのではないでしょうか? しかし、ナイトキャップは、実は危険であることが明らかになりました。 飲酒は、少量であれば、確かに寝つきはよくなります。 みなさんも風呂上がりの一杯で、気持ち良く布団にもぐりこんだことはあるでしょう。 しかし、お酒を分解するために、眠っていても肝臓は激しく活動します。 また、 体内のアルコールの分解には3時間ほどかかります。 分解されると、アルコールは アセトアルデヒドという有害物質に変化します。 このアセトアルデヒドは交感神経を刺激し、体を覚醒状態にしてしまいます。 気持ち良く眠りにつけても、 実は、身体は休んでいないのです。 最悪の場合、不眠症になってしまうので、注意しなければなりません。 お酒で「熟睡」はできません。 毎日晩酌をしてたなんて方はびっくりしているのではないでしょうか? どうしたら眠くならない? 自分の飲む量を管理する 眠くなるということは、体が摂取したアルコールを処理できていない証拠です。 すぐに眠気がきてしまうというような方は、アルコールの摂取をもう少し控える必要があります。 お酒に弱いのは「体質」なので、 改善することはできません。 まずは、自分が飲める量をしっかり把握することで、あの耐え難い眠気を回避できます。 飲み会ですぐに眠ってしまう方は、 飲む量、飲み方、ペースを工夫してはいかがでしょうか? こまめな水分補給! 周りがどんどんお酒を飲んでいるからといって、自分も合わせる必要はないのです。 こまめに水やお茶を頼んで、水分補給をしましょう。 お酒と「同量」の水やお茶を飲むと、アルコールは尿に分解しやすくなります。 いつもお水は最後にしか頼まないというような方は、序盤からもお冷を頼んでみてはいかがでしょうか? 上手な水分補給で酔いが回るのを遅くできれば、眠くなりにくくなります。 空腹時にはアルコールを飲まない 胃が空っぽだとアルコールの吸収速度は早まり、酔いは早くなります。 空腹状態の飲み会で、一発目にビールなんて経験ありませんか? 一杯で眠くなってしまう人は、空腹状態の飲酒が原因かもしれません。 飲み会前に軽食を挟んだり、お通しや小料理を上手く利用できれば、空っぽの胃にアルコールを流し込まなくてすみます。 酔い防止に効果的な食品 しじみ しじみ汁は二日酔い対策として有名ですね。 しじみの成分のひとつである オルニチンというアミノ酸は 、 肝機能を正常に保つ働きがあります。 また、 体内の解毒作用もあります。 しじみにはオルニチンが大量に含まれています。 とても酔い防止に効果が期待できる食品ですね。 調理が面倒という方には、手軽にオルニチンが摂取できる「DHC オルニチン 20日分 100粒」というサプリメントがあります。 アルコールの分解に! ツッコミや会話に専念! 「そうはいっても酔うものは酔う!体質だもの!」 お酒が弱い方は、「飲まない」というものも重要な選択肢です。 しかし、飲み会でお酒を飲まないなんて、ちょっと手持ち無沙汰な気がしますよね。 かえって暇で寝てしまうかもしれません。 そんな時は、 ツッコミを入れたり、はしゃいだり、会話に積極的に参加しましょう。 会話をすることで、 覚醒状態でいられます。 また、気分良く話している人にとっては、「相槌」や「反応」はとてもうれしいものです。 積極的に会話に参加できる人物であれば、自ら飲まなくても、飲み会の人気者になれるかもしれません。 まとめ いかかでしたでしょうか。 「飲んだら眠くなる」という当たり前のようなことですが、意外とその仕組みはわからないものでしたね。 大切なことは、自分の飲める量を自覚することです。 飲める量は個人差があり、それを増やすことはできません。 そのうえで、自分にあった飲み方、楽しみ方をすることで、つい眠ってしまうというようなことはなくなります。 飲み会は、人と人との親睦を深める良い機会です。 飲み過ぎだけには気を付けて、飲み会を楽しみましょう。

次の

お酒を飲むと眠くなるのはなぜ?眠くならない方法?翌日が眠いのは?

飲む と 眠く なる

水素水を飲むと眠くなるという噂を聞いたことがあるかもしれませんね。 果たしてこの噂は本当なのか、考えてみましょう。 水素水を飲んで眠くなる? まず最初にお伝えしたいのは、水素水を飲んで眠くなるという効果は、何ら証明されていない、ということです。 現在、水素水の効果については、論文で発表された内容から様々な効果効能が語られていますが、眠くなるという論文は発表されていないですね。 水素水の代表的な効果というと、2007年に日本医科大学の太田教授が発表した活性酸素を還元し無害な水に変えることが、代表的であり基本的な効果です。 そこから、発展して様々な研究が行われているのが現状ですね。 ただ、口コミなどの情報で、水素水を飲むと眠くなるという人がいるのも事実のようなので、その原因を少し考えてみましょう。 水素水を飲んで眠くなる原因は? 水素水の効果は、先ほども述べた通り活性酸素を還元し無害な水に変えることです。 この力から、人間に与える影響を考えたとき、眠くなる要因があるかもしれません。 【眠くなる要因】• 水素水を飲んだことによりリラックス効果があった?• 水素水を飲むことにより血圧が下がった?• 水素水を飲むことにより代謝が良くなった? いずれも推測の域を出ないことをご認識いただいた上で、可能性レベルとしてお伝えしたいと思います。 水素水を飲むことでリラックス効果がある、ということは論文で発表されているわけではありませんが、多くの方が実感している効果です。 私自身は、水素水を寝る前に飲んでいますが、寝つきは良いような気がしますね。 水素水の効果と断言できるほどではありませんが、活性酸素を還元したことで、体の中の様々なストレスが減ったのではないかと推測されます。 太田教授の場合、水素水のお風呂に入っているそうですが、その際に血圧を測ると普段よりも低い値を示すそうです。 通常のお風呂に入った場合は、血圧が上がるので、真逆の効果があると述べていますね。 血圧が下がるということは、血管が広がっている証であり、おそらく副交感神経(リラックス)が優位になっているため、と考えられます。 副交感神経優位だと、体の疲れは取れやすく、リラックスした状態といえますね。 水素水の効果として論文も発表されていますが、糖尿病への効果が確認できています。 代謝が改善することで、消費カロリーが増えて、全体的に眠くなりやすくなる、という可能性はあるかもしれませんね。 基礎代謝量が増えれば増えるほど、1日に使うカロリーは増えるので、普段よりも疲れる可能性は0じゃありません。 まとめ 水素水を飲んで眠くなるか・・・といわれると、私自身はそれほど大きな効果を感じたことはありません。 先ほども述べましたが、寝る前に飲むと確かに寝つきが良いかな、という程度ですね。 水素水を飲んだ瞬間に眠くなったり、水素水を続けていることで、眠くなりやすくなるのか・・・といわれると、そんなことはあまりないのではないかな、という気もします。 私が実際に水素水を飲んでいて感じている効果は、以下でまとめているので、気になる方は確認してみてくださいね。

次の