愛染 明王 真言。 恋愛の仏様 愛染明王とは? 毎日ご真言を唱えるだけで恋愛運アップ!

愛染明王の真言が復縁に効果絶大だった!効果あった・叶うと評判|GLOBO

愛染 明王 真言

そのお力をいただけば、どのような恋愛も思いのままに成就いたします。 基本的なマントラの唱え方と、具体的なケースでどのように唱えればよいかをご教授いたしますので、どうぞ皆様ご自身で、その効果をお確かめください。 愛染明王の印と修法の基本 いずれの場合も、真言を唱える際は、愛染明王の印を結んで行いますとより効果的です。 まず両手の親指を交差させ、人差し指を離します。 中指は手の中に折った形で交差させます。 薬指は立てた状態で合わせ、小指は合わせずに離します。 愛染明王のマントラ(真言) おん まかあらぎゃ ばぞろ うしゅにしゃ ばさらとば じゃくうん ばんこく 愛染明王との縁を深め、恋愛運を向上させるためには、一人になれる部屋で静かに正座をして印を結び、上記のマントラを10回ほど、はっきりとした発声で唱えてください。 午前中に行うのがよろしいでしょう。 相手に強い念を送るつもりで行ってください。 回数は多ければ多いほど成就の可能性が高まります。 困難な恋愛を成就させるために、マントラを3万回唱える、という修法も伝えられております。 まず入浴などで身を清めてから、素晴らしいご縁をいただけることを念じつつ、印を結びマントラを唱えます。 回数は、10回以上、できれば20~30回唱えると効果的です。 また、会場に着きましたら、中に入る前に、素敵な出会いがあることを願いながら小さな声でマントラを3回唱えてください。 声を出せない場合は心の中で強く念じながら唱えても構いません。 まず彼と貴女が一緒に写っている写真と2人の名前と住所を書いた紙を用意します。 それらを清めた台の上に置き、しっかりと印を結んでマントラを唱えてください。 回数は最低でも10回以上、30回ほど唱えればより早く効果がでます。 より効果が高まります。 無理な場合はご自宅でも構いません。 まず彼の写真とマントラを書き写した紙を用意し、きれいな台の上に写真を下にして上にマントラを書いた紙を載せます。 印を結び、紙に書いたマントラを、読むようにして念を込めて唱えます。 100回以上唱えるのが理想的ですが、長時間に及んで修法を行うのが難しい場合は、最低20回は唱えて何日か続けてください。 また浮気防止には、彼とのデートの別れ際に、去って行く彼の背中に向かってマントラを3回以上唱えるのも有効です。 できれば印を結び、小さくてもよいですから、声を出した方が効果です。 無理な場合は、心の中で唱えるだけでも構いません。 愛染明王とのご縁を深め、願い事を聞き届けていただくためには、普段からマントラをお唱えください。 愛染明王のお姿を思い浮かべながら、毎日行えば、必ず仏縁が強まり、より一層のご加護をいただくことができます。 毎日の積み重ねが恒常的な恋愛運向上につながります。

次の

“愛染霊能者直伝”浮気を防ぐマントラ

愛染 明王 真言

愛染明王とはどんな仏様か 愛染明王とは、仏教の仏様のうち、 諸々の煩悩を悟りに変化させ、悟りの境地(仏教徒が目指す到達点・真理の体得)へと導くとされている仏様です。 仏教では煩悩は心を掻き乱すわずらわしいものであったり、諸々の欲望を言い表すものであったりします。 本来、煩悩に関して言えば、 煩悩を減らして僅かにもそのような妄念が浮かばないようにするのが仏教での常で、そのために行(修行)や知識の会得から入っていくものです。 しかし、愛染明王尊は、その消しがたし、除きがたしである煩悩を、 祈る事で真理の体得へ向かうステップに変換して下さるわけですから、通常の仏教的な方法論や法則からすると、並の考えだけでは理解しえないような 特別な力を持った仏様であり、また、例外的に 大きな許しをもって力添えをして下さる仏様であると言えます。 愛染明王真言の効果について 愛染明王法とは、 愛染明王の真言(真理を表す秘密の言葉・お経みたいなもの)を唱える事で行うものであり、 愛敬開運(あいきょうかいうん)のご利益があると言われています。 これを幾度となく唱えれば、 愛され敬われ開運し、諸難消除までの効果があるとされています。 そしてネーミングが「愛」「染」のため、愛しの異性を愛で染めて欲しい!と、 恋愛成就のために、うなるほど祈られている仏様が愛染明王尊そのものであります。 愛染明王法は恋愛成就には効果なし? 愛敬開運のご利益がある愛染明王法ですが、実は、 恋愛成就に関しての効果は統計的に言えば半数以上で認めることができませんでした。 なぜか。 人と人との結婚するしないの可能性をもった縁は 神社神道の神の領分だからです。 神社神道は日本に2000年以上前からそもそもが存在し、仏教は1500年前に日本に外部から伝来したものになります。 日本の神が人と人との縁を決めている存在なのは周知の事実です。 そこを仏様のお力で侵犯する事はできかねます。 ゆえに、 愛染明王法は、(場合によりますが)限界を持った術法と言えます。 愛染明王法の体験談!唱えた人の願いは叶ったか? この愛染明王の真言を驚異的な数、唱えられた方が当方の昔のお客様にいらっしゃいます。 早い話、 30万回以上唱えられた方です。 愛染明王真言を恋愛成就の用向きで唱えられたそうですが、 ついにその祈りは報われることは有りませんでした。 十数日以上不眠不休で唱え続けて達成できる回数がこの30万回という数字で、これをその方は3ヶ月半(1日3時間半ペース)で成しました。 その末に ご利益としてあったのは、 周囲の人間に愛され敬われる、といったものでした。 興味がなさそうに接してきていた方や、薄い付き合いの知人や顔見知りの方、仕事上の付き合いの人、これらが 全員猛烈に自分一人に最高の接し方をしてきていたそうです。 しかも、 その30万回に近付けば近付くほど、目に見えて他人の自分に対しての 興味の示し方が変わってきたそうです。 が、 その方が対象としていた異性だけには、どうしても変化が有りませんでした。 一緒になるべき相手ではない場合には恋愛成就の効果はない 他にも、一応こういった方法もありますよという範囲でオススメし、合計4人、30万回から20万回以上唱えた方を知っていますが、全く同様の効果でした。 (一緒になるはずのない相手に全員唱えていたと記憶しています。 ) ただ、 意中の人以外には愛されて敬われてどうしようもない!というのは全員同じ感想でした。 要するに、 一緒になる相手ではない場合はもう何をどうしてもこの法は効きません。 もしくは、 意中の人が本当に将来一緒になる可能性があって、一緒になることに問題がない場合は別です。 その場合はもれなく効果が出るかと思います。 愛染明王法の効果の対象や効果時間は? 簡単に言えば、愛染明王法が効く対象は 不特定多数の「真に相手と自分の人生を捻じ曲げてしまわない相手」に限られ、効かない対象は「相手と自分の人生を捻じ曲げてしまう可能性のある相手」となります。 たとえば結婚している場合、 伴侶に対して唱えるのであればこれは一切問題がないケースとなりますので、前者の効く対象に入ります。 よって、 恐ろしいくらいに効果が発揮されることでしょう。 効果時間は一生涯、蓄積された 詠唱回数によって効果の多寡は決まります。 ・特に効果が有効な対象は夫婦間 こと恋愛成就に関して言えば、効果がないかもしれないが得るものは絶対にある、と言えます。 いわゆる一般的な、不倫とかのケースでは一切効果が出ませんし、複雑な恋愛とかそういったケースでは効果はゼロです。 そこの 0or100を理解した上で、唱えたい方は唱えると良いでしょう。 少なくとも絶大な効果として 人間関係の改善が、唱える回数によって大きく成されるわけですから、それが欲しい方であれば、日々行われる事を推奨致します 行うたびに効果が得られるものと思います。 2万回唱えて変わらないケースはほぼありえないと思いますが、仏教的にNGな人が詠唱者だった場合はご利益が頂けないこともあるかもしれません。 ・愛染明王法の効果の対象や効果時間まとめ 「オン・マカラギャ・バゾロウシュニシャ・バザラサトバ・ジャクウン・バン・コク」 この愛染明王真言を ただひたすら回数を数えつつ唱える。 ただし、 テレビに向かって映画を見ながらなどは無し。 