洗面 所 扇風機。 洗面所の扇風機に‥

洗面所のコンセントの位置と高さについて: 住宅の電気工事

洗面 所 扇風機

壁美人• 突っ張り棒(突っ張りポール) それぞれどのようなものか簡単に紹介したいと思います。 これらはツーバイ材などの端部に取り付けて使うもので、バネやネジ構造でツーバイ材を床と天井の間で突っ張って柱を作ることができます。 この柱に棚材などを付けることで壁を傷つけることなく棚などが作れます。 ただし、引っ越しがある人はその都度天井の高さに合わせて加工が必要ですし、不要になったツーバイ材をゴミとして捨てるなら細かく切断しないといけないので、引っ越しや廃棄のことを考えるとあまり使いたくないかなと思ってしまいます。 壁を全く傷つけないわけではありませんが、ネジや画びょうなどに比べホッチキスの穴はとても小さいのでほとんど目立ちません。 ホッチキスと聞くと耐荷重がなさそうに思えますが、壁掛けテレビなども支えられる優れものです。 ただし、掛けるものが重いほど打ち込むホッチキスの数が増えるので、穴一つ一つは目立ちにくくても範囲で見ると気になる跡が残るかもしれません。 私が使ってみた所、100均などの穴埋めパテを使えばほとんど気づけないレベルまで復旧できるので、賃貸で使っても問題ないとは思いますが、心配な人は完全に壁を傷つけない方法のほうが良いでしょう。 また、使い方を誤ると下げているものを落下させる恐れもあります。 壁美人のレビュー記事がありますので興味がある方は参考にご覧ください。 突っ張った棒にワイヤーネットなどを取り付けるとどこでも簡単な物置を作ることができます。 柱を突っ張って固定させる仕組みはディアウォールなどと同じですし、強度面ではディアウォールが勝ります。 でも設置の手間、使わないときの収納のしやすさ、捨てやすさなどは突っ張りポールが優れています。 引っ越しの機会が多く賃貸住みの私は、この突っ張りポールを使って壁掛け扇風機を固定してみたいと思います。 突っ張りポール 壁掛け扇風機の取り付け方法 それでは突っ張りポールを使って壁掛け扇風機を取り付ける方法を紹介していきます。 突っ張りポールの太さが変わる段差部分にワイヤーフレームの下端を置くと扇風機の荷重を受けやすくなります。 そこにワイヤーフレームを合わせたときに、どの位置(フレームの何マス目)に固定金具を設置すればよいか確認しておきましょう。 固定にはボルトとナットを使ってもよいですが、結束バンドを使って取り付けるのがとても簡単でおすすめです。 ワイヤーフレームにはフレームが飛び出した面とへこんだ面があります。 へこんだ面側に壁掛け扇風機の留め金具を固定すると、扇風機を差し込むときに周りのフレームと干渉して入らないことがあるので、 必ず飛び出た面側に金具を取り付けるようにしましょう。 ホルダーはワイヤーメッシュと支柱を挟んでネジ締めするだけの簡単な構造です。 突っ張りポールを突っ張った後に、最終的なネジ締めを行うので、グラつかない程度に固定しておけばOKです。 狭くて散らかった洗面所ですけど、扉や洗濯機の邪魔にならない位置に取り付けることができました。 これからの季節は風呂上りに大活躍してくれそうです。

次の

もわ〜!洗面所の暑さ対策でおすすめは?メリットは涼しいだけじゃない!

