ウーバー イーツ 開業届。 【UberEats】配達員の開業届/青色申告承認書の提出方法は?【3分で完了!書き方も全コピーOK】

【ウーバーイーツ】配達員は開業届が必要?基本を解説【DiDiフード/出前館】

ウーバー イーツ 開業届

もくじ• 開業届を出したほうが良い理由• 開業届の書き方• 青色申告承認申請書の書き方• 税務署に行くと・・・? って感じで順番に書いていますので、配達パートナーやってて開業届をまだ出していない人、出そうと思っている人、これから配達パートナーになろうとしている人は参考にして下さい。 青色申告ができるようになり税金の支払いが減る• 青色申告特別控除の受け方については後述します。 アルバイト(給与所得)と(事業所得)両方から収入を受ける場合は、開業届を出して青色申告特別控除を受けられれば、給与所得特別控除と両方を受けることができるのでかなりお得になりますね! Uber Eats専業&メインの人が開業届を出すメリットと出さないデメリット 続いて、配達パートナーのみで配達する専業の人&をメインで掛け持ちでアルバイトなどをする人の開業届のメリット・デメリットについて。 なので、基礎控除額である38万円しか受けられずアルバイト・正社員・派遣より所得税の金額が増えることになります。 ここでは、給与所得がある仕事(正社員・アルバイト・派遣)でメインの収入をもらっていて副業での収入をもらう人向けになります。 右に行って生年月日書く• 書いた開業届と青色申告承認申請書(もちろん両方ともデータじゃなく紙で)• マイナンバーが確認できる物(通知カードかマイナンバーカード)•