唱えていることが最優先であれば良いので、その他の状態であれば大体大丈夫です。 声量は 「後ろにいる人に聞こえるくらいで」が完全に正しい基準です。 小さい声量であれば後ろの人に声は聞こえませんから、かすれ声でボソボソはノーです。 逆に、大きい声量は別にどれだけでも大きくても良いです。 滑舌はよくしなくても良いですが、 間違っている認識をしているとそれで唱えたものはノーカウントです。 唱えている真言が合っている確信を持てている状態で行いましょう。 愛染明王法はとってもシンプルです。 見事にこれだけで届きます。 前述の唱え続けた方々には、 手で印を結ぶものや、 他の真言も併せてオススメをしていましたのと、 愛染明王尊のイラストや写真や仏像を対象として拝むべし、と説明していましたが、いまいちそれは意味がない事と分かりましたので、 一切やらなくて良い!と断言します。 一度 108回唱えてみて、人の反応を見てみると良いでしょう。 大きな変化を感じるのであれば、 ぜひ唱え続けたほうが良い人間に該当する人になるでしょうし、 ささやかな変化があるようでしたら、意味を何も考えずにただひたすら30万回を目指して唱えていけば、 恐ろしいほど周囲に変化が訪れているでしょう。 愛染明王法の正しい唱え方をまとめると…• 「オン・マカラギャ・バゾロウシュニシャ・バザラサトバ・ジャクウン・バン・コク」を間違えず唱える• まずは 108回唱えてみよう• テレビを見ながらはダメ• 声の大きさは「後ろにいる人に聞こえるくらい」• 印を結ぶ必要はなし• 他の真言と一緒に唱える必要はなし• 愛染明王尊のイラストや写真や仏像を対象として拝む必要はなし 愛染明王真言30万回という至高の到達点 愛染明王法になぜ30万回が必要か、という話をします。 真言密教の真言(真理を表す秘密の言葉)は バロメーターとして何回唱えましょうという区切りがあり、 7・21・49・108・1,000・20,000・70,000・150,000(これだけうろ覚えです) ・300,000・1,000,000回の区切りがあります。 そのうち30万回は 愛染明王法のうち一種の上限、至高の到達点となります。 私からしても、その回数はマスターしたと言えますし、真言宗の仏閣でお坊さんに「30万回唱えました」と言えば、おそらく腰を抜かすか、敬語でお話をしてくるようになるでしょう。 それだけ、物凄いことですし、霊能者的には 「もうそれは祈祷師に相当するレベルなのではないか?」と言えるぐらいの回数を行っているということに思えます。 (体調が悪くなる可能性があるので、人に依頼されて 代行して祈祷してあげるのは無しですよ。 効果的に多分出ないはずなのと、無理にくっつかないはずの二人をつっくけようと祈ると、ヒント的な悪しき事が唱えた以上に出ます。 1万回を不断不休で唱える事はもう苦行の領域ですから大変なことですが、 依頼があればやれます。 効果対象者にやって効くのかを確認した上で行う事になりますし、唱え終わってからバタンです。 ) 効果的には私が行ったほうが乗数的に高まりますのと、一応プロで行っているため安くはないですが… (多分43万円程度です。 大阪の愛染明王尊の寺院の出張参拝を含めたら更に…) ご自身で行われた方が、金額が掛からずよろしいかなとは思います。 そしてこれを30万回ですから、150万秒で約417時間で、イコール 17日と6時間ですか。 (普通の人でしたら一度唱えるのに7秒はかかりますから、そうすると 1. 4倍の時間を要します。 ) 恐ろしくまた凄まじい、 執念とも言えるような努力と根性を要する回数です。 ・10万回以上唱えると愛染明王法の修法者になる そのように 執念的な努力と根性が必要になるゆえに仏様がこれに応えるわけで、前述の唱えていった方は10万回以上唱え終わった時から、 唱え始めると 頭から仏様が私に降りるのが分かって、 熱を物凄く感じるようになりました と仰っていました。 それを毎度感じるようになったそうで、いわゆる 愛染明王法の修法者(術法の習得が成された人)になったという状態がそれです。 いざ唱えると、私も 無限のエネルギーのようなものが上から絹の薄い膜のように降ってくる事を感じますから、その方の感じる様子か私が感じ取っている様子か、そのような状態を目指されるとよろしいかと思います。 ただし、当然、私が料金ページで「超高難易度除霊」「最高位難易度除霊」として記載しているものと、それに準ずる高レベルの霊障に対しては一切の効果があるはずがない(あれば実践法を教えています)ので、 すべてがすべて霊的悪影響に効くとは思わないで頂きたいです。 愛染明王真言をもっとライトに簡単に唱えるには? 1日21回を、 最悪運転しながらでも良いですし、 家で暇な時にでもよろしいので、唱えられるとよろしいでしょう。 暗記さえしていればいつでもどこでも、 人様にご迷惑をかけない範囲であれば唱えることができますので、一週間後、一ヶ月後、二ヶ月後と 周囲の反応を見ていけば効果の程はあきらかになるでしょう。 また、 1日108回なら7年半で30万回達成です。 そのような唱え方がよろしいかなと思います。 愛染明王法をハードにやるのは危険な場合も その昔、寺院で仏教の方に背いたお坊さんが、罰として不断不眠不休(休憩取らず、寝ず、休まず)で 7日7晩本当に延々と愛染明王法を唱えさせられた事があったそうです。 やりすぎるのは良くない事です。 余談ですが、他にも一人で座禅を組んで、誰とも接しない暮らしだったために、意識が向こう側に行って戻ってこずに、人知れず息絶えた人もいるぐらいです。 仏教は日本人に親しみのある良いものですが、 「行(修行)」のレベルでやるのは指導者ありきなので、 適度にゆるく、本当にリスクがないかを確認してから行った方が良いでしょう。 愛染明王真言でご利益を得たらお礼参りを 効果が現れて喜ばしい状態になった場合、それは 愛染明王尊のご利益です。 その際は、 お礼参りをされた方がよろしいでしょう。 愛知県内であれば愛知県豊川市の豊川稲荷(寺院)の中に、横並びで仏様が並ばれている場所があります。 その場所に愛染明王尊像がありますから、 手を合わせて御真言を唱えに行かれるのがよろしいかと思います。 その際は 7回でも21回でもよろしいかと思います。 御本尊として愛染明王尊が鎮座されている場所は、例えば愛知県の方の場合は 大阪にある 愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)まで行かれる必要があります。 ちなみに私は過去に一度、愛染堂勝鬘院さんに参拝を致しましたが、かなり大阪の街なかにありますので、正直言って 電車と徒歩もしくはタクシー推奨です。 車でかなり遠い駐車場を探すのにも苦労しましたので、行かれる方はそのようにぜひ。 愛染明王真言の効果が出ない場合 愛染明王真言の効果がない場合は、なにか、 一概には言い難い現象が邪魔をしている可能性があります。 仏教的にNGな方でしたらもうほとんどの手段が無いですが、 改善は可能です。 一応効果が出ない場合は、メールフォームからお問い合わせをいただければ、簡易的に診断は致しますので仰って下さい。 心を込めて仏様を信心されてください 以上、愛染明王法の効果や真言の唱え方に関してでした。 一応私は神道系霊能者ですが真言密教徒でもありますから、このような話もできますよという話です。 神様と同様に、 仏様もまた実在していて極めて苦しい状態をすべからく救って下さる事は事実です。 また、日本人の場合は大抵、 死後は仏教の世界に救われる事になります。 そこのところを胸に、信心されるとよろしいかなと思います。 神様も、仏様も。 神気界について 愛知県名古屋市中村区にて、父より引き継ぎ 二代目の霊能者として鑑定所を開いております。 完全予約制にて、対面鑑定・電話占いによる鑑定により日々多くの方を鑑定しております。 結果・成果を出す事を重要視し、 霊能者としての占い・除霊・独自の気功を行っており、「 事実視えない力が扱える霊能者である」と誰しもが分かるような証明を全ての鑑定で行うようにしております。 お越し頂ける範囲の方のみならず、 電話占いにより全国に対応しております。 お悩みの有る方や迷いのある方は、ぜひ一度ご依頼を下さい。 神気界 皇導 【この記事もチェック!】.

