公認会計士試験 科目。 公認会計士の勉強法とは?各科目の勉強法・勉強時間から独学での合格可能性まで解説

公認会計士試験の各科目の難易度について教えてください。

公認会計士試験 科目

Contents• 公認会計士試験は全部で9科目!合格までの道のりは? 公認会計士試験の試験科目には必須科目と選択科目があり、試験形式は短答式試験と論文式試験の2段階選抜という形になっています。 つまり、論文試験は先に短答式試験に合格していないと受けることができません。 また、短答式試験に合格しても、1回の合格で受験が免除されるのは2年間だけです。 そのため、何年もかけてゆっくり受かればよいというわけにはいきません。 しかも、合格基準点は科目ごとに設けられているため、1科目でも基準点に満たないものがあると、合格できないという厳しい面があります。 試験科目数が多く、勉強しなければいけない範囲が広いうえに、どの科目もまんべんなく基準点を上回ることを要求される点が、公認会計士試験の難易度を上げています。 関連記事: 近日公開「公認会計士の試験は10%台の合格率!目指すべき点数は?」 公認会計士の試験科目の認知度はどれくらい? 試験科目の概要がわかったところで、次にどれくらいの人が公認会計士の試験科目数を知っているかアンケートを取って確認してみました。 【質問】 公認会計士の試験科目が9科目あることを知っていましたか? 【回答数】 知っていた:26 知らなかった:174 調査地域:全国 調査対象:【年齢】20歳以上の男女 調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日 有効回答数:200サンプル 知らなかった人が圧倒的多数 今回のアンケートでは、公認会計士の試験科目数が9科目であることを知らなかったと答えた人が全体の約9割を占めました。 たくさん受ける科目があることは知っていたが、調べたことがなかったので具体的な科目数までは知らなかったから。 特に理由はありませんが、制度・内容に関して調べていなかったためです。 難しい資格とは把握していますが、科目数はわからないです。 公認会計士を目指したことがないから詳細がわからないという人が多いのは仕方がないところですが、公認会計士試験の認知度自体が低いこともうかがえました。 一方、知っていると答えた人のコメントは以下の通りです。 大学の時に会計士になりたい人が多かったので、その時に色々情報をもらったりしていた。 以前簿記の専門学校の講師をして、会計士の受験を考えたため。 知人が受験したことがあったため、聞いた事がありました。 アンケートの結果から分かるように、正確な受験科目数は、具体的に受験を考えた人でないとわからないもののようです。 そこで、以降の段落で試験科目の種類と効果的な学習方法を一緒に紹介します。 <PickUP> 必須科目を詳しく紹介 必須科目は「財務会計論」と「管理計算論」「監査論」「企業法」「租税法」の5科目で、「財務会計論」は計算部分の「簿記」と理論部分の「財務諸表論」からなります。 必須科目のうち「財務会計論」と「管理会計論」は、短答式試験においては別の科目としてカウントされますが、論文式試験においては2つを合わせて「会計学」として扱われます。 また、「租税法」以外の必須科目は、短答式・論文式両方に共通した試験科目ですが、「租税法」は論文試験のみの試験科目です。 一方、選択科目は「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の4科目で、論文式試験の際に1科目だけ選んで受けることになります。 つまり、短答式試験では「財務会計論」「管理計算論」「監査論」「企業法」の4科目、論文式試験では「会計学」「監査論」「企業法」「租税法」と選択科目のうちいずれか1科目の合計5科目を受けることになります。 そのため、受験科目はのべ9科目という計算になりますが、実質は必須科目5科目と選択科目1科目の計6科目です。 ですから、早めにどの科目を選択するかを決めておいたほうが効率よく学習できます。 選択科目を詳しく紹介 先の段落で述べた通り、選択科目は「経営学」「経済学」「民法」「統計学」の4科目です。 選択科目が関係するのは論文式試験のみで、4科目の中から1科目を選んで受験することになります。 それぞれの科目の特徴と学習のポイントは次の通りです。 経営学 受験者の約8割が選択していることもあり、基礎的な部分からの出題が多く、難易度としては他の選択科目よりは低めです。 財務論の部分で数学的な知識が必要にはなりますが、あまり高度なことは問われません。 分散や期待値の算出、一次関数の計算はできるようにしておいたほうがよいでしょう。 経済学 経済学は社会科科目だと思っている人も少なくないようですが、公認会計士の試験の選択科目では数学に近いものだと考えたほうが無難です。 出題範囲が広く、微分に関する知識が必要になります。 微分についてしっかり理解できていないと解けない問題も出てくるため、数学が不得意な場合はおすすめできません。 また、経済学を得意とする人しか受験しないため、小さなミスが響きやすい科目でもあります。 民法 民法は条文が多く、適用範囲が広いため、覚えることが多く、学習に時間がかかります。 法律科目に強い人にはおすすめですが、民法を得意としている人しか選ばない科目ということもあり、ちょっとしたミスが大きく響きやすい科目でもあります。 ただ単に条文を覚えるのではなく、判例や適応例と共に条文を理解することが大事です。 統計学 勉強すべき範囲は少ないものの、計算内容は高度です。 暗記するような項目が少ないため、一度得意科目にしてしまえば楽に対応できます。 成功すれば他の受験生に差をつけやすい科目と言えますが、細かいミスをすると、致命傷になりやすい科目でもあります。 選択科目はどれを選択すればいい? 公認会計士の試験では、試験科目のうち選択できるのは1科目だけです。 しかし、どの1科目を選ぶかが合格のカギを握っていると言っても過言ではありません。 なぜなら、選択科目4科目はそれぞれ必要とされる学習目安時間が大きく異なるからです。 経営学や統計学は200~250時間程度で済むのに対して、民法は450時間前後、経済学は500時間前後かかります。 そのため、実際の試験の際にも、4科目の中では経営学を選ぶ受験生が最も多いという結果になっています。 経営学と同じく学習目安時間の短い統計学ですが、かなり専門性が高く計算の難易度も高いため、よほど得意な人以外は避けた方が無難です。 資格を取得した後さまざまな場面で活用できるという点でも、選択科目は経営学を選ぶのがおすすめです。 会計事務所や税理士事務所での求人情報が豊富な「会計求人プラス」は、あなたとあなたを必要としている企業様を繋ぐ求人マッチングサイトです。 会計業界に特化しており、会計事務所、税理士事務所をはじめとして、公認会計士事務所、コンサルティング会社、一般企業の財務・経理などの求人情報を中心に公開しています。 異業種から会計業界へ転職を希望している方をはじめ、これから税理士や公認会計士を目指す方や、今までの税務・会計の知識・経験を活かしてスキルアップしたい方を応援します。 総合転職サイトとは違い、独立開業を支援している企業や資格学校への通学を考慮してもらえる企業など、会計業界ならではの視点で求人を探すことも可能です。

