君に届け 感想。 君に届けのレビュー・感想・評価

君に届けのレビュー・感想・評価

君に届け 感想

スポンサードリンク 「君に届け 番外編~運命の人~」1巻 内容と感想 第1話 大学生になって1人暮らしを始めたくるみは、爽子と同じ大学に通い、一緒に授業を受けて、一緒にお昼を食べて、いろいろ終わったら爽子の家へ帰ってふたりでダラダラゴロゴロする毎日を送るという至福の日々を送っていました。 くるみは爽子のことをもしかしたら私の運命の人かもと、ひそかに思っていたのです。 なので、たまに風早から電話が入った時に、 「爽子ちゃんは大学でめっちゃモテてるよ!」 とか意地悪な情報を流してやったりします。 そんなある日、二人は大学の同級生から合コンに誘われて、くるみのワガママで参加した合コンで爽子が正面の男にロックオンされてしまいました。 その男は異常なくらい独りよがりで鳥肌が立つくらいくらい気持ち悪いヤツなので、なんとか爽子を守ろうと頑張るくるみですが・・・。 するとその時、そいつの襟首を摑んでストップをかけてくれた救世主が! 「久しぶり 爽子」 「えーじお兄ちゃん・・・」 なんと爽子のいとこの栄治お兄ちゃんが、さっきからこのグループの様子をうかがっていて危ういところで助けてくれたのです。 「胡桃沢梅ちゃんです。 親友なの」 爽子は帰り道で栄治にくるみのことを紹介すると、 「はずれ合コンで残念だったなぁ 梅! 」 と、いきなりの梅呼び! それからしばらくたったある日、くるみのケータイに爽子からメールが入り、爽子の家で栄治と3人でご飯を食べることになりました。 けれど爽子の家へ向かう途中で、この間の合コンストーカー男が! どうやら爽子の家を探しているようだったそいつに絡まれていたくるみを、今度も栄治が助けてくれました。 栄治は爽子の家に戻ってくると、 「なんかあったら言えよ」 そう言って連絡先の交換をしようと言ってくれました。 二人を見ていた爽子は、栄治が「梅」「梅」と呼ぶのを聞いて複雑な気持ちになります。 爽子が「梅ちゃん」と呼ぶと、「梅って呼ばないで!」即拒否されていたからです。 そんな中、栄治はくるみに訊ねます。 「約束どおり彼氏を紹介してやるからどんなタイプがいい?」 いままでモテまくってはいたけれど風早意外好きになった男子がいなかったくるみは困ってしまいました。 「好きなった奴は?」 と聞かれて 「爽子ちゃんの彼氏」 そう答えたくるみは、自分が風早をはさんで爽子にたくさん意地悪をしたり、汚いことをいっぱいしたと答えました。 爽子に対するくるみの気持ちを聞いた栄治は「依存症?」と聞きます。 すると、 「そうかもしれない・・・わたし、ストーカーみたい。 どんびきでしょ?」 爽子がいなかったら完全にダークサイドの人間だった・・・そうつぶやくくるみに、 「つきあうか 梅」 「残念ながらこれも出会いです。 高校時代に『モテモテだったくるみ』をただの「梅」として扱う栄治に、素直に「うん」と言えるはずもありません。 でも妙に気になるくるみは爽子から、栄治が「H大の3年生で、一人っ子で、名前は赤星栄治、西区の実家に住んでいる」といったプロフィールを聞かされます。 その直後、急に彼から電話が入って突然ふたりでご飯を食べに行くことになりました。 高校時代にモテまくっていたとは言っても、風早意外に好きな人はいなかった自分にとってこれが初めてのデートなんだと気づいたくるみは! 「ま、まって!これがデートだとしたら、わたし、今日が初デートになっちゃう・・・・!!! 」 くるみの言葉に栄治は一瞬驚き、やわらかく微笑みながら言いました。 「問題あります?」 ますます焦るくるみが 「強引すぎない!? 」と言えば 「梅、素直じゃねーからさ」と返し、 「初デート かんぱーい!」 さらに「梅」呼びに慣れていないくるみの妙な反応が、栄治にとってはとても可愛くてしかたないのでした。 まさか今、自分がくどかれているとは気づいていない意外に奥手なくるみは、逆に遊ばれてると思って栄治のことを「チャラシャツ」なんて呼んで警戒心丸出しです。 ただただ自分をじっと見つめてくる栄治の視線が恥ずかしくてたまらないのでした。 やがて店を出る時に自分の分のお金を払おうとしたくるみに、 「金はいー まじで。 そんなら次は梅のおごりね」 「いとこの親友に手ー出そうとしてるんだからそんな変なことしねーよ。 