きめつの刃胡蝶しのぶイラスト。 『鬼滅の刃』女性キャラクターのイラスト集 禰豆子や胡蝶しのぶなどヒロインが集結!

『鬼滅の刃』胡蝶しのぶ(こちょうしのぶ)のイラスト&声優・早見沙織の公式コメントが到着!【画像】 │ anichoice

きめつの刃胡蝶しのぶイラスト

胡蝶しのぶとは、鬼殺隊の最高戦力「柱」の1人です。 自身の開発した 鬼殺しの毒を、日輪刀を通じて鬼に注入することで鬼を倒します。 首を切らずに鬼を倒すことができる唯一の柱です。 首を切らない特殊な戦闘方法のため、蝶のように舞い蜂のように刀を突き刺す独自の型「蟲の呼吸」を使い戦います。 隊士の怪我の治療も行う 両親が薬学の仕事に従事していたこともあり、鬼を殺す毒の開発だけでなく、回復医療にも精通しています。 怪我を負った隊士の治療も行う、鬼殺隊に欠かせない存在です。 胡蝶しのぶの来歴 竈門炭治郎立志編 那田蜘蛛山での戦いで初登場。 残虐な言葉で鬼を追い込み、流麗な蟲の呼吸で鬼を討伐。 過去、鬼に姉を殺されており、鬼を恨んでいます。 しかしその裏には 「鬼と仲良くする」という姉の想いを継ぎたいと思う面もあり、鬼との接し方に日々葛藤しているのでした。 2つの想いに長年悩んできたしのぶは、炭治郎に「鬼と仲良くしてほしい」と姉の夢を託すのです。 無限城編 産屋敷にもとに鬼舞辻無惨が襲来。 隊士たちは無惨の根城「無限城」に吸収され、ついに総力戦が始まります。 しのぶは無限城内で、 姉の仇である童磨と対峙。 柱3人分に匹敵する上弦の鬼を相手にしながら戦うしのぶ。 渾身の一撃を放つも毒を分解され、童磨に吸収されてしまうのでした。 しかし、土壇場で しのぶが体に仕込んでいた毒が童磨を弱体化。 その隙をついて、カナヲと伊之助が童磨の首の切断に成功するのです。 最終決戦編 鬼の始祖無惨と生き残った隊士たちがついに対峙。 しかし、無惨の圧倒的な力を前に次々と柱が離脱していきます。 ついには炭治郎1人になってしまいますが、 しのぶと珠世が共同開発した薬が発動し、無惨を大幅に弱体化。 無惨討伐の逆転の一手となります。 主役級キャラクターの紹介記事 最愛の姉の死後、姉の思いを絶やさぬために、しのぶは2つのことを実行します。 1つ目は「 姉が好きだと言ってくれた笑顔を絶やさぬこと」。 元々短気な性格でしたが、頻繁に笑顔を振りまくようになります。 2つ目は「 鬼を殺し、鬼と人を救うこと」。 これは胡蝶カナエの夢であり、しのぶはこの夢を受け継ぐことを決意します。 鬼を哀れみ、殺しの因果から解放しようとした姉カナエの願いを実現するために。 しかししのぶは、鬼を哀れむ気持ちをずっと理解できずにいました。 鬼に対して募るのは憎悪ばかり。 「 鬼を哀れむべき。 でも憎んでしまう。 」という2つの思いに板挟みになりながら、しのぶは鬼殺を続けるのです。 可愛さとは裏腹に毒舌 しかしこれは、格上である上弦の弐に勝つためにしのぶが考えた、捨て身の罠でした。 しのぶは上弦の弐が女を喰うという情報を事前に手に入れており、自分の体に毒を仕込みあえて喰われることで倒すことを画策していたのです。 約1年間かけて しのぶの全身に仕込まれた毒は計37kg。 致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨は、全身がドロドロに崩れ落ち、立つこともままならない状態。 そして毒で弱りきった童磨を、カナヲと伊之助が追い詰め、ついに首を切断するのです。 上弦の弐に勝てたのは、しのぶの死があってこそでした。 主要キャラの生存・死亡状況 現代にて転生者が登場 現代編にて、しのぶの転生者と思われる人物が登場。 高校生として、 カナエの転生者と仲良く登校する姿が描かれています。 カナエと姉妹の関係かは確定していませんが、現代にて再び最愛の姉と再会することができたのでした。 現代編の子孫・転生者について 胡蝶しのぶの名言セリフ(毒舌) 元々短気で勝気な性格だったこともあり、時おり刺々しい言葉を放つしのぶ。 そんなしのぶの印象的なセリフを一部ご紹介します。 「とっととくたばれ糞野郎」 カナヲと伊之助に首を切られた上弦の弐「童磨」は、死後の世界と思われる場所でしのぶと再会。 そこでしのぶは、童磨からまさかの愛の告白? を受けます。 それに対して遠慮なく、笑顔で「とっととくたばれ糞野郎」と言い放つのです。 「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」 那田蜘蛛山で、鬼をかばう冨岡義勇に対して放った言葉。 感情をあまり出さない義勇ですが、この一言には流石に気にする仕草を見せます。 また、しのぶが人に対して初めて辛辣な言葉を口にしたシーンでもあり、しのぶのセリフの中でも特に印象的です。 「できて当然ですけれども」 「全集中の呼吸・常中」の会得に苦労している伊之助に対して放った言葉。 プライドの高い伊之助の心に深く突き刺さります。 一見意地悪な発言にも見えますが、実は伊之助を鼓舞するためでした。 しのぶの初登場は5〜6巻 胡蝶しのぶの初登場巻は5巻。 そして6巻では、ふわふわしているように見えながらも、 実は心の底では抑えきれないほどの「怒り」を持っているしのぶの内面が描かれています。 U-NEXTではお試し登録することで、無料で鬼滅の刃6巻を読むことができます。 アニメとは少し違った漫画版の演出を見たい方は、以下のリンクから6巻を無料で読みましょう! 胡蝶しのぶの担当声優・基本情報 声優は早見沙織さん 胡蝶しのぶの声を担当されたのは「早見沙織」さんです。 『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 』の雪ノ下雪乃や『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせなど、可愛らしい女性キャラを演じられています。 プロフィール 名前 胡蝶しのぶ 階級 蟲柱(むしばしら) 誕生日 2月24日 身長 151cm 体重 37kg 出身地 (東京都 北区 滝野川) 趣味 怪談話 好きなもの 生姜の佃煮 主役級キャラクターの紹介記事.

