準ずる 意味。 「準拠」の意味と使い方は?類語との違いも徹底解説!

「準拠」の意味と使い方は?類語との違いも徹底解説!

準ずる 意味

「準拠」とは まずは、「準拠」という言葉の意味から解説しましょう。 読み方は「じゅんきょ」、意味は「標準として従うこと」 「準拠」とは「じゅんきょ」と読みます。 意味は、「あるものをよりどころとして従うこと」で、「Aに準拠する」というと、「Aをよりどころとして従う」「Aを標準として従う」という意味になります。 「準拠」の使い方 「準拠」の使用は多岐にわたります。 特に、ビジネスシーンでよく見聞きする使用例をもとに、使い方を解説します。 「準拠します」「準拠させる」などが一般的 「準拠」という言葉は、「準拠します」や「準拠させる」という使い方が一般的です。 たとえば、以下のようになります。 当規約は当社のプライバシーポリシーに準拠しています。 契約内容に準拠させる 「法律に準拠する」は法律に則ること 「準拠」は「法律」に関する文章でよく使用されます。 「法律に準拠します」というと、法律に従っている・則っているという意味です。 もともと、「従う」という意味を含む「準拠」という言葉は、法律に見合う内容である・法的に間違っていない、ということを記載する際に便利な表現です。 「JIS準拠」とは「日本工業規格」に従っていること 製品の表示に「JIS準拠」という記載を見つけることがあります。 「JIS」とは、「日本工業規格(Japan Industrial Standards)」のことで、法律に基づいて制定された国家規格です。 「JIS準拠」は、この「日本工業規格」という国内の統一規格に従っている、という意味になり、一定の品質を保っているという指標としても用いられています。 これは、「その教科書の内容に従った内容で作られている」「教科書の内容を基準にしている」という意味です。 「準拠法」は国際取引で必要な定めのひとつ 国際取引では、「準拠法」という言葉を使用します。 国際的な取引では、何か問題があった場合にどの国の法律を優先させるかをあらかじめ決めておく必要があります。 この「どの国の法律にするのか」を「準拠法」という言葉を用いて契約書に定めるのが通例です。 一般に、日本国内での取引には、日本の法律を「準拠法」とします。 「準拠集団」は心理学用語のひとつ 「準拠集団」とは、人の価値観や行動、態度に影響を与える(与えている)集団のことで、心理学用語のひとつです。 たとえば、「家族」は「準拠集団」の代表的な例で、育ってきた環境で人の言動は大きく左右されます。 「ひょっとしてうちの家族だけ?」といった特別な行動・習慣は、「準拠集団」によるものです。 学校や職場、友人なども「準拠集団」の例で、中には、自分が所属する集団以外が「準拠集団」となることもあります。 「準拠」と似た意味の言葉 「準拠」はビジネスをはじめ、改まった場で使われることの多い単語ですが、似たような単語は他にもいくつかあります。 類語とともに紹介します。 類語は「従う」「則る」「標準」など 「準拠(する)」の類語は、「従う」「則る」「標準」などが挙げられます。 「則る(のっとる)」とは、「基準・規範として従う」「手本とする」といった意味です。 「依拠」も「準拠」の類語 「準拠」の類語としては、「依拠(いきょ)」も挙げられます。 「依拠」という単語は聞きなれないかもしれませんが、「よりどころ」という「準拠」と同じ意味の言葉です。 「依拠」にも、「あるものを基準とする」という意味がありますが、「準拠」のほうがより忠実なニュアンスを持つ点で異なります。 「適合」は「ぴったり」というニュアンスが加わる 「規格に準拠する」とした場合、規格に従っている・合っているという意味になります。 同様の意味で、「規格に適合する」ということもできますが、この場合、両者は若干ニュアンスが異なります。 「適合」は、「うまく当てはまる」という意味の言葉であり、簡単にいうと「ぴったり合う」「ぴったり同じ」という意味があります。 「準拠」は「大きく外れていない」というニュアンスで使用する点が異なります。 「準用」は「より厳密に」適用すること 「準用」もまた、「準拠」の類語です。 「準用」には「標準として適用する事」という意味があります。 「準用」は「準拠」よりも厳密に従うというニュアンスがあり、「ぴったりとあてはめる」というイメージに該当します。 「準拠」にも同じく、「従う」というニュアンスはあるものの、大幅に外れていない場合であれば使用できる点が異なります。 「準じる」には「従う」というニュアンスはない 「準拠する」と似た表現には、「準じる」があります。 「準じる」には、「ある事柄を標準としてならう」という意味はありますが、「従う」というような強いニュアンスがないのが特徴です。 「準じる」は、それに見合った扱いをする・同じように考える、といった意味になります。 「遵守」は守り従うこと、という意味 「準拠」と似た語感の言葉に「遵守」があります。 「遵守(じゅんしゅ)」は、「法令を遵守する」という風に使い、「守り従う」という意味の言葉です。 「準拠」にも「従う」という意味はありますが、(法令などを)守るというニュアンスはありません。 「準拠」の反対語 「準拠」と似た意味の言葉・類語には様々なものがありますが、反対の意味の言葉となるとどういったものがあるのでしょう。 「準拠しない」という意味の「非準拠」を用いる 「準拠」の反対の意味をひとつの単語で表すのであれば、「非準拠」という単語を用います。 「そのことでない」という意味の漢字「非」を使って表すのが一般的です。 「準拠」を英語にすると? 「準拠(する)」を英語で表現する場合には、どういった表現が適切なのでしょう。 英文で使える表現を紹介します。 英語では「base on」「conform to」を使う 英語で「準拠する」という場合には、「base on」を用います。 「base」は、「基礎」「土台」などの意味があり、動詞では「~に基礎を置く」という意味も持ちます。 また、「従う」という意味の「conform」を使って、「conform to」という表現も可能です。 「~に準拠して」という意味では、「in conformity to custom(慣例にしたがって)」という表現をすることもあります。 まとめ 「基準・標準として従う」という意味の「準拠」という単語は、ビジネスシーンではよく目にする表現です。 「準拠」は、ぴったりと合う事柄だけでなく、大きく外れてはいないという意味でも使用できるのが特徴で、その分使用シーンも多岐にわたります。 「準拠」というワードを目にしたら、何に「準拠」しているのかを読み解きながら解釈するようにしましょう。