」 「つきあうか」って言ったのはこのひと。 くどかれているのはわたし。 好きでもない人なのに。 想定外の展開にショックを受けているくるみは、爽子の所へ行っても栄治の記憶に翻弄されまくっている自分を持て余してし、ついには夢にまで見てしまうほどでした。 学食のテーブルでうたた寝するくるみを心配した爽子は栄治に電話をかけると・・・。 心配で立ち去り難くて柱の陰から覗いて爽子は、栄治に「帰ってな」とメールで忠告されます。 「これは、始まる!! きっと!!! ロマンスが!!! 』なんて思ってると、自分のスマホに目の前の栄治から電話が入り、続いて『慣れてよ』と今度はメールが入ります。 元はモテモテ女子を自負するくるみはこんな時にも自己防衛本能を発揮して突っ張り、『全然へーきだし』なんて返してしまうから『おっけー 次いつにする?』と返信が来てしまいました! 「おごってくれるんでしょ?」と栄治。 そこで初めて次があることに気づいたのです! 爽子の家に帰ってきたくるみは、栄治に「梅んち招待してくれんの?」と言われて焦ってしまったくだりを話して聞かせます!! そんな初めての恋バナを夢中でしながら少しづつ栄治のことが気になっていくくるみでした。 やがてGW連休初日、爽子が風早に会いに行って留守になる日に次のデートの約束をしたくるみですが・・・。 「私は粘着質で、めちゃ重くて怖くてしつこくて気持ち悪い!」 と、どれだけ言っても、 「梅なー、へたくそなんだよなー。 たいしたことなくね・・・?」 そう言って、受け流し愛しそうに笑いかけてくれるのです。 栄治はくるみのためにちゃんと段階を踏んで誘いたかったと優しく言ってくれ、 「梅 お前を守ってやるから呼べよ」 なんて思いがけない一言に、涙がこぼれてしまうのでした。 その頃、くるみは爽子の予想に反してまだ栄治と一緒にいました。 なぜか別れがたい想いにかられますが、こんな時にどうすればいいのかわからず、自分で自分をこじらせています。 そして、 「どうしてわたしと付き合うかって言った?」 本日2度目の梅の質問に、笑いながら 「欲しがるねー」と嬉しそうな栄治です。 くるみは自分に自信がなくてどこがどう可愛いのか、好きなのか言葉に表してほしいと心の中で叫んでいました。 ところが 「大丈夫・・・向かいのファミレスで様子見るから」と強がってしまったのです。 ファミレスの窓からコンビニにいるストーカー男を監視しながらも、くるみは天邪鬼な自分を後悔し、自分が今度は栄治を利用しているのかしらとぼんやり考えていた時に、 コンビニにいたはずの男がいつの間にか自分の隣に座り込んできのです。 そしてあろうことか、 「梅の気持ちは気づいていたしー!照れちゃってかーわいい!!」 と勝手なことを言ってくるみに迫ってきたのです。 怖くなったくるみが栄治に電話しようとするとスマホを取り上げて連絡先を消去しようとまでしたので、さすがに頭に来た梅が怒鳴りつけて泣き出すと、涙を拭こうとほっぺに触ってきました。 気持ち悪さに梅が固まっていると、駆け付けてきた栄治が男の首根っこを摑んで、向かい側のイスに突き飛ばし、きたばかりのアツアツのドリアを無理やり食べさせて足まで踏みつけ、 「おまえ、白井翼だっけ?個人情報もすげえ押さえてっから覚えといて!」 「二度と梅に近づくなよ!てめぇ・・・・・・!」 さらに警察も呼んだと脅しまくる栄治! ファミレスからの帰り道、怖さでボロボロ涙が止まらない梅に、 「すぐ向かうって言いそびれてごめんな。 怖い思いをさせたな」と。 「ちがうの・・・わたし、ためしたの・・・あんなこと言って・・・ほんとは来てほしかったのに・・・」 ようやく『素直になりたい今の自分』に気づいた梅が初めて素直な告白をしました。 「こわかったよー おねがい今日は帰らないでほしいのー」 そんな梅の顔を両手で挟んで、愛おしそうに言います。 「へたくそ ためそーが利用しようがしたいんならすればいいし、正直そこはどーでもいーわ。 梅がオレと一緒にいたいんならまじで帰らねーからね」 梅がかわいすぎて自分でも結構びっくりしていると、心で嬉しそうに呟く栄治でした。 きっと!!! ロマンスが!!! 」 爽子の期待どうり始まってしまったロマンスですが、世紀の大恋愛なみのラブラブぶりに、この先どう展開していくのか予測ができません。