次の

明王

愛染 明王 真言

十大明王,即十尊面現忿怒相之明王。 不動明王爲大日如來的化身,大威德明王爲阿彌陀佛的化身,烏樞沙摩明王爲不空成就如來的化身(與金剛夜叉明王有同體異體之論,其本地另有釋迦、普賢、不動、金剛手等異說。 ),降三世明王爲阿閦如來的化身,軍荼利明王爲南方寶生佛的化身,大輪明王爲彌勒菩薩的化身,馬頭明王爲觀音菩薩的化身,步擲明王爲普賢菩薩的化身,無能勝明王爲地藏菩薩的化身,愛染明王爲金剛薩埵,或金剛愛、金剛王等菩薩的化身。 【降三世明王】 降三世明王,梵名 Trailokyavijaya。 又稱月黶尊、勝三世、三世勝、降三世金剛菩薩。 為密教五大明王之一,即五部中金剛部之教令輪身。 配置於東方。 密號最勝金剛。 降服貪瞋癡三毒與三界,故稱降三世。 其形像三面八臂,或四面八臂,色青。 手執各種武器,背負火焰,足踏大自在天(摩醯首羅)與烏摩妃,表對治煩惱之意。 于金剛界曼荼羅呈金剛薩埵之忿怒形,居於降三世羯磨會及降三世三昧耶會之東方月輪中。 于胎藏界曼荼羅之持明院中,安置于般若菩薩與不動尊之間。 〔三十卷教王經卷十林僧寶傳一、大日經疏卷五、金剛界曼荼羅尊位現圖鈔私卷三〕 降三世明王,位於東方,即東方阿閦佛之忿怒身。 另一說為婆羅門教主中濕婆的變化身。 此明王在金剛界曼荼羅內,為金剛薩埵之忿怒身,在降三世羯磨及降三世三昧耶會占主座位置。 在胎藏界曼荼羅內住持明院的西北隅。 降三世明王,眾生依三毒而感三世,三毒之本體是根本無明,根本無明即摩醯首羅天,摩醯首羅表噉食此心故,降三世乃能降伏眾生的三世三界的三毒煩惱之義,是東方金剛部的教令輪身,誦持本尊印明,能除滅無始業障熱惱,諸魔不能作障,反需隨順教敕,有除病、得敬愛。 「恐怖笑怒尊,能降三世愆,生佛本不二,大悲隨緣現」。 降三世明王之尊形: 一、四面四色:表發心、修行、菩提、涅槃四德同具,四智與四大明王之色備齊於一身是四面義。 二、笑怒恐怖形:笑為敬愛,怒是降伏,表敬愛之理與降伏之智不二。 三、四牙露出:是金剛夜叉之形,與能降伏罪障之智相應,能噉食情非情之三毒根本無明無有餘,為降伏之相。 四、二手結大印:表不二義,指無明法性不二,行者本尊不二。 以法性害無明,以慈悲法幢降伏三世無明邪地諸魔,然而無明法性原是一如故,又左風是行者之息風,右風是本尊之息風,二小指相鉤是行者本尊不二之義,二風是而二之義,此根 本大印即是不二法性之即身成佛印。 亦表無始以來即以此身降伏諸魔之義。 五、第二手左鈴右杵:表金剛薩埵說法利生義,金剛薩埵是其本地。 六、第三手左弓右箭:為愛染王之體,表決定成就之義。 七、第四手左三戟右利劍:利劍是摧破罪障之義,劍索表不動之體,乃不動愛染合體 之體之深義,是金剛薩埵之本地也。 八、右足右旋躡彼大自在欲王,左足踐彼王妃:右踏大自在王,表斷強罪障,即煩惱障,大自在王即摩醯首羅,為欲界頂之主;左踐烏摩妃,表斷所知障,眾生依此二障而流轉三界,故以此明王鎮伏之。 九、遍身流火光:表大智火之忿怒相,能燒盡三世諸煩惱。 十、色身青玄:表無始以來,無漏降三世的本有修生隨緣的大悲之德,秘義說南閻浮 提草木乃至大海水,及人之髮眉等之青,亦隨緣大悲之色故,一切有情非情皆悉此尊之大悲者也。 【不動明王】 不動明王,是五大明王的主尊,梵名為阿遮羅曩馱 Ac-alana tha ,譯作不動或無動。 大日如來的教令輪身,受如來教敕示現忿怒相,常住火生三昧,焚燒內外障難及諸穢垢,摧滅一切魔軍冤敵。 不動明王示現初發大心、諸相不備之形,為如來僮僕給使,執作諸務。 其誓願在《勝軍軌》內曰:「見我身者發菩提心,聞我名者斷惡修善,聞我說者得大智慧,知我心者即身成佛」。 五大明王在唐密內的記載即:中央為大聖不動明王,東方為降三世明王,南方為軍荼利夜叉明王,西方為大威德明王,北方為金剛夜叉明王,形成五大尊的形像。 但依天臺宗密教內所傳,北方的金剛夜叉明王則改為烏瑟沙摩王。 此五大明王是佛陀在未來世時,為摧伏淫剛眾生,以護持三寶,乃教令大日,阿閦,寶生,無量壽 阿彌陀 ,不空成就五佛變現念怒身,此種變化身名為教令輪。 不動明王之形像有二臂像,四臂像及六臂像等數種,但常見的多為二臂像。 侍奉密教修行者,受行者的殘食供養,常晝夜擁護行者,令成滿菩提,以此奴僕三昧而稱不動使者。 其淨菩提心之德至為威猛、堅固不動,故稱不動;智慧猛利,無過其上,故曰明王。 又不動者,是菩提心大寂靜義、無傾動義,為諸佛內證真淨菩提心之體性。 不動明王以菩提心為因,屬金剛部智。 以大悲為根,攝蓮花部理。 以方便為究竟,即佛部理智。 此尊息風為本,為延命最上法。 此尊明王的形像: 一、頂上有蓮:表運載行者乘至佛土之義,亦表第九識。 二、身青黑色:表無明煩惱與菩提法性不二,示調伏四魔之相。 三、住火生三昧:能焚燒一切眾生無明煩惱黑闇障垢。 四、現童子使者奴僕形:身卑肥滿,上承佛敕,侍奉行者,下化眾生,攝持雜類者。 五、頂有七莎髻:表七菩提分。 六、左垂一辮髮:表哀湣極苦眾生而悲念垂慈救其煩惱。 七、額有水波皺紋:表平等慈悲憂念六道之慈相。 八、左目斜閉:示現極惡醜弊怖魔之義,亦表遮掩左道令入一乘。 九、下齒齧上唇,露牙:示以慈力怖魔。 十、緘閉其口:表滅戲論之語。 十一、右執大慧劍:表殺害眾生之三毒惑業,令斷煩惱而至菩提。 十二、左手持絹索:表系縛四魔,以自在方便治不降伏者。 十三、喫行者之殘食:表噉食眾生的無明習氣。 十四、半跏趺坐大磐石上:表鎮押眾生極重業障,令成不動淨菩提心。 十五、大忿怒形:奮迅忿怒,示威猛能化之相。 十六、遍身出火炎:表智火周遍法界,能燒儘自他罪障及諸難降之類。 十七、利劍有俱力迦羅龍王圍遶:表智火能滅三毒惡龍,如金翅鳥能噉食惡毒有情之龍子。 十八、二童子脇侍:表順正、不順不正者的對治伏惑之義。 左立矜迦羅童子,持普賢金剛部索。 右立制吒迦童子,持文殊蓮花部劍。 中央不動即佛部智。 十九、真言四字:表如來之四秘密,三世諸佛從此四字應現三身成等正覺。 得勝仗之功德。 《不動尊念誦秘密法》曰:「摩醯首羅 ,是即三千世界主,心傲慢故不肯從召命,作是念:我是三界主,更有誰尊召我,複作是念:彼持明者,畏一切穢惡,我今化作一切穢汙物,圍繞四面住其中者,彼所施明術,有何能為。 時無動明王,受佛教令,召彼天,見作如此事,即化受觸金剛,使彼捕此,爾時,不淨金剛,須臾噉盡一切諸穢無餘,便執彼,來至佛所,彼複曰:爾等是夜叉類,我是諸天主,何能受爾所召命,尋逃歸。 