次の

『鬼滅の刃』女性キャラクターのイラスト集 禰豆子や胡蝶しのぶなどヒロインが集結!

きめつの刃胡蝶しのぶイラスト

他の鬼殺隊員が攻撃され、その鬼に後ろからしのぶが話しかけるのだが、「わぁ凄い。 手から糸が出るんですね」とか「今日は月が綺麗ですね」とか怒りの言葉ではなく、ふわふわとしたしのぶさんらしい口調で鬼に対してではあるが、ドキッとする独特な喋り口調がとても可愛い。 累の姉に会った時の戦闘前のシーン。 「こんばんわ。 今日は月が綺麗ですね。 」っておしとやかにふんわりと現れるシーンに可憐で美しくてなんて可愛いんだろうとみいってしまいました。 実際に累の姉がクモの糸を使っているところを後ろからスッと現れておしとやかに微笑みながら話しかけるシーンがとても可愛いと思いました。 ましてや、顔も可愛い、アニメでの声も可愛い、強い、面白い、そして年上のお姉さん。 最強スペックである。 これを可愛いと言わないでなんと言うのか。。 毒舌で可愛さの中に怖い一面も持つしのぶが屋根の上で修業をしていた炭治郎の隣に座り時折顔を近づけ、炭治郎に語りかけるシーンは思わず嫉妬してしまうほど可愛らしいシーンだからです。 また鋭い感覚を持つ炭治郎に、暗い過去を持つことを見破られてしまい少し悲しそうな表情をするシーンも魅力的です。 また笑顔がやっぱりかわいいです。 人の性格を読み取るのがうまいしのぶはそれぞれに合った方法でやる気を出させます。 ニコニコしながらも炭治郎との距離の近さや伊之助や善逸に対しての声かけなど見ていてこちらまで笑顔になります。 お母さん的目線で3人を見ているのがかわいいです。 笑顔が可愛い。 ニコニコと手を握って何気なく善逸を転がす姿がとても可愛い。 伊之助のモチベーションも、同じところであげているけど善逸の時の方が可愛いと思う。 彼女の持つ独特のミステリアスな雰囲気と垣間見える鬼に対する怒りからくる狂気が時に恐ろしく感じる事もありますが、この53話冒頭の健康チェックのシーンでは炭治郎に口を開けさせる為一緒にあーんとしている姿が、しのぶの素顔の一面が見えている感じがして可愛いです。 怪我をしているカナヲを見て伊之助がしのぶに怒られると焦っています。 しかししのぶは童磨に殺されてしまい、カナヲは悲痛な顔をします。 その表情からしのぶの死を悟る伊之助。 その際昔しのぶより怪我を治療をしてもらったことを思い出します。 傷口を勝手にいじらないよう指きりげんまんの約束をするしのぶも可愛いのですが、伊之助に対し微笑むしのぶがとても優しい表情なので可愛いと思いました。 そこで自ら鬼の頸を切れない代わりに全身に毒を流し捨て身の作戦をとる。 また炭治郎いわく「常に怒っている」というほど激しい復習の念に駆られたしのぶがようやくその悲願を達成し、天国で家族と一緒になり今度は心から笑えているのだろうと思った。 姉を含む家族を全員失ったしのぶは孤独で鬼と戦ってきた。 しかし上弦の弐、童磨に殺されてしまい、天国に旅立った。 ようやく、会えた家族にしのぶは駆け寄った。 ずっと1人で家族を思い続け戦ったしのぶを家族は優しく包み込み、しのぶはホッコリと微笑んだシーン。 いつものお姉さんという感じのしのぶとはギャップがあって子供のようで可愛かった。