洗面 所 扇風機

毎年思っていたのですが、とうとう脱衣場に壁掛け用の扇風機を取り付けてみました。 今までは、お風呂上がりにリビングに設置している扇風機を脱衣場の近くまで引っ張ってきて使用していたのですが、バスタオル1枚でウロウロするのもみっともないし、移動するのも面倒だし、少し風が欲しい時にすぐ使えないので取り付ける事にしました。 家には、エアコンを購入したときにタダで頂いたサーキュレーターがあったので、それが利用出来ないかと考え、 脱衣場の窓際の枠に置いてみたのですが、置けるには置けたのですがギリギリの為、首を回転させると落ちてしまいました。 そこで、首を回転させない条件で使用すると風の当たる範囲が限定されてしまうので、洗面台で顔を洗っている時などには全く風を受ける事が出来ず、ほんの限られた範囲でしか使用出来ません。 ところが、実際に風呂上がりに使用してみた所、音だけで、 風が吹く場所も狭い範囲に限定されていて、風量も小さいので期待した効果が無い事が判明したのです。 やはり、脱衣場兼洗面所のどこにいても風が当たるような設備にしないと快適ではありません。 今の環境では、風呂を出たら、その限られた場所に移動して涼まないといけないし、顔を洗っている時には風があたらない状況となっています。 と言うことで、脱衣場兼洗面所のどこに居ても風が当たって涼める環境を作ろうと言うことで壁掛け用の扇風機を設置することにしました。 製品の詳細は 開封した中身はこれ モーター部分と羽と前後のカバーそして取付フックとビスと取説が入ってました。 配線は壁の角に暖房機用に付けたモールがあったので、その中に一緒に入れ込んでみたので、見栄えは良くなっています。 注意 首は一番下まで下げた状態で設置したのですが、そのまま壁に固定すると風が頭の部分しか当たらないようなので、風を下の方まで来るように、壁にスペーサー(角度を付けた木)を取り付けてから扇風機を取り付けました。 天井付近や少し高いところに設置する場合には、 風の当たる範囲を良く確認してから設置しないといけませんので注意して下さい。 満足 これで毎年悩まされていた、お風呂上がりの暑さ対策が出来て満足です。 お風呂から出て、身体を拭いてから、髪の毛を乾かしたり、顔にクリームを塗ったりの時に扇風機で風を受けることが出来るので、 快適です。 本当は、もう少し小さいサイズの扇風機でも良かったのですが、このぐらいの大きさの扇風機を使うと 風量も多いのでやはり快適です。 また、DCモーターにしたのは電気代も安いからなのですが、時間的にあまり長時間使わないし微風での利用もしないし、音も大きくても構わない環境の脱衣場兼洗面所に付けるのですから、別にDCモーターで無かっても良かったとも思っています。 でも、同じ買うなら少しでも良い製品をと思いこれを購入してみました。 値段的にも普通のモーターとDCモーターでは2千円程しか変わりませんから。 関連情報.