如此七遍,時無動明王,白佛曰:世尊,此有情故,三世諸佛犯三昧耶法,以何事治此。 佛言,即斷彼,時無動明王, 即執彼,以左足踏其頂之半月中,以右足踏其首之半月上,爾時大自在天尋命終悶絕於內,證無量法,得授記」。 由此可知無動明王威力之不尋常。 信仰不動明王,在唐密及天臺宗密教內均極盛行,故在其宗派所屬之各寺院,亦頗多遺跡。 不動明王有八大童子為其眷屬即:慧光童子,慧喜童子,阿耨多童子,指德童子,烏俱婆俄童子,清淨比丘,矜羯羅童子,制吒迦童子。 此不動尊之變身,稱為俱利迦羅不動,其形像為蛇身,作吞劍勢,立於磐石上。 又不動法為息災、增益之修法,祈國泰民安則稱為安鎮法。 〔大日經疏卷十、卷十三、聖無動尊安鎮家國等法〕 【軍荼利明王】 軍荼利明王,此尊為五大明王之一,其梵名為啞密哩多軍荼利 Kunbail ,譯作甘露瓶其形貌似夜叉身,通稱為軍荼利夜叉明王,是南方寶生佛的忿怒身,身上有許多蛇作為飾物,有除惡魔、蛇毒、熱惱、疾病的功德。 軍荼利意譯甘露瓶,儲藏著用之不竭的生命能量。 軍荼利明王塑像有兩面四臂、四面八臂等形式,身青色,眼紅色,手把二赤蛇,其它手持戟、杵、輪等。 其四面四臂像表示降伏我癡、我見、我慢、我愛四煩惱。 另一說為本地虛空藏菩薩,其常住的本宮在須彌山南方,又名南方軍荼利。 「四面八臂軍荼利,癡見愛慢不能纏,笑怒慈微大慢相,常樂我淨一心含」。 此尊原名為甘露瓶,蓋因他以甘露的德分,饒益與一切眾生,甘露即為此明王神格的象徵,此尊如列入八大明王時,別名為大笑明王,此外尚有甘露明王,吉利吉利明王等異名。 軍荼利明王是南方寶部的教令輪身,佛蓮金三部的辦事明王,為結界之主尊,此忿怒身善能調伏毘那耶迦者。 調伏至極為息災,息災至極是調伏,顯不二義。 軍荼利明王之尊形有四面八臂,身佩威光焰鬘,雙足踏青蓮花上: 一、身青色:表隨緣大悲方便萬德具足,一心能含容萬象如青虛空。 二、四面:表四智與四種法身之德。 三、左第一手持輪:表轉大法輪,亦具能破煩惱之性德。 四、右第一手執五股杵:表五智摧破一切眾生之惡業煩惱義。 五、左第二手持三叉戟:是摧破之勝德,慧之用也。 六、右第二手金拳豎風指:表佛智之精神活動之大用。 七、第三雙手作羯摩印:表顯羯摩智,能任運降伏眾生之惡業煩惱。 八、左第四手握蛇:表轉迷界入悟界。 四蛇迷時為四煩惱,悟時成如來四方便。 九、右第四手滿願印:施願令一切眾生成滿其願求。 十、正面慈:佛部,為南方息災,為一切眾生之拔苦與樂義。 十一、右面忿怒:金剛部,為西方降伏,以智為本,表降伏極惡之眾生。 十二、左面大笑:蓮花部,為東方增益,表福德圓滿、萬德具足義。 十三、後面微笑開口:羯摩部,為北方敬愛,表自覺覺他圓滿之大慢相。 如上四部總 體是方便具足,以寶部為中。 十四、以青龍為瓔珞:表南方平等性智之尊,四蛇表吞噉一切眾生癡見愛慢四煩惱, 成常樂我淨之四德圓滿體。 十五、虎皮為裙:表軍荼利威猛之智,能去眾生惡業煩惱之蛇,虎死蛇生,表生死即涅槃。 此尊在密宗的佛,蓮華,金剛三部內為辦事明王,頗被重視,又為甘露軍荼利,蓮華軍荼利,及金剛軍荼利而著名;在胎藏界曼荼羅內,其蓮華部院的蓮華軍荼利金剛部院的金剛軍荼利,及蘇悉地院的甘露軍荼利,均為此尊之異名同體。 以此明王為主體所修的秘法,稱為軍荼利夜叉法,奉修此法的目的,是為除卻惡魔,蛇障,熱惱,不食病,暗闇病等障礙。 在不空三藏譯的《甘露軍荼利菩薩供養念誦成就儀軌》中,救病法壇一節記載為:「若念食時,在末食前,為軍荼利出種種食,少分出己,心中密誦軍荼利神咒七遍,其軍荼利常隨咒師所在,悉皆擁護,若日日能作此法,金剛軍荼利心大歡喜,常不遠去,護一切處」。 由此可知念此明王所得的功力。 音譯閻曼德迦。 即降閻魔尊之意。 譯作解眾生縛,又別名為六足尊。 其密號是威德金剛,是西方無量壽佛的變化身,一說為文殊菩薩所變,他能摧伏一切惡毒龍。 斷除障礙。 以此偉大的德分及威力,能使一切龍王見而生畏。 由此得名。 在胎藏界曼荼羅內,位於持明院中般若菩薩的左側。 此尊在胎藏界曼荼羅持明院之法相,全身青黑色,呈忿怒形,六面六臂六足,坐於瑟瑟座上,背負火焰,手持戟、弓、索、劍、箭、棒等武器。 此外,騎乘水牛之像亦頗多。 以此尊為主尊之修法稱為大威德法。 〔廣大儀軌卷中、胎藏界七集卷上〕 大威德明王是西方蓮花部的教令輪身,此忿怒身是降伏魔尊,蓮花部的辦事明王,以如意寶棒為其三昧耶形,如意寶棒謂棒之上端有如意寶,寶者理也,棒者降伏為體故智也,如意寶棒乃顯理智不二之意。 有謂為文殊菩薩之化身。 此明王是無量壽如來的教令輪,諸相悉圓滿,從大悲出,為無明妄想之眾生,現極惡之瞋怒身,伏出世之魔軍,滅世間之怨敵,十地菩薩不隨教令尚能銷融,況餘諸天龍八部障難者,一時殄滅無有餘者。 「青牛背上威德尊,無漏智劍摧無明;煩惱菩提本無二,生死涅盤一念間」。 此明王形像亦有多種,常見的六面六臂六足,表現大念怒形相,執劍、鋒輪及杵,二手結折伏印,跨于牛背上。 在《諸說不同記》第四內曰:「通身青黑,火髮令立,作忿怒相,當前一面,開口大笑,四牙並出,左右各一面,頂上有三面,上齒咬下,六臂六足,當前兩手,向內交叉,中指合豎;右一手開肘,持棒下垂偏向右;一手舉臂,豎肘,持劍向身; 左一手開肘而垂豎,執輪偏向左; 一手舉臂執三鈷戟向身。 著青繒,兩端飛上,豹皮為裙,不著冠繒,坐磐石座,右三足下垂,足著環,膝脛皆露,耳戴環珠」。 大威德明王之尊形: 一、六面六臂六足:表六根六識六境,為淨十八界妄深之義,表淨六趣、滿六度、成六通。 二、右第一手持劍:劍表智,是降伏義。 三、右第二手持如意寶棒,左手三叉戟:如意寶棒及戟是摧破義之尤勝者,慧之義也。 又有謂右持金剛杵者,亦摧破義。 四、左第二手持輪,二手結根本印:輪、印皆表示摧破之義。 根本印表十界平等毘盧遮那之萬德,其合二中是表法身不二之果海,乃摧破罪障而增長福德也。 五、身青黑:青色為菩薩心之色,表隨緣大悲,方便萬德具足。 空含萬象,故虛空為青色,此色攝四色。 六、以髑髏為瓔珞:髑髏視直見為瓔珞,是拔無明株之義,西方阿彌陀佛以方便智斷無明,此即是大威德之智,表以大威德之無漏法性之智劍,打斷無明之怨敵,故以死骸為瓔珞。 又雲煩惱即菩提,生死涅槃之義。 七、虎皮為裙:表威猛如虎,能去煩惱之蛇,是生死即涅槃之義。 八、住大智火聚中:表其焰燃焚燒諸眾生之業煩惱。 九、六葉蓮花上有水牛:表此尊具權實二智,能于生死大海之水陸得自在。 