次の

【UberEats】配達員の開業届/青色申告承認書の提出方法は?【3分で完了!書き方も全コピーOK】

ウーバー イーツ 開業届

ウーバーイーツ Uber Eats の 配達員を 副業として行う人は大勢いらっしゃいます。 これまでの出前、宅配とは異なり、 個人の方に宅配をしてもらうという点において、かなり画期的な仕組みをウーバーは実践しているということができます。 ウーバーイーツの宅配は、給与としてお金をもらうのではなく、 個人事業主としてお金をもらうことになります。 この点も特徴的であり、 事業所得または 雑所得の 申告(所得税の確定申告または住民税の申告)を必ず行わなくてはなりません。 アルバイトではなくて、 サイドビジネス型の副業と言えるのです。 平日は サラリーマンとして働いている方が、夜間に配達を行ったり、 週末起業の形式で働くこともできますね。 空いている時間で気軽に仕事をできるところも、ウーバーイーツが副業として人気となっている理由と言えます。 この個人事業主として支払を受けるという部分こそが、「 ウーバーイーツ(Uber Eats)の副業が会社にばれない理由」でもあるのです。 「 ウーバーイーツ(Uber Eats)の副業が会社にばれない理由 」として、個人事業主として報酬の支払を受けることを挙げましたが、何故個人事業主として支払われると、副業が会社にばれないのでしょうか。 まず、前提として、は、副業の住民税が会社に請求されてしまうところにあります。 個人事業主の場合には、会社での天引きではなくて、自宅に副業の住民税の納付書を送ってもらうことができるのです(選択制です)。 自宅に請求してもらう方法を 地方税法上は普通徴収と呼んでいます。 このようにすると、会社にはウーバーイーツに係る住民税情報は一切流れていかないので、本業先の給与計算の担当者も副業の存在に気が付くことができないのです。 住民税を普通徴収にすることができるのがウーバーイーツであり、だからウーバーイーツは会社にバレないのです。 所得税の確定申告又は住民税の申告の際に普通徴収を選択したとしても、必ず普通徴収になるとは限りません。 例えば、 ふるさと納税を行うと、普通徴収にできなくなることがあります。 十分に気を付けたいところです。 ふるさと納税をすると減税効果が大きく、多くの価値ある返礼品を限度額2,000円でもらうことができるため、多くの納税義務者が行っているのですが、 ウーバーイーツをしている正社員の方で、かつ、 本業の会社に内緒にしたいという方は、避けておいた方が無難です。 会社にバレると、 戒告などの不利益な処分を受ける可能性があります。 最悪な場合は 解雇もありうるでしょう(これらの罰則が適用されるのは、 就業規則上において、 副業禁止規定がある場合に限るでしょう)。 「 ウーバーイーツ(Uber Eats)をしていて、会社にバレるのは構わないけれど、 税務署にばれないように内緒にしたいのだけど、可能ですか?」という質問をされた方がいらっしゃいました。 残念ながら 回答はノーです。 このような考え方は 脱税になってしまいますので避けてください。 無申告、つまりは 確定申告をしないのであれば税務署にもバレないだろうなどとはお考えにならないでください。 確定申告をしなくても税務署や市役所・区役所にはバレるのです。 また、売上高を過少に申告して脱税するような行為も大変危険ですので避けていただきたいところです(こちらは 売上除外と税法用語では呼ばれており、罰金がかなり重くなります)。 ウーバーイーツで個人が儲けていることについては、既に税務署は目を付けています。 税務署はきちんとウーバーイーツの配達員が申告をしているかどうか、確認していくことでしょう。 後から税務署にばれると 罰則が適用されるのでお気を付けください。 ウーバーイーツの配達員の方は、事業所得または雑所得で申告を行うことになりますので、 必要経費の計上が認められています。 以下のような必要経費の計上が可能です。 ・ 自転車代(バイク代)・・・10万円以上のものは、減価償却という方法で必要経費に算入します。 修理代、ガソリン代等、車両関連費用も必要経費になります。 ・ 消耗品費・・・業務に関する備品代など。 会計のための文房具代など。 ・ 業務の関係者との飲食費・・・同業者との懇親会費など。 ・ ウーバーイーツ業務で発生した通信費・・・携帯代など。 ・ 配達用の服や靴の代金・・・私用の服は認められません。 ・ 自転車やバイクの保険代・・・念のために保険にご加入になる方も多いものです。 配達パートナー向けの保険は用意されていますが、配達後に帰る間に起きた事故は保証されないため、自転車保険・任意保険への加入がおすすめです。 ・ 税理士相談費用・・・相談料や確定申告の代行料など。 これらの経費の支払の証明となる書類、つまりは 領収書や レシートは必ず保存するようにしましょう。 また、売上高(収入金額)よりも必要経費が大きい赤字状態となると副業バレのリスクが生じてしまうため、 損失とはならないようにご注意ください。 万一、自転車やバイクで配達中に 事故などを起こしてしまった場合の病院の通院費用・治療費に関してです。 ウーバーイーツの仕事中の事故であれば必要経費になるとお考えになるかもしれませんが、実はこちらは必要経費にはなりません。 この場合には、医療費控除という所得控除税制の適用を受けることになります。 ただし、医療費控除を使用すると、普通徴収ができなくなり、 副業がばれる可能性があるのです。 医療費控除は、 本人以外の家族が適用を受けることもできるため、ご家族の方に所得がある場合には、その方に代わりに医療費控除を受けてもらうのも良い方法です。 なお、ご本人が医療費控除を使った場合でも、ウーバーイーツから発生する事業所得又は雑所得よりも医療費控除の額の方が小さく、確定申告で追加で住民税が生じるのであれば基本的にはバレません。 ウーバーイーツは、 20万円以下の場合には所得税及び復興特別所得税の 確定申告が不要であると聞いたことがある方もいらっしゃると思います。 それは確かに事実ですが、実はこの場合は、代わりに 住民税の申告をして、 ウーバーイーツの所得を市役所や区役所に報告しなければならないのです。 全く申告をしなくて良いと勘違いされているケースが多いのでお気を付けください。 副業で配達員をしたら、申告が必要だとご認識ください。 所得税や住民税などの税金に法律は非常に複雑であり、よくよく調べないと勘違いしてしまい、思わぬ ミスをしてしまうのです。 ちなみに、住民税率はウーバーイーツの副業から生じた所得金額の10%になるとお考えください。 住民税は一律10%の税率となっております。 宅配を行う 地域にも十分に注意しましょう。 さすがにこちらは大丈夫だと思いますが、 本業の会社の付近などは絶対に避けたいものです。 どんなに副業バレを防ぐために住民税対策などを行っても、実際に配達員をしている姿を会社の同僚や上司に見られてしまっては、副業していることがばれてしまいます。 自転車で配達をする姿は意外と目立つと言うことは考慮しておいた方が良いでしょう。 週末などは会社の同僚たちがどこに出かけているかもわからないので、人に見られるというリスク自体は完全には排除することはできません。 しかし、できる限り人が訪れないエリアで働くことをおすすめいたします。 更に、配達中はサングラスをしておくなど、ばれない工夫をしておくことをおすすめいたします。 初めてのウーバーイーツの確定申告は我々のような 税理士事務所(会計事務所)にご依頼になることをご検討されても良いかもしれません。 一度申告書をプロに作成してもらうと、 2回目以降はご自身でそれを真似して作成をすることができます。 参考となるプロが作成した以前の確定申告書があると安心感も違うかなと思います。 自転車やバイクの減価償却費の計算などは初年度の購入時に行うので、そのやや難しい計算を税理士事務所に行ってもらえるのも良いところです。 最初の申告の際に 節税策なども実行してもらっておけば、2回目以降は、やはり それを真似して節税策を実行することができます。 例えば、税理士事務所が必要経費のアドバイスをしてくれることで、節税できることもあるのです。 税理士報酬は最初はかかるものの、トータルで見ると金銭的にはお得であると言うことが多いものです。