次の

【公認会計士試験】選択科目の選び方|jijiたんの勉強方法ラボ

公認会計士試験 科目

しかし、その分資格を取ると高給で安定した生活を送ることができます。 大学の選択は公認会計士になるという夢に近づくための選択の一つになります。 実は、手厚い国家試験対策講座を開いていたり、多くの合格者を輩出する組織が大学にあったり、金銭面で援助が出たりと、公認会計士になるための環境が整っている大学がたくさんあります。 この記事では、公認会計士の仕事の内容や生活、おすすめポイント、公認会計士試験の難易度や合格率などをご紹介します。 そして、公認会計士合格者の大学別ランキングや、国家試験に合格するためのおすすめ大学5選もお教えします! ぜひ大学選び、夢選びの参考にしてください。 公認会計士はどんな仕事をしているか知っていますか!? 日本には沢山の企業が存在します。 そして、それぞれの企業で守るべき法律があります。 財務諸表というその会社の経営に使用した内訳をそれぞれ確認して違法な会計をしていないかをチェックすることが主な公認会計士の仕事です。 この確認作業の事を 監査と言います。 この仕事には 会計に関する広い知識と、 第三者の視点が必要です。 そのために、公認会計士になるためには国家試験である公認会計士試験を合格する必要があります。 そして、この資格を持っている人以外は財務諸表等の監査業務はできないことになっています。 会社の経営者は業務内容や会計などを株主や支援者に対して報告するのが一般的です。 そこで報告する内容は、公認会計士によって監査されたものになります。 会社の経営がうまく行っているように利益を水増しして財務諸表に書いている会社が存在する可能性があり、それを見つけなければなりません。 企業の業績やお金の使い道が正しいものか、ふさわしいものかを見極める公認会計士は経済の安定に不可欠です。 公認会計士のオススメポイント 給料の高さ まず筆記試験では会計に関する様々な分野の知識が問われます。 必修科目は「財務会計論」「管理計算論」「監査論」「企業法」「租税法」の5科目で、選択科目は「経営学」「経済学」「統計学」「民法」です。 選択科目から1科目選択して受験をします。 受験科目は合計6科目になっています。 試験は2段階試験となっており、短答式試験を合格した後、論文式試験を合格することによって国家試験に合格することができます。 試験に合格した後には2年間の実務経験と実務補助という経験をして、その後、晴れて公認会計士の資格を得ます。 出題される教科や内容も多いことから、5000時間の勉強時間を要する試験だとも言われています。 粘り強く勉強することと やる気が必要な試験かもしれません。 公認会計士試験の難易度・合格率 税理士試験には受験資格が存在します。 多くの受験資格になりうる条件が存在しますが、そのうちの一部をご紹介します。 ・大学・短大・高等専門学校を卒業し、法律学及び経済学に属する科目を一科目以上取得した者 ・大学3年次以上で、法律学及び経済学に属する科目を一定数取得した者 ・司法試験合格者 ・公認会計士試験短答式試験合格者(平成18年度以降の合格者に限る。 ) ・日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者 このようなたくさんの条件のうちのいずれか1つに該当する必要があります。 これは大きな違いですね。 公認会計士試験は誰でも受けることができるのです。 業務の違い.