次の

「準拠」の意味と使い方は?類語との違いも徹底解説!

準ずる 意味

「準ずる」の意味とは 読み方 じゅんずる ある根拠に従う。 のっとる正規なものにならう。 なぞらえる。 という意味です。 「準じる」と言い方が異なるだけで同じ意味で使います。 どちらを使っても間違いではありません。 「規定に準じる」「規定に準ずる」という様に使い。 「この規約に準じる」という使い方であれば、「これは規約にのっとるもの、従うもの」という意味になり、規約を基準として実施した対応です。 「国家に準ずる組織」であれば、 「国家をなぞらえた組織」となり、「国家にならった組織」となります。 正式ではない意味で「準ずる」を使います。 「準優勝」、「準急」もこの意味です。 「準」は「なぞらえる、のっとる」という意味の漢字で。 語源は「水平を計る道具の"みずもり"」を表す漢字。 その役割から「よりどころにするもの」の意味となりました。 それを参考にして作ったものの意味にもなります。 「準優勝」は「成績を優勝になぞらえる」という意味で、「優勝と同格とみなす」しかし「優勝ではない」2位を意味します。 「準急」は「準急行列車」の略で、「急行」よりも停車駅が多い列車。 正規なものにならったものの一つ格下という意味で考えて下さい。

次の

「準拠」の意味とは?「準ずる」との違いは?使い方から類語、英語表現まで詳しく解説!

準ずる 意味

スポンサーリンク 準ずる・順ずる・准ずる。 これらの意味に違いは?使い方を説明! 普段よく耳にする言葉だけれど、いざ書こうとすると漢字が思い出せない、ということは良くあるのではないでしょうか。 漢字1つ異なるだけで、意味が大きく異なってきてしまうこともあります。 例えば以下のような場合、「」内のひらがなを漢字に直すとどうなるでしょうか。 この件の処理につきましては既に前例がありますので、それに「じゅんずる」ことになります。 契約職員のAさんは、正職員に「じゅんずる」待遇です。 「〜にじゅんずる」という言い方は、ニュース等で頻繁に聞かれるほか、オフィスや学校での使用頻度も多いことでしょう。 ここでは、混同して捉えられがちな「準ずる」「准ずる」「順ずる」それぞれの意味とその違いについて説明します。 「准」は「準」の俗字(世間では通用しますが、正確ではない漢字のこと)であり、「準ずる」と「准ずる」は同じように使うことができます。 辞書などには、「準ずる・准ずる」と併記されています。 その意味として… 1. ある基準を標準として考える。 のっとる。 ならう。 なぞらえる。 同等の扱いをする。 …とあります。 先ほど挙げた例文を改めて見てみましょう。 については「前例を基準として処理をする」 2. については「正職員と同じような待遇である」と言い換えることができます。 つまり、どちらも準か准を使用すべきであることがわかります。 しかし「順ずる」という表記については、広辞苑・第六版に記載がありません。 順ずるは、準ずる・准ずるの誤用であるからです。 順という字は、順(したが)うと読むこともできます。 このとおり、「ルールや教えにしたがう」という意味があります。 準ずるの1. の意味とよく似ています。 そのため、混同して使用されやすいのかもしれません。 準・准という字が基準になぞらえる、物事の例となるものに合わせて扱うという意味であるのに比べ… 順には従順や帰順という言葉があるように、「その規定や意図通りにする」という少し強いニュアンスが含まれています。 浄土宗には、「順彼仏願故(彼の仏の願いに順ずる)」という言葉があります。 阿弥陀仏の願いに順って念ずるということですから、教えに従うという強い意志がそこには込められています。 このように漢字の意味をひも解いていくと、その違いを捉えることができます。 しかしながら、混同して使用されていくなかで、順ずるも将来的には一般的な言葉となっていくのかもしれません。 スポンサーリンク.

次の