以大威德王為主所主修的法,曰大威德明王法,其奉修目的為調伏怨敵。 青牛背上威德尊,無漏智劍摧無明;煩惱菩提本無二,生死涅槃一念間。 【金剛夜叉明王】 金剛夜叉明王,梵名 Vajra-yaksa ,音譯  日囉藥乞灑。 為密教五大明王之一,系北方不空成就如來之教令輪身。 又稱金剛焰口明王、大黑明王、金剛噉食明王、金剛盡明王。 因其能噉食一切惡業之眾生,故稱金剛焰口;因其身為黑色,故稱大黑;因其能吞盡惡有情,故稱金剛盡。 形像為身青黑色,呈忿怒相,三面六臂,頭上有馬王之髻,正面有五目,左、右二面各有三目,三面皆開口;右方之第一手執五股杵,第二手執箭,第三手持劍;左方之第一手執五股鈴,第二手持弓,第三手持金輪,立左足,舉右足,二足下皆踏蓮,以珠寶嚴飾遍身,火焰燃如劫火。 真言為「唵 麼賀藥乞叉 嚩日囉娑怛嚩 弱 吽 鑁 斛 鉢羅吠捨吽」。 又《金剛藥叉瞋怒王息災大威神驗念誦儀軌》載,此尊為金剛手虛空庫菩薩所現;而以此尊為本尊之修法,即金剛夜叉法,主要為調伏、息災時所修之法。 〔仁王護國般若波羅蜜多經道場念誦儀軌卷上、理趣釋卷下、金剛頂瑜伽中略出念誦經卷三、瑜伽瑜祇經大金剛焰口降伏一切魔怨品〕 金剛夜叉明王《瑜祇經》記述世尊住大悲三昧,世尊即指大日,大日如來入金剛夜叉三摩地,現噉食一切眾生之惡業罪障三摩地的忿怒身,即威德金剛夜叉,本地是金剛薩埵,自性輪身即金剛牙菩薩,為北方不空成就佛的教令輪身,與烏瑟沙摩穢跡金剛同體。 此尊誓願吞噉一切噁心眾生,除滅三世一切惡穢觸及染欲心,噉食惡業之眾生如摩竭魚,摩竭魚者,海中之大魚,噉食一切鱗類無有餘,此尊亦複如是,吞滅一切噁心有情,簡擇業罪,施無漏財寶,是諸佛大悲利物之義。 「五眼六臂夜叉王,能噉眾生惡業障;三轉三毒成三德,上求下化悲無雙」。 本尊以吽字為種子,吽字是羯磨輪之種子,乃降伏義。 金剛夜叉以噉食為宗,故盡有漏以殺之,一害之心以大悲,一殺之心以利有情,是以西方金剛夜叉菩薩為調伏 北方之金剛夜叉也。 吽字體具哈字,為風大種子故,風是吹破故,亦為降伏義。 金剛夜叉明王入摩竭魚三摩地,現三面六臂五眼忿怒形,眾寶遍嚴飾,遍身火焰燃如劫火,第一手右持五股杵、左持金剛鈴;第二手左弓右箭;第三手左輪右劍。 右腳舒踏蓮華,左腳屈舉而下有蓮華,五智三十七尊圍遶,智德圓滿。 本尊曼荼羅乃於蓮花上吽字,成十二輻大羯磨輪放金色光焰,臍輪中有五股杵,五股上各有大月輪,一輪安五佛,中輪之中有吽字成大羯磨輪變成本尊,其形像中: 一、三面:表貪瞋癡三毒即法身般若解脫三德與胎藏三部圓滿之義。 二、五眼:為肉眼天眼慧眼法眼佛眼,表金界五智圓滿,總顯兩部不二義。 三、六臂:劍輪表不動尊降伏之瞋智,弓矢表愛染王敬愛之貪理,鈴杵表本有金剛薩埵之癡事,以此三尊表三轉三毒成三德之義。 四、右足踏蓮華上:示以諸佛大悲,下化眾生之義。 五、左足小屈:是眾生發菩提心,上求菩提之義。 六、三首馬王髻:表此尊亙三世吞噉惡業眾生之大悲化用無盡。 七、十二輻輪:表十二因緣,能成輪回之因。 八、五大輪各住五佛:表二十五有,是流轉之果,表眾生二十五有之罪業即五佛德,寓意兩部因果不動生死之因果,令成輪圓具足之佛德,即表本誓。 以此明王為主體來修奉的金剛夜叉法,其目的為除難,求官。 【烏樞沙摩明王】 烏樞沙摩明王,梵名 Ucchusma。 又作烏芻沙摩明王、烏芻瑟摩明王。 意譯為不潔淨、除穢焚燒、穢惡。 為密教與禪宗寺院中所安置的忿怒尊之一。 又稱穢跡金剛、受觸金剛、火頭金剛、不壞金剛、不淨金剛、廁神。 即北方羯磨部之教令輪身。 與金剛夜叉(亦為不空成就如來之教令輪身)有同體異體之論,同體之說,則以烏樞沙摩明王為五大明王之一。 其本地另有釋迦、普賢、不動、金剛手等異說。 此尊具有轉不淨為清淨之德,故佛教界置於廁中祭祀。 此尊以深淨大悲,不避穢觸,以大威光,猶如猛火,燒除眾生煩惱妄見分別垢淨生滅之心,故亦稱除穢金剛。 其形呈忿怒相,由諸毛孔流出火焰,四臂具足,右手執劍,下手持羂索,左手持棒,下手持三股叉,一一器杖皆起火焰;若據《陀羅尼集經》卷九所載,則非忿怒之形,四臂之器杖亦有別。 此外,餘經所載,更有異形。 〔烏樞瑟摩明王經卷上、蘇悉地羯羅經卷中、愣嚴經卷五〕 凡持誦此明王之神咒者,可得甚大功德,不但可以得到除病,敬愛,避難,受福,智慧,富貴,敵伏等大利益,更可防禦枯木精,惡鬼,毒蛇等諸障礙,以上十法稱為神變十大秘法。 依《穢跡金剛經》記載,釋迦牟尼佛入滅後,三千大千世界有無量百千萬眾的天龍八部、人、非人等,大家因佛陀入滅而哽咽啼泣悲惱,還有無量的諸天大眾及釋提桓因等也都來供養佛陀。 這時只有螺髻梵王一人不來供養佛,而且與千萬億眾的天女共相欲樂。 於是百千眾的咒仙前往收服螺髻梵王,結果百千眾的咒仙去到螺髻梵王處,見到週邊都以種種不淨污穢物作為「城塹」,眾咒仙們見此污穢物,各各犯咒而死。 大眾從未見過這事,於是又改驅策無量的金剛聖眾持咒而往,結果七天之中,也沒有一位金剛聖眾能將螺髻梵王給降伏。 大眾見此情形,更加感到悲哀,而同說偈言:苦哉大聖尊,涅槃何太速?諸天猶決定,無人追喚得。 痛哉天中天,涅槃如火滅。 說完偈誦後,大眾皆泣不成聲。 此時佛陀憐湣大眾,即以神力,從佛的左心化現出一尊「穢跡金剛」,金剛力士立刻在眾中從座而起說:「我有大神咒,能取彼螺髻梵王」。 說完後,穢跡金剛即顯現大神通,三千大千世界大地震動,天宮、龍宮及諸鬼神宮殿全都被金剛神力給摧伏崩落。 然後騰空前往螺髻梵王住處後用手指一指,所有的「醜穢不淨」立刻變為清淨大地! 穢跡金剛對螺髻梵王說:「你這大愚癡,佛陀欲入涅槃,你為何不去瞻仰佛陀?還與天女在此欲樂?」說完後,穢跡金剛以「金剛」之力,用指一指,螺髻梵王當下情欲消除、穢垢皆淨,隨即發菩提心與穢跡金剛同回佛涅槃之處。 於是大眾都讚歎:「穢跡金剛大力士,如何才有如是的大神力,能將螺髻梵王縛禁而來至於此?」穢跡金剛即說:「若有世間眾生,被諸天惡魔一切外道所惱亂者,但誦我咒十萬遍,我自現身,令一切有情,隨意滿足,永離貧窮,常令安樂」。 還有念這咒之前要先發大願,內容如下: 南無我本師釋迦牟尼佛,於如來滅後,受持此咒,誓度群生,令佛法不滅,久住於世。 說完這個願文後,穢跡金剛就說了「大圓滿陀羅尼神咒穢跡真言」。 以上是穢跡金剛示現的緣起,螺髻梵王后來被佛陀授記名為「清淨光明佛」,而穢跡金剛亦名為「大權力士神王佛」。 