次の

ウーバーイーツの確定申告を自分でやる!副業の税金・書き方を解説!

ウーバー イーツ 開業届

Contents• Uber Eats ウーバーイーツ の収入は確定申告が必要? Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼いだ収入は確定申告しなければいけないのでしょうか?結論から言うと 必ず確定申告しなければいけません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは雇用ではなく、業務委託なのでUber Eats(ウーバーイーツ)で得た収入は自分で確定申告をしなければいけません。 個人事業主ということですね。 確定申告をしなくて良い場合 Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入は確定申告は必ずしないといけないと書きましたが、確定申告しなくても良い場合があります。 どういう場合かというと、会社勤めやアルバイトなどで給与所得を貰っていて、その会社が年末調整を行ってくれているという方は、 Uber Eats(ウーバーイーツ)を含む副業の所得が年間20万円以下であれば確定申告の必要はありません。 また、給与所得がなく、 収入がUber Eats(ウーバーイーツ)のみの方は、年間38万円以下であれば確定申告は必要ありません。 38万円と言うのは基礎控除といって一律に控除される金額になるので、38万円を超えた場合、確定申告しなくてはならない可能性がでてきます。 会社にバレずにUber Eats配達パートナーをやる方法 働き方改革の影響により、副業を解禁する企業が増えてきたものの、いまだに副業禁止の会社も多いです。 副業でUber Eats(ウーバーイーツ)をしていることが会社にバレたくない人はどうすればいいのでしょうか? それは 正しく確定申告をすることです。 というのも、 副業が会社にバレる一番の理由が住民税からバレることなので、正しく確定申告する必要があるんです。 住民税は前年度の所得を合算したものに税率を掛けて決まります。 会社員の場合、住民税は給料から天引きされますが、副業で所得があると納税額が高くなるため、副業していることが会社にバレるというわけです。 では、会社で給料天引きされているサラリーマンやOLが会社にバレずに確定申告するにはどうすればいいかというと、確定申告の際に記入することになる「住民税・事業税に関する事項」にある徴収方法の項を 「給与から差引き(特別徴収)」ではなく、 「自分で納付(普通徴収)」にチェックすることです。 「自分で納付」にチェックすることで、会社に副業分の収入が通知されないので、会社にUber Eats(ウーバーイーツ)をやっていることがバレずにできます。 ちなみに、「マイナンバー制度が原因で会社に副業がバレるのでは?」と心配している人もいるかもしれませんが、 マイナンバー自体が原因となって副業がバレるということはありませんのでご安心ください。 マイナンバー制度は税金の申告漏れや徴収漏れをなくすという役割がありますが、会社に副業がバレるとかバレないとかとは関係ありません。 確定申告しないとどうなる? 「住民税からバレるなら確定申告しなければ会社にバレないのでは?」と考える人もいるかもしれません。 確かに副業で年間100万円以下くらいなら税務調査がくる可能性も正直低いです。 ですが、もし税務署から指摘されたらほぼ確実に会社にバレちゃいます。 さらに、延滞税、無申告加算税、重加算税を支払わないといけない可能性も出てきますし、そもそも違法ですので、確定申告が必要な人は無申告はやめましょう。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達で認められる経費 Uber Eats(ウーバーイーツ)で認められる経費もあります。 税理士さんにUber Eats(ウーバーイーツ)で認められる経費は何かを聞いてきました。 認められる経費• 自転車・バイクのレンタル代• 自転車・バイクの購入代(家事按分)• ガソリン代• 通信費(家事按分)• モバイルバッテリー代• 休憩の飲み物代 家事按分というのは、プライベート用と仕事用の両方で使うものである場合、仕事で使用する比率分のみを経費に計上することです。 例えば、Uber Eats(ウーバーイーツ)をやるために5万円の自転車を購入したとしても、プライベートでも使用することもあると思います。 その場合、全額経費にできなく、仕事で使用する割合分(使用時間や日数)のみを経費に計上します。 認められるか微妙な経費としては、配達用の服です。 仕事専用といえば経費になりますが、プライベートでも着るようなものは家事按分になります。 ちなみに、バイクの駐禁代のような交通違反の罰金は経費になりません。 経費はきっちりしたルールがないので税務署の判断になってしまいます。 担当の税務職員が経費にならないと言えばなりませんし、経費になると言えばなります。 判断に迷ったら税務署に行って確認するのもいいと思いますよ。 それと、経費にするものは 領収書またはレシートを必ずもらいましょう。 経費を計算するのに必要ですし、 最低5年間は保存しなければいけません。 認められる経費を増やすコツとしましては、開業届を出すこと。 そうすれば、経費と認められる可能性が高くなります。 管轄の税務署の判断になりますので一概に言えませんが、バイクで使うプロテクターや防寒具なども経費で認められると思いますし、飲食代も交際接待費として多少なら出るかもしれません。 開業届と聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、 だと簡単な質問に答えるだけで必要書類を自動で作成することができるので、めちゃくちゃ簡単に開業届が作成できますよ!• 自分の収入と経費を計算する• 確定申告書を記入する• 確定申告書を提出する ひとつずつ解説してきます。 自分の収入と経費を計算する にアクセスして、 「お支払明細」から今までの収入が確認できます。 次に、前章のを参考に経費を計算します。 そして、1月~12月までの収入を足して、経費を差し引いた金額を算出します。 