次の

【君に届け】26巻ネタバレの内容と感想&くるみとあやね・27巻発売日予想

君に届け 感想

君に届け 感想・レビュー 35件 きみにとどけ• 上映終了• レビュー• 動画配信• 総合評価 4. 47点、「君に届け」を見た方の感想・レビュー情報です。 投稿はから受け付けております。 年齢的に制服似合わない。 原作と実写では制服が全く違いすぎますね。 原作はリボンでスカート長いはずですし実写は ネクタイだしブレザーの色も違うしスカート短いし おかしい P. 映画よりドラマで実行して欲しい。 千鶴ちゃんははまり役だと思いました。 父は岸谷さんで見てみたいきもします。 温かい気持ちになり、見終わった後も自然と笑みがこぼれます。 本当にステキな映画です。 2回目でしたが、何回でも観たくなる映画です。 見逃した方はぜひDVDで!観なきゃ損!お勧めです。 特に春馬くん最高アラフォーの私ですがこんな爽やかな高校時代だったらいいなあとつくづく思いました。 三回も観ちゃいました。 原作とは違ってる部分もかなりあります。 それはそれとして割りきって、映画としていい内容でした。 私も号泣でしたが、回りからもすすり泣きが…。 感激のツボはみんな一緒なんだな。 風早役の三浦春馬、笑顔がとても素敵でした。 女友達役の二人、優しさが満ち溢れていました。 なんか久々に優しい涙をたくさん流しました。 絶対これを観ると三浦春馬くんのファンになってしまいます!! 何度も観たい映画です。 純粋だし、役もピッタリだし。 ただ、個人的に多部未華子あんまり好きじゃないので… P. 最初は 貞子風の 主人公にドン引きしましたが 友情・絆・思いやり・恋 と 懐かしく優しいテーマでした。 中学生や高校生に オススメ出来る良質の邦画です。 風早くんは、みんなに平等に接して、人の外見ではなく、中身をキチンと見れる所が素晴らしい。 あの爽やかな笑顔は言うまでもなく、完ぺき男子。 あと、女友達二人が凄くいい。 特に、蓮佛美沙子が良かった。 屋上で、「爽子」とちゃんと呼び変えて抱き合う場面。 ウルっときました。 観て良かった。 心が温かくもなり、切なくもなり…。 観た後で優しさと温かさと元気を貰える、何度でも観たくなる…。 そんな素敵な映画です。 何度も泣きました。 昨日観たのに、今日も一日中切ない気持ちと幸せな幸せーな気持ちに浸っています。 高校時代は遥か遥か遠い昔ですが、私たちこそぜひ観なければならない映画です。 かなりの元気とピュアな気持ちをもらいました!主役の春馬君・多部さんだけでなく、俳優陣がみんないい演技してます。 これからも楽しみです。 忘れていた純粋で切ない気持ちを思い出し、心が生き返りました!最高によかった!高校の頃ってあんなだったかな、素直に羨ましいって思いました。 春馬君の笑顔が眩しくって、カップルで観に来てると比べちゃわないのかなぁ~って思っちゃった 笑 P. 早風君は笑顔だけでなく心も男前!さらに三浦春馬君が演じているので最強の男前ですね!爽子役の多部さんも最近私の中で急上昇の女優さんで、真っ直ぐで控え目だけど芯の強い爽子役がピッタリでした。 まだ観終わった余韻が残っていて、幸せ~な気持ちです。 自然に笑みがこぼれます。 いろいろ考えないで素直な気持ちで観に行ってほしいです。 ぜひ! P. 子供だましなストーリーかと思ったが、ゆっくりと流れる季節の移ろいと共にゆっくりと爽子が心を開き、少しずつ恋と友情を育む様子がていねいに描かれていた。 風早君の爽やかな笑顔の余韻もいい!!!

