ドラクエウォーク 7章 4話。 【ドラクエウォーク】7章9話(ガーゴイル)の攻略とおすすめこころ|ゲームエイト

【ドラクエウォーク】「エスターク神殿へ」上級3章4話攻略!弱点武器で高火力ダメを出そう!

ドラクエウォーク 7章 4話

【危険な攻撃】 シルバーデビル:あまいいき(眠り)、イオラ、ライデイン ガーゴイル:マホトーン(呪文封じ)、バギマ(体力が低くなるとバギクロスに威力アップ)、とびかかり(200弱のダメージ) ボス戦では、敵の全体攻撃連打や眠り・呪文封じの状態異常がやっかい。 回復力に自信のない装備やパーティの場合は、両端のシルバーデビルから順に倒すようにして、敵の火力を削いでいこう。 開幕はまもりのたて バトルが始まったら、まずはまもりのたてで敵の状態異常を防ごう。 特に魔法職はマホトーンで呪文を封じられるとできることが少なくなるため、まもりのたては必須。 攻撃要員のバトルマスターやレンジャーも、1ターン目にまもりのたてを使っておけばサポート役の負担をかなり減らせるため、できればまもりのたてを使いたい。 回復役はふたり必要 シルバーデビルはイオラ、ガーゴイルはバギマ・バギクロスを使用してくる。 ガーゴイルのとびかかりも200弱のダメージとかなり痛いダメージ量のため、回復役はふたり用意しよう。 ガーゴイルのマホトーンで呪文が封じられることがあるため、いやしのかぜやいやしの波動など特技スキルの全体回復を使える武器をふたりに装備させたい。 めざめの花は、交換所にてスラミチメダル10枚と交換できる。 マホトーンの採用もアリ シルバーデビルとガーゴイルには敵の魔法攻撃を封じるマホトーンが有効。 バギマ(バギクロス)、マホトーン、イオラ、ライデインなど敵の呪文を防げるようになるため、戦闘が楽になるだろう。 マホトーンを使える装備やこころを持っているのならおすすめだ。 なおマホトーンは先日復刻していたりゅうおうのこころSで使えるようになるぞ。 【マホトーンを使える装備】 武器:りゅうおうのつえ、ボルケーノウィップ こころ(S):りゅうおう、キャットフライ、キャットバット、よろいのきし、マジカルハット 職業ごとのポイント バトルマスター ガーゴイルはつうこんの一撃を使ってくるため、すてみはNG。 攻撃力をアップしたいのなら、バイシオンなどで火力をアップしてもらうのがおすすめだ。 レンジャー 影縛りがボス戦で有効。 敵の足止めをできれば戦闘に余裕ができるため、全体攻撃をメインに使って影縛りを狙っていこう。 賢者 ガーゴイルが使う、呪文を封じるマホトーンがやっかい。 まもりのたてを使って状態異常から身を守ろう。 回復役をレンジャーや魔法戦士に任せて、賢者をパーティに入れないのもアリ。 魔法戦士 ガーゴイルが使う、呪文を封じるマホトーンがやっかい。 まもりのたてを使って状態異常から身を守ろう。 ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設! ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。 本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