次の

【鬼滅の刃】蟲柱「胡蝶しのぶ」の強さ・死亡理由|カナエとの過去

きめつの刃胡蝶しのぶイラスト

ぎゆしの ぎゆしのと呼ばれるようになった所以。 それは、しのぶの初登場シーンが始まりだったと思われます。 お館様が鴉の伝令を受け、義勇としのぶに十二鬼月の討伐を命じたシーンです。 義勇としのぶは共に鬼殺隊の柱で、義勇は水柱、しのぶは蟲柱です。 年齢は義勇が21歳、しのぶは18歳です。 身長は義勇が176センチ、しのぶは151センチ。 25センチの差があります。 しのぶはこの時、 「人も鬼もみんな仲良くすればいいのに。 冨岡さんもそう思いません?」 と言いました。 それに対し義勇は、 「無理な話だ。 鬼が人を喰らう限りは」 と否定しています。 コミックス4巻ではこの後のシーンが描かれており、しつこく質問をするしのぶが描かれています。 計6回も、しのぶが義勇に対し「ねぇ」と言っています。 しかし、義勇は我関せずといった様子。 この時の義勇は、クールな印象が強かったです。 双方の想い 義勇としのぶが、お互いをどう想っているのか。 判明している部分をまとめてみます。 まず、しのぶは義勇を「天然ドジっ子」と思っているようです。 義勇が天然というのは間違いないですよね。 ドジっ子かと言われると、そうでもないような気がします。 しのぶは、義勇を可愛い子供のように思っているのかもしれません。 年上だけど守ってあげたい。 母性本能をくすぐられる存在なのかも? 禰豆子を巡って喧嘩をしたときも、義勇が鬼を目の前にボーッとしているように、しのぶには見えたそうです。 そうだとしたら、柱としてまずいと思うのですがw しのぶは義勇を助けようと思い禰豆子を襲いますが、義勇が邪魔をしたため、二人は喧嘩をしてしまいました。 しのぶはこの時、内心ムッとしたそうです。 喧嘩については次の項目でお話するとして、次は義勇がしのぶをどう思っているのかについてです。 これは難しいところです。 本編ではそのような描写は一切ありません。 義勇はこのとき、誰かを好きだという感情は無いように思えます。 しかし、スピンオフではしのぶと一緒にご飯を食べに行ったりしているので、めちゃくちゃ嫌いというワケでもなさそうです。 このアンバランスさこそ「ぎゆしの」のいいところでもあり、こんな二人が結ばれるのを想像すると、胸が熱くなりますよね。 ケンカ 禰豆子を巡っての二人のケンカ。 鬼の前でボーッとしている義勇を助けるつもりだったしのぶ。 一度は生かした命を守ろうとする義勇。 しのぶはムッとして、 「鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか。 そんなだからみんなに嫌われるんですよ」 と毒を吐きます。 確かに、本部では鬼と仲良くするのは無理だと、義勇は言っていました。 そんな義勇が鬼をかばったのですから、しのぶとしては納得がいかなかったでしょう。 ただ、しのぶは自分が義勇を嫌いだとは、一言も言っていません。 みんなに嫌われている事だけを、嫌味として言っています。 それを聞いた義勇は、状況の説明よりまず、自分が嫌われていないことを主張しました。 