次の

公認会計士試験の試験科目について解説します

公認会計士試験 科目

また、基礎的な部分からの出題が多いため、難易度は割と低めであり、受験者の約8割が選択する科目となっています。 具体的な範囲としては、リーダーシップ理論、国際化戦略、イノベーション・マネジメント等が挙げられます。 出題範囲が広く、微分に関する知識が非常に必要となるため、数学が苦手な方にはあまりオススメできない科目です。 ちなみに僕の周りでは、数学が得意な人は、経済学ではなく統計学を選択するのがほとんどでした。 条文や判例など多くのことを覚えなければいけないため、学習には時間がかかります。 また、民法大改正に伴い、学習面・実務面で大きな影響が予想されるため、よっぽど民法が得意なのでない限りは選択しない方がいいのではないかと思います。 *なお、上記の理由から、予備校によっては民法講座の開講を見送っている場合があります。 勉強する範囲は少なく、暗記が少ないですが、計算内容が非常に高度な科目です。 ただ、僕が通っていた予備校の講師は、「統計学は、経営学と比べて成績が安定するため、上位を取る力がある人は安定して上位の成績を取ることが出来る」と言っていました。 *真実か否かは分かりませんが…笑 そのため、僕の周りでも、数学に自信がある人は割と統計学を選択していたと思います。 そのため、統計学・経済学を選択する方は 数学が得意な方や、 あらかじめ数学の専門知識を有している方が大半です。 僕の友達(大学生)にも統計学選択が数人いましたが、その人たちは皆、もともと国公立大学志望の人や、理系の人などでした。 また、選択科目が必要となる論文式試験は、相対試験(偏差値評価)です。 よって、この2つの科目で高い偏差値を獲得するためには、数学が得意な受験者の中でさらに飛び抜けないといけません。 民法を選択科目とした場合、必要とされる勉強時間は 450時間とされています。 一方、経営学に必要とされる勉強時間は 200~250時間。 選択科目以外の科目でさえ膨大な学習量があり、ただでさえ時間が足りない公認会計士試験において、民法を一から学ぶのは効率が悪いと言わざるを得ないでしょう。 その理由としては2つあります。 1つ目の理由は、計算が難解ではないということです。 経営学の計算を実際に学習してみて、「 中学卒業レベルの数学力」さえあれば、ほとんどの範囲をカバーできるなと僕は思いました。 公認会計士試験の受験生はほとんどが文系であることを考えると、この難易度の低さはかなりとっつきやすく、学習もしやすいのではないでしょうか。 2つ目の理由としては、理論の学習内容が面白いということです。 例えば、経営学理論の範囲であるリーダーシップ理論。 これはリーダーとしてふさわしい行動とはどのようなものかということや、状況に応じてリーダーがどんな行動を取るべきかについての理論です。 このリーダーシップ理論を学習することで、自分が将来リーダー(経営者)やそれに近い立場になった場合にどうすればいいのかということが理解することが出来ます。 将来独立や企業を考えている僕にとって、この範囲は学習していてとても為になりましたし、それに伴ってするすると頭に内容が入っていきました。 そのほかの範囲についても同様に面白く、頭に入りやすい部分も多いです。 僕は、「楽しむこと」が勉強で大事だと思っているので、 楽しんで学習しやすい経営学を選ぶのはとても良いと思います。 以上の理由から、経営学以外の科目は各科目についてある程度の知識がある方が選びます。 論文式試験は 相対試験(偏差値評価)なので、選択科目内で受験生のレベルが全体的に上がると、それに伴って合格に求められるレベルが上がります。 よって、専門知識のない方は経営学を選択するべきなのです。 3、まとめ.

次の