ジャパン インダストリアル ソリューションズ。 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ

スペックル低減モジュールを開発

ジャパン インダストリアル ソリューションズ

ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ第壱号投資事業有限責任組合という金融企業が2015年当時はありましたが、今現在「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」名義が付いている会社は1社しかありませんでした。 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ第弐号投資事業有限責任組合 ということで、壱号から弐号にレベルアップした感じです。 ですからこのページでは「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ」についてアホでもわかる解説をしていきたいと思います。 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社が母体ですが、公式サイトを見ましたがアホの私では理解不能でした。 ザックリ言うと、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行から金を集めて、何らかの投資をする目的で2010年に設立したっちゅうことですね。 この金持ち野郎! このような金持ち野郎たちには私たち貧困層・一般庶民の気持ちが一切わからないでしょう。 まあ私たちとは違う世界で、株や為替・投資などでお金を動かして、年収1000万円以上を貰い続けている贅沢家ということで間違いないでしょう。 このような贅沢家たちに、田舎の生活や農業や漁業の素晴らしさを教えたいですね。 公式サイトによるとジャパン・インダストリアル・ソリューションズでは様々な企業に投資をしているそうです。 シャープにも投資している模様です。 もう特にお話する事はありません。 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズでは、個人でお金を借りる事は不可能です。 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ第壱号投資事業有限責任組合でお金を借りたい!と思った私のような貧乏人はジャパン・インダストリアル・ソリューションズと絡み合う事は弐度とないでしょう。

次の

スペックル低減モジュールを開発

ジャパン インダストリアル ソリューションズ

平成 22年 9月 29日 各 位 株式会社日本政策投資銀行 株式会社三井住友銀行 株式会社三菱東京 UFJ銀行 三菱商事株式会社 投資ファンド運営会社の設立および事業再生ファンドへの出資について 株式会社日本政策投資銀行(社長:室伏 稔、以下「DBJ」)、株式会社 三井住友銀行(頭取:奥 正之、以下「SMBC」)、株式会社三菱東京 UFJ 銀行 (頭取:永易 克典、以下「BTMU」)、並びに三菱商事株式会社(社長:小林 健、以下「三菱商事」)は、事業再生を目指すファンド運営会社である「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社(以下「本件会社」)」を本日付で設立いたしました。 また、DBJ、SMBC、BTMU、並びに三菱商事は、本件会社が平成 22 年 10 月中に組成する予定の事業再生ファンドに対し出資を行うことを決定しております。 本件会社は、組成を予定している事業再生ファンドを通じて、事業再構築などの過程において発生する資金ニーズや資本増強ニーズに対応したエクイティ等の資金を支援するとともに、投資先企業の経営陣や主要銀行と協調しながら事業再生に取り組んでまいります。 また、業界再編等も含めた幅広い企業価値向上策の提供を通じて、グローバル競争の激化や国内需要の低迷といった構造的な問題を抱える我が国産業の再生に寄与することを考えております。 DBJ、SMBC、BTMU、並びに三菱商事は、本件会社とその運営する事業再生ファンドを通じて事業再生支援への取り組みを強化することにより、我が国産業・経済の活性化に貢献してまいります。 <本件会社の概要> 商号 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社 所在地 東京都千代田区 代表者 代表取締役会長 住田 昌弘 代表取締役社長 岡 昭一 事業内容 投資業務等 資本金 1 億円 設立日 平成 22年 9月 29日 株主 株式会社日本政策投資銀行 14. 9 % 株式会社三井住友銀行 14. 9% 株式会社三菱東京 UFJ銀行 14. 9 % 三菱商事株式会社 14. 9 % その他 40. 4 % <事業再生ファンドの概要(予定)> 名称 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ 第壱号 投資事業有限責任組合 組成日 平成 22年 10月(予定) 所在地 東京都千代田区 ファンド総額 当初 300億円程度(最大 1,000億円を想定) 無限責任組合員 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社 有限責任組合員 株式会社日本政策投資銀行 株式会社三井住友銀行 株式会社三菱東京 UFJ 銀行 三菱商事株式会社 その他 <ファンドスキーム図(予定)> 以 上.

次の

スペックル低減モジュールを開発

ジャパン インダストリアル ソリューションズ

平成 22年 9月 29日 各 位 株式会社日本政策投資銀行 株式会社三井住友銀行 株式会社三菱東京 UFJ銀行 三菱商事株式会社 投資ファンド運営会社の設立および事業再生ファンドへの出資について 株式会社日本政策投資銀行(社長:室伏 稔、以下「DBJ」)、株式会社 三井住友銀行(頭取:奥 正之、以下「SMBC」)、株式会社三菱東京 UFJ 銀行 (頭取:永易 克典、以下「BTMU」)、並びに三菱商事株式会社(社長:小林 健、以下「三菱商事」)は、事業再生を目指すファンド運営会社である「ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社(以下「本件会社」)」を本日付で設立いたしました。 また、DBJ、SMBC、BTMU、並びに三菱商事は、本件会社が平成 22 年 10 月中に組成する予定の事業再生ファンドに対し出資を行うことを決定しております。 本件会社は、組成を予定している事業再生ファンドを通じて、事業再構築などの過程において発生する資金ニーズや資本増強ニーズに対応したエクイティ等の資金を支援するとともに、投資先企業の経営陣や主要銀行と協調しながら事業再生に取り組んでまいります。 また、業界再編等も含めた幅広い企業価値向上策の提供を通じて、グローバル競争の激化や国内需要の低迷といった構造的な問題を抱える我が国産業の再生に寄与することを考えております。 DBJ、SMBC、BTMU、並びに三菱商事は、本件会社とその運営する事業再生ファンドを通じて事業再生支援への取り組みを強化することにより、我が国産業・経済の活性化に貢献してまいります。 <本件会社の概要> 商号 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社 所在地 東京都千代田区 代表者 代表取締役会長 住田 昌弘 代表取締役社長 岡 昭一 事業内容 投資業務等 資本金 1 億円 設立日 平成 22年 9月 29日 株主 株式会社日本政策投資銀行 14. 9 % 株式会社三井住友銀行 14. 9% 株式会社三菱東京 UFJ銀行 14. 9 % 三菱商事株式会社 14. 9 % その他 40. 4 % <事業再生ファンドの概要(予定)> 名称 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ 第壱号 投資事業有限責任組合 組成日 平成 22年 10月(予定) 所在地 東京都千代田区 ファンド総額 当初 300億円程度(最大 1,000億円を想定) 無限責任組合員 ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社 有限責任組合員 株式会社日本政策投資銀行 株式会社三井住友銀行 株式会社三菱東京 UFJ 銀行 三菱商事株式会社 その他 <ファンドスキーム図(予定)> 以 上.

次の