しのぶは、嬉しそうに嫌味を返しました。 「嫌われている自覚が無かったんですね」 これはヒドイw しかし、義勇は嫌味を言われても、感情を表に出すようなことはありませんでした。 義勇は、炭治郎と禰豆子を逃がします。 そして、二人の抱擁…ではなく、義勇がしのぶをガッチリ抑えます。 しのぶは隊律違反なのでは?と義勇を問い詰めますが、義勇は何と説明したらいいのか分からず、黙ってしまいます。 そして、唐突に2年前の話をし始める義勇。 しのぶはさらに毒を吐きます。 「そんな所から長々と話されても困りますよ。 嫌がらせでしょうか」 確かに…w しのぶの毒もきついですが、義勇も天然具合が出ています。 そして、しのぶが拘束から抜け出そうと義勇を攻撃しようとした時、鴉の伝令でケンカは終わります。 フォロー 伝令を受け帰還する、義勇としのぶ。 そこでは柱全員が集合し、炭治郎と禰豆子について裁判が行われようとしていました。 義勇は口下手なので何も語りません。 義勇の想いは、鱗滝の手紙に全て記されていました。 禰豆子が人に襲いかかった場合は、炭治郎・鱗滝・義勇が切腹する。 手紙の最後にはそう書かれていました。 一方しのぶはというと、炭治郎の想いを聞き少し心を動かされているようですが、あくまでも中立を保っています。 そして裁判の終わりにしのぶは、炭治郎と禰豆子を自分の屋敷で預かると言いました。 これはかなり遠回しではありますが、義勇をフォローしたようにも思えます。 スピンオフ これはファンの間でも、かなり嬉しい作品でした。 「冨岡義勇外伝」 時系列としては、義勇が炭治郎と出会った少し後の話のようです。 本作は、しのぶが義勇をフォローしながら一つの事件を解決する、といったストーリーになっています。 しのぶはここでも、そんなだから皆に…と嫌味を言いかけていました。 作中では特に共闘という共闘はありませんでしたが、二人はこれまでにも色々と事件を解決してきたのでしょう。 今後二人で戦う姿も見てみたいものです。 そして、外伝の事件解決後には、二人でご飯を食べに行っています。 これはいつもの日課なのでしょうか? しのぶはずっと、義勇が冷たい人物だと思っていたようですが、ここでは少し違った印象を受けていました。 このスピンオフ作品である「冨岡義勇外伝」 ジャンプのバックナンバーを購入すると、今でも見ることができます。 前編は2019年18号、後編は2019年19号に掲載されています。 いつか、胡蝶しのぶ外伝も出てほしいですよね。 そこで義勇に対する本心なんかも、明らかになると嬉しいです。 おまけ しのぶは普段「冨岡さん」と義勇のことを呼ぶのですが、コミックス五巻のカバー下では「義勇さん」と下の名前で呼んでいます。 これにはどういった意味があるのでしょうか? まとめ的なもの 「ぎゆしの」 響きもいいですよね。 冨岡義勇外伝の最後には、 「今後の外伝にもご期待ください」 と書かれているので、今後も柱の外伝は出てくると思います。 順番的に言うと、次はやはりしのぶになるのですが、どういった外伝になるのかとても楽しみです。 以上、ぎゆしのについてでした!.

次の