次の

【君に届け12巻ネタバレあらすじと感想】風早と爽子の初デート!初手つなぎも!

君に届け 感想

「」はコメディであると同時に正統派ラブストーリーでもあって、そこにハマってドえらい長いド変態感想ブログをこうして続けている私だけど、普段恋愛ものを好んで鑑賞するかと言えば、答えは「否」一択になる。 映画の録画ストックは「」「」「!」「」と、見事に恋愛「以外」ばかり。 200冊ばかりのささやかな蔵書も、並んでいるのはクリスティ・クイーン・ドイルの海外推理ものや、の時代小説や、の歴史もの、比較的最近の作家だとや。 後はエッセイが多いかな。 まあともかくも本当に恋愛「以外」。 がしかし、恋愛ものが嫌いなわけではなく、「」をずーっと持っていたりする。 よく出来たお話なら、コテコテ・ベタベタな恋愛ものでもなんでもどんと来い、だ。 というわけで、表題。 「」、原作コミックも好きです。 実写映画も好き。 よく出来てると思う。 可愛くて爽やかな、青春恋愛映画。 久しぶりに地上波でやったので、録画して見てみたけど、「やっぱり好きだなあ…」と感慨を新たにしたことでした。 まあでもこれ、ありきの映画だよね。 をちょっとでも好きな人なら、公開当初漏れなく観に行っているだろうね。 主人公・爽子のセリフに、彼が演じた風早翔太を指して 「爽やかから出来ている人なんじゃないかと…」 というのがあるけど、まさに言い得て妙。 爽やか成分120%、「爽やか」が制服を着て歩けば三浦風早になるんじゃないかと思うくらい、非の打ちどころのないキラキライケメン。 ヒットした王道少女漫画の実写化でヒロインの相手役を張るに相応しい容姿と技量の持ち主と言えよう。 リアルなら「かぜはや」という苗字はちょっと呼びにくいので、もっとライトなニックネームがつくんじゃないかな…とは思うけど、それはまあ些末な話。 ヒロイン爽子を演じたちゃん。 この人、容姿に関してああだこうだ言う向きもあるけど、私は可愛くて実力もある、いい女優だと思う。 前から好きな女優さん。 この爽子、匙加減が難しいキャラなんじゃないかと、素人ながら感じる。 女子高生に「貞子」のニックネームがついてるって、まあまあキツイと思うんだけど、人と話すときに上目遣いの三白眼になってしまう爽子を見ると、 「あ、まあ、これは確かに……」 とビビってしまう同級生の気持ちも分かってしまう。 けど、一方で(シャイで緊張してるんだな)と爽子側の事情もなんとなく見てとれる。 肝試しの罰ゲームに「貞子と1週間付き合える権利」を設定するあたりも、なんというかイジメギリギリなんだけど、爽子のコミュ障ぶりが度を過ぎているので、 「おバカな盛りの男子高校生なら仕方ないか」 と看過出来るレベル。 「それほど美人というわけではない、普通の範疇の女の子が、クラスあるいは学年 時には全校)で有名なハイスペックイケメンを射止める」 というのが、あらゆる少女漫画が描いてきた永遠のド定番路線だけど、その「普通の女の子」がハイスペックイケメンに好かれるのも道理だ、と鑑賞者に納得させなければならないし、なおかつ、物語の主人公として共感と好感を得なければならない。 