佐野市 ハザードマップ。 大分市/大分市洪水ハザードマップを更新しました

洪水ハザードマップ公表状況一覧表

佐野市 ハザードマップ

足立区洪水ハザードマップ(平成31年3月改訂) 「洪水ハザードマップ」は、大雨で河川が氾濫した場合などの水害リスクや避難に関する情報等をまとめたもので、区民の皆さまが日頃の備えや水害時の避難の際に活用されることを目的としています。 足立区では、想定しうる最大規模の降雨等による浸水想定を踏まえた「足立区洪水ハザードマップ」(下記PDFファイル参照)を作成し、冊子を区内全世帯に配布するほか、以下の窓口にて閲覧、販売しています。 【閲覧】• 企画調整課(区役所北館4階)• 区政資料室(区役所中央館2階) 【販売】• 区政資料室(区役所中央館2階) 1部100円 また、洪水ハザードマップについてより理解していただけるよう、解説動画を公開しています。 お住まいの地域の浸水想定などをご確認いただき、水害に備えてご活用ください。 また、浸水継続時間を示す図も現時点では作成しておりません。 想定最大規模の浸水想定区域図等が公表され次第、改訂する予定です。 緊急避難建物について 避難するとき 避難の9つの心得 いざというときのために 大雨・災害情報について 避難行動メモ 関連情報 足立区洪水ハザードマップは、河川等の各管理者が作成した以下の浸水想定区域図及び浸水予想区域図に基づいて作成しています。 なお、荒川、利根川、江戸川、中川、綾瀬川、芝川・新芝川、高潮については、想定される最大規模の降雨等を前提とした浸水想定区域図が公表されています(令和2年5月時点)。 荒川 : 国土交通省(平成28年5月)• 利根川 : 国土交通省(平成29年7月)• 江戸川、中川、綾瀬川 : 国土交通省(平成29年7月)• 芝川・新芝川 : 埼玉県(令和2年5月)• 内水氾濫 : 東京都(平成15年5月) : 東京都(平成18年6月)• 高潮 : 東京都(平成30年3月).

次の

洪水ハザードマップ公表状況一覧表

佐野市 ハザードマップ

洪水ハザードマップとは、大雨により河川が氾濫した場合の浸水状況に、避難に必要な情報を皆様にお伝えするもので、実際の氾濫時の被害を最小限に留めることを目的としています。 洪水ハザードマップ(想定最大規模) このハザードマップは、狩野川、大場川、来光川が想定し得る最大規模の降雨(千年に一度の確率で降ると想定される大雨)により、堤防が破堤した場合の破堤点別の浸水想定区域を重ね合わせ、想定される浸水の状況(最大浸水想定区域及び最大浸水深)を表示したものです。 なお、雨の降り方などによっては、マップに示した浸水想定区域以外において浸水が発生する場合や、想定される浸水深が実際と異なる場合がありますので、ご注意ください。 想定し得る最大規模の降雨(48時間総雨量) 【狩野川流域】黒瀬地点より上流721mm、徳倉地点より上流746mm、大仁地点より上流828mm 【大場川】844mm 【来光川】847mm 狩野川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ(昭和33年狩野川台風規模) この地図は、狩野川が大雨によって増水し、堤防が破堤した場合の浸水予想結果に基づいて浸水する範囲とその程度ならびに各地区の避難場所を示した地図です。 大雨の規模は、伊豆半島中部(湯ヶ島)で総雨量753mm(昭和33年狩野川台風時)を想定しています。 大場川が氾濫した場合を想定した洪水ハザードマップ この洪水ハザードマップは、一級河川大場川流域で2時間に57mmの大雨が発生したとき、大場川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 来光川が氾濫した場合を想定したハザードマップ この地図は、一級河川来光川流域で3時間に129mmの大雨が発生したときに、来光川が増水して破堤した場合を想定して策定しています。 このシミュレーションの実施にあたっては、支川の(決壊による)氾濫、シミュレーションの前提となる降雨を超える規模の降雨による氾濫、高潮及び内水による氾濫等を考慮しておりませんので、実際の浸水深や区域と異なる場合があります。 関連リンク• この情報に関するお問い合わせ先 【土砂災害警戒区域、浸水想定区域に関すること】 担当課名:都市基盤部土木課 電話番号:055-983-2636 【避難に関すること】 担当課名:企画戦略部危機管理課 電話番号:055-983-2650.

次の

館山市防災マップ

佐野市 ハザードマップ

足立区洪水ハザードマップ(平成31年3月改訂) 「洪水ハザードマップ」は、大雨で河川が氾濫した場合などの水害リスクや避難に関する情報等をまとめたもので、区民の皆さまが日頃の備えや水害時の避難の際に活用されることを目的としています。 足立区では、想定しうる最大規模の降雨等による浸水想定を踏まえた「足立区洪水ハザードマップ」(下記PDFファイル参照)を作成し、冊子を区内全世帯に配布するほか、以下の窓口にて閲覧、販売しています。 【閲覧】• 企画調整課(区役所北館4階)• 区政資料室(区役所中央館2階) 【販売】• 区政資料室(区役所中央館2階) 1部100円 また、洪水ハザードマップについてより理解していただけるよう、解説動画を公開しています。 お住まいの地域の浸水想定などをご確認いただき、水害に備えてご活用ください。 また、浸水継続時間を示す図も現時点では作成しておりません。 想定最大規模の浸水想定区域図等が公表され次第、改訂する予定です。 緊急避難建物について 避難するとき 避難の9つの心得 いざというときのために 大雨・災害情報について 避難行動メモ 関連情報 足立区洪水ハザードマップは、河川等の各管理者が作成した以下の浸水想定区域図及び浸水予想区域図に基づいて作成しています。 なお、荒川、利根川、江戸川、中川、綾瀬川、芝川・新芝川、高潮については、想定される最大規模の降雨等を前提とした浸水想定区域図が公表されています(令和2年5月時点)。 荒川 : 国土交通省(平成28年5月)• 利根川 : 国土交通省(平成29年7月)• 江戸川、中川、綾瀬川 : 国土交通省(平成29年7月)• 芝川・新芝川 : 埼玉県(令和2年5月)• 内水氾濫 : 東京都(平成15年5月) : 東京都(平成18年6月)• 高潮 : 東京都(平成30年3月).

次の