次の

設置場所に困らないマグネットタイプ、首振り、静音設計、意外と使えるUSB扇風機おすすめ12選|@DIME アットダイム

洗面 所 扇風機

洗面所は住宅の中でいろいろな顔を持つ部屋ですよね。 身支度の為の化粧室、洗濯の為の洗濯室、お風呂に入る前の脱衣室など、朝起きてから寝るまで家族が入れ替わり使用します。 快適に電気製品が使用できるように考えていきましょう。 洗面所のコンセントの位置と高さを決めましょう 洗面所では様々な電気製品の使用が考えられます。 身支度に使用する電気製品 ドライヤー(600W~1300W程度) ヘアーアイロン(20W~700W程度) 電動シェーバー 10W程度 電動歯ブラシ 2W程度 換気、冷暖房に使用する電気製品 換気扇 2W~5W程度 扇風機 30~50W程度 ヒーター(500W~1500W程度) 環境改善に使用する電気製品 除湿器 150~500W程度 空気清浄機 15~100W程度 ざっと拾い出してもかなりの数の電気製品があります。 しかし、洗面所の標準的なコンセント数は洗面化粧台に付いている分と洗濯機用の計2か所くらいです。 「洗面所ではドライヤーしか使いません」と確固たる信念があれば別ですがこれでは全然足りていませんね。 身支度に使用する電気製品用のコンセント位置と高さを決めましょう 身支度に使用する電気製品用は基本的に洗面化粧台に付いているコンセントで使用することを考えましょう。。 まずは洗面化粧台にコンセントがいくつ付いているかを確認します。 よくある既製品の洗面化粧台は正面に1口か2口のコンセントが付いています。 このコンセントは通常、ドライヤーやヘアーアイロンなど、使う時にコンセントに差し込むタイプの電気製品用と考えてください。 電気シェーバーや電動歯ブラシは基本的に常に充電して使うのでコンセントに差しっぱなしです。 洗面化粧台の正面のコンセントに差し込んで使うとドライヤーなどを使う度に一々抜き換えなければならず手間がかかり見た目も良くありません。 洗面化粧台の中には鏡扉を開けると内部に機器用のコンセントが付いている製品があります。 洗面化粧台を選ぶ時にこのような製品を選定すると機器の収納兼、充電も出来てスッキリとした洗面所となるでしょう。 電気シェーバーや電動歯ブラシの同時使用を考えると洗面化粧台内部のコンセントは2口以上あると便利です。 また、洗面化粧台に付いているコンセントとは別に洗面化粧台の右又は左側壁面の「1000mm~スイッチと同じ高さ」の位置にコンセントを設置出来れば、ドライヤーやへアーアイロンは便利に使えるでしょう。 その時はタオル掛けを取付ける場所と干渉しないか注意してください。 換気、冷暖房に使用する電気製品のコンセント位置と高さを決めましょう 換気扇 洗面所の換気扇は洗面所専用か浴室換気扇と親子扇 2室換気扇又は3室換気扇 かの場合があります。 どちらにせよ住宅の建築中に業者によって設置される設備となります。 確認すべき点は洗面所内に換気扇があるかどうかです。 浴室内の換気扇のみで洗面所には付いていない場合もあります。 洗面所は湿気のある場所ですので換気扇の設置をおすすめします。 扇風機 夏場は洗面所に熱気がこもったり、お風呂上りに暑かったりしますが扇風機があると快適です。 床置き型の扇風機ではスペースを取ってしますので壁掛け扇風機を選択することになるでしょう。 その場合は扇風機の設置したい場所の天井面からプレートの芯で「150mm」下にコンセントを設置します。 注意すべき点は後から扇風機を設置するのであれば設置する壁内に扇風機を固定する為の下地を入れるよう依頼してください。 下地を入れていないと取付できる場所が限られてしまい希望の位置に取付できなくなります。 ヒーター 冬場に洗面所が寒いのは嫌ですよね。 お風呂に入る為、服を脱ぐ時やお風呂から出た後は特に感じます。 洗面所にエアコンを設置できればいいのでしょうが、なかなかそこまで出来ないのが現状です。 電気ストーブ、セラミックヒーター、オイルヒーターなどを使って洗面所を温めることになると思います。 その場合、注意すべき点は消費電力です。 電気ヒーター類の消費電力は「500W~1500W」くらいあります。 洗面所内のブレーカーが1回路の場合、ドライヤーを使用したら確実にブレーカーが落ちます。 電気ヒーターとドライヤーの同時使用をお考えであれば電気ヒーター用に専用コンセントを設置しましょう。 コンセントの高さは標準コンセントの高さで良いでしょう。 環境改善に使用する電気製品のコンセント位置と高さを決めましょう 洗面所は脱衣、洗濯などによってホコリも多く、洗濯物の部屋干しなど湿気もあります。 除湿器や空気清浄機、又は両方の機能を持ち合わせた機器を設置する場合も消費電力に注意しましょう。 他の機器、ドライヤーやヒーターなどの同時使用があるかを考えてください。 「ヒーターと除湿器は同時には使用しない」とか季節によって使う電気製品が変わる場合はその場所のコンセントを差し替えれば、機器の数だけコンセントを増やす必要はありません。 コンセントの高さは標準コンセントの高さで良いでしょう。 まとめ 洗面所のコンセントの位置と高さにについて 洗面所のコンセントの位置と高さを決めましょう 1. 身支度に使用する電気製品用のコンセント位置と高さを決めましょう 2. 換気、冷暖房に使用する電気製品のコンセント位置と高さを決めましょう 3. 環境改善に使用する電気製品のコンセント位置と高さを決めましょう 「洗面化粧台内部にもコンセントが付いている製品を選びましょう! 」 「使用する電気製品の消費電力を把握しましましょう! 」 「同時に使用する電気製品を考え必用なコンセントを設置しましょう!

次の