いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki。 「いつの間にか容量が減っている商品wiki」が面白い

「以前もっと多くなかった?」内容量の減った食品・日用品を記録したWikiが登場【やじうまWatch】

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

(2020. 14タイトルのみ変更しています。 10月に入り10日が経過しました。 この10月には、私たちの生活に大きな変化がありましたね。 そうです、消費税が10%になりました。 【目次】• 消費税の導入 消費税は、1989年4月1日に導入されました。 税の用途は、 社会保障と少子化対策です。 税率は当初は3%。 その後、5%、8%となり、この度とうとう10%になりました。 5%ぐらいまではまだよかったのですが、8%に上がった途端、予想より実際の支払金額が高いという印象を受けるようになりました。 8%は自分では計算しにくかったためかもしれません。 10%の場合、計算はしやすいですが… 1,000円の買い物をしたら100円の消費税、10,000円であれば1,000円の消費税です。 …ということで、本当に必要なもの以外はしばらく我慢です。 そんな状況の中、先日、聴きなれない言葉を耳にしました。 それは、 シュリンクフレーションです。 シュリンクフレーション??? 初めて聞く言葉でしたが、実はよく知っている現象を表す言葉でした。 シュリンクフレーションとは? 販売されている食品・日用品などが、価格は変わらないものの内容量が減ったり、小さくなっていると感じたりしたことはありませんか? 私は何年か前より主に菓子類で感じており、「実質値上げだ」と憤慨しておりました。 この 小売りされる商品の価格は変わらないまま内容量がシュリンク(収縮)していく経済現象を 「シュリンクフレーション shrinkflation 」というのだそうです。 英語で縮むという「シュリンク」と、物価が上昇する「インフレーション」を合わせた造語です。 日本では、「実質値上げ」「隠れ値上げ」「ステルス値上げ」とも呼ばれるそうです。 そして、消費税増税前にもその動きは活発化していたようです。 シュリンクフレーションの例 たとえば、ブルボンは9月17日出荷分から、人気商品「ルマンド」や「アルフォート」などの5種類のビスケット商品の内容量を変更すると発表。 ルマンドは13本から12本に、アルフォートは11枚から10枚になっています。 また、カルビーも7月22日、人気菓子「かっぱえびせん」の1袋の内容量を90グラムから85グラムに減らしています。 どちらの企業も原材料・輸送費・燃料費の高騰を理由にし、自助努力で対応は困難という理由で変更を行っているようです。 からのイラスト 消費者の目から見ればマイナスのニュースですが、公式発表をする企業は良心的です。 内容量減少が公にされないまま小さくなっている商品もたくさんあるのです。 なぜシュリンクフレーションなのか なぜ、商品の値上げではなく、内容量を変更するのでしょうか。 このシュリンクフレーション、実は人間の脳のしくみをたくみに利用しているそうです。 まず、 人の脳は量より価格に過敏に反応するのです。 ・購入時に注目しているのは値段 です。 その反対に 内容量にはあまり関心がなく、 ・量が変わっても気が付かない のです。 また、シュリンクフレーションの場合は ・パッケージに変化がない ことでより気づきにくくなっているのです。 実際の体験から 私が実際にシュリンクフレーションで衝撃を受けたのは、「カントリーマアム」という不二家のお菓子です。 カントリーマアムはクッキーひとつひとつが小さい袋に個別包装されて売っています。 何年か前、久しぶりに購入しあけてびっくり。 え…なに?ちっちゃ…! 以前に比べ、二回りぐらい あくまでも感覚です 小さくなっていました。 以前のサイズであれば、ちょっと甘いものを口にしたい時、ひとつあれば満足できましたが、この大きさではもの足りません。 実際、カントリーマアムは、 2005年 30枚入り 1枚11. しかもひとつひとつは小さくなっている…。 これが値上げでなくて何でしょう。 あまりにショックでその時以来、普通のカントリーマアムは購入していません。 「普通の」と書いたのには理由があります。 余談になりますが、カントリーマアムは地域限定商品が多いのです。 その土地の特色のある産物のフレーバーでカントリーマアムを製造し、地域限定として売っています。 そのような地域限定品については、今でもお土産に買ったりします。 いつの間にか容量が減っている商品wiki これまでいくつか例をあげましたが、このシュリンクフレーションをまとめているサイトがありました。 まとめ シュリンクフレーションは実質的な値上げです。 これまで感じていたよりずっと多くの商品が内容量の減少・小型化を行っていました。 増税だけではなく、このような形でも家計に痛手を与えているということがわかりました。 これからは、値段だけではなく内容量にも注意し、賢い選択をしていきたいものです。 本日もお読みくださり、ありがとうございました。

次の

「いつの間にか容量が減っている商品wiki」が面白い

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

休日だからと言ってダラダラ寝ている、という不規則な生活をなんとか辞めつつあるのですが、どうにも起きた後ダラダラし続けてしまい、結果一日何もしませんでしたテヘペロなことからはまだ逃れられないのです。 どうしたもんか… いつの間にか容量が減っている商品 ぶっちゃけどこぞのメーカーの何たる商品が容量減ったか、なんていうのは気にしたことが無いですし、むしろ調べようと思ったこともほとんどないです。 しかしながら、見つけてしまった以上は見てしまうじゃあないですか。 中々思いつかないテーマの。 サイト概要として、「はじめに」の項には このは、フレーションが発生している商品の情報を共有し、消費者として価格の変動のみでなく内容量や品質の変化にも意識を向けたいと思い開設しました。 「はじめに」より引用 と記載されています。 なるほど、これは貴重な情報だ、と思いつつ少しざっくり見てみたのです。 ランキングから一部抜粋 記事を作成している時点でのランキングは次の通りとなっています。 日付が付いている箇所はランキングではなく、更新とか登録された記事になるので、ではないんじゃないかなと思います。 紫色になっている部分はざっと見した記事で、青色は見ていない記事です。 こうして見ると、どうにもの商品が多く見受けられます。 どういうことなの…。 一例として、セブンの炭火焼き弁当について見てみますと ・値段が徐々に上がっている ・容器が「量が多いように見せかけている形」になっている (底が浅いとか、底面を底上げするかのような二層構造になっている等) ・量が減っているからカロリーも減っている (厳密には減量ではあるがカロリーは増えている) より引用、要約 というように、言われてみればそうかもしれないな、としんみり感じてしまいます(遠い目 最近の傾向など どうにも最近は価格を上げるよりも、量を減らす手法が多く取られているようです。 某コメント欄にも、ご年配の方が増えていることから量を減らすことが得策に近いのではないかと書かれていて、不思議と納得しました。 だってだもの。 こう、高齢化云々が叫ばれて長いですけど、それによって若年者が生活し辛くなったり、負担が増えるのは少し違うんじゃないかな、と思います。 でも結局、資本主義社会だから多数派に向けた企業の方針が利益を生む確率が高いでしょうし、そこはどうにもすることが出来ないんでしょうね。 そしてポッと少数派向けの商品なんぞが出来た際には謎のブームが生じるわけなんですよ。 難しい世の中だなぁ…。 nishi-higashi.

次の

2019年は値上げラッシュの年!これから値上がりするものまとめ

いつの間に か 容量 が 減っ て いる 商品 wiki

値上げする商品は800品目以上もあり、家計に大打撃になると悲鳴の声も上がっています。 政権が奨励した便乗値上が要因です。 [Tasu to Ten]タストテン 横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。 ブログだけでなく、フリーランスとしてWeb制作やライターの仕事もしています。 このブログは既存のテーマに頼らず、自分でデザインしてコーディングし、記事を書いています。 生活の一部として役立てることができれば幸いです。 レビューのご依頼などにつきましては、お問い合わせもしくはTwitterからお願いします。 カテゴリー• キーワード• アーカイブ.

次の