在《愣嚴經》第五內曰:「烏樞沙摩,於如來前合掌頂禮佛雙足白佛言,我常憶久遠劫前性貪欲多,有佛出世,名曰空王,說多淫人成猛火聚,教我遍觀百骸四支諸冷暖氣,神光內凝,化多淫心成智慧火,是諸佛,皆招呼我名火頭。 我以火光三昧力故成阿羅漢,心發大願」,諸佛成道「我為力士親伏魔怨」。 此明王形像,亦有多種,如二臂像,四臂像,六臂像及八臂像等,但普通都以四臂像為最多,在《烏樞瑟摩明王經》內曰:「大威力烏樞瑟摩明王大忿怒形,目赤色,全身青黑色,發出光焰,有四臂,右上手執劍,次手執羂索,左上手執打車棒,次手執三鈷叉,器仗上亦發出光焰」。 釋迦牟尼住世時,本不提倡巧立文字而度化眾生的方式。 穢跡金剛咒的功德無量,一般人持誦「穢跡金剛咒」的功德無量,因為神咒乃諸佛秘密真言,具有無量無邊的功德,猶如虛空,不可盡數。 下麵就從《穢跡金剛禁百變法經》、《穢跡金剛說神通大滿陀羅尼法術靈要門》、《密跡力士大權神王經偈頌》、《大威力烏樞瑟摩明王經》、《佛說陀羅尼集經金剛烏樞沙摩法》……等相關「穢跡金剛」經典,整理出下列種種功德,供各位參考。 一、降伏情欲 佛臨涅槃時,有螺髻梵王跟千萬億眾的天女共相欲樂,佛弟子們派了百千眾的咒仙前往降伏螺髻梵王,可是咒仙們就被螺髻梵王欲樂之處那些「淫穢不淨」之物給打敗,各各犯咒而死。 此時如來的左心化現了「穢跡金剛」,後前往降伏,用手一指,那些「淫穢不淨」立刻轉化「清淨」。 由此可知穢跡金剛咒具有降伏破壞淫穢之功。 《楞嚴經》雲:「烏芻瑟摩……多淫人,成猛火聚。 教我遍觀百骸四肢,諸冷暖氣,神光內凝,化多『淫心』,成『智慧火』,從是諸佛皆呼召我,名為『火頭』」。 佛弟子如果有淫欲深重的習性,可修穢跡金剛法輔助。 女眾亦應修持穢跡金剛來護身,以防暴力侵害之事。 「穢跡金剛」的本願就是要護持清淨正法,庇護眾生,不受任何淫汙之害。 二、去染除穢 如果我們要前往殯儀館、停屍間、火葬場、不淨屋、鬼怪地、死屍處,或有血光不祥等等污穢之處,都可以持誦「穢跡金剛」咒來保護自己。 誦咒修行的人,在持其它諸法時,對於誦咒者,或誦咒地點皆要求應以「清淨」為宜。 唯有修持「穢跡金剛法」,能使「染」為「淨」,無所禁忌,乃至有人在不淨處默念亦可,或處於廁所默念亦可,或女人經期時誦念此咒亦可。 經文有雲「若人能去諸貪雜染,其法更好,所有功能不可具論」。 三、方便修學 一般修法皆需作壇城或結界,方能如法受持。 但修持穢跡金剛咒者則不需作壇,只需刻「金剛榼杵」於佛塔或靜室中供養,然後隨力持咒即可。 四、聰明智慧 修持「穢跡金剛咒」能得智慧辯才,能讓根性愚鈍者得慧。 五、得大福德 修持穢跡金剛咒可得世間福報圓滿,遠離貧窮。 依《穢跡金剛說神通大滿陀羅尼法術靈要門》雲:「若有世間眾生,被諸天惡魔一切外道所惱亂者,但誦我咒十萬遍,我自現身令一切有情隨意滿足,永離『貧窮』,常令安樂。 」 六、降魔鬼病 因佛陀入滅後,穢跡金剛現身,諸天鬼神揭發願要護持誦念穢跡金剛咒的行者,所有鬼神妖魔皆不能害,且要對持咒者恭敬禮拜。 七、延壽消災 經典提到相關「符印」法的使用,但作印法前須先誦滿十萬遍咒語,與本尊相應後,才能如法作法,否則不得效驗。 這些符印咒法不僅可以治病,更有甚者可讓人延年益壽,願修此法者勿生貪心,一切以平常心去持咒修法。 八、治瘟疫病 經中講述持誦穢跡金剛咒能去除瘟疫之法,經雲:「若欲令『行病鬼王』不入界者,於十齋日,誦我此咒一千八遍,能除百萬衰患。 」 九、治夜驚怖 經說如果晚上睡覺常常會有「驚怖」的情形發生,那只需持「穢跡金剛咒」二十一遍,然後用水或手輕彈睡眠者(加持的動作),從此即可免除驚怖惡夢! 十、滅諸罪事 經典上說:如果有宿世的惡業及冤親債主,勤持穢跡金剛咒定能除去惡業。 如果能彩繪穢跡金剛像,並持誦金剛咒,亦能除去阿鼻地獄罪。 十一、防蛇毒獸 如遇「蛇蠍猛獸」、「惡狗狼犬」或「獅子虎狼」時,專心持誦「穢跡金剛」咒,即可使這些動物不敢傷人,乃至解脫畜生道之業報。 如果持咒加持水,再將咒水灑於房屋周遭,蚊鼠蟑螂惡蟲都會離開。 十二、免除盜賊 若平時行住坐臥間,隨時隨地持誦「穢跡金剛咒」,能免除盜賊偷竊之事! 十三、治兒夜啼 經典有芸,拿一條素色布,然後抄寫穢跡金剛咒文在布上,後持穢跡金剛咒,每持一遍,就打一結,持108 遍同時打108 個結,然後將布系在小孩子的頸子下,這樣小孩就不會夜夜啼哭,去除鬼神干擾! 十四、治百萬病 經雲:「若有善男子善女人,欲救療『萬病』者,誦上咒四十萬遍,見有病者治之有驗,無問淨與不淨,隨意驅使,我當隨從滿一切願。 又行住坐臥心口常持誦穢跡金剛咒,能治諸病,及妖精怪、蠱毒陰崇等鬼難病。 至於因前世害他眾生命,今生因宿業而得的冤債病,朱書秘咒亦能永遠除瘥去。 」 十五、子息易得 經雲:「無子息或是婦女怪病,或有鬼胎影響者,如果結「都攝印」持誦穢跡金剛咒的話,那麼很快就可以把婦女病、鬼胎病給除去,進而獲得子息!」 十六、見亡者事 如果我們很懷念已逝的親人,很想見他們一面,在親人的忌日當天禁食,然後到佛塔供養諸佛,請諸佛加被。 再選一淨室,專心持誦穢跡金剛咒,即可以於夢中見到親人! 十七、眾神庇護 如果我們行住坐臥都能心念口誦這個穢跡金剛神咒,路邊廟中的眾神,或路上迎神賽會的諸神都會禮敬你,甚至追隨保護著你! 十八、超度解脫 六道眾生只要聽聞穢跡金剛咒音皆可速得解脫超生。 十九、本尊夢感 修持金剛法的人可以在禪定中或夢中親見釋迦牟尼佛或大權力士神王佛,凡願必能速獲滿足。 二十、本尊相隨 如果我們時時持誦穢跡金剛咒,那本尊會時時隨身保護著我們,不會有盜賊、水火、五兵之難,得以延年益壽。 如果遇到不淨的食物,可以先念咒加持七遍,則可避免諸毒! 二十一、授記作佛 穢跡金剛法門能於末法時期利益眾生,讓自己發菩提心、證菩提路。 就算持咒未達「清淨」之境,十方諸佛聽聞你持誦的咒音,也會為你授記,將來成佛無疑! 再論: 上述二十一種功德只是依經文隨便列舉而已,實則持咒功德無量無邊。 不過請大家記住:修持此法者,應受三皈八戒或菩薩戒,要發本尊護法度生的誓願,還要以菩提心、清淨心、慈悲心持咒,如此方能發揮此咒真正的威神力。 又作大輪金剛。 乃彌勒菩薩示現之忿怒身,即以消除一切業障、越法,以清淨圓滿戒品為本誓之明王。 為密教八大明王之一。 坐蓮華座。 〔大妙金剛大甘露軍拏利焰鬘熾盛佛頂經、大輪金剛修行悉地成就及供養法〕 明王是指佛、菩薩受大日如來教令,降伏諸惡魔時而變現轉化出的威猛忿怒形象,令其皈依。 