1年まとめてやると面倒なので、その都度やるか毎月やることをおすすめします。 いわゆる帳簿づけですね。 エクセルとか使ってやる人もいますが、クラウド会計ソフトを使って管理することをおすすめします。 銀行明細やレシートのスキャンデータを取り込んで自動で仕訳できるので、入力の手間が省けます。 自動なので簿記知識がなくても簡単にできますよ。 しかも、 なら 確定申告書作成を含む全ての機能がずっと無料 で利用できるので、月10万円くらいの副業でやっている方は、弥生でやるのがおすすめです! 確定申告書の書き方 次にUber Eats(ウーバーイーツ)の収入の確定申告書の書き方をご紹介します。 この説明では様式Bを使いますが、様式Aでも書く欄は同じです。 e-Taxでの提出方法など、詳しい提出方法を知りたい方はが参考になると思いますよ。 ちなみに、おすすめの提出方法は、してプリントして税務署に持っていく方法です。 スマホでも作成できますし、プリンターがなくてもコンビニでプリントできるので、簡単に確定申告書が作成できちゃいますよ。 クラウド会計ソフトを使って確定申告する方法 最近はクラウド会計ソフトを使って確定申告することが一般的になりました。 有名なところでいうと、 、、 があります。 クラウド会計ソフトのメリットは自動で仕訳ができることと、データを保管してくれるところです。 一人でやる場合は手打ちでエクセルやGoogleスプレッドシートとか使って売り上げと経費を計算して帳簿をつけたりしますが、クラウド会計ソフトを使えば銀行明細やクレジットカードなどのデータを連携させて自動で仕分けすることができます。 確定申告書も質問に答えるだけで簡単に作成できます。 開業届を出して本業としてやるならクラウド会計ソフトは必須だと思います。 先ほども書きましたが、 なら簡単な質問に答えるだけで開業届の作成ができますので会計初心者におすすめです。 クラウド会計ソフト比較 大手のクラウド会計ソフト3社の料金とサポートを比較しました。 スターター パーソナルライト 青色申告セルフ 月額 980円 1,280円 なし 年額 9,800円 11,760円 8,000円 キャンペーン 1か月無料 1か月無料 1年無料 サポート ・チャット ・メール ・チャット ・メール なし 弥生の青色申告の特徴 はとにかくお金を掛けずに確定申告したい向け。 安いですがサポートがありません。 とはいえ、キャンペーンで1年無料なので、確定申告書まで無料でできちゃうのは嬉しいですね! しかも、無料期間終了までに解約すれば完全無料ですので、とりあえず1年目は弥生でやってみるのもいいかもしれませんね。 ちなみに、私は を使っています。 当時、事業届の作り方が分からなかったのでfreeeにしました。 freeeは開業届を提出する予定がある人はfreeeでやるのがおすすめです!知識ない人でも本当に簡単に作れます。 あと、先ほども書きましたが、副業でやっている人は、 無料で利用できる で十分です。 勘定科目100件までという制限はありますが、副業であれば全然余裕です。 これだけの機能が永久無料で使えるのはすごいです。 確定申告には青色申告と白色申告とありますが、 開業届を提出していない人は白色申告になります。 税理士にお願いして確定申告する 正直、Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入だけなら税理士にお願いするまでもないかなと思いますが、「もう確定申告のこと考えたくない!」「面倒くさい!」という人はお願いするのもいいかもしれません。 料金はもちろん税理士ごとによって変わってきますが、 月1万円~1万5千円くらいが相場かと思います。 さらに確定申告をお願いするなら追加で5~7万円くらいかかるので、 税理士に丸投げするなら1年トータルで20万円くらいかかります。 結構、料金高くなりますので副業でやってる方は必要ないですね。 本業でやってる方も、最初は分からなくて大変かもしれませんが税理士にお願いするまでではないかと思います。 かならチャットで質問に答えてくれますので、そっちを利用したほうがいいと思います。 Uber Eats(ウーバーイーツ)をやりながら他の事業もやっている個人事業主の方は税理士を利用するのもいいかもしれません! 税理士は近所の税理士事務所にお願いするのが一般的ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)は新しいサービスなので詳しくない人も多いと思います。 ですので、とかネットで探すのがいいかもしれません。 税理士報酬も交渉できますし。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告まとめ Uber Eats(ウーバーイーツ)の確定申告について解説していきましたが、ちょっと長くなってしまったので最後にまとめたいと思います。 Uber Eatsの確定申告まとめ• 確定申告は 給与所得がある方は年間20万円以上、給与所得がない方は年間38万円以上稼いだらしなければならない• 学生や主婦は年間38万円以上稼いだら扶養外れるし確定申告しなければならない• 会社にバレずにやるには確定申告で 「自分で納付」にチェック• 経費にするときは領収書かレシートを貰い、 最低5年間保管する• Uber Eatsの収入は 雑所得、開業届を出して本業でやるなら 事業所得• Uber Eatsの社名は 「Uber B. 副業なら がおすすめ• 本業なら がおすすめ• 開業届を出すなら がおすすめ 確定申告や税金のことって難しいかもしれませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)をやる以上避けられません。 一度やれば難しくないですし、クラウド会計ソフトを使ってネットで作成すればかなり簡単にできるので、どれか登録することをおすすめします。 分からないことがあれば税務署に行って聞くのが一番手っ取り早いし確実です。 確定申告をやらずにびくびくしながらUber Eats(ウーバーイーツ)やるより、しっかり確定申告してUber Eats(ウーバーイーツ)でたくさん稼ぎましょう!.

次の