その点でも、真面目で素直、周りの人のためになることをしようと「一日一善」をモットーに毎日を過ごす爽子、見ていてハラハラするくらい不器用で、でも天然で可愛らしい。 これらの条件を難なくクリアして、初々しい爽子を演じてくれた、やっぱりすげー実力派女優だわ……と唸らされるが、見ている間はそんなことは考えず、 「爽子、がんばれ…!」 と駆け寄って背中を押してあげたい気持ちで応援してました。 まあでも、罰ゲームのくだりで、悪ふざけで囃し立てるクラスメイトを前に、真正面から 「やめろよ! 黒沼に失礼すぎるだろ」 「なんだよ…単なるジョークじゃん」 「笑えないんだよ。 黒沼は女の子なんだぞ」 と制止するあたりは、 イケメン無双だよな…と思わされましたけどもね。 恋愛だけじゃなくて、友情もちゃんと描かれているのがいい。 爽子と仲良くなる千鶴もあかねもキャラが立ってていいんだけど、あかねを演じたが印象的だった。 (あれ、すごく知っているはずの顔なのに誰だか思い出せない…) てなって、(あっ、か!)と気づくまで時間がかかった。 メイクの力もあるけれども、抑えた声音でクールなあかねを演じたの演技力の賜物でしょう。 直情径行型の千鶴を演じたもよかったです。 この3人の友情がね、泣けるんですよ。。。 ピュアホワイトでさ…… なんかさ、お互いを思いやって、二心 ふたごころ がない無私の友情って、いいよね…!と、遠い目になってしまうのは、高校時代がとんと昔になってしまったBBAの感慨というものだろうか。 学年の人気者風早くんなので、当然ライバルがいて、当然美少女なわけだ。 テキはなかなか頭も回るタイプで、爽子を応援している身からすると(んまー、姦計をめぐらしちゃって、猪口才な…!)と憎たらしくなるんだけど、そこはそれ、腐っても「」。 ライバルの胡桃ちゃんも全然可愛いのだった。 だってだもん。 あの顔と口調で 「爽子ちゃんなんか大っ嫌い…!」 て言ったって、あーハイハイ可愛い可愛い、ですよ。 で、結局根はいい子で、最後は爽子の後押しをしちゃったりするんですよ。 いいねいいねー。 悪いキャラが出てこない優しい世界。 メインのキャラの中で唯一の大人であるはずのピンは、高校教師の分際で「貞子の呪」の噂を真に受けるわ、生帳を失くすわ、しかも謝らないわで、相当ウザいんだけど、まあ最後ピンもキューピッド的な役割を果たすからいいとしよう。 (超好き)だし。 ヒットした少女漫画の学園ラブストーリー、一定の集客が見込めるからか、1年のうち雨後の筍のごとくモリモリ実写化されるけど、多すぎてどれがどれか分かんないし、印象にも残らない。 出てる俳優大体似通ってるし) その中で、この「」はなかなか成功している作品だと思う。 私は好きです。 浮き世で汚れてしまった心を洗い流したい大人にはおススメ。 ktdmtokttn.

次の