所謂忿怒身,以智慧力摧破煩惱業障之主,故雲明王。 大輪明王是彌勒菩薩之化身,能排除眾生的一切業障。 大輪明王是轉法輪明王之意。 法輪是佛教的真理教義。 大輪明被畫成戴冠上面有逆立的火發,左手持獨鈷杵,右手高舉大法輪。 音譯作阿耶揭唎婆、何耶揭唎婆。 又稱:馬頭觀音,是觀音大士之化身,為八大明王之一,胎藏界觀音院之一尊,六觀音之一,救度畜牲道眾生,主破畜牲道三障。 此道獸王威猛,故宜用無畏。 以配《止觀》所說六觀音之師子無畏觀音,為畜生道之教主,是無量壽之忿怒身,以觀音為自性身,以馬置於頭,故曰馬頭觀音,亦曰馬頭大士。 為大忿怒威猛摧伏之形,故稱為馬頭明王。 乃五部明王中蓮華部之明王也。 即密教胎藏界三部明王中,蓮華部之忿怒持明王。 位於胎藏現圖曼荼羅觀音院第一行第七位。 又作馬頭大士、馬頭明王、馬頭金剛明王。 俗稱馬頭尊。 密號為噉食金剛、迅速金剛。 與《摩訶止觀》所說六觀音之師子無畏觀音相配,乃畜生道之教主。 以觀音為自性身,現大忿怒形,置馬頭於頂,為觀自在菩薩變化身之一。 以慈悲心重,故摧滅諸魔障,以大威輪日照破眾生之暗暝,噉食眾生之無明煩惱。 其形像有三面八臂、四面八臂、三面二臂、一面四臂等多種。 〔大日經疏卷五、大日經義釋卷七〕 馬頭觀音本是無量壽佛(阿彌陀佛)之忿怒身,也是六道中畜牲道的護法明王,也稱馬頭明王、馬頭金剛或馬頭大士。 常見的馬頭觀音通體赤紅,三面八臂,三目圓睜,獠牙外露,頭髮和鬍鬚著紅黃兩色並向上豎起,呈獅子無畏相。 馬頭觀音的三面表示空靈悟性,八臂表示悲智雙運,三目圓睜表示降伏三界惡魔,獠牙外露表示震懾一切阻礙眾生修行的魔障。 在過去,馬是最主要也是最重要的交通工具,馬頭觀音作為六道中畜牲道的護法明王,在民間亦被尊為古代驛馬的本尊神。 老百姓歷來崇信馬頭觀音,並紛紛虔誠供奉,以保自己和家人出入平安。 馬頭金剛其造型呈多樣化,有單、雙身之分,雙身多為三頭六臂,單身則有單面二臂、四臂。 因教派不同,有的帶翅膀,有的不帶翅膀,並多以忿怒明王相示人。 戴馬者,如轉輪聖王之寶馬馳驅四方而威伏之,表跋涉生死大海摧伏四魔之大威勢力大精進力也。 又啖食無明重障之意。 其非黃非赤,如日初出之色。 以白蓮華為瓔珞等,莊嚴其身。 光焰猛盛,赫奕如鬘。 指甲長利,雙牙上出。 首鬘如師子頂毛,作極吼怒之狀。 此是蓮華部忿怒持明王也。 猶如轉輪王寶馬巡曆四洲,于一時一切處去心不息。 諸菩薩大精進力,亦複如是。 所以得如是威猛之勢,於生死重障中不顧身命,多所摧伏者,正為白淨大悲心故。 故以白蓮瓔珞而自嚴身也。 又稱無能勝菩薩。 為密教八大明王之一。 位居于現圖胎藏界曼荼羅釋迦院之中尊釋迦牟尼佛左邊。 蓋此明王乃釋迦牟尼佛于菩提樹下成道時,以明咒力降服魔軍,退治障礙之尊。 《無能勝大明陀羅尼經》說其本誓及明咒,即表示佛成道降魔之德。 密號勝妙金剛。 三昧耶形為鉞,或為黑蓮上大口。 此尊之形像于胎藏界現圖曼荼羅為身呈青色,四面四臂,四面皆嚬眉瞋怒而有火髮。 右第一手豎拳,舒食指置於胸前,第二手之中指、無名指壓於拇指上,食指伸直,屈肘向上;左第一手持三戟叉,第二手持鉞斧。 而《大聖妙吉祥菩薩秘密八字陀羅尼修行曼荼羅次第儀軌法》所載,此尊之形像為四臂三面像。 無能勝明王是地藏菩薩的化身,能降伏眾生的煩惱魔障。 其造像有四面四臂、三面四臂、一面二臂等,具三上。 三面四臂形像的,右邊第一隻手豎起食指做出威嚇對方的期克印,第二隻手拿著獨鈷杵。 左邊的第一隻手拿著斧鉞,第二隻手拿著三叉戟。 准提弟子若經常參加共修,則知道菩薩在哪,若無法知道則繼續持誦,無能勝菩薩真有其象徵,是大善知識!無能勝一定是一門深入,若能朝聖將自己置於佛陀的環境空間裡,則會獲得伏藏,指的是甚深智慧,而會迅速坐于正法菩提道場,活在清淨生活環境中。 准提佛母有八大菩薩護持,八大菩薩即為:觀音、金剛手、文殊、彌勒、地藏、虛空藏、普賢、除蓋障等。 《地藏菩薩本願經》中釋迦文佛在忉利天宮,付囑地藏菩薩,在彌勒出世以前的佛法延續囑託,即明確的告之地藏菩薩之地位乃在佛位,且在釋迦的範圍內。 理上如此,相上則在胎藏界曼荼羅的釋迦院內,尤其在釋迦門內。 釋迦門內五尊,除佛外,即無能勝明王、無能勝妃、無能勝眷屬等。 而無能勝明王為地藏菩薩的忿怒尊,換言之,若以三輪身而論,則釋迦佛為自性輪身,地藏菩薩為正法輪身,無能勝明王為教令輪身,如具三身一體,體、相、用具足。 是則應知法界結構以及法身相應之處! 地藏法門乃是開啟生命藍圖的法門,此生命藍圖乃依佛陀的自性為體,目標在開啟吾等大地凡夫的無明暗障,故以無能勝明王的本尊來戰敗一切無明陰魔,而地藏的本事為正法輪身的本尊,此相為一切善巧接引之媒介也。 以地藏菩薩本尊為顯,無能勝本尊為隱,釋迦文為體,如是觀行,則秘密隱顯俱成,三輪一體呈現也!以上可看出無能勝明王即是地藏王菩薩之忿怒明王像。 【步擲明王】 步擲明王,梵名 Padanaksipa。 音譯為播般曩結使波明王。 八大明王之一。 又作步擲金剛。 全稱步擲金剛明王。 據《大妙金剛大甘露軍荼利焰鬘熾盛佛頂經》載,此明王系普賢菩薩之化現,右手持一旋蓋,左手握一金剛杵,遍身作虛空色,放火光焰。 《大妙金剛大甘露軍荼利焰鬘熾盛佛頂經》曰:「普賢菩薩。 現作步擲金剛明王。 以右手把一旋蓋。 左手把金剛杵。 遍身作虛空色放火光焰。 」有《步擲金剛修行儀軌》一卷。 如是量久,利益既畢,想收威焰,集於身中,然後出定。 」關於其形像,據同儀軌載,本尊遍身青色,共十八臂,以龍為冠鬘瓔珞,顰眉猛視,利牙現出。 步擲金剛明王是普賢菩薩化身,可濟度六道,有使罪人發現其菩提心及降伏惡魔的力量。 有記載說此明王有十八臂,但也有記載說只有二臂,右手拿著大傘蓋,左手拿著金剛杵。 傘蓋可說是步擲明王的特徵。 音譯為羅誐羅闍。 略稱愛染王。 密教諸尊中,住於大愛欲與大貪染三昧之明王。 此尊為金剛薩埵,或金剛愛、金剛王等菩薩所變現。 彼等菩薩為憐湣眾生,故酬償往昔之悲願而入加持門。 其本尊(本身、本地)為大日如來或金剛薩埵。 外現憤怒暴惡狀,內證則以愛敬而令眾生得解脫。 有三目六臂,手持多種兵器。 此外,此尊之形像,多為一身兩面,一面為男,一面為女,系表勇猛兼柔和之意;即內秘自覺本不生之月殿,外現愛染明王之日輪;不外是顯一佛分身之具體與和光利物之方便。 通常為求消災、祈福,乃修愛染明王法。 修愛染明王法門,主要是以調伏怨敵、使人敬愛與祈求福德為主,尤以敬愛法為甚。 