次の

【ドラクエウォーク】7章9話(ガーゴイル)の攻略とおすすめこころ|ゲームエイト

ドラクエウォーク 7章 4話

今回は武器の組み合わせが大事なのでおすすめ武器セットも紹介しています。 ドラクエウォークのレベリングの基本 「1ターンで敵の攻撃を受けずに倒し切る」 これがドラクエウォークレベリングの基本になります。 その上で、 ・3キャラで倒す ・2キャラで倒す 2パン ・1キャラで倒す ワンパン ・呪文で倒す ・カットイン特技 ギガスラなど を使わない ・メタル処理キャラを入れる などなど各個人の好みに応じてレベリングパーティを組んで行きます。 ただ… 上級者は皆口を揃えて「最強のレベリング構成はゴシパラ2」と言います。 りゅうき兵やゴールドオークといったモンスターはガード率 攻撃を弾く確率 が高く、弾かれて0ダメージにされた場合1,000ダメージ近く失うことになります。 そのためミスやガードを念頭に「追加で1,000ダメージ出すカバー用のキャラ」を入れる必要が出てくるので、必中の呪文を使った快適レベリングが好まれているのです。 ひとつめピエロやりゅうおうのこころを組み込めば、ひたすらマヒャドを打ち続けることも追い風となっていました。 アームライオンは出現率が低すぎて無理でした!シルバーデビル調べたので許してください! ざっくりとした感想は「デコボコがすごい!」だと思います。 6章では幅広い武器が活躍できるように 後発のメラ,ジバリア,イオは露骨な耐性持ちがいましたが 、極端な弱点・極端な耐性持ちモンスターはいない設定がされていたのです。 幸い1本持っていれば相方は『ゴシックパラソル』で良いのが救いでしょうか? なお、新武器『バロックエッジ』の全体スキル「ラッシュバースト」はイオ属性でモーションが非常に早いので、物理で考える場合優先して使いたい武器になります。 バギの代表といえば『黄竜のツメ』 リリース初期からカットイン大火力として常に第一線で活躍してきた武器です。 他には、• しかし、このカップルどちらも鈍足なため素早さについては気をつける必要があります! 特に夜出現のマッドフィンガーは推奨素早さ450なので要注意です。 最後にデインですが個人的に感動したのが『りゅうおうのつえ』とのコラボで確定2発できることです。 ゾーマS手に入ったら全敵行ける可能性あり。 検証データから各属性「通りの良さ」の配点を決めた上で、シールドオーガの守備力 468 を基準に算出した等倍与ダメをもとに数字を出しています。 ざっくり1,600ほど出せば7章モンスターは倒せるので、 大火力:ラーミア・ボル鞭・黄竜・ロト 中火力:アリ剣・バロック・冥獣など この大火力+中火力で2パンできないか?を考えていく形になります。 7章レベリング2パン狙える組み合わせ表 「こんな構成いいよー!」というおすすめあったらTwitterでリプもらえると嬉しいです!.

次の

ドラクエウォーク第4章8話「現れたまもの」のボス・リザードマンの倒し方・攻略方法|タビホリ

ドラクエウォーク 7章 4話

ドラクエウォークのストーリー第7章で登場したモンスターのこころ「アームライオン・シルバーデビル・シールドオーガ・ミミック」の性能や強さを他のこころと比較して評価・解説します。 【図の説明】 ・バトマスでキングスライム,キラーマシン,メタルドラゴンを装備して4枠目にセットした時のHP・与ダメでグラフを作成 ・守備力400,等倍属性 ・防具など:ワイルド一式+トレイ+黄竜+魔導 ・心珠:系統A2個 この図でいう左上のメタルハンターやキラーパンサー等は手軽に火力を出せる初心者向けこころ、右下のボーンナイトやスカイドラゴンは火力を下げる代わりに大きくHPを盛れるこころになります。 メタルドラゴンの再登場は厳しい現状を考えると、アームライオンはメタルドラゴンに近い火力・耐久を兼ね備えたポジションになると思います。 実装後に更新した図がこちら。 「ヒャド以外であっても」メタルドラゴンの耐久力をガッツリUP、そして火力もアップという、さすがめったに枠こころという性能になっています。 ゾーマに続き事前に作成した図を壊した憎いこころです、そんなレベルの壊れっぷりです。 緑こころは画像の赤丸の範囲にスペック面はほぼ同じこころが量産されています。 そのため若干HPが増えた属性違いのベビルという方向がシルバーデビルのこころとなる予想です。 はい、実装されたステータスを反映した図がこちら 【図の説明】 ・得意装備時のHPと回復魔力でグラフを作成 ・アイコンを囲っている色は耐性 ステータスは「あくま神官」などに合わせた上で属性を変えてくるという予想は大きく外れ 笑 属性耐性なしの高HP・高回復魔力というステータス寄せのこころでした。 耐久力をアップした「ももいろ三姉妹」という表現がぴったりですが、関西限定なので少し伝わりにくいでしょうか? まあ地域限定より強いこころがストーリーこころで実装されちゃったよ!というイメージでよろしいかと思います。 現状いやしの風は回復魔力キャップに簡単に届いてしまうため、『さとりの杖 いやしの波動 』を持っている人は積極的に手に入れたいこころです。 また、守備力も緑こころの中ではダントツに高いため、物理攻撃がメインのボスに対して採用するこころになります。 ついに性能が判明しましたが正直期待していた性能ではないです。 【グラフの説明】 ・得意装備時のHPと守備力でグラフを作成 ・アイコンを囲っている色は耐性 期待していたのは高HP・高守備力、これは当然のように持った上で耐性を持つパラディン向けこころ。 シールドオーガは耐性がなかったので少し期待はずれでした… ただ、HP守備力をひたすら高めて「対物理カチカチパラディン」を作るなら採用されます。 シルバーデビルの無耐性高ステータスを考えると、今後そういったボスを作る可能性を感じます。 ミミック ミミックS — KID ポケモンGOGO!! メラ属性はボルケーノウィップ 火炎旋風 、ギラ属性は新しく登場したバロックエッジ 閃熱の翼撃 に使うこころですね。 バロックエッジの評価は.

次の