在《金剛峰樓閣一切瑜伽瑜祇經》記載,愛染明王蓮花座下有寶瓶,從寶瓶中無間地流出無盡珠寶。 持愛染明王法,可增益一切福,使四種事業迅速圓滿。 愛染明王住於大愛欲大貪染三昧,是煩惱即菩提「愛欲貪染即淨菩提心」的象徵。 大愛欲即大薩埵之三昧示現。 此尊於一切法中,獨稱最勝為五部諸尊之上首。 能滅無量罪,並卻萬惡,速成百千事,悉滿眾願,凡所求疾速靈驗。 其威德殊勝,雖眾星亦不能奪其光芒。 更加寶瓶能吐珍寶俱足能滿一切願。 梵天帝釋亦受此尊教敕而分禍福,七曜九執向來司掌人間禍福榮衰,亦順本尊之威勢,不敢有所違逆。 是故信仰者,獲福無量,速獲一切悉地。 《瑜祇經》雲:「于白月鬼宿,取淨白素揲,畫愛染金剛,身心如日暉,住熾盛輪。 具三目,威怒視之,首髻獅子冠,利毛忿怒形,上安五股鉤。 耳覆垂五色花鬘天帶。 左手持金剛鈴,右手執五股杵,儀形如薩埵,左次手執金剛弓,右次手執金剛箭。 能射眾星之光,能成大染法。 左下手持彼手,右下手執蓮如打勢,能速滅一切噁心。 以諸花鬘索如絞結形莊嚴其身,結跏趺座於赤色蓮上。 蓮下兩畔有寶瓶吐諸寶。 次愛染明王身赤色乃是碎大悲心髓,一滴滴血淚由毛孔中流出之意。 住于熾盛輪是智德最勝義,故以日輪喻之。 三目乃是三目照見三界,與三品悉地意。 次獅子冠,獅子乃百獸王表最尊無畏。 頂上五股鉤表五智五佛三昧耶形,耳垂天帶乃王者之相也。 左右第一手持鈴杵,此金剛薩埵之威儀,鈴乃驚覺意。 杵表本有五智。 以此鈴杵加持開顯本有淨菩提心。 第二手持弓箭,表速疾之意。 又表射離一切妄想。 右第三手持蓮作打勢,意味以本有清淨之蓮打染汙之煩惱。 左第三手持彼手,乃持行者所求之願。 於此五欲橫流之際,此尊乃最契機之本尊。 依之修持禮拜供養者獲福無量,於世出世間悉能疾速圓滿成就。 」 愛染明王象徵眾生的染愛情欲無非是清淨體性,染淨不二,而依此修習淨菩提心,此即煩惱即菩提之義。 修習愛染明王之法,主要是以調伏、敬愛與祈福為主,尤以敬愛法為甚。 此法本是天臺宗密教的秘法,後來唐密、東密都共同修習,據說頗為靈驗。 愛染明王是擔任增益、息災、延命、敬愛、調伏掐訣念咒祈禱法的正尊所以看似相貌憤怒,其實內心是個能理解眾生煩惱,有著豐富感情的明王而受到人們廣泛的信仰。 據經典《瑜祇經》的介紹,明王頭戴獅子寶給蓋,臉上長有三眼的憤怒樣,全身通紅坐在寶瓶上的蓮花座上,長有六臂,每個手各拿著金剛鈴,金剛弓,拳,五鈷杵,金剛箭(弓箭),蓮花。 愛染明王在唐密真言宗是極為重要的佛像。 愛染明王的形象,通常都作忿怒形,有三目,身色如日暉(紅光),表敬愛、慈悲;住于熾盛輪火,象徵勇健菩提心。 具三目,表法身般若解脫三種妙德;忿怒眼、威怒視,乃對於違背菩提者,予以降伏。 頭戴獅子忿怒冠,表降伏一切障礙無畏自在;冠上有五鈷金剛鉤,五鈷,象徵眾生本具的五智;鉤,則鉤召懷法為主旨。 五色華髻垂覆於耳,表五種悉地成就,亦表五部如來之妙德;具六臂,乃是救渡六道眾生。 雙手執鈴、杵,表息災法;執弓、箭,乃懷法(攝持一切眾生本來所具足之如來體性);右手持蓮如打勢,為誅法(降伏一切噁心癡迷的眾生)。 結跏趺坐於赤色蓮華上,蓮下有寶瓶,兩畔吐諸寶,表增益法。 愛染明王法是以愛染明王為本尊之密教修法。 略稱愛染王法或愛染法。 此法以敬愛為本,故為求息災、祈福時之修法。 修此法時,於赤色壇上安置赤色本尊,行者之衣服、鑪、壇等亦宜以赤色爲主,一本敬愛,與之相應。 音譯為羅睺羅闍。 略稱愛染王。 修持『愛染明王法』的功德法益: (一)證悟本來覺性。 能開顯本來無染的清淨覺性 (二)翻轉無始無明。 能將我們的無始無明,翻轉成證清淨的自性薩埵。 (三)開顯大悲體性。 能令我們的大悲體性開顯,『大悲菩提心』即生為(願力)是一切菩薩行者的修證所依根本三眛,而尊之法是以大悲熾明之血,遍流眾心,成法正覺的『至悲三眛』。 所以能開顯我們的大悲體性,廣利有情。 (四)決斷一切煩惱。 愛染明王本心是一切金剛無畏之心,能決斷我們的一切煩惱無明,顯生能斷金剛的般若覺性。 (五)出生勇健精進。 尊王本體為我們相隨的無始無明,是我們自心(染淨不二的薩埵),是本住首愣定的本覺之尊,能讓我們于修行中,無執如幻的勇猛精進。 (六)攝法界一切福。 尊之座下,坐的是法界無盡伏藏的功德寶瓶,一則表尊之勝福無盡,二者也表我們覺證自心的愛染明王時,我們的自心自伏藏無盡世出世間的功 寶藏,自會從我們心中宣流而出。 (七)降伏欲愛執染。 『欲望染汙的愛執』是輪回眾障之源出,而愛染明王是讓我們直接面對這些染境,『翻迷成覺』的體性之法,為釋欲染之縛,最至心之要。 (八)成就金剛勝懷。 尊王之懷是讓一切法眾,生起法樂,住法正覺的金剛之懷;是要讓一切眾入佛菩提的悲樂之懷,依此緣起,行者于法事業當能攝眾圓滿,入法勝喜。 (九)總持五部智證。 愛染之法合融金胎不二之體,盡攝五部於一身,所以持尊法者,如總持五部法智證的金剛薩埵,所以佛謂:『尊之法,于諸瑜珈中最尊,最勝!』 (十)住法秘密本心。 尊王之心即我們自性,是法住法的本然自性,是一切法秘密心,是現法現證本覺之心。 (十一)能滿一切善願。 尊王之法總攝諸佛羯摩事業法,能令一切法眾,成滿一切所願。 (十二)培育無礙自信。 能令我們自性滿溢,如尊王之性的『金剛無懼。 』 (十三)具足廣大威權。 尊王法威廣盛,權持五部,如王住位,眾皆仰伏,所以持修尊王之法,自能圓具廣大威權。 (十四)言語眾皆受信。 菩薩行者是以言語誠信,令眾信服;而愛染行者秉尊之威德,與自之戒德,一切所言如尊之金剛語,自能令眾皆信受。 (十五)令怨者生慈愛。 『怨憎會苦』能我們世間所遇最難解的難題之ㄧ,而尊之體能令法眾出生慈喜,能轉宿怨為慈境,和樂以對。 (十六)魔障無能侵害。 尊王之手捉縛四魔之首,表尊能調縛一切魔障,自在無礙。 所以修尊之法,一切魔礙無敢侵害。 (十七)財福如意盈滿。 愛染明王可謂:『法界眾福的總持主』,非僅權統五部,而座下法界寶瓶,盡容十方三世無盡世出世間的一切勝福,所以當能財福盈滿,如意圓足。 (十八)眾障迅滅無疑。 尊之勝力如金剛銳,一切眾障觸皆為斷,所以尊法之勝,為能斷一切眾障速疾。 (十九)隨行鬼神樂助。 由行者常住尊王金剛懷樂,由體性之力遍充法界,所以無論行者遊行何方,一切鬼神當欣喜襄護。 (二十)金剛聖眾守護。 尊王性為薩埵,體為大日,所有金胎二部皆由尊心而出,所以法界金剛聖眾,無量護法皆為其壇眷,所以修尊之法,得無量法界聖